菜の花日記

小さい喜びがあれば幸せ

羊山公園「芝桜の丘」

2013年04月30日 | 日記
老人福祉センター主催の「バスハイク」に参加しました。
定員40名の受付がわずか15分で締め切りになると言う、狭き門を潜り抜けての参加でした。
参加費500円(バス代、保険、入園料、お茶)がついてこの金額、凄い人気が有ります。ウォーキング仲間4人で参加出来てラッキーでした。
心配した雨にも降られず、暑からず寒からずの良い陽気に恵まれました。

「芝桜の丘」は秩父市街地を一望できる羊山公園にあります。秩父のシンボル「武甲山」を背景に、広大な敷地に40万株以上の芝桜が花を咲かせ、開花期には花の絨毯が広がります。今日は満開でした。

一面花の絨毯は、秩父夜祭の屋台や、笠鉾の囃し手の襦袢と躍動感をデザイン化した模様になっているそうです。

公園内には、秩父路の特産品を売るお店が沢山並び、賑わいを見せていました。
さくらソフトクリームが美味しかったです~。








コメント (6)

童話の世界

2013年04月27日 | 日記
児童文学作家「坪田譲治」の世界から童話の2作品
     ☆きつねとぶどう  ☆かくれんぼ を朗読で聴きました。
童話を耳で聞いて話の世界に入っていくのは、活字を追うのとは違った別の妙味がありました。読み手の声とか聞き手の好みもありますが・・・。

子供の頃一人っ子という環境でもあり、童話集を沢山読みました。
その影響も有って、我が子三人にも手の届く所に本を置きました。
本の好みも三人三様でした。成長するに従って、マンガ本だけは増えていきました。

子供三人を並べて寝かせ、即席のお話を聞かせて寝かせた日が懐かしく思い出されます。そんな母親の愛情を覚えているのだろうか?

今度顔を合わせたときには、ぜひ聞いてみたいです。
コメント (2)

生きがいを探して!

2013年04月24日 | 日記
人様のブログを拝読していて、「生きがいを探して」という文章に出会いました。
さまざまなコメントの書き込みがあり、つい読み漁ってしまいました。

若い頃なら、子供の成長、趣味、その他いろいろどんな事でも生きがいに繋がります。
人それぞれの性格、ものの考え方、健康面、生きる上での張り合いや喜びがイコール生きがいになるのでしょうか?

昼間、女優の樹木希林さんのお話を聞いていて「70歳になった実感」として
信条・・・取り巻きを作らない、人と比べない(きりがないから)。
病を抱えながらも生きてきて、今が有ると語っていました。

もちろん住む世界が違い、平凡な主婦にはなかなか真似が出来ることでは有りません。
高齢になれば1年、いちねんが不安との戦いを強いられます。
少しでも嫌な事のない日々が、少しでいいから楽しい事が有ると嬉しい・・・。

「人生楽しいだけじゃない、辛い事もある、それでも生きて行かなきゃならない」

             どなたかの格言でした。
コメント (8)

バースデー・プレゼント!

2013年04月22日 | 日記
今日は、夫の誕生日でした。

健康で家にいた頃は、特別なお祝いをすることは有りませんでした。

施設に移ってからは、ささやかなお祝いのお膳が出るのですが体調によっては無いことも有ります。最近は嚥下作用が弱いので食べ物の差し入れは控えています。

そこで、今日はオープンシャツを2枚届けました。
それから、庭に咲いたつつじの花を持参しました。
ささやかなプレゼントでした。

孫娘の写真も見てもらいました。
長男が、鎌倉の会社から本社勤務になり5月から田町に通勤の事。
二男も目黒から親会社に移り渋谷に移動した事。
三男は中野に通勤している事。

いっきに報告をしたので目を丸くして聞いていました、そしてうるうるといつものように顔がくしゃくしゃに・・・私の心も悲しくなります。

孫たちも学校が忙しくなり、埼玉へ来る事が少なくなります。
仕方が有りません、逢える日を楽しみに待ちましょう。


           


コメント (4)

暗闇の中で・・・

2013年04月20日 | 日記
目が覚めた、真っ暗だ!
付けっぱなしのラジオから「アベ・マリア ♪」が聴こえてきた。
ラジオ深夜便のロマンチックコンサート「森山良子クラッシックを唄う」の2曲目だった。じっと聴いていた。
澄んだきれいな声が、覚めやらない身体に心地いい。

3曲目に良子さん作詞、作曲の「あなたが好きで」が紹介されました。
良子さんはこの曲を唄う時には、好きな人を思って唄うそうです。
中村宏アンカーが、今聴いてる人は、好きな人を思い出して聴いて下さいと・・・

          自由人だった父親を思い
          亡くなった母親を思い
          家族を思い
          初恋の人を思い
          少しずつ離れて行く人を思い


そして、ショパンの「別れの曲」「子犬のワルツ」を聴いた頃にはすっかり目が覚めていた。
最後の番組まで聴いてしまい、頭は重いけれど起きる事にする。
隣の部屋で寝ていた猫が、私の起きる気配で高い所から飛び降りてドアーの前で待機していた。今日の日の始まりです。いい日で有りますように。
コメント (2)