100回登っても飽きない金剛山 by藤原久敏

世界に誇る回数登山の山、金剛山!
大阪府最高峰、年間登山者数120万人を誇る名山を登り尽くす!

ツツジオ谷、貼り紙増殖(476回目)

2022-09-13 19:10:35 | ツツジオ谷ルート

今日は、ツツジオ谷ルートから。

足裏の火傷からの復活後、しばらくは念のため、安全なルートから登っておりましたが、

もうツツジオ谷からでも大丈夫だろうと。

大好きなルートの1つですが、若干危険度が高いルートですからね。

黒栂ルートとの分岐(橋の入口)に、今まではなかった、こんな貼り紙が。

やはり人気ルートなので、要請があったんでしょうね。

そしてきちんと「注意・・危険個所多数あり」との喚起も、たしかに。

 

ツツジオ谷の入口にも、同じく、新しい貼り紙が。

 

これは最近ではないですが、ちょっと前から、設置されております。

ツツジオ谷、登山道ではないのですね。

 

これも、ちょっと前から、新しく設置されたものの1つです。

っていうか、これだけ危険危険と言われたら、初めて行く人(とくに単独行)だと、ちょっと躊躇しますよね。

 

そして、これはだいぶ前からあります。

ご遠慮ください・・・そう言われると、ここで引き返す人もいるのではないか、と。

 

で、それではツツジオ谷はどのくらい危険か・・・と言われると、その評価は難しいところ。

水越からの急峻な沢登りに慣れている人からすれば、全然イージーなルートでしょうし、

千早本道や伏見林道しか知らない人からすれば、なかなかの危険ルートでしょう。

 

私の個人的な評価としては、「油断しなければ」十分に登れるルートだとは思います。

というか、かなり楽しいルートだとは思います。

 

とはいえ、滑落死も発生しているルートですから、本当に油断禁物です。

 

写真では伝わりにくいですが、断崖絶壁などはありませんが、滑落し、打ち所が悪ければ死亡・大ケガする

可能性は十分にございます。

 

で、今日は源流詰めにて。

最後のゴツゴツ岩場は、シルバー以上のゴツゴツ度合。

火傷治りたてだと、ちょっとヤバかったかもしれません。

 

そして山頂写真。

横にいるのが女性・子どもばかりなので、私がやたらデカく見えます。

 

さて、今日は帰りに、309号線のマクドナルドへ。

田舎のマクドらしからぬオシャレマクドでして、2階のカフェテラス席で、少し仕事を。

現在、34冊目を執筆中で、35冊目の構想・企画を練っておりました。

 

金剛山1000回、著書100冊に向けて、ジワジワ進んでおります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新緑のツツジオ(459回目)

2022-05-17 17:53:10 | ツツジオ谷ルート

新緑シーズンは意外と長いですね、まだまだ新緑が目に優しいです。

今日はツツジオ谷ルートにて、「腰折れ滝と新緑」もいい感じ。

 

そしてツツジオ名物、切り株アートでは、珍しく「女子顔」バージョンが。

 

今日はスッキリしない天気のせいか、登山者は少な目。

久々に、山頂カメラ独り占めです。

まぁ、せいぜい、これくらいしかポーズ取れませんでしたが・・・。

 

帰りは、千早本道でソソクサと。

で、前回、4合目あたりが新緑スポットとして紹介しましたが、6合目あたりもなかなかのもの。

というか、どこでも新緑スポットなんですけどね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっぱりツツジオ!(447回目)

2022-04-14 19:47:07 | ツツジオ谷ルート

今日は、ツツジオ谷ルートにて。

やっぱりツツジオが一番のお気に入りです。

とくに前回、わりと単調なルートである松の木ルートだったんで、余計に、その面白みが

際立って感じました。

 

ただ、今日はなんだか、蜘蛛の巣(糸)にやたらと引っかかります。。

20回くらい、顔や腕にまとわりつき、なかなかの不快感でした。

上の写真で、ちょうど真ん中くらいにある蜘蛛の糸、分かりますかね?

あと、そろそろアブやコバエもうっとうしくなり、本格的に対策を講じなければなりません。

 

さて、今日は「源流詰め」にて。

相変わらず、硬派な感じですね。

 

そしてお昼は、お手製バターサンド。

コストコのホテルパン(1個13円くらい?)に、バターをサンド。

おそらく、今日のランチは50円足らずです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雲海の絶景!(440回目)

2022-03-22 20:20:51 | ツツジオ谷ルート

今日の山頂景色は、雲海!!

金剛山頂では、たまに雲を見下ろす風景のときはありますが、ここまで雲が多いことは珍しいです。

今まで見た中で、一番「雲海」に近いかもしれません。

暖かくなってきたところで急激に冷え込み、雨上がり直後といった条件が重なったからですかね。

 

そう、今日はグッと冷え込みました。

山頂は1℃。

ここ最近暖かったので、数字以上に寒く感じます。

 

そして、今日はよもやの積雪でした。

ツツジオ谷から登ったのですが、途中から、上からボタボタと水滴が・・・まるで雨のように。

雨はスッカリ上がったはずなのに、と思っていましたが、どうやら木の枝等からの雪解け水だったようですね。

 

そして、途中まではまったく雪はなかったのですが、山頂近くの尾根道まで来ると、けっこうな積雪。

最初は、まだ溶け切っていない雪がけっこうあるな・・・と思っていたのですが、そのフカフカ具合から、

どうやらこれは新たに積もった雪だと分かりました。

 

けっこう、しっかり積もっております。

 

山頂下の広場など、このとおり。

金剛山積雪情報では「積雪1㎝」とありましたが、場所によっては、ゆうに10㎝くらいはありましたね。

 

完全ではないですが、樹氷もチラホラ。

今シーズンの雪景色は終わったと思っていただけに、嬉しいサプライズでした。

 

今日は一日、大学講義の準備や連載コラム等の執筆をこなすつもりだったのですが、

なぜか、「今日は行かねば」との直感が働き、急遽、昼も大幅に過ぎた頃から出発しました。

 

積雪に樹氷、雲海・・・その直感は正しかったようです。

 

で、山頂に着くころにはすっかり雨も上がり、日も差して、フォトジェニック。

今日の山頂は、誰が撮っても、それなりのモノが撮れたかと思います。

 

そして山頂写真。

分かりにくいですが、微妙に空中浮遊しております。

シャッター1分くらい前からピョンピョン跳ねて、初めて、微妙に成功です。

いつかまた、完璧な空中浮遊写真を撮りたいです。

 

 

さて、これは未確認情報ですが、明日放送のFNS歌謡祭にて、サカナクションが金剛山頂から

ライブパフォーマンスをするという噂が・・・。

もしこれが本当なら、とても楽しみ。

金剛山が全国に知られることなり(すでに知る人ぞ知る、ですが)、ちょっとしたブームとなれば嬉しいです。

 

ちなみに、ライブカメラで山頂の様子を確認してみると、マイク等がセッティングされていました。

ということは、かなり期待大かと。。。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ツツジオ谷の、もう1つの名物とは?(437回目)

2022-03-10 20:21:07 | ツツジオ谷ルート
金剛山ツツジオ谷ルートの名物と言えば、言わずと知れた「氷瀑」。
とくに今年は見事な氷瀑が育ち、長い間楽しませてもらいました(年によっては、ほとんど凍らないときもある)。
 
そして、もう1つの名物が「切り株フェイス」。
石や葉っぱなどで顔を描かれた切り株がアチコチにあり、どれも個性的で楽しめます。
 
こんな感じですね。
 
タカハタ谷との分岐から、少し進んだあたりに多く見受けることができると思います。
 
ただ、石や葉っぱはただ置かれているだけなんで、雨風があれば、すぐに崩れてしまいますけどね。
でもすぐに、誰かが新しく描くわけですが。
 
今日見た中では、個人的には、これが一番。
シンプルながら、目は石、との固定概念を覆し、目を葉っぱで描いたところを評価です。
 
こんなのも、どこかの部族の仮面みたいで、面白いかも。
っていうか、どれもこれも、「どこかの部族の仮面」みたいですが、、、。
 
ちなみに、これら「切り株フェイス」をツツジオ谷名物と称しているのは、私の独断と偏見です。
そもそも、「切り株フェイス」との名称も、私が勝手にそう言っているだけでございます。
 
他にも、「おにぎり岩」や、、、
 
足がズルズル砂に取られる「アリ地獄坂」など、名物候補ですかね?
 
まぁ、人の数だけ、名物があるということで。。。
 
ただ、「氷瀑」は誰もが認める名物でしょう。
そんな氷瀑ですが、さすがにここ最近の暖かさにすっかり溶けていたわけですが、それでもまだ、端の方は微妙に凍っておりました。
さすが、今年の氷瀑はしぶといです。
 
ルート上の積雪もすっかりなくなってはいたのですが、最後の尾根道は、まだアイスバーンが残っておりました。
まだまだ要注意ですね。
 
ちなみに山頂温度は8℃。
一気に暖かくなりましたね、花粉がキツイです。
 
でも、これだけ暖かければ、山頂ランチも問題ございません。
近いうちに、パン工房「カワ」の紀州梅どりバーガーを山頂広場で食べることを、密かな楽しみにしております。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする