ふわふわ気分で

舞台、シネマ、藤原竜也くん、長谷川博己くん、柿澤勇人くんのことなど気ままに・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボートン・オン・ザ・ウォーター@イギリス

2011-06-13 | イギリス
イギリス旅行記どうしようかと思ったけど、
やっぱりイギリス、ステキだったし・・・
とりあえず、写真ちょっとだけ載せますね。

滞在中に携帯から写真を送った町、ボートン・オン・ザ・ウォーターです。
コッツウォルズのリトルベニスby添乗員さん。

ライムストーンというはちみつ色の石の家が並んで、
まん中をゆったりと川が流れてます。
        
                  

川の深さは20cmくらいですって。
そばには、レストランやお店が並んでます。
ベンチに座ると、なんとな~く鴨くんが近寄ってきます。
食べ物がもらえないかと、期待してるみたい。
ふふ・・・

                  

モデルヴィレッジ。
ボートン・オン・ザ・ウォーターの町が9分の1サイズで並んでます。
はちみつ色の町並みが正確に再現。
教会からは音楽が流れて、川沿いの木も茂ってました。
ガリバー気分です。

ここを見てから町に行くと、迷いませんよ。
・・・って、小さな町だから迷わないけどね。

                  

川沿いの道からちょっと入ると、普通の住宅地。
はちみつ色のライムストーンの家ね。

                  

バラやクレマチス、シャクヤク、パンジーなんかが咲いてます。
それぞれの家に個性があって、咲いてる花の種類もいろいろ。

                  

手入れが行き届いてるお庭ばっかり。
イギリス人って庭仕事が大好きなんですね。

                  

シンプルにドアの上下に犬とキツネ(?)をあしらったお宅も。
それぞれの家にはネームプレートがついてました。
ここの家はザ・ハイ・ハウスですって。

どの家もステキ。
み~んなデジカメに収めたいくらいでした。

                  

ん?どこからか、馬のひずめの音が・・・
何気に乗馬してる人発見。
お散歩タイムなんでしょうか。
なんか、いいね~ちょっと馬のお散歩に・・・とか。
はは・・・









コメント (6)

羊さんこんにちは~@イギリス

2011-05-23 | イギリス
8日間のイギリス旅行に行ってきました。
湖水地方のボウネス・オン・ウィンダミアに2泊、
コッツウォルズ地方のブロードウェイに3泊、
そしてロンドン1泊しました。
6泊8日間です。

なんか足りない気もするけど・・・
海外旅行は時差があるから、それで計算合ってるのよね。
・・・ん?ホントか?
はて・・・

田舎をのんびりハイキングも3回。
羊がいる牧場を通るコースも体験しました。

イギリスでは、牧場の中を通っていいんですって。
しかもただです。
太っ腹~

上の写真は、小高い丘からホテルまでのコースのスタート地点。
所要時間、1時間半くらいだったかな。
ライムストーンという地元の石で作った塀が続いてます。
遠くに見えるのが、ブロードウェイの村です。

                  

牧場を横切って進むんですよ。
なんかわくわく気分。

                  

お隣との境目には、
羊くんたちが逃げ出さないように、仕切りがあります。
わたしたちは石に乗ってバーをまたいで、進みます。

羊くんたちは、近付いても平気みたい。
50センチくらいまでは、逃げなかったです。

                  

興味津津で、カメラ目線の羊も。
耳が黒いのは、春に産まれたばかりの子羊くんたち。
子どもはだいたい2匹いました。

                  

お母さん羊が「メェ~」と鳴くと、
子羊も「メェ~」と鳴いて、ママのおっぱいを飲みに行きます。
黒いしっぽをプルプルふるわせて飲んでました。

離れた所にいる子羊でも、ママが「メェ~」と鳴くと飛んで行きます。
自分の親の声って分かるらしい。
よそのママにくっついて行ったりしません。
あちこちでメェメェ~言ってるのに、ちゃんと判別できるなんて、不思議。

羊たちのそばにいると、なんか癒されますね。
ず~っと牧場に居たいくらい。
羊飼いの少女に生まれ変わるのもアリかも。
ん?

でもね、ホントは羊さんの落し物を踏まないように・・・
ガンバって歩いたんですよ。
はは・・・

そして、夕食はパブで骨付きラム肉を食べちゃいました。
おいしかった~
うふ・・・






コメント