Nordic Walking Club 柏の葉

「気持だけ ポールを持てばアスリート」
ノルディックウォーキングなら、いつもの散歩がスポーツに!

年末のノルディックウォーキングは柏の葉で

2014-12-29 | 千葉
千葉県の内陸部は雪の予報が出ていましたが、やっぱり雨でした。

午後からは薄日が射し、柏の葉公園を通ってららぽーとまでノルディックウォーキング。
気温が上がったのか、公園には靄がかかっていました。

柏の葉公園での活動を目指し、「ノルディックウォーキングクラブ柏の葉」の名称を確保するためにブログを始めて2年。
ブログは続きましたが、現実世界での活動は不発のまま。
柏の葉公園での活動を今後も目指し、暫くは「島ノル」と「勝手にノルディック」をマイペースでやって行きたいです。
ノルディックウォーカーの皆さんと、何かの間違いでブログにヒットした皆さんに、良い年が来ますように!!!
今日の歩数:11,000歩
コメント

第2回 因島ウォーキング大会でも勝手にノルディック 尾道市

2014-12-09 | イベント参加
12月7日、昨年に続き因島ウォーキング大会に参加し、勝手にノルディックウォーキングしてきました。

昨年の第1回は、最長コースが23kmでしたが、今年は更に伸びて島を2/3周する30kmに・・・
その他12kmと5kmの3コースがありました。
30kmコースは、昨年の23kmコースのスタート地点を遠くした内容だったので、新しい12kmコースを選びました。
スタートは因島大橋のすぐ近くのアメニティ公園。
今年の参加者は470名とのこと。
地元小学生のマーチ演奏に送られて出発です。

スタート直後に先頭が道を間違えると言うアクシデントがあり、大半の人がコースを逸れたようです。
ノルディックウォーキングのポールを持って、最後尾を出発した私は、トップ集団になってしまいました。

白滝フラワーラインの高度を上げ、春に除虫菊越しに因島大橋が望める花壇や展望台を過ぎ、ピークを一つ越えます。

白滝山への分岐を下り、フラワーセンターへ。


車道と並行する家並みの中の市道を歩くと、白滝山の頂上にお寺の屋根が見えます。
地域の方が、白滝山の石仏を作った人達にちなみ「伝六ロード」と名付けてPRしていました。
母親を振り切って来たと言う少年が話掛けて来て、しばらく一緒の行動となりました。
6歳とのことでしたが、歩くのが早いこと!

県道367号線で島の北側を、西から東に横断します。
歩道歩きで快適とは言えませんが、コース取りとしては仕方ないところでしょう。
大浜から海岸近くの国道317号線の端を歩きます。
交通量はさほど多くないので、海を眺めながらでも大丈夫です。

因島八景のひとつ八重子島からの眺めは、海と島(岩?)と橋の対比が綺麗です。

橋の下をくぐり、因島大橋記念公園を抜ければゴールはすぐ。
手前の「はっさく屋」で名物のはっさく大福(ひとつ140円)を買い、その場で食べました。


白餡とはっさくのの酸味で、苺大福に比べるとさっぱりした味です。
ゴールではご当地ゆるキャラの「はっさくん」と記念写真。
ポールを持ってもらい、ノルディックウォーキングをアピール。

ちなみに、プロフィールによれば、はっさくんの好きなアーティストは、やはりポルノグラフィティとか。
前日よりは暖かくなり、風もなかったので、多少汗ばむくらいでしたが、膝の疲れも蓄積ぎみで、尾道市街から北へ少し行った養老温泉で温まって帰りました。

今日の歩数:15,000歩

コメント