菜の花日記

小さい喜びがあれば幸せ

月一回の受診日に

2018年08月29日 | 日記

昨日は月一回の医大の整形の診察日でした。正面玄関を入ってすぐに私の名前を呼ぶ人がいました。

この春リハビリ棟の同室に入院をしていた若い女性が母上と椅子に座っていました。

懐かしいお顔がそこに、病気が縁でのお知り合いは結構深い絆が出来上がっているもののようです。

それなのに私ときたら、相手のお名前が出てきません。この頃そんなことが沢山あります。

夕方の4時の予約でした。1時間待たされて帰宅したのが6時でした。

息子がいてくれるので、安心して全てをお任せです。

マル子ちゃんもとうとう姿を見せません。どこまでも賢い猫でした。

そろそろ猫の家や、道具を片づけようかと思っています。

マル子は孫娘と誕生日が一緒です。孫娘は大学の2年生です。法学部は2年生まで一般の授業を受けて

3年からは法学部専門の授業を受けるようです。40名の中に入れたようです。良かったね。

私もあと3年頑張れるでしょうか?呆けの来ないうちに始末をつけたいと思うのですけど?

季節は少しづつ夏から秋へと動いているようですね。季節の変わり目皆さんご自愛下さい。

コメント (2)

マル子ちゃん帰らず

2018年08月18日 | 日記

今日で9日も帰って来ない。あの体では生き延びているとは思えない。

猫の世界のルールに従って身を隠したのでしょう。姿を見ることも出来ず、どうしたものか気を揉むばかりです。

やっと涼しい日々がやってきたのに、残念ですけどさよならしましょう。マル子ちゃん有難う。

今年の夏は、暑さと身体の痛みとで思うように動けないわが身がとても悲しかった。掃除がしたいのにさ!。

孫たちとも逢えなかったな~。お正月には逢えるかな~。来春は孫息子の受験があるからどうだろう?

どうやら地方の大学を狙うみたいだ。頑張るのだ!

コメント (2)

マル子ちゃん出ておいで

2018年08月11日 | 日記
お題「たいせつな人にひとこと!」に参加中!

マル子は猫です。21年と4ヶ月の長い月日の多くを私と二人で過ごして来ました。

気弱でお姫様のようなおとなしい家猫です。昨日の朝外に行きたがったのでいつものように家から出してやりました。今回に限って戻ってこないのです。高齢で痩せて足も弱っていて、しかも気温が高く小さい身体では熱中症になっているでしょう。

猫は終末をさとり身を隠す習性があると聞いています。行動範囲を探してみました。見つかりません。この暑さでは老猫には動くことも出来ないでしょう。どこに隠れたのか見つかりません。「マル子ちゃん出ておいで」とても悲しいのです。

コメント (4)

オジサンとオバサン

2018年08月05日 | 日記

毎日まいにち40度近い気温に体調管理が難しいです。

外に出ることは殆どありません。猫のマル子も高齢のため元気が有りません。

菜の花日記もすぐに半月ぐらい過ぎてしまいます。

毎日更新されるブログには、凄いとしか言葉が有りません。

一日の過ごし方が決まってしまいました。その中でラジオを聴くことが多くなりました。

今朝、面白いお話を聞きました。魚の名前にオジサンとオバサンが有るそうです。

地方の漁師さんの中では、オジサン、オバサンと呼ぶようです。少し調べてみました。

オジサン            

オバサン

ババーもいるらしいです。

魚のように広い海で泳いでみたいですね。涼しい事でしょう。

 

コメント (2)