菜の花日記

小さい喜びがあれば幸せ

今日という日に・・・

2013年06月23日 | 日記
今日のいい言葉!

こうして元気でいるお前は運が強いのだよ。
その運を無駄にしないことだ。  いいな。  宮部みゆき

高1の孫娘は、部活動を「合唱部」に入部したようだ。
合唱部の発表会の様子を、息子がYouTubeにアップしてくれた。
大きく口を開けて全員が素晴らしいハーモニーで4曲を披露していた。
孫娘はアルトが持ち場で充実した「合唱部」を楽しんでいるそうだ(息子の話)

朝の涼しい時間にナス、かぼちゃ、かぶ、きゅうり等を料理しておいた。
ぬかみそも美味しくなってきた。

お昼まぎわに、猫のえさを仕入れに少し遠いいお店に自転車を走らせた。
巷ではボーナスが出回ったのか、大きな買い物をする人でレジが込んでいた。
わが家にもそんな日が有ったような・・・昔むかしになってしまった。

梅酢みそを仕込んでから20日が過ぎたのでかき混ぜてみた。
今回は安価な梅を使ったせいか、梅のエキスの抜けるのにばらつきがある。
最近の味噌は柔らかく出来ているので、少しゆるい感じだ。

夕方夫の見舞いに出かけた。今日も落ち着いている、嬉しい。
雨が降らないうちに病院を後にした。
写りが悪いけど写真を載せてみる。



コメント (8)

カンボジア

2013年06月22日 | 日記
富士山が「世界文化遺産登録」に決定しました。
ここ数日、カンボジアのプノンペンからの映像がテレビからさかんに流れました。
いつまでも綺麗な富士山で有って欲しいと思います。

丁度8年前の今頃、カンボジアを旅しました。
介護家族会の人と一緒でした。
看護士さんで「JICA」から派遣されて2年間の勤務でした。
プノンペンに3日間生活を共にして、その後アンコールワットを現地の日本語の話せるガイドを頼んで2日間見て回りました。
その折、「沙羅双樹」の花を始めて見たのでした。
普通は寺院に多く見かけるのですけど、街路樹として咲いていたのを撮影しました。
日本では「夏つばき」といい白い花をつけています。
日本のお寺に咲いているのでしょうか?探してみたいです。

          
コメント (4)

羊羹

2013年06月21日 | 日記
甘党な私、無性に羊羹が食べたくなりました。

丁度、かんてんとドライ生餡がありました。

本来和菓子を作る時は丁寧に細かい作業を行わなければなりません。

面倒なことは省いてささっと作りました。

その割には美味しく出来上がりました。

う~ん満足でした。


コメント (4)

いざ・・・という時は!

2013年06月20日 | 日記
昨日早朝、夫の入院先から電話が掛かってきました。
夜中に痙攣発作が起きて、その対応についての連絡でした。

入院の際には連絡先を必ず記入することになっています。
まずは自宅と私の携帯、息子たちの家の電話になります。
家庭を持っている長男と三男を連絡先に選んでいます。
その際、県外なので地名も書きいれることにしています。

昨日の朝4時に長男に連絡がいき、看護士さんの要領を得ない話に長男も困りはてて、
その後2番目に私の携帯が鳴りました。飛び起きました5時でした。
要するに終末を迎えそうな患者には個室を勧めるのです。
前日、あと一週間で退院と言われていたのでもうびっくりでした。
それなりの準備をして病院へたどり着きました。
夫は私の声かけに目を少し開けて、また目を閉じました。
ナースに近い二人部屋に移されていました。
面会時間の3時に担当医から話を聞くように言われて・・・帰宅しました。

担当医の話はパソコンに向かってキーボードを叩き私の顔をほとんど見ません。
治療上の不信感が感じられましたけれど、医者を信じなくては。
夫も夕方は落ち着いて目を開けていました。

長男も三男もすばやく私への連絡をしてくれて内心「頼れる」ことを実感しました。
普段は音信不通でも、「いざ」と言う時に一つになれればそれでいいと納得でした。

それにしても、普通は病院の近くの自宅、しかも見舞いに行く私に連絡が有りそうなのに2番目と言うのは「高齢者」を労わる配慮だったのか、ちょっと知りたいですね。
コメント (4)

発掘された日本列島2013

2013年06月17日 | 日記
先日、両国の江戸東京博物館に行ってきました。
1ヶ月前に新聞で開催の記事を目にして楽しみに待ちました。
特集「陵墓の埴輪」展示会(宮内庁所蔵)を拝観です。
撮影は許可されていました。展示会などでの撮影は難しいものです。
帰りに、お隣の国技館に寄ってみました。何かイベントが有るようでした。
相撲とは関係の無いイベントで会員のみ入場が許されていました。
今回も昼食は抜きでした。一人では飲食店に入れないのです。
どうしてなのか自分でも分かりません。次回は勇気を出して「お店に入ってみよう」
そんな事を思いながら暑い日を歩きました。

陵墓の埴輪の数点
         

女子頭部
         

ミミズク土偶
         

コメント (6)