Nordic Walking Club 柏の葉

「気持だけ ポールを持てばアスリート」
ノルディックウォーキングなら、いつもの散歩がスポーツに!

こんぶくろ池を上から 柏

2016-05-28 | 千葉
柏の葉公園周辺でノルディックウォーキングする時によく行く「こんぶくろ池」。
上から見る機会がありました。
つくばエクスプレスの開業で宅地化が進んだ柏の葉公園周辺ですが、ここだけは森が残っています。

柏の葉公園はこんな感じで、陸上競技場が見えました。
コメント

因島の除虫菊と村上海賊ゆかりの地 尾道

2016-05-15 | 島歩き
14日 夏日になるかも?と思われる好天の中、因島を島ノルしました。
原付の通行料50円を浮かすため、因島大橋の向島側の入り口、立花公園にスクーターを置き、歩いて因島へ渡ります。

自転車では曲がりくねった道を回ることになりますが、歩きなら橋の真下にある階段を利用して3分で上まで登れます。

気温もまだ上がらない午前中、自転車には結構追い抜かれましたが、ウォーキングの人もちらほら海を渡っています。

橋からの下りも階段を使えば、記念公園側に直ぐ降りられます。

はっさく大福のはっさく屋(今日は臨時休業でした)の前を通り、白い恐竜が目印のアメニティ公園へ。

海水浴場のウッドデッキから県道366で海沿いを歩き、除虫菊が植えられている4か所を巡ります。

最初は県道沿いのマリーナ前。

規模は小さいですが、バックの白滝山との風景が良いです。

歩いていると日頃気づかない物に目が留まります。

青木城跡徒歩5分とあったので、遠望を期待して登ってみることに。
木が伸びて遠くを見ることはできませんでしたが、村上吉充が本城とした場所との説明。



和田竜の「村上海賊の娘」を読んでから、村上海賊への興味が少し増しています。
更に進み細い脇道に入ると、重井の港を見下ろす馬神の除虫菊畑。

盛りを1週間過ぎた感じですが、面積が広く、眼下の海の青とのコントラストは、4か所の花畑のなかで1番では・・・

細い道が下の港に繋がっていることを期待しましたが、しばらく進むと行き止まり。
行き止まりの手前に馬神城跡の標識があり、ここも登ってみました。

急な道を登ると、頂上に開けた場所があり、ここでは南側が臨めました。



ここは村上吉充の家老の居城跡との説明。
鳥居に繋がる細い道を見つけ、港へ降りました。

次はフラワーセンターへ。



施設内にも花畑がありますが、道沿いも可なりの規模。

駐車場があるので、車で来る人には便利でしょう。
最後のフラワーラインに向かう前に、白滝山を回ってみることに。
フラワーセンターから、山門軽油で徒歩30分とありました。
看板に従うと正面に百華園。
道は左右に分かれています。
どうせならと公園に入ってみると、道が上へ上へと続きます。
登って行くと、白滝山への参道に繋がりました。

石造りの可愛い仁王像。

五百羅漢の石仏を見ながら、階段を上ります。

観音堂の直ぐ下の羅漢さんには、膝をなでると下半身の悪いところが治るとの案内。

ウォーカーには有難い仏様です。
226mの山頂は、360度の展望と石仏のある風景が独特。

白滝山も、村上吉充が要害として観音堂設けたことに由来する海賊関連施設。
フラワーラインに出て、峠を越えると因島大橋が見てきます。
最後の花畑は橋とのコラボです。

フラワーラインの出口近くに高速のバス停に入る入り口があり、サービスエリアで休憩。
ここで名案を思い付きます。
橋の通行に苦労するのが、自転車道が長いこと。
ここのサービスエリアは、上りと下りが歩道橋で繋がっており、下りのサービスエリアには橋を近くで見るための公園への遊歩道があります。



このルートを使うと自転車道や階段の入り口まで下らなくても、直接橋に繋がります。
歩行者だけが利用可能なお得なルートです。
向島に戻って、除虫菊と村上水軍ゆかりの地巡り終了。
一応の日焼け対策はしたのですが、すっかり日焼けしました。
今日の歩数:24,000歩

コメント

柏の葉公園で初めてイベント成立 柏市

2016-05-01 | ノルディックウォーキング
連休前半戦の最終日(世間ではまだまだ始まったばかり・・・の人もいるでしょうが)、5月1日はNordic Walking Club 柏の葉で初めてイベントが開催出来ました。

野田市から参加していただいた方と一緒に、柏の葉公園からこんぶくろ池、東大柏キャンパスを歩きました。
宮城ではノル松インストラクターズのブログで、雨のため浦戸が中止になったとアップされていましたが、柏は今日も良い天気でした。
「浦戸 いいな~」と思っていましたが、残念でしたね。
こちらは2人でしたが、日頃からノルディックウォーキングされていると言う方と体育館前で軽くウォーミングアップして、ららぽーと方面へ出発。
新緑の季節で、こんぶくろ池には散策の方がいつもよりも多いようです。
土の上に落ち葉が積もり、ウッドチップを敷いた道は、この辺では少ない舗装されていない道。

15日には池の周りでコンサートが行われるとの案内が・・・

東大のキャンパスと道路の間にある池に沿ったウッドデッキは、アスファルトパットの吸い付きが良く、歩き易い場所。

鯉の他、カルガモもいました。

中央口から東大に入ると、歓迎の花文字。

新領域環境棟の1階のガラスでは、いつものようにフォームの確認。
県民プラザを抜けて公園に戻ります。
ボート池横の藤棚は、昨日よりも少し進んだような?

体育館に戻って終了です。

今後も懲りずに細く長く続け、柏の葉でノルディックウォーカーが普通に見られるように頑張りましょう。
今日の歩数:6,000歩
コメント