菜の花日記

小さい喜びがあれば幸せ

息子の作ったお弁当!

2013年05月30日 | 日記
長男からお弁当の画像が飛び込んできました。
お嫁さんが病気の治療中で、思うように動けないので息子が毎日3人分のお弁当を作り、それから出勤するようです。
もともと男の料理なるものを作るので、あまり苦にはならないらしい。
男だから愚痴をこぼす事は少ないが、お弁当の画像を見て息子の心の叫びを聞いたような気がして、切ない。

私がブログを載せていることを家族は誰も知らないので私の一存で写真を載せる事にしました。お弁当作りは主婦でも大変なのに、よくやっていると思います。


           





コメント (4)

ボランティア!

2013年05月28日 | 日記
お知り合いの尼さんから「ご機嫌伺い」の電話が掛かりました。
おしゃべりの中で、東北の被災地へボランティアに行かれていて今だに復興には程遠いと話されました。
どんなボランティアをされているのか聞くのは憚れて聞けませんでした。
尼さんですから、亡くなられた人、いまだ見つからない人の御霊をお慰めにお経を・・・。

風化させない、忘れないと良く聞きます。
私には、被災地に対して何が出来るのか!
あまりにも大きな災害に、なんの知恵も出てきません。
被災地の物産館などを見かけたときには、名産品を買う事ぐらいです。

人にはそれぞれの与えられた生活があるわけで、自分の生活をきちんと守り
身も心も健康を心がけて、自立している事でしょうか。

意識することなく「一日一善」が実行出来れば、ボランティアの「支えあう」精神に
近づけるのかなとも思います。
電話を切ったあと考えてみました。良い知恵は出てきませんでした。
コメント (2)

孫の体育祭

2013年05月26日 | 日記
昨日は中2の孫の体育祭が行われたらしく、夜になって長男からメールが届いて
「YouTube」に画像をアップしたから見てと、ばぁばは神奈川まで行けないので
孫の行事などは長男が折りにふれ気を使ってくれる。親ばかでもあるのだが・・・
時々母親の声援が聞こえる、体調が良くて家族で行けたらしい。何より嬉しい。

1500メートルの持久走を走る。1年、2年、3年の18人が同時に走る。
1年がゼッケン15、2年が25、3年が35。孫は白の25番。
全員の中でも1番小柄ではないのかな?そろそろ伸びてくれてもいいのだが。
ばぁば ばか丸出しをさらけ出しました。





コメント (6)

児童書

2013年05月25日 | 日記
最近、図書館へ出かけてもうろうろするだけで読みたいと思う本を選べない。
家の中にもまだ一ページも読んでいない本、読みかけの本などそこそこあるのに・・・どうも外へ出る事のほうが好きらしく読書は後回しになります。

夜、寝つきの悪いときのために児童書コーナーから数冊借りてきました。
「嵐が丘・ロビン・フッドの冒険・グリムの昔話」一度は読んだ本ばかりです。
「嵐が丘」は分厚い名作全集を寝るのを惜しんで読んだのに、主人公の「ヒースクリフ」の名前も忘れてしまって。
グリムの童話では「ながぐつをはいた ねこ」が好きでした。

読んだ感想は子供と大人とでは全然違いますけど良い本はいつ読んでもいいものです。
活字を追うと言うことも「脳」の活躍を遅らせないように回転させたいです。


          
コメント (4)

薄暑!

2013年05月22日 | 日記
梅雨を前にますます強まる陽射しによって作物が良く育つ大切な時期で有るようです。

今日もいつものメンバー11人で歩きはじめました。

農道から家庭菜園のわき道、大木の中の遊歩道とみんな元気に歩きます。

私も5月はずいぶん歩きました。

小旅行から東京散策へ、美味しいものも頂きました。

そして  「今の自分を捨てる勇気」

   古びた自分にいつまでも未練がましくしがみついてはならない
   さっさと脱皮して新しい自分に生まれ変わろう

   今年は巳年、そう出来れば有りがたいが、そう簡単には行くまい
   「立ち止まる」事も有っていいではないか

   そんな事を考えた5月でも有った。

木陰は涼しい

           

梅の実も成長期

           

アグロステンマの花

           

コメント (6)