★ Zoom Up ☆ KOFU 市民レポート ★

甲府市の市民レポーターがこうふの話題をお届け!

甲府のもろこし・きみひめ!

2024-06-21 14:17:45 | 紹介

風土記の丘もろこしフェアに行きました


こんにちは   市民レポーターの武居みおです

7歳と5歳の2児のママ目線で、子供と一緒に、家族と一緒に出かけたいなと思う甲府市のスポットを紹介していきたいと思います。

今回は、令和669日に中道地区にある、風土記の丘農産物直売所で行われた風土記の丘もろこしフェアを訪れた様子をレポートします。中道地区の特産であるスイートコーン「きみひめ」や「ゴールドラッシュ」がお得に買えるとあって、とても混雑していました。

10時過ぎに着いたときには、もろこし購入列は完売で並べず、人気の高さが伺えました

箱買いする多くの人で賑わっています。地方配送も取り扱っているようでした

たくさんのもろこしを運搬しています

きみひめの無料試食があったので、頂きました。茹でただけなのにしっかり甘くておいしく、子どももペロリと食べてしまいました

続いて、焼きもろこしの販売列に並んでいたのですが、残り40本しかないとアナウンスがあり、買えませんでした。本当に大人気なのですね

 直売所の中にもさくらんぼなどの農産物が売っており、食事処ではきみひめを使ったもろこしソフトを売っていたので購入しました。すりつぶしたもろこしがソフトクリームと混ざり合い、甘さも追加されてとても美味しかったです。

ニュースで確認したところ、午前3時半から開店を待っていた方もいたほど人気のイベントだったようです。来年伺う際は早めに行こうと誓いました。「ゴールドラッシュ」は知っていても「きみひめ」は知らなかったという方もいるのではないでしょうか?私も初めて食べましたが、こんなに美味しいもろこしを甲府で育てているとは思いませんでした。フェアはこの日のみでしたが、これからも旬の味を楽しみたいと思います

*****************************************

風土記の丘農産物直売所 

 https://fudoki-nakamichi.com/

甲府之証については

 https://www.city.kofu.yamanashi.jp/shoko/kofunoakashi.html

*****************************************

 

 

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

甲府5月のバラ祭り:訪れるべき無料の観賞スポット

2024-06-03 14:04:27 | 紹介

外国人視点の甲府の魅力!


 

自己紹介

こんにちは!市民レポーターの”CHIKA”です。

5年前に台湾から山梨に移住し、3歳と6歳の子供たちと一緒に、家族全員でお出かけを楽しんでいます。常に大自然や山に囲まれた生活を送ることは新鮮な体験です。今回は、外国人の視点から甲府の魅力を見つけて紹介したいと思います。

5月の甲府はバラの香りが至る所に漂い、心を惹きつけます。甲府駅の北口からすぐ近くにバラの名所がいくつかあります。これらの場所は無料で楽しめるので、散歩しながら美しい景色を堪能してみることをお勧めします!新宿から電車やバスで2時間ほどで行ける美しい場所で、気軽に散歩が楽しめます。

 

①甲府駅北口 藤村記念館(駅から徒歩2分)

藤村記念館は、歴史と美景が融合した素晴らしい場所です。建物の周辺には46種類、78株のバラが植えられています。5月は特にバラが美しく、香りも素晴らしいです。建物の前のアシストエンジニアリングよっちゃばれ広場ではワインのイベントなどが開催され、バラとともに楽しむことができます。

写真を撮ったり、リラックスしたりするのに最適な場所です。

記念館の角にはバラ柱があります

 

②甲州夢小路(駅から徒歩2分)

甲州夢小路はノスタルジックな雰囲気に満ちた小道で、バラの花壇と駅周辺の景色が見どころです。藤村記念館から甲州夢小路まで歩くと、バラの壁を楽しめます。時間が合えば、電車とバラの素敵な組み合わせを撮影でき、日本の風情を感じられます。線路沿いのフェンスにも様々なバラが植えられており、香りを楽しみながらの散歩はとても心地よいです。夢小路の建物

は明治、大正、昭和時代を基にし、現代の要素を加えた独特の大正ロマン風のスタイルです。

時の鐘とバラの組合せ

夢小路の建物とバラは相性が良いですね!

掲示板とバラ

 

舞鶴城公園の隅に掲示板が設置されています。ここは甲府市民にとって重要な避難場所です。公園は、市民が気軽に訪れ、遊んだり四季折々の景色を楽しんだりできるように設計されています。

 

③愛宕薔薇園 (駅から徒歩20分)

愛宕薔薇園開園のお知らせ

バラと水滴

ここに訪れたのは雨あがりの後でした。水滴がまだ花びらに残っており、とても可憐に見えます。また、バラがたっぷりと水分を吸収しているため、色がとても鮮やかです。

愛宕薔薇園の薔薇トンネル

 

愛宕薔薇園は甲府駅から徒歩約20分の距離で、見逃せないスポットの1つです。ここには60種類以上のバラがあり、180株以上の長いバラのつるがトンネルのように咲き誇っています。先日の雨で、花びらに残った水滴がバラを一層可愛らしく見せ、色もとても鮮やかでした。駅から少し離れた場所のため、一人でゆっくりとバラを楽しむことができます。バラの香りが四方から漂い、五感でリラックスした気分を味わえます。

これらの観賞スポットは、バラの美しさを感じられるだけでなく、忙しい生活の中で静かでリラックスしたひとときを提供してくれます。

 

中国語のブログはこちら

点击这里查看中文博客 

  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

かずさんの街散歩vol.49

2024-05-29 16:36:03 | 紹介

低山散歩 羅漢寺山編


 

こんにちは。今年度の市民レポーター、「かずさん」こと武田和巳(71才)です。

私は202210月で市のホームページに掲載されている甲府市ウォーキングマップ31地区のコースを歩きブログにまとめました。

引き続き“健康のために甲府の街を散歩しながら、新しい発見をする”目標に甲府市の魅力をご紹介していきます。

 

甲府市31地区コースのブログはこちらにまとめて掲載されています。是非ご覧ください。

 

 

甲府市ウォーキングマップ

 

 

****コースの紹介****

今回は「低山散歩」第9弾、甲府市宮本地区にある低山の一つで山梨百名山、甲府名山に指定されている「羅漢寺山」を登りました。弥三郎岳(1,058m)・展望台・パノラマ台を総称して羅漢寺山と呼ぶそうです。甲府市の広報誌『広報こうふ』20245月号の裏表紙に「新緑の御嶽昇仙峡が楽しい!」ともあり、早速登りに行きました。

昇仙峡は能泉地区と宮本地区にまたがっており、渓谷沿いの遊歩道は能泉地区、覚円峰・仙娥滝・羅漢寺山・昇仙峡ロープウェイは宮本地区になります。

それぞれの地区は下記ブログを参照ください。

 

・能泉地区vol.23

 

・宮本地区vol.22

 

 

 

2024510日に登りました。快晴で絶好の登山日和でした。

車で昇仙峡ロープウェイ仙娥滝駅まで行きロープウェイでパノラマ台駅まで上ります。

乗車券は事前にネットで購入しておきました。若干お得です。

早速ロープウェイ「ふくちゃん号」に乗込み、周りの新緑が眩しいくらいでした。ロープウェイ中間点で「ゆめちゃん号」とすれ違い。頂上に近づくと眼下に能泉湖・荒川ダムが望めました。遠くには金峰山も見えました。

パノラマ台駅の目の前に羅漢寺山の標識があり、すぐ側の浮富士広場で富士山のお出迎えです。

浮富士広場からの見事な富士山!富士山が浮いているように見えるとの事ですが・・・。

近くには甲府市街地を背景に白砂山も見えます。

パノラマ台展望台経由弥三郎岳を目指します。

花崗岩石の道を登りますが、砂のような花崗岩粒があり、滑って歩き難いです。

5分ほど歩くとパノラマ台展望台に着きます。甲斐駒ヶ岳や南アルプスの山がきれいに見えました。

多くの観光客の方はここで引き返していました。更に弥三郎岳を目指して進みます。

急に山道らしくなってきました。

だんだんと登山道も急なところも増え、ロープや鎖を摑まりながら登りました。

松の枝をくぐっていくと頂上手前には10畳ほどの広さの大きな岩があり、そこからの景色は360度遮るものがありません。まさにパノラマワイドビューですが、断崖絶壁です。

270度パノラマ写真です。左端から富士山、南アルプス、茅ヶ岳、曲岳などが見渡せました。

5m程先の大きな岩の階段を登ると弥三郎岳頂上です。

頂上も6畳程度の広さなので淵から落ちないように気を付けてください。頂上に6人目の人が登って来たので、狭いから下りることにしました。

 

下りは軍手をして、階段は座りながら手をついて下りました。

今回は、水などを持参してパノラマ台広場で富士山を見ながらカップ麺を食べ、コーヒーを淹れました。気分は最高ですね!

食後はパノラマ台付近を散策しました。

 

1.和合権現。ご神体にお参りして、振返り富士山に手を合わせると「龍脈」を感じご利益があるパワースポットだそうです。

2.八王子八雲神社

3.約束の丘

4.富士山遥拝所(うぐいす谷入口)からの富士山。ベストビューポイントだそうです。

5.うぐいす谷の断崖

**** コースの感想 ****

昇仙峡ロープウェイ「仙娥滝駅」から約5分の乗車で「パノラマ台駅」に着きました。パノラマ台駅から約10分でパノラマ台展望台です。さらに弥三郎岳までは写真を撮りながら35分掛かりました。散策も含めて総歩数は約4,500歩の低山散歩でした。

晴天にも恵まれ、「羅漢寺山」では富士山、甲斐駒ヶ岳を始め南アルプスの山々がよく見渡せて、とても気持ちよかったです。

昇仙峡の渓谷美とはまた違った景色を楽しめました。

ロープウェイに沿った登山道もありますが、地図で見ると等高線に対し垂直に進んでいるのでかなりきつい登り道だと思います。

パノラマ台展望台までは気軽な格好で来ている観光客もたくさんいましたが、弥三郎岳まで登る時はしっかりした靴をお勧めします。軍手も役立ちました。

なんと言っても富士山を見ながらのカップ麺は最高のごちそうでした!!

以上

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

みんなで備えよう

2024-05-21 10:51:11 | 紹介

やまなし防災・減災フェス2024


 

こんにちは。市民レポーターの “クッツー” こと沓間 聖です。

 

今回取材したのは、~やまなし 防災・減災フェス 2024

511日土曜日、甲府駅北口アシストエンジニアリングよっちゃばれ広場や甲府市歴史公園などでおこなわれました。

 

防災減災に関連するたくさんのブースが並び、キッチンカーも…

子どもたちにもわかりやすく楽しいイベントということで、家族連れをはじめ、おおぜいの方でにぎわっていました。

 

【楽しく学ぼう】

災害のしくみについて、実験などを通して学ぶことができました。

〈竜巻が起こるしくみ〉

〈土石流の模型〉

防災ヒーローめざして子どもも大人もチャレンジ!!

【体験しよう】

〈地震体験車〉 震度7を体験!!

〈自然災害体験車〉 土石流を立体映像や振動で体験できる車です。土石流のスピードは時速2040キロ 自動車なみの速さだそうです。

【災害に備えよう】

今回のイベントは、県内テレビ・ラジオ局、新聞社が協力して開催しました。当日、ラジオで防災特番公開放送がありました。それを聞いて、興味をもったパラコードでつくったブレスレットのブースへ行きました。

このブレスレット、ほどくと、とても長い長いひもになります。しかも、パラコード《パラシュートに使用されている頑丈で耐久性のあるひも》で編んであります。ふだんはアクセサリーとして、災害の時には靴ひも、骨折時の固定や止血、避難所でタオルなどをかけて着替え時の目隠しなど…いろいろな場面で使えるそうです。

 

今回のイベントが防災減災へのきっかけになるといいなあと思いました。

 

おまけ

北口、藤村記念館のまわりのバラ、満開。こちらも楽しめました。

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

甲府市花だより・春❀

2024-05-10 16:22:37 | 紹介

甲府の魅力はっけん!子どもとおでかけ


 

こんにちは!市民レポーターの武居みおです。

7歳と5歳の2児のママ目線で、子供と一緒に、家族と一緒に出かけたいなと思う甲府市のスポットを紹介していきたいと思います。

今回は、春に甲府市で子どもと一緒にお花を楽しめる2スポットを訪れた様子をレポートします。ソメイヨシノが咲き終わった頃、甲府市内で満開のお花を見ることで春のプチトリップ気分を味わうことができました。

 

 まず一箇所目は、甲府市城東にある市立図書館です。4月終わりの時期、ツツジと藤がちょうど見頃でした。

藤は撮影中に虫が多くて大変な花なのですが、市立図書館は藤棚の位置が高く、子どもでも比較的安心して写真が撮れます。SNS等に載せている方がいる撮影スポットになっています。

藤棚がとても長く、近くのベンチからのんびりと眺めることができるので、図書館来訪時の休憩にぴったりでした。

 

 次に、甲府市御岳町にある金櫻神社に伺いました。金櫻神社の御神木である金櫻(鬱金桜)と八重桜が満開で、多くの人が訪れていました。2本並ぶととても迫力があります。

ちょうど桜まつりの春季例大祭・神楽奉納が行われていて、子どもたちも初めての神楽を不思議そうに眺めていました。

金櫻神社の参道が長い階段になっていて、大人でも大変でしたが5歳児には良いトレーニングになったと思います。桜の木近くの駐車場ならすぐに境内ですので、階段が難しい方はそちらをおすすめします。

どちらのスポットも甲府市内で子どもとお花見が楽しめる素敵な場所でした。4月末から5月中旬が見頃となっているので、見逃したという方はぜひ来年訪れてはいかがでしょうか。

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする