Nordic Walking Club 柏の葉

「気持だけ ポールを持てばアスリート」
ノルディックウォーキングなら、いつもの散歩がスポーツに!

里山の名水といきいきロード散策 尾道市御調町

2016-03-22 | ノルディックウォーキング
20日、暖かな日差しの中、尾道市北部の御調をノルディックウォーキングしました。
尾道に来て「御調」(みつぎ)が読めませんでした。
広島県には「三次」(みよし)があり、こっちの方がよっぽど〝みつぎ″だと思うのですが!
「おのみち散歩散走マップ」に紹介されている御調編の中から、御調川に沿った「いきいきロード」と「岩倉乃水」を巡る11kmのコースを歩きます。
尾道各地を自転車と歩きで回る「散歩散走マップ」は、尾道市のHPから検索できます。
御調支所をスタートし、道の駅を抜けて照源寺へ。



御調高校のグラウンドを回り、細い道や階段を上ると車道に出て、少し歩くと山の上に広い圓鍔記念公園があります。





尾道市の広報に付いていた無料入場券を利用し、圓鍔勝三彫刻美術館を見学しました。

マップ通りに歩くと美術館が最後になるので、逆回りしたのですが、これがいけなかったのか、コースが良く判りません。
よくよく考えると、印刷をケチって白黒にしたため、ルート以外の道がはっきり見えず、分岐の判断ができていませんでした。
間違えに気づかず、尾道ふれあいの里まで来ると、この施設が設定しているウォーキングコースで「名水コース」の案内があったので、これに従い林道明神線に入りました。



車の通らない舗装道路を日の光を浴びながら歩くと、「岩倉乃水」の看板。

ちゃんと歩けていると思いましたが、地図では直ぐのはずが、それらしき場所が可なり先に・・・
圓鍔記念公園からショートカットし、別の道を歩いていたようです。
名水と言うことで、容器を持って汲みに来ているかたもいました。
持ち帰ってコーヒーでも入れれば美味しいのでしょうが、何も用意をしてこなかったので、その場で一口だけ味見。

山里の雰囲気が残る道を下ると、早咲きの桜が2本満開でした。



マップに従い御調歴史民俗資料館へ。
閉まっていましたが、看板には「第3日曜日のみ開館」とありました。

休館日では無く、開館日が月に1日のみと言うのはすごい。
でも、今日はその第3日曜日のはずですが・・・
最後に御調川にそった「いきいきロード」を歩きます。



綺麗は歩行者専用道路で、途中に休憩場所、トイレ、彫刻まであります。

自転車道をノルディックウォーキングする場合はよくありますが、「自転車にとっては迷惑なのかな?」と思うことがあります。
でも、ここなら安心です。
傾きかけた夕日を背に、道の駅クロスロードみつぎへ戻れば、ウォーキングは終わりです。



今夜のビールのつまみを買って帰ります。
今日の歩数:15,000歩
コメント

第29回瀬戸内倉敷ツーデーマーチでノルディックウォーキング

2016-03-16 | イベント参加
12日、第29回瀬戸内倉敷ツーデーマーチの1日目に参加しました。

この日は、広島港でも広島ウオークが開催されていましたが、尾道からは県内の広島市よりも、隣県の倉敷の方が近いです。

第27回に続いての2回目の参加。
今回は、倉敷市役所から寺社を回りながら新倉敷方面、玉島までの20kmを歩く「良寛コース」に参加。
コースの中に美観地区が入っていなかったので、会場に行く途中で寄りました。

朝は未だ静かです。
5、10、20、40kmの4コースが2日間。
20kmコースの参加者は2000人。

並んだ順番のスタートで、会場から出るまでに10分かかりました。
歩き始めても人の切れ間はできず、いつもの「勝手にノルディックウォーキング」はなかなかできません。
中間点を前に急な登りになり、ここでポールを出しました。
高台の上は、厄神社。

濃いピンクの花(梅?、桃?)の向こうに、町と工業団地。

下りは長い階段。

チェックポイントの連島西浦小学校では、豚汁のサービスがありましたが、長い列に諦めて先を急ぎます。

ここで少し前に出られたので、ポールを使える状況も増えました。
高梁川に架かる水島大橋を渡り、玉島へ。

海に近い場所ですが、今日2回目の登り。
円通寺は、西国三十三観音のひとつ。

急な坂道を気を付けて下ると、味噌屋と酒蔵の振る舞い。

甘酒、日本酒、梅酒の梅を頂きました。

残りは荷物を気にしなくても良い距離となったので、昼食用に味噌パンを購入。
ゴールは倉敷市役所玉島支所。
最期にも地元ライオンズクラブによる甘酒のサービス。
送迎バスで新倉敷駅まで送ってもらい、全行程終了です。
今日の歩数:25,000歩
コメント