Nordic Walking Club 柏の葉

「気持だけ ポールを持てばアスリート」
ノルディックウォーキングなら、いつもの散歩がスポーツに!

生口島観音山でゼロヨン登山 尾道 

2017-08-28 | 山歩き
8月最後の日曜日、芸予諸島の最高峰、生口島の観音山に登りました。
瀬戸内の島の山は、どれもそれほど高さはありませんが、海岸線から歩き始めるので、高さの割に登りがいがあります。
0mから400mの登山です。
サンセットビーチまではスクーターでツーリング。

朝の駐車場で準備をし、一旦砂浜まで降りて、海抜0mからスタート。

駐車場の入り口の少し北に、観音山入り口の標識があります。

家の間を「観音山ロータリー」の標識に従って歩くと、産業道路に出て、左に登る分岐に入ります。

登山記録のブログで写真を見ていたので直ぐに判りましたが、ここにこそ標識が欲しいところです。
曲がりくねった舗装道路を1時間弱、高度を高めます。

ところどころで、海が見えます。

夏の山のお決まりで、まとわり付く虫を追い払いながらの歩き。
上下長袖、日よけの付いた帽子、サングラスと、肌の露出を極力抑えたのですが、チクッとする痛みに腕を見るとアブが取りついています。
激しく腫れることはありませんでしたが、家に帰ると赤くなっていました。
薄手の服では防げないようです。
道路は続きますが、登山口の看板から山道へ。

前日は雨がありましたが、特にぬかったところも無く、岩がステップになった道はそれなりに歩き易いです。

ただ、草が伸びている個所があり、最近はダニが心配。
ポールでかき分けで進みました。
鞍部に出てもうひと登りすると、東屋が見えました。

東屋の前の建物(神社?)を回り込むと、大三島、伯方島等がまじかに臨めます。



鐘楼を過ぎ、すぐに山頂。

小さな看板と三角点。
472m、しまなみ海道最高峰です。

眺望はありません。
そもそもの計画では中野ダムまで縦走を考えていましたが、東屋周辺の伸びた草を見て、折り返そうと考えを変えました。
萩(瀬戸田PA)方面の道もしっかりついており、迷うところです。
鐘楼の入り口は草ぼうぼうでしたが、山頂に行くと登って来た道よりも広く、しっかりした道があります。
中野ダムまでは距離がありますが、伊豆里峠から車道に出れば距離は萩経由と同じくらい。
初心に帰って、中野ダム方面へ。
少し進むと、次のピークにも「山頂」のプレート。

こちらは土の道。
風もあり、林の中をアップダウンしながら、高度を下げます。

可なり下って、林が切れたら、一面背丈ほどの草むら。

右に下る細い道と正面前方に広そうな道が見えます。
どちらに進むにしても藪をかき分けなくてはなりません。
広そうな正面に進んでみましたが、100mほどして更に草が茂っており、最近人が歩いた形跡はなく、引き返しました。
草をかき分け細い道を下ると、野生化したキュウイ畑、東の海が見える場所に埋もれたベンチ。

人の痕跡があり、道はこちらで正しいようです。
家に帰って老眼鏡で地形図を見ると、ちゃんと分岐が書かれており、迷った道は途中で途切れていました。
山頂から下に標識等が無く(実際はあるのかも知れませんが夏草で判りません)、車道へ出る道が判るか不安でしたが、伊豆里峠の分岐には標識があり、中野ダムへの道と分かれます。

最後の草むらを抜け、トンネルの近くで車道に出ました。



後は車道をひたすら戻ります。

サンセットビーチに到着し、温泉ならぬ海水浴で汗を流し、クールダウン。

472mから-1mへ下りました。
汗、虫の他、伸びた草も厄介で、夏の低山歩きはきついです。
今日の歩数:16,000歩

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 石畳の道をノルディックウォ... | トップ | 広島空港周辺でノルディック... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヒルアンドン)
2017-09-03 21:50:01
はじめまして、ランキングから来ました。
夏山も暑さや虫、伸びた草など油断できないと思いました。応援完了です!
夏草や・・・ (nwc柏の葉)
2017-09-11 08:14:09
ヒルアンドンさん コメントありがとうございます。
島の山はそもそもの高度が無い分、普通に草が伸び放題。昔は高い所まで人が入っていたようで、脇道も沢山。夏の歩きは、地図とコンパス、回りの景色を確認しながら、慎重にする必要があるようです。

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事