菜の花日記

小さい喜びがあれば幸せ

「おかあさん こんにちは」

2016年01月31日 | 日記
ある日、私の携帯に長男の嫁さんからメールが入ってきた。

「おかあさん こんにちは」で始まるメールだった。

「お身体の具合はいかかですか」と続いている。

「おかあさん」と呼ばれたのは久しぶりで、なんだか心がほっこりとした。

私を母と呼ぶのは、3人の息子と2人の嫁さんだけである。

離れて暮らす家族とは滅多に言葉を交わすことがない。

それだけに一通のメールだけでも、とても嬉しい。

「おかあさん」から始まって、私の健康を気遣い、孫娘の受験の様子、

最後に「スマホが変わるためのアドレス変更」のお知らせが書いてある。

無駄な言葉を入れず、それでいて心のこもる言葉で繋げて終わっている。

さすが、読書家だけあって言葉の使い方が上手である。見習いたい。

嬉しい事に孫娘の受験が、目指す国立大学を受験可能な範囲にまでたどり着いた事。

法学部と言う地味な学部に向かっている。4月で19歳ながら、人生の進路に向かっているのは凄い事だと思う。
勉強大好きと聞いている。幸せな孫娘を応援している。

発表の日は受験番号を聞いて、大学へ行ってみようと思っていたが、ここ数年発表掲示板の場所が工事中のため、かなわない事が判明した。

残念だが、合否はいづれわかることで我慢することにしよう。

コメント (4)

ボランティア

2016年01月28日 | 日記
昨年から頼まれていた、「ボランティア」と言うほど立派な働きをするわけではないが、とりあえず今日、市民センターに行ってきた。
視力の弱い人が集まって、社交ダンスを習っている。そのお手伝いに参加した。
数年前に少しかじっただけの私のダンスでは教える事などは出来ない。
「眼を貸して下さい」と言われて「何か役に立つのであれば」・・・。

皆さんの明るく元気な姿に、お手伝いどころか逆にダンスを思い出させていただいた。
もう一人の友人と一緒に、お手伝いが出来ればいいな~と思いながら。
男性の先生を探しているようだ。見つかると皆さんも張り切って踊れるでしょう。
コメント

施設サービス計画書

2016年01月26日 | 日記
施設に入所していると、毎年、年初めに施設側と家族を交えて、サービスの予定が組まれる。
先週の予定が、雪のために今日に繰り越されてやっと実現した。
病気のある人に予定を立てても、その通りに済むわけではないが、これも施設側の誠意あるお話で有りがたく思う。
近々、ボランティアで出向く市民センターへ確認のため、寄り道をしてきた。
まだ裏道には雪が凍り付いて、自転車では怖い箇所がいくつか有って帰宅した時にはもう力がなかった。
ボランティアが上手くいくといいのだが、気楽に参加してみよう。
コメント

冬のソナタ ♪

2016年01月24日 | 日記
昨夜はなんとしても睡魔が襲ってこない。とうとう日付が変わった3時半まで暗闇で起きていた。いつもの習慣で「ラジオ深夜便」を聴きながら。
土曜日は「森田美由紀アンカー」の日。声といい、歯切れの良い話し方といい好きなアナウンサーで、ラッキーな時間、嬉しい。
{大人のリクエストアワー}・・・ 心に残る冬の物語
12時台にリクエストされた「冬のソナタ」を久しぶりに聴いた。
2004年に放送されて冬ソナ現象に暫く嵌ってしまった。

当時、夫の介護生活が始まって、全てを一人で奮闘していた頃で、その後行政の助けが借りられるようになり自分の時間が使えるようになった。
そんな時に放送が始まった「冬のソナタ」に、ずいぶん気持ちが癒された。
再放送から、録画をしたものまで泣きながら観ていたっけ。
韓流ドラマも数本観ていたが、その後は観る事もなくなった。

たまたま寝つきの悪かった夜が、懐かしい思い出を振り返る事になった。
あれから12年の月日が流れて、私の生活は当時より楽になっている筈なのに、身体が老いてきて、日々の生活が楽になったとは言えないかもしれない。いつまで続くのか分らない。
コメント

マウス

2016年01月18日 | 日記
最近、パソコンの反応が鈍いというか、私の思い通りに動いてくれない。

このパソコンは私との相性が悪いのだ、と勝手に思い込んでいた。

息子の話だと「マウス」に不具合が有るとのこと。2年ぐらい使って、慣れていたが取り換える事にした。

遊び心で、可愛いらしい「マウス」を買うことにした。

パソコンを始めた頃は高価だったように覚えていたが、最近はとても安価で嬉しい限りだ。

パソコンとの付き合いも、あとどのくらいの時間が有るのか心もとない気がしている。

年数だけは長いが、少しも進歩をしていない。頭の回転が悪くなったのかもしれない。

もう少し頑張ってキーボードをたたいて行こう。

         
コメント (6)