はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

夢のクロゼット

2009-01-31 |  つぶやき
東京で暮らしていた頃、月9000円 という家賃に引かれ

 引っ越した そのアパートは 3畳間 に

巾が1メートルないぐらいの小さなキッチンと、

巾、奥行き、 高さが1メートルほどの小さなクロゼットがあるのみだった。

狭い!!

トイレは共同、お風呂は もちろん 銭湯!

どうやってそんなところで暮らしていたのか、

今考えると 想像も出来ないが、

慣れ とは恐ろしいもので、それなりに生活は成り立っていた。

アメリカの家は日本のものに比べると かなり広いが、

こんなクロゼットも 夢ではない 


Heineken - Walk in Closet Commercial

Walk in Closet
と呼ばれるように、

クロゼットの中に入って 服や靴 アクセサリーを選ぶことが出来る

こんなクロゼットを持つのは 私の  だ。

ちなみに 私のクロゼット はこれ。

               
From event

ギュウギュウに詰め込まれてます。

使わない隣の寝室との壁をとり、それを クロゼットにするか、

庭に建て増しをして 夢の ウオークイン クロゼット を作るか

 などと 二人で話す事もあるが、

その前に ボートを買う

キッチンに新しいカウンターと流しを入れる、

地下にバスルームを作る、

メインフロアーのバスルームを大きく改造、

メインフロアーのカーペットを板に変える。

スクリーンポーチを改造、、、、、、、などなど

 山のようなリスト が並んでいる。
        
       
From Collages

スーパーボール パーテイーに出すイタリアンサンドの

肉(約5キロ)を 早くも焼いた



上のシャワーヘッドは 昨日 やっと取り替えてもらったもの

前のものの約10倍の大きさで 気に入ってる。

滝に打たれるように この下でずっと立って夢心地。

       にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ  又 明日
にほんブログ村
Comments (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ペットをクローン

2009-01-30 | 次女の子ども
今朝は台所の流しで カメ君に お風呂 を浴びせた。

けいちゃんがこの頃は もう少し 小柄 だったが、

    
   

                      Kei  5mos
  

やっぱり男の子は ガッシリ している。

         
From kameron


お座りがあんまりうまくないカメ君 気がついたら 前かがみ に倒れてた。

でも泣かないとこが 男の子 だね。


                  
From keira


今日の MSN のニュースに あるカップルが ガンで亡くなった犬を 

韓国で クローン した話が載っていた。

なんと その費用は $155,000!  

 家が買える! ような多額のお金を使ってまで 

同じ犬を欲しがった 飼い主の気持ちがどうしても理解できなかった。

そしてシェルター で 毎日のように殺されている犬君たちのことを思った。

そこまでの愛犬家 だったら 罪なく 命を落とさなくてはいけない 犬君たちを

助けてあげればいいのに、、、と 彼らを 批判する 心がおこった。

                
From kameron
今うちで飼っている チャンス を見て、

彼が死んで 私は彼を クローン したいか と考えてみたが、

たとえお金がかからなくても したいとは思わない。


やっぱり 時々 獏じいさんが私に言うように、

自分は どっか 冷めてる人間 だ。

時々 自分の伴侶 子供 ペット、 、、、などに対して

 異常に深い愛情 をそそぐ人に出会うことがあるが、

その気持ちが 私にはどうしても理解できないところがある。

異常に、、と言っても、私にとって異常なだけで 

ごく普通の愛情なのかもしれないが、、、。

From Collages
 
けいちゃん、今日はこうして お医者さんごっこをしていた。

From kameron


カメ君は日に日に世話が楽になってきている。

夕べは12時と5時に起きたが ミルクを少量のみ 眠りについた。

昼寝は2-3時間2回取ってくれる。

昼寝は、起きている彼をベッドにいれ、モービルをつけて 独り寝 をさせている。

けいちゃんの時は彼女が眠るまで、抱いていたが、、、。

ちょっと泣き声をあげても かまってあげられないので 

そのままにする事が多いが、そのおかげだろう

泣く時間は 短いように感じる。

私たちの生活のリズムに この頃から 合わせるようにしておくと 

お互いに無理が少なくなるだろう。とは思う。

笑顔の多い子なので それは なによりだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ       と  今日もありがとう。又 明日
にほんブログ村
Comments (11)
この記事をはてなブックマークに追加

スーパーボール パーテイー 

2009-01-29 | アメリカのニュースあれこれ
たぶん フットボールは アメリカで 一番人気のある スポーツではないだろうか?

その 最も強いチームを決める スーパーボール の試合が 今週の日曜にある。

2007年に シカゴの Bears がスーパーボール 出場となり、

その日 この町は バーはもちろん 町中の家々でパーテイーが行なわれ 

どこもお祭り騒ぎだった。

なにしろ 職場で その試合の為に作ったケーキやスイーツの詰め合わせが、

母の日より多く売れた。母の日より フットボールなの?と 驚いたが。

 商売繁盛 のためにも 地区のチームには がんばってもらわなければ、、、。

しかし 今年は 悲しくも NFC からは アリゾナ州の カーデイナルズ が

 AFC からは ピッツバーグの ステイーラーズ が代表として 出場する。

と、云っても、毎年ある スーパーボール パーテイー は例年のごとく催され、

昼真っから 又 ビール攻めに合う事にはなってはいるが、、、。

この写真は去年も出したものだが、獏じいさんや友人たちが、女装して 

   

Retired Hooter Girls
 になり、

スーパーボールのパーテイーで接客?をした。

Hooters は 

    

こんな感じでかわいい女の子がピチピチのユニフォームを着て 接客する レストラン。

視聴率の高い スーパーボール では その広告料金も高く 

獏じいさんの話では、 30秒間 300万ドル という。

この不況時でもそうなのかな?

目の玉が飛び出るような価格だが 最終的にそれをカバーしているのは

 私たち消費者だよね。

そして ハーフタイム に行なわれる パフォーマンス も皆の注目の的。

特に フットボールにあまり関心のない私にとって この時間が一番楽しみだ。

今年は Bruce Springteen と聞いた。

数年前にあった、Janet Jackson と Justin Timberlake の

パフォーマンスの途中 Janet Jackson のオッパイが、

16分の9秒間だったが 露出されたという アクシデントは 有名

瞬きをすると見えないぐらい短い時間なのに、写真があったのには 驚いた。



ここはあの新聞少年の部屋

              
From family
               
From family

彼の好きな シカゴの Bears のチーム色 オレンジ色で壁をペイントし 

そのロゴを描いてある。

獏じいさん家族は 弟たちがシカゴBears ファンで 

他は儀父母も含め グリーンベイの Packers ファン

     


義父がかぶっているのは チーズの形をした帽子?

グリーンベイのある ウスカンセン州は チーズの産地でこの州の住人を 

Cheese Head と呼ぶことから、この帽子ができたらしい。

私はまだフットボールの試合を見にいったことがないが、

写真を見る限り 試合場(パーキング場)でのパーテイーは

ベースボールでは見られないような、派手さ がある。


 写真上は Packersのドレスを着て チーズヘッドの上に座り、

スポーツ雑誌を読んでいるけいちゃん。    

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    又 明日 
にほんブログ村
Comments (11)
この記事をはてなブックマークに追加

新聞少年 小学生から小遣い稼ぎだ!

2009-01-28 | アメリカの家族

コンサートに行った夜は その街に住む 義弟夫婦の家で泊まった。

夜中 喉が渇いて目を覚ました私は、二日酔い で、頭痛のする頭を抱えながら 

水を飲もうとベッドルームを出た。、、、

と、、

義弟は居間で新聞を読んでいるし、義妹は台所でベーコンを焼いており、

その傍で姪っこは飛び跳ねている。

”もう朝なの?” という 私のアホな質問に、皆 大笑い!

暗かったので夜中とばかり思ってたら もう6時前だった。

でもまだ早い!!

10歳になる甥っこは去年から 新聞配達 をはじめている。  
          

From family


配達する新聞を取りに行くのに 父親のヘルプが必要なので、

こうして家族で毎朝 早起きをしているようだ。

この 寒さ の中 くるんだ新聞を一軒一軒 配達することを想像しただけで、

手がかじかんでくる。

だって朝の気温はかなり低い!マイナス30とかは普通の事だし、、、。

気管支が凍りそうだ。

ここが彼のコース!この坂を歩いて配達する。

           
From scene
こちらの映画で 新聞少年が自転車に乗って ポーーン と

新聞を家のドアのあたりに投げながら 配達するシーンがあるが、

甥の場合は ひとつずつ 郵便受けに入れるらしい。


獏じいさんの7人の兄弟も皆 こうして新聞配達をして

 お小遣い を稼いでいた。

新聞配達のほかに ベビーシッター も 又 子供たちがお金をかせぐいいバイトだ。

獏じいさんは12歳ぐらいの時から 近所の子守をしたようだ。

日本にない習慣 だったが 義父母家族が同じ通りに住んでいたので、

娘たちが小さい頃はよく 義妹や義弟に 子守 を頼んでいた。

あの頃は1時間一人 $1 だったが 今は けっこうするようだ。

ある人のブログで子守に 1時間$10払うと聞き驚いた。

だって 私の 時給 が $10だから、、、。

家で ”Daycare" でもはじめようかなー  

(おまけ)

ジョージ クルーにーの息子に遊ばれている獏じいさん

          
From family

彼の足のサイズに注目!!

巨大!!

        
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ 
にほんブログ村
Comments (17)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒッチハイクの思い出

2009-01-27 |  つぶやき
15歳で自立した Jewel は、街から約20キロ離れた小さなキャビンに住んでいた。

その頃、いくつかの仕事を持っていた彼女は、

馬で町の近くに住んでいた小母さんの家まで行き、

そこから ヒッチハイク をして 職場まで通ったという。

カリフォルニア時代も彼女は よくヒッチハイクをしていたようだ。

時には小さなナイフをベルトにさして、、、。

           
       
From scene

子供の頃、祖母と入院していた父を面会に行くとき、

私たちはバスの終点から 病院までの山道を歩いて行った。

どれだけの距離だったか 覚えていないが、

今でもたくさんの木々に囲まれた くねくね曲がった道が、うっすらと浮かんでくる。

そこには 家は一軒もなく たぶんその病院だけが 

山の向こう側に建っていたんだと思う。

老人と子供がそんな道を歩いているせいか、

車が通り過ぎるたびに 止まり、私たちを乗せて行ってくれた。

            
From scene
そんな 他人からの親切 を経験した私は、

逆の立場に立った時、困っているんじゃないか と思われる人を見ると

 気になって 相手が子供や 老人だと 聞かれてもいないのに 

声をかけることがある。

ただ、よくハイウエイで 大きなリュックサックを肩からかけ、

親指を立てて、後ろを振り返りながら歩いている ヒッチハイカー を

ピックアップしたことはない。

気にはなるが、ストレンジャー の多いこの国では、

つい変な想像をしてしまい 怖くて出来ない。

悲しいことだが たぶん それが 無難 だろう。


        
From scene
高校時代、叔父の家で暮らしていた私は、

彼らの信頼を失い 門限 が夕方の4時半だった頃があった。

そんな窮屈な生活で考え出したのが 

皆が 寝静まった夜中に 窓から 抜け出す ことだった。

ハイウエイまで歩き そこで ヒッチハイク をし 街まで出ていた。

一度 2人の男の人が乗せてくれた事があった。

たぶん20代だっただろうが、その頃の私から見ると おじさん だった。

何を云われたか はっきりとは覚えていないが、危険を感じた 私は 

車が走っている中 ドアを開け、飛び出す格好をした。

ほんとうにする必要があったら たぶん していただろうが、

彼らはそれを見てから 変な話 (?) をしなくなり、目的地でおろしてくれた。

  高校時代の私は そんなところからも分かるように 

不良のレッテル を貼られるような生徒だった。

けっして悪い人間じゃなかったんだけどね。

Jewelの日記を読んでいて そんな昔の自分を思い出した。

        
From family
      

       にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ  
Comments (17)
この記事をはてなブックマークに追加

夢が叶うには、、

2009-01-26 | アメリカのニュースあれこれ
Jewel が子供の頃、父親とアラスカで歌を歌いながら 

お金を稼いでいた時に暮らしていた家 には 

水道も暖房もなく(石炭のストーブのみ)、

トイレも外にある小屋のようなもので用を足していたらしい。

彼女はまだ30代だから そんなに以前の話ではないが、

明治時代のように聞こえる。

そんな生活ではあったが 父親から  を習い 

毎日その 練習 をする生活は彼女にとって とても 楽しい ものだったと言う。

この時 彼女は ヨーデル も習った。

          
     
From event
                Jewel's cabin

彼女は15歳で 自立 し、学校を卒業した後、カリフォルニアに移った。 

そこで仕事や家もなくし 車の中での生活をしながらも 

ストリートパフォーマンス をしたり、コーヒーショップ で歌ったりと

自分のしたい事を諦めなかった。

            
      
From event


この時期の話は コンサートでも歌と歌の合間に ヒューモア まじりに話していた。

そんな生活の中で  を書き  をつくった。

人の 弱さ、強さ、美しさ、や 醜さ そんなものが 表現された 彼女の歌は

 あの美しい声とともに 心に響く

ある日,ラジオ局が、彼女の歌を流し それをレコード会社が聞き 

20歳でレコードの製作にはいり、大きなヒットをうんだ、、、 

まるでそれは シンデレラ ストーリー のようである。

でも何もないところからシンデレラストーリーは始まらない。


ドイツでオペラ歌手だった彼女のお祖母さんは、

自分の将来の家族が成功するのは  自由の国  にあると信じ、

戦争の前に国を去り、知らない男性と結婚するために アラスカ に来た。

それが 同じようにヨーロッパから夢を持って 渡ってきたJewelの祖父だ。

2人は 8人の子供を育てながら 自給自足 の生活をしていた。

            
From event

       Jewel's grandparents

そんな中でも お祖母さんは 子供たちに 楽器を演奏 することを教えた。

彼女の音楽を 愛する想い は、そうやって子供たちに 

そして 孫へと伝わっていったんだろう。

なんでも 深い愛や 強い想い を持っていることで、

それは いつか 実を結ぶものだ。

逆にいえば そんな想いがないと 物事は うまく運ばないことが多い。

あるトークショーで Jewel が、

”ヒットをだそうと思って 歌を書いたわけではないが、ヒットが続いた。”

 と言っていた。

たぶんそれは 彼女が欲をもって 歌つくりをしたのでなく 

彼女の  を歌ったから 私たちの心に響き、ヒットとなったんだろう。

心のもつ力は大きい。 

(おまけ)

ジョージ クルーニーの2歳になる末娘             

From family
           
                    
From family
         Future Singer and Songwriter にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
Comments (10)
この記事をはてなブックマークに追加

Jewel ソロ コンサート に行って来た!!

2009-01-24 | Buck& Me中年夫婦の毎日
1995年に ”Piece Of You" でデビューした Jewel のコンサートは 

11月にオープンされた カジノ の中の一室で行なわれた。

From event
私たちのシートは$45の 立見席

           
          
From event

私たちが入ったときには すでに立見席は 込み合い、

ステージ の見えるところには 人だかりができていた。

テレビもセッテイングされておらず ステージがまったく見えないことに  

不満 を持った カリフォルニア出身の義妹が

そこで働いていた知人に 文句 を云ったところ、

"You guys just follow me" と言って 

私たち4人を ステージから15メートルほどの所にある、

一人 $100の席 に案内してくれた。

               
From event

持つべきものは ”A sexy sis-in-law”

色気ってこういう時に 大いに役立つ。

            
From event



小さなステージは Jewel と二つのギターだけでパフォーマンスが行なわれ、

客からのそのつど出てくる リクエスト で コンサートは進められた。


Jewel at D.J. 1-22-09

これは その夜に 撮ったビデオのひとつ

CD に出されていないような歌だったので、ここに Up してみた.

いい席で見られた事もあるだろうが、

ソロ の上 アコーステイック ギター だけでのパフォーマンスでも

充分満足させてくれる 歌唱力 を持っており、

彼女の美しい声に 聞きほれる数時間だった。


  

子供の頃から父親と 歌を歌い お金を稼いでいた彼女が

こうして 有名 になるまでの話も 又 興味深いものなので 

明日 更新してみますね。 

そんな話を聞きたいな!と思われる方、
           ここをクリック   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ 

Comments (11)
この記事をはてなブックマークに追加

忘れられた存在

2009-01-23 | 次女の子ども
乳児の成長は 傍にいる者にとっても 驚くほどの スピード

けいちゃんが乳児の時は、そんなひとひとつの成長を 見失う事 も少なく

それらに会わせ、いろんな刺激を彼女にしては 楽しんでいた ように思う。

カメ君の先週の写真を見ながら、 

ふと この頃 けいちゃんはどんなことをしていただろうと

 昔の写真 を見てみたら、 こんなふうに お座り をして 

     

               (Kei 5Mos)


一人遊びを始めていた。

この頃は 1対1 の子守だった事もあり、注意は全て 彼女に向けられていた。

それに部屋を散らかす小さな モンスター もいなかったし、、、。

今は 小さなモンスターの甘ーーい声 ”POTTY" に、

何もかも 投げ出し 一緒に走る始末。 

そう カメ君は そんなふうに 

毛布にくるまれた哺乳瓶から流れるミルクを 一人で 飲みながら 

ベビーシートの中で 一人で 眠りについたり、

床の上で 一人で 横になってることが多い。

それにやっと気付き 反省!!


               
From kameron

カメ君 歯の生え始めで こうして カミカミ をよくする。

             
            
From kameron

おもちゃを近づけると、 両手を伸ばし 掴もう とする。

            
         
From kameron

こうして 一人座り は数秒間ぐらいで 後ろに向って バッタン と倒れる。

この頃の乳児は 皆そうだが 立たせるとすごく 喜ぶ


これからは もっと 彼に 注意を向けるよう 心がけよう。


”忘れられた存在” の子は 真ん中の子に多いと聞く。

子の方はそれなりに小さな心を痛め、

それが ”競争心の強い子” とか ”自立心のある子” とかに

成長する事も多いというけど、そう?

兄弟の中で ”ちょっと変わってる” のは 真ん中の子のようにも思うが、、。

 


けいちゃんは 今のところ いい お姉ちゃん をしている。

カメ君の鳴き声が 聞こえてくると、すぐに 彼のほうに行き、

彼を思っている気持ちが こっちにも伝わる。

ただ ふと気付くと 彼女流の子守をしている事があり あせる ことも多い。

この小さなモンスターから、目はひと時もはずせない。


(今晩の予定)

今晩は 義弟夫婦と ダブルデート

            
       
From event

コンサートに行く。パーテイー好きの カリフォルニア出身の義妹は 

2時間前から パテイーしようと はりきってるらしい。

ついていけるかなー。

そんな アメリカのパーテイーの様子を更新しますね。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ  今日もありがとう。

Comments (14)
この記事をはてなブックマークに追加

来なかった明日

2009-01-22 |  つぶやき
昨日はこの町の美容院に行って来ました。

この通りを行った あの矢印のとこが、私の利用している サロン

                
From scene

この田舎町の通りはどこも 無料パーキング なんですよ。

それに慣れてるせいか メーターのある町に行ってもそれに気付かない私です。  


           
      
From scene


         ”いらっしゃーい”



ここのオーナーのセーラさんは 26歳の時にこの美容院を買ったんです。

シングルマザーの彼女に 資金はそれ程なかったので、

店内のペイントも自分でし、   

         
   
From scene
ここに置いてある家具も全て 

スリフストアー で買ったらしいです。

なんと これらの家具全てで、、、 60ドル 

これはお買い得ですよ。    

         
        
From scene

いくらスリフストアーでも この値はないな

           
From scene


このピンクのソフアーなんて 無料 だったらしいです。

私の家につれて帰りたーーい。

地下のバーのある部屋に置いたら いい感じになると思うんだけど、、。

          
From scene

私がセーラさんを気に入ってる 

ひとつの理由 は 私の望む髪型にしてくれること。

                 
             
From scene
二つ目 は 値段。

シャンプーつきのヘアカットで なんと、、、 13ドル 

安い美容院は この田舎でもなかなかないですよ。

今日は カットにハイライト それに 髪を染めたので 55ドル だったけど 

安いほうだと思います。チップを 10ドルあげて 65ドルでした。

今回は この色

           
From scene


私の 地の色 だそうです。この上にハイライトを細かく入れてもらったんで、

明るくなり、気に入ってます。

木曜の夜 コンサート に行くんで、  

             
      
From scene

小奇麗にしておきたかったんです。

            
From scene
 
(ここはアンテイークショップ今日はじめて猿の自転車のりに気付いた)

                   
From scene


この町に住んでいたセーラさんのお父さんを 私たち夫婦は知っています。

独り身で、飾り気がなく、物質欲もなく 気ままにその日暮らしをしている

 ちょっとヒッピーな おじさん  

          
From scene

そんな彼に いい印象 を持っていた私は 

いつか 彼と話をしてみたいとなと思っていました。

でも 彼が 年上の男性だったことから、ちょっと シャイ になってしまい、

そんな機会がある度に ”又 今度にしよう” と 伸ばしていたんです。

         
From scene
    (小さな映画館はたしか$6)


そんなある日 彼が 自宅のイスの上に座って たった一人で 

亡くなっていたのを、近所の人が 見つけたという 悲しい知らせ が入りました。

あまりにも急な事に 皆 言葉なく ただ その場にたたずんでいた光景は、

今でもはっきりと記憶に残っています。

その時 思ったんです。

今 自分がこうしたい と、強く思うことは その時にしなくてはいけない って、、。 

   
                    
  バレンタインズデーを前に作ったカップケーキは 

"Hello, Cupcake!" 参照

いろんな楽しいカップケーキが出てますよ。(ターゲットにありました)

       にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ   又 明日 今日もありがとう
Comments (14)
この記事をはてなブックマークに追加

HAPPY  オバマ

2009-01-21 | アメリカのニュースあれこれ
今日、美容院に行くと、皆が ”Happy Obama!" と呼びかけていた。

従業員も客も 新大統領の 誕生 を喜び合っている。

帰宅すると 獏じいさんから電話がはいり、

”どうだった 就任式 ?”と、、

”ああー、ヘアーカットに行ってて 見てない。” と 私。

”お前 新大統領より ヘアーカットか?” と 獏じいさん。

”予約をずいぶん前にいれてあったし、、、” と云いながら あとは 沈黙


        
       
From coda

コロラドのコダ君も、生まれてはじめての大統領の就任式を、

こうして パパとテレビで 見たそうだ。

婿は頭をかしげるコダ君に 歴史に残る 就任式について話したと言う。

まだ彼にはそれがどんなことかは 理解 は出来てないが、

何かの形で、彼の心 に残しておきたかったのだろう。

この写真を見ながら、二人で政治のことを語り合う日が、いつか 来るんだろーな。

          
        
From coda


聞くところによると、約 200万人 の人々が この式典に集まったらしい。

初めて 黒人の血 を引く大統領が生まれたことと 

この経済 不況 に 人々の期待は大きい と思う。

世界のリーダーとなる 米大統領を支えていくのは 私たち国民だ。

一人一人が それを意識して 

まず 自分の 家族 を正しく導き、自分の住む 町つくり をし、、、

そんな事から 何かは Change していくのじゃないだろうか?

             
       
From coda


怠慢な生活の中で 国が何かを始めることを ただ待っていてはいけない。


写真は 雪そり を楽しむコダ君。

気温がすこしあがったら、私もしたいな!


       
        
From holden
             ( Gap Babies )



これは従妹と ペアルック の次男君。

この子たちが 成人した時 どんな 世界 を見るんだろう。

戦争のない世界

人種差別のない世の中

皆が 安心して 幸せに暮らせる そんな時代になってるといいな。



上の写真は チョコアイシングをぬった チョコカップケーキ

愛をこめて ひとつずつ デコしました。なーんてね!

気に入ってくれたら このバーナーをクリック お願いね!

    
      にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ 今日もありがとう。又 明日 
Comments (11)
この記事をはてなブックマークに追加

GOOD BYE おまる

2009-01-20 | 次女の子ども
小さなおまるに座り テレビを見ながら 

ウンチや おしっこをしていた けいちゃんだが、

私たちが 使っているトイレのほうが 気に入っている様子で、

おまるはもう使わず 普通のトイレを使っている。

あの チョロチョロ という音がいいのかな? 

終わって 水を流せるのも 楽しみのようだ。

便座に座るや すぐにおしっこをする。

出ないときも おならを出したり 

彼女なりに ”やるぞ!!” という意気込みで座ってくれているようだ。

トイレはこっちから誘う事もあるし 向こうから云ってくれる事もある。

もちろん ミステイク もあり、 臭いな と思うと ウンチが出てたり、

おしっこをした後で、 ”パテイー”(Potty) と云って知らせてくれたり、、、。

                
           
From keira

まあ そんな時は おむつじゃなくて トイレにするんだよ。

とか あれこれ話しかける。

けいちゃんが いたずらした時も そうやって あーだ こーだと、

日本語で話し聞かせ、分からないよな と心の中で思いながら

最後に、”分かった?” と 云うのが私の癖で、そう聞くと、

彼女は 大きな茶色い瞳で私を見つめ  首を立てに2-3度振る。

それはなんとも 可愛くて ほんとに 分かってくれたんだ!と

 錯覚 まで起させてしまう事だが、たいがいは 同じことの繰り返しだ。

まあ、そんな繰り返しの 積み重ね なんだろう。

              
From keira
トイレに行くのが 楽しみ のようになっている 最近のけいちゃんは

 まるで 退屈しのぎ でもするかのように

 ’パテイー” と言っては、トイレに走る。

壁にぶつかるんじゃないかと 心配するほどのスピードで 狭い廊下を 走る!

私がそれに続く。

そんなに勢いつけてると もらすーーーよーーー


            
                  
From keira
けいちゃん、何が 楽しみかと言うと、トイレの後での 手洗い と 

その後につける ローシオン

手洗いは彼女が行っている デイケア で習慣になったようで、

トイレから下りるや、小さな両手を合わせ ゴシゴシ させながら

 まるで ビスケットをねだる 子犬のような瞳で私を見上げる。

彼女を抱き上げ、流しで ゴシゴシ。

 ワッシ ワッシ ワーーッシ ゴシゴシゴーーシ 

つい、調子に乗って 歌まで歌ってしまう。  

              
From keira


そう、手洗いがしたくて

 ”パテイー”(POTTY) の連発をするようになってしまった。

気張っても "プスッ!”とも おならは出ないし、(ガス欠)

おしっこも1滴もこぼれないのだが、、、。


 (祝日の今日)

アフリカン アメリカンの公民権運動のリーダーだったキング牧師の

誕生日1月15日にもっとも近い月曜を祝日として、学校、銀行、役所などは休み。

キング牧師は 奴隷解放宣言に署名した リンカーン大統領の記念碑の下で 

  ”I Have A Dream" という 歴史に残る演説をした。


そして 明日 1月20日に オバマ大統領の就任式がその場で行なわれる。


”全ての人間は平等につくられている。”というキング牧師の夢

人権の守られる 世の中になって欲しい。

いろんな面で大きな ”Change" の必要なこの国を 

オバマ氏は どう先導していってくれるだろう。

明日の演説には 皆 大きな期待をもっているんだろうな。


   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ 今日もありがとう!又 明日 

Comments (11)
この記事をはてなブックマークに追加

36MのスノーWoman

2009-01-19 | アメリカのニュースあれこれ
ジョージ クルーニー が 又 こんなメールを送ってきた。

 世界で最も背の高い雪だるま

World's Largest Snow Woman

その名も ”Olympia”


From scene
メイン州にある 人口2400人のスキータウンで彼女は 生まれた


    
From scene


大きなクレーン を使い たくさんのボランテイア によって、

1ヶ月以上 かけ 作られたという。

             
From scene
まつげ は 寄付された古いスキー、

 は ペイントされた車のタイヤ、

 は 2.4メートルの長さ、

 は大きなリースで出来ている。

               
From scene

スカーフ は約30メートル、

 は 7メートル以上の木から出来た彼女は

身長 約36.6メートル

彼女より1年前に作られ、記録を持っていたのが、

                       ”Angus"

           
From scene
身長 約33.6メートル

誰もこの記録を破ろうとする者が出てこないので、

同じ町のもので その記録をやぶろうと オリンピアが造られた。そうな、、、。

Snowman を負かした Snowwoman

これによって Snowwoman という新語が出来るかもしれない。
            にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ又 明日 
Comments (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ハイカラはファッシオナブル

2009-01-18 |  つぶやき
長女がけいちゃんにと ハイカラ なスカート、、、か? を送ってきた。

From keira


 すぐハイカラ という言葉が出てしまうが、

何か 方言っぽい ので、調べて見たら、

ウイキペデイアに 明治30年代に始まった 流行語 で

その頃、男性の間で流行した High Collar のシャツから来たそうだ。

へーーー  ハイ カラー で ”ハイカラ”

こんな頃から こんな面白い言葉の作り方をしていたんだ。

わー すごく ハイカラな使い方!!

なんと ハイカラは動詞形もあり ハイカる と使うそうだ。

              
       
From keira
何か こちらで Google が 動詞形として使われるみたいなのと同じ感覚なんだね。

"I'll google it." とか、、、。



でもハイカる 何て 使い方 は聞いたことはないなー、と思うや、

ハイカラ 自体がもう 死語 になったと、、、。

今だ 死語を使っていた自分は 浦島太郎 だ。

じゃあ、ハイカラは ファシオナブル って感じか。


MIM-PI Fashion Summer 2009

高知の高校を卒業して 東京に出た私は 1年間 原宿 で働いた頃があった。

ファシオナブル な人の多い 表参道や、竹下通りを 

毎日歩いて 仕事に通っていた。  

その頃、竹下通りでは 地元のデザイナー の服が、安く売られていたので、

貧乏人の私はそんな中から ちょっと 変わった服 を買うのが好きだった。

東京に出ても いつまでも 垢抜け する事がなく 田舎臭い 私だったが、

ファッシオンは好きだった。

             
       
From keira


そんな私もこの国に来て 驚いたのが、皆の服装が 古臭い 事だった。

アメリカというと ファッシオンも 先端 を云っているように思う人も多いだろうが、

日本より、広ーーーーい この国。

私が住んでいる 田舎まで そんなファッシオンが渡って来るまでには、

数年かかる。

これまた 浦島太郎の 私だ。

又、中流階級のアメリカ人は 日本人ほど 
ブランド志向 でない。

 
昔から ブランドに うとい私、今、ヨーロッパのデザイナーの名を言われても

まったく 分からない。



年齢的なものもあるかも知れないが、

自分の好きなものを長く 着るようになってきた。

 
色は ぶなんと思う 黒と白が、やたら多くなっている。


ハイカらない 私だ。


                にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ 又 明日 

Comments (15)
この記事をはてなブックマークに追加

早食い競争に挑戦 動画

2009-01-17 | 次女の子ども
数年前、モーニングショーに、ホットドッグの早食い競争 で 

優勝した日本人が出ていた。

大柄のアメリカ人の中で 一人 小柄の 小林さん 

50個以上のホットドッグを、短時間のうちに食べほす。

噛まずに 水で 流し込む 感じだ。

見てるだけで 胃が キリキリ してくる。

それに 出場者の食べぶりは 綺麗なものではない。

日本人 が出場していなければ、見ることもない番組に 目が行ってしまうのは、

ひたすら 日本人が 恋しい からだ。

日本人というだけで まるで 自分の家族 のような気がする。

小林さんはその後も何度か こういった 早食い競争 に勝ち、

コマーシャルにまで出た。

Sonya & Kobayashi: Priceless


これに 煽動された  けいちゃんの 

バナナ早食い競争

            
From keira

   スタート!!

           
From keira
   ガブリ 

                
From keira
   むけるぞ!

             
From keira
   ここも噛み切って!!

              
From keira
   もう少しだ!

             
From keira
   出てきた! 出てきた!

                
From keira
    モグモグ

           
From keira
   沈黙

         
From keira
   押し込んじゃえ

              
From keira
   いいタイム  

この後 大きなウンチ をした けいちゃんでした。  ほんとに!!

         にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ 今日もありがとう 又 明日 
Comments (11)
この記事をはてなブックマークに追加

危険なアイシーRoadでの事故 (動画)

2009-01-17 | アメリカのニュースあれこれ
 凍った道の上って こんなふうに 車も 滑る んだ。

幸運にも 私は まだ ここまで 体験した事がない。

それにしても車から出ても それを止めようと 必死で しがみついている人 

私は そこまで出来ないよ。




Sliding Cars Crash on Ice

氷の上を滑ると云えば、 

アイススケート

コロラドのコダ君(4歳)はそのレッスンを始めたそうだ。

その様子は こちら 黄色いヘルメットが 

昨日、けいちゃんを連れ買い物に行った。

店に着く前に座席で 眠ってしまった けいちゃん。

カートに入れても そのまま 眠りこけ                     
From Collages


家に着くまで 目を覚まさなかった。

ちなみに外の気温は マイナス30度C 

その冷たい空気にあたっても 起きなかったって ちょっと 凄くない!?
                   
From keira
                   
                 
From keira


カートの中でいろんな  をする子だ。

先日はカートの中で おしっこをしたし、、。


ペンと紙を持たせると しばらく 遊んでいるけいちゃん

             
        
From Collages

             真剣なまなざし


そして けいちゃんが 最近 はまっている ものは、、、、

                  
          
From keira

              BODY ART

                          
     
 けいちゃんの ”赤いドラゴン”もいける。   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ     

(ツララの写真は婿のアルバムより )  
Comments (9)
この記事をはてなブックマークに追加