ふわふわ気分で

舞台、シネマ、藤原竜也くん、長谷川博己くん、柿澤勇人くんのことなど気ままに・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

柿澤くん@チラシ&『ベストステージ』

2013-04-30 | 柿澤勇人
渋谷に行ったついでに、シアターオーブをのぞいたら、
9月のミュージカル「ロミオとジュリエット」のチラシ発見しました。

フツーのチラシ3枚分の大きさ。
折りたたんでラックにありました。
ミュージカル関係はリッチなのね。

表紙は城田優くんと死のダンサー2人。
中島周さんと大貫勇輔さんかな。

柿澤勇人ロミオは・・・
と思ったら、いました、いました。
ま、いて当たり前だけどね。
ふふ・・・

裏表紙(写真の右)と真ん中のページ。
「この恋、命がけ」なんてキャプションがかっきーの右側に。

いやん、困りますよん~
そんな目で見つめられたら・・・
はぁ~

はい、ちょっとコワれてます。
スルーしてくださいませ。
はは・・・

真ん中ページの(写真左)の
白い上着のロミオは、ちょっとアンニュイって感じかな。

そういや公式サイトでは、柿澤くん思いっきりオレさまロミオでした。
ちょっと笑っちゃった・・・

内博貴くん表紙の『ベストステージ』は、
ロミオ役3人の対談と写真でカラー6ページ。
え~っと、ロミオもうひとりは、古川雄大くんです。

かっきーがアメリカ映画に出てくる坊やみたいな雰囲気で、笑顔が無邪気。
はい、かわいかったです。

パンフ用の写真撮影風景のスナップもあって、
オレさまロミオの出来上がるまでが判明。
なるほどね・・・

説明によると、衣装は2パターン、3人ともデザインが少しずつ違ってるそう。
公式サイトの写真、サイズが合ってないみたいだったけど、
あれでいいんですね。
ふむふむ・・・

『ベストステージ』ロミオファンなら、オススメですよ。
うふ・・・


くわしくはこちら→ロミオとジュリエット公式サイト


コメント

「今ひとたびの修羅」りえちゃんステキ~

2013-04-21 | 演劇
昭和初頭が舞台の任侠もの。
いのうえひでのりさんが演出です。
ネタバレありです。よろしくね。

「今ひとたびの修羅」
原作:尾崎士郎「人生劇場」より
脚本:宮本研
演出:いのうえひでのり
美術:二村周作
照明:原田保
出演:堤真一、宮沢りえ、風間杜夫、岡本健一、小出恵介、小池栄子、浅野和之ほか
新国立劇場 中劇場 4月17日ソワレ観劇


どうして今頃任侠もの・・・だったけど、
カッコいいんですね。出てくる男たちが。
痩せ我慢の美学というんでしょうか。

女たちは男の犠牲になりながらも、たくましく生きてます。
一時代前の男と女の描き方に、いつもはこの手を観ると腹が立つけど、
これはムカつき度少ないです。

宮沢りえちゃんがもうね、キレイで色っぽくて・・・
女盛りって、ああいうのを言うのね。
男無しには、いられない感が漂ってました。
あ、もちろん演技ですよ。
はは・・・

岡本健一くんがカッコよかった。
堤さんファンの友だちと観たんだけど、
終わって、岡本くんいいね~って意見一致。
◎です。

風間さんは背広姿だと、昭和の人感漂うけど、
和服はお似合い、ステキでした。

堤さんは役柄もあって、いいのか悪いのか・・・
わたし的には微妙~でした。
殺陣もいのうえさんにしては、ゆっくり。
劇団☆新感線の時みたいだとイイのに・・・

小池さんが芯がしっかりしてる女を演じててよかったです。
でも、小出くんとカップルというのは、ないんじゃない、でした。
小出くん、どこでも同じ印象ですね。
どうして?

観終わって何かスッキリ気分。
どうしてかな・・・
いのうえさん流の派手な照明と音響のせいかな。
劇団☆新感線を観た時のような、高揚感。
うふ・・・

「今ひとたびの修羅」オススメです。
4月29日まで。




コメント (12)

「雲の階段」の長谷川博己くん

2013-04-18 | 長谷川博己
昨夜のドラマ「雲の階段」観ましたか。
長谷川博己くん、よかったですねぇ~

ニセ医者と三角関係。
う~ん、どうなんだろう~と心配してたけど、
博己くん、似合ってました。

やさぐれ感がよかったし、訳あり男の匂いもしてましたね。
無精ヒゲ不潔な感じゼロで、ちょっとセクシ~
なんか、わたし好みのキャラですよ。
うふ・・・

最初の方で鉛筆回してたけど、
「海辺のカフカ」の大島さんのオマージュ?
ちょっとサービスショットかしらん。

博己さんのきれいな手もいっぱい出てきましたね。
なでなでもされてたけど・・・

手術シーンが多すぎのような気がしたけど、
500人規模の島で、そんなにしょっちゅう外科手術が必要になるのかな。
まぁ・・・お話なんだけどね。

血が苦手な人はチャンネル回しちゃったかな。
以前はダメだったけど、蜷川さんの舞台とかで、
しょっちゅう血が噴き出すの見てるうちに、平気になりました。
慣れっておそろしい・・・

それにしても、人工皮膚、偽物のお腹といったらいいのか、
よく出来てましたね。
血が滲んでくるし。
2度も使う所が、やり過ぎ感アリみたいだったけど・・・
わたしも「メス!」とか、言いたかったな。
ふふ・・・

ラブシーン、ちょっと固い感じでしたね。
もうチョイ、ムードあるそそられるセンで行ってほしいです。
はい、大人だもんね。
はは・・・

これからどうなるのか・・・
来週が楽しみです。
わくわく~


コメント (8)

長谷川博己くん情報@電波ジャック

2013-04-16 | 長谷川博己
長谷川博己くん主演ドラマ「雲の階段」
いよいよ明日からスタートです。
ちょっとドキドキ・・・してきました。
ふぅ~

なんと博己くん、明日早朝から電波ジャックしますよ。
日テレ系です。
番組公式サイトに載ってたので、貼っておきますね。

18日(木)も出演です。


4月17日(水)電波ジャック(※一部地域を除く)○印は生放送にキャスト出演!!
○「ZIP!」5:50~8:00
○「スッキリ!!」8:00~10:25
○「PON!」10:25~11:25
○「ヒルナンデス!」11:55~13:55
○「情報ライブ ミヤネ屋」13:55~15:50
○「イブニングプレスdonna」15:50~15:53
●特別企画~長谷川博己、稲森いずみ、木村文乃、萩原聖人、大友康平(敬称略)出演!
「今夜スタート『雲の階段』豪華キャストと式根島ぶらり旅グルメSP」 15:58~16:53
○「news every.」16:53~17:53
●長谷川博己さんゲスト出演
「笑ってコラえて!」19:56~20:54
●長谷川博己さん、木村文乃さんゲスト出演

4月18日(木)19:00~19:56(※一部地域を除く)
長谷川博己さん、稲森いずみさん、木村文乃さんが
スタジオを訪れた“枡太一耕助”へクイズ出題!
「快脳!マジかるハテナ」


予告編がイイ感じですね。
キツイ目になったりして・・・
はい、好みです。
うふ・・・

くわしくはこちら→「雲の階段」


コメント

花とテレビ・竜也くん&博己くん情報

2013-04-09 | 藤原竜也
昨日の桜。
八重の桜、いえ八重桜です。
風にも負けずにけなげに咲いてました。

藤原竜也くん、今夜(9日)と明日(10日)テレビ出演します。

9日 22:00~23:24
「今夜くらべてみました 春のワガママ美女ベスト9とことんくらべてみましたSP!」
タイトル長い!
日テレ系です。

10日 21:00~23:08
「ST 警視庁科学特捜班」
日テレ系。

そのあとの日テレ、23:08~23:14
新ドラマ「雲の階段」来週スタート

もちろん長谷川博己くん主演ドラマですね。

出演者のインタと第1話の見どころをコンパクトに紹介、だって。

いろいろ忙しい春ですね。
うふ・・・



コメント (10)

「木の上の軍隊」初日観ました

2013-04-07 | 藤原竜也
藤原竜也くんの「木の上の軍隊」観てきました。
井上ひさしさんが病床で最期まで練り上げた作品を蓬莱竜太さんが書きあげ舞台に。
実話に基づいた物語ですって。

「木の上の軍隊」
原案:井上ひさし
作:蓬莱竜太
演出:栗山民也
美術:松井るみ
音楽:久米大作
出演:藤原竜也、山西惇、片平なぎさ
ヴィオラ演奏:徳高真奈美
Bunkamura シアターコクーン 4月5日ソワレ初日観劇

ネタバレしてます。よろしくです。

戦争末期の沖縄の小さな島。
ガジュマルの木の上に潜伏中の2人の日本兵。
上官(山西)と新兵(藤原)2年の月日が流れてゆく・・・

舞台中央にそびえたつガジュマルの巨大な木がスゴイ威圧感。
客席に入って、おぉ~っ!でした。
木は35度の角度があるそうで、上り下りするだけでも大変そう。
芝居のほとんどが木の上で進みます。

天井からはガジュマルのヒゲのような根(気根)も多数垂れ下って。
開演前から波の音が響いて・・・
沖縄の青い海を思い出し、ちょっとわくわくしました。

井上さんの代りに脚本をというのは、すごいプレッシャーだったでしょうね。
蓬莱さんは井上さんの言いたかったこと、書きたかったことを、
すべて書いていて(多分)ナイスでした。
蓬莱さんのは、すごく堅実な感じ。
井上さんのような遊びを期待するのは、ちょっと注文多すぎかしらん。
「ムサシ」の笑い山盛りの舞台をちょっと思い出しました。

初日前日のNHKの「ニュースウォッチ9」では、竜也くんの叫んでるシーンが流れて、
オーバー気味の演技を危惧したけど、
舞台全体では、竜也くん抑えてる印象でした。
竜也くんの島出身者の方言や、淡々とした語りが胸をうちました。

片平さんが木の精で、ナレーターをしたり、砂をいじったり。
初日なのでちょっと固いかな、だったけど、
雰囲気があって、とてもステキでした。

山西さんも上官役、ホントぴったり。
いたんでしょうね。こういう日本兵。

井上さん最初の構想の出演者、
吉田鋼太郎さん、北村有起哉さんだったら、どんな日本兵になったのかな。
竜也くんとのからみを観たかったなぁ~

ラストシーン、テレビに出てネタバレじゃん・・・だったけど大丈夫。
巨大ガジュマルの木が直立してくる迫力が圧巻でした。
画面ではゼンゼン映らない圧倒的パワー。

頭上に、飛行機か爆撃機の大騒音。
あれっ、オスプレイか?
と思ったとたんに、ぞぞ~っとしました。

これが沖縄の現実なんだ。
戦争は過去のことだけじゃないんだ・・・
う~ん・・・
あまりに現実にリンクしすぎて、
帰り道は、舞台のことより沖縄のことばかり考えてました。
パンフレットの沖縄戦ルポ(永田秋幸さん)も衝撃的でした。
これ全部、井上さんからのメッサージか・・・

カテコは出演者3人とヴィオラの徳高さんと。
ヴィオラの音色深みがあって、すごくよかったです。
徳高さん泣きだしそうな顔で出てらしたのが印象的。

竜也くんは余裕ありそうな感じ。
でも、汗がすごかったです。
片平さんの肩に手を掛けて、エスコートされて帰っていかれるのが、
ちょっとよかったです。

「木の上の軍隊」オススメ~
6月2日まで全国8か所で公演。

筋肉痛になりそうな舞台。
お2人ともお身体に気をつけてくださいね。
あ、片平さんも・・・
頑張ってくださいませ~

写真はパンフといただいたガジュマルの葉っぱ。



コメント (4)

博己くん情報@CMと雑誌

2013-04-04 | 長谷川博己
長谷川博己くんのテレビCM第2弾は、
なんと任天堂さんでした。
情報ありがとうございます。

「トモダチコレクション新生活」です。
テレビでもう流れてるらしいです。
ゲームのCMらしい。
ちょっと予想が外れました。

ここんとこ忙しくて、テレビゆっくり観る暇もないので、
まだ遭遇してません。

代わりにサイト激リピです。
いやぁこの博己くんの表情、ツボだわ。
うふ・・・

好みのキツイ感じの目付きじゃないけど、
博己くんナイスな演技です。

それから『ステラ』
表紙から博己くんですよ。
中の写真もステキ。
大アップのお写真もあります。

わたし的には、ちょっと巨大すぎかな・・・だけど。
フツーのアップでも、いいんじゃない?
はい、注文の多い女子です。
ふふ・・・

くわしくはこちら→トモダチコレクション


コメント (4)