Nordic Walking Club 柏の葉

「気持だけ ポールを持てばアスリート」
ノルディックウォーキングなら、いつもの散歩がスポーツに!

サイクリングしまなみ2018 今治→尾道

2018-10-29 | 自転車
28日、しまなみ海道で開催されるサイクリングイベントに参加しました。

申し込みは5月の連休明けで、抽選。
参加費は1万円以上で、現地までの自転車運搬費や交通費は別。
それでも、2年毎に高速道路を止めてまで開催する大きなイベントなので、尾道に住む地の利を生かして参加してみました。
距離的に不安がなく、高速道路の走行が長く、帰りが楽と言うことで、今治から尾道に向かうコースにエントリー。
まず、前日に受付。
大会イメージのパネル前で記念撮影。

自転車の前輪を外して箱詰め。
一足先に、出発地点まで運んでもらいます。
当日、3時過ぎに起床し、4時半発のバスに乗車。
しまなみ海道が6時に閉鎖される(自分たちが走るためですが)ので、早い時刻の出発です。
今治到着5時40分。
運送会社の倉庫で、自転車を組み立てます。
段ボールの数の多いこと。

まだ暗い中を、スタート地点の今治ICへ移動。
出発の8時過ぎまで寒い中を待ちます。
日が昇り、続々とサイクリストが集まってきます。

参加者は7200人以上。
会話は英語や中国語、国際色もあり、近隣3県の県知事はともかく、スポーツ庁長官の出席。
規模の大きさにも驚き!
コース、組み分けで数分おきに出発してゆき、やっとスタート地点まで到着。

いよいよ高速道路(区分上は「高速」ではないのですが)の走行。
本線上での停車禁止なので、写真はありません。
タイヤが重く、まさかのパンク?を確認するため、停車した時に1枚だけ撮りましたが・・・

これでもかと言うほどに各所にスタッフが配置され、一般道と交差、並行するところでは応援者(見物者)。
前方と追い越しの際の後方確認に注意していれば、信号や自動車はなく、天気にも恵まれ、海、島、橋を眺めながらの多少の脇見運転走行です。
最初の休憩地点が、瀬戸田PA。

スタートから34km、ほぼ中間です。
水分とエネルギー補給。
トイレも行列でした。
後半戦のスタート。

生口橋を渡ると、一般道に降ります。
ここからは、1列に並んでの走行。
高速を止めたり、自転車の長い列を作ったりと、地元に人には迷惑なイベントかも知れませんが、沿道で応援してくれるのは、島の人の温かさでしょうか。
2回目のエネルギー補給は、イベントの度にお世話になる万田発酵。



最後の休憩が、向島の尾道中学校。
ゴールは近いのに・・・と思ったら、渡船の時間調整のようでした。
貸し切りの渡船で尾道水道を渡るとゴールはすぐ。

12時15分、新浜の倉庫でゴール。

ちょうど70km、平均速度は20km/hでした。
尾道焼き(尾道風お好み焼き)、おにぎり、バナナ等をもらい昼食。

ゴールしたサイクリストでここもいっぱい。

最後に、はっさくんと記念撮影。

多少肩こりはありましたが、足は至って平気。
下道を走って、橋の上り下りをするのに比べると、70kmでも負担は軽いです。
準備、運営に係った沢山のスタッフのおかげで、楽しいサイクリングを満喫できました。
次の開催は、2020年だそうです。
今日の走行距離:78km(アパートまで自転車で帰りました)
コメント

佐木島を自転車で 尾道市・三原市

2018-08-20 | 自転車
19日、猛暑も多少は収まりそうなので、久しぶりに自転車を出してみました。
暑い時期なのでハードなコースは避け、因島の重井港から佐木島の鷺港へフェリーで渡り、島を1周して往復するプラン。
尾道から渡船で向島へ。
多くは自転車の乗船料110円なのですが、1ヶ所だけ70円なので、最近はもっぱらの利用。
西側の海岸線を半周して因島大橋。

アップダウンが少ないので、頑張らなければ風が気持ち良いです。
因島大橋を渡り、北西の海岸線を1/4周すれば、重井港。

春に除虫菊の花畑の下に見える港です。

(写真は5月中旬の風景)
フェリーと高速艇がありますが、自転車をそのまま積めるのはフェリーだけ。

15分で鷺港へ到着。
帰りの便を考えると、島の滞在時間は1時間50分。
1周10kmの島で、自転車だと時間を持て余しますが、1時間で回るには忙しい。
海岸に近い側を走るために、右回りでスタート。

1週間後の26日はトライアスロンの大会が開かれるとのことで、練習している人を見かけました。

全く考えていなかったので、私としては重ならなくて良かったです。
走り始めて5分。
後輪がガタガタします。
まさかのパンク。
去年、生口島でパンクした時には苦労したので、予備チューブはちゃんと携帯しています。
でも、実際に外出先での交換は初めて。
販売店の講習会で習った手順で、何とか修理完了。
20分以上かかってしまいました。
時間を持て余すと思っていたのが、予想外のことで時間を使いました。
昼飯時になってしまったので、「島のパン屋」でパンを購入。

店先のテーブルで食べました。

普通っぽいパンですが、価格はリーズナブル。
修理したタイヤを気にしながら、島を周回。
引き潮で、向田港の石仏はすっかり下まで出ています。

島の西側は坂があり、今日一番の負荷。
ゆっくり1時間で1周して港へ。

港の先の佐木島灯台の案内に「恋する灯台」とあり、行ってみましたが・・・?

帰りのフェリーから、佐木島を眺めていると、植生の違う場所(竹?)が“ハートをくわえたキツネ”のように見えました。
勝手な思い込みですが・・・

因島に戻り、まだ時間もあったので、少し足を延ばして、本日開園の万田発酵「HAKKOパーク」によって見ました。

花と野菜の庭、子供用のアスレチック、海に面したウッドデッキ、おしゃれなカフェ&売店など、5億円掛けたとの記事がありましたが、ちょっとリゾートぽいおしゃれな施設でした。

因島大橋の灯台近くの砂浜で、海に入って身体の外からクールダウン。

尾道の戻ってからは、からさわのアイスクリームで身体の中からクールダウン。

今日の走行距離:63km
コメント

しまなみ海道で今年初めての自転車 尾道・今治

2018-03-20 | 自転車
月曜日から春分の日までは雨予報。
18日、日曜日は雨の心配はなさそうだったので、冬の間仕舞い込んでいた自転車を出しました。
10時に家を出て、尾道駅前から渡船で向島。
暖かくなってきて、自転車の人も増えてきたようです。
アップダウンは避けて、平坦な外周コースを向島、因島と回り、生口橋に到着。

瀬戸田の中心は観光客も沢山。
今日の目的地は四国。
多々羅大橋を渡れば、最低限の目標クリア。
道の駅 しまなみ公園で軽く昼食。
ここには「サイクリストの聖地」があります。

当初の目標は伯方島一周でしたが、出発から3時間弱。
帰りを考えると、2時前には折り返さないと!
大三島から伯方島は距離が短いので、何とか伯方島上陸を目標に・・・
大三島橋の手前に鼻栗瀬戸展望台の看板が見えたのでちょっと立ち寄り。

橋を渡り切って伯方島上陸。
既に1時半。
直ちに方向転換。
尾道まで46km、家までは50km。

瀬戸田のドルチェで、ジェラートによるエネルギー補給。

往復100km、6時間半は、これまでの最長距離でした。
コメント

瀬戸内しまなみ・ゆめしま海道サイクリング大会に初参加 尾道市・上島町

2017-12-02 | 自転車
11月26日 日曜日、ロードバイクデビューして半年。
折角しまなみ海道の近くに住んでいるので、サイクリング大会に初めて参加してみました。

尾道市と今治市を起点に、30~80kmの6つのコースがありましたが、生口島辺りまでなら自分でも行けるので、チャーターのフェリーを使って、向島、因島、生口島、岩城島、生名島、佐島、弓削島の7つの島と4つの橋を渡る、上島60kmコースに申し込みました。
実際は、初中級者向けとあったので選んだのですが・・・
曇り空の少し寒い中、スタートの向島運動公園へ向かいます。
先日のウォーキングと会場が同じです。

定員が150名と最も少ないコースだったので、結構早めに申し込んだのですが、ゼッケン143でギリギリでした。

参加者の自転車がずらーり。

尾道警察のサイクリングポリスも参加です。

初めての集団走行で緊張しましたが、何とか前の人の背中を追って休憩場所の因島 万田発酵へ。
協賛各社の提供品が沢山あり、リックサックを背負ってきて正解です。

岩城島へはフェリーで。

この辺の島は一通りノルディックウォーキングで歩きましたが、自転車だとアッと言う間に過ぎます。
生名島へ向かうフェリーの中で昼食。
レモンポーク丼でしたが、冷たくなっていたのが残念。
次は弓削島のフェリー乗り場。
団体走行だと休憩ポイントとフェリーの移動しか写真が撮れません。
上島町のゆるキャラ「かみりん」と記念撮影。

太鼓の演奏での歓迎もありました。

結局一日太陽は顔を出さず、各所で用意されたホットレモンは美味しかったです。

生口橋をフェリーでくぐって、重井港から因島に再上陸。
最後のゴール前運動公園の登坂は相当きつく感じ、朝登った時とは大違い。
快調なようでも足に疲労が来ているようでした。
お土産も沢山。
コメント

自転車でしまなみ海道へ 尾道

2017-07-23 | 自転車
広島も梅雨明けし、連日30℃を超える暑さに。
折角新10ステップの講習を受けましたがが、ノルディックウォーキングする元気がありません。
自転車で風を切った方が涼しいかな?と思い、土曜の朝、まだ気温が上がらない内にロードバイクで初めてのロングラン。
尾道から渡船で向島へ。

渡船乗り場はいくつかありますが、ここには渡った先に映画「あした」(映画は見たっことないのですが)のロケで使用した建物が移築されています。

向島は西側の海岸線を走ります。
まだ7時過ぎで暑さはほどほど。
因島大橋まですぐに到着

因島は多少海岸線から離れるコースなので、多少のアップダウンはありますが、体力にはまだ余裕。
一気に生口橋まで。

生口島まで来ると、反対方面から来る自転車ともすれ違うようになりました。
単独のロードバイクは、すれ違う時にちょっとだけ頭を下げて行きます。
山での「こんにちは」のようなものでしょうか。
自分もロードバイク乗りとして見られていると言うことで、真似しました。
瀬戸田の中心でフェリー乗り場に行こうとしたら、高根島の橋に出てしまったので、渡ってみました。
以前、ノルディックウォーキングで1周しようとしたら、トンネル工事で折り返すことになった島です。
トンネル前後は山道できついこと・・・
手掘りのトンネルと聞いていましたが、コンクリート造りで綺麗になっていました。
島の人には便利になったのでしょう。
海岸線は気持ちいいです。

サンセットビーチは既に海水浴客が出ていました。
「海に入りた~い」と言う気持ちになりますが、ドルチェのジェラートで身体の中を冷やして、眺めるだけです。

多々良大橋を潜り、島を周回します。
ロードバイクは路面の凸凹が直接手足に伝わると感じていましたが、島を3/4程度回ったところで、突然のガタガタ。
後輪の空気が抜けています。
降りて触ってみると、完全に空気がありません。
このまま乗るのは無理そうなので、ここまで来て歩くことに。
尾道まではまだ20km以上。
生口橋下のフェリー乗り場に行けばどこかへ渡れるかと目指しましたが、何と土日は運休!!。
因島のサイクルオアシスを目指して再び歩きはじめます。
通りかかった軽トラに声を掛けられ、「橋を渡るから」と言ってサイクルオアシスまで運んでもらいました。
「自転車のタイヤが潰れたのが見えた」と言われ、普通の人も自転車乗りを迎え入れていてくれるのだと感謝です。
サイクルオアシスになっている喫茶店「菜のはな」さん。

仏式バルブ用のポンプを借りて、空気を入れてみましたが、入る気配無し。
時間が掛かっていたので、マスターが声を掛けてくれました。
修理工具があると言われとものの、ママチャリのパンク修理は経験がありますが、ロードバイクでは自信も無く、近くの自転車店を聞くと「島走レスキュー」のチラシを出して頂き、連絡先を教えて頂きました。
お世話になったのにお茶もせず、次は寄らしてもらいます。
「バイクルセンター京丸」さんへ電話すると、軽トラで迎えに来て頂きました。

チューブが少し裂けているとのことで、チューブ交換に。
パンクから修理完了まで、援助のリレーにより、帰路に着けました。
本当に皆さんに感謝の1日でした。
何があるか判らないので、情報とお金の準備が必要と感じた初ライドでした。




コメント