100回登っても飽きない金剛山 by藤原久敏

世界に誇る回数登山の山、金剛山!
大阪府最高峰、年間登山者数120万人を誇る名山を登り尽くす!

今年30回目!(448回目)

2022-04-16 19:37:57 | 寺谷ルート(ハード)

今年に入って30回目の金剛山。

これまで以上のハイペースで、順調に年間100回ペースできています。

とはいえ、優雅なリタイア生活者ではないので、仕事との兼ね合いが難しいところ。

早朝深夜の執筆や、講義前後に登るなど、それなりに工夫しております。

 

さて、今日は寺谷ハードコースにて。

ハードコースの看板が、気持ちを奮い立たせます。

 

まぁ、ハードと言っても、険しいのは最初の方だけで、途中からは、わりと普通のルートです。

7合目あたりで文殊尾根と合流しますしね。

 

それにしても、今日は涼しかった、というかちょっと寒いくらいでした。

ここ最近、山頂でも17~8℃くらいあったので、山頂はけっこう寒く感じました。

 

帰りは、河南町のスーパーセンターオークワへ。

ここの野菜売場の「地場野菜」はなかなかのもの、ここだけ道の駅みたい感じですね。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

417回目(ハードコース&強風・霰・懸垂)

2021-12-17 17:52:26 | 寺谷ルート(ハード)
今日は久々に、寺谷ハードコースにて。


ハードコースというだけあって、なかなかワイルド。
とくに最初の方は、「登る」というよりも「よじ登る」ことになります。

足腰のみならず、体全体のバランス(使い方)も重要になってきます。


今日は午前中は雨だったので、かなり汚れました・・・。

もっとも、そんなワイルドな箇所は、寺谷レインボーとの分岐~文殊尾根に合流する手前までなので、
さほど長くはありません。
だからこそ、楽しめるのですね(延々とワイルドだと、ちょっと大変)。

さて、明日からはグッと寒くなるそうですが、今日はまだマシで、山頂は2℃程度。
ただ、強風がすごく、耳当てが大活躍。
でもって、突如、霰が打ち付けられるなど、低山とはいえ、山の天気は下界とはまったく違います。


中途半端な決めポーズで、山頂写真。

ところで、登頂100回くらいまでは、登頂回数だけ懸垂をやることを心掛けていましたが、
さすがに100回を超えてくると厳しく、普段は50~100回程度。
でも今日はハードコースで気合が入り、200回。

隣のブランコやシーソーはぶっ壊れており、吊り輪の劣化が心配ですが、登山とセットで鍛え続けたいと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハードコースと桃ソフト(395回目)

2021-07-15 14:51:19 | 寺谷ルート(ハード)
ここ最近は天気が不安定ゆえ、昨日のようなゲリラ豪雨が不安でしたが、、、
まぁ、いけるだろうと、金剛山へ。

今日はなんとなく、足腰を鍛えたくなって、寺谷ハードコースにて。

足をガッツリ上げ、しっかり踏み込まないと登れない箇所も多く、いい感じで鍛えられます。

上半身の筋トレは習慣付いているのですが、下半身の筋トレ(スクワットなど)がどうしても
おろそかになってしまっております。
衰えは足腰から・・・というわけで、ただ登るだけでなく、たまには足腰をいじめるよう、意識しております。


さて、天気は曇模様で、たまにゴロゴロと雷鳴が轟きビビッていたのですが、なんとか持ちました。

ただ、山頂写真、暗いですね。
でも、景色はけっこうキレイに映っております。

そして今日は久々に、くろまろの郷へ。
お目当ては、桃。
そう、桃スイーツが解禁されたようで、アレコレ迷います。


結果、今日は、桃ダイスソフトにて。


もっとカンカン照りで暑ければ「カキ氷」一択でしたが、そこまでの天気ではなかったので、それはまたのお楽しみということで。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ここにきて、うっすら雪景色(380回目)

2021-03-23 20:57:52 | 寺谷ルート(ハード)
今日は、寺谷ハードにて。
あらためて思いますが、このルート、馬力が必要です。
黒栂尾根道といい勝負かな、と。

さて、7合目あたりからか、思いがけずに、雪景色でした。

まぁ、銀世界には程遠く、うっすら程度ではありますが。。。

で、寺谷ハードは途中、文殊尾根ルートと合流します。
文殊尾根ルートは少し寄り道すると、岩屋文殊があります。

なかなか雰囲気のある文殊さんですね。

今年の受験シーズンは終わり、来年は息子の受験年。
そんなわけで、文殊尾根ルートを使う機会も増えそうな気がします。

ちなみに、文殊尾根前の階段(状)のところに、ハート形の石を発見。

密かな名物となれば、面白いですね。

そして今日は久々に、オルターでお昼ごはん。
オルターとは、千早赤阪村にある「安全なたべものネットワーク」を掲げる宅配サービス事業会社。
そこの社員食堂的なところで、一般人もランチ・カフェできるのです。

今日のヘルシーランチ(700円)は、こちら。

ヘルシーですが、豚の生姜焼きがけっこうコッテリボリュームで、美味しかったです。

はじめて行ったときはとても緊張しましたが(アウェイ感半端ない)、何回か行って慣れてしまえば、
むしろ居心地良いです。
事業所の2階部分なので、金剛山を眺めながら、美味しくいただけますよ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

355回目(寺谷ハード・青々空!!)

2020-12-02 20:01:39 | 寺谷ルート(ハード)
今日は、久々に寺谷ハードコースにて。
寺谷レインボー封鎖が解除されてからは、レインボーコースばかりだったので、かなりの久々。
調べてみると、実に10ヵ月近く振りでした。


相変わらずのハードコース、いい運動になります。


典型的な尾根道ですが、木の根がみっちり張り巡らされているので、足をひっかけないよう、ちょっとしたアトラクション?

それにしても、今日は本当にいい天気。
お空が青々としております。


で、寺谷ハードコースは、終盤で文殊尾根と合流します。
今日はせっかくなんで、文殊さんの前を通っていきました。

金剛山に文殊さんがいたことは、つい最近、知りました。
息子が来年受験なので、千早赤坂城にちなんだ「落ちない」お守りと一緒に、願掛けをしたいですね。

さて、こんないい天気なので、ランチはもちろん野外にて。
ただ、山頂広場はわりと人が多いので、最近はもっぱら「ちはや園地」で食べることが多いです。
そのときはもちろん、パン工房カワのパン!

牛肉ゴロゴロカレーパン、ボリューミーです。
他にもホウレンソウとチーズのキッシュ、ハム卵パンを食しました。

デザートは、カワの人気ナンバーワン、生クリームサンド!

しかも今日は、期間限定のプレミアムチョコクリームサンド!
食レポについては、私のスイーツブログである「南大阪スイーツ列伝」にて!

た~~~ぷりの生チョコクリームがたまりません。
美味しいですが、今日のランチはちょっと、カロリーオーバー・・・、
というわけで、いつもは念仏坂→伏見林道コースですが、今日はちょっと大回りして久留野峠経由にて下山しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする