菜の花日記

小さい喜びがあれば幸せ

母の命日に思う

2013年07月29日 | 日記
昨年の今日、朝早くに母はお迎えが来て逝ってしまった。93歳だった。
昨年の今日と言う日も暑かった。

生後5ヶ月から育ててもらった母親である。
言葉に出来ないほど波乱万丈な母と娘であった。
この1年、あまり涙は出なかった。

昨日、隣町で「チャリティー・ティータイムコンサート」が
家庭的な「かねひら」というお店で開かれた。
フルート演奏、ピアノ演奏のプロのお二人を手の届きそうな場所で
聴くことが出来てとても嬉しい!。
最後に参加した全員で抒情歌を歌った。
母の好きだった「浜千鳥」を歌ったときに涙が出てしまった。
感謝の気持ちだと思う。お母さん有難う。

母が施設で育てた朝顔の種を昨年わが家で咲いてくれた。

          
コメント (4)

今週は!

2013年07月27日 | 日記
選挙に始まって惨たらしい殺人事件があり、大雨の被害などなど嫌なニュースが続いた。
そんな中「風立ちぬ・奇跡のりんご」の2本の映画を鑑賞した。

朝晩は少し涼しくて身体も「ほっ」としている。
精神状態だけはすっきりしないままである。いつになったら楽になるのやら・・・

最近知人から「六こう占術」なるものを教えてもらった。実に面白くて嵌まっている。
大殺界から抜け出せそうである。まぁ当たるも八卦、当たらぬも八卦ではあるが。
信じやすい性格を持て余している現在(「運命を変える未来からの情報」森田健著)を読んでいる。
強運になれるかもしれない。そう有りたいと思っている。

隅田川の花火大会をテレビで見ている。夏の風物詩花火があちらこちらで上がる。
子供の頃見た、多摩川の花火をおもいだす。心が無になる。

コメント (2)

夏の花

2013年07月25日 | 日記
カンナ(黄色)  神話&伝説

「ブッダ(仏陀)は強い霊力があり、それを妬んだ悪魔が大きな岩を投げます。
岩はブッダの体に当たらず粉々になりますが、一片だけが足の指に当たりました。
流れたブッダの血は大地に染み込み赤いカンナを咲かせました。
悪魔は大地の怒りに触れ血の裂け目に飲み込まれてしまいました。」

神話や伝説はいいですね、大好きです。

          

鹿の子百合

花に紅色の「鹿の子絞り」みたいな模様が入るところからこの名に命名されたそうです。

          

          

ウォーキングの途中で見かけました。



コメント (4)

風立ちぬ

2013年07月23日 | 日記
昨日、映画を観に出かけた。
ポイントカードが5月で切れていて更新料500円で今日の映画は無料です。ありがたい。
宮崎駿監督作品「風立ちぬ」を鑑賞。

零戦の設計士・堀越二郎の人生に堀辰雄の小説「風立ちぬ」の物語をプラスして描いた作品。
大正から昭和へと移ろいで行く風景の全ての場面に風が立っている。
とても綺麗にそして懐かしいシーンもある。
関東大震災のシーンの表現と音の迫力が凄かった。
ラブシーンもあり、大人のアニメと言うところだろうか!

      堀越二郎と堀辰雄に敬意を込めて。生きねば。  と結ばれてあった。

この2ヶ月病人優先の生活をしていた。やっといい方向に向かっている。

そろそろ、自分の時間を作るよう生活の見直しを始めようと思う。

今年は気ぜわしく、追われるような気持ちで過ごしてきた。

早く落ち着いた生活が戻ってほしいと願うのだが・・・後半どうだろう!
コメント (4)

Facebook

2013年07月20日 | 日記
TwitterとFacebookに登録してある。
登録してあるだけでなんの動きも無い。
つぶやきも、書き込みもしないので当然である。
Twitterでは長男とやり取りをしていたのに彼はやめてしまった。
今日はFacebookに長男と知り合いとのやりとりから、写真まで載せてある。ここ1週間の様子を知る事が出来た。

三男の書き込みもある、珍しい。
外国にいる幼友達とのやり取りが面白い。
私には書き込みなど出来そうもない。
家族なのに「お友達になる」になっている。

そして嫁の実家「湯谷温泉・みつい」をしっかり宣伝している。
夏休みで忙しくなるだろう。

私にはこれ以上難しい事は出来ない。
ここまで出来ればいいか~。
それでいいのだ!!
コメント (2)