100回登っても飽きない金剛山 by藤原久敏

世界に誇る回数登山の山、金剛山!
大阪府最高峰、年間登山者数120万人を誇る名山を登り尽くす!

199回目(シルバーコース・ロープウェイ上テラスでランチ)

2018-05-25 17:25:41 | シルバーコース
199回目は、シルバーコースにて。
シルバーコースとは、伏見林道(ロープウェイ駐車場前の整備された林道)から分岐する3ルートの1つ。

私は最初、「シルバー」との名称から、お年寄り向け=楽なコースと勘違いしておりました。
いえいえ、むしろ、3ルートの中では、一番ハードなコースとされています。

まず、入りが分かりづらい。
岩につけられた赤い印が、唯一の手がかり。


途中からは、沢登り。
滑りやすい石や倒木を見分けながら、慎重に足場を探します。
体全体のバランスが大切で、体幹が鍛えられます。





ちなみに今日は、どこぞの小学校の遠足と、モロにバッティング。
ちはや園地でランチを・・・と考えていただのですが、大勢の子供達に囲まれて(ジロジロ見られて)食べるのもアレなので、
場所を変更して、ロープウェイ山頂駅に最近できたばかりのテラスにて。


外で食べるときは、たいてい(前回も)カワのハンバーガー。
今日は定番の『紀州梅どりバーガー』、分厚いチキンカツと1個丸ごと梅干し(ちょっと甘め)、タルタルソースに紫蘇の葉がポイント。
雑穀バンズも技ありの一品です♪



あと、小学校の集団と並行して歩いていたとき、引率の先生がこんなこと言っていました。

「登山者数1位は富士山、そして2位がこの金剛山なんだよ」

ん?

私の認識では、登山者数1位は、ダントツで高尾山かと(推定300~400万人)。
2位の金剛山は、その通りなんですけどね。

金剛山の登山者数はずっと気になっていたのですが、昨年、日経新聞記事で約120万人と載っておりました。
なお、富士山は30~40万人程度だとか。

意外と少ないようですが、登れるのが7・8月だけですからね。

拙著『100回登っても飽きない金剛山』、絶賛発売中!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

198回目(ツツジオ谷・簡単にルート紹介)

2018-05-21 17:41:48 | ツツジオ谷ルート
198回目は、ツツジオ谷ルートから。
メインルートである千早本道ほど整備されていませんが(場所によっては踏み跡がある程度)、
その分、たっぷりの自然が楽しめるルートです。

単調な千早本道と違って、途中、いろいろと見どころ(?)もたくさん。

まずは、腰折れ滝という、2段に分かれた滝。


そしてすぐに、今にも折れそうな、怖い橋(ボヨボヨとたわみます)。


交差する倒木をくぐり抜け・・・


大きな三角岩がど~ん。


しばらく行くと、なかなか見応えのある滝があります。


そしてすぐにまた滝があり、真冬のピークに行くと、運良ければ「氷瀑」が見られます。
氷瀑とは、流れる滝が凍ったもので、普通は奥深い自然の中でしか見られないのですが、金剛山では身近・手軽に見られるのです。
なので、氷瀑が期待される日など、(普段は人は少ないのですが)ここにはカメラを抱えた人がたくさんやってきます。


ツツジオ谷ルートの詳細は、拙著『100回登っても飽きない金剛山』に書いております♪
メインルートに飽きたら、ぜひ!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雑誌(アウトドア雑誌)で紹介されました!

2018-05-17 22:34:09 | 著書プロモーション
拙著『100回登っても飽きない金剛山』が、アウトドア雑誌『PEAKS』にて紹介いただきました!

全国的にはまだまだ知名度の低い金剛山ですが、何かをきっかけにブレイクすると見込んでおります。
本書が、なんならこのブログが、そのきっかけになれば・・・とアチコチで大風呂敷を広げておりますが、
けっこう本気だったりもしています。



拙著『100回登っても飽きない金剛山』、絶賛発売中!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

197回目(寺谷・山頂メシ、ちはや園地スイーツ)

2018-05-17 15:39:55 | 寺谷ルート(レインボー)
197回目は、ロープウェイ前駐車場に止めての伏見林道から。
伏見林道は整備された歩きやすい道で、そのまま伏見峠→念仏坂→ちはや園地からの山頂まで、
車でも通れるくらい舗装されています。
なので、子供連れにはうってつけ(私も子連れ時はいつもそのルート)。

ただ、伏見峠に出るまでに3つほどのルートの分かれ道があります。

今回はその1つ、寺谷ルート。
とくに危険個所はありませんが、それなりに山道なので、自然を楽しめます。

途中、「レインボーブリッジ」もあり。
金剛山のレインボーブリッジは、これのこと。



さて、今回は車で途中、近鉄南大阪線「川西駅」近くにあるパン工房カワで、名物のハンバーガーを買って山頂メシ。
下界は蒸し暑かったですが、山頂は20度と快適。
この季節、昼飯は山頂に限ります。

ちなみに、今日のチョイスは、鹿肉メンチカツバーガー。
これ1つで、満腹です。


帰りは素直に、整備されたルートにて。
途中、ちはや園地広場で、これまたパン工房カワの名物「クリームサンド(抹茶味)」で休憩。
って、山頂から15分程度なのですが。


拙著『100回登っても飽きない金剛山』、絶賛発売中!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

196回目(タカハタ谷・年会費払込み)

2018-05-14 18:30:25 | タカハタ谷ルート
金剛山登頂196回目は、タカハタ谷で登って千早本道で下山。
わりといつものルートです。

そしてついでに、金剛山錬成会の年会費(2018年度)の払込み。
6000円が高いか安いかは人それぞれですが、特典としては・・・

・年2回の金剛山頂のお祭り(さくら祭り・もみじ祭り)でお弁当がもらえる
・ロープウェイが割引料金(10%オフ)
・会員専用着替えBOXが使える
・回数スタンプカードが(非会員に比べて)100円安い

などなど。

そして、一番の特典は何といっても、

・山頂登拝者掲示板に名前が掲載される

です。

金剛山では、50回以上登った人の名前は、山頂の掲示板に誇らしげに掲示してもらえます。

しかし、それは金剛山錬成会会員のみなのです(意外と知られていない)。
そうです、回数カードを買って(1枚500円、10回押して更新)、スタンプを押してもらうのは誰でもOKですが、
掲示板に名前を出してもらえるのは、会員のみなのです。

といっても、誰でも年会費を払えば入会できますが。

ちなみに200回以上になると、一番目立つ、大きな掲示板に掲示してもらえます。
今、まさに私はそれを目指して、頑張っているのです。



100回以上は、ちょっと奥まった場所となります。
人数も(200回以上に比べると)少なく、少し寂し気な感じです・・・。



50回以上は、さらに離れた目立たない場所にあります。
しかも、さらに寂し気な(というか寂れた)感じです・・・。
というのは、50回以上登っているような人は、トットと100回、200回へと駆け上がっていくわけですからね。
なので、50回以上掲示板は、歯抜け状態となっております。



一日も早く、200回掲示板の末席に入れるよう、頑張ります。

拙著『100回登っても飽きない金剛山』、絶賛発売中!


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする