★ Zoom Up ☆ KOFU 市民レポート ★

甲府市の市民レポーターがこうふの話題をお届け!

涼を求めて昇仙峡へ

2018-07-26 11:39:45 | 紹介

~仙娥滝ライトアップ~


こんにちは。市民レポーターHANAです。

毎日、酷暑が続きますね。

先日、甲府では40.3度の気温を記録しました。

まだまだ、この暑さは続くそうですので、

皆さま、くれぐれも熱中症にはご注意してくださいね

連日のうだるような暑さの中、涼を求めて昇仙峡「仙娥滝ライトアップ」へ行ってきました。

仙娥滝は、山梨を代表する景勝地の一つ昇仙峡の最奥部に位置します。

四季折々、美しい滝の姿を見せ、多くの観光客の目を楽しませてくれるスポット。

毎年、この時季にはライトアップが行われています。

 

駐車場から滝へ向かう遊歩道の階段

足元がライトアップされ、幻想的な雰囲気です。

遊歩道を歩き進み、ほどなくすると見事な仙娥滝が現れます。

「日本の滝百選」にも選定されていて、落差約30メートルの見事な滝です

 

豊富な水量と滝つぼへ落ちる水の音は大迫力

ひんやり冷たいミストシャワーを浴び、ひとときの清涼を味わいました。

期間8月19日まで時間日没から午後9時までです

同期間中、夏休み特別企画として「昇仙峡わんぱく広場」では、やまめつかみ取り&宝石探しも開催されています。

夏休みの思い出の一コマとして、昇仙峡にお出かけになってみてはいかがでしょうか

 

昇仙峡観光協会HPhttps://www.shosenkyo-kankoukyokai.com/

 

帰りの和田峠からの甲府盆地は、キラキラ宝石をちりばめたようでした


真っ白な花から瑞々しい梨が育つまで[続編]

2018-07-10 08:56:55 | 紹介

6月広報こうふの記事読んでいただけました?


市民レポーター村上由実です。

4月中旬甲府市中道にある果樹園を訪ねました。

 

対応してくださったのは丹澤好照さん

この白い花何の花か分かりますか

これは梨の花です梨は、桃やすももの花が咲く時期と同じ頃、このような白い花を咲かせます。

取材当日は授粉作業の真っ最中でした。

は1つの木や同じ品種では果実をつけない「自家不和合性」という性質を持っているため、別品種の梨の花粉と交配すことが必要です。

この日は「長寿」という品種の花粉「幸水」めしべにつける作業を行っていました。

こちらが予め採取しておいた「長寿」の花粉。

「長寿」の開花は「幸水」より少し早いため、事前に花粉を採取しておき、人工的に授粉します。

授粉に使うのは梵天

 桃やすももの授粉は一般的にはこのような毛ばたきを使って行うことが多いですが…

の場合は梵天

1つ1つめしべの位置を確認しながら、丁寧に行っていました。

そして、この取材から約3か月再び丹澤さんを訪ねました

この期間に行われた主な作業は「摘果」

要は、果実の間引きです。

実った梨を全て残しておくと、小粒で品質もよくないものが育ってしまうため、枝に5~8個を目安に摘果するのです。

 

早速梨を見せていただきました。

こちらが「長寿」。丹澤さんのところで1番最初に出荷する品種です。

形がやや扁平に見えますね。

 

そしてこちらが「幸水」

瑞々しくて甘みが強い、人気の品種です。

 

そしてこちらが「豊水」

「幸水」よりも酸味がありますが、女性には人気だそうです。

 

近くにはこんな梨もありました。まるでさくらんぼの絵文字のよう(笑)

でも、これだと実が多すぎる、ということで、撮影後、左の梨は摘果されました

人間界と同じく、梨の世界も競争が激しいですね。(笑)

摘果された梨の分まで美味しく育つんだぞ~。と声をかけてあげたくなりました。

 

今年の夏は気温が高い日が多く、果物の収穫時期が早まっている傾向があります。

例年「幸水」の出荷が始まるのは8月上旬頃だそうですが、今年は少し早まるのではないか、とおっしゃっていました。

こちらで育った梨は、「風土記の丘農産物直売所」で購入することができます。

立派に育った甲府の梨。

食べられる日が待ち遠しいですね

 ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:.. 


6月は「食育月間」

2018-06-20 09:52:40 | 紹介

6月の甲府で旬の野菜というと何が浮かびますか?


市民レポーター村上由実です。

6月「食育月間」です。

「食育」は平成17年に成立した「食育基本法」の中で次のように位置づけられています。

  • 生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの
  • 様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てるもの

つまり、私たちの身体と心も「食」の上に成り立っているといっても過言ではないのです。

日々私は積極的に旬の野菜を取り入れることを心掛けていますが、それも「食育」の1つと考えています。

最近は、ほとんどの野菜が1年中スーパーの棚に並び買うことができて便利ですが、その反面旬が分かりにくくなっているのも事実です。

 

早速ですが、みなさん

6月甲府旬の野菜というと何が浮かびますか

 

私の頭に真っ先に浮かんでくるのは「とうもろこし」です。

広報こうふ6月号の表紙もとうもろこし畑の写真でしたよね。

今月我が家の食卓には何度も登場しています。

実は山梨県で生産されている野菜の中で、「とうもろこし」生産量が第1位であることをご存知でしょうか

(平成29年山梨県農業及び水産業生産額実績)

特に甲府市では、甲府の良きモノとして「甲府之証」にも認定されている3品種

  • ミルフィーユ(農林産物部門特産第4号)
  • しあわせコーン(農林産物部門特産第5号)
  • きみひめ(農林産物部門特産第6号)

など、様々な品種が生産されています。

先日、そのうちの1品種「ミルフィーユ」を主役にした料理教室

こうふの魅力発見講座「山城地区特産のとうもろこし!ミルフィーユ料理教室」

が開催されました。

「ミルフィーユ」は、黄色と白色の粒が混ざったバイカラー種で、コクのある甘さとフルーティーな香りが特徴のとうもろこし。

最初にこの日の主役「ミルフィーユ」についてのお話を聞かせていただき…

その後はお待ちかねの調理実習です。

まずは先生のデモンストレーションを見ながら、しっかりメモを取ります

普段は面倒な揚げ物も、みんなでやると楽しいですね

この日のメニューは

・ミルフィーユご飯

 

・ミルフィーユとパセリのフリッター

 

・ヤングコーンと野菜のゼリー寄せ

 

・ミルフィーユプリン

 

旬のとうもろこし「ミルフィーユ」をふんだんに使ったお食事ができあがりました

 

旬の食材比較的安価で、栄養価も高くなると言われています。

みなさんも食材の旬を知り、積極的に食卓に取り入れてみませんか。

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:.. 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..


美しいバラが見ごろの甲府駅北口

2018-05-28 09:28:32 | 紹介
バラを育てる「ラ・ロの会」

こんにちは。きれいなもの・美味しいものが大好きな市民レポーターHANAです。

 

今回は、甲府駅北口のバラのお手入れをしているボランティアグループ「ラ・ロの会」を取材してきました。

 

甲府駅北口では、よっちゃばれ広場をはじめ線路沿いから歴史公園、甲州夢小路エリアにわたり、今まさに色とりどりのバラが見ごろを迎えています。

2010年に藤村記念館が甲府駅北口に移転した際に植栽されました

現在では約100種類380本のバラが、甲府駅北口を行き交う人々や観光客の目を楽しませてくれています

 

そんなバラを年間通して手入れしているのは、ボランティアグループの「ラ・ロの会」の皆さん。会長の村松さんにお話を伺いました。

 「ラ・ロの会」は、NPO法人甲府駅北口まちづくり委員会が母体となっているグループで、現在会員は約60人。

地域の住民の方をはじめ市外からの会員もいらっしゃるそうです。

メンバーは4グループに分かれ、当番制で活動をしています。

 

ラ・ロのグループ名の由来は、LOVE&ROSE。

おそろいのグリーンのエプロンを身に着け、早朝から活動をされていました。

 

村松会長さん この日は水やりと消毒です。

こまめに花がらを摘んだり消毒をすることで、秋まで繰り返し花を咲かせるそうです。

自分たちの住む街を自分たちの手で美しくしようと活動をされているラ・ロの会。本当に素晴らしい活動だと思いました。

たくさんのボランティアの皆さんによって美しい景観が保たれていたのですね。

一緒に活動してくれるメンバーは随時募集中とのことです。

 

よっちゃばれ広場や藤村記念館では様々なイベントも開催しています。

ぜひ、この機会に甲府駅北口を散策してみてはいかがでしょうか。

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..

甲府駅北口のイベント

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..

 


甲府で一番富士山に近い直売所「上九ふれあい農産物直売所」

2018-05-07 13:14:14 | 紹介
春の恵みをいただきます

市民レポーター村上由実です。

ゴールデンウイーク、みなさまはどのように過ごしましたか?

私は甲府市で一番南にある直売所「上九ふれあい農産物直売所」に行ってきました。

こちらは元々山梨県西八代郡上九一色村にあった直売所で、2006年3月に甲府市に仲間入りしました。

お隣には「上九の湯」があり、甲府方面から富士山へ向かうドライバーの憩いの場となっています。

早速直売所に入り、最初に目に飛び込んできたのは、パックからはみ出るくらいパンパンに入った「たらの芽」。

そして、大きな「筍」。

他にも「こごみ」「ふき」「のびる」など。旬の恵みがたくさん。地元で採れた新鮮野菜も並んでいます。

続いて奥の加工品コーナーへ移動した私。こちらに来て忘れちゃならないのが「くいしきみそ」です。

地元で採れた青大豆を使い、おいしい水と米麹・麦麹と合わせて作った甲州味噌で、甲府之証」伝承第1号にも選ばれています。

「これで作るほうとうは格別なんだな~」なんて思いながら1つカゴに入れました。

続いてお惣菜コーナーへ。

入り口正面にたくさん並んでいた「たらの芽」がおいしそうな天ぷらに

上九産のもち米を使った山菜おこわも美味しそう。

ちなみに天ぷらもおこわも、写真を撮った直後に別の人が買い占めていました。

ギリギリ写真には残せましたが、買えなかった・・・ガックリ。(笑)

 

すると後から入ってきた男性のお客さんが

「よもぎまんじゅう、もう終わっちゃった?」

と。レジにいた地元のお母さんは

「今できたから出すよー。何個?」

そんな会話が飛び交っていました。

数分後売り場に並んだおまんじゅうがこちら。撮影しているそばからお客さんの手が伸びる・・・

先ほどの天ぷらや山菜おこわの失敗は繰り返さないと意気込み、何とか1つキープしました。(*^_^*)

よもぎまんじゅうは1年中あるそうですが、今はよもぎの旬真っ盛り。

隣には期間限定のさくらまんじゅうもありましたが、よもぎの方が人気だそうです。

せっかくなので、温かいうちにと、奥のスペースでいただくことに。

奥の調理場でできたばかりのよもぎまんじゅう。素朴な味わいで、子供の頃祖母と作ったおまんじゅうを思い出しながらいただきました。

他にも手作りの漬物やこんにゃく、煮物など、ここでしか手に入らない品々と、働いている地元のお母さん方の温かい心遣いは、訪れる人の心を癒してくれること間違いなしです

みなさまも足を運んでみませんか?