菜の花日記

小さい喜びがあれば幸せ

思いのままに

2015年08月30日 | 日記
降り続く雨に少しうんざりしている。
洗濯ものが乾かない。気のせいか窓を開けると蚊が入り込んでくる。

終わりに近づいたトマトの苗も片づけたいと思っている。ところが朝顔の花が毎朝いくつかトマトの苗に絡むように巻き付いて咲いている。雨に濡れてとても綺麗だ、もう少し待つことにしよう。

ウォーキング仲間から『高尾山散策に』行きませんか、お誘いが有りました。上りと下りを徒歩で頑張ろうと言う。何度か数人で登った高尾山である。だが今回はまったく体力、気力に自信がない。体重も数キロ減量しているから「もしかして歩ける?」そんな気持ちも有るが600メートルの山とは言えきつい事も分っている。少し考える事にする。

孫娘も来春は大学受験で猛勉強らしい、法学部を受験とか耳に入ってきた。
後の3人の孫たちもそれぞれ、元気で過ごしているようなのでまずは安心である。

もう猛暑日はないと思う。秋に向けて体調を整えて秋を楽しみたい。
コメント (2)

夏の終わりに

2015年08月25日 | 日記
焼きつくような暑さも去って、朝夕の涼しさは大歓迎である。

朝の散歩も気持ちがいい。林のそばを歩くと、競って鳴いていた蝉の声も聞こえない。

木や草花も夏の装いから、秋の落ち着いた雰囲気に変わりつつある。

烏瓜も立派な実をつけてこれからが楽しみだ。



一つだけ立派に赤くなっている。



待宵草も私を待っていた。



我が家のスイカが一つはじけた。もうこれ以上は大きくならないだろう、収穫の時期到来。



小さいけど中身は立派なスイカ、甘い汁をたっぷり含んだミニスイカ、美味しかった。
白い部分は甘酢につけて食べた。ミニトマトはそろそろ終わりですね。



今年の夏は悲喜こもごもだった。来る秋が穏やかであってほしいと願わずにはいられない。
コメント (6)

手術が終わって

2015年08月22日 | 日記


三男の病気の知らせから10日あまり、暗い気持ちは拭えなかった。

様子が分からないことも有り、とても不安だった。

昨日、無事手術も終わったとの連絡に「ほっと」した。

長い事母親のみで息子たちの心配事を、引き受けてきたが

そろそろ限界を感じている。

父親不在の生活はやっぱりいいことではないと痛感もしている。

私のゴールまで、3人の息子や家族には元気でいてもらいたい。
コメント (8)

双子のつゆ草

2015年08月22日 | 日記
朝の涼しさに誘われて散歩に出ました。

今を盛りとつゆ草が群生しています。双子のつゆ草を見つけました。



          

同じ場所に双子の花はいくつも咲いていて、ない所には一つも有りません。

          

          

          

昨日手術を終えたはずの三男からはまだ連絡が有りません。親の気持ちも知らずに、怒鳴りたい気持ちです。
コメント

ツユクサ(つゆ草)

2015年08月17日 | 日記
          

朝咲いた花が昼しぼむことが朝露を連想させることから「つゆ草」と名付けられたという説がある。別名もいろいろあるようだ。

私が子供の頃は「ほたる草」と呼んでいた。

幼き日のオママゴトには「アカマンマと共にほたる草は」必ず使われていた。

通常1個の苞に1個の花が咲くが2個の花をつけた双子のつゆ草も有るらしいが、私はまだ見たことがない。まさに「今でしょ」探してみたい。

このつゆ草は、玄関わきのブロック塀のところから今年初めて1輪だけ咲いていた。

母が大好きだったつゆ草、きっと一緒に帰ってきたのですね。
コメント