はちきんizyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログです。

楽しむしかない

2023-02-01 | クルーズ

昨日の続きです。

 

チェックインが進まないのは 

ネットで多くの人が同時にその作業をしている為かも知れないけれど

私達の帰りの便に余裕がない為、

ひっかかった可能性もあるので

帰りの便を変更する場合の出費を調べてみる事にした。

 

 

 

船がポートに着く、日曜発の午後の便にすると

もっとも安い差額料金のフライトでも

一人250ドル取られ

その上 フライト時間が4時間長く

シカゴ到着が夜になる。

 

シカゴ空港から家まで車で3時間半はかかるので

家に着くのは真夜中になってしまう。

 

 

そう想像しただけで

運転するバッキーの疲れが肩にのしかかってくる。

 

 

夜の運転がすっかり苦手になってしまった私に代わって

夜はいつもバッキーが運転している。

 

 

 

”翌日になる月曜日のフライトはどうかなぁ” と見てみたら

3時間でシカゴに到着し、

差額料金が一人60ドルの朝の便があった。

 

 

悪くはないけど、そのフライトにすると

日曜の宿泊先が必要になる。

 

マイアミのホテルはどこも高いので

エアービーアンドビーをチェックしたら

マイアミ空港まで10分先に

68ドルで泊まれる所があるではないか。(ラッキー)

 

見るとリビューも悪くない。

プライベートバスルームもついている。 笑

  

  こういう安い値の宿泊所にバスルームをシェアーするのがあるので

  これが一番気になる点 😂

 

 

これなら出費もさほど大きくはならない。

 

それだけでなく

1泊する事でクルーズの疲れが少しは取れる。

 

シニア夫婦には休憩が必要だ  笑 

 

私の気持ちは ”月曜日の早朝フライト” に 決まっていたけど

バッキーから許可を取らなくてはいけない。

 

でも

寝ているバッキーを起こすと機嫌が悪くなり

うまく運ぶ話まで揉める。 苦笑

 

うーーん 何か手はないものか

 

と 考えていたら 

 

バッキーがベッドから出ててくる音がした。 (ラッキー)

 

事情を話すと

 

”チェックインが進まないのは

ほんとに 帰りの便に問題があるからかぁ? ”

 

と 私の解釈に疑問を持ちながらも

もう一泊マイアミでし

月曜の朝の便で帰ることを承知した。

 

 

宿泊所に予約を入れた後

これまた大急ぎで帰りのフライトを月曜に変更し

クルーズのチェックインを終了させた

時計を見ると夜中の1時  😂

 

 

 

 

こう読むと

スムーズに事が運んだように聞こえるかも知れないけれど

実際 この作業をしていた時の私の頭の中は

朦朧としていて

はっきりしない疑問を持ちながら

オロオロと変更作業を進めていた。

 

 

どっと疲れた。

 

 

クルーズを予約した時

たいして調べもしていなかった私は

クルーズ会社を通してフライトを予約できる事を

後で知った。

 

それには良し悪しもあるようだけど

選択の一つとして知っているべきだった。

 

 

深く考えもせずにクルーズの予約を入れ

その後、怪我をしたり修繕が必要な家を買ったりと

次々に思いもしなかった事が起こったけれど

怪我もゆっくりと良くなり

自分で出来ることも増えていっている。

 

 

 

 

カリブクルーズはこれが最初で最後

 

とにかく私は楽しんできます。

 

それしか ない 😁 

 

 

 

今日は摂氏でマイナス14度程


チェックインで引っかかった

2023-01-31 | クルーズ

 

”出航14日前になったら

アプを使ってクルーズのチェックインが

できるの知ってた?” と

クルーズに一緒に行く友人リサさんから

土曜日の夜、連絡が入った。

 

”私達は日が変わる今晩にしようと思うの” リサさん。

 

出航日の14日前にチェックインが出来る事を

知らなかっただけでなく

アプもダウンロードしていなかった私は大慌てでし終え、

チェックインする為、夜の11時になるのを

ブログしながら待った。

 

私が住むアメリカ中西部と船が出航するマイアミとは

1時間の時差があるので12時でなく11時で日が変わる。

 

チェックインの手続きには

どこでもで訊かれる個人情報に加え

バッキーと私のパスポートのナンバーが必要だった。

 

 

事は上手く運んでいたのに

帰りのフライトでひっかかってしまい

先に進めない。

 

 

 

私達が利用した空港会社は格安航空会社なのに

クルーズ船がポートを出航する日や

到着する日のフライト料金は

人の弱みにつけ込んでどれも高くしている。

 

 

とにかく出費は少なくしたい。と

その思いが強かった私が選択した帰りのフライトは

船がポートに到着してから2時間後、空港を出る。

 

ポートと空港の距離が車で10分と知ると

無理したら間に合いそうに思えてしまう。

 

”特別に早く降ろしてもらおう”  などと

甘い考えが起き

イチかバチかだ と

2時間後に出発する安いフライトに予約を入れてしまったのだ。

 

 

フライトをミスする事はあっても

まさか クルーズのチェックインで

引っかかるとは思いもしなかった。

 

 

それは綺麗な青空が広がった今日だけれど

気温は低くマイナス10℃


どうしたものか

2023-01-30 | Gardening (ガーデニング)

引越し先の家に行く前に花を取りに店に寄った。

 

花の贈り物は私が務める店の人たちからだった。

 

連絡先を知っているのは部署のマネージャーだけだったので

簡単なお礼をテキストで伝え

店にはサンキューカードを出すことにしようと思う。

 

 

カットフラワーと思っていたら

葉の色が可愛い観葉植物だった。

 

 

新しい家で育て始めるのに丁度良い。

 

 

 

配達に出され、2度も冷たい外気にさらされてなのか

すっかり葉が弱って見えてハッとした。

 

 

この寒い冬に

引っ越しをしなくてはいけない我が家のハイビスカスを思ったのだ。

 

 

胡蝶蘭は箱に入れて私の車で運べるけれど

大きなハイビスカスはどうしたものか

 

 

バッキーのトラックの荷台に乗せて

運ぶことになるけど

鉢を横に倒して 毛布をかぶせれば大丈夫かなぁ

 

 

 

 

 

 

私達夫婦が引っ越した後、

大家さんがこの家に移ってくる。

 

50代の彼女はブティックを経営してて

そこで花の注文も取っている。

 

そう 大家さんは花が好きだ。

 

”もう少し暖かくなるまで

我が家のハイビスカスをこの家に置かせてもらえませんか” 

 

お願いするのは失礼かなぁ

 

 

 

クルーズのチェックインは出航を14日前にすると

オンラインでチェックインが出来ると言うので

昨夜は一人で夜中 バタバタしてしまった。

 

一つ問題が発生してしまったからだ。

 

若い頃と違ってこういう

とっさの判断が必要な時、オロオロしてしまう。

 

その話は又


ビンテージリュックが出てきた

2023-01-29 | おでかけ 休暇

"今日は俺のトラックで一緒に家を出るか?” と 

バッキーに訊かれた私が

 

”11時頃、花が配達されるから 

それまで私は家にいないといけないのよ” と

応えると

 

”俺はカーペンターと今朝

家で落ち合う約束をしているから 

一人で先に出ることにする。お前は後で来い” と 言って

 

土曜の朝、引越し先の家に向かったバッキーから

30分もしないうちに電話がかかってきた。

 

”運転してると

数台の車が道路から落ちてditchにはまっていたぞ

お前は家にいたほうが良さそうや。” と

 

道路状態が悪い事を知らせてくれた。

 

朝早くからシンシンと降り続く雪で

家の前の通りも真っ白

10センチは積もった。

 

 

     

 

花の配達は11時頃になる と

昨日、店員が言っていたので

シャワーにも入らず待っていたけれど

1時近くになっても来ないので

 

”ドアは開いてますから、花は家の中に入れて置いてください” と

 

書いてメモをドアに貼り シャワーを済ませることにした。

 

 

結局、花は配達されなかった。

 

天候が悪いから中止になったんだろう。

 

明日 又店に連絡を取って

その時は送り主が誰なのか訊こう と思う。

花のお礼もせずに3日間も経ってしまった。

 

 

 

 

そんな訳で家にいることになった私が

片付けをしていたら 

20年以上前にメキシコのPuerto Vallartaに行った時に買った

ハードロックカフェのリュックが出てきた。

 

 

20年以上経った物はビンテージ Vintage と呼ぶらしいから

このリュックはビンテージ 😁

 

 

でも殆ど使っていないので 見た目は新しい。

 

8−90年代って

ハードロックカフェのロゴ入Tシャツを着ている人を

この田舎町でも多く見かけた。

 

シャツにはその店がある都市名も入っていて

それがロンドンやらパリやら外国だと 

なんか それだけで その人がカッコよく見えた。😜

 

私が初めてハードロックカフェに行ったのは

80年代でシカゴ店だった。

 

 

 

 

まだ ハードロックカフェってあるのかなぁ   と検索していたら

 

メッシ選手がハードロックカフェの

アンバサダーambassadorに選ばれて

”メッシバーガー”なんて言うものを作り出したと知って

 

 

メッシ選手ファンのオリー君に

食べさせたくなったよ。 笑

 

 

メッシバーガーってこんなにでかいんですよ

 

 

 

 

顎が外れそうなメッシバーガーは

 

 

かぶりついた所を想像するからにMessy(メッシー) になりそう 笑 

 


誰かが花を贈ってくれた

2023-01-28 | 嬉しかった事

今朝目を醒ますと、雪が空から舞い降りていた。

 

まるで天使でも連れて来たように

スローモーションで落ていく。

 

雪は嫌いではない。

どちらかと言うと 好きなほうだ。

 

なにせ、南国土佐で生まれ育った私に雪は珍しかった。

 

 

幼稚園児だった時の写真に

大きな雪だるまと一緒に園児たちや先生方までが

並んで写っている1枚がある。

 

子供時代、何度かその写真を見たせいか

皆で雪だるまを作ったその日が

ぼんやりと見えても来る。

 

もう一つの雪の思い出は

小学1ー2年だった年の冬だ。

 

黒い瓦の上にふわふわと落ちていく白い雪が

子供の目にも美しく映った。

 

何故かその雪と東京オリンピックが重なる。

 

 

今日降った雪は軽い雪だったので

ドライブウェイの雪かきをする事にした。

ちょっとはバッキーの仕事を減らす手伝いをしなくてはねぇ

 

シャベルで片隅に積んだ雪はまだ

さほど高くはなっていない。

 

1月も終わろうとしているけど

この地方は

今の所、例年に比べて過ごしやすい冬を過ごしている。

 

 

 

今日の気温は摂氏にするとマイナス5−6度

 

 

この地方ではたいして寒くはない日だったので

雪かきも苦にならなかった。

 

 

 

いつも使わないフロントドアから外に出たら

ドアの取っ手にこんな物がかけられていた。

 

 

 

留守にしていた昨日の午後、花の配達があったようだ。

 

店に連絡を入れたら

明日の昼前に配達しなおしてくれると言う。

 

樂しみ!!

 

一体誰が花を贈ってくれたんだろう

 

友達も知り合いも少ない私だけれど

検討もつかない。

 

指に生えてきた爪の事で気持ちが落ちていたので

とても嬉しかった。


1日外出した

2023-01-27 | 孫たち

怪我をしてから、スピードに弱くなって

暫くの間は

助手席に座っているだけでも

車で走るのが怖かった。

 

それが

週2度、自分で運転するようになってから

スピードにも徐々に慣れ

緊張せず運転できるようになった。

 

 

 

 

済ませたかった用事もあったし

けいちゃんのバスケ観戦もしたかったので

今日、1時間ちょっと先のアイオワの街まで往復した。

 

怪我後 一人での運転は今回が一番の遠出になる。

 

 

 

まったく 問題なし  ⇐#1

 

 

 

 

 

 

これなら2時間半先にある大学病院までも

一人で運転出来るかも知れない。

 

 

 

 

 

 

けいちゃんチームは4点差で負けた。

 

 

 

けいちゃんの活躍はあまり見られなかったけれど

試合観戦が出来た事が何より嬉しい。 ⇐#2

 

 

そうして もう一つ ”孫関係の良い出来事” が今日あった。

 

じゃぁーーん

 

 

 

今月13歳になったオリー君の誕生日プレゼントが

 

やっと配達された。

 

すっごく 気に入ってくれたよ。 

 

初めての当たりギフトとあり

私も嬉しい。笑 ⇐#3

 

 

バックは

 

     

 

オリー君はメッシ選手のファンなんだ。

 


良くなってると思ったら

2023-01-26 | 病気や老い

 

お湯に右手を浸け、指先をマッサージしていた時に

指のカサブタがぺろりと剥がれた。

 

 

剥がれた事に気づかない程、自然に取れ

それ以来

物に触れる度に指を走る刺激も

随分楽になってきている。

 

今日はリハビリセンターに行く道、

右手4本の指でハンドルも握れた。

 

未だ中指は握力も弱く、指先も薬指に比べてセンシティブ

 

ジィーーンジンするだけの事ですが 

弱いんですよ私 🥲

 

だから指先を使った作業が出来るようになるまで

まだまだ時間が必要みたいだ。

 

 

 

今日はリハビリセンターで

怪我をした右手をセラフィンヒーターに浸けた。

 

使い捨ての手袋をはめたようになった手を

タオルでくるんでもらって

暫く待ち

 

 

 

セラピストさんに剥がしてもらう。

 

写真で見ると男性のようですが女性です。

 

 

スルスルと取れ

手はすべすべもして若返る  笑

 

”顔も中に浸けていいですか?” 

なんて言葉がでる程  笑

 

 

 

 

その後、リハビリ粘土を使った。

 

 

 

 

粘土に作られた中指のへこみ面積が小さくて

浅いのは

中指は薬指ほど曲がらないからだ。

 

 

でもリハビリを初めた頃は

粘土に指跡をつける事も出来なかったんですよ。

 

 

 

 

今日はちょっとあって

 

 

実は

怪我した薬指から爪らしきものが姿を出してきたんです。

次は どんな治療になるんでしょう?🥲

 

引き抜くのだけはヤメテほしい。😭


FBで売った2品

2023-01-25 | 夫婦を愉しむ

お仏壇に向かって愚痴を言ったのが良かったのか  笑

夕方帰宅したバッキーは

まあまあの機嫌。

 

夕飯を食べ終わる頃には

”おい フロアリングの作業が始まる前に

シーリングファンを取り付けようぜ” と

前向きなことも言いはじめる。笑

 

二人それぞれが

ネットで探し出したシーリングファンを見せあって

結構 楽しい時間になったよ。

 

 

バッキーはあの家のインテリアに関心を持っている。

 

シーリングファンを選ぶ時も

ちょっとだけど”こだわり”を持っているのが感じられて

私としては嬉しかった。

 

 

どんな部屋にしたいかも 

今回、私達似ていてね、

インテリアに関して、意見一致する事が多い。

 

二人の家だからお互いが気に入った空間にするのが一番!

 

 

その夜バッキーから

使わない家具を売り始めるように言われ

今日、フェイスブックのマーケットプレイスに広告を出した。

 

今日は2品のみ

 

買ったものの 

座ることが少なかったリクライナーチェアー

1901年のシンガーのミシンだ。

 

 

 

広告を出すや

続々と声がかかってきて 焦った。 笑

 

数人の人が興味を持ってくれたチェアーは

 

”今晩取りに行くわ” と言う婦人に売った。

 

 

車を1時間走らせて取りに来た婦人が

 

”広告にリクライナーチェアーが回転するってあったんで

これだ  って思ったの” と嬉しそうに言う

 

私もこのリクライナーチェアーが

ロッキングするだけでなく回転する点が

とても気に入っていたので嬉しかった。

 

 

 

 

ミシンにも数人の人たちから声がかかった。

 

安い値を付けたかも知れないけど

重いミシンがすぐに処分出来て良かったし

欲しがっている人に

持って行ってもらえるのは嬉しい。

 

 

 

ミシンの引き出しに入っていた部品と一緒に

ミシン針が入った紙袋があってね

 

それに昔のシンガーのロゴが印刷されてて

あんまり可愛いんで それはキープすることにした 笑

 

 

 

小さいから良しとしよう。


愚痴ったのと保険と

2023-01-24 | アメリカのニュースあれこれ

この街に引っ越してきた20年前、

住宅保険と車両保険はこの街にオフィスを持つ保険会社に変えた。

 

人口も2−3000人の小さな町なので

その街を代表する保険エージェントを知ることも

すぐ出来

彼と時間を持つ度に

信頼できる人であるのが感じられた。

 

 

 

以前,私の車のトランクに置いていた荷物から

火が起こったことがあった。

 

  未だ原因が分かっていない不思議な出来事だ。

 

荷物が焼けただけで済み、運転は可能であったけど

車内の匂いがひどかった事から

バッキーがそのエージェントに相談してみたら

彼は

 

 

”まさか わざと 火を起こしたんじゃないですよね” 

 

冗談交じりで質問をし 

笑い声の中で

 

”保険がきく” と教えてくれ

私達はその保険会社から

6000ドルの小切手を受け取ることが出来た。

 

エージェントさんも私達と同じように

私達の事を信頼してくれているのだと思う。

 

 

 

 

そのお金で今乗っている中古の日産を購入した。

 

未だその日産は走っており それには自分でも驚いている。

 

走行距離なんて37万キロ行ってるんですよ。

 

 

 

 

 

先月購入した家の住宅保険(Homeowners Insurance)も

その保険会社を通して加入した。

 

 

今回の住宅保険の事でエージェントに言われたことを

バッキーが私に話してくれた。

 

1,人里離れた土地に建つ私達の家の側には

消火栓がない事から、その分 保険料がちょっと高くなる。

 

2,犬などペットを飼っている場合 それに関する質問が

以前より細かくなって書類5ページにも及ぶ。

 

という内容だった。

 

 

 

 

ペットを飼っていると

5ページにも及ぶ質問があるというのは

エージェントが誇張しただけでしょうが  笑

 

うるさくはなっているみたい

 

 

 

 

我が家にはもう犬がいないので

それらの質問攻めには合わなかったらしいけどね。

 

 

そうやって

住宅保険にも加入し、壁のペイントも終了した。

 

ただ フロアリングを張りに来てくれるのは

来月になり

それもクルーズに出かける2日前の終了になるとの連絡を

受け取ったバッキーは

大変な剣幕で私に電話をしてきた。

 

その上

まくし立てた後、私にひとことも話させずに

電話を切った。

 

こういうやり方ってほんとにハラタツ 

 

 

 

でも 

 

 

私にあたることで少しは気が楽になったかな 

思う気持ちがあったにはあった。

 

 

でも

今日はなんだか、惨めな気持ちにもなってきて

 

 

 

 

お仏壇に向かって愚痴ったのでした。

 


料金に含まれない有料物が結構多い

2023-01-23 | クルーズ

 

私達が利用するクルーズ船では

食べ物や飲み物が全て無料ではない

 

無料レストランと有料レストランがあり

無料のドリンクはレモネード、アイスティー、ココア、

コーヒー(ただしフレンチバニラのようなフレイバーのクリームはない)

それに水。

 

 

お酒は勿論ソーダなども有料になり

ビールは6ドル50セント、ソーダは2ドル75セント、

ペットボトル水1ドル50セント などなど

値段もそれなりにする。 

 

 

ドリンクパッケージもあるけれど

1日分だけの購入は出来ず、

ステイする日にち分を買うことになるので

大きな額になる。

 

 

クルーズに行ったことのある友人の話では

お酒を6杯以上飲むなら

元が取れるパッケージ価格と言う話だった。

 

毎日6杯以上も、もう飲まない私達には向かないので

購入しなかった。

 

クルーズ会社はこのドリンクパッケージを押していて

”今買えば安くなるよ” のメールを何度も受け取っている。

 

陽気な気候をエンジョイするカリブクルーズなどでは

お酒での儲けは大きいだろうねぇ。

 

アラスカクルーズと違ってカリブクルーズは

”パーティー船” ってイメージだもの。笑

 

 

 

それと船内にあるカジノでの儲けも大きいと思う。

 

一緒にクルーズに行く友人カップルは

前回、船内のカジノで大金を使った事から

今回、彼らは無料クルーズの招待を受けた。

 

”また カジノでお金を使ってもらおう” という

クルーズ会社の魂胆だろう。

 

只今”ケチムード”の私達は

そんなクルーズ会社の手には乗らず

船内で出来る限りお金を使わずに

楽しんでくるつもり。笑

 

そんな”ケチケチクルーズ記”を楽しみにしてください 笑

 

あっ クルーズ船ではネットも有料なので

その間はブログはお休みしますが。😂

 

 

 

 

20年以上前、

社員旅行でメキシコに行った時に撮った上の写真は

私のお気に入りの1枚だ。

 

馬にまたがった時、ちょっと怖がった私を察して

馬も怖がり、最初の一歩をとるのに

もたついたけど

気持ちが落ち着いて来ると、水の中を歩くことも出来た。

 

もう一度、こんな風に

馬に乗ってビーチを歩きたかったので

今回のカリブクルーズでも

ホースバックライディングの予約を入れた

 

怪我した右手が不自由だけれど

やって見るだけやってみようと思う。 

 

 

 

怪我の方はね

 

指のカサブタも昨日取れたよ。

 

        

 

まだ 指の先が物に触れるとジンジンするけど

リハビリに精を出し、取り戻したい物は

自分で取り戻して行くしかない。

 

 

 

 

メキシコでは

海を目の前にして建つオールインクルーシブのホテルで

食べ放題 飲み放題のバケーションを楽しんだ。

 

 

すべてが無料でないクルーズ旅行とそれを比べ

有料のものに対し不満が出てしまうのだけど

クルーズにはクルーズの魅力もあるだろう。

 

体験してみないと分からないよね。