Nordic Walking Club 柏の葉

「気持だけ ポールを持てばアスリート」
ノルディックウォーキングなら、いつもの散歩がスポーツに!

岩子島を島ノル・山ノル 尾道市

2017-02-28 | 島歩き
26日、三原市へ出かけたついでに、小佐木島へ行ってみようとフェリー乗り場に行ったのですが、昼の便で行くと帰りは夕方。
またの機会としましたが、ウォーキングモードに入っているので、どこか探しましょう。
尾道まで戻り、久しぶりに岩子島へ行くことにしました。

向島との間に架かる真っ赤な向島大橋。
最近塗り替えられたような気がしますが・・・
新尾道三部作の「ふたり」のロケ地看板があります。

御幸瀬戸を渡ります。

今日は右回りで。

日差しは強くありませんが、風がなかったので、軽装でも少し歩くと体が温まります。
道が高巻きする場所にあるちょっとした岩場は、調度良い休憩場所です。

因島大橋を眺めながら、スーパーで買ったおはぎで昼食。
少し下ったら、厳島神社です。
ここの狛犬はちょっとユーモラスな顔です。

満潮ならここの鳥居も海の中ですが、この時は正面まで回れました。

海と山との分岐です。

トンネルが見えたので、行ってみることに。

浜之浦隧道は、中に入ると中央部は岩がむき出し。

トンネルを抜けると、ロケ地看板の隣りに「ゆるぎ岩」の説明。

付近を見てもそれらしい物はなく、トンネルの横の道に入ってみることに。

石仏の右側に怪しい道が!

入ってみるとしっかりした道がついており、何処かに通じていそう。

農道と言うよりは、島遍路のコースとして管理されているのでしょうか。
林を抜けると、山頂に出ました。
西岩岳の登山コースでした。
岩の上に風化した真砂土が乗って、足元が決まりません。
両側が切れた尾根なので、十数メートルですが慎重に進みます。

頂上には巨石と石仏、そして多島美の眺め。

見まわしましたが、「ゆるぎ岩」らしき物が見当たりません。
眺めは素晴らしかったので、良しとしましょう。
家に戻ってインターネットで検索すると、山頂から50m程先に下った場所にあるようです。
登ってきた道を戻ります。
「鉄板にパチンコ玉を撒いたよう」は大げさにしても、滑り易いのは本当で、ポールを支えに3点確保。
道は家の間を抜け、もうひとつの岩子島隧道。



やがて海に出ます。

護岸を歩くと赤い橋が見えてきました。

今日の歩数:9,500歩





『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 備後赤坂駅から旧山陽道をノ... | トップ | 靴ひもの結び方(2) »

コメントを投稿

島歩き」カテゴリの最新記事