Nordic Walking Club 柏の葉

「気持だけ ポールを持てばアスリート」
ノルディックウォーキングなら、いつもの散歩がスポーツに!

百島で島ノル 尾道

2018-06-10 | 島歩き
6月9日。
尾道も梅雨入りして、雨が多くなりましたが、土曜日は暑くなるとの予報。
折角の晴れ間なので、手近なとことで島ノルディック。
尾道市街地からは少し離れていますが、同じ尾道市の百島へ。

尾道駅前のポートターミナルから出発。
11:11発のフェリー、百風。

百島へは、向島の歌港や沼隈の常石港まで行って乗船した方が安いのですが、尾道水道クルーズも兼ねて、770円の船旅としました。
尾道の町を海から眺めます。

途中3か所寄港して、1時間弱で百島福田港に到着。

港の地図でコースの確認。

これまでに十文字山登山、外周一周などしましたが、今回は名所(?)に寄ってみることに・・・
所々にある赤い小さい案内表示に従い、ART BASEの方へ。
丸くて可愛い郵便局を過ぎ、旧百島東映。

現在は「日章館」と名前を変え、ネオン管を使ったイルミネーションの展示をしています。

100円を入れて、約5分の鑑賞。
郵便局まで戻り、少し高台にある中学校の廃校舎を利用したART BASE。

イベントがある時は予約制で入場できると言う話でした。
直ぐ横の石段を登ると八幡神社。
1月には伝統行事の「お弓神事」が行われるそうです。
赤い案内表示を見て、左に登る細い道に入りました。

何処かで間違えたのか、北側の海へ出てしまい、港へ戻ってしまいそうなので、ここからは左回りで島ノル開始。
メガソーラ、百島クレーン(どう見ても廃船と撤去してないクレーン)、ちょっと場違いな感じの観音像を過ぎ、海岸線を岬の別荘地に進みます。

住宅を過ぎると道は細く、海岸と間近です。

引き潮だったので波は離れていましたが、満ち潮の時に歩いた際は、場所によっては道まで波が掛かっていたような記憶があります。
更に進むと、舗装ですらなくなります。

車もたまには通るのでしょう。
踏み跡はしっかりありますが、草が伸びて、前日の雨で水たまりもありました。
引き潮なので、砂浜も歩いてみましょう。

山育ちのせいか、海を見ると近寄ってみたくなります。
数件の家とマイルポスト(三角形の高~い標識)が見えたら、行き止まり。
家の間を、山に入ります。
突き当たりの桑の木を右へ。

島内あちこちに桑の木があり、今が食べごろ。
ここからしばらくは山道。

直ぐに高度を上げ、さっき歩いた海岸線が下に見えます。

テレビドラマの撮影記念碑は良い目印です。

ここを直進すれば島の南端。

海に出ればダンゴ岩。

引き潮だったので、堤防の端にある階段で、海岸に下りてみました。

集落の中を通らずに、防波堤を歩きます。

泊漁港には、一応トイレが。

商店の軒先には、福田港で見て以来の自動販売機。
冷たい甘酒で、水分とエネルギー補給。
百島しあわせパン製作所前の分岐。

右に行くと海岸線に沿った道です。
今日は直進して、メイン道路と海岸道路の間の道を通ります。
最上稲荷の鳥居前を過ぎ、小さな石仏が並ぶ道に逸れます。

木々の切れ間からは、内海大橋が臨めます。

暑い時に日陰が多いのは良いのですが、小さな虫がまとわり付くのは困りものです。

T字路にぶつかり、右に行けば海岸の道に繋がり、北東の岬を回ることになります。
帰りの時間も気になり始め、左に曲がればART BASEが見えます。

港はもう直ぐ。
15:30の帰り便は高速艇。

福田港を出ると寄港がないので、尾道港まで30分ちょっとです。
周囲12kmの島ですが、うろうろ歩いたら3時間かかりました。
今日の歩数:14,000歩

コメント

岩城島でゼロヨン登山と島ノル 愛媛県上島町

2018-05-27 | 島歩き
5月26日、久しぶりの島ノル。
愛媛県上島町の岩城島(「いわぎ」と読みます)へ出掛けました。

因島の土生港をフェリー(片道280円、往復だと10円お得)で出航。
愛媛県と言っても、広島県から13分の船旅です。
午前中の早い時間帯で、島へ向かう乗客は車2台と私だけ。
フェリーの乗務員が、コンプレションタイツに派手なTシャツ、ポールを持って異様な乗客に、「登山?登りばかりで、この時期何も無いよ!」と声を掛けてきました。
今日の目的は、積善山の山歩きと海辺のノルディックウォーキング。
海と山を同時に楽しむ計画です。

長江港から歩きます。

待合室には、島の地図(コピー)が置いてあります。
前回入手したのと、変わっていないようでした。
積善山の遊歩道も記載されているので、Yahoo!の地図より参考になります。

港から県道をまっすぐ進めば、小漕港への分岐の手前に積善山登山口の看板があります。

遊歩道の案内看板。

計画は、妙見メンヒルを通り、一旦車道を戻って三叉路から金採掘跡、積善スカイラインで山を回り込んで反対側から登山道に入って山頂へ。
下りは空中階段遊歩道を降りて赤石ダム、林道を歩いて祥雲寺に下り、レモンの散歩道で海へ出る。
まずは、登りスタート。

山頂までの一本道。
車が殆ど通らない道(一応は気を付けて)をぐんぐん高度を上げます。

妙見神社の看板と鳥居。

ここから少し山歩きの雰囲気。
ツツジがところどころに。

大岩とくっついた神社の建物。

中を通り抜けます。
車道に戻れば、山頂まで1.6km。

前回来た時とコースを変えるため、一度下って迂回します。
積善スカイラインの三叉路。

地図にあった「金採掘跡」。
標識はありましたが、指し示す方向は草。

止めておきましょう。
因島には「水軍スカイライン」がありますが、ここも車で快適なドライブをするコースでは無いようです。

30分程歩いたら、登山口の看板。

可なり高度を下げました。
山頂まで2kmあります。

登山道と言うよりは遊歩道なので、道幅は広く整備されています。
この時期は下草が伸びている場所があり、脚が露出しないようにロングタイツを履いてきましたが、虫やダニに注意です。

鞍部に出ると、山頂、夕日の展望台との分岐の桜道。
直ぐ横は車道です。

ここにもトイレ。

各所にトイレがあり、それもすごく綺麗。
山での用足しは不便なところが多いですが、このエリアはこの頃近くなった私でも全く困りません。
尾根の桜道を少し登れば見晴らし台。

赤穂根島、佐島方向が臨めます。

山頂は直ぐ。

山頂近くは下草も刈ってありました。
370mの山頂展望台からは、360度の眺め。

無料望遠鏡の設置もうれしいです。

山頂には三角点。

他の人のブログで三角点がよく紹介されていたので、最近気になります。
車道を下って、一番の楽しみ空中階段へ。

ここで恐れていたことが現実に!!

3年前に歩いて感激した「空中階段遊歩道」ですが、その時にも痛みが進んでいました(本当は可なり危ない個所もあった:2015/2/16ブログ参照)。
地方自治体が整備したとは思えないほど、建設当時は素晴らしい場所だったと想像するのですが、山の上の木の構造物は管理が大変なはずです。
事故が起きれば、管理者の責任が問われますから。
やっぱり立ち入り禁止になっていました。

赤石ダムへ降りるコースはもう1本。
折角下ったのにまた登り返し、ふれあいの森へ。

「自然」とは言えないのかも知れませんが、草刈りや枝の整理がしっかりされ、自然に触れる環境としては良くやっていると感じます。

案内図では、ふれあいの森の頂上手前に遊歩道があるのですが、入り口に木が積まれ、閉鎖されていました。
まだ、陽が高いですが、折角なので夕日の展望台へ。

展望台はありましたが、前の木が伸びて眺望は効かず、無料望遠鏡は錆びついて回転しません。

案内看板では夕日の展望台から先のコースが書かれている(港の地図では行き止まり)のですが、それらしきものは無く、赤石ダム方面への道は、すべてが通行できないことになります。
積善山は、遊歩道やトイレが整備され、Aクラスの低山だと思います。
桜のシーズンは素晴らしいでしょう(来たことありませんが)。
しかし、ハイカー目線では、空中階段の通行禁止やアプローチの多彩性が薄れたことで、AAAクラスからは降格です。
登りに使った木の実遊歩道を下り、車道に出て更に下ります。
本来降りてくるはずだった林道との分岐を海側へ入ります。

家が見えて来て、祥雲寺に出ました。

奥のお堂は重要文化財だそうです。
レモンの散歩道の看板に従い、歩いてみましたが・・・?

山の中を相当ウロウロしましたが、やっと海へ出ました。

登り下りで、ゼロ-ヨン-ゼロは4時間でした。
引き潮の砂浜を歩けば、海抜0m。

県道を離れ、海岸沿いの道を。
島の南端には菰隠温泉があります。

日帰り入浴施設もあり、悩んだのですが、まだ島を半周近く歩く必要があり、今回はパス。
県道に戻ると岩城港が見えてきます。

岩城港は、秋の自転車イベントの乗船場所。
スパーで弁当を買い、遅い昼食。
ここからは、土生と今治を結ぶ高速艇がありますが、往復券を買ってきたので、長江港まで何としても戻ります。
再び県道を離れ、防波堤の道。

温泉には入りませんでしたが、砂浜に下りて海に足を入れてみました。

日差しは強くなってきましたが、海の水はまだ冷たいです。
生名島との間の橋を建設中です。

その内に、本州から歩いて行ける島になるのでしょう。
県道に戻れば、港はもう直ぐ。

水分補給とクールダウンをして待っていると、フェリーがやってきました。

フェリーの乗務員から「登りばかりで何もなかったでしょう」とまた声を掛けられ、笑ってごまかしました。
土生港に到着し、無事帰還。

バイクツーリング(第二種原付ですが)、瀬戸内クルージング(13分のフェリー)、登山(遊歩道を右往左往)、ノルディックウォーキングを約1000円で楽しむ有意義な1日でした。
今日の歩数:27,000歩
コメント

今年最後の島ノル 尾道市向島

2017-12-24 | 島歩き
23日、天気も良く、風も無く、尾道で過ごす今年最後の週末は、やっぱりノルディックウォーキングで!
ノル松さんでは「メリクリNW」の案内が出ていましたが、こちらは一人島ノルです。
市街地から一番近い向島。
向島は、個人でもイベントでも何度か歩いていますが、気になっている場所を回ることに。
①立花の県道377沿いの山の上に見える神社の屋根
②立花自然活用村のチョコレート
③観音崎
先ずは、マリンユースセンターからスタート。

海沿いの県道377を歩きます。
静かな湖でも見てるかのような穏やかな海。

週末をノルディックウォーキングか、自転車かと迷いましたが、カヌーでも良かったかも・・・
海に突き出た感じの小さな山に、屋根だけが見える神社があります。

案内看板では、集落の脇から続く道が書かれているのですが、入り口を人に尋ねても判らず、駐車場まで行きことに。
江ノ浦のバス停横に駐車場入り口の看板。

案内に従って集落に入り、少し登ると駐車場。

ポールは無いけで、竹の杖が常備されていました。
石段を登って、妙見社に到着。

下から見える屋根と形が違います。
山の木々の間から上だけ見えていたのは、拝殿の奥の神様のお住まいの屋根でした。
石段を下り、県道376方面へ出ます。

折角なのでここまで来たのですから高見山へ。

自然活用村の看板がありますが、チョコレートは下山後のお楽しみ。
幸谷峠まで登ります。

峠にある分岐で曲がり山頂へ。
高見山も何度か来ましたが、メインルートを歩くのは初めてかも?

山頂の電波塔が近くに見えます。
道路脇の尾道方面が見える展望場所。

ここが“島”と言う感じがしません。
山頂到着。

因島大橋は眼下に見えます。

晴れていれば、展望台からの眺めは写真のようなのでしょうが、薄曇りの天気で、手前の島しか見えません。



四国まで見渡せる好天とか、雲海には当たったことがありません。
瀬戸のうたみちに下るのですが、遊歩道がもう一本あります。

入り口が判らずうろうろしていたら、看板の直ぐ後ろが入り口でした。

木の葉が落ち、草も冬枯れしているので、虫の心配も無く、整備された遊歩道は快適です。
ただ、この辺り特有の砂(岩が砕けたやつ)の道なので、スリップには注意。

アップダウンを繰り返し、山頂から直下する瀬戸のうたみちにぶつかります。
先ほど歩いてきた、妙見社を読んだ歌がありました。

ここからは、それなりに急な下り一辺倒の道。

登って来るには一汗かきそうです。
山腹を走る車道に出てしばらく歩くと、次の目的地、立花自然活用村の建物が見えてきます。

ここの2階が“USHIO CHOCOLATL”。



試食して、年末のお土産に2枚購入。
1階は資料館になっていました。
向島には木曽義仲の子孫が移り住んだとかで、私の出身の長野県とも繋がりがあるようで、新たな発見でした。

来た道を戻れば観音崎の近くに出られたはずですが、地図上の現在位置を見間違い、車道を進んでしまい、農道らしきをショートカットしましたが、結局県道376に出されました。
集落の中を抜け、厳島神社です。

今日最後の目的地、観音崎が見えます。
県道377を右に折れて岬へ。

港の先に防波堤と繋がった小さな島があり、お寺がありました。
ここも、「歩いて行ける島」のひとつでしょうか?

お堂は、金剛福寺とありました。
岬に入る山道を進むと行き止まり。

引き返して、小さなパン屋さん“スリール”に寄りました。

2階がイートインになっていると言うので、海を眺めながらの遅い昼食。

値段も手ごろで美味しかったです。
家に帰って地図を見直すと、観音崎はスリールの手前辺りから反対側に回り込むようでした。
ここは再挑戦です。
今日の歩数:16,000歩
コメント

小佐木島、佐木島で久しぶりの島ノル 三原市

2017-08-21 | 島歩き
溜まっていた仕事がひと段落し、19日は久しぶりにノルディックウォーキングで島歩き。

広島県内で23島目(瀬戸内の島としては32島目)の小佐木島を目指します。
船の便数が少ないので、帰りの時間を確かめておかないと、長時間の滞在を強いられます。
まずはJRで三原駅へ。
岡山周辺ではラッピングの車両が多く、先日は「ひるね姫」の車両を見かけたのですが、今日は「ふるさとおこし号」でした。

三原港10:40発の瀬戸田行き高速艇で、小佐木島へ向かいます。

乗船料は380円。
小佐木港の直ぐ横には、タイル張りの細い灯台。

波除けの岸壁が道になっています。

道は直ぐに海岸から離れて登りに。

小さな島なので、車も走らないのでしょう。
道の真ん中にも結構草が生えています。
頂上手前の分岐を左に曲がってみましたが、更に道路は荒れており、行き止まりに。

戻って本来の道である右に曲がれば、最高地点。

下り始めると、左手に古い遊具のある砂浜が見えましたが、降りる道は判りませんでした。

手前に草が茂った道があったのですが、挑戦する感じではありませんでした。
海岸線まで下ると、三原市を対岸に見る砂浜。
次の船までの島内滞在可能時間は1時間30分。
でも、この海を見たら入るしかないでしょう!

海パンをしっかり準備してきました。
一人だけの浜辺で、熱くなった身体を冷やしたら、ノルディックウォーキング再開。

港の集落に戻り、島を一周。

寄り道しなければ、40分くらいでしょうか。
船の待合室には、乗船者は電話で連絡するように注意書きがありました。
特に小さな島に渡った時には、待合室の表示をよく観察することが必要です。

三原港行きより12:24発の瀬戸田行きが先に来るので、小佐木島を後にして、佐木島の向田港に向かいます。

乗船料は410円。
前回来た時は海に浸かっていた磨崖和霊石地蔵が、今回は干潮で正面まで回れました。



次の尾道行きの高速艇まで1時間20分。
時間の関係上、塔の峰千本桜の標識から登り道に入り、ショートカット。

当然の葉桜を眺め、切通しを抜け、島の東側に。

佐木島の南側を半周することになりますが、残念ながらこの時期ただ暑いだけです。
最近整備したのか「道祖神の丘」。

少し高台になっているので、上から海が見えます。

桜が植えられているので、花見のスポットが増えるのでしょう。
今は、ところどころに植えられたヒマワリが道端を飾っています。

20日はトライアスロンの大会があるとのことで、のぼりが飾られ、練習の自転車でしょうか?

須ノ上港から高速艇に乗るには、出発時刻の5分前にパトライトを点灯します。

前回は危うく注意書きを見逃すところでしたが、今日は2回目・・・
高速艇が入って来ました。

港からは、遠く生口橋が見えます。

尾道まで550円。
今日3回目の乗船です。
今日の歩数:小佐木島 3,400歩 佐木島 5,500歩
コメント

岩子島を島ノル・山ノル 尾道市

2017-02-28 | 島歩き
26日、三原市へ出かけたついでに、小佐木島へ行ってみようとフェリー乗り場に行ったのですが、昼の便で行くと帰りは夕方。
またの機会としましたが、ウォーキングモードに入っているので、どこか探しましょう。
尾道まで戻り、久しぶりに岩子島へ行くことにしました。

向島との間に架かる真っ赤な向島大橋。
最近塗り替えられたような気がしますが・・・
新尾道三部作の「ふたり」のロケ地看板があります。

御幸瀬戸を渡ります。

今日は右回りで。

日差しは強くありませんが、風がなかったので、軽装でも少し歩くと体が温まります。
道が高巻きする場所にあるちょっとした岩場は、調度良い休憩場所です。

因島大橋を眺めながら、スーパーで買ったおはぎで昼食。
少し下ったら、厳島神社です。
ここの狛犬はちょっとユーモラスな顔です。

満潮ならここの鳥居も海の中ですが、この時は正面まで回れました。

海と山との分岐です。

トンネルが見えたので、行ってみることに。

浜之浦隧道は、中に入ると中央部は岩がむき出し。

トンネルを抜けると、ロケ地看板の隣りに「ゆるぎ岩」の説明。

付近を見てもそれらしい物はなく、トンネルの横の道に入ってみることに。

石仏の右側に怪しい道が!

入ってみるとしっかりした道がついており、何処かに通じていそう。

農道と言うよりは、島遍路のコースとして管理されているのでしょうか。
林を抜けると、山頂に出ました。
西岩岳の登山コースでした。
岩の上に風化した真砂土が乗って、足元が決まりません。
両側が切れた尾根なので、十数メートルですが慎重に進みます。

頂上には巨石と石仏、そして多島美の眺め。

見まわしましたが、「ゆるぎ岩」らしき物が見当たりません。
眺めは素晴らしかったので、良しとしましょう。
家に戻ってインターネットで検索すると、山頂から50m程先に下った場所にあるようです。
登ってきた道を戻ります。
「鉄板にパチンコ玉を撒いたよう」は大げさにしても、滑り易いのは本当で、ポールを支えに3点確保。
道は家の間を抜け、もうひとつの岩子島隧道。



やがて海に出ます。

護岸を歩くと赤い橋が見えてきました。

今日の歩数:9,500歩





コメント