極東極楽 ごくとうごくらく

豊饒なセカンドライフを求め大還暦までの旅日記

ラストワンマイル14

2019年02月12日 | デジタル革命渦論



                                 
楊  朱  ようしゅう
ことば---------------------------------------------------------------------
 「すでに死すれば、あにわれに在らんや。これを焚くもまた可なり、これを沈むるも
また可なり、これを疸むるもまた可なり、これを露わすもまた可なり」
「万物の異なるところのものは生なり。同じきところのものは死なり」
「人婚宦せざれば、情欲半ばを失い、人衣食せざれば、君臣の道やまん」
「人人一毫を損せず、人人天下を利せざれば、天下洽まらん」
-------------------------------------------------------------------------
髪の毛一本抜けようか
楊朱がいった───
「伯成子高(はくせいしこう)は、人のためには髪の毛一本抜かなかった。そして諸
侯の地位を捨てて隠遁し、一人静かに百姓仕事をしていた。これと反対に、禹は人の
ためにつくして全身不随になった。
むかし、天下の利益になるとしても髪の毛一本抜かず、天下をそっくり譲るといわれ
ても受けとらない人がいた。だれも髪の毛一本抜こうとせず、天下の利益をはかろう
としないならば、天下はよく治まるのだ」

すると禽子(きんし)が場栄にたずねた。
「髪の毛一本を抜けば社会が救えるとしたら、先生はそうなさいますか」
「世の申は髪の毛一本では救えない」
「もしも救えるとしたらです」
楊朱は答えなかった。禽子は外へ出て、孟孫陽(もうそんよう)にそのことを話した。
孟孫陽はいった。

「あなたは先生の心がわからないのですよ。かわりにわたしがいわせてもらいましょ
う。もしあなたが自分の肌を傷つければ万金をもらえるとしたら、あなたはそうされ
ますか」
「そうします」
「では、腕一本切れば国をもらえるとしたら、あなたはそうされますか」
禽子はだまりこんでしまった。しばらくしてから孟孫陽がいった。
「髪の毛一本より肌の方が大切です。肌よりは腕一本の方が大切です。だが、髪の毛
が集まって肌となり、肌が集まって腕なるのです。一本の髪の毛でも、やっぱりから
だの一部分です。それを粗末にしていいものでしょうか」
「わたしには笞えることができません。老聃(ろうたん)や関尹(かんい)なら、あ
なたのことを正しいとするでしょう。しかし禹や墨子なら、わたしのことを正しいと
するはずです」
孟孫陽も、これ以上話してもむだと思ったのか、門人たちのほうをむいて別の話をは
じめた。

《伯成子妬》舜が天下を洽めていた時代の諸侯のひとり。
《禹》   伝説上の帝王。はじめ堯・舜につかえ、黄河の治水に功があった。
《禽高子》 禽骨釐(きんこつり)。墨子の一番弟子。
《孟孫陽》 楊朱の弟子。
《老聃》  老子。
《関尹》  函谷関の関守・尹喜のことであろうか。老子が関を出て西へ行く時に老
      
子にたのんで『老子」五千言を書いてもらった。
《墨子)  墨家の始祖。兼愛説、節用説、非楽説を主張し、儒家と対立した。

道家の立場と儒家の立場 この話の前半は、人のためには髪の毛一本抜かない、とい
う無為の極限について論じている。ところが後半になると、。道家の立場もあり、儒
家の立場、墨家の立場もあるから、絶対的な価値評価はできない’という話になって
いる。福栄篇が場末の思想を紹介している以上、この結末のつけかたはおかしい。あ
るいは二つの話が混同してできたのかもしれない。

【エネルギー通貨制時代 55】 
Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era” 

 

【オールウインドシステム篇:今週英国最大の洋上風力発電稼働】 

2月11日、Hornsea One(ホーンシー・ワン社は、原子力発電向け電力量を代替で
きる風力発電で供給できると公表。この
洋上風力発電所では、ヨークシャー沿岸の洋
上風力発電所が完成すると世界最大の風力発電となる可能性がある。今週、最初の電
力を英国電力網に供給する(Biggest offshore windfarm to start UK supply this week |
Environment 、 The Guardian、2019.02.11
)。これにより、174
基のタービンのうちの
最初のタービン設置を担当するデンマーク開発社は、計画強化し、失敗した原子力発
電計画て残された需要ギャップを埋める準備が整ったと話す。
プロジェクトの規模は
、従来の化石燃料火力発電所と同等で急成長中の洋上風力発電セクタで増強する。
Hornsea One社は407平方キロメートル(ハル市5倍の面積)Hをカバー。 1.2ギ
ガワット容量で1住宅に電力供給し、今年後半に完成すると現在の最大の洋上風力発電
所約2倍の発電事業となる

英国には大きな風力資源があり、それを利用するのに十分な海底があり、英国が洋上
発電大国に成長すれば、ヨーロッパの大部分に電力供給できるだろう。この計画は

立と東芝が原子力発電所建設を断念したことでビジネスチャンスが生まれたとも説明
できる、
原子力よりも小規模なら洋上発電がそれをカバーできると関係責任者は話す
業界データでは、英国とドイツは昨年、ヨーロッパに新しい洋上風力発電容量の8
5%を建設。
タービンの平均定格電力も大きくなり、2018年には、15%増加し
ている。
 

世界最大の洋上風力発電会社オルステッド(Ørsted)の責任者は。この発電所は この
地域で計画中の4うち最初のものにすぎず、2020年代初頭完成予定の第
2期分で
最初の2つのフェーズで7MWタービンを使用。ロンドンのGherkin建物
よりも高く、
Hornsea開発の後半段階では、さらに強力な10MW以上のタービンを
使用する予定で、
より大きなタービンでとなるが、それは基礎と送電ケーブルの
洋上投入工期を短縮と
工事費削減にストを下げる。新世代タービン使用に大手メ
ーカと密接に情報交換して
いるが、そのうちのいくつかは、ロンドンで最も高い
シャードの高さに近づけば変換
効率は最大発揮する。基礎とタワーをつなぐ黄色い部分はT英国北部塔本体は、スコッ
トランドで作られているが全体の
約半分は英国製。経費は6,000万ポンドの洋上風力発
電補助金なしで、2017年より競争力のある水準
に達すると予想。




写真:イアン・フォーサイス/ゲッティイメージズ
エンジニアがトランジションピースの内側に立って基礎とタワーを接続。



【ソーラータイル事業篇:稼働して約6年、発電量が増える舗装メガソーラー】

雑草対策は不要、パネル洗浄も奏功

2月12日、滋賀県湖南市石部北にあるアスファルトコンクリート(アスコン)工場
の敷地内に、出力約1.81MWのメガソーラー「昭建石部ソーラー発電所」の発電効率が
高い事例紹介(日経BP総研 クリーンテックラボ;加藤 伸一氏)。それによると、同
社は、近隣の滋賀県米原市にも、出力約2.45MWの「昭建柏原ソーラー発電所」を開発
運営している。昭建の2カ所のメガソーラーには、一般的な太陽光発電所ではほとん

ど見られない特徴がある。敷地全体をアスファルトで舗装していることが特徴。国内
の他のメガソーラーでアスファルト舗装されている場合、そのほとんどは、太陽光発
電所に転用する以前から舗装されていたものをそのまま生かしたケースが多い。 アス
ファルト舗装をそのまま活用すれば、施工や運用管理の条件が良く、コスト的にも有
利になる。しかし、メガソーラーの新設時に新たにアスファルト舗装すると、初期コ
ストが膨らんで投資収益性が下るため、ほとんど採用されない。昭建の場合、太陽光
発電設備の設置時に、新たに舗装した。本業でアスファルト舗装
を手がけているため
効果的な施工で相対的にコストを抑えられるノウハウがある。

 Wikipedia

●全面舗装で除草も最小化


さらに、O&M(運用・保守)の手間を考えると、事業期間トータルでは収益性が高ま
る可能性が高く、舗装によるリスクにも対策を打てる。湖南市のメガソーラーは13
年2月に稼働し、約6年経つ。米原市のサイトは、約1年後の14年4月に稼働し
ちらは、あと2カ月で5年間が経過する。同社によると、アスファルト舗装の利点は
まず、設備の施工が容易になり、建設コストを低減できることがある。次に、稼働後
には、地盤の沈下が防げる上、雑草の成長を抑え、O&M(運用・保守)のコストを
低減できることがある。
施工性が向上するのは、舗装によって、敷地全面が平坦にな
るため、施工の作業そのものだけでなく、運搬や移動まで全体効率が増す(下図)。

 Feb. 27, 2013

また、雨天時にも、地面が安定しているため、晴天時に近い環境で施工できる効果がある。
これは、工期が伸びにくく、施工コストを最小化できる利点につながる。土の上で施工する
メガソーラーの場合、一般的に雨の後は1~3日間、工事できないことが多い。
実際の施工
時には、重機やフォークリフトなどを積極的に使うことで、設置位置まで効率的に資材を運
ぶなど、搬入や設置場所への運搬作業が容易になった。台車に工具や備品を載せて、移動し
ながら順に工場の流れ作業のように設置できることも、工期の短縮や施工精度の高さにつな
がった。

例えば、コンクリート2次製品による基礎はフォークリフトで、太陽光パネルはハンドリフ
トで、いずれも作業員1人で設置位置まで運んだ。舗装しない一般的なメガソーラーでは、
二人一組で太陽光パネルを手で持って運ぶ。
 稼働後は、草刈りが不要なことで、一般的な
メガソーラーに比べてO&M費用を削減できる効果が大きいという。また、草刈りの際に、誤
ってケーブルを切ってしまうといったトラブルも無縁になる。
 湖南市のメガソーラーでは
敷地内での除草は不要だが、外周を囲っているフェンスの周辺は舗装していないために、雑
草が生えるため年に1~2回、除草している。フェンスの周辺をアスファルト舗装できなか
ったのは、敷地の近くを流れている川を管理している滋賀県の河川課から要請されたため。
河川の災害時に、フェンスを取り外しやすいようにするためである。

 May 1, 2014

●アスファルト上でもパネルの温度上昇を防ぐ

太陽光発電所内のアスファルト舗装には、懸念される点もある。最大の懸念は、土な
どの地面に比べ、強い日差しにより地表温度が上昇する度合いが高く、結晶シリコン
型の太陽光パネルの変換効率が下がる恐れである。昭建は、この対策として、アレイ
(太陽光パネルを架台に固定する単位)の前後間隔をできる限り詰めて、アレイ間の
舗装面積を最小化すること、さらに、アレイ間の舗装の上には、できるだけ影がかか
るような設計とした。 これによって、直射日光が当たる舗装面を最小化し、太陽光
パネルの温度上昇を抑えられるようにした。湖南市の発電所では、設置角は10度、ア
レイの前後間隔は60cmとした。これによって、直射日光が当たる舗装面を最小化し
太陽光パネルの温度上昇を抑えられるようにした。湖南市の発電所では設置角は10
度、アレイの前後間隔は60cmとした。

 May. 27, 2014

アレイは、横向き3段で構成した。冬至の日に、最下段のパネルには、影がかかる設
計となっている。
影がかかった場合でも、ストリング(太陽光パネルを接続する単位)
の構成を段ごとに分けているため、中段と上段のパネルで構成されるストリングには
影のかかるパネルが含まれない。これにより3分の2のストリングは影の影響を受け
ずに発電できることになる。
パネルの選択でも、影の影響に配慮した。当時一般的だ
った60セル品ではなく、「80セル」品を採用した。この製品は、通常の3バイパス
回路ではなく、4バイパス回路のため、影の影響でバイパスされるセル(発電素子)
の範囲を、通常の3バイパス回路のパネルに比べて減らせる。下から4分の1のセル
がバイパスされて発電しない状態になったとしても、残りの3分の4のセルは通常通り
に発電できる。
アレイ間隔を詰めた設計としたことで、太陽光パネルの設置枚数を増
やせた。設置角が20度のアレイを並べるスペースが生まれ、それを最後列に配置し
た。
また、アレイ間隔をここまで狭めても、草刈りなどは不要なので、人の通れるス
ペースさえあれば、点検はできる

●日射強度、発電量が上昇基調で推移

こうした工夫の効果は、稼働してから約6年の間、どのように現れているのだろうか。
「発電量に、はっきり現れているように感じる」と言う。
 近隣にある同規模の連系
出力の太陽光発電所では、年間発電量が約180kWh  に留まるのに対して、石部のメ
ガソーラーは二百万kWh以上で推移しているという。
 ここには、アレイ間隔を60
cmに詰めたことで、パネルの設置枚数が増えた効果のほか、舗装面への直射を減らし
てパネルの温度上昇を抑える効果も寄与していると見ている。
湖南市のメガソーラーでは、13年2月に稼働して以降、16年ころに一時的に下が
った時期を除き、発電量は年々増える傾向にある。これは、滋賀県南部でこの期間の
日射強度が高まっている傾向にあることが大きく、月ごとの「日射強度と発電量の相
関」のデータから把握している(図5)。

もう一つ、発電量を高める変化があった。本業のアスファルト材の生産設備が更新さ
れ、2018年夏に新たな生産設備が稼働したことによる(図6)。実は、それまでの生
産設備は、メガソーラーに近い位置に立っていた。このために、メガソーラー東側の
太陽光パネルの一部は、午前中にこの生産設備の影がかかっていた。
新たなアスファ
ルト材の生産設備は、メガソーラーから離れた場所に立ち、太陽光パネルに影を落と
すことがなくなった。

●アスファルト材工場特有の粉塵、パネルを年1回洗浄

湖南市のメガソーラーでは、発電量をより増やすため、年に1回、太陽光パネルを洗
浄している。
 アスファルト材の生産では、砕石や砂などを原料として扱う。これら
は、生産設備に投入される前は、敷地内の所定の位置に保管されている。
 湖南市の
メガソーラーは、近くに積まれているこうした砕石や砂から、細かい汚れが飛んでき
て、太陽光パネルの上に乗り、比較的、表面が汚れやすい環境にある。少し汚れても、
雨が降ればほぼ落ちて、通常は発電量を大きく損なうことはないと見ている。
ただし、
発電量が最も多い4~6月の間には、より発電量を多く稼ぐために、年に一回、太陽
光パネルの表面を洗っている(図7)。洗浄には、農業用のビニールハウス用の洗浄
器具を使っている。ホチキスなどで知られるマックスが販売している器具で、これを
改造して、より洗浄作業の効率を高めている。

このビニールハウス用の洗浄器具は、樹脂でできた回転ブラシに水を流しながら洗う
仕組みで、ドイツのケルヒャーが販売している高圧洗浄機用の太陽光パネル洗浄用器
具と同じような発想の製品である。
ケルヒャーの製品よりも、「コストが安いうえ、
似たような効果と作業効率を実現できる」としている。
昭建は、回転ブラシを1つ追加
して、2個の回転ブラシで同時に洗うことで、洗浄面積を増やし、作業効率を高めてい
る。これでも、湖南市のメガソーラーの約6000枚のパネルを洗い終わるのに、5日間
を要する。

●積雪の影響が大きい山あいの発電所

米原市のメガソーラーは(図8)、太陽光パネルを増設した。第1期の約1.846MW、第2期
の約394kWに加えて、第3期の約215kWが増えている。増設後の太陽光パネル出力は約2.455
MW
となっている。PCS出力は1.995MWで変わらない。一方で、湖南市のメガソーラーとは
逆に、日射強度が17年以降、わずかながらも下がる傾向で推移している(図9)。この要
因として、年による積雪の状況の違いが影響していると分析している。米原市のメガソーラ
ーは、山あいに立地している。

湖南市のメガソーラーは、米原市サイトと異なり、積雪地帯にある。発電設備も、積雪対策
を講じた。
パネルの設置角は、湖南市サイトの10度に対して米原市サイトでは15
と大きくした

パネル低部の設置高は60cmから80cmに広げた。架台はアルミ製から鉄製に変えた。
ネルは80セルの 322W/枚品から、通常の60セルの245W/枚に変えた。いずれも
積雪や
積雪時に想定される垂直荷重に対応するためという。稼働した初年度となる
14~15年
にかけての冬季は、積雪の回数や量が比較的少なく発電量は想定以上に
好調に立ち上が
った。しかしその後、17~18年の冬季には、福井県など日本海側
で大雪が相次いだ。
この際、米原市のメガソーラーにも大量の雪が積もるなど、積雪
の回数も量も増えた
こうした積雪の状況によって、好天の日時が減り、日射強度に
影響しているという。発電量については、増設の効果でわずかながらも増えている傾
向にある

 

【ハイテクケルトで節電】

電気オーブン、コンロ、電子レンジ、またはやかん(ケルト)で一番消費電力が大き
いのは? 答はなやかん(ケルト。これは英国の家に供給される全電気の約6%を消
費する。電源を入れるとオーブンはより多くの電力を使うえる、常に必要な量よりは
るかに多くの水を沸騰させるケトル。1月19日にLED電球を設置で得られるエネル
ギーと経済的節約についての記事を発表した後、トラムバクスター、ストラスクライ
ド大学の化学工学教授にインタビュー。
電球を購入したり、断熱材の代金を支払った
りするなど、何らかの経費がかかるが、やかんは直接的に無料で減らすことができる。
英国で最近発表された発電に関する政府データでは、17年に105.4テラワット時の
消費電力の16%を家電がしめる。注目すべきは、やかんがどれだけの使用している
か。12年のカーディフ大学の分析によると、調理時の電力量の34%がやかんで、
24%がキッチン用コンロ、23%がオーブン、19%が電子レンジ。電気代の約6
%はやかんの沸騰に使われる。また、80%のやかんが必要水量の3倍過剰にある。
つまり、過剰充填は、国内の電気代の3.2%に相当する。
 Oct. 12, 2016

消費者団体によると、カップの数に応じて指定された最小ラインまで充填することで、
また、石灰石のスケールを落とし取ることである。同じ量の水を沸かすには、より多
くのエネルギー消費する。また、ガスは電気より安いので、必要な量だけ沸騰させて
コンロをオフにする限り、電気ポットよりもガスコンロで水を沸かす方がわずかに安
価となる。どの電化製品が最もコストがかかり、最もコストが安いのか?比較サイト
Energyhelplineは、1日10回使用されたケトル(3,000 Wの場合)の場合1年間で89
ポンド、1日5回使用された場合35ポンドとなる(1ポンド143円?)。一方、
1時間使用される食器洗い機の価格は73ポンドまたは104ポンド(1,050W/1,50
0Wの場合)。その他の数値には、週に1時間使用される鉄の場合、10ポンドまたは
18ポンド(1,000 W / 1,800 W)。週5時間(500W / 1,200W)の掃除機で55または
12ポンド。トースターの場合は9ポンドまたは17ポンド(800W / 1,500W)。ヘ
アドライヤー(1,000W)の場合は14ポンド。

 

コメント

ラストワンマイル13

2019年02月09日 | デジタル革命渦論



                                 
楊  朱  ようしゅう
ことば---------------------------------------------------------------------
 「すでに死すれば、あにわれに在らんや。これを焚くもまた可なり、これを沈むるも
また可なり、
これを疸むるもまた可なり、これを露わすもまた可なり」
「万物の異なるところのものは生なり。同じきところのものは死なり」
「人婚宦せざれば、情欲半ばを失い、人衣食せざれば、君臣の道やまん」
「人人一毫を損せず、人人天下を利せざれば、天下洽まらん」
-------------------------------------------------------------------------
四つの魔物
楊朱がいった───
万物が異なるのは生きている問のこと、死ねばみんな同じだ。生きている問こそ賢愚
人々があくせくするのは四つの事のためだ。第一に長寿、第二に名声、第三に出世、
第四に財貨。この四つにとらわれている者は鬼神をおそれ、人をおそれ、権威をおそ
れ、刑罰をおそれる。これを自然にそむく者とよぼう。この場合、その人を生かした
り殺したり、運命を支配したりするのは自分以外のものである。
天命にさからわない人は、長寿が羨ましくない。身分にこだわらない人は、名声が羨
ましくない。羽振りをきかせようとしない人は、出世が羨ましくない。金持になろう
としない人は財貨が羨ましくない。こうした無欲の人を自然のままの者とよぼう。自
然のままの者には敵がいない。理会を制するのけ口分自身である。だから行からいう
ではないか。
「人間、結婚したり仕官したりしなければ、欲望の半分はなくなる。着たり食ったり
しなければ、君主と人民の関係もななる」
 

  

 Feb. 7, 2019
【小さな遺伝子の円滑転写する仕組みを科学する】
2月8日、理化学研究所らの研究グループは、真核細胞の遺伝子発現を担う「RNA
リメラーゼII(RNAPII)」が、ヒストンに巻きついたDNA(ヌクレオソームDNA)を
スムーズにほどきながら塩基配列を読み取り、RNAに転写する仕組みを解明したこと
を公表。この研究成果は、DNAを核内にコンパクトに収納しつつ、DNAをスムーズに
転写することが真核細胞でどのように両立しているのかという生物学上の大きな謎に
応えるものであり、今後、転写伸長の制御やその破綻による疾患メカニズムについて
の研究が発展するものと期待される。

生命の設計図の遺伝情報は、細胞の核内にあるDNA(デオキシリボース)に塩基の配
列として保存されている。生物は遺伝子、このDNA(デオキシリボース)上で遺伝情
報が記された領域を、適切なときに適切な器官や組織、細胞で働かせ、個体を形成し
生命機能を維持している。
遺伝子を働かせるためには、遺伝子のDNA(デオキシリボース)配列がまずRNA
ボ核酸
)にコピー(転写)される必要があり、DNA→RNAへの転写をつかさどるRNA
(リボ核酸)ポリメラーゼは、全ての生物にとって必須の酵素。ヒトを含め真核生物
には3種類のRNAポリメラーゼが存在し、そのうち「RNAポリメラーゼII(RNAPII
」がタンパク質をコードするメッセンジャーRNA(mRNA)の転写を担当。RNAPII
よる転写は、1秒間に数十塩基のRNAを正確に合成する極めてダイナミックな反応で
ある。

真核生物のDNAは、核内では「クロマチン」と呼ばれる高次構造をとって収納されて
いる。クロマチンはDNAとタンパク質の複合体であり、その基本単位は、ヒストンタ
ンパク質の周りにDNAが約1.7回(145~147塩基対)巻きついた「ヌクレオソーム
である。クロマチンの高次構造の変化は、転写制御に関わり、ヌクレオソーム構造そ
のものは転写の進行に対する大きな障壁となっている。事実、研究グループが試験管
内で再構成したヌクレオソームとRNAPIIを反応させると、DNAを転写する途中でRNA
PII
がヌクレオソーム上の複数の位置で停止する様子が観察された。

一方、実際の細胞核内にはRNAPIIの転写伸長を補助するさまざまなタンパク質(転写
伸長因子)が存在し、ヌクレオソームDNAのスムーズな転写を実現していると考えられ
ているが、転写伸長因子がどのようにヌクレオソーム障壁を解除し、ヌクレオソーム
DNAの転写を可能にしているかは、よく分からずにいた。そこで、研究グループは
先行
研究において、RNAPIIDNA、RNA、および3種類の転写伸長因子を組み合わせた「
転写伸長複合体」を試験管内で再構成し、その構造を解明する。さらに18年には、
RNAPIIがヌクレオソームDNAを転写する仕組みを世界に先駆けて発表した。今回は
それらを組み合わせ、再構成したヌクレオソームにRNAPIIと転写伸長因子を反応させ
細胞核内での転写伸長反応を正確に再現することを試みる。

☑手法と成果

研究グループはまず、再構成系におけるRNAの合成効率を解析した結果、転写伸長因
子であるSpt4Spt5の複合体(Spt4/5)とElf1が共存したときに、ヌクレオソーム上で
RNAPIIの停止頻度が低下し、ヌクレオソームDNAを最後まで転写したRNAの量が劇的
に増大することを突き止めた(上図1)。
次に、ヌクレオソームDNAの転写における
Spt4/5Elf1の役割をさらに詳しく調べるため、転写伸長因子を結合したRNAPIIDNA
を転写する際の構造を「クライオ電子顕微鏡」で観察しました。その結果、SHL(–5)
SHL(–1)の2カ所において一時停止した状態の複合体の構造を捉えることができた。
このとき、Spt4/5Elf1は一直線に並んだ状態で、RNAPIIとヌクレオソームの間に割
り込むように位置していた(下図2)。


図2 転写伸長中のRNAPII、転写伸長因子、ヌクレオソームの立体配置
【解説】クライオ電子顕微鏡により観察された立体構造。上段はDNAがSHL(-5)まで(
約20塩基対)、下段はSHL(-1)まで(約60塩基対)ほどけた状態。左図はRNAPIIの位
置を基準にそれぞれの立体配置を示しており、右図はその90°回転図で転写伸長因子
の側から見た場合。転写の伸長に伴い、RNAPII
に対するヌクレオソームの角度が変化
している。また
Spt4/5とElf1は一直線に並んだ状態で、RNAPIIとヌクレオソームの間
に割り込むように位置しているのが分かる。この構造により、スムーズな転写が可能
になる。

詳細な構造解析の結果、Spt4/5Elf1の存在により、①RNAPIIとヌクレオソームが直
接接触し、安定な停止状態に陥るのを防ぐ、②DNAとヒストンの間の結合を弱め、D
NA
をヒストンから引き剥がしやすくするとともに再結合を抑制する、③ヌクレオソー
ムがRNAPIIに対して角度を変える動きを促進し、RNAPIIが転写の停止箇所を乗り越
えて前進するのを助けるなど、ヌクレオソーム障壁を低下させ、RNAPIIの進行を促
進する仕組みが明らかにした。

これにより、RNAPII転写伸長複合体やヌクレオソームのようなDNAとタンパク質から
なる巨大複合体は、細胞内の自然な環境を反映した構造解析の難度が非常に高く、こ
れまで取り残されていた創薬対象の一つです。この研究で得られた知見から、今後、
写制御やクロマチン構造の破綻による疾患や老化のメカニズムについての研究が発
するものと期待できる。

【クライオ電子顕微鏡法とは何か】
クライオ電子顕微鏡法は、生体内の構造を染色することなく生のまま凍らせて観察す
る方法。従って、「クライオ電子顕微鏡」という顕微鏡があるわけではなく、高性能
な透過型電子顕微鏡(TEM;Transmission electron microscopy)に、低温(-160~-270℃)
のまま観察出来る装備(クライオホルダーや、試料汚染防止装置)を備えたもの。

日本電子株式会社の電界放出形クライオ電子顕微鏡 CRYO ARM™ 200は冷陰極電界
放出形電子銃とインカラム形エネルギーフィルター(オメガフィルター)、サイドエン
トリー液体窒素冷却ステージ、最大12個の試料を保管できる自動試料交換機構を装
備したクライオ電子顕微鏡。 新設計のオメガフィルターとホールフリー位相板を組
み合わせて使用することにより、生物系試料のさらなるコントラストの向上を実現す
る。

【構造から機能を理解する】

人間の体内には約10万種類のタンパク質がある。体の組織をつくるもの、酵素として
代謝を担うもの、細胞膜上で栄養素などをやりとりするもの、抗体として外敵を攻撃
するものなど、それぞれに役割があり、それはまさに生命活動そのものといえる。タ
ンパク質はいわば生体内で働く"ナノマシン"。そんな小さな"機械"がどんな役割を持
って、どうやって動いているのか、興味は尽きない。

タンパク質はアミノ酸が数百から数千個連なった高分子だ。一部特殊なものを除き、
その材料となるアミノ酸は20種類しかない。それらがどう組み合わさるかで10万
もの種類が出現する。一連なりになっているという点では同じだが、鎖と決定的に違
うのは、タンパク質はそれぞれ固有の立体構造を持つ。長いアミノ酸の鎖が複雑に折
りたたまれるようにしてできており、同じタンパク質であれば、どれをとってもまっ
たく同じところで曲がり、その角度も同じになる。ただし、その折れ方がときに変わ
ることがある。興味深いのは、同じ分子構造でも立体構造が違うだけでまったく違う
性質を持つようになる。例えば、2000年代の初頭に大きな問題となり、飲食業界をパ
ニックに陥れたBSEの原因はウイルスでも薬剤でもなく、プリオンというタンパク質。
このプリオン、人間や牛の脳に存在していが、BSEの原因となった異常プリオンは、
立体構造が一部違うだけ。タンパク質の働きを知るには、分析装置でその分子構造を
知るだけでなく、何とかしてその立体的に観察しなければならない理由がここにある。
 

ところで、分子モータと呼ばれる一群のタンパク質は、あたかもモーターのように回
転運動をしたり直線運動する。ヒトの筋肉の場合、アクチンやミオシンといったタン
パク質が組み合わさって筋原繊維を形成し、これが直線運動することで筋収縮を起こ
す。よりモータらしいのは、バクテリアが持つ細長いしっぽのような形状をしたべん
毛を動かしている分子モータ。大腸菌やサルモネラ菌は数本のべん毛を持ち、移動す
るときはそれらを一筋に束ねて、スクリューのように回転させて推進力を得ている。
しかし、それらの構造は長らく不明のままだった。べん毛モータは"モーター"の名の
通り、リングや軸受け、回転子など30種類のタンパク湿の部品からなり、一般の電
気モータと非常似通った構造を持っている。筋繊維はアクチン繊維とミオシン繊維の
超精密で膨大な繰り返し構造でできている。モータは、人間が生み出した最大の発明
のひとつ。

モータとして運動するからには、どこからかエネルギー調達しなければならない。べ
ん毛モータは細胞膜を貫通する固定子のチャネルを通した水素イオンの流れ、筋繊維
はアクトミオシンのATP加水分解であるとわかっていたが、それだけではエネルギー
効率の高さが説明ができない。熱ゆらぎによるブラウン運動のエネルギーが使われて
いるのではとの考えもあるがその仕組みは不明。熱のもとは原子や分子の揺らぎのエ
ネルギーで、物体を原子レベルまで拡大して見れば、でたらめな向きやスピードで動
き回る原子や分子。熱による分子や原子のランダムな動きでは、分子モーターとても
一方向の推進力を作り出せないはずだが実際には一方向に動く。つまり、でたらめな
運動が整流されるしくみがあるように考えられる。筋繊維のアクトミオシンには一方
向にのみはずれやすく、他方向にははずれにくくなるラチェットのような構造がある
ことを発見された。タンパク質分子が立体構造を変化させながら、この巧みな動力シ
ステムを作り上げていた。

【関連特許】特開2018-129163 
試料移動装置及び電子顕微鏡 日本電子株式会社 

 


 Feb.7, 2019

【飲むだけで自動インスリン投与 新型カプセル;S.O.M.A.】
2月7日、マサチューセッツ工科大学(MIT)らの研究グループは、糖尿病の治療に用
いられるインスリンはその性質上、普通の錠剤のように口から飲んでも十分な効果が
得られず、注射器で直接体内に投与していたが、飲むだけで投与できる新型カプセル
S.O.M.A.」を開発したことを公表した。開発されたのは「Self-Orienting Millimeter-
Scale Actuator
(自己志向ミリメートル単位作動装置、S.O.M.A.)」と呼ばれるカプセル。
S.O.M.A.1粒は非常に小さく、直径19.05mmの1セント硬貨と並べるとそのサイズがよ
くわかる。もちろん投与後のカプセルはそのまま腸から排出する。上部がとがってい
て底部が平らな形状は、ヒョウモンガメを参考にする。この形状にすることで、胃が
動いてS.O.M.A.が転がってしまっても重力によって必ず上下が正しい向きとなり、S.
O.M.A.
に内蔵された針が下を向く。凍結乾燥したインスリンで作られた針が、生分解
性のバネと共にカプセル内に収納され。針は糖で作られたストッパーによって固定さ
れ、胃の中の水分によってストッパーが溶解すると針が飛び出し、胃壁にインスリン
を注入するという仕組み。胃壁そのものには痛覚受容体が存在しないため、針で刺さ
れても痛くないという。また、S.O.M.A.は飲み込んでから1秒で胃に到着し、1分で
注射針が飛び出し。1時間ですべてのインスリンが血流に完全放出されるように設計
されている。

さらに、既にブタを対象に S.O.M.A.の投与実験が行われていて、300マイクログラム
のインスリン投与に成功しているそうです。インスリンの投与用量は5ミリグラムま
で増やすことができ、これは2型糖尿病の患者に投与される量にも匹敵するため、十
分実用が期待できるとのこと。また、血中インスリン濃度と血中グルコース濃度の変
化を見ると、S.O.M.A.で投与した場合も皮下注射で投与した場合と同程度にインスリ
ンの効果が確認している。同研究チームは、S.O.M.A.を利用することでインスリン以
外にもワクチンやDNA製剤、酵素、ホルモン剤、免疫抗体などさまざまな医薬品を簡
単に経口投与できるとのこと。

【エネルギー通貨制時代 53】 
Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era” 
 Mar. 3, 2017  
 


【蓄電池事業篇:スパコンがリチウムイオン電池開発に貢献】

スーパーコンピューティングは二次元材料の研究に役立つ

昨年、11月28日、Helmholtz-Zentrum Dresden-Rossendorfの研究グループ(Arkady
Krasheninnikov
博士)は、2枚のグラフェンシート間に置いたリチウム原子の挙動/

ラフェンシート(1原子の厚みの)で2次元材料を。透過型電子顕微鏡(TEM)でリ
チウム原子挙動観察に成功したことを公表。。
ガウスセンタ(GCS)のスーパーコン
ピューティングで、同研究グループは、2層グ
ラフェン間ののリチウム原子の挙動を
リアルタイム観察することに成功。
高温超伝導体であり、液体を完全に吸収し曲げる
ことができるエネルギー貯蔵デバイスであることを観測した。これにより、固体の原
子の相互作用の状態変化を観測できことを確認した。☈

 Nov.26, 2018


図2.その場TEM測定a~c、リチウム化中に二層グラフェンの内部に形成されるLi結
晶の伝播前面(白い破線)を示す TEM 画像。上に示すように、画像は同じサンプル
領域で連続した時間に取得される。非晶質炭化水素吸着質は、二層の上または下に位
置し、幅数ナノメートルの小塊として見える。 aの挿入図はそのフーリエ変換である。
パネル d~g は、パネルbに関する詳細な情報を提供します。 d、bのフーリエ変換。
赤、緑、青でマークされた3組のスポットは、3つの異なるLi結晶粒から生じるため、
互いに回転する。十字形の縞はフーリエ変換からのエッジアーティファクトである。
e、d   からのカラーコーディングを使用したb内のLi粒子の空間分布。 fのフォンハン
フーリエ変換b。フーリエ変換は点対称であるため、左側のマークは情報を隠しない。
二層グラフェン(Li)からのシグナルはシアン(緑色)でハイライトされている。モ
アレアーチファクトの起源は太字のマゼンタで強調。Li信号の異方性の不鮮明化は
鋭い伝播面によるものである。


☈ 多くの炭素同素体は、可逆的リチウム取り込み1,2のホスト材料として作用する
ことができ、これによって既存および将来の電気化学エネルギー貯蔵の基礎を築くこ
とができるが、リチウムがこれらのホスト内でどのように配置されているかについて
の洞察は、稼働中のシステムから取得するのは困難である。例えば、軽元素(特にリ
チウム)6,7を探査するためのその場透過型電子顕微鏡 4、5の使用は、衝突電子に対
するそれらの低い散乱断面積および
ノックオン損傷に対する感受性8によって厳しく
妨げられている。ここではントラストと解像度を要求されるレベルまで向上させるの
に、球面収差補正と色収差補正9 の両方を使用してin situ 低電圧透過型電子顕微鏡に
より、二層グラフェンへのリチウムの可逆的インターカレーション(Intercalation)を
確認。また、顕微鏡法は、電子エネルギー損失分光法および密度汎関数理論計算
より説明される。長くて狭い二層の一端を覆う電気化学セルからのそれらの遠隔挿入
に関して、リチウム原子が2つのカーボンシートの間の多層最密秩序をとっているこ
と確認した。この超相に関連するリチウム貯蔵容量は、LiC6の形成から予想よりもは
るかに超えていた。これは、通常の条件下でバルクグラファイトカーボン10内のリチ
ウムインターカレーションで知られている最も密な構造である。したがって、この発
見は、それらのバルク親化合物と比較して、二次元層状材料中のイオンの明確な貯
配置の存在の可能性を示
すものである。


図3. DFT計算から得られたAB積層グラフェンシート間のLi結晶の原子論的モデル a、b、
「従来の」C6LiC6


図4 2枚のグラフェンシート間のLi結晶成長 a、b、リチウム化(a)および(b)
の脱リチウム化中の原画像のデジタル暗視野バージョンの時系列。
時間は パネルの
上部に表示される。
面内配向の異なる結晶粒は、赤、緑、青に着色されている。増加
した量の非晶質固定化残基(灰色の領域)。

この場合、Krasheninnikovらは、材料中の粒子の位置は安定していないことを発見。こ
材料が量子力学の法則に反する。シミュレーションデータを使用し異なる原子構造を
提案、2
つのグラフェンシートの間にリチウム原子が配置されたときにリチウム原子
がどのように振る舞うかをリアルタイムで観察することができ、シミュレーションの
助けを借りて、原子がどのように配置されるかについて洞察を得ました。そのような
配置では、リチウムは単一原子層として構造化されると以前は想定されていたが、シ
ミュレーションはリチウムが少なくとも2層グラフェンで2層または3層を形成でき
ることを示し。 バッテリー効率を向上させた。

  今夜の一曲
Chet Baker  Almost blue  

コメント

ラストワンマイルⅫ

2019年02月07日 | デジタル革命渦論



                                 
楊  朱  ようしゅう
ことば---------------------------------------------------------------------
「すでに死すれば、あにわれに在らんや。これを焚くもまた可なり、これを沈むるも
また可なり、
これを疸むるもまた可なり、これを露わすもまた可なり」
「万物の異なるところのものは生なり。同じきところのものは死なり」
「人婚宦せざれば、情欲半ばを失い、人衣食せざれば、君臣の道やまん」
「人人一毫を損せず、人人天下を利せざれば、天下洽まらん」
-------------------------------------------------------------------------
死ねばみな白骨
楊朱がいった───
万物が異なるのは生きている問のこと、死ねばみんな同じだ。生きている問こそ賢愚
貴賤の別がある。だが死ねばみな誓って土にかえるだけだ。
しかし、賢愚貴賤は人の力ではどうにもならないし、誓って土にかえるのも人の力で
はどうにもならない。生まれようとして生まれてきたのではないし、死のうとして死
ぬのでもない。りこうになろうとしてりこうになったのではなく、ぱかになろうとし
てばかになったのでもない。出世しようとして出世するのではなく、おちぶれようと
しておちぶれるものでもない。

つまり、生死はもちろん、賢愚貴賤も自然のなりゆきで、あれこれ区別することはな
い。十年も一生、百年も一生、仁者でも聖者でも死に、悪人でも愚者でも死ぬ。生前、
堯・舜のような聖人も、死ねば白骨。生前、傑・紆のような極悪人も、死ねば白骨。
白骨に何のちがいもありはしない。とりあえずこの世の生を楽しもう。死後のことな
ど考えるにはおよばない。

傑、糾〉渠は夏の最後の王、紆は殷の最後の王。ともに暴君の典型とされる。

 Feb. 06, 2019

【エネルギー通貨制時代 52】 
Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era” 
 Mar. 3, 2017  
 

【ソーラータイル事業篇:人工光植物葉による排出炭素削減事業】

気候変動の最善の方法の1つは、木や植物に投資すること。枝や葉は二酸化炭素を閉
じ込めるのを助け、大気中の全体的な汚染を効果的に減らせる。唯一のハードルは、
木が耕作のために多くの土地と資源を使うこと。それが、炭素排出との戦いの代替に
目を向ける理由だ。ドイツの研究グループ(下グラフ参照)は、人工植物葉が炭素汚
染をどのように減らせるるかについて新しい研究を発表。グループは二酸化炭素を吸
収し、それをアルコールのような炭素が豊富な製品に変え、その後、空気中に酸素を
放出し、後でに過剰な炭素副産物を回収する。このシステムは、実際は植物や樹木よ
り効果的である。この新技術はその天然の技術よりも約1,000倍優れていると考える。
現在大気中に放出している炭素量を吸収するのに十分な植物や樹木の空間が地球上に
なく価値がある。
人工的な樹木が炭素排出抑制できるかもしれない。このように人工
林の小さな森を始めるには、約4億ドルのコストがかかる。人工木のコスト削減可能
なら炭素排出捕獲回収には最善策となろうが、空気中から炭素を直接除去するカーボ
ンキャプチャと競合し、気候変動問題に対する最適解であるかどうか分からない。

 Jan. 4, 2019

 Jan. 12,2016

さらに、酸素はそれから植物と同じように空気中に放出されます。ベルリンのHZB
ーラー燃料研究所のグループの一人は、人工光合成は自然光合成よりも効率的。この
システムは太陽光電池による水電解による水素と酸素を製造し、水素を燃料電池や内
燃機関の燃料として、あるいはアルコールやナフサ合成原料として合成システムであ
る(これはわたしの構想「オールソーラーシステム」に含まれるている)。人工無機
材料を使用し、変換効率が大幅に向上、高効率で設備面積と水の使用量が大幅に削減
され、この人工葉(太陽電池+水電解装置お、燃料電池、よび太陽光水素合成装置)
は砂漠に設置きる。
今までのところ、人工光合成は太陽燃料を利用、液体燃料製造に
太陽光と二酸化炭素を使用する。
問題は太陽燃料を燃焼と、その中に蓄えられた炭素
が大気に戻される。関係者の話だと
、2050年までに年間10ギガトンもの二酸化
炭素削減が必要だが、2018年の全炭素量の約4分の1に相当する。

必要な水と土地の量を考慮すると自然光合成では目標達成は困難で、人工光合成は実
行可能な代替案の1つだとみられている。人工葉で覆われるハワイ程度面積は、最も
炭素を多く消費する植物で覆われているヨーロッパの大きさの面積と匹敵する。そこ
技術的課題となるのは、安価で高効率な触媒と耐久性のある太陽電池の開発である。
しかし、これは核融合エネルギー開発に似た、長期的世界規模の研究努力を前提とし
ており、
人工光合成は多くの可能性のうちの1つにすぎない。と、懐疑的な言い回し
で関係者は結んでいる。

 Jan 31, 2019

 変換効率30%超時代へ

●超薄型高品位ペロブスカイト/CIGSeタンデムセル

1月31日、HZB(ベルリン・ヘルムホルツ資源エネルギーセンタの研究チームは、
ペロブスカイトとCIGSeで作られた薄膜タンデム型太陽電池の製造開発したことを公
表。それによると、広い表面積に適した単純で堅牢なタンデム型太陽電池の変換効率
が21.6%を達成、さらに改善を重ねることで30%超セルを実現できる。ここで
タンデム型太陽電池よは、バンドギャップの異なる2つの半導体で構成され、太陽ス
ペクトルを効率よく使用できる。シリコンまたは銅インジウムガリウムセレニド(CI
GSe
)などの従来の吸収体層が新しいメタルハライド半導体ペロブスカイトと組み合
わされることで実現され、ペロブスカイトが太陽光の青色の高エネルギー部分を効率
的に電気エネルギー変換するのに対し、シリコンまたはCIGSeは赤色および近赤外部
分を効果的に変換する。また、
このタンデムセルは、ラフで未処理のCIGSボトムセル
として製造され、製造が簡単で大量生産向き。
タンデム型太陽電池は、0.8平方セン
チメートルの面積で、一般的な研究室レベルの平方ミリメートルより大きい。
電子顕
微鏡やその他の測定法で、タンデムセルの合成層構造解析し、個々のサブル性能への
寄与も可能で、モノリシックペロブスカイト/ CIGSeタンデムセルをさらに改善し、
30%以上の効率達成できる見通しである。

● 関連国内特許事例(3件)
特開2019-004150 有機ソーラーモジュール、及び/または製造方法
               シーエーエム ホールディング コーポレーション
光発電力技術で生成されるような再生可能エネルギーの需要は、将来大きく増大する
と予想される。従来のシリコンベースの太陽電池(photovoltaics (PV))は、良好な電気
出力特性を提供するが、大規模で実用的に実施するには高価すぎる。有機薄膜太陽電池
(organic photovoltaics (OPVs)のような技術は、溶液からのロールツーロール製造によ
って達成可能な、そのようなデバイスの大規模製造のために有望であるが、従来のプ
ロセスは、広い領域にわたって許容できる欠陥およびナノメートルレンジの厚さを有
する多層構造をコーティングすることの複雑さ、及びそのような層をパターン化する
ことの不能性によって制限される。これらの問題は、デバイスに欠陥が形成される機
会をもたらすデバイスの各層によって悪化し、デバイスを動作不能にする。このよう
な問題は生成収率に大きな影響を及ぼし、OPVデバイスの処理ウィンドウ、とりわ
け大面積モジュールの製造をこのため狭める。このため
下図1のごとく、4基板25
の上に底部EELハイブリッドカソード電極20を形成した後に、底部EELハイブ
リッドカソード電極20の上にAL35が形成され、AL35の上に頂部HELハイ
ブリッドアノード電極15が形成される。底部EELハイブリッドカソード電極20
は、導電性ナノワイヤーと無機半導体材料の電子輸送材料との組み合わせを含み、頂
部HELハイブリッドアノード電極15は、導電性ナノワイヤーと複合ポリマーのホ
ール輸送材料との組み合わせを含む、大面積の有機ソーラーモジュールを製造できる
製造方法を提供する。

 【特許請求の範囲】

  1. 基板と、前記基板に支持された光起電力回路と、を備える有機光起電デバイスであって、
    前記光起電力回路が3
    つの層を備え、前記3つの層が、電気伝導性ナノワイヤーと、
    正電荷を運ぶホール輸送及び/または電子ブロック材料と、の混合物から形成される
    第1のハイブリッド電極と、
    電気伝導性ナノワイヤーと、負電荷を運ぶ電子輸送及び
    /またはホールブロック材料と、の混合物から形成される第2のハイブリッド電極と、

    前記第1の電極と前記第2の電極との間に配置された光活性層と、を備える、
    有機光
    起電デバイス
  2. 前記第1のハイブリッド電極が実質的に透明であって、前記ホール輸送及び/または
    電子ブロック材料が、PEDOTを含む複合ポリマーを備える、請求項1に記載の有
    機光起電デバイス。
  3. 前記第2のハイブリッド電極が実質的に透明であって、前記電子輸送及び/またはホ
    ールブロック材料が、無機半導体材料を含む、請求項1に記載の有機光起電デバイス。
  4. 前記有機光活性材料が、P3HT:PCBMの混合物である、請求項1に記載の有機
    光起電デバイス。
  5. 前記ホール輸送及び/または電子ブロック材料が無機金属酸化物を含む、請求項1に
    記載の有機光起電デバイス。
  6. 前記無機金属酸化物が、Ni、W、及びMoから選択される1つまたは複数の金属の
    酸化物を含む、請求項5に記載の有機光起電デバイス。
  7. 前記電子輸送及び/またはホールブロック材料が金属酸化物を含む、前求項1に記載の
    有機光起電デバイス。
  8. 前記金属酸化物が、Zn、Sn、及びTiから選択される1つまたは複数の金属の酸
    化物を含む、請求項7に記載の有機光起電デバイス。
  9. 前記金属酸化物にはAlまたはSbがドープされている、請求項7に記載の有機光起
    電デバイス。
  10. 前記有機ポリマーが非共役のエトキシ化ポリエチレンイミンである、請求項10に記
    載の有機光起電デバイス。
  11. 前記有機ポリマーが非共役のエトキシ化ポリエチレンイミンである、請求項10に記
    載の有機光起電デバイス。
  12. 実質的に透明な基板と、前記基板に支持された光起電力回路と、を備える有機光起電
    デバイスであって、  前記光起電力回路が回路層の平面集積体を備え、前記回路層の
    平面集積体は、銀ナノワイヤーと、正電荷を運ぶ複合ポリマーと、の混合物から形成
    される第1のハイブリッド電極と、銀ナノワイヤーと、無機半導体材料と、の混合物
    から形成され、負電荷を運ぶ第2のハイブリッド電極と、前記第1の電極と前記第2
    の電極との間に配置され、無機光活性材料を含む混合物から形成される光活性層と、
    を主に備える、有機光起電デバイス。
  13. 基板に積み重ねられた配列の中にハイブリッドカソード層を形成し、前記ハイブリッ
    ドカソード層は導電性ナノワイヤーと電子輸送材料との組み合わせを含み、前記電子
    輸送材料が、電子を伝導してホールの流れを妨げる選択性を示しており、前記ハイブ
    リッドカソード層を形成した後に、前記基板と前記ハイブリッドカソード層を含む構
    造の上に光活性層を形成し、前記光活性層を形成した後に、前記光活性層によって前
    記ハイブリッドカソード層から分離されたハイブリッドアノード層を形成し、前記ハ
    イブリッド電極層は導電性ナノワイヤーとホール輸送材料の組み合わせを含み、前記
    ホール輸送材料が、ホールを伝導して電子の流れを妨げる選択性を示している、有機
    光起電デバイスを形成する方法。
  14. 前記ハイブリッドカソード層を形成するときに、銀ナノワイヤーと金属酸化物の混合
    物を含む組み合わせで前記基板の表面をコーティングする、請求項13に記載の方法。
  15. 前記金属酸化物がAlまたはSbでドープされている、請求項14に記載の方法。
  16. 前記光活性層を形成するときに、有機光活性材料を含む混合物で前記ハイブリッドカ
    ソード層の表面をコーティングする、請求項13に記載の方法。
  17. 前記光活性材料が、P3HT:PCBMを含む混合物を備える、請求項16に記載の
    方法。
  18. 前記光活性材料が、無機ペロブスカイト材料、または有機材料と無機材料の両方の組
    み合わせを含むペロブスカイト材料を含む混合物を備える、請求項16に記載の方法。
  19. 前記ハイブリッドアノード層を形成するときに、銀ナノワイヤーを含む混合物で前記
    光活性材料の表面をコーティングする、請求項13に記載の方法。
  20. 前記混合物が、PEDOT:PSSを含む共役ポリマー混合物と組み合わせた前記銀
    ナノワイヤーを含む、請求項19に記載の方法。

 ❐ 2019-009241 太陽電池およびその製造方法 産業技術総合研究所
化合物系太陽電池では、光電変換層として、高い変換効率を有するカルコパイライト構造を
有するCu(In,Ga)Se2化合物(いわゆる、「CIGS系化合物」)半導体が広く用
いられている。この太陽電池は、通常、基板上に裏面電極層、CIGS系化合物光電変換層、
バッファ層および透明導電層が積層された構造を有している。CIGS系化合物光電変換層
を成膜後、その表面にカリウム等のアルカリ金属を蒸着により浸透させること(いわゆる“
Postdeposition Treatment”(PDT))によってCIGS系化合物光電変換層とバッファ層の
界面のホールと電子との再結合中心を低減し、変換効率を向上できることが知られている(
下図2のごとく、太陽電池の製造方法は化合物半導体、例えばカルコパイライト構造のCu
およびSeと、III族元素としてInおよび/またはGaを含むCIGS化合物の光電変換
層を形成するステップ(S100)と、光電変換層の表面にK、RbおよびCsからなる群
のうち少なくとも一つの元素を供給して表面処理を行うステップ(S110)と、表面処理
された光電変換層の上にバッファ層を形成するステップ(S120)と、バッファ層を形成
するステップの後に、少なくとも光電変換層およびバッファ層の積層体の表面に1時間以上
1000時間以下の範囲で光を照射しながら加熱するステップ(S140)と、を含む。太
陽電池の構成についても開示する。一方、CIGS系化合物光電変換層を有する太陽電池は、
暗所に長期保存すると高い変換効率を維持できず、劣化することが知られているが、変換効
率が高く、その長期安定性を有する製造方法、すなわち
下図2のごとく、太陽電池の製造方
法は化合物半導体、例えばカルコパイライト構造のCuおよびSeと、III族元素としてIn
および/またはGaを含むCIGS化合物の光電変換層を形成するステップ(S100)と
、光電変換層の表面にK、RbおよびCsからなる群のうち少なくとも一つの元素を供給し
て表面処理を行うステップ(S110)と、表面処理された光電変換層の上にバッファ層を
形成するステップ(S120)と、バッファ層を形成するステップの後に、少なくとも光電
変換層およびバッファ層の積層体の表面に1時間以上1000時間以下の範囲で光を照射し
ながら加熱するステップ(S140)と、を含む。太陽電池の構成についても開示する。

 ❐ 特開2019-009402 太陽電池およびその製造方法 物質・材料研究機構
太陽電池の光電変換効率を高める方法の1つが、光閉じ込め効果の利用である。
閉じ込め効果とは、入射光の反射防止により光電変換部である半導体層中に出来るだ
け多くの光が入射するようにしたときの効果、ならびに、光電変換部である半導体層
中を光が通る距離、すなわち光路長を長くすることで半導体層中に光をなるべく閉じ
込めるようにしたときの効果である。この効果を利用すると、多くの光子が半導体に
吸収されて多くの電気エネルギーが得られる。

光閉じ込め効果は、赤外領域などの半導体層中での光吸収が少ない波長帯域の光を効
率的に電気に変換する上で半導体層が薄い場合に特に有効である。半導体層の表面を
テクスチャー状にすると、反射が低減し、半導体層の表面で光が散乱する。その結果
半導体層中を通る光の光路長が伸びて光閉じ込め効果による光電変換効率が向上する。
この方法による光閉じ込め効果の利用は、特に、半導体層が薄膜の場合に有効な方法
である。なお、半導体層の表面をテクスチャー状にした太陽電池は開示事例がある。
表面の反射防止のためには、屈折率を調整した反射防止膜の形成も効果的である。ナ
ノサイズのテクスチャーによる中間屈折率層の形成も反射防止に有効である。半導体
層の表面をテクスチャー状にし、その大きさ、すなわち半導体層表面の凹凸を大きく
すると、光の散乱効果も大きくなって光閉じ込め効果も大きくなる。一方で、半導体
層表面の凹凸が大きくなると、半導体層が薄い場合、凹部が起点となった割れ等の破
損が起こりやすくなる。

結晶シリコンを用いた太陽電池が最も一般に普及しており、その中でも、シリコンヘ
テロ接合太陽電池は、エネルギー変換効率の最も高い結晶シリコン太陽電池として知
られている。シリコンヘテロ接合太陽電池では、結晶シリコン基板の表面に真性非晶
質/微結晶シリコン系薄膜が形成されて結晶表面における欠陥はパシベーションされ
その薄膜の上に形成されたドープした導電性非晶質/微結晶シリコン系薄膜層により
拡散電位が形成される。シリコンヘテロ接合太陽電池において光閉じ込めを行うため
に、一般には、結晶シリコン基板の両面にミクロンサイズのピラミッド型表面凸凹テ
クスチャー(幅および高さが10μm程度)を形成する。そこでは、太陽光が入射し
てくる面とは反対面側の裏面側の反射層(裏面反射層)として、一般には酸化インジ
ウムスズ(ITO)等の表面が平坦な透光性導電膜と銀(Ag)、銅(Cu)等の金
属の積層膜が使用されている。シリコンヘテロ接合太陽電池のドープ層は非晶質シリ
コン系で伝導度が低いため、シート抵抗を低くするために光入射側には透光性導電膜
が形成されるが、一般には表面が平坦な透光性導電膜が使用される。

結晶系シリコン太陽電池のコストの大きな割合を結晶シリコン基板の費用が占め、シ
リコン基板の厚みを薄くすることには、低コスト化という利点がある。結晶シリコン
基板バルク中のキャリア再結合が低減されることより、開放電圧向上という太陽電池
特性上の利点もある。薄型シリコン基板を用いた太陽電池では、結晶シリコン基板表
面に形成する凸凹テクスチャーのサイズが大きいと基板が割れやすくハンドリングが
困難であるため、凸凹テクスチャーの許容サイズは小さくなり、例えば1~5μmと
いうテクスチャーサイズが好ましい。しかし、その大きさでは光閉じ込め効果が不十
分となり、薄型シリコン基板を用いた太陽電池では、長波長光の光吸収が十分に行わ
れないために、太陽電池のエネルギー変換効率が低下するという問題がある。が、

図1のごとく、半導体層、光を散乱する光散乱層および電極層を含む太陽電池であ

て、光散乱層は半導体層と電極層の間に形成された導電性を有する材料からなり、

散乱層の前記電極層側の主表面は半導体層の光散乱層側の主表面の凹凸より大きな

凸を有するテクスチャー形状とする、半導体層表面に形成されるテクスチャー形状の
凹凸の大きさ制限に伴う光閉じ込め効果不足を解消し、また、テクスチャー形状によ
る太陽電池の破損を防止し、薄型太陽電池のハンドリングを容易にし、省資源・低コ
ストで光電変換効率が高く、機械的強度に優れ、破損が少なくて歩留まりの高い太陽
電池を提供する。

 ❐ 特開2019-009402 バリウムシリサイド太陽電池およびバリウムシリサイド
太陽電池の製造方法 国立大学法人 筑波大学 
 
結晶粒径を大きくすることにより、発電効率は向上する。その一方で、発電効率の向
上には限界があった。特に、バリウムシリサイド層を具備した太陽電池の性能向上に
は限界があった。その原因を追究したところ、バリウムシリサイド層中の組成ばらつ
きが大きいことに原因があった。本発明が解決しようとする課題は、組成ばらつきが
抑制されたバリウムシリサイド層を具備する太陽電池を提供するためのものである。
図1のごとく、発電層としてバリウムシリサイド層を具備するバリウムシリサイド太
陽電池において、前記バリウムシリサイド層の厚さは0.01μm以上2μm以下で
あり、バリウムシリサイド層は組成式BaSi2+x、-0.2≦x≦+0.2の範囲
を満たすことを特徴とする。また、前記バリウムシリサイド層を深さ方向に対し1/
3、1/2、2/3入った箇所の組成式の平均値をとったときxは-0.2以上-0.
005以下または+0.005以上+0.2以下であることが好ましい。

 

 

 

【新しい機能性ポリマーの開発に成功】

2月7日、理化学研究所の研究グループは、希土金属触媒を用いて、極性オレフィ
とエチレンとの「精密共重合」を達成し、乾燥空気中のみならず、水や酸、アル
カリ性水溶液中でも自己修復性能や形状記憶性能を示す新しい「機能性ポリマー」
の創製に成功したと公表。これにより
、さまざまな環境で自己修復可能で、かつ実
用性の高い新しい機能性材料の開発に大きく貢献する。
今回、共同研究チームは、
独自に開発した希土類触媒を用いることにより、エチレンとアニシルプロピレン
との精密共重合に初めて成功し、得られた新しいポリマーが高い伸び率(2200%)
を示すエラストマー物性だけでなく、極めて優れた自己修復性能を持つことを
明らかにしました。外部から一切の刺激やエネルギーを加えなくても、大気中だけ
ではなく、水、酸やアルカリ性水溶液中でも自己修復性能を示します。さらに、こ
の新しいポリマーは、温度制御によって形状記憶材料として機能し、形状固定率お
よび形状回復率は99%と優れた特性を示し、繰り返し変形させた際にも、機能低下
は見られなかった。

  ● 今夜の一枚

2月6日、日本テレビ系水曜ドラマ「家売るオンナの逆襲」(サブタイトル:万智の
過去と留守堂の正体がついに明かされる!)を観る。ストーリーは、芸能一家・柄本
家の次男としても知られる、実力派俳優の柄本時生と、KARAとして活動後、現在、
女優・歌手として活躍する知英が “美女と野獣”客として、ゲスト出演し、美女と
野獣のパローディ・コミック・タッチ。主人湖の三軒言万智(北川景子)過去に一家
惨殺事件が起きた現場である邸宅(事故物件」)に住み、万智によると、時折ドアが
ひとりでに開いたりすることもあるらしいが、それでもその家に続けるのは、本人曰
く「家」み罪がなく、「家賃が5万円で安いから」とのことである。

高校2年生の時に両親を事故で亡くし、父親が抱えていた膨大な借金を返済するため
に家を売るが
、全額返済には至らなかった。さらに、万智の借金返済を手助けしたり、
彼女を引き取ったりする人は誰もいなかったため、ホームレスとして公園で生活。一
週間後に肺炎で倒れて病院に搬送され、退院後に養護施設に引き取られるが、施設で
の生活に嫌気が差して抜け出し、お金を稼ぐために昼夜を問わず働き続け、物語が始
まる一年前に借金の返済を終えた。なお父の借金は相続放棄が可能であったが、万智
は周囲の大人からそ事を教わらなかったというが、熱心な視聴者でないわたしが、今
回で彼女のキャラクタを知るドラスティクな展開で、夫の屋代大(仲村トオル)に初
めて笑顔を見せるというシーンに釘付け。(テレビではみせなかった)がっかりする
とともに、ハラハラドキドキしている自分に大笑いする。傑作だ!

コメント

ラスト・ワン・マイルⅢ

2019年01月23日 | デジタル革命渦論

   

                               
湯  問  とうもん
ことば
--------------------------------------------------------------------------------
「われの死すといえども、子ありて存す。子また孫を生み、孫また子を生み、子また子あり、子ま
た孫あり。子子孫孫窮匱(きゆうき)なきなり。而して山は増すことを加えず。いかんぞ平らがが
らんや」
「力を量らずして、日の影を迫わんと欲す」「すでに去るに、余音梁欐(りょうれい)を
繞り、三日絶えず。左右その人夫らずと以えり」
----------------------------------------------------------------------------------------
弓の名人
むかし、甘蝿(かんよう)という弓の名人がいた。弓に矢をつがえただけで、獣はたおれ鳥は地に
おちた。その弟子に、飛衛(ひえい)という者がいた。甘蝿に学んで腕前は師をしのいだ。細目が
入門を乞うた。飛衛は紀昌にいった。「教えてもらいたいなら、まず目をつぶらない練習をしてみ
るがいい。弓を教えるのは、それからのことだ」紀昌は家に帰ると妻が織るはたの下にあおむけに
ねて、まねき(織機の一部分。足で踏んで動かす)に目を近づけて訓練した。二年だつと、目にキ
リの先をあてられても、まばたきしないまでになった。よろこんで報告すると、飛衛はいった。

「まだまだ。次は見る練習だ。小さい物が大きく見え、ぼんやりした物がはっきり見えるようにな
ったら、また来たまえ」

紀昌は牛の尾の毛の先にしらみをしぼり、南の窓につるして、じっとみつめた。十日もするとだん
だん大きくみえ、三年だつと車輪ほどになった。ましてほかのものは山のように大きくみえた。そ
こで燕の国の鹿角で飾った弓に、楚の国の竹で作った矢(最上の弓と矢)をつがえてしらみを射る
と、ズバリ心臓を射抜いた。しかも牛の毛は切れず、しらみはつりさがったままだ。それを報告す
ると、飛衛はおどりあがってさけんだ。

「よくものにした」

やがて紀昌は、飛衛の術を学びつくした。そして考えた。
 "天下広しといえども、自分の上をいくのは飛衛ただひとり。そうだ、飛衛を殺そう″
ある日二人は野原で出会い、たがいに相手めがけて弓を射た。双方の失はガッとぶつかった。その
まま地におちて砂けむりもたたない。二の矢、三の矢、いずれも同じだった。飛衛の矢が先に尽き
た。紀昌は残った一本を勢いこんで射た。と、飛衛は道ばたのいばらを折り、そのとげの先でハッ
シと受けとめた。二人はともに弓をすて、路上に抱きあって泣いた。腕の血をすすりあって親子の
ちぎりを結び、この秘伝を人に伝えまいと誓いあうのだった。

血をすすりあって〉 親子兄弟のちどりを結ぶための儀式として、同じ血をすすりあう。なお、
『孟子』離婁篇(りろう)には「逢蒙(ほうもう)は羿に弓をならった。羿の術を学びつくすと考
えた。自分以上なのは羿だけだ。それで羿を殺した」とある。




【非FIT非化石市場の設計で問われる公平性】
●新電力の利益を吹き飛ばす高度化法

「高度化法は大変なことになると思った」。大手新電力で電力取引を統括する幹部は、4年前、一
律44%の非化石電源を小売電気事業者に課すことが決まったときのことをこう振り返る。
それが
今、20年に取引が始まるとされる「非FIT
非化石証書」を巡る議論の場で現実のものになろうと
している。「制度設計を誤れば新規参入者は壊滅する」(有識者会合の委員)ことが次第に明らか
になってきたためだ。ここでいう非FIT非化石とは、FIT(固定価格買取制度)を利用していない大
型水力や原子力などの非化石電源のことをいう(「新電力の利益を吹き飛ばす高度化法」、新電力
の利益を吹き飛ばす高度化法、日経 xTECH(クロステック)、2019.01.22)。

それによると、15年7月に決まった長期エネルギー需給見通しで、日本全体の30年のエネルギ
ーミックスを再エネ22~24%、原子力22~20%などと目指すことが決まった。これを受けて、
高度化法が目指す非化石電源比率の目標が「30年に原則44%以上」に改訂された。44%はエ
ネルギーミックスにおける再エネと原子力の比率を足し合わせた数字であり、目標数値に大手電力
と新電力の区別がなくなり、すべての小売電気事業者に一律に課すことになった。併せて「非化石
価値の取引を可能にすることで小売電気事業者の目標達成を後押しする制度を検討する」(経済産
業省)ことが決まった。新たに創設する非化石市場が大手電力と新電力の差を穴埋めする道具と位
置づけられた。

そこに絡繰り――大型水力や原子力などの非FIT非化石電源はそもそも大手電力に偏在し、取引制
度をつくった途端、それまで埋もれていた非化石価値が経済価値として顕在化し大手電力は「棚ぼ
た利益を得ることになる」があり、FITの非化石価値は国民負担に由来し、小売電気事業者の負担
が過度にならないことの両面から、市場価格は上限と下限の枠をはめ、下限が1.3円/kWh、上限が4
円/kWhと定めている。
非FITの価値も同水準と仮定し、新電力の販売電力量シェアに基づいて非化
石比率44%を達成しようとすると、新電力全体の負担は850億~2600億円との推計があり。大手新
電力幹部は、すべての新電力の利益の合計に匹敵するほどの大きな金額。新電力の利益が吹っ飛び
かねないという
尚、高度化法は大手電力10社のほか、年間の販売電力量が5億kWh以上の比較的大手の新電力が
対象(17年度は36社)、この規模の新電力でも自前で所有している非化石電源はごくわずかで
多くを非化石市場から買ってくる必要がある。



●新電力と大手電力の格差をどう解消
18
年12月17日の政府有識者会議の場で、「高度化法の目標を事業者ごとに変える場合の論
点」と題した資料が提出され、そこには事業者ごとに異なる基準を設定する場合の技術的な困難さ
が書き連ねられていた。2018年12月17日に開いた有識者会議の場で、「高度化法の目標を事業者ご
とに変える場合の論点」と題した資料を経産省は提出してきた。そこには事業者ごとに異なる基準
を設定する場合の技術的な困難さが書き連ねられていた。一律目標の見直しを真っ向から否定する
までではないにしても、経産省としては難色を示す。これに対し、新電力代表を含む多くの委員か
ら大手電力と新電力の小売り競争に歪み生じることに対する懸念――❶大部分の非FIT非化石電
源の価値が大手電力に帰属ても、売却益が電気料金の値引き原資補填されるようだと小売り競
争の公平性は失われる、❷国全体の非化石比率の向上を目指す高度化法の趣旨にも反する――が噴
出し、そこで経産省から、①非化石証書の売却益を発電部門内にとどめる「資金管理」と、②売却
益は非化石電源の建設や維持などにしか使えない「資金使途の制限」を組み合わせる案が提出され

そこで、この2つの資金管理と資金使途の制限ルールのもと、大手電力の小売部門や発電部門を含
めてそれぞれに課された目標達成に市場入札競争すれば公正な競争が実現できるのだろうかという
疑問に非化石価値に関する発販分離が厳格に行われたとしても、大手電力の発電部門が新たな収入
を手にするとし、公平性は保てないとし、供給力確保のための容量市場や、大型水力や原子力の電
力を取引するベースロード電源市場と、他の新市場との整合性も問われ、売り手は大手電力、買い
手は新電力という現状をふまえ、電源の価値の二重取りを防ぐルールや監視は不可欠と結ぶ。
 

【エネルギー通貨制時代 44】 
Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era” 
 Mar. 3, 2017 

  What's e-AI solution?



【エネルギー制御技術篇:最新イーエーアイ技術】

1月21日、ルネサス エレクトロニクスは白物家と電などでモータの故障検知が行えるマイコン
ベースのソリューションを発表した。低価格のマイコン上で学習済みのモータ故障検知AIを実行
し、モータの異常を検知し、アラートの発報などが行
える。ルネサスは15年から、IT機器だけ
でなく組み込み機器でも機械学習などのAIを活用する「組み込みAI/e-AI」というコンセプトを
打ち出し、e-AIを実現する製品、技術の拡充を進めてきた。17
年には、e-AIのコンセプトに沿っ
てルネサスは「Caffe」や「TensorFlow」で学習した結果(推論モデル)をマイコンに実装可能なコ
ードに変換するツール「e-AIトランスレータ」などマイコンベースでe-AIを実現する開発環境の提
供を開始。既に世界22カ国250社以上が同開発環境の利用を開始している。

今回、発表したマイコンによる家電向け故障検知用e-AIソリューションも、e-AI開発環境を使って
マイコンで推論モデルを実行させるもの。ハードウェアとしては、ルネサス製32ビットマイコン
RX66T」を搭載するCPUカードとモータ制御用評価キットを使用。ソフトウェア、ツールとして、
RX66Tで動作するサンプルプログラム一式と、モーターの状態を示す特性データを収集、解析する
ためのGUI(グラフィカルユーザーインタフェース)ツールを提供する。

RX66Tは、最大4つのモーターを制御できるマイコンで、故障検知もRX66Tの1チップで4つのモー
タの異常検知が行えるという。例えば洗濯機では、洗濯槽を回すモータ、ポンプ用モータ、乾燥用
ファンモータの3つを制御しながら、33つのモータすべての消費電流を常時監視し、異常を検知す
ることが可能。「AI処理用のチップや、センサなどを追加することなく低コスト、かつ、手軽に故
障検知AIを導入できる」(ルネサス)とする。
ルネサスでは、同ソリューションを発表した1月21日に都内で記者説明会を開催し、組み込み機
器領域でのAI活用を可能にする製品、ソリューションの展開を強化していく方針を改めて強調する。

尚、18年11月にドイツで開催された「electronica 2018」で公開したデモを披露。



 e-AI Solution

【関連特許事例】

❏ 特開
2019-009970 モータ駆動装置およびモータシステム ルネサスエレクトロ
                               ニクス株式会社
【概要】
例えば、ハードディスクドライブ(明細書では、HDDと略す)等のモータシステムでは、大容量
化、高速化に
伴い、モータ回転の高速化、高効率化(言い換えれば電力損失の低減)が求められる。
そのためには、モータを駆動する駆動トランジスタのオン抵抗や、モータのコイル抵抗等を小さく
する、または、トルク定数を高くすることが有益となる。
一方、例えば、電源遮断等の緊急時には、
モータを安全かつ早期に停止させる必要がある。モータを停止させる方式として、電源電圧側の駆
動トランジスタ(明細書では、ハイサイドトランジスタと呼ぶ)を全てオフ状態に、接地電源電圧
側の駆動トランジスタ(明細書では、ロウサイドトランジスタと呼ぶ)を全てオン状態に制御する
ショートブレーキが知られている。ショートブレーキを行うことで、ロウサイドトランジスタとモ
ータの間にブレーキ電流が流れるため、モータの逆起電圧が消費され、モータを早期に停止させる
ことが可能になる。


しかし、ショートブレーキ時のブレーキ電流は、前述したように、駆動トランジスタのオン抵抗や
モータのコイル抵抗が小さくなるにつれて、または、トルク定数が高くなることで逆起電圧が大き
くなるにつれて増大する。その結果、例えば、駆動トランジスタの動作点が、最大定格電流、最大
定格電圧、最大温度といった安全動作領域(ASO(Area of Safety Operation))を逸脱し、安
全性が低下する恐れがある。このため、
下図3のごとく、PWM変調回路は、ブレーキ電流を流す
際に、3相のロウサイドトランジスタM1(u,v,w)を全てオン状態に制御し、ブレーキ電流
がシンク方向である相が1相の期間では、当該1相のセンス用トランジスタM3s(u,v,w)
をオン状態に制御し、2相の期間では、3相のセンス用トランジスタM3s(u,v,w)を共に
オフ状態に制御する。3相のセンス相制御回路は、ブレーキ電流を流す際に、ブレーキ電流がシン
ク方向である相のセンス用トランジスタM1s(u,v,w)をオン状態に、その逆方向である相
のセンス用トランジスタM1s(u,v,w)をオフ状態に制御することで、
ショートブレーキ時
のブレーキ電流を検出することが可能になる。

 

● 存在確認信号の誤判定を防止する送電装置
❏ 特開2019-009835 送電装置 オムロンオートモーティブエレクトロニクス株式会社
【概要】
スマートフォンなどの携帯端末が普及する中で、非接触で充電を行うための規格が複数登場してき
ている。たとえば、Qi規格、PMA規格、A4WP規格などであり、互いに、ハード・ソフト両
面において互換性のあるものとないものがある。Qi規格とPMA規格は、電磁誘導方式を採用し
ており、ハード(送電コイル)を共用することが可能である。一方、A4WP規格は、磁界共鳴方
式を採用しており、送電コイルにおいてQi規格等とは互換性がなく、専用の送電コイルが必要に
なる。使用者の使いやすさを考慮した場合、1台の非接触充電器にて複数の規格に対応できること
が好まれる。


1台の非接触充電器で複数の規格に対応するためにそれぞれの送電方式に則った複数の送電コイル
とこれらを制御する制御部を備える必要があるが、昨今は即時性や制御のしやすさから、送電コイ
ル毎に制御部を備えることが求められるようになった。しかし、係る非接触充電器においては、受
電装置の接近を検知するため間欠的にその存在を確認するための信号(Qi規格ではAnalog Ping A4
A4WP規格ではShort Beeconと言う)を送信し続けなければならないので、その存在を確認するため
の信号を誤判定するという問題があった。そこで、下図のごとく、送電装置は、第2制御部は、第
2送電コイ
ルから受電装置の存在を確認するための第2存在確認信号を所定間隔で送信するように
制御し、第1制御部は、第2制御部が第2存在確認信号を送信していない場合に第1送電コイルか
ら受電装置の存在を確認するための第1存在確認信号を送信するように制御し、第2制御部が第2
存在確認信号を送信している場合に第1送電コイルから第1存在確認信号を送信しない。複数の送
電コイルを制御する制御
部が複数あったとしても、存在確認信号の誤判定を防止する送電装置を提
供することができる。
かかる事情を鑑みて考案されたものであり、複数の送電コイルを制御する制
御部が複数あったとし
ても、存在確認信号の誤判定を防止する送電装置を提供する



 

 

【読書録:2019年の経済予測Ⅲ】
 今夜は高橋の第2章5節「中国に技術者を引き抜かれている日本」に着目。

ところで、トランプ大統領が声高に叫んでいる知的所有権の問題だが、日本もかなりの被害を受け
ている。
たとえば、2012年5月に、新日銀が、韓国の鉄鋼メーカーであるポスコと新日銀の元
術者を提訴した。1990年代に新日銀が数十年と数百億円をかけて間発していた「高性能鋼
」の技術を、元技術者がポスコに流していたのだ。

また2014年には、東芝のパートナー企業であるサンディスクの元技術者が、東芝のNAND型
フラッシュメモリの研究データを、韓国のSKハイニックスに不正に提供したことが明
るみに出て
逮捕されたこともあった。

だが、そうして表沙汰になるのは、氷山の一角にすぎないだろう。仮に技術の漏出があったとして
も、起訴することで技術情報がオープンになるのを恐れたり、管理の甘さを指摘される
ことを避け
るために表に出さないケースが多い。また、技術革新が目まぐるしく進む中、時間
がかかる訴訟を
起こして賠償金を取れたとしてもペイしないと判断して泣き寝入りする場白も
多いからだ。
また、日本の場合は、そういう形で先端技術を盗まれる以前に、技術者や研究者を引き抜かれると
いう情けない状態になっている。企業が、優秀な労働者、技術者、研究者をうまく使い
こなせず、
人材が中国や韓国の企業に引き抜かれているのだ。当然、彼らの持っていた技術や知識は、中国や
韓国の企業に吸い上げられている。

少々古いデータだが、2006年、経済産業省が、この問題について、「我が国製造業における技
術流出問題に問する実態調査」を行った。
そのとき、35%以上の製造関係企業が一技術流出があった」とし、流出先については、63・5%の
企業が中国、34・I%の企業が韓国と回答。また、「コアな人材の引き抜きについて脅威を感じる
か、また、どこの国・地域からの引き抜きの脅威を感じるか」という質問に対して、50・9%の企
業が「常に脅威を感じている」と答え、「中国からの引き抜きに脅威を感じている」と答えた企業
が60・9%、「韓国から」と答えた企業が50・6%に上った。

そういう意味では、日本も知的所有権保護にもっと力を入れるべきだし、トランプ政権に追随して
中国からの投資にも制限をかけたほうがいいかもしれない。中国は、自由貿易体制をうまく使って
成長してきたということはここまで書いてきたが、「自由貿易体制をずっと使う気なら、資本の自
由化をしろ。知的所有権も大事にしろ。それができないのなら、投資もさせない」というロジック
で攻めるのがいちばん簡原だ。

確かに中国は経済的にアメリカに次ぐ国になった。軍備も増強している。それを潰そうとしてもな
かなか難しい。一方、中国が先進国に投資をしているのは、M&Aで会社を手に入れて、最先端の
技術を手に入れたいからだ。それができなくなったら大変だ。もう、最先端の技術を手に入れられ
なくなる。
今、中国は、電気自動車、ドローン、AIなど、目につくところに飛びついて、伸びている。しか
し、元となった技術は中国がっくり出したものではない。もし、先進国への投資を止められたら、
次世代につながる先瑞枝碩を独自に開発しなければならなくなるが、果たしてそれが中国に可能な
のか。できなければ、新しいイノベーションが起こったときに、それについていけなくて、結局行
き詰まることになる。
要するに自由貿易体制の中で中進国まではなったが、その後、さらに発展させることは難しい。そ
れを中国もわかっているから、先進国への投資を加速させていたのだ。ならば、中国の暴走を止め
るためには、投資をさせないことだ。
                                      第2章5節 「中国に技術者を引き抜かれている日本」




ここでかかれていることは、バラク・オバマ元大統領時代に推進されようとしたTPPに対中国包
囲戦略意と同質のものがかかれているが、日本政府の政策方略として推進されなければならないと
いうわたし(たち)の立場と順逆不二で異なる。次は、同章第6節「中国共産党が恐れる。"本当
の選挙"」に移る。

社会主我国が最終的に崩壊するのは、国民がある程度の豊かさや自由を手に入れ、不満を感じるよ
うなったときである。今、習近平政権は、それを抑えようと躍起になっている。

中国経済成長が右肩上がりで国民の所得が上がっているうちは、それでもなんとか国民の不満を抑
えておける。そういう意味では、中国経済が発展し、国民の所得が上がっていく限りに
おいて、中
国共産党による一党支配が崩壊することはないだろう。


しかし、それがいつまで続くかはわからない。中国の長い歴史を見ても、いろいろな王朝が
勃興し
ては滅亡するという歴史を繰り返してきたが、筆者は、経済的な発展を続けていくに
は、政治的な
自由が絶対に必要だと思う。

国民は、経済的な自由をある程度謳歌すると、政治的な自由が必ず欲しくなる。経済的な自由と政
治的な自由の両者が並立してこそ、国家はうまく機能していく。

その観点で中国共産党のこれまでのやり方を見ると、限定的に経済的な自由を与えて、民衆の不満
を和らげてきた。実際、庶民もある程度の収入を得られるようになり、海外旅行にも行けるように
なってきた。しかし、問題はこれからだ。

中国共産党にとっていちばん怖いのは、中国の国民が、今のように統制された選挙ではない。「本
当の選挙」を求めるようになることだ。
だから、中国共産党は、たとえば香港での選挙を絶対に許さない。
そもそも1997年、香港がイギリスから中国に返還の際、中国当局は「香港返週後50年間政治体
制を変更しない」ことを確約した。「一国二制度」だ。しかし、それは守られなかった。
香港基本法(香港特別行政区基本法)には、2007年以降、行政長官や立法会(香港の立法機関)
の選出方法を直接選挙に移行することが可能となると記されていた。だが、直接選挙が行われるこ
とはなかった。



2004年3月に全人代(全国人民代表大会)の常務委員会で都合よく基本法解釈を行い、200
7年と2008年の行政長官や立法会における直接選挙への移行を否定した。
さらに、2017年の行政長官選挙についても、2014年8月の全人代常務委員会では中国政府
の意に沿わない人物の立候補を事実上排除する方針を決定した。
中国共産党は、徹底して。"本当の選挙"をやりたくないのだ。中国が、自国の一部であると主張す
る台湾の選挙に神経質になるのもそのためだ。国民の目に。"本当の選挙"を触れさせたくないので
ある,
筆者は、中国の共産党支配を終わらせるには、中国国民に「選挙って面白い」と感じさせればいい
と思っていた。たとえば、AKB48を中国に進出させて、その売りの「総選挙」を中国でもやれば
いいのだ。きっと若者が盛り上がるはずだ、と-。そう思って調べてみたら、上海にはAKB48を
真似たSNH48というグルーブがあり、総選挙をやっていた。中国共産党としては苦々しいことか
もしれないが、SNH48で自由選挙の面白さを知った苦い中国人たちが、いずれ声を上げる日が来
るかもしれない
                   
 第2章6節「中国共産党が恐れる。"本当の選挙"」


                                  この項つづく

 ● 今夜の一曲

BankBand With ASKA - 名もなき詩YAH YAH YAH

コメント

冬至柚子忘れていたとメール有り

2018年12月22日 | デジタル革命渦論



  
                                
黄  帝 こうてい
ことば
--------------------------------------------------------------------------------
「なんじに芋(ちょ)を与えんに、朝に三にし暮は四にす。足らんか」

「風に随いて東西すること、木葉幹穀のごとく、ついに風のわれに梁ずるか、われの風に乗ずるか
を知らず」
「然る所以(ゆえん)を知らずして然るは、兪なり」
----------------------------------------------------------------------------------------
「朝三暮四」(ちょうさんぼし)
宋の国に、狙公(猿おじさん)という男がいた。猿が好きでたくさん飼っていた。猿の気持もよく
わかるし、猿もまた狙公になついていた。狙公は家族の口かずまで減らして猿に食わせていたが、
しだいに貧乏になついてしまい、えさの栗を減らそうとした。だが、猿どもが自分のいうことをき
かなくなってはと心配して、一計を案じた。
「朝は三つ、夕方は四つずつだぞ」
こういうと、猿どもぱみなたちあがっておこった。
「では、朝に四つ、夕方に三つならどうだ」
案の定、猿はみなよろこんだ。

――恵のある者は知恵のない者をこの手でまるめこむ。聖人が知恵で多くの愚人をまるめこむも、
犯公が知恵で猿をまるめこむのと同じだ。実質は同じなのに喜ぱせたりおこらせたりする。

バカらしさに気づいたら 『荘子』斉物諭笥には同じく狙公の話をあげてこういっている。「実
際には少しの損得もないのに、おこったり喜んだりしている。このバカらしさに気がついたら、是
非の念を超越した大是の立場に立つがよい。

か も め
ある海辺に住む男、たいそうかもめが好きでク毎朝、波うちぎわに出てはかもめと遊びたわむれ
ていた。集まるカモーメは百羽を越えた。父親がいった。お前、かもめと遊んでいるそうだな。
あした行ったら二三羽いけどりにしてきてくれ。ためしに飼ってみよう」
ところが次の日、かもめは高く飛びまわるだけでこおりてはこなかった。
――がからいうではないか。
「最高の雄弁は無言だ。最上の行動は無為だ。凡人の忙恵など浅はかなものだ」


作為は無作為に及ばない 人間の気持は自然に外にあらわれる。作為は無作為に及ばない。『呂
氏春秋』に同じ話がのっている。ただ、「かもめ」の代りに「とんぼ」となっている。最後の一
句、「最高の雄弁は無言だ」(至言は言を去る)以下は『荘子』知北遺篇にある。感ずしも前の
話と整合しない。
 



都大路いまだゆらげる橡の葉に 日向雨こそふりいでにけれ   北原白秋 

動きゆく人群の中橡の実に 一人かがめぱ深山さびつも     土屋文明

【歳時記×樹木トレッキング:冬至柚子×トチノキ】
12月20日、長浜市木之本町の杉野川上流に残るトチノキ巨木群の伐採計画を巡る問題で、市民
団体「びわ湖源流の森林文化を守る会」は二十日、全国から集まった寄付金で、巨木四十本を業者
から買い取ったと発表した。所有権を巡る四年半に渡って争った問題が決着する(中日新聞滋賀版
2018.12.21)。それによると、保全
を巡っては、2014年に伐採業者がトチノキを買い付けたこ
とに対して、住民や自然保護団体が県と市に保全を要望。県などが買い取り交渉を行ったが、決裂
し、16年1月に伐採業者が立木の所有権を求めて提訴した。大津地裁は17年1月に業者側の請
求を棄却。大阪高裁の控訴審で、巨木を一本も伐採されることがない形で裁判を終えた。
同会は今
年7月、巨木を買い取るための基金を設立。四百人以上から寄付が寄せられ、10月に目標金額の
千四百万円を上回る、千五百五十万円が集まった。寄付金は巨木の買い取りのほか、これまでの裁
判費用や保全活動に当てる。
今後は、住民向けの観察会を開催し、実習や研究の場として保全活用
を進めていくという。当日に県庁で会見した嘉田由紀子共同代表は「今後は、自然の持つ価値を広
めることに力を入れていきたい」と話している。

トチノキ(栃、橡、栃の木、学名:Aesculus turbinata)とは、ムクロジ科(クロンキスト体系では
トチノキ科とする)トチノキ属の落葉広葉樹。落葉性の高木で、温帯の落葉広葉樹林の重要な構成

種の一つ。水気を好み、適度に湿気のある肥沃な土壌で育つ。谷間では、より低い標高から出現す
ることもある。サワグルミなどとともに姿を見せることが多い。 大木に成長し、樹高25m、直径1m
を超えるものが少なくない。葉も非常に大きく、全体の長さは50cmにもなる。長い葉柄の先に倒卵
形の小葉5~7枚を掌状につけ(掌状複葉)、葉は枝先に集まって着く。 5月から6月に、葉の間か
ら穂状の花が現れる。穂は高く立ち上がり、個々の花と花びらはさほど大きくないが、雄しべが伸
び、全体としてはにぎやかで目立つ姿である。花は白~薄い紅色。 初秋に至り、実がみのる。ツ
バキの実に似た果実は、熟すにつれて厚い果皮が割れ、少数の種子を落とす。種子は大きさ、艶、
形ともにクリに似ているが、色は濃く、球状をしている。一般的に「栃の実」と呼ばれて食用にさ
れる。

木材として利用される。木質は芯が黄金がかった黄色で、周辺は白色調。綺麗な杢目がでることが
多い。また真っ直ぐ伸びる木ではないので変化に富んだ木材となりやすい。比較的乾燥しにくい木
材ではあるが、乾燥が進むと割れやすいのが欠点である。巨木になり、大材が得られるのでかつて
や木鉢の材料にされたが、昭和中期以降は一枚板のテーブルに使用されることが多い。乱伐が
原因で産出量が減り、今世紀頃にはウォーナットなどと同じ銘木級の高価な木材となっている。
種子
はデンプンやタンパク質を多く含み、「栃の実」として渋抜きして食用になる。食用の歴史は
古く、縄文時代の遺跡からも出土している。渋抜きはコナラミズナラなどの果実(ドングリ)よ
りも手間がかかり、長期間流水に浸す、大量の灰汁で煮るなど高度な技術が必要だが、かつては耕
地に恵まれない山村ではヒエやドングリと共に主食の一角を成し、常食しない地域でも飢饉の際の
食料(救荒作物)として重宝され、天井裏に備蓄しておく民家もあった

【歳時記:冬至柚子#WinterSolsticeYuzu

冬至柚子忘れていたとメール有り

先日、今井博さんから家庭菜園の野菜をいただいていたが、28日の喜寿パーティーを企画荷して
いたが体調加減でのお祝を届けただけとなるも、早速、返事が届き、先日の野菜とは別に柚子を渡
せなかったことの詫び祝の返礼が届く。

一陽来復IchiyouRaifuku
When it says the winter solstice, it is customary to enter a Yuzu-yu(Yuzu bath).
'Cos entering Yuzu-yu does not catch a cold. The winter solstice is the day when the power of
the sun is the weakest, and since the power comes back again from this day, it is believed that
you can enter the Yuzu-yu and say ”Ichiyou_Raihuku!(Spring coming!)".It's believed to be
happy.

 
【エネルギー通貨制時代 28】
 
Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era” 
 Mar. 3, 2017 

 

今年も残すところ9日。今年の成果はなんと言っても、再生可能エネルギー百パーセント社会実現
の「ラスト・ワン・マイル」を確信とその見通しの自信というものが身体の中から燃え上がってく
る実巻を感じたことにある。そう、秒読みに入ったのだと。後は囲碁のようにひとつずつ打目詰め
する局面に入る。
 

 

●欧州連合 大規模蓄電池生産を加速
欧州連合(EU)の多くの経済大臣は、欧州を大規模な細胞生産のための産業拠点にするための次の
ステップを明らかにする声明を発表した。閣僚は、欧州の電池は、原料の使用と持続可能性に関し
てイノベーションを提供すべきであり、リチウムイオンから離れたピボットを示唆しているため、
中小企業の役割と競争が強調された。
中国のバッテリーメーカーであるCATLは、ドイツのチューリ
ンゲンに年産能力14 GWhの工場を建設すると発表した。 バッテリーセルは、主に電気自動車(EV)
業界向けに製造される予定。
L
今週パリのフレンズ・オブ・インダストリー会議で、欧州経済閣僚は、このブロックでの電池製造
を加速することを目指す7ページの声明に署名した。フランス、オーストリア、クロアチア、チェ
コ、エストニア、フィンランド、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、ラトヴィア、ルクセ
ンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ルーマニア、スロバキア、スペインからの閣僚はすべ
てこの計画を支持した。

この声明では、電池の製造を実現するための4つの主要な目標を定めています。第一に、加盟国は、
中小企業の規制負担を軽減することに焦点を当て、2030年までに達成すべき「野心的かつ包括的な
」産業戦略を提案するための新しい委員会を設置することに合意。
閣僚はまた、来年初めまでに、
欧州市場の戦略的価値連鎖を共通欧州関心の重要プロジェクト(IPCEI)の戦略フォーラムで特定
することに合意した。その目的は、電気バッテリー、自律車両、半導体、低炭素産業プロセス、純
ゼロエネルギー建築改修など、気候変動に対抗できる技術に優先順位を付ける。

第3に、締約国は、競争、研究とイノベーション、デジタル化、単一市場のための新しい政策を通
じて目標を実現すべきだと述べた。これらには、地域開発、国際貿易、エネルギーおよび持続可能
な開発のための新しい規範と基準が含まれます。さらに、閣僚は財務ツールの役割を予見し、次の
多年度金融フレームワーク、特に研究開発、IPCEIフレームワーク、InvestEUプログラム、ならびに
構造的資金の使用に対する彼らの好みを強調する。

フランスがドイツのリードを追う
最後に、閣僚は、このプロジェクトにおける競争力の役割を再確認し、競争力委員会が業界に利益
をもたら
す欧州の政策を推進するよう求めようとしている。技術面では、この声明では、人工知能
と電気モビリティの中心的な目的を持つEUチャネルを通じて資金を調達すべき「破壊的な革新」に
焦点を当てて強調した。
欧州のバッテリー製造の重要性は、ドイツ政府がドライブに10億ユーロを
拠出することを決定したことを受けて、業界に多大な支援を提供するとの闘いによるフランス政府
の声明によってさらに強調された。
別の声明では、ドイツ経済大臣ピーター・アルトマイヤー氏と
フランスのブラマー・ル・マイレ氏は、IPCEIの枠組みと競争の役割を再び概説している。

 Feb. 23, 2018

ナトリウムイオンの約束
10月には、イングランド西部大学は、欧州委員会のバッテリー持続可能性及び現世代蓄電池に使
用され原材料による社会問題に関連する報告書を作成。
この報告書は、資源の利用可能性、毒性、
安全性、生産、リサイクルおよび廃棄の影響を調査。報告書の著者たちは、強化されたエコ政治的
目標を達成するためには、電極の構成に取り組むことが重要な問題であると述べた。資源の入手可
能性について、研究者は、不足は将来的には問題になるかもしれないが、一部の材料では問題にな
らないと判断。
ナトリウムは非常に豊富で地政学的問題とは関係がないので、ナトリウムイオン電池はリチウムイ
オンシステムに代わる最も魅力的な代替品であると、研究者らは主張している。ナトリウムイオン
電池は、リチウムイオンよりも低いエネルギー密度を示しているが、英国西部の研究者は、大きな
進歩が実現可能であると確信していた。その中で、彼らはまた、ナトリウムイオンの可能性を浮き
彫りにした電池に関する欧州戦略的エネルギー技術計画を引用した。



【低圧ルートインダクトラック方式駆動列車時代
●東京一大阪なら32分
最高時速 1,200kmの超高速鉄道「ハイパーループ」の研究が急ピッチで進んでいる。何時間もかか
る移動があっと
いう間になり、省エネで環境に貢献できる。先駆者のアメリカに続けと他国でも試
行錯誤が続いている。
飛行機、電車、車、船に次ぐ第5の交通手段になるかもしれない「ハイパーループ」(低圧ルートイ
ンダクトラック方式駆動列車)は、まるで地上を走るロケット。時速500kmで東京一名古屋大阪を
結ぶリニア中央新幹線よりもさらに迷い。リニア新幹線のように磁力で車両が浮き、真空(低圧状態)
にしたスチール製チューブの中を空気抵抗が少ない状態で突き抜けていく。チューブの直径は3m
ほどで、チューブの上部に.ソーラーパネルを装備して太陽光発電を利用することも想定されてい
るため、省エネで走行できる。車両はポッドまたはカプセルと呼ばれ、コンパクトで30人ほどが乗
車でき、2本並んだチューブ内を数分おきに全自動で往復する。ハイパーループは地下にも建設可
能だ。アメリカ運輸省(DOT)の分析では、ハイパーループは短距離の飛行機に比べて最大6倍も
エネルギー効率がよい。

真空トンネル内を車両が磁気浮上するアイデアは、すでに100年以上前にアメリカの発明家・ロケ
ット研究家ロバート・ゴダード氏が設計していた。これが発展してハイパーループの名で世に広ま
ったの..は、アメリカの実業家イーロン・マスク氏の影響による。マスク氏はEVメーカーのテスラ
(Tesla)のCEOであり、宇宙開発企業スペースX(Spacex)のCEOでもあり、独創的なアイデアと実
行力でいくつもの快挙を成し遂げてきた。発端は、目下建設中のカリフォルニア高速鉄道の計画を
知ったときで、費用面でもスピード面でももっとよい乗り物があるはずだと思ったことだった。そ
して、テスラとスペースXのエンジニアだちと構想を練り上げ、「ハイパーループ・アルファ」と題し
た約60ページにおよぶ白書を、特にエンジニアに向けにて公表した。誰でも自由に白書のアイデア
を利用してよいから、早く形にしようではないかと呼びかけたのだ。これに刺激を受けた人たちが
各地に現れ、実現に向けて研究が進められている。マスク氏は、2015年から学生も参加対象にして、
ハイパーループのコンセプトを用いた小型試作品で速さを競うコンテストを実施している。 

中でも一歩先を行き注目を集めているのC幼リフォルニアの2社HyperloopTT(2013年設立)とVIrgin
Hyperloopone(2014年設立)だ.HyperloopTTはフランス・トゥールーズにフルスケールの実験線を建設
中で、10月初めにその
ポッドを披露したばかり.一方、virgin Hyperlooponeはアメリガネバダで
でにフルスケール実験線を稼働させ、
昨年12月、同社新記録の時速387km出している。この2社
が、競うようにして世
界での建設計画に動き出している。virgin Hyperloop oneのウェッブサイトには、
好きな2地点を記入する
と、ハイパーループでの移動時間をシミュレーションできる。京一大阪を
予想してみると乗車時間は
32分、1日にして3万人が移動できると出てくる(時速1,080 km、直線距
離で
算出)。32分にはセキュリティーチェック、発券にかかる時間、待ち時間、燃料補充のための
時間も含まれている。

また、この乗り物によって節約できる時間も表示され、1日の総乗客数にすると約5年が浮くこと
になる。同社は「私たちは乗り物を売っているのではありません。時間を売っています」アビール
する。
 



●アラブで初開業か
未来の交通ハイパーループの実現は近づいているようだ。初めての顧客はアラブ首長国連邦になる
かもしれない。同連邦は、アブダビとドパイの間での開業を期待しているからだ。脱石油経済を大
きな目標とする同連邦で、アブダビは二酸化炭素排出量ゼロの人工都市マスダ4ル・シティ(人口約
5万人)を砂漠地帯に建設中。ドパイは政府・行政関係のサービスを含めたあらゆる面での生活のサ
ービスや観光客向けの情報をデジタ化しつつあり、アブダビもドパイも、環境に配慮しながらより
よい暮らしを見据える「スマートシティ」を推進している。両国とも2023年までに二酸化炭素排出を
75%まで減らす方針で、ドパイは2030年までに公共交通の25%を無人運転化する意向。
2か所とも世界有数の観光地だが、現在、2地点を結ぶのは車かバスのみで1時間半から2時間か
かる。だが、バイパーループを導入すればたった12分に短縮できるうえ、1時間に約1万人が移
動できるようになる。技術的な面でハイパーループはチューブを直線的にする必要があるため、海
岸線に沿うように建設できるこの区間は好都合だ。
ドバイでは、2020年10月20日から2021年4月10日まで、中東で初開催となるドバイ国際博覧会(Expo
2020
Dubai)が行われる。この大イベントに合わせるようにして、2社は積極的に動いている.Hyper
!oopTT
は建築'建設のコンサルティングをする国際企業Dar AI-Handasahと出資契約を交わしてExpo
会場付近に、2019年夏ごろからハイパーループの建設を始めると発表している.virgin Hyperloop One
のほうは、ドバイ道路交通局との共同でハイパーループを建設する予定で、2020年初めには開業で
きるだろうと自信を見せる。ドパイで展示された10人ほどが乗れるプロトタイプのポッドは、白を
基調にした内装、革張りの椅子、花柄のようなデザインを施して窓の代わりにする(ポッドには窓
がない)など、快適な雰囲気が醸し出されている。

 

●人にも環境にも優しい
ハイパーループの乗り心地は飛行機のようによいという。外の景観の代わりにエンターテイメント
映像を流す
ことが可能だ。最も気になるのは安全面だろう。それも抜かりはない。電力に問題が生
じたらポッドは緊急停止
する。チューブには非常口を設けている。チューブを地面に設置するので
はな
く柱で支えて地上に固定しているのは地震対策だ。ポッドも強靭で、たとえHyper!oopTT
アルミニウムよ
り8倍、スチールより10倍強い新素材vibraniUmTgを問発している。 
利用者にとっては遅延なく目的地に到着できることも利点だ。チューブで守られているため、走行
が天気に左右されない。ハイパーループが暴風雨や雪のために運転を見合わせることはない。環境
面での利点は数値で見るとよくわかる。ハイパーループの導入によって車を使う人が少なくなれば
二酸化炭素排出を減らすことができるしガソリン消費量も減る。入だけでなく貨物の運搬もできる
のでトラックの使用を大幅に減らせる。独・ヘルムート・シュミット大学ハンブルク連邦軍大学の
調査によると、ドイツに300kmのハイパーループができたとすると年間14万トンのC02削減につ
ながるそうだ。渋滞、事故、大気汚染の全体を考慮すると、1千億円を超える額まで節約できる。
また社会的な効果として目を引くのは、緊急事態が発生したときに緊急物資や救助人員を素早く送
ることができる。

●ドイツでは、貨物用に導入 
ハイパーループの貨物の運搬に関しては、11月中句、ドイツの多数のメディアがニュースを報じた。
世界で18番
目に大きい港ハンブルク港でロジスティクスと運送業に携わるHHLA社(同社の株の
7割をハンブルク市が所有)
HyperloopTTと手を組みヽ貨物運搬用のハイパーループを2、3年内
に建設し始めることがわかったのだ。船のコン
テナは港からトラックで運ばれている。だが、港か
らハイパーループで郊外まで運び、そこからトラックに積めば、港ヘト
ラックが進入しなくてよくな
る。1日に最高m4,100個のコンテナを運べる。ちなみに、ドイツでは、ルフトハンザ航空もハイパ
ーループに関心を示している。
ハイパーループ研究はアメリカ勢の動きが目立つが、ヨーロッパ勢も独自のノウハウを駆使して建
設を目指している。スペイン・バレンシアのZelerosは、バレンシアエ科大学の学生たちが2016年に設
立した。同社は2021年までにフルスケールの実験線を作ることを目指している。オランダ・デルフ
トのHARDTも、デルフトエ科大学の学生仲間で設立し、政府や産業界(オランダ鉄道など)の支
持を受け、高速でのテスト走行ができる。実験線を作ろうと懸命だ。 HARDTはこれまでに8億
円の出資を受けている。オランダとドイツ西部を結ぶ470kmにハイパーループを作ろうとしていて
その施工費は推定約2,320億円に上る。ポーランドではHyper POlandとヽハイパーループでの貨物運
搬に焦点を当てているEuroloopの2社が活動している。2社ともポーランド国鉄とポーランド郵便
の支援を受け、鉄道で実験させてもらったり、郵便物の自動処理システムのテクノロジーを参考に
している。
イギリスでは、エジンバラ大学のハイパーループ研究グループの学生たちで設立したContinuum
lndustries
社が、ハイパーループ専用ソフトウェア開発に取り組んでいる。このPODDIEと名付
けたソフトウェアは、費用、収容能力、エネルギー消費、乗車時間、経済効果といった複数の観点
から分析を行い、コストパフォーマンスが高く高性能なハイパーループを完成させるための最適な
方法を示してくれるという。同社は10月、ビジネス・エネルギー・産業戦略省のブログにイギリスで
のハイパーループの可能性について特別寄稿している。

●懸念事項の克服
もっとも、ハイパーループには懸念事項もある。技術を完璧にするのが難しい、安全面で実用化で
きる段階ではない(チューブに万一わずかな破損があっても惨事になる)、常時快適ではない(乗客
が急な加速減速に耐えられるのか)と疑問を呈する専門家もいる。既存の交通網とどう統合させて
いくかという課題もある。費用面でも問発者たちはコスト減を主張するが、アメリカ運輸省はハ
イパーループはほかの交通システムと比べて低額で済むように思えるかもしれないが、実際の建設
費がどうなるかを正確に見積もることはできないと指摘する。それでも各地で巨大プロジェグトが
行しているのは、利便を追求したいという人間の特性であり、次世代のために環境問題を解決し
たいという思いが多
くの人たちに浸透している。

 July. 11, 2018

●関連特許/Hyperloop Transportation Technologies社
・US20170280124A1 Augmented windows Station with loop configuration for hyperloop transportation system
・US20180051735A1Twist lock swivel / twist lock coupling
・US20180237996A1  Magnetic levitation train system

 

コメント

止まらない!太陽電池革新

2018年12月16日 | デジタル革命渦論



  
                                
黄  帝 こうてい
ことば
--------------------------------------------------------------------------------
「なんじに芋(ちょ)を与えんに、朝に三にし暮は四にす。足らんか」
「風に随いて東西すること、木葉幹穀のごとく、ついに風のわれに梁ずるか、われの風に乗ずるか
を知らず」
「然る所以(ゆえん)を知らずして然るは、兪なり」

----------------------------------------------------------------------------------------
蝉とりの男                               ヽ
孔子が楚の国に行ったときのことである。林の中でひとりのせむしがもち竿で蝉をとっていた。そ

「実にうまい。何か特別な方法でもあるのか」と孔子はきいた。
「あります。五、六ヵ月練習してみて、竿の先に土だんごを二つのせられれば、失敗はほんの少し

三つのせられれば失敗は十に一つ。五つのせられれば蝉はまるで拾うようにとれます。からだはれ
木、手は枯れ枯のようになります。心を蝉に奪われて天地万物も眼中になくなります。ただ蝉の羽
だけをみつめ、気を散らさずにそのことだけを考えていれば、とれないわけがないのです」

孔子は弟子を顧みていった。

「一つのことに精神を集中すれば、神のようになるものだ、とはこの人のことだろう」
すると男はいった。
「あなたは儒者でしょう。またなんだってこんなことをきくのです。それより自分の頭の上のハエ
でも追ったらどうでしょう」

頭の上のハエ……でしょう〉 ここは「脩」を「おさめ」と読んで、「もっと勉強してから、そ
のあとでわたしのことでも批評してください」という意昧にもとれる。なお、『荘子』達生節に同
じ話がある。ただし『荘子』には、「あなたは儒者でしょう」以下はない。

酔っぱらいは怪我が軽い
酔っぱらいが車から落ちた時、けがはしても死ぬほどのことはない。同じ人間のからだでも酔った
時は軽くてすむのはなぜか。無心の境地にいるからである。車に乗ったのも知らない、落ちるのも
知らない。死ぬのがこわいとか、落ちるのが恐ろしいとか考えない。だから、車から落ちる時恐怖
心がないのだ。のうまいこと、まるで拾うようだった。
そのころ、苗家の上客として寄寓していた禾生、子伯という二人の男が旅に出た。二人は国境にさ
しかかったところで、商丘開という老農夫の家に宿を借りた。夜、二人はこれまで世話になってい
顎 た子華について、たがいに感嘆の声をあげながらいった。

「たいしたお方だ。子華どののひとことで、きのうの大臣もきょうは乞食、きょうの乞食もあした
は大臣だ」
「いや、まったく。金持を貧乏に、貧乏人を金持にするくらい朝めし前だ」

これをたまたま窓の下で聞いていた商丘開、生まれてこのかた、飢えと寒さに苦しみどおしだった。
わが身を思った。都にはそんなに立派なかたがいるのか、そうだ、わしだって子華さまのところへ
行けば……と、翌日さっそく食糧を借り、ふごをかついで、都へと向かった。
さて、子華の食客といえばそろって名家の出、絹をまとい、おおいのついた車で、町なかをわがも
の顔に乗りまわす連中ばかり。いっぽう、ようやく子華の屋敷にたどりついた商丘開は、ヨボヨボ
においぽれ、顔は日焼けしてまっ黒、ほこりだらけの野良着というかっこうである。食客たちはひ
と目見るなり、商丘開をばかにした。よってたかってからかい、こづきまわし、なぶりものにした。
ところが、商丘開は何をされても、いっこうにピンとこない様子。食客たちはあの手この手とやっ
てみるが、さっぱり通じない。これには、連中のほうがすっかりはりあいをなくしてしまった。
しばらくは顔を見合わせていた食客たち、よしそれならと、商丘開をひっぱって塔に登った。なか
酔いがもたらす無心の境地でさえこうなのだ。まして天によって心の調和を得たならば……。聖人
は生死、利害を超越し、自分を天にあずけている。だから傷つくことがないのだ。

 

 
【エネルギー通貨制時代 27】
 
Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era” 
 Mar. 3, 2017    



【なぜ太陽光発電のコストが大幅に下落したのか】
● 過去40年でソーラーパネルは百分の1に下落

 Nov. 20, 2018

11月20日、マサチューセッツ工科大学の研究者たちは、過去40年間にわたり、太陽光の価格低
下の原因分析結果を公表。それによると、1980年以降のモジュールコストの99%削減に貢献した
主な要因として、公的および私的研究開発(R&D)とセル効率の改善を調査。
ソーラーモジュー
ルのコスト削減要因を3つのカテゴリに分類。
「低レベル」のメカニズム、すなわちシリコンの価
格など技術のコストに直接影響する変数のうち、
他の5つの仕組みも少なくとも10%の効果をも
たらしたが、セル効率が全体の24%を占め主要因であることを突き止める。

 

Nov. 20, 2018

これとは別に、この研究では、低レベル要因に影響を与える可能性のある規模の経済など、さまざ
まな高レベルのメカニズムを検討。
最も重要な上位レベルのメカニズムは、1980年から2015年の間
にコストを引き下げるに公的および民間の研究開発が重要であることが判明。最後に、MITチーム
は、
これとは別に低レベル要因に影響を与える経済規模済など、さまざまな高レベルのメカニズム
も検討。
ここでも、R&Dを支援する措置が、PVコスト削減に最大のインパクトを持つようになった。
しかし、MIT分析では、PVコスト削減に寄与する上位要因が時間軸に静的状態ではないことも示さ
れた。
したがって、効率の変化は、1980年から2001年の間のコスト削減の最も低い低レベルメカニ
ズムであったが、その後の10年間でパネル増産により最大の貢献を果たす。
同様に、製造規模経
済の影響は、2001年から2012年にかけて著しく増加、公的および私的研究開発要因を凌駕する。



● 今後も変換効率は上昇
MITJessika Trancik准教授は、PVの劇的な価格下落はおそらく最終的にはコストに影響を及ぼす複
数メカニズムの存在よるものであると語っているが、GTM(グリーンテクノロジーメディア)社に
よると、時間が経つにつれ、さまざまな低レベルメカニズムがいくつか起きていたが、説明
要因の
相対的重要性は時間の経過とともにシフト、重要な要因は数多くあったとする。MITの調査による
と、これらのドライバーは今後さらにPVコスト削減に役立つ可能性があり、将来のコスト削減に、
最も影響力のある変数は、変換効率、設備サイズ、非シリコン材料コストとなる。さらに、「植物
のサイズが大きくなるにつれ、植物のサイズが大きくなるにつれ、植物のサイズを大幅に増やすこ
とが困難になる可能性があると述べている。これまで、欧州や北米を中心とした研究開発投資によ
り、早期のコスト削減を主導。これにより、企業は太陽光サプライチェーンとともに急速拡大を実
現する。勿論のこと、モジュール価格低下は、太陽電池価格決定のすべてではなく、米国の実用規
模のソーラーモジュールは、プラント全体の開発コストの3分1以下であるが、下落する余地はあ
り、モジュールは無料でないにしても
、たとえモジュール価格が下がらなくても、米国の大部分の
地域で天然ガスや石炭とのコスト競争力はすでにその基準を達成していると言う。

 

【最新地下化石由来ブラステック代替技術Ⅱ】

❏ 特開2007-224206 高熱ガスの生成方法 新日本製鐵株式会社
製鉄プロセスにおいて、鉄鉱石の還元剤として使用される高炉用コークスは、粉状石炭をコークス
炉を用いて、約1000℃の温度で約20時間乾留して製造される。この過程で発生した石炭の熱
分解ガス(以下、コークス炉ガスまたはCOGという)は、H2などの可燃性成分を多く含有するた
め、製鉄プロセスの各製造工程における燃料用ガスなどとして利用されている。このコークス炉ガ
スは、コークス炉から導管により取り出された後、要水冷縮器、ダイレクトクーラー、ナフタリン
スクラバー、アンモニアスクラバーなどにより精製され、その後、ガスホルダー内で貯蔵される。
このコークス炉ガスは、通常、平均ガス組成が、CH4 30%、C24 5%、C26 0.5%、
CO 5%、CO2 5%、H2 55%、その他のガス5%程度であり、燃焼熱量は4500~480
kcal/N
である。 一方、上記コークス炉ガスの他に、製鉄プロセスにおいて生成されるガスと
して、高炉で鉄鉱石を還元する過程で発生したガス(以下、高炉ガスまたはBFGという)、転炉
で銑鉄を精錬する過程で発生したガス(以下、転炉ガスまたはLDGという)、さらには、CDQ
coke dry quencher)で発生したガスなど(以下、これらのガスを低熱量ガスという)がある。いず
れも、コークス炉ガスに比べて燃焼熱量が低いが、単独でまたはコークス炉ガスと混合して製鉄プ
ロセスの各設備用エネルギーガスとして利用されている。


廃プラスチック、廃タイヤ、廃材を含むバイオマスなどは、従来より、その大部分が、燃焼焼却、
埋立処分されている。しかし、燃焼処理ではCO2発生などの環境負荷を高め、特に、廃プラスチッ
クは発熱量が大きいために、焼却炉がダメージを受ける問題があり、また、埋立処分では、その排
出量の増加にともない埋め立て地が不足し、特に、廃プラスチック、廃タイヤは、土壌中の細菌や
バクテリアで分解されないという問題がある。

そこで、近年、これらの廃棄有機系物質を焼却・埋め立て処分せずに、環境に配慮したリサイクル
技術の採用が求められている。現在、これらの焼却しないリサイクルの方法としては、化学原料と
しての再利用の他、熱分解で得られるガス分や油分を燃料や化学原料として再利用する方法が検討
されている。
このように、下図のごとく、有機系物質を分解しガス化する高熱量ガスの生成方法に
おいて、この有機系物質に、水素濃度が60%以上で、かつ、温度が600℃以上のコークス炉ガ
スを供給し、上記有機系物質の熱分解および水素添加ガス化反応を進行させることを特徴とする高
熱量ガスの生成方法で、廃プラスチックや廃タイヤ、廃材を含むバイオマスなどの有機系物質を特
段の外部エネルギーを用いずに、低コストかつ高い反応効率で、炭化水素あるいはCOに水素添加
および還元ガス化し、高熱量ガスを生成する方法を提供する。

 
 
 

【符号の説明】
1 コークス炉 2 水素ガスモニタリング装置 3 流路切替部 4 反応槽 5 有機系物質 6 通常
COG配管 7 COG精製処理設備 8 COG貯蔵ホルダー COG0 コークス炉ガス COG1
高H2濃度コークス炉ガス HG 高熱量ガス

図2に示した設備を用いて、廃プラスチックを10kg(うち炭素分約9kg)反応槽4に充填し、
発明例として、コークス炉で発生した石炭乾留末期(乾留開始後15時間以降)の水素濃度が85
%のコークス炉ガス(COG1)、比較例として、水素濃度が56%の一般コークス炉ガス(CO
G)をそれぞれ供給した。この時の、コークス炉ガス(COG)の温度は、いずれも800℃に調
整した。 本発明例および比較例の条件および結果を、上表1に示す。

本発明で規定する水素濃度と温度の条件をともに満足したコークス炉ガス(COG1)(主成分
H2:85%、CO2:1%、CO:5%)を反応層に充填した廃プラスチックに供給することで、
廃プラスチックがコークス炉ガス中のH2により水添ガス化反応が進行して、その95wt%以上
がガス化し、生成したガス(HG)は、CH4、C24およびCOなど総量約15N㎥であった。
このときの熱量は115Mcalであり、通常のCOG(4500~4800kcal/N㎥)の15
N㎥の約2倍の熱量に相当する。一方、本発明で規定する温度の条件は満足するものの、水素濃度
が低く外れているコークス炉ガス(COG)(H2:56%、CO2:3%、CO:5%)を廃プラ
スチックに供給すると、廃プラスチックの水添反応が十分に進行せず、ガス化率は約50%と低く、
炭素はガス化しないで、炭化あるいは十分に低分子化されない状態の油状の成分として得られ、C
OGガスの熱量の増加は小さかった。

尚、 例えば、水蒸気改質法を用いてコークス炉ガスを改質して熱量を増加させる方法が知られて
いる。この方法は、触媒を用いて300~500℃程度の温度で、コークス炉ガス中の炭化水素と
水蒸気(H2O)の反応を促進させることで、以下に示す平衡反応により決定される、メタン(C
4)、水素(H2)、一酸化炭素(CO)、および、二酸化炭素(CO2)の混合組成からなるガス
に変換させるものである。

CO+3H2⇔CH4+H2O ・・・(1)
CO+H2O⇔CO2+H2 ・・・(2)
2CO⇔CO2+C ・・・(3)
CH4⇔2H2+C ・・・(4)

❏ 特開2017-131841 廃棄物処理システム ザ・カーボン株式会社
廃棄物処理、特に有機系廃棄物の処理においては、従来の焼却炉による焼却処理や地中への埋設処
分に代え、近年は、水蒸気を用いて、高温・高圧の飽和蒸気で有機系廃棄物を加水分解処理する廃
棄物処理方法が注目されている。また、その方法による廃棄物処理装置やシステムが実際に開発、
製造されており、このような装置やシステムの中には、廃棄物処理業者や地方自治体などに既に納
入され、且つ運用されているものもある。

上記の廃棄物処理方法、装置及び/又はシステムが、例えば特開2007-07622号公報(特許文献1)
国際公開第2008-038361号(特許文献2)に開示されている。特許文献1に開示されている廃棄物
処理装置又は特許文献2に開示されている廃棄物処理システムは、主に有機系廃棄物を処理対象と
し、それらの廃棄物を密閉型の耐圧容器内に入れた後、容器内に高圧の飽和蒸気を供給し、容器内
の圧力・温度を制御しながら、高温・高圧の環境下で廃棄物を粉砕し、加水分解するという廃棄物
処理装置又はシステムである。

ここで、加水分解された廃棄処理物がそのままで耐圧容器から排出された場合、該処理物の多くは
含水率が高く且つヘドロ状態なので、悪臭を放ち、周辺の環境に多大な悪影響を及ぼす。この悪臭
の改善を鑑みた場
合、廃棄物処理方法、装置及び/又はシステムにおいては乾燥する工程や手段が必
要になってくる。
しかしながら、特許文献1には、乾燥工程若しくは手段についての記載はない。また特許文献2に開示され
ている処理システムでは、二重壁構造の耐圧容器の外壁と内壁の隙間に高熱の水蒸気を供給して、乾燥
時の水分蒸発による温度の低下を防ぐことができるが、間接的な加熱であるため乾燥に長時間かかり、乾
燥時間の短縮化という点で更に改良の余地があった。

こうした乾燥時間に係る改良点を改善すべく、例えば特開2008-246300号公報(特許文献3)におい
ては、加水分解廃棄処理物を、別に設置した低圧容器に移動させ、そこで乾燥させ、耐圧容器の回
転率を上げるという廃棄物処理装置及びその方法が開示されている。しかしながら、特許文献3に
開示されている廃棄物処理装置及びその方法においては、乾燥した廃棄処理物であれば、攪拌翼で
移動させることができて、そのことにより耐圧容器の回転率を上げ、且つ乾燥時間の短縮を図るこ
とが可能であるが、含水率が高く且つヘドロ状態の廃棄処理物の場合は、該廃棄処理物の移動が簡
単ではないという問題があった。
また、特開2010-284589号公報(特許文献4)では耐圧容器内に
直接過熱水蒸気を供給して廃棄処理物を乾燥させる廃棄物処理システムが提案されている。特許文
献4に係るシステムでは、悪臭の懸念は改善されたが、耐圧容器内で、乾燥用の流体の流路を十分
に取れないと、乾燥時間がかかるという問題があった。

ここで下図のごとく、廃棄物の投入口、排出口を備えた耐圧容器、前記耐圧容器内で廃棄物を攪拌
及び粉砕する攪拌手段、前記耐圧容器内に飽和水蒸気を供給する水蒸気供給手段、前記耐圧容器内
の圧力を開閉弁により調節する圧力調節手段、並びに前記各手段を制御する制御手段を少なくとも
備えた廃棄物処理システムにおいて、前記廃棄物処理システムは、更に廃棄物を乾燥させるための
乾燥空気を供給する乾燥空気供給手段を備え、前記飽和水蒸気による、廃棄物の加水分解処理及び
前記圧力調節手段の開閉弁にて前記容器内の圧力を低下させた後、前記耐圧容器内に前記乾燥空気
を、圧力を時間とともにパルス変動させて供給し、前記加水分解処理後の前記廃棄物を乾燥するこ
とで、一般に、固体、粉体の乾燥では、物体(廃棄物)表面の付着水と物体内部保有水の両者の乾
燥が必要であり、このうち表面水は、乾燥空気の気流乾燥で充分効率的な乾燥ができる。

一方内部に含有した水分は、なかなか乾燥しにくく、湿度差による移動または毛細管現象による移
動等、内部保有水が固体表面に移動して、初めて乾燥しやすい状態となる。すなわち内部保有水の
乾燥が乾燥時間の長さを決定づけてしまうのが通例であるが、高圧の乾燥空気を当該容器内に送入
することで、いわゆるパスカルの原理により乾燥空気を、表面だけでなく、内部の保有水にも浸透
・接触させ、その後、圧力を低下させることにより、内部の水分を保有する固体が、表面の気流乾
燥と同等の乾燥条件となり、乾燥時間に大きく影響する内部保有水の固体表面へ移動時間に相当す
る時間を大幅に短縮して乾燥効率の向上を図ることが可能になり、高温・高圧の飽和蒸気による加
水分解手段を含む廃棄物処理装置において、乾燥時間が大幅に短縮され、装置の1日の回転率を増
やすことができ、コストの大幅な低減を図ることができるようになる。

 
【符号の説明】
1 耐圧容器 2 攪拌翼 3 モータ 4 ボイラ 5 高圧乾燥空気発生装置 6 温度 検出ライ
ン 7 圧力検出ライン 8 蒸気排出口 9 制御装置 10 コンデンサ(凝縮器) 11 ブロワ
12 ポンプ 13 水洗吸収塔 14 アルカリ洗浄用吸収塔 16 水分蒸発缶 17 中和槽

以上、最新の地下化石由来ブラステック代替技術を俯瞰。技術の種は揃っている。
                                        この項了

 

 

 

コメント

湯豆腐や句心つなぐ命かな

2018年12月07日 | デジタル革命渦論




                                  
天   瑞 てんずい
ことば
--------------------------------------------------------------------------------
「いずくんぞわが今の死の、昔の生に愈らざることを知らんや」
「生は死を知らず、死は生を知らず、来は去を知らず、去は来を知らず」
----------------------------------------------------------------------------------------
天地の生成
昔、聖人は陰陽にもとづいて天地を支配した。
形のあるものは形のないものから生じたのだ。とすると、天地は何から生じたのか。いちばん最初
にあるものが太易である。それから、太初、太始、太素と変化する。
太易はまだ「気」になっていない。太初は「気」の始めである。太始は「形」の始めである。太素
は「質」の始めである。この「気」と「形」と「質」が具わりはするが、まだ分離していないから
渾淪(こんりん)
という。
渾淪とは万物が互いに混沌としていて分離しない状態をいう。形を見ることもできず、音を聞くこ
ともできず、手にふれることもできないので、易ともいう。易とは形がないことである。易が変じ
一となり、一が変じて七となり、七が変じて九となる。「九」は「究」であって、ここにまた一
にも
どる。
一は物の変化の始めである。その中の軽く澄んだものは昇って天となり、重く澗ったものはくだっ
て地となる。天の気と地の気がまじって人となる。天と地は、ものを生みだす根源を合んでいてそ
こから万物が生じるのである。

無知無能は全知全能
天も地もすべての事を成しとげることはできない。聖人も何もかもできるわけではない。万物も、
その一つ一つが何にでも役だつわけではない。
天は万物を覆う働きをする。珀は万物をのせる働きをする。聖人は人を教化する。万物はそれぞれ
の性質に応じて役だっている。
天にも、地にも、聖人にも、物にも、それぞれ長所と短所がある。天は物をのせられない。地は人列 を教化
できない。聖人は物の性質にさからえない。みなプそれぞれのあたえちれた性質にもとづいで働けるだけだ。

天地の道は陰でなければ陽である。聖人の教えは仁でなければ義である。万物の性質は柔でなけれ
ぱ剛
である。みな本性に従って、それを越えることはできない。
生命があれば,それを生みだしたものがある。形があれば、形を作ったものがある。音があれば、
音を
発するものがある。色があれば、色を染めだすものがあ芯。味があれば.味をつくるものがあ
る。

生あるものはすべて死ぬ。だが、それを生みだしたものは死なない。形あるものは目に見える。だ
が、形を形としているものは目にみえない。音そのものは聞こえても、音を背にしているものは聞
えない。色の区別は見ればわかるが、色を色としているものの姿は見えない。甘いからいはわか
るに
しても、味を味としているものは現われない。これらはすべて無為の働きである。無為は陰で
もあでもある。柔でもあり剛でむある。円でもあり角でもある。生でもあサ死でも
ある。暑くもあ
り寒くもある。浮きもし沈みもする。宮でもあり商でもある。現われもし消えもする。

黒くもあり黄色でもある。甘ぐもあわからくもある。香ばしくもありなまぐさくもある。無為は無
知で
あり無能である。と同時に全知であり全能である。

宮、商〉 いずれも五音の中の一つ。宮はド、商はレにあたる。
  宇宙のいっさいを生みだし、あるべき姿に置き、秩序を保っているものを道と考える。人
は目で見たり耳に聞いたりして道を直接認識することはできない。だが人間世界をおおい、人
間世
界のあらゆる現象を支配し秩序づけているものは、この道だ。道のあらわれが無為である。

※ここでは中国流二元論レトリックが展開されたのち止揚され仏法的ハビタゾーンが語られている。



【歳時記☯湯豆腐アレンジレシピ】

湯豆腐やいのちのはてのうすあかり   久保田万太郎

湯豆腐や句心つなぐ喜寿米寿      平野無石


急に寒くなり雪もちらつきそうな雰囲気のそこで湯豆腐をスモールビジネス化できないかと考えネ
ットサーフ。加熱の仕方や加熱媒体に具材、出汁(スープ)、薬味(スパイス/ハーブ)などでア
レンジできるが、豆腐そのもののアレンジに工夫が必要なことに気付く。例えば、予め。大豆に米
や小麦、フルーツ、魚介類、卵などのラクト類、野菜(パウダー)を練り込む、あるいは混ぜ込ん
でおけば変幻自在にアレンジ可能だ。何よりも、男子厨房に入る準備をしているから「ソイタウン
構想」を具体化するために研究に余念がなくなってもいいはずだ。



もうひとつ、今朝朝食に、自慢の出汁巻きたまご、緑茶、おにぎり,と小松菜の野沢菜もどきの漬
け物を彼女がつくりだしたのをいただく。
なるほど美味しい。どうしたのだと訊くと、NHKの「
ためしてガッテン」でやっていたのでとのこと。つくりか
たは簡単、2等分に切った小松菜を、冷
凍用保存袋に入れ、塩を加える→袋の上から全体を軽くもみ、空気を抜い
て冷凍庫に一晩入れる→
解凍し、水気を絞り、食べやすい長さに切るというもの。ごま油やラー油、オリーブ油
を少し加え
るともっと美味しいくなるのだがと思いつつ感心する。たぶん、こんなことが山ほどでてき、これも
キーワードビジネスの1つだろうと合点する。
 

  ● 読書日誌:カズオ・イシグロ著『忘れられた巨人』 No.21

    

第5章
「どうですか、ガウェイン卿」と、じっと見ていたウィスタンが尋ねた。
「この御仁とわしは今日まで会ったことがないと思う」とガウェインが答えた。
「確かですか。年月は人の見かけを変えることがありますが・・・・・・」
「ウィスタン様」とベアトリスが割り込んだ。「夫の顔に何をお探しですの。なぜこの騎士様に
――いままでまったく見知らぬ人だったこの方に――
そんなことをお尋ねになるのです」
「お許しを、奥様。この土地は、わたしの中にあるいろいろな記憶を呼び覚ましてくれます。です
が、どれも落ち着きのない雀のようで、たちまち
風の中に逃げていってしまいそうです。今日はず
っと、あなたのご主人の
顔を見るたびに何か重要な記憶につながりそうな感じがありました。正直
に申し上げると、同行を申し出たのはそれが理由でした。ですが、お二人が安全に旅をなさるよう
にというのも、わたしの心からの願いです」

「でも、主人はこの近くの国にずっと住んできましたのに、なぜ西国で会ったなどと?」
「気にすることはないよ、お姫様。ウィスタン殿は誰か別の人と混同しておられるのだろう」
「そうに違いあるまい、友よ」とガウェインが言った。
「ホレスとわしも、よく過去の誰かと見間違えることがある。おい、ホレス、見よ、とわしが言う。
わしらの前を歩いていくのは昔懐かしいチューターではないか。バドン山で倒れたと思っておった
が・・・・・・。で、近寄ると、ホレスが鼻をぶるぶる鳴らし、なんたるばか者だ、ガウェイン、と言う。こ
の男はチューダーの孫でも通る年じやないか.そのうえ、全然似ていないぞ、とな」
「ウィスタン様」とベアトリスが言った。「せめて牧えてください。主人は、子供のあなたが好き
だった人に似ているのですか。それとも嫌った人?」
「立ち入らないでおこうよ、お姫様」



だが、ウィスタンはしやがんだまま、そっと体を揺らしながらアクセルを見つめつづけた。

「好きだった人、と信じていますよ、奥様。今朝お目にかかったとき、心が喜びでいっぱいになり
ましたから。でも、やがて……」

ウィスタンはまるで夢でも見るような目つきで、黙ってアクセルを見つづけた。その顔がしだいに
賠くなり・・・・・・・戦士は立ち上がって、そっぽを向いた。

「お答えできません、奥様。自分でもよくわからないんです。ご一緒に旅をすれば思い出がもっと
よみがえってくれると踏んだのですが、いまのところはまだ……ガウェイン卿、どうされました」

ガウェインの頭がぐったりと前に垂れ下がっていた。だが、すぐに上体を起こし、一つ溜息をつい
た。

「大丈夫だ。お気遣い、感謝するよ。ホレスとわしは、柔らかいベッドもちやんとした雨よけもな
しに幾晩も過ごしてきたからな、疲れておる。それだけのことだ」

そう言いながら、手を上げて額の一箇所をなでた。だが、ほんとうは違う、とアクセルはふと思っ
た。すぐ横にある顔をもう見たくなかったのではないか………

「ウィスタン殿」とアクセルが呼んだ。
「こうして腹蔵なく話し台えるようになったところで、今度はわたしからお尋ねしてよろしいです
か。あなたは王の用事でこの国に来たと言われる。この国は平定されて久しい。なのになぜ姿を偽
って旅をすることにこだわるのでしょうか。妻と哀れな少年も一緒に旅をする以上、わたしとして
はもう一人の旅仲間のことをよく知っておきたいのです。その人の友人は誰で、敵は誰なのか……」

「ごもっともです、ご老人。言われるとおり、この国は平定されて、穏やかです。ですが、ここで
のわたしは、ブリトン人の支配する土地を旅するサクソン人です。とくにこのあたりはブレヌス徊
の支配地域で、その兵隊が我が物顔に歩き回り、穀物や家畜を悦として徴収しています。誤解がも
とで争い事になるのは避けたくて、そのために別人のふりをしてきました。結果的に、だからここ
まで安全に来られたのだと思います」
「そうかもしれません、ウィスタン殿」とアクセルが言った。
「ですが、橋の上にいたブレヌス卿の兵隊はただ遊んでいたのではないでしょう。目的があって配
置されていたはずです。もし霧で心が曇っていなければ、ウィスタン殿にもっと厳しく接していた
かもしれません。あなたはブレヌス卿の敵とみなされているのではありませんか」

一瞬、ウィスタンは考え込んでいるように見えた。節くれたった根の一つがオークの幹から出て、
足元を過ぎ、少し向こうでまた地面に潜っている。ウィスタンは目でそれを追っていた。やがて、
また三人に近寄り、今度は短い草の上に腰をおろした。

 Episode of Camlann's Battle

「よろしい、ご老人。全部お話ししましょう」と言った。
「あなたとこの騎士殿の前なら包み隠さず申し上げられます。東方で、ある噂を聞きました。この
土地のサクソン人がブリトン人に迫害されているという噂です。王が同胞のことを心配され、実際
はどうなっているのか見てくるよう、わたしに命じられました。それだけのことです。平和衷に視
察の任務についていたのですが、馬が脚を傷めてしまいました」
「君の立場はよくわかるぞ、ウィスタン殿」とガウェインが言った。
「ホレスとわしもサクソン人の支配する土地に行くときは、同様に気を遣う。甲冑など脱ぎ捨て、
百姓に身をやつそうかと思ったりするが、問題はこの金物をどうするかだ。どこかに隠したとして、
また見つけられるかどうか。それにアーサー王の崩御から何年も経つ.いまこそこの誇りある紋章
を高く掲げ、万人の目に触れさせるのが、残された者の義務ではなかろうかとも思う。だから、わ
しは堂々と行く。人々がわしをアーサー王の騎士と認めるとき、その眼差しのやさしさにわしは感
激する」
「ガウェイン卿がこの地で歓迎されるのは、いわば当然でしょう」とウィスタンが言った。
「ですが、アーサー王を敵として恐れた地域もあります。そこではどうでしょうか」
「ホレスとわしは、わが王の名が広く受け入れられているのを見てきた。ウィスタン殿の言う国々
でもそうだ。王は打ち破った敵に寛大であった。だから、敵からもすぐに王として愛されるように
なった」

 Camelot (1967) Official Trailer

先ほどから――アーサー王の名が出たときから――アクセルは正体不明の不安感にまとわりつかれ
ていた。だが、いまウィスタンと老騎士の話を聞いていてようやく記憶の断片がよみがえってきた。
ほんの断片にすぎないが、それでも、手に取って見つめられる何かができたことで心が安堵した。
記憶の中のアクセルは、テントの内部に立っていた。軍隊が戦場近くに組み立てるような大きなテ
ントで、外には風が出ているらしく、テントの壁が外に吸い出されては、また内に押し戻され、大
きくはためいていた。夜らしく、蝋燭が使われて、その炎も激しく瑶れていた。テントにはアクセ
ルのほかにも誰かがいた。たぶん何人もいた。だが、顔は思い出せない。テントの中でアクセルは
怒っていた。同時に、少なくとも当面はその怒りを内に秘めておくことが重要だともわかっていた。
            
                          カズオ・イシグロ著『忘れられた巨人』

                                     この項つづく

 
【エネルギー通貨制時代 24】
 
Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era” 
 Mar. 3, 2017 



【蓄電池篇:最新二次電池プレドーピング技術 Ⅳ】

特開2018-190917 電気化学デバイス 太陽誘電株式会社
今回も、二次電池の大容量化技術を考察する。
大容量キャパシタとして、エネルギー密度が高いリチウムイオンキャパシタが検討されている。例
えば、リチウムイオンキャパシタでは、正極、負極、リチウムイオン供給源及び電解液が容器によ
って封止され、リチウムイオン供給源からリチウムイオンが予め負極にプレドープされる。
しかし、リチウムイオン供給源の金属リチウム層は、一般的に均一な厚さ有する。これにより、プ
レドープでは、金属リチウム層が電解液に接する金属リチウム層の表面からリチウムイオンが徐々
に電解液に溶け出す。この結果、プレドープの進行速度は、電解液に浸漬された金属リチウム層が
徐々に薄くなる速度に左右される

電気化学デバイスは、電極ユニットと、電解液と、リチウムイオン供給源とを具備する。上記電極
ユニットでは、正極と負極とがセパレータを介して交互に積層されている。上記電解液には、上記
電極ユニットが浸漬されている。上記リチウムイオン供給源は、上記電極ユニットに対向し上記負
極に電気的に接続された金属箔と、上記電解液に対して非溶解性の粒子とを有し、上記電極ユニッ
トとともに上記電解液に浸漬されている。上記負極には、上記金属箔に設けられた金属リチウム層
からリチウムイオンのプレドープがなされている。上記粒子は、上記リチウムイオンが上記負極に
プレドープされる前に上記金属リチウム層に分散配置されている。このような電気化学デバイスで
あれば、上記リチウムイオン供給源において、上記粒子が上記金属リチウム層に分散配置されてい
る。これにより、上記金属リチウム層の上記電解液に接する面積が増加して、リチウムイオンが上
記金属リチウム層から溶け出す量が増加する。この結果、プレドープがより迅速に進行する。

下図のごとく、電気化学デバイスでは、電極ユニットにおいて、正極と負極とがセパレータを介し
て交互に積層されている。上記電解液には、上記電極ユニットが浸漬されている。上記リチウムイ
オン供給源は、上記電極ユニットに対向し上記負極に電気的に接続された金属箔と、上記電解液に
対して非溶解性の粒子とを有し、上記電極ユニットとともに上記電解液に浸漬されている。上記負
極には、上記金属箔に設けられた金属リチウム層からリチウムイオンのプレドープがなされている。
上記粒子は、上記リチウムイオンが上記負極にプレドープされる前に上記金属リチウム層に分散配
置することで、電気化学デバイスにおいて、プレドープがより迅速に進行する。



【特許請求の範囲

    1. 正極と負極とがセパレータを介して交互に積層された電極ユニットと、前記電極ユニットが
      浸漬された電解液と、前記電極ユニットに対向し前記負極に電気的に接続された金属箔と、
      前記電解液に対して非溶解性の粒子とを有し、前記電極ユニットとともに前記電解液に浸漬
      されたリチウムイオン供給源とを具備し、前記負極には、前記金属箔に設けられた金属リチ
      ウム層からリチウムイオンのプレドープがなされ、前記粒子は、前記リチウムイオンが前記
      負極にプレープされる前に前記金属リチウム層に分散配置されている 電気化学デバイス。
    2. 正極と、負極と、前記正極と前記負極との間に設けられたセパレータとを有する電極ユニッ
      トと、前記電極ユニットが浸漬された電解液と記電極ユニットに対向し前記負極に電気的に
      接続された金属箔と、前記電解液に対して非溶解性の粒子とを有し、前記電極ユニットとと
      もに前記電解液に浸漬されたリチウムイオン供給源とを具備し、前記負極には、前記金属箔
      に設けられた金属リチウム層からリチウムイオンのプレドープがなされ、前記粒子は、前記
      リチウムイオンが前記負極にプレドープされる前に前記金属リチウム層に分散配置されてい
      る電気化学デバイス。
    3. 請求項1または2に記載の電気化学デバイスであって、前記粒子は、無機粒子及び有機粒子
      の少なくともいずれかである電気化学デバイス。

❏  特開2018-190695 全固体電池 株式会社オハラ
有機溶媒など液体の電解質(電解液)に替えて、固体電解質を用いることが提案されている。また
、電解質として固体電解質を用いるとともに、その他の構成要素も固体で構成された固体二次電池
の開発が進められている。特開2007-258165(以下、特許文献1という)には、NAS
ICON構造を有するカチオン導電体である固体電解質、ポリリン酸を含む正極活物質及び負極活
物質を含む全固体電池が開示されている。 しかし、この方法では、全固体電池の負極の電位が高く
高いエネルギー密度を得られないことを発明者らにより確認されている。 また、WO2012/0
08422(以下、特許文献2という)には、同じくNASICON構造を有するリチウムイオン
伝導体を固体電解質とし、アナターゼ型の酸化チタンを負極活物質とする全固体電池が開示されて
いる。特許文献2に記載の方法では、特許文献1よりも負極電位を下げることは確認されている。
しかし、特許文献2に記載の方法では、放電容量-電位曲線において電位降下のプラトー領域に至
るまでの電位降下勾配が緩やかであり、上記プラトー領域に至るまでの区間の正極活物質に対する
充電電位を十分に上げられないこと、それにより電池の放電容量が低下し、結果としてエネルギー
密度が低くなることが発明者らによって確認されている。全固体電池ではないが、非特許文献1に
おいて、アナターゼ型のTiO2を負極活物質としたリチウムイオン電池の研究が開示されている。

非特許文献1によるとアナターゼ型のTiO2を負極活物質とした場合、Liを挿入する充電反応
後に、上記負極活物質は、結晶構造が斜方晶系のLix(x=0~1)となることが開
示されている。斜方晶系のLixTi2(x=0~1)を用いたリチウムイオン電池は、Livs1
.8Vの高い電位を有することが開示されている。
下図のごとく、固体電解質層、正極層及び負極層、を含む全固体電池であって、前記固体電解質層
は、前記正極層及び前記負極層の間に介在され、前記正極層又は前記負極層の少なくとも一方と前
記固体電解質層とが焼成により接合されており、前記固体電解質層、前記正極層及び前記負極層は
いずれもリチウムイオン伝導性の固体電解質を含み、前記負極層が、焼成後かつ完全放電状態にお
いて、(a)T、及び(b)Lix(x=0超~2)を含むことを特徴とする、低い
負極電位による高い放電電圧を有し、更に高い放電容量を有することで、高いエネルギー密度を得
ることが可能な全固体電池
を提供する。

【符号の説明】
1:全固体電池、2:固体電解質層、3:正極層、4:負極層
【充放電試験】
電池の特性を評価するため、充放電試験は実施例1~3及び比較例1~2で作製した積層型全固体電池の
負極面
に銅箔を正極面にアルミ箔を接合することで導通をとって行った。接合はカーボンペーパーにカー
ボンペースト
を塗布して、銅箔及びア回折測定を実施する試料については、カーボンペーパー、カーボン
ペーストを用いずに真空パックでの圧着のみ
ルミ箔とセルの間に挟み込み、露点-50℃のドライルーム
内で焼成することで行った。
焼成後にドライルーム内においてアルミラミネートフィルムでパッケージン
グすることで外気を遮断した。X線
で正極とアルミ箔とを及び負極と銅箔とを電気的に接合した。
なお、エネルギー密度の計算は全固体電池の質量のみを用い、アルミ箔、銅箔、カーボンペーパー及びペ
ースト、
並びにアルミラミネートフィルムは含めなかった。

充電放電試験は室温にて50μAで3VまでCC充電後に50μAで放電することで行った。放電のカ
ットオフは0.1Vとした。負極活物質にLi4i512を用いた実施例1で作製された全固体電池並び
に負極活物質にアナターゼ型Tを用いた実施例2及び比較例1で作製された全固体電池について
の放電特性測定結果を図3に示した。下表2に示されるように、負極活物質にアナターゼ型のT
用い、かつ負極層がガラス電解質を含まない比較例1で作製された全固体電池においては、平均動作電圧
1194mV、放電容量85.7mAh/g、エネルギー密度16.Wh/kgとなった。一方、実施例1で作製さ
れた全固体電池においては、平均動作電圧1480mV、放電容量140.mAh/g、エネルギー密度33.
Wh/kgと最も高く、平均動作電圧、放電容量及びエネルギー密度の全ての点において比較例1で作製
された全固体電池に比べて大きく改善した。特に、実施例1で作製された全固体電池の平均動作電圧が
高いことは、実施例1で作製された全固体電池が、比較例1の全固体電池よりも高い電位で動作している
ことを示した。また、実施例2及び実施例3で作製された全固体電池は、共に比較例1及び比較例2で作
製された全固体電池に比べて高い放電容量、平均動作電圧及びエネルギー密度を持つことが確認された。
【Li濃度解析】
本発明の全固体電池の負極層中のLi濃度と結晶構造の関係についてより局所的に確認するため、実施例
1~3及び比較例1~2の全固体電池を樹脂埋没し、クライオFIBにより薄片の試料調製を行い分析電
子顕微鏡によるSTEM-ABF像とSTEM-HAADF像の解析、電子線解析と得られた部位におけ
る電子エネルギー損失分光法(EELS)によるLi濃度解析を行った。使用した分析電子顕微鏡はJE
M-ARM200F(日本電子製)、EELS分光器はQuantumER(GATAN製)、測定条件
は200kV、EELS点分析は取得時間0.02秒以上とした。 これにより得られた結果を下表2に
示す。


                                                             この項つづく

  ● 今夜の一曲

NO WAY MAN」(ノーウェイマン)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。作詞は秋
元康、作曲は前迫潤哉とYasutaka.Ishioが担当。2018年11月28日にAKB48のメジャー54作目のシングル
としてキングレコードから発売された[注 1]。楽曲のセンターポジションは宮脇咲良が務める。

絶対に無理だって世界中の人に言われた
Why?OhWhy?
何気ない言葉に何度も何度も湛ついて
でもその度に僕は強<なって行った
他人事(ひとごと)だから簡単に決めつける
Why?OhWhy?
届かないくらいにそんなに高い場所なのか?
誰もが諦める夢.......

コメント

妹を求めむ山道知らずも

2018年11月28日 | デジタル革命渦論




                                  
天   瑞 てんずい
ことば
----------------------------------------------------------------------------------
「いずくんぞわが今の死の、昔の生に愈らざることを知らんや」
「生は死を知らず、死は生を知らず、来は去を知らず、去は来を知らず」
----------------------------------------------------------------------------------------
人生の楽しみ
林類はもう百歳に近い老人である。春なのに、まだ冬の毛皮を着たまま、田のあぜで鼻歌まじりに
落ち穂をひろっている。
おりから衛の国へ行く孔子がこの姿をみかけ、弟子たちをふりむいた。

「ほう、ちょっとおもしろそうな老人だな。誰か声をかけてみないか」

子貢は田のはずれの小高いおかで待ちうけた。
「ご老人ヽ落ち狛ひろいなどしてるのに鼻歌ですか・ご自分をみじめだとは思いませんか」
林類は手をやすめるでもなく、歌をやめるでもない。子貢はくりかえしてきいた。ようやく林類は
顔をあげた゜
「なんでみじめなのかね」
「若いころ勉強しておけばよかった。出世の道を考えればよかった。妻子があればよかった。……
んなことは考えませんか。もう人生も終わりに近づいているのに何が楽しくて鼻歌ですか。十落
ち穂な
どひろっていて」

林類はわらった。

「ひとがみじめと思うことがわしには楽しみなのだ。お前のいうとおり、若いころ勉強しなかった。
おとなになっても出世など考えなかった。おかげで長生きもできたのだ。年とって妻子もなく、人
も終わりに近い。だから、こうして楽しいのだ」 
「誰でも長生きしたがって、死にたくないものです。だのにあなたは死ぬのが楽しいといわれる。
ういうわけですか」
「人間はこの世とあの世の問をいったりきたりしているのだ。今死んだ者が次の世に生まれかねる。
だから、どちらがいいかわからない。あくせく長生きしようとあがくのも、迷いというものだ。今
うして死ぬのが前世よりしあわせかもしれないでばないか」

子貢にはその草昧がわからず、かえってきて孔子に報告した。
「やっぱりおもしろい老人だったな。だが、まだ悟りきっているとはいえない」と孔子はいった。

 〈林類〉実在の人物ではあるまい。欲望を捨て去って、木や林の類に近い人物、という意味であ
ろう。『列子』は寓話的色彩が強く、登場人物の名も寓意的なものが多い。
〈子貢〉 孔子の年若い弟子。雄弁家だった。
『列子』の中の孔子 『列子』巾の孔子は、否定的に嘲笑されるか、または、孔子に名をかりて
『列子』福さん者の道家的思想を述べるかのどちらかである。この話は後者の場合である。実在
の孔子とは何の関係もない。
ここでの孔子は林類以上に悟っている。すなわち、林類はまだ「生と死」「この世とあの世」
を比較して、両者に大差はないといっている段階にとどまっている。だが、比較すること自体が
両者の区別を認めていることになる。だから悟りきっていない、というのである。
生と死の問題に対する『列子』書の解答は、かなり仏教に近いことがこの篇からもうかがえる
あろう。

 

中国,春秋時代の思想家。名は禦寇 (ぎょこう) 。虚心説を唱え,その著書に『列子』がある。
実際には,戦国時代末期に列子を祖師とする一派があり,同名の文献を伝えていたが,その後亡
びたものらしい。現存の『列子』8編は,道家の説をもととして敷延した魏晋頃の偽作と考えら
れる。 書物は8編で晋(しん)の張湛(ちょうたん)の注がついている。著作の時代ははっきりせず、
書中に戦国末の人名があったり、漢代に流行した緯書(いしょ)説と同じ生成論があったり、仏陀
(ぶっだ)を思わせるような「西方の聖人」を疑う説があったりするために、明(みん)のころから
疑われ、今日では魏(ぎ)・晋(しん)間(3世紀ごろ)の偽作とする説が有力である。

ただ、内容には、『荘子』と重なるところで『列子』のほうが古くみえるところもあり、古い資
料によりながら修飾を加え、また新しく書き加えたというのが真相であろう。したがって、純粋
な列子の思想は明らかにしがたいが、『呂氏春秋(りょししゅんじゅう)』で「虚を貴んだ」とい
われているのを根拠にすると、利害得失の念にとらわれない虚心の処世を善しとしたものである
らしい。『老子』のいう無為、無知、無欲などに通ずる思想であろう。『列子』では、天地の生
成変化を論じて形と気と質の三者が混じた「太易(たいえき)」をその始源に置き、死生の往反
説いて神仙的養生説にも及び、運命を説き夢を説き、激しい快楽説を唱えるなど、さまざまに特
色のある記事が少なくないが、また『荘子』をはじめとする他書との重複文も多い。
列子の像は、『荘子』のなかでも「風に御(ぎょ)して行く」などといわれて仙人めいた風貌(ふ
うぼう)もあるが、『列仙伝』や『神仙伝』ではまだ仙人として著録されない。しかし、唐代に
なると、道教の信仰に伴って荘子や尹文子(いんぶんし)とともに神格化され、冲虚真人(ちゅ
きょしんじん)と号して祀(まつ)られる。書物も『冲虚真経』とよばれ、宋(そう)代では
『冲虚
至徳真経』ともなって尊重された。(出典:『福永光司訳注『中国古典文学大系4 列子』
(19
73・平凡社)』)

 列子解題


【下の句トレッキング:妹を求めむ山道知らずも】

秋山の黄葉を茂み迷(まと)いぬる妹を求めむ山道(やまじ)知らずも / 柿本人麻呂

人麻呂は大和の軽(かる)の地にひそかに妻を持っていた。今の橿原市内。だが妻が死ぬ。かれ
は悲しみにくれた挽歌で、長歌とその反歌(かえしうた:長歌の内容をもう一度要約する)たる
挽歌。上はその短歌。「茂み」は茂っているので。歌はここで一旦切れる。「迷ひぬる」は山路
に迷った。実際は死んでしまったこと。秋の山の黄葉があまりに深く茂っているので、迷いこん
だ恋しい妻を探そうにも道が分らない。その時を、心情を重ね合わせてみる。

 

 
【エネルギー通貨制時代 21】
 
Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era” 
 Mar. 3, 2017 

今回は、先回の出力制御問題解決の残件――❶フライホイール技術、❷バイオマスウエットビー
ズミル処理及びバイオアルコール製造技術を掲載する。



【蓄電事業篇:最新フライホイール技術】


● 10万年間も磁場を発生し続けるNMRコイル
11月2日、化学研究所(理研)らによる研究グループは高温超電導線材を用いて超電導接合し
超電導コイルNMRコイル)を開発し、9.39テスラの磁場中で永久電流運転の成功を発表。現
行の核磁気共鳴(NMR)装置や核磁気共鳴画像(MRI)装置には、液体ヘリウム温度(-269℃)
レベルで超電導となる金属系低温超電導線材が用いられている。これだと冷却のために高いコス
トが必要となっていた。これに対し、レアアース系やビスマス系の高温超電導線材は、液体窒素
温度(-196℃)で超電導となる。このため冷却などのコストが安価で取り扱いも容易で実用化
に向けた研究が進められている。

今回、レアアース系高温超電導線材1本で巻いた小型のNMR用内層コイルを作製。❶コイルから引
き出した薄いテープ形状の線材を、構造物の障害にならないよう引き回し、さらに❷コイルから
漏れる磁場が接合部の電気抵抗ゼロ特性に影響を及ぼさないよう、最適な接合部の位置を割り出
した。その上で、線材と永久電流スイッチのそれぞれの両端部を熱処理し超電導接合し、このコ
イルを外層コイルの内側に設置する
これらのコイルにそれぞれ外部電源から電流を流した。高温超電導線材を用いた内層コイルの磁
場が4MHz、低温超電導線材の外層コイルが396MHzを発生し、合計400MHzの磁場を達成。その後、
永久電流スイッチを動作させ、外部電源を切り離したところ、永久電流運転を始めた。共同研究
グループは、2日間にわたり磁場の変動計測した結果、1時間当たり10億分の1レベルという高
い安定度を得ることができ、コイルを冷やし続けると外部電源なしで10万年間も磁場が発生し
続けることに相当。こうした安定磁場で、NMR信号の取得にも成功する。 
尚、この接合技術は超電導フライホイールに適用しフライホイールのコンパクト化に寄与する。


● 特許事例研究
❑ 特開2018-182865 電力平準化装置
【概要】
再生可能エネルギーによる発電技術の分野では、主に鉛蓄電池、リチウムイオン電池等の蓄電装
置が用いられている。しかし、これらの化学作用による蓄電装置では、例えば環境温度、充放電
回数等の使用環境に起因した劣化が発生することから、定期的なメンテナンスが必要となる。
一方で、フライホイールを用いた蓄電装置が知られている。フライホイールを用いた蓄電装置は、
化学作用によるものではなく、メンテナンス性のよいことが知られており、劣化寿命を長くする
ことができ、メンテナンスの回数を減らすことができる。この蓄電装置は、フライホイールに蓄
積されたエネルギーにより、電源系統の瞬時停電時等の電力ロスを補償するUPS(無停電電源
装置)
として使用される。

しかし、フライホイールを用いた蓄電装置では、❶大気中で使用されるフライホイール自体に風
損があり、?フライホイールを駆動するモータの損失もあり改善すべき点がある。
フライホイール
を駆動するモータとしては、例えば誘導電動機が用いられる(例えば特許文献1)。この特許文
献1の技術は、誘導電動機及びフライホイールを用いた蓄電装置に対し、充放電電力を制御する
ことで、電源系統の電力を平準化する。
❷しかし、フライホイールにエネルギーの蓄積には、フ
ライホイールを継続的に高速で回転させる必要があり、誘導電動機では、モータの構造上、堅牢
性の面で不十分
であるという問題があった。例えば、誘導電動機には固定軸のジュール損があり、
発電効率を低下させる原因となっている。❸
また、フライホイールを駆動するモータとして、
ンクロナスリラクタンスモータ
が用いられる場合もある(例えば特許文献2、非特許文献1を参
照)。シンクロナスリラクタンスモータは固定子導体を有していないことから、誘導電動機を用
いた場合の問題を解決することができる。この特許文献2の技術は、フライホイールが連結され
たシンクロナスリラクタンスモータを制御することで、駆動モード時には、電源系統からエネル
ギーをフライホイールに蓄積し、回生モード時には、フライホイールに蓄積されたエネルギーを
電源系統へ供給するものである。
つまり、駆動モード時には、シンクロナスリラクタンスモータ
及びフライホイールが一定速度で回転し、電源系統の電力がフライホイールへ供給され、フライ
ホイールに機械エネルギーとして蓄積される。また、回生モード時には、フライホイールの回転
により蓄積された機械エネルギーが電気エネルギーに変換され、電源系統へ供給される。

電源系統に接続された負荷が変動し、電源系統の電力が変動(脈動)した場合には、前述の蓄電
装置に蓄積されたエネルギーが電源系統へ供給されることで、負荷変動を補償することができる。

通常、電源系統に接続された負荷の変動には、?低速な負荷変動と?高速な負荷変動がある。低速
な負荷変動は、低速であるが大容量の電力変動をもたらすものであり、高速な負荷変動は、高速
であるが小容量の電力変動をもたらすものである。前述のフライホイールを用いた蓄電装置を用
いた場合、フライホイールには所定のイナーシャが存在することから、低速な負荷変動を補償に
対応させる。そこで、本件は、電源系統の電力を平準化する際に、低速な負荷変動及び高速な負
荷変動を補償可能な電力平準化装置を提供
するものである。

下図2のように、電力平準化装置1のSynRM制御部21は、連系点電圧V、負荷電流IL等に
基づいてFW回転速度基本指令Wfw_refbを算出し、FW回転速度基本指令Wfw_refb及びFW回転
速度Wfwに基づいてエネルギー偏差を求め、エネルギー偏差を反映したFW回転速度指令Wfw_ref
を生成してSynRM駆動インバータ2へ出力する。キャパシタ制御部23は、制限後バス電流
指令Idc_Lmtに基づいて高周波成分が反映されたキャパシタ電流指令Icap_refを生成し、キャパ
シタ電流偏差が0となるようにキャパシタ指令を生成し、キャパシタ指令から、キャパシタ電圧
Vcapからバス電圧Vdcを減算した電圧差を減算し、キャパシタ電圧指令Vcap_refを生成してD
C/DCコンバータ4へ出力することで、電源系統の電力を平準化する際に、低速な負荷変動及
び高速な負荷変動を補償――以上のように、電源系統の電力を平準化する際に、低速な負荷変動
はフライホイールにて対応し、高速な負荷変動はキャパシタにて対応することで、低速な負荷変
動及び高速な負荷変動を補償することが可能となる


【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施形態による電力平準化装置を含む全体システムの構成例を示す概略図
【図2】電力平準化装置の構成例を示すブロック図
【図3】SynRM制御部、SynRM駆動インバータ及びSynRMの構成例を示すブロック図
【図4】連系インバータの構成例を示すブロック図
【図5】キャパシタ制御部、DC/DCコンバータ及びキャパシタの構成例を示すブロック図

 

【符号の説明】
1 電力平準化装置 2 SynRM(シンクロナスリラクタンスモータ)駆動インバータ 3 連
系インバータ 4 DC/DCコンバータ 5 SynRM 6 FW(フライホイール) 7 キ
ャパシタ 8 電源 9 負荷 11,13,15 電圧検出器 12,16 電流検出器 14
レゾルバ(回転角センサ) 21 SynRM制御部 22 バス電圧指令出力部 23 キャパ
シタ制御部 31 演算器 32 ランプ器 33,35 絶対値演算器 34,36 乗算器 
37,40,51,63,64,66,67 減算器 38 エネルギーレギュレータ 39 加
算器 41 速度制御器 52 電圧制御器 53,61 LPF(ローパスフィルタ) 54,
62 リミッタ 65 電流制御器 71 PWM(パルス幅変調)器 Vdc_ref バス電圧指令 
Wfw_ref FW回転速度指令 Idc_Lmt 制限後バス電流指令 Vcap_ref キャパシタ電圧指令 
Wfw_refb FW回転速度基本指令 W_ref ランプ後FW回転速度基本指令 W_ref2 FW回転
速度指令エネルギー Wfw2 FW回転速度フィードバックエネルギー Δω ドループ速度成分 
Idc バス電流指令 Icap_ref キャパシタ電流指令 V 連系点電圧 IL 負荷電流 Vdc バ
ス電圧 Wfw FW回転速度 Wfw_Hat FW回転速度推定値 Vcap キャパシタ電圧 Icap キ
ャパシタ電流



【オールバイオマスシステム事業篇:最新バイオマス粉砕技術】

 

❏ 特開2016-145716放射性セシウムを含む植物バイオマスの処理方法
【概要】
下図1のごとく、放射性セシウムを含む植物バイオマスから、糖質を含み且つ放射性セシウムの
50%以上が移行した液相部と、固相部とを得る分解工程S1と、放射性セシウムを含む液相部
を発酵させて、放射性セシウムを含む液相部廃液と、放射性セシウムを含まない第1気相部とを
得る液相部発酵工程S2と、固相部を発酵させて固相部残渣と、固相部廃液と、放射性セシウム
を含まない第2気相部とを得る固相部発酵工程S3とを備えている。分解工程は、植物バイオマ
スに糖化酵素を添加して粉砕する湿式ミリング処理を含むことで、放射性セシウムを含む植物バ
イオマスを、有効活用しつつ減容化する処理方法を提供する。

❏ 特許4065960 エタノール及び乳酸の製造方法
【概要】
パーム油は、世界で約3,550万トン/年生産され、そのうちの約87%をマレーシアとイン
ドネシアの2カ国で半々を占める東南アジアの代表的な農産物である(2005年実績、アメリ
カ農務省統計資料)。パーム油は大豆油等と比較し安価であることから、マーガリンや揚げ物用
の油など食用に利用されるほか石鹸や化粧品など工業用途に多用る。

パーム油生産のために栽培されるオイルパーム(アブラヤシ)は、生産性を維持に、20~25
年の間隔で再植栽培が必要としマレーシアの場合、1980年からの本格的なプランテーション
に現在年間約4万ヘクタールの再植栽培、約3000万トンのパーム幹が伐採している。これま
でのプランテーション面積拡大結果として、毎年約20万~25万ヘクタールもの再植栽培を見
込む。再植栽培による伐採オイルパームは、幹に薬物を注入して立ち枯れさせるか、伐採後プラ
ンテーション内で放置、焼却処分、深刻な環境破壊につながるとが懸念され、環境負荷を掛けな
い活用法の開発が求められている。

オイルパーム幹は他の木質系バイオマスと異なり、幹の大部分が維管束や維管束を取り巻く繊維
質で構成され、木材としての耐久性が不十分で、利用方法としては比較的強固な外皮を合板等の
表面加工資材として利用する程度、その他の部分は未利用、廃棄し、特に幹の内側部分の有効利
用法開発が必要である。
一方、近年、石油資源の枯渇や地球温暖化問題の軽減方策として燃料用
エタノールなど石油代替エネルギーや乳酸などバイオプラスチック原料の製造技術の開発が活発
に行われ、燃料用エタノールは、自動車燃料であるガソリンの代替燃料として利用され、その需
要は非常に大きく
、現在、燃料用エタノールの多くはトウモロコシ澱粉やサトウキビ汁等の食用
農産物から製造され、将来の人口増に伴う食用農産物需要増大により、食用途とエネルギー用途
間での競合が生じると予想され、め農作物の未利用部分、即ち、農産廃棄物から燃料用エタノー
ルなどへの変換技術の開発が切望されているものの、未だ技術開発は困難を極めている。伐採さ
れるオイルパーム幹は、産出される量、持続的なオイルパーム産業の発展及び環境負荷低減の観
点からも非常に有望なバイオマス資源である。

下図1のごとく伐採されたオイルパーム幹10から採取した組成物である樹液を微生物で発酵し
てエタノールを製造する。また、オイルパーム幹から採取した樹液と樹液を採取した後のオイル
パーム幹の繊維を加水分解処理して得た単糖及びオリゴ糖の混合糖液とを混合し、微生物で発酵
してもよい。一方、伐採されたオイルパーム幹から採取した組成物である樹液を微生物で発酵し
て乳酸を製造する。このとき、オイルパーム幹から採取した樹液と樹液を採取した後のオイルパ
ーム幹の繊維を加水分解処理して得た単糖及びオリゴ糖の混合糖液とを混合し、微生物で発酵し
てもよい、効率よく安定して安価に得られるエタノール及び乳酸並びにこれらの製造方法を提供
する。

【符号の説明】
10:オイルパーム幹 11:中心領域 12:中間領域 13:外側領域 14:樹皮 15:グル
コースのピーク


❏ 特開2013-141415単糖の製造方法及び製造装置並びにエタノールの製造方法
  及び製造装置

【概要】
固体酸触媒による処理においては、完全混合流れ方式の連続槽型反応器(CSTR)で固体酸触
媒とオリゴ糖等とを攪拌して反応を行う場合、原料と生成物とが均一混合される混合流れ方式の
特性として、反応器から得られる生成物中に未反応原料が存在するため、高い単糖収率・転化率
を得ることは難しい。又、反応後に固体酸触媒を沈降分離して除去する操作が必要になるが、攪
拌中の衝突等によって固体酸触媒の微細な破砕粉が生じると、これを除去するには、固体酸触媒
の沈降分離に要する時間が非常に長くなり、沈降分離時間が不十分だと、得られる生成物に微細
粒子が含まれ、生成物を用いてエタノールや他の化学物質を生成すると、その際の発酵反応や化
学反応に対して影響を及ぼすなどの問題がある。
一方、触媒を充填した固定層式の管型反応器(PFR)の場合、原料と生成物とは混合されない
ので、高い収率・転化率を得ることはできるが、分解が不十分な低分子量セルロースやバイオマ
ス粒子が固体酸触媒間の目詰まりを起こし易く、反応器を閉塞させる可能性がある。
本発明は、
反応の収率・転化率を高めると共に、触媒反応後の固体酸触媒の分離時間及び閉塞に関する問題
を解消し、リグノセルロース系バイオマスから単糖を好ましい性状で効率的に供給可能な単糖の
製造方法及び製造装置を提供し、バイオエタノールの製造方法及び製造装置の向上を実現するこ
とである。

下図1のごとく、セルロース又はヘミセルロースの部分加水分解物を、固体酸触媒を用いた加水
分解によって糖化する。部分加水分解物を固体酸触媒と攪拌混合する工程と、この工程の生成物
を固体酸触媒を充填したカラムに通過させる工程とによって加水分解が進行する。カラムは濾過
装置の役割も果たす。バイオマスに加圧熱水を作用させてヘミセルロースを選択的に加水分解し
、反応後の固体残渣に糖化酵素を作用させることで、ヘミセルロース及びセルロースの部分加水
分解物が各々得られ、各糖化によりキシロース及びグルコースを得る。単糖の微生物発酵により
エタノールが得られ、フルフラール及びプラスチックの製造にも利用され、質材から、固体酸触
媒反応をカラムを用いて効率的に実施可能な単糖の製造技術を提供し、バイオマスエタノールや
他の有用物質の製造を促進する方法を提供する。

【符号の説明】 A:エタノール製造装置、 R:触媒反応装置、 1:加圧熱水反応装置、
1a,5e,7e,11,21,23,33:ポンプ、 1b:加熱器、 1c:水量調整弁、
1d:反応槽、 1e:制御装置、 2:固液分離器、 3:冷却器、 4:酵素反応装置、
5:第1触媒反応装置、 5a:第1混合装置、 5b:第1固液分離装置、5c:第1触媒カラ
ム、 5d,7d,32:加熱装置、 6:第1発酵装置、 7:第2触媒反応装置、 7a:第2
混合装置、 7b:第2固液分離装置、7c:第2触媒カラム, 8:第2発酵装置、 9:蒸留
装置、 10:排水処理装置、 12:流量計、 13:触媒反応装置、 14:攪拌装置、 15
,19:酸化還元電位計、 16,20:pH計、 17:触媒分離槽、 17a:管状部材、
17b:触媒排出口、 17c:排出口、 18:触媒返送装置、 22:触媒回収槽、 24:
フロートスイッチ、 25:排出弁、 26:ガスブロア、 27,28,29:開閉弁、 30:
カラム装置、 31:筒部材、 34:入り口、 35:出口、 B:バイオマス、 E:エタノー
ル、 W:水、 W':加圧熱水、 S:固体残渣、 Xa,Xb:固体酸触媒、 L1:原液、
L2:混合液、 L3:上澄み液、 L4:沈殿物、 H1,C1:一次糖化液、 H2,H2',
C2、C2':二次糖化液、 F1,F2:発酵生成物、 D:排水。
 

  ● 今夜の一曲

 『コジコジ銀座』 唄:ホフディラン Music Writer作詞 さくらももこ/作曲:ホフディラン
『コジコジ』(COJI-COJI)は、さくらももこによる日本の漫画作品。漫画は『きみとぼく』(
ソニー・マガジンズ)より1994年から1997年まで連載。アニメは1997年から1999年までTBSほか
で放送。主にメルヘンの国を舞台にコジコジと、そこの住人たちが繰り広げる日常生活を描くメ
ルヘンであると同時に、ナンセンスなギャグ漫画、という新しいジャンルの開拓に挑戦した作品。
さくらももこ独特のシュールさが濃厚に出た作風である。さくらももこ作品として『ちびまる子
ちゃん』の世界とリンクしている。同作中にまる子が出演していたりする描写もある。アニメ版
では該当部分は削除。また、キャラクターの多くは「神のちから」に登場したキャラクターのデザ
インを流用。
ソニー・マガジンズの月刊少女マンガ誌「きみとぼく」にて、1994年12月号(創刊号
)から1997年5月号にかけて連載された.。
ソニー・マガジンズコミックスから単行本3巻が発売。
連載終了後も、新潮社刊行のさくらももこ編集長による雑誌「富士山」(2000年)などに新作掲
載。
2001年にソニー・マガジンズが漫画事業から撤退しコミックスが絶版後、2002年に幻冬舎か
ら未収録作などを加えた完全版としてコミックス(全4
巻)が発売、



2004年には、2度目の新装版コミックスが発売。2009年には集英社から3度目の新装版コミックス
が発売
に加え、りぼん2009年5月号で『ちびまる子ちゃん』とのコラボ漫画が描かれ、2009年8月
号に不定期連載する旨を告知。実際に掲載されたのは2010年11月号、2013年1月号・6月号の3回
のみで2018年8月に作者のさくらの逝去により本作は未完絶筆となる(合掌)。

  ● 今夜の一品




                                                   

コメント

#IHearYou それはそうだけれどⅢ

2018年11月08日 | デジタル革命渦論

  


                                  

第70身にはボロを、ふところには玉を
わたしは、だれにでも理解でき、実行できる説しかとなえていない。にもかか者もなく、実行できる者
もないのは、なぜか。およそ、いかなる意見にせよ行為にせよ、それぞれに基本原理を持つものだ。
ところが人々には、その原理をつかもうとする意志がない。わたしの説を理解できない唯一の理由は、
ここにある。
そもそも、理解する者がいないという事実が、わたしの説の貴重さを示している。身にはボロをまとい
、ふところには玉を抱く。聖人とは、そういうものである。

第71
章 迷  妄
知の限界を悟るのが、真の知である。知の限界を悟らぬのは、迷妄である。
迷妄を、迷妄であると自覚
できたとき、はじめて真の知に通ずる道がひらけるのである。
聖人は、迷妄に陥ることがない。なぜな
ら、知の限界を悟っているからだ。

第72章 抑圧なき政治
無為の政治を行なえば、人民はおのずと治まって、為政者の存在することさえ忘れる。これこそ為政者
たる者の最高の存在形態である。
人民の本性を軽視してはならぬ。人民の自然を抑圧してはならぬ。抑圧しさえしなければ、政治はおの
ずと成功する。 
聖人は、自己の責任を自覚し、自己の価値を自覚しながらも、それを他に誇示しようとしない。つまり、
私意を捨てて、無為自然の「道」にのっとるのである。

無為の政治を・・・・・・存在形態である〉原文は「民不良成、則大成至」。「大成」を天成ととるのが
通例で、「無為の治を失えば(または、天成を恐れなければ)、天罰がくだる」と解されていた。だが、
それではいかにも卑俗で、老子の本旨に沿っていないと思われる。
 

 
Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era” 
【エネルギー通貨制時代 15】
  

 

   Mar. 3, 2017

 

【エネルギー貯蔵技術事例研究 Ⅵ】
✪ エネルギータイリング事業篇:最新窓ガラスエネルギー変換技術
  

● 世界初!窓が基地局に、「ガラスアンテナ」を貼るだけ
11月7日、昨夜のViewInc.社で紹介したスマート。ウインドウ「ダイナミック・ガラス」
につづき、NTTドコモとAGCは窓ガラスの室内側に貼り付けられる電波の送受信が可能な
ガラスアンテナを共同開発に成功したことを公表。両社は「世界初」とする。2019年上期
より、LTE(Long Term Evolution:次世代高速携帯通信規格)の周波数帯の基地局に同ガラス
アンテナを展開していく予定ガラスアンテナ・
サイズは700×210mmで重さは1.9kg。対応
周波数は3.5GHz帯で、帯域幅は40MHz。4×4 MIMOに対応している。下り変調方式は256QAM
で、スループットは最大588Mビット/秒。

開発したガラスアンテナは、透明性の高い導電材料とガラスを組み合わせたも、既存の窓に貼り付けて
も、景観や室内デザインを損なわない。さらに、独自に開発した「Glass Interface Layer(グラスインタ
フェースレイヤー)」の効果で、窓ガラスを通過したときの電波の減衰および反射を抑える。Glass I
nterface Layer
は、ガラスに近づいたときにガラスアンテナの性質が変わる影響を抑え、
安定した高速通
信を実現には、スモールセルをいくつも設置して、トラフィック(通信回線上で一定時間内に転送され
るデータ量)を分散させることが重要になる。現在、スモールセルのアンテナは建物の屋上や中低層階
の壁面に設置されているが、このような場所では設置できるエリアが限られたり、景観を損ねたりする
ことから、設置が難しいケースがある。そこで、建物の中にアンテナを設置する方法を考えた。

ただ、建物の中にアンテナを設置する場合も、インテリアを損ねたり、電波が窓ガラスを通過した時に
減衰するといった課題があった。これを解決するために、AGCが保有する、既存窓の表面にガラスを貼
り付ける「アトッチ工法」を活用し、今回のガラスアンテナの開発を進めてきた。
 両社は、5G(第5
世代移動通信)に対応したガラスアンテナの開発も検討中(窓が基地局に、「ガラスアンテナ」を貼る
だけ - EE Times Japan 2018.11.08 15:30)。

関連特許






● 世界初!10万年間磁場を発生させる超電導接合NMRコイル装置
11月2日、理化学研究所らの研究グループは、高温超電導線材の超電導接合持つ永久電流核磁気共鳴
NMR)装置でのNMR信号取得に成功したことを公表。この
本成果で、医薬品検査に用いられる定量
NMRや、アルツハイマー病発症に関わるアミロイドβペプチドの構造が超微量試料で得られる次世代
高磁場NMRの実現など、小型化・高性能化を伴ったNMRの普及拡大が期待できる。この
超電導コイル
NMRコイル)は、線材同士を超電導接合でつなぎ永久電流運転。しかし、高温超電導線材の超電導接
合はまだ原理検証レベルであった。今回、このグループは、レアアース系高温超電導線材の実用レベル
の超電導接合技術(iGSe接合)を実装コイルを初めて開発、
939テスラの磁場中での永久電流運転を
実現。1時間あたりの磁場の変化率は10億分の1レベルと極めて安定で、これはコイルを冷やし続け
れば外部電源なしで10万年間も磁場が発生し続ける。この安定磁場の中でNMR信号の取得に成功す
る。これにより、定量NMRなどに応用で、小型で汎用性の高い永久電流のNMR装置の開発が可能にな
り、高磁場を保持した永久電流運転が可能となる。NM装置の磁場向上により、アルツハイマー病など
の神経変性疾患要因のアミロイドβペプチド構造情報解析術が飛躍的な進展など、創薬や医療応用へ期
待されている。

今回、共同研究グループは、レアアース系高温超電導線材1本で巻いた小型のNMR用内層コイルを製
作し、コイルから引き出した薄いテープ形状の線材を構造物の障害にならぬよう引き回し、コイルから
漏れる磁場が接合部の電気抵抗ゼロ特性に悪影響しない接合部の最適位置を導き出す。その上で、線材
の両端部を同じ線材で製作した永久電流スイッチの両端部と熱処理により超電導接合することで、永久
電流運転を可能となる。(上図参照)。


上図、2日間にわたるコイル中心磁場の時間変化を示す。計測時間全体にわたる磁場変化の平均値は、1時間
あたり10億分の1レベルである。

これらのコイルにそれぞれ外部電源から電流を流し、内層コイルの磁場が4メガヘルツ、外層コイルが
396メガヘルツを発生することで、合計400メガヘルツの磁場を達成しました。その後、永久電流
スイッチを動作させて、外部電源を切り離すことで、永久電流運転を開始しました。2日間にわたる磁
場の変動を計測したところ、1時間あたり10億分の1レベルという非常に高い安定度が得られ、磁場
の空間均一度を向上させNMR信号の取得に成功する。

Dec. 19, 2017

今回のNMR装置では、高温超電導線材の内層コイルの発生磁場は大きくないが、高温超電導線材の超
電導接合を用いたNMRの永久電流運転を初めて実証できた。
今後、この技術を生かし、1300メガ
ヘルツ(30.5テスラ)の次世代超高磁場NMR装置の実現に取り組む方針。

 Nov. 7, 2018
【バイオ発電事業篇:世界初!発電するキノコ作製】
 プリンタで「発電するキノコ」を作り出すことに研究者が成功
米国の研究者は、3Dプリンターを使ってマッシュルームとバクテリアを組み合わせ『発電するキノコ』
を作り出すことに成功したことを公表。
スティーブンス工科大学(Manu Mannoor教授)らの研究グルー
は、マッシュルームと光合成を行いエネルギーを作る細菌のシアノバクテリアを組み合わせ発電する機
構をアイデアで、
3Dプリンタで生きているマッシュルームのかさの部分にさまざまな加工→グラフェン
に電気的特製を付与したグラフェンナノリボンインクで、木の枝のように分岐したパターンを3Dプリン
タてマッシュルームのかさを作製→シアノバクテリアを含むバイオインクを用いて、複数の点でグラフ
ェンナノリボンのインクと交差するようならせん状のパターン作製→
その後マッシュルームに光を照ら
すとシアノバクテリアが光合成を始め→光化学的反応によって発生した「光電流」が細菌の表面から流
れ→グラフェンナノリボンの導電ネットワークを介して移動→マッシュルームのかさに付着したシアノ
バクテリアの光合成を促す→65ナノアンペアという微弱な電気を発生させることに成功する。

 Nov. 8, 2018

今回作ることができた電力はわずかなもので、実際に何かの電気機器を動かすようなことはできないが、
研究グループは大量の発電キノコを作り出して並べることで、やがてはLEDライトを点灯させることも
できる。
また、3Dプリンタを用いた組み合わせにより、生きた発電機構を作り出すことを実証。現実の
自然には存在しない生物種の組み合わせ、革新的なバイオ構造を生み出すことができ、今後さらに多く
の発見につながる。シアノバクテリアはへ光合成に必要な水分を供給し、一般的な細菌の6倍の光電流
を取り出せ、シアノバクテリアは数日間長生きするメリットを確認。
さまざまな微生物界を工学的に統
合することで合理的な生体共生の存在を探り、多くのメリットを得ることができるという。
 

 ● 今夜の一曲

Say Yes 唄 チャゲ&飛鳥 Music Writer:CHAGE 飛鳥涼 青木せい子  
SAY YES」(セイ・イエス)は、CHAGE&ASKAの27枚目のシングル。1991年7月24日に発
売。発売元はポニーキャニオン。デビュー12年目にして初のオリコンチャート1位とミリオンセラー
を達成、テレビドラマ『101回目のプロポーズ』と共に大ヒットする。
日本国内のみならず、アジアでも
広く流行。
デビューから12年11ヶ月で自身初の1位を獲得。発売10週目累計売上200万枚突破
13週連続でオリコン週間1位、この記録はオリコン歴代5位(平成に記録した中で最大)。
小田和正
の「Oh! Yeah! / ラブ・ストーリーは突然に」に阻まれ2位にとどまる。累計売上で累計282.2万枚
を記録、作品(シングル&アルバム)中では最大売上を記録。

 余計な物など無いよね
 すべてが君と僕との愛の構えさ
 少しくらいの嘘やワガママ
 まるで僕をためすような
 恋人のフレイズになる
 このままふたりで 夢をそろえて
 何げなく暮らさないか
 愛には愛で感じ合おうよ
 硝子ケースに並ばないように
 何度も言うよ 残さず言うよ
 君があふれてる

 言葉は心を越えない
 とても伝えたがるけど
 心に勝てない 君に逢いたくて
 逢えなくて寂しい夜
 星の屋根に守られて
 恋人の切なさ知った
 このままふたりで 朝を迎えて
 いつまでも暮らさないか…

 愛には愛で感じ合おうよ
 恋の手触り消えないように
 何度も言うよ 君は確かに
 僕を愛してる

 

コメント

#IHearYou それはそうだけれどⅡ

2018年11月06日 | デジタル革命渦論

  


                                  

第68「不争の徳」
立派な武士は、強がらない。戦上手は、誘いに乗らない。勝つことの名人は、やたらと喧嘩腰にならな
い。人使いの巧者は、相手の下手に出る。これが不争の摺である。不争の徳は、人の力を最大限に利用
する。これが天道の極意である。

第69章 兵法の極意
戦は、仕掛けてはならぬ。相手の仕掛けを待て。進んで戦うより、退いて守れ」
このことばを守るなら、進んでも、進んだとは見えず、腕をふるっても、ふるったとは見えず、敵を草
っても、草ったとは見えず、武器を取っても、取ったとは見えない。これぞ、兵法の極意である。
敵を侮ること、これほど大きな過誤はない。敵を侮り、進んで戦を仕掛ける者は、すでに「道」を失っ
ている。
したがって、双方の戦力が伯仲するときは、牧草されてやむを得ず応戦する側が、つねに勝つ。

   Jun. 5, 2017

 
Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era” 
【エネルギー通貨制時代 14】
  

   Mar. 3, 2017 

  View Inc.

 ソフトバンク 「スマート・ウィンドウ」に11億ドル投資

11月2日、金融市場などの調査会社のブルームバーグによるとブルソフトバンクは、大規模な投資を
公表した。インターネット接続された窓ガラスを製造販売するシリコンバレーメーカーView Inc.社に、
11億ドルを投資する。View社の技術――IoT 適用の遠隔御できるのスマート・ウインドウ「ダイナミ
ックガラス」は、ブラインドやその他のアクセサリをなくし冷却コストを削減(デジタル革命基本第5
則 イレイジング)。10年を費やし開発したガラスは、空港、病院、オフィスビルを対象販売からと
入る。投資はView社の
ミシシッピ州にある製造工場規模を2倍にし、アプリケーション開発系継続に向
けられる。 View社の担当責任者(CEO、Rao Mulpuri)は、初めて窓をデジタル化するものだと語る。
ソフトバンク・グループのビジョン・ファンド社、Uber Technologies Inc.および  WeWork Cosが有望な
テクノロジーに約1千億ドルの資本調達を行うが、その資金に450億ドルを拠出したサウジアラビアと
の関係でここ数週間で厳しい監視を受けている。
ソフトバンクの孫正義CEOが、将来的にはより多くの
資金を調達できるか不明であるが、サウジアラビアの危機以来、ビジョン・ファンドが明らかにした最
大の案件。

 Nov. 2, 2018 

この投資の前には、コーニング、マドレーン・キャピタル・パートナーズ、TIAAインベストメンツ、ニ
ュージーランドのソブリン・ウェルス・ファンドなどの投資家から約8億ドルを調達。ソフトバンクは
新たに11億ドルを投じた唯一の投資となる。 両社は、この取引でView社評価開示否定している。前
出の担当責任者(Mulpuri) によればこの契約は数週間継続、サウジの事件は不安材料だが、今や長期
間に渡る
ソフトバンクとの信頼関係を築いており楽観していると語る。

半導体製造適用技術により、View社はガラス板上に金属酸化膜の堆積方法開発。これは薄膜に非常に小
さな電流を流し、様々な程度でガラスを遮光できる。ガラス周辺のフレームには、色合いを調整し、イ
ンターネットと接続する電子デバイスと、該当する建造物建物に配置した気象監視レーダや通信アンテ
ナが含まれる。ユーザーは、モバイルアプリケーションで、建物に当たる太陽光量に基づき着色プロセ
スを自動化、これを単一色調するか多色のタイプの色合いにあるか選択制御できる。
 

View製品価格は、通常のラスの約4倍だが、省エネ効果で約20%削減し、シャッター、シェード、ブ
ラインド購入価格はゼロとなるので問題ないとする。 同社はさらに、工場や病院などの施設のスマー
トグラス一体建造物の居住・就労空間の健康促進改善効果を検証する。
 Wikipedia

同社のユーザーの1つであるはダラス・フォートワース国際空港で、この窓がターミナルをより快適な
室温を維持していることを実証  また、Facebook Inc.、FedEx Corp.、JPMorgan Chase&Co.、USAA、
Texas A&M University
をユーザーに抱え、現在までに450件のプロジェクトを完了、250件のプロジェクト
が計画/実行中。  SageGlassとKinestral Technologies Inc.もこのタイプのダイナミックガラスを製造して
おり、主要なガラスメーカーの支援を受けている。
 
今後、同社はスマートグラスにさまざまな機能を追加する。 また、各色調は、ソフトバンク社のスマートフォンなど
の保有知財/企業技術を生かした電子チップと、ARM Holdings Plcの設計を基調とする。 直近に、View社は、
特定ガラス板にセキュリティ防犯機能を追加する。 また、長期的には、窓をホワイトボードやビデオディスプレイ
可能な機能を追加する予定。

   July 17, 2018

 

【関連特許:95件】 

US20120062975A Controlling transitions in optically switchable devices :
  光学的に切り替え可能なデバイスにおける遷移の制御


【要約】
コントローラまたは制御方法は、デバイスおよび/またはデバイスの環境の現在の温度に関する情報なし
で動作するように設計または構成されてもよい。 さらに、いくつかの場合において、コントローラまた
は制御方法は、2つの終了状態の間の中間状態への光学デバイスの移行を制御するように設計または構成
されている。 例えば、コントローラは、透過率の2つの終了状態の中間である透過率の状態への移行を
制御するように構成されてもよい。 このような場合には、3つ以上の安定した透過状態を有する。


 


【特許請求の範囲】

1.エレクトロクロミック素子の光学的遷移を開始光学状態から終了光学状態に制御する方法であって、
(a)前記エレクトロクロミック素子を駆動するための駆動電圧を、
前記駆動電圧は、前記エレクトロク
ロミック素子のバスバーに印加され、
(b)移行が完了する前に、バスバーに印加される電圧の大きさ
を駆動電圧未満の大きさに減少させるステップと、
(c)バスバーに印加される電圧の大きさを減少さ
せた後、エレクトロクロミック装置内の電流または開回路電圧を検出するステップと、
(d)(c)で検
出された電流または開放回路電圧が光学遷移がほぼ完了したことを示す特性を有するかどうかを決定す
るステップと、
(e)(d)において、光学遷移がまだほぼ完了していないと判定された場合、バスバー
に印加される電圧の大きさを駆動電圧に増加させ、駆動電圧を追加の持続時間にわたって印加する。

2.(d)において、光学遷移がほぼ完了していると判定された場合、終了光学状態を保持するための保
持電圧を印加するステップをさらに含む、請求項1に記載の方法。
3.前記電圧は、(b)において、前記駆動電圧から前記保持電圧まで低減される、請求項1に記載の方法。
4.(c)で検出された電流または開放回路電圧が、光学遷移がほぼ完了したことを示す特性を有するか
どうかを判断することは、特定の方向の電流が閾値レベルを下回るかどうかを決定することを含む。
5.
前記閾値レベルが0アンペアである、請求項4に記載の方法。
6.b)~(d)が約5秒〜5分の頻度で繰り返される、請求項1に記載の方法。
7.(b)において、(a)において駆動電圧を印加した後の所定の時間に電圧が低下し、前記規定され
た時間は最大約30分である、請求項1に記載の方法。
8.エレクトロクロミック装置の光学遷移を開始光学状態から終了光学状態に制御する方法であって、
(a)前記エレクトロクロミック装置を駆動するための駆動電圧または駆動電流を前記開始光学状態駆
動電圧または駆動電流がエレクトロクロミック装置のバスバーに印加される終端光学状態に至り、
 (b)前記エレクトロクロミックデバイス内の電流または開回路電圧を検出するステップと、 (c)
(b)で検出された電流または開放回路電圧が目標遷移時間内に光学遷移が完了することを示す特性を有
するかどうかを判定するステップと、 (d)(c)において、光学遷移が目標時間枠内で完了しないと判
定された場合、修正駆動電圧または修正駆動電流を印加するステップとを含み、変更駆動電圧または修
正駆動電流の
大きさは、 (a)で印加された駆動電圧または駆動電流の大きさ。
9.(c)において、光学遷移が目標時間内に完了すると判定された場合に、駆動電圧または駆動電流を
印加するステップをさらに含む、請求項8に記載の方法。
10.b)が、バスバーに印加される電圧または電流の大きさを、駆動電圧または駆動電流よりも小さい大
きさに低減することを含む、請求項8に記載の方法。
11.前記バスバーに印加される電圧または電流の大きさを減少させることは、(a)において前記駆動電
圧または駆動電流を印加した後の所定の時間に実行され、前記定義された時間は、約30分
12.(b)で検出された電流または開放回路電圧が、光学遷移が目標時間内に完了することを示す特性を
有するかどうかを判断することは、電流または開放回路電圧が所定の範囲内にあるかどうかを決定する
ことを含む。
13.(
b)~(c)を繰り返すことをさらに含む、請求項8に記載の方法。
14.エレクトロクロミック装置の光学的遷移を開始光学状態から終了光学状態に制御する方法であって、
(a)前記エレクトロクロミック装置を駆動するための駆動電圧を、前記開始光学状態から前記終了前記
駆動電圧は、前記エレクトロクロミック素子のバスバーに印加され、 (b)遷移が完了する前に、バス
バーに印加される電圧の大きさを保持電圧まで減少させるステップと、 (c)バスバーに印加される電
圧の大きさを減少させた後、エレクトロクロミック装置内の電流または開回路電圧を検出するステップ
と、 (d)(c)で検出された電流または開放回路電圧が光学遷移がほぼ完了したことを示す特性を有す
るかどうかを決定するステップと、 (e)(d)において、光学遷移がほぼ完了していると判定された場
合、終了光学状態を保持するための保持電圧を印加する。保持電圧の大きさは、駆動電圧の大きさより
も小さい。
15.
(c)で検出された電流または開回路電圧が、光学遷移がほぼ完了したことを示す特性を有するかど
うかを判断することは、特定の方向の電流が閾値レベルを下回るか否かを判定する段階を含む。
16.前
記閾値レベルが0アンペアである、請求項15に記載の方法。
17.
(b)~(d)
が約5秒~5分の頻度で繰り返される、請求項14に記載の方法。
18.(b)において、(a)において駆動電圧を印加した後の所定の時間に電圧が低下し、前記規定され
た時間は最大約30分である、請求項14に記載の方法。

19.前記ステップ(d)の前に、前記検出された電流が前記(d)で決定された結果、前記バスバーに印
加される電圧の大きさを前記駆動電圧まで増加させるステップをさらに含む、 光学遷移がほぼ完了して
いることを示す特性を持たない。 (ii)(b)〜(d)を繰り返すことを含む。

※尚、上記特許の【請求範囲】は、同タイトルの再表示のものを翻訳(US10120258,Nov.6,2018)

1.10,120,258  Controlling transitions in optically switchable devices 
2 10,114,265  Thin-film devices and fabrication 
3 10,112,258  Coaxial distance measurement via folding of triangulation sensor optics path 
4 10,088,731  Multi-pane electrochromic windows 
5 10,088,729  Electrochromic devices 
6 10,054,833  Fabrication of low defectivity electrochromic devices 
7 10,048,561  Control method for tintable windows 
8 10,001,691  Onboard controller for multistate windows 
9 9,995,985   Electrochromic window fabrication methods 
10 9,962,170 Method and devices for treating spinal stenosis 
11 9,958,750  Electrochromic window fabrication methods 
12 9,952,481  Obscuring bus bars in electrochromic glass structures 
13 9,946,138  Onboard controller for multistate windows 
14 9,921,450  Driving thin film switchable optical devices 
15 9,927,674  Multipurpose controller for multistate windows 
16 9,921,450 Driving thin film switchable optical devices 
17 9,910,336  Spacers and connectors for insulated glass units 
18 9,904,138 Fabrication of low defectivity electrochromic devices 
19 9,897,888 Spacers for insulated glass units 
20 9,885,935 Controlling transitions in optically switchable devices 
21 9,885,934  Portable defect mitigators for electrochromic windows 
22 9,831,072  Sputter target and sputtering methods 
23 9,829,763  Multi-pane electrochromic windows 
24 9,778,532  Controlling transitions in optically switchable devices 
25 9,759,975  Electrochromic devices 
26 9,728,920  Connectors for smart windows 
27 9,723,723  Temperable electrochromic devices 
28 9,720,298  Electrochromic devices 
29 9,703,167  Electrochromic window fabrication methods 
30 9,690,162  Connectors for smart windows 
31 9,671,665 Connectors for smart windows 
32 9,671,664  Electrochromic devices 
33 9,664,976  Wireless powered electrochromic windows 
34 9,664,974  Fabrication of low defectivity electrochromic devices 
35 9,645,465  Controlling transitions in optically switchable devices 
36 9,638,978  Control method for tintable windows 
37 9,638,977  Pinhole mitigation for optical devices 
38 9,618,819  Multi-pane dynamic window and method for making same 
39 9,523,902 Mitigating thermal shock in tintable windows 
40 9,513,525 Electrochromic window fabrication methods 
41 9,507,232 Portable defect mitigator for electrochromic windows 
42 9,482,922  Multipurpose controller for multistate windows 
43 9,477,131  Driving thin film switchable optical devices 
44 9,477,129 Fabrication of low defectivity electrochromic devices 
45 9,454,056  Driving thin film switchable optical devices 
46 9,454,055  Multipurpose controller for multistate windows 
47 9,454,053  Thin-film devices and fabrication 
48 9,442,341  Onboard controller for multistate windows 
49 9,442,339  Spacers and connectors for insulated glass units 
50 9,436,055  Onboard controller for multistate windows 
51 9,436,054 Connectors for smart windows 
52 9,429,809 Fabrication of low defectivity electrochromic devices 
53 9,423,664 Controlling transitions in optically switchable devices 
54 9,412,290 Controlling transitions in optically switchable devices 
55 9,348,192 Controlling transitions in optically switchable devices 
56 9,341,912 Multi-zone EC windows 
57 9,341,909 Multi-pane dynamic window and method for making same 
58 9,320,535 Tissue removal system with retention mechanism 
59 9,261,751 Electrochromic devices 
60 9,229,291 Defect-mitigation layers in electrochromic devices 
61 9,164,346 Electrochromic devices 
62 9,158,173 Spacers for insulated glass units 
63 9,140,951 Electrochromic devices 
64 9,128,346 Onboard controller for multistate windows 
65 9,116,410 Multi-pane electrochromic windows 
66 9,110,345 Multi-pane dynamic window and method for making same 
67 9,102,124 Electrochromic window fabrication methods 
68 9,081,247 Driving thin film switchable optical devices 
69 9,081,246 Wireless powered electrochromic windows 
70 9,030,725 Driving thin film switchable optical devices 
71 9,019,588 Connectors for smart windows 
72~95は紙面の都合で割愛

コメント

エネルギー貯蔵革命

2018年10月26日 | デジタル革命渦論

 


                                  

第55章 無心の強さ
内面に多大の徳を秘めた人は、いわば赤子のごときものである。
無心な赤子は、毒虫も刺さない。猛獣も爪をかけない。猛禽も飛びかからない。
体は柔らかくもろいのに、拳だけは固く握りしめている。男女の交わりとは無関係に、力強く勃起
する。自然の精気が充満している証拠だ。

朝から晩まで泣き叫んでも、声がかれない。自然に順応しきっている証拠だ。
自然に順応しきるなら、達には無窮の境地に到達する。無窮の境坤を知ってこそ、明知といえる。
ところが世の人々は、作為によって力をつけては、それが喜ばしいことだと考え、自然に逆らって
私意を通しては、それが強さだと考えている。
強壮のかげには必ず老衰が潜ひ。これを悟らず、強壮にのみ執着するのは、「道」にはずれた行為
である。「道」にはずれた行為は、長続きしない。

第56章 「和光同塵」
真の知者は、知をひけらかさない。知をひけらかす者は、真の知者ではない。
真の知者は、感覚にとらわれもせず、みだりに私意をはたらかせもしない。才知を捨て、自己主張
もせず、ただ平々凡々として、世俗に同調する。「道」と一体化するとは、このことである。
だから、真の知者に対しては、親しむべきか、憎むべきか、利すべきか、害すべきか、尊敬すべき
か、軽蔑すべきか、人々は判断のてがかりがつかめない。
このような、外からの力ではどうすることもできない人物こそ、もっとも偉大なのである。

 
Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era” 
【エネルギー通貨制時代 Ⅶ】 
 
24日の米国のウッドマッケンジー(Wood Mackenzie)調査会社の再エネ波及の「2035年変曲
点到来」予測を踏まえ、わたし(たち)が考える「再エネ100社会実現のタイムライン」を考え
てみた時、独立分散型大容量固体型蓄電池をコアとしたエネルギー貯蔵システムの実用普及が鍵に
なると観る(下図参考)。そしてそれは結構前倒で実現していく(2025年には相当様変わりし
ているだろう)。そこでは、過剰となった電力で水素製造され液体水素として貯蔵され一部は燃料
用として、また一部はナフサなどの化学物質として合成される未来図を描く。そこで、11月から
12月にわたりこのブログで、独立分散大容量固体型蓄電池型エネルギー貯蔵技術のブレークスル
ー課題を、『エネルギー貯蔵革命』として連載していく。



【エネルギー貯蔵技術事例研究 Ⅰ】
❑ US20170153290A1 
エネルギー貯蔵セルの自己放電電流及び内部短絡判定システム及びその方法
【概要】 
本件は、エネルギー貯蔵電池診断パラメータの決定システムとその方法、より具体的にはエネルギ
ー貯蔵電池の自己放電決定システムである。二次電池電池は、低自己放電で高エネルギー密度なリ
チウムイオン電池が注目されているが、
リチウムイオン電池の1つの欠点は、発火や爆発する可能
性であり、例えば、電池の内部ソフト短絡(ISSCが進行し、最終的には内部ハード短絡(IHSC
に変化する可能性がある。 IHSCを通し高まった自己放電々流で発生した熱は、リチウムイオン電
池の熱暴走、有毒蒸気の放出、発火、爆発するため破局的な故障を引き起こすリスクがある。この
ように破局的な故障、致命的な不具合により莫大で大規模なリコールが発生。二次電池システムの
電池サイズ(例えば、電気駆動車両における)または固定記憶装置サイズ(例えば、グリッド記憶
装置)が大きくなるにつれ壊滅的な故障リスクも増大する。


エネルギー貯蔵セル内の自己放電電流を測定し、内部短絡を検出するためのシステムおよび方法を
開示。システムは、エネルギー蓄積セルの開放電圧よりも低くなるように選択された一定の試験電
圧をエネルギー蓄積セルに供給するように構成されたDC電圧源を含む。このシステムはまた、DC電
圧源とエネルギー蓄積セルとの間に動作可能に結合された電流測定装置と、電流測定装置に動作可
能に結合された制御回路とを含む。方法は、一定の試験電圧を印加し、試験電流が負の電流から正
の電流に切り替わるまでDC電圧源とエネルギー蓄積セルとの間に流れる試験電流を測定することを
含む。この方法はまた、試験方法に結び付けられた物理的プロセスを捕捉する計算モデルを用いて
測定された試験電流を分析することによって、エネルギー貯蔵セルの自己放電電流を決定すること
を含む。(下図1)。

 
【特許請求範囲】

  1. エネルギー蓄積セル内の自己放電電流を決定する方法であって、直流電圧源を用いて、エネルギー負荷セルに接続された外部負荷がない一定の試験電圧をエネルギー貯蔵セルに印加するステップと、エネルギー蓄積セルの初期充電状態(SOC)におけるエネルギー蓄積セルの開放電圧よりも低い一定の試験電圧と、前記試験電流が負電流から正電流に切り替わるまで、前記直流電圧源と前記エネルギー蓄積セルとの間に流れる試験電流を測定するステップと、測定された試験電流を分析することによって、エネルギー貯蔵セルの自己放電電流を電流測定装置に動作可能に結合された制御回路で決定するステップであって、自己放電電流が、エネルギー貯蔵セル。
  2. 前記測定された試験電流を分析することによって前記エネルギー貯蔵セルの自己放電電流を決定することは、前記自己放電電流を、前記測定された試験電流スイッチの後に取られた前記測定された試験電流の平均値となるように決定することを含む、請求項1に記載の方法。負の電流から正の電流へと変化する。
  3. 前記測定された試験を分析することによって前記エネルギー貯蔵セルの自己放電電流を決定することは、前記エネルギー貯蔵セルの自己放電電流の最小値の後に取られた時間に対する前記エネルギー貯蔵セルの累積電荷を近似する線の勾配を計算することを含む、 累積課金額に達する。
  4. 前記エネルギー蓄積セルの初期SOCで一定の試験電圧をエネルギー貯蔵セルに印加するステップが、満充電されたエネルギー貯蔵セルのSOCで前記一定の試験電圧を印加するステップを含む、請求項1に記載の方法。
  5. 前記エネルギー貯蔵セルの初期SOCでエネルギー貯蔵セルに一定の試験電圧を印加する段階は、満充電されたセルについてSOCより小さいSOCで前記エネルギー貯蔵セルに前記一定の試験電圧を印加する段階を含むことを特徴とする請求項1に記載の方法。
  6. 一定の試験電圧をエネルギー貯蔵セルに印加するステップは、一定の試験電圧を前記エネルギー貯蔵セルに印加するステップを含み、前記一定の試験電圧は、前記開放電圧の約0.2~20ミリボルトである、請求項1に記載の方法。エネルギー貯蔵セル。
  7. 前記一定の試験電圧を印加しながら前記試験電流を測定しながら、前記エネルギー貯蔵セルの環境温度を前記エネルギー貯蔵セルの予想動作温度と同様に制御するステップをさらに含む、請求項1に記載の方法。
  8. 前記エネルギー貯蔵セルの決定された自己放電電流がより大きいと判断することに応答して、前記エネルギー貯蔵セルが内部ソフト短絡回路または内部ハード短絡回路のうちの少なくとも1つを展開したと判断するステップをさらに含む、請求項1に記載の方法。 予め定められた自己放電電流よりも所定の閾値だけ大きい。
  9. 前記エネルギー貯蔵セルが内部ソフト短絡回路または内部ハード短絡回路のうちの少なくとも1つを展開したと判断するステップは、前記エネルギー貯蔵セルの前記決定された自己放電電流が、 予め決定された自己放電電流を少なくとも約1桁大きくすることができる。
  10. 前記制御回路に動作可能に結合されたユーザインタフェースを用いて、前記エネルギー蓄積セルが内部ソフト短絡回路または内部ハード短絡回路のうちの少なくとも1つを展開したことを示すステップをさらに含む、請求項8に記載の方法。10
  11. 1つ以上のエネルギー貯蔵セルの自己放電電流を決定するシステムであって、外部負荷が接続されていない状態で1つ以上のエネルギー貯蔵セルに一定の試験電圧を提供するように構成された直流(DC)電圧源と、前記一定の試験電圧は、前記1つ以上のエネルギー貯蔵セルの開放回路電圧より小さく選択され、前記DC電圧源と前記1つ以上のエネルギー貯蔵セルとの間に動作可能に結合され、前記DC電圧源と前記1つ以上のエネルギー貯蔵セルとの間に流れる試験電流を測定するように構成された電流測定装置と、電流測定装置によって動作可能に結合され、電流測定装置によって測定された試験電流を分析することによって、1つまたは複数のエネルギー蓄積セルの自己放電電流を決定するように構成された制御回路であって、自己放電電流が、エネルギー蓄積セルによって蓄積された電荷の内部放電、 1つ以上のエネルギー蓄積セルの決定された自己放電電流と、制御回路によって決定された決定された自己放電電流から生成された1つ以上のエネルギー蓄積セルの健康パラメータとの少なくとも1つを示すように構成されたユーザインターフェースとを含む。 。
  12. 前記1つ以上のエネルギー貯蔵セルは、複数のエネルギー貯蔵セルを含み、前記複数のエネルギー貯蔵セルのうちの少なくとも1つは、前記複数のエネルギー貯蔵セルのうちの少なくとも1つと並列に動作可能に連結される、請求項12に記載のシステム。
  13. 前記1つ以上のエネルギー貯蔵セルをさらに備える、請求項11に記載のシステム。
  14. 前記1つ以上のエネルギー貯蔵セルは、複数のエネルギー貯蔵セルを含み、前記複数のエネルギー貯蔵セルのうちの少なくとも1つは、前記複数のエネルギー貯蔵セルのうちの少なくとも1つに直列に動作可能に結合される、請求項12に記載のシステム。
  15. 前記1つ以上のエネルギー貯蔵セルが、リチウムイオン、リチウム金属、ナトリウムイオン、鉛酸、ニッケル - カドミウム、およびニッケル金属水素化物エネルギーの少なくとも1つを含む、請求項12に記載のシステム。 ストレージセル。
  16. 前記1つ以上のエネルギー蓄積セル、前記直流電圧源、前記電流測定回路、前記制御回路、および前記ユーザインタフェースを含むバッテリ駆動装置をさらに備える、請求項11に記載のシステム。
  17. 前記バッテリ駆動装置は、電気駆動車両、電気グリッドサービス、および民生用電子装置からなる群から選択されるバッテリ駆動装置を含む、請求項16に記載のシステム。
  18. 前記1つ以上のエネルギー蓄積セルの前記健康パラメータは、前記1つ以上のエネルギー蓄積セルの少なくとも1つが、少なくとも部分的に前記1つ以上のエネルギー蓄積セルに基づいて決定に応答して置き換えられるべきであるという指示を含む、請求項11に記載のシステム。前記1つ以上のエネルギー蓄積セルの少なくとも1つが、内部ソフト短絡回路または内部ハード短絡回路の少なくとも1つを含むことを特徴とする請求項1に記載の方法。
  19. 前記1つまたは複数のエネルギー蓄積セルの前記健康パラメータは、短絡または新生デンドライトの少なくとも1つが前記決定されたエネルギー変化の変化に応答して前記エネルギー蓄積セル内に形成されたという表示を含む請求項11に記載のシステム。電流測定装置によって測定された試験電流を分析することによって決定される測定基準。
  20. 前記決定された健康メトリックは、前記決定された自己放電電流、前記テスト電流がゼロ交差点に到達するのに必要な時間の長さ、決定された内部短絡抵抗とを含む。
  21. エネルギー蓄積セルの自己放電電流を決定する方法であって、直流電圧源を用いてエネルギー負荷セルに接続された外部負荷がない一定の試験電圧をエネルギー貯蔵セルに印加するステップと、エネルギー蓄積セルの開放電圧よりも低く選択された一定の試験電圧と、少なくとも試験電流が負電圧から直流電圧源からエネルギー蓄積セルに流れる正電流に切り替わるまで、直流電圧源とエネルギー貯蔵セルとの間に流れる試験電流を測定するステップと、電流測定装置に動作可能に結合された制御回路によって、測定された試験電流を分析することによってエネルギー貯蔵セルの自己放電電流を決定するステップであって、自己放電電流が、エネルギーによって蓄積された電荷の内部放電率ストレージセル
  22. 前記測定された試験電流源を分析することによって前記エネルギー貯蔵セルの自己放電電流を決定することは、前記試験された試験電流を、試験中に前記セル内の複数の物理的プロセスを考慮するシグモイド型モデルで分析することを含む、請求項21に記載の方法。期間
  23. 前記測定された試験電流を分析することによって前記エネルギー貯蔵セルの自己放電電流を決定することは、前記測定された試験電流を分析することによって測定された前記試験電流に対応するデータ点に数値回帰を行うシグモイド型モデルを使用することを含む、エネルギー蓄積セルに一定の試験電圧が印加される時間と、試験電流が負電流から正電流に切り替わる時間との間で変化し、これにより、エネルギー蓄積セルの自己放電電流を決定するのに必要な時間が短縮される
  24. 測定された試験電流を分析することは、定電位条件をカバーするシグモイド型モデルを用いて実行される、請求項21に記載の方法。
  25. 前記測定された試験電流を分析することによって前記エネルギー貯蔵セルの自己放電電流を決定することは、前記自己放電電流の大きさを、前記試験電流が後に落ち着く大きさと同じに決定することを含む、請求項21に記載の方法。 テスト電流は負の電流から正の電流に切り替わります。
  26. 前記エネルギー貯蔵装置によって失われた正味のエネルギー量を決定するために、前記試験電流を経時的に推定する数学的モデル式を数値的に積分することによって前記エネルギー貯蔵セルの充電状態(SOC)の変化を決定するステップをさらに含む、請求項21に記載の方法。細胞。
  27. 前記エネルギー貯蔵装置によって失われた正味のエネルギー量を決定するために、前記試験電流を経時的に推定する数学的モデル式を数値的に積分することによって前記エネルギー貯蔵セルの充電状態(SOC)の変化を決定するステップをさらに含む、請求項21に記載の方法。細胞。
  28. 前記エネルギー蓄積セルの任意に選択された状態の前記エネルギー蓄積セルの自己放電電流を予測することは、前記エネルギー蓄積セルの自己放電電流を予測することは、前記少なくとも1つの状態は、細胞化学、細胞の状態、細胞の年齢、および細胞温度からなる群から選択される、方法
  29. 前記測定された試験電流源を分析することによって前記エネルギー貯蔵セルの自己放電電流を決定することは、前記測定された試験電流を数学的モデルで診断分析することを含み、物理的、化学的、運動的、およびエネルギー蓄積セルの自己放電電流の挙動に寄与する材料の基礎のうちの少なくとも1つを含む
  30. 自己放電電流を決定することは、任意に選択されたセル間構成の複数の相互接続されたセルに対して実行されることを特徴とする請求項21に記載の方法
  31. バッテリ管理および制御システム内での使用のための自己放電電流に関連するキー量を決定することをさらに備え、動作状態の監視および制御と、バッテリ使用状態および健康の診断判定が連続的に実行される、請求項21に記載の方法。リアルタイムの管理作業が容易になるようにする

 

 

【社会政策トレッキング:バラマキは正しい経済政策である 20】      

 Yutaka Hrada, Wikipedea 
第3章 ベーシック・インカムは実現できるのか
第10節 医療保険制度をどう扱うか
現在、生活保護費の半分が医療費となっている(財務省「日本の財政関係資料」56頁、2011
年9
月、http://www.mo4ojP/budget/fiscal_condition/related data/sy014_2409.pdf)BIでは医療保障をど
う考えればよいだろうか。政府が、いくつかの医療保険のメニューを提示
し、人々はそのどれかに
強制的に加入させられるという制度を考える。メニューは、終末医
療を受けない、生活の質を
保てない延命治療を受けない、効果のそれほど明らかでない医
療を受けない(例えばアメリカ医
学学会が疑問を呈している治療を受けない)、かかり付け医
の診断を得なければ専門ないし大病
院に行くことができない、などの選択肢を作り、より多く
の項目について受けないとすれば、それ
だけ保険料の安くなる医療保険制度を設ける。人々
は、自由に選択し、BIのなかから保険料を払
う。保険料を差し引いて給付すれば、保険から
漏れる人はいなくなる。

 

なおここで、アメリカ医学学会が疑問を呈している治療とは、例えば、「肺癌のCT検査」「毎年
の大腸の内規鏡検査」「6週間以内の腰痛の画像診断」「4歳以下の子供の風邪への投薬」
などで
ある。これらは、効果がないか、治療効果より危険が大きいかのどちらかの治療である
という(室
井一辰『絶対に受けたくない無駄な医療』日経BP社、2014年)。
もちろん、BIを給付して
も、高額の医療費を自分で支払うことのできない人を助けること
はできない。したがって、この問
題をBIで解決することはできない。これらは、現行の生活
保護費の運用を改善して賄うしかない
だろう。したがって、生活保護費のうちの医療費に使っ
ている額は、BIの代替財源から除外して
いる。

子どもの医療保険についても同じである。基本的には母親が子どもの選択を代行することとする。
ただし、選択のメニューは最小限のものとする。これは、子どもに対する、国家のパレ
ンス・パト
リエ(parens patriae:国親思想)としての機能を認めているからである

第11節 なぜ豊かな人にもBIを支給するのか
BIとは、すべての人に無条件で所得を与えるということである。これに対して、当然、多くの読
者が、疑問に思うことが多々あるだろう。まず、なぜ豊かな人にもBIを支給するのかという疑問
があるだろう。豊かな人にも支給するのは、これが基本的な所得控除の代わりだからである(豊か
な人の所得から基本的な所得を控除してから課税するのと、BIを与えて以前より高い税率で課税
することとは基本的に同じである。それゆえ前述のように、30%一律課税としている。さらに豊
かな人には減税となってしまうが、累進課税にするBIの制度ももちろん考えられる)。本来の負
の所得税のように、所得が増大するにしたがってBI部分を減らしくという考えもあが後出の「B
Iの付属的利点」の項で説明すようまず配付てから課税したほうが、徴税コストが低い。以下、多
くの読者が疑問に思うであろうことに笞えていく。

第12節 結婚税を避ける
豊かな人と結婚した人にもBIを与えるのかという疑問を持つ読者が多いだろう。しかし、豊かな
人と結婚した人には払わないとすれば、これは「結婚税」となる。所得の高い配偶者と結婚してい
ればBIを給付される必要のない人が、結婚をしなければBIを給付されることになる(以下、説
明が煩珀になるので、高い所得を得ている夫と少しの所得しか得ていない妻の場合についてのみ述
べることにする)。人々にとっては、結婚するとBIを得られないのであれば、結婚しなくなると
いうインセンティブが働き、BIが結婚に対する課税となる

これを解決する方法は、高額所得者の夫の妻も含め、すべての人にBIを給付することである。こ
の方法に反対する人も多いだろうが、豊かな夫は、BI以上のものを税として支払っているのだか
ら、そのなかから妻がBIを得ることは正当化されるという議論もありうる。年収560万円以上
の夫は、税率30%で、自分と妻の二人分のBI(560×0.3=84×2)を負担している。
結婚税とならないためには、すべての人にBIを給付することがもっとも単純で合理的な方法であ
る。

2010年4月から実施された子ども手当をめぐってもあったように、このような直接給付につい
て所得制限を設けるべきだという議論が必ずなされるが、それはしばしば実務的に意味がない。例
えば、子ども手当を所得2000万円以上の人に払わないとしても、ほとんど財政コストを節約す
ることにはならない。表3‐4から2000万円以上の所得の人の子どもは18万人と推計される
が、この子どもたちに年36万円のBIを払わなくても、節約できる金額は648億円にすぎない。
所得1000万円以上の人に払わないとすれば、5080億円を節約することができるが、人々は、
1000万円を超えないためのさまざまなトリックを使おうとするだろう。

それを避けるためには、所得が1000円から1万円高まるごとに年間の子ども手当を1000円
ずつ減らすというような制度を作らないといけない。そんなことをするよりも、税に任せるほうが
単だ。所得の高い人は、より多くの税を払っているのだから、直接給付を得てもよいと考えるのが、
一番簡単である。実際に、子ども手当を支給している諸外国でも、所得制限をつけている国はほと
んどない。

第13節 BIと資産保有
大きな財産を持っている人にもBIを給付するのかという疑問は当然に持つだろう。答え
は、豊か
な人はすでに多額の税を払っているのだから、その税のなかからBIを払っているの
だという答え
と同じになる。すなわち、すべての資産と所得に公平に課税すれば、BIを給付
しても公平になる。
BIは、所得控除に代替するものだから、少額の資産を優遇するような資
産課税は廃止する。固定
資産税の200平方メートル以下の小規模宅地優遇制度は当然廃止
する。

日本では、固定資産税が低い。アメリカの固定資産税の国民所得に占める比率を見ると3・3%で、
日本の2・2%の1・5倍である(財団法人資産評価システム研究センタ「地方税
における資産課
税のあり方に関する調査研究報告書-地方分権時代の固定資産税制度のあり
方について」2000
年3月)。そこで、固定資産税を1・5倍に引き上げる。これは5兆円程
度の税収増となる。これ
もBIのための財源となる。


この政策は付随的な利点を持っている。これまで、固定資産税が低いがゆえに、十分なイン
フラを
建設することができず、また、建設したとしても、その利益が土地の所有者に行き、建
設主体であ
る地方自治体の利益は少なかった。固定資座視の引き上げは、自治体にインフラ建
設のためのより
多くの財源を与えることになる。
ただし、固定資産税はインフラを利用するための料金と考えるの
か、財産税と考えるのかと
いう議論はありうる。財産税と考えれば、住宅ローン控除後の金額に課
税すべきだという考え
もありうる。
基礎年金の部分は廃止されているが、厚生年金は残っている拠出か受給か、どちらかは課
税すべ
きである。拠出は非課税なので、受給の段階では課税するのが公平だろう。

第14節  労働意欲を阻害するか
より深刻な反論は、BIが、労働意欲を阻害するという批判である。その批判についてはすでに一
部は笞えている。人々の所得は「BI+自分の所得×0・7」であるということだ。普
通の人々は、
BIだけに満足しないで働くだろう。

ここでさらに三つの問題が生じる。第一に、現行の税制では、所得の低い人が働いても実質的には
課税されないが、BIの制度では3割の税率で課税される。それは労働意欲を阻害する
という批判
である。確かにそうである。しかし、現行の税制でもさまざまな控除を除いた後で
あるが、330
万円以上の所得を得れば税率は2割になる。通常500万円以上の所得が得ら
れると考えている人
にとって、大きな問題になるとは思えない。しかし、より低い所得しか得
られないと考えている人
にとっては多少の阻害効果があるかもしれない。だが、現行の生活保
護では、働けばその分だけ給
付水準を引き下げられるという意味で、ほとんど100%の労働
阻害効果がある。それに比べれば
ずっとよいのではないだろうか。


日本では、税の労働供給の抑制効果についての論文はほとんどないので、以上書いたような
憶測以
上のことを述べるのは難しい。しかし、別所俊一郎「税負担と労働供給」(『日本労働研
究雑誌』
第52巻第21号、2010年12月
)によれば、労働供給の賃金弾性値は、男性で0.079

女性で0.342である。ここで女性の賃金弾性値が高いのは、一般に女性の賃
金が男性よりも低
いことも影響しているだろう。本書で提案したBIの下では、税率10%の
労働者の税率も30%
になる。すると税引き後の賃金は20%(10%-30%)減少するわ
けだから、労働時間は、男
性では「0・79×20=1・58%」、女性では「0・342×20
=6・84%」減少するこ
とになる。300万円以下の人が6・84%減少する人に該当するとすると、全体で所得減は「6・
84%×33・6兆円(表3‐3より計算)=2・3兆円」となる。これはBI導入の大きな妨げ
にはならないだろう。

もちろん、この制度を維持する行政コストという問題もある。誰が人々の所得を把握するのかとい
う問題である。給与所得については問題がない。企業が源泉徴収で3割の税を差し引いて給与を支
払えばよい。原稿料などは、現行は一割の源泉徴収だが、それが3割になる。フリーターの給与も
そうである。椋ぐためにコストがかかるという人は、確定申告して税を還付してもらう。それ以外
にも、自営業の場合はどうなるのか、農家が自家用に生産したものを所得に換算するのかなどさま
ざまな問題をあげつらうことはできる。しかし、現在何をしているかを基本に考えよう。現在でも
完璧に所得を捕捉してなどいないのだ。そのなで、新しい税率を課せぼよいだけだ。

第15節 BIは賃金を引き下げるか
BIは賃金を引き下げるという議論もある。人々の最低限の所得が保障されれば、企業は給与を下
げ、最低限の給与も支払わないだろうというのである。しかし、企業がそれほどわずかな所得しか
支払わないのであれば、人々は働かないことを選ぶだろう。BIは、人々に企業と交渉する力を与
える。

ここでも確かなことを述べるためには、労働供給の所得弾性値が必要であるが、そのような推定値
を見出すことはできなかった。しかし、賃金の低い階層での労働供給に対する賃金の弾性値が大き
いということは、その階層では賃金を上げなければ労働供給を増やせないということである。BI
が賃金を引き下げるということは考えにくい。BIといくらかでも類似の事例を挙げるとすれば、
年金給付の場合が挙げられる。しかし、日本の場合、労働して所得を得ると年金を減額されるので
一定額の給付によって、労働供給がどう変化するかを見ることは難しい



第16節 BIと移民
BIは、移民を制限することになる。年八四万円のBIは、日本の生活コストが高いことを考えて
も、貧しい国の人々には魅力的なものとなりうる。移民は、年500万円以上を間違いなく稼げる
人に限定して認めるしかない。福祉国家は、移民を制約する国家であることを、むしろあらかじめ
明らかにしておくべきだ。

千葉大学の水島治郎教授は、ヨーロッパ、特にオランダやデンマークのように、福祉が発達し、し
かも寛大な移民・難民政策を採用してきた国々において、移民政策の転回という事態が発生してい
ると指摘している(水島治郎『反転する福祉国家-オランダモデルの光と影』第3章・第4章、岩
波書店、2012年)。すなわち、ヨーロッパのなかで移民を制限する政策に転回する国が増加し
ているというのである

水島氏のこの著書は、オランダにおいて2000年ごろから盛んになった、移民がヨーロッパの共
通規範、すなわち政教分離、個人の自立、男女平等、言論の自由といった価値観に従わないという
文化的批判運動に紙幅を割いているのであるが、単に、社会保障のコストという観点から見ても、
納税者である国民が社会保障に依存する移民に対して批判的になるのは当然のことである。

福祉国家でない時代、圧政から逃れて保護を求めて来た人々に対して国民が同情的なのは当然であ
る。その人々は、短期的には食事や衣服や住居の援助を必要とするかもしれないが、すぐに自活し
、保護を与えてくれた国とその国民に感謝し、同化するか、祖国の圧政と闘い続けるかのどちらか
を選び、間違っても、保護者たる国とその国民に敵対したり、依存したりすることはなかった。そ
もそも、福祉国家でなければ、国民が国家に依存することはできない

しかし、福祉が拡大するにつれて、受け入れ国の福祉に依存して生活する移民もあらわれるように
なってきた。それに対して、納税者たる国民が批判的になるのはむしろ当然のことであるだろう。

ここで当然の疑問が生じる。移民は、本来、依存するためでなく、労働するためにヨーロッパに移
住してきたのである。実際、ヨーロッパの企業が彼らを労働者として雇い、彼らは祖国よりも高い
賃金を得ることができ、企業は安価な労働力を得て、ともに利益を得たのである



なぜ、その子どもの世代になって、福祉に依存するようになってしまったのだろうか。水島氏の前
掲書(第4章)は、その理由として、産業構造の転換を挙げる。父の世代の末端の工場労働者であ
れば、指示されたとおりに組み立てをしていればよかった。しかし、脱工業化の時代には、労働者
はチームのなかで相互にコミュニケーションを図りながら創造的活動を行うことが求められている
文化の理解能力を含むコミュニケーション能力に欠ける労働者は、社会のなかで求められなくなっ
ている。福祉国家の市民権は、参加し貢献するものだけに与えられるものとなるという

BIはすべての国民に無条件で与えられるものである。しかし、無条件で与えられるものであれば、
なおさら、その国民の範囲を限定せざるをえないものとなるだろう(BIないしは福祉国家と市民
権についての困難な関係については、飯田文雄『ポスト福祉国家の時代における共生社会の可能性
とベーシック・インカム論』第5章第3節「多文化主義とベーシック・インカム論」、財団法人全
国勤労者福祉・共済振興協会、全労済協会公募研究シリーズー6、2010年 http://www.zenrosaik
yokai.or.jp/thinktank/library/lib‐invite/Pdf/koubo16.pdf
が有益である)。、

             原田 泰著 『ベーシック・インカム 国家は貧困問題を解決できるいか』

                                        この項つづく

  ● 今夜の一曲

唄 木戸泰弘 『あの素晴らしい愛をもう一度』 Music Writer 北山修/加藤和彦

コメント

エネルギー通貨制時代Ⅱ

2018年10月11日 | デジタル革命渦論

  


                                              

第44章 欲がすぎれば損をする
地位と生命とは、どちらが大切か。財産と生命とは、どちらがありがたいか。得ると失うとは、ど
ちらが苦しいか。
欲がすぎれば、てひどい損をする。蓄えすぎれば、大きく失う。控え目にしていれば、恥を受ける
ことはない。限度を心得ていれば、危険はない。身はいつまでも安泰だ。

第45章 真の雄弁は訥弁に聞こえる
地位と生命とは、どちらが大切か。財産と生命とは、どちらがありがたいか。得ると失うとは、ど
真に完成したものは、一見あなだらけだが、そのはたらきは自在である。真に充実したものは、一
見うつろだが、そのはたらきは無限である。
真にまっすぐなものは、曲がって見える。真に巧妙なものは、稚拙に見える。真の雄弁は、訥弁に
聞こえる。すべて真なるものは、作為を捨てて自然のままであるから、かえって真実らしくは見え
ないものだ。
活動が極まると、寒い休息の季節が来る。休息が極まると、熟い活動の季節が来る。動と静とを超
えた無為を守り自然に従うこと、それが天下の規範である。
 

 Oct.10, 2018

● 電気自動車18年Q3も世界再エネ投資続伸!

        

【社会政策トレッキング:バラマキは正しい経済政策である 15】   

  Oct. 6, 2018

 Sep. 18, 2018
Ontario, Canada: Reactions to Ontario Basic Income Pilot Cancelation

10月7日、"NHKドキュメンタリー - NHKスペシャル マネー・ワールド~資本主義の未来~
(2)仕事がなくなる!?」でベーシック・インカム制度のことが取り上げていた。
爆笑問題が出
演する経済エンターテインメントシリーズの第2回は、AIやロボットが私たちの懐に与える衝撃
――
人間の仕事をAIやロボットが担うようになり、私たちは富を生み出せなくなるという時代が
目前に迫ってい
る。AIロボットが幅を利かせる近い未来、私たち人間はどのようにして生きてい
けばよいのか、知恵を絞
る。孫正義ソフトバンクグループ社長と、新井紀子国立情報学研究所教授
が参加し討論に加わるというもので、カナダでのベーシック・インカムの実証実験を取り上げてい
る(Basic Income Experiment Killed in Ontario, Canada, Igniting Complaints, Fortune, Aug. 5, 2018)。

  Possibilities for Our Grandchildren 1930

 Yutaka Hrada, Wikipedea 

第2章 ベーシック・インカムの思想と対立軸
第18節 貧困とパターナリズム 
パターナリズム(家父長主義)とはパレンス・パトリエとは異なる概念である。パターナリズムと
は、他人に迷惑をかけるわけでもない大人の行為を、政府または社会が、そのようなことをするべ
きではないと禁じ、その本人にとって本当によいことは、その本人よりも政府が知っていると考え
ることである

もちろん、他人に迷惑をかける行為かどうかには微妙な判定が必要な場合がある。しかし、ここで
は貧困との関係についてのみ考えよう。貧しいことはお金のないことであるが、確かに、お金のな
いような状況をつくる個人の生活の問題でもある。であるなら、政府は、この個人を指導して正し
い生活をして正しく働くように指導すべきなのだろうか

人間には自己決定権という自由があると考えると、自由には、自ら愚かなことをする権利、「愚行
」も認められるべきなのだろうか。私は、自由を認める限り、愚行権も認めるしかないと考える。
なぜなら、何か他人にとって正しい行為なのか、それを他人が決める権利も知識もからである。
実際に、愚行にしか思えない行為が、人類に素晴らしいことをなした歴史がある。ゴッホ(185
3~90)が牧師になるという志を捨てて、自らの耳を切り落とすような状況に追い込まれたのは
愚かなことだったのだろうか。また、ゴーギャン(1848八~1903)が株式仲買人の仕事を
捨てて南の島に逃避したことは愚かなことだったのだろうか。これについては、また「第3章ベー
シック・インカムは実現できるか」で考えるとして、ここでは、より具体的に、貧しい人への生活
指導がうまくいっているのだろうかと問うてみたい

生活習慣を改めさせ、教育、技能訓練を受けさせて、職業を紹介し、労働させ、収入を得させる。
それによって貧困から脱却でき、生活が保障されるという考え方がある。しかし、どうやって生活
習慣を改めさせることができるのだろうか。

そもそも、教育、技能訓練がうまくいっていない。政策研究大学院大学の黒海昌子教授による、東
京都立技術専門学校の修了生を対象にした分析によると、男性の燭台、職業訓練は年収を減らすと
いう結果が得られている。科目ごとの違いを考慮しても、経理事務以外の事務系を除くすべての科
目群で月収が低下する効果が見られたという。ただし、女性においては、全般的に訓練が収入を高
める効果が観察されたという。訓練期間については、中高年の男性以外については、6か月の訓練
よりも一年以上の訓練を受けることで、訓練後のフルタイムの仕事に就く確率が高まるという。

しかし、これは、中高年の男性については長く訓練を受けろとフルタイムの仕事に就く確率が下が
るということである。また、若年層全般においては長期の訓練が収入を減らす効果かおるという(
黒海昌子「公共職業訓練の収入への効果」、『労働研究雑誌』第514号、2003年5月)。
おそらく、訓練の効果はほとんどないが、長く訓練しているということは、長い間仕事を見出すこ
とができなかったことを示すので、収入の高い仕事に就けなかった、あるいは、諦めて低い収入の
仕事に就いたということを意味するのであろう。



Flashpoint - Refund Fraud and Fake Receipts Proliferate on the Deep & Dark Web  Mar. 7, 2018

第19節 ケースワーカーの不正関与
生活習慣を改めさせるのはケースワーカーの仕事であろう。しかし、近年明らかになっている生活
保護費不正受給事件で、ケースワーカーが関与している燭台がある。福岡県中間市では、虚偽の生
活保護申請書類を作成し、計3回3万円を不正受給したという。申請書類を作成したのは、市職員
でケースワーカーである(「中間市の2職員、詐欺容疑再逮捕、生活保護費不正事件」、一読売新
聞』西部版、2013年5月23日夕刊)。生活保護受給者に介護サービスを実施したと偽って介
護報酬を不正受給した事件もある(「「生活保護者介護」偽り詐欺」、『読売新聞』大阪版、20
13年6月19日夕刊)。

不正受給は全国で4万1909件あった。不正受給の金額は190億円にすぎないが、氷山の一角
である可能性もある。不正受給の47%が収入かおるのに申告していないケース、次は、年金を申
告しないケースで21%あるという(「生活保護不正190億円、過去最悪」、『読売新聞』20
14年3月4日)。年金も生活保護を支払うのも、厚生労働省の仕事である。その厚生労働省が、
年金と生活保護の二重取りをチックできないのだから、後のことは推して知るべしだろう。不正受
給の多くが、収入があるのに申告していないケースだというのは、現行の生活保護制度の欠陥を示
している。働けば生活保護費を減らされてしまうのでは、誰も働こうとしなくなる。あるいは、申
告しようとしなくなる。BIが導入されれば、働いて収入を得ることは賞賛されることになる。制
度は第3章で説明するが、あらゆる事業者が30%の税金を源泉徴収した後に労働者に所得を払う
のである。これは、こっそり働いていることを暴くよりは簡単である。



大阪市で、市の職員が受給者を尾行して、不正受給を暴いたという事例がある。増え続ける生活保
護費の不正受給対策のため、大阪市の橋下徹市長は2012年四月から、生活保護の「不正受給調
査専任チーム」を市内24区すべてに配置している。「区民から「生活保護を受けているAさんが
、スナックで働いているんじやないか?」といった情報提供」があると、警察OBと区職員が張り
込む。「調査は最低でも1カ月続け」確実な証拠を掴むという(「生活保護費不正受給の実態」、
『週刊プレイボーイ」2012年6月18日号)。そのために、人件費をいくら使ったか、少し考
えればバカらしいとわかることだ。もちろん、BIを導入しても、親戚の仕事を手伝ってこっそり
お金をもらい、税金を払わないというような行為を10%なくすことはできないが、現在でも、そ
んなことはできていない。

職業訓練でも不正は尽きない。失業者の生活費と職業訓練費を支援する国の事業で、栃木県の社団
法人が、出席していない受講者が出席していたことにして、国から職業訓練費を受け取
り、国の生
活費は受講者に渡していたことが2011年2月に明らかになった。受講者の多く
は、アルバイト
をして、生活費とアルバイトの二重取りをしていた。不正請求額は、290万
円になるという。チ
ェックする立場の独立行政法人も不正に気づかなかったという(「求職支援
で不正受給栃木で29
0万円教室・受講者山分け」、『朝日新聞」2011年2月21
)。さすがに、厚労省も、全国
の職業訓練事業を対象にした調査の検討も始めたというが
こ厚労相、全国調査指示求職支援の不正
受給」、『朝日新聞』2011年2月22日夕
刊)、その後結局どうなったのか、大きくは報道さ
れていない。

同じく、長期失業者に職業訓練を行う求職者支援制度で、国の民間訓練機関に指定されたソフトウ
ェア開発会社が、資格のない講師に訓練をさせて費用を受け取っていたという事件もあ
る(「無資
格講師、「審査はザル」)、『読売新聞』2013年8月25日)。これは講師の資格が不十分だ
ったということで不正だったわけだが、訓練が役に立ったかを考えれば、さらに効果は怪しい(黒
渾前掲論文参照)。

 生活保護の不正受給 Wikipedia

第20節 日本政府は必要な家父長の役割を果たしていない
パターナリズムが明らかに必要だという事例について、もう一つ考えてみよう。日本は魚を獲りす
ぎている。個々の漁師にとっては、少し多めに魚を獲っても魚全体の資源量は変わらない。しかし、
すべての漁師が大丈夫だろうと思って魚を獲れば、漁業資源は枯渇してしまう。
誰かが、漁獲量を最適なレベルに制限しなければならない

この誰かとは、当然、家父長たる政府である。ところが、日本は、最適な漁獲量管理ができないで
いる。最近話題になったのはウナギであるがクロマグロも危うい。ブリやサバも幼魚のうちに獲ら
れて、脂の乗らない魚が出荷されている。皮肉なことだが、福島沖では魚が増えている。2011
年の原発事故以降、漁ができないからである。つまり、漁獲量を制限すれば漁業資源が増えること
を示している。

これは共有地(コモンズ)の悲劇、または共有資源の悲劇と言われるものである。ただし、通常の
場合、共有地はそこに関わる人々によって管理され、共有地の悲劇は稀にしか起こらなかった。日
本の入会地で、薪や肥料となる落ち葉を得ることは制限されていた。ヨーロッパでも共有地に家畜
を放牧する回数は制限されていた(回数を決めることで、自然資源の回復がなされた)。この問題
は、ノーベル経済学賞を受賞した唯一の女性経済学者、エリノア・オストロム(2009年受賞)
が分析したことである(“Beyond Markets and States: Polycentric Gavemance of Complex Economic
Systems,” Nobel Prize Lecture, December 8, 2009,
http;//www.nobeIprize.org/nobeLprizes/economic‐
sciences/laureates/2009/ostrom_lectrom_lecture.pdf
)。

漁業資源の場合、沖合の魚であれば、地元の漁師が、禁漁期間を設ける、漁法を制限するなど、な
んらかの形で漁獲量を制限していた。しかし、魚は回遊するものであり、ある地域が制限しても他
の地域が獲ってしまえぼ漁獲量は減ってしまう。そこで、他人に獲られない前に獲ってしまえとい
う競争が起こりうる。漁業資源が減少すると、さらに略奪的な漁業をしかねなくなる。漁業資源が
永続するものであれば、それは子孫に渡さなくてはならない大事なものと認識されるが、減少すれ
ば、子どもたちは漁師になっても生活できないと考え、漁師を継がなくなる。すると、その親たち
にとっても、自分の代だけ漁業資源があればよいと考えてますます乱獲するようになる。


  NDC分類 612.1


このような状況に対処することこそ政府の役割であるが、政府はその役割を果たせていない(漁獲
資源の現状と、具体的にどう解決するかについては、八田達夫・高田眞『日本の農林水産業――成
長産業への戦略ビジョン』第6章、日本経済新聞出版社、2010年。「特集魚を獲りつくす日
本人」、『ウェッジ』2014年8月号、参照)。日本政府には、厳粛たる家父長の能力が事実と
して欠けている。社会保障政策でいえば、生活習慣を改めさせ、教育、技能訓練を受けさせて、職
業を紹介し、労働させ、収入を得させるという考えは、実際には機能していない。であるなら、政
府は家父長、あるいはパレンスーパトリエとしてその必要が明らかに認められうる場合にのみ、真
摯にそうあるように行動し、それ以外の領域からは手を引くべきである

第21節 BIの思想を整理する
ここでBIをめぐる思想を図2‐4で整理しておこう。図の唯軸は、BIを採用した場合の金額に
ついてのイメージを示している。左に行くほど金額が大きくなり、右に行くほど金額が小さくなる。
金額の多寡は、どれだけ所得再分配を認めるかでもある。縦軸は上に行くほど家父長む義に親和的
で、下に行くほど個人の自ピ決定権を座視し、家父長右義的な政策に反撥すイメージをより理解し
ていただくために、人名、または思想を書き込んである。このような簡単な座標軸で整理されるこ
とに、偉大な思想家たちには不満があることが予想できるが、これは一つの整理であると考えてご
寛恕いただけると思っている。

マルクス主義、社会主義、福祉官僚がより家父長主義的であることに説明は不要であろう。
真のマルクス主義はそのようなものではないという反論があるかもしれないが、現実に成立した社
会主義国家は、人々の行動をあれこれと指図する不愉快なものである。むしろ、家父長主義者に言
わせれば、盲六の家父長主義は社会の成員の本当の利益を図っているのだから、社会主義を家父長
主義というのは誤りだということになるだろう。



コミュニタリアニズムとは、共同体は、それ自身の価値観を持っているのであって、共同体の価値
観、勤労や家族の価値を否定するような形の福祉政策には反対するという立場である(小林正弥・
菊池理夫編著『コミュニタリアニズムのフロンティア』終章、勁草書房、2012年参照)。第3
章の「労働意欲を阻害するか」の項で説明するようにBIは勤労や家族の価値観でなく、共同体の
価値であると反論するであろうが。

価値を否定するものではまったくないが、コミュニタリアニズムは、ある価値を個人の自由の上に
置くという意味では家父長主義と言えるだろう。コミュニタリアンは、その価値は家父長の価値で
はなくて、共同体の価値であると反論するだろうが。BIをめぐる思想は、パターナリズムと所得
再分配政策に対する賛同または反対で整理できる。しかし、思想を現実に適応するには、現実の状
況をより深く知らなければできないことである。パターナリズムをめぐる現実については説明した。
次の第3章では、再分配できるお金がどれだけあるのか、BIは実行可能なのかという問題を論じ
る。
               原田 泰著 『ベーシック・インカム 国家は貧困問題を解決できるか』

                                      この項つづく



 Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era” 

【エネルギー通貨制時代Ⅱ】 

 Oct. 10, 2018
 
●イリノス社、5万回の充電サイクルで非可燃電池の市場投入へ 
10月10日、Innolith AG(イリノスは、電池の寿命(5万回再生)を延ばし従来バッテリシステム
コストと競合できる非可燃性の全固体型ニッケル水素電池を市場投入することを公表。同社によれ
ば、
従来のリチウムイオン電池に比べて10倍も高い。また、現在、バッテリの容量相加にともな
う発熱/発火リスクの問題解決と取組中である。
また、従来の小型
バッテリーだけでなく、周波数
応答の電力網系蓄電池のコストは1サイクルあた
りのコストとして、1日あたり約2回再生での稼
働前提で、投資収益率(ROI)が標準投資実績を下回り、なおかつ
15年もの長寿命化できる。同社の
無機電解質は、1997年タイプの無機電解質技術だが、安全性が高く、不燃性で耐久性が高い。

この事例のように、最新のIPCC報告書を考慮すると、再生可能エネルギーをグリッドに活かすことが
できるものはすべて容認できる状況である(このままでは、日本だけが置き去りにされる)。
すべ
てが計画通り実現すれば、Innolith AGは20年までに大量生産に移行する。また
米国では、 オフシ
ョアの風力エネルギーは短期間でブレークスルーされると予想されており、なかでも次世代の技術
太陽光発電コストを引き続き押し下げていくだろう。

※ 関連特許
 7件

 

●道北で風力向け送電網、世界最大720MWhの蓄電池を併設 
10月4日、北海道北部風力送電(北海道稚内市)は北海道道北地区(稚内市、豊富町、幌延町、
天塩町、中川町)で風力発電を連系するための送電線網の工事を開始した。これは国の補助事業で
ある「風力発電のための送電網整備の実証事業」の一環で、風力発電の大量導入に向けた系統制約
の解消と安定的な電力供給を目指す。北海道の北部地域は国内でも風況が良く風力発電の適地だが、
送電網が脆弱なため風力資源を有効に活用できていないのが現状だ。そこで、2013年に経済産業省
が、道北地域を「特定風力集中整備地区」と指定し、送電網を整備する実証事業を企画した。その
事業者(補助事業者)を公募し、北海道北部風力送電の提案を採択。

尚、同社への出資者は、ユーラスエナジーホールディングス、エコ・パワー、稚内信用金庫、北海
道電力、北海道銀行、北洋銀行になる。
同実証事業では、稚内恵北開閉所・開源開閉所から北富豊
変電所を経由し、北海道電力の設備までの77.8キロメートルに域内送電網を整備し、技術的課
題の実証を行う。
送電線の仕様は、北富豊変電所から北海道設備間の70.2キロメートル187
kV ・2回線、稚内恵北・開源開閉所から北富豊変電所間の合計7.6キロメートルが66kV・2
回線。風力発電の総連系定格容量は約600メガワットとなる。

 Oct. 9, 2018

また、北富豊変電所には出力240MW・容量720MWhの蓄電池システムを導入。これは変電所に
併設する世界最大級の蓄電システム。風力発電の出力変動を緩和し、電力供給を安定化する。千代
田化工建設がEPC(設計・調達・施工)サービスを受注。制御システム、受変電設備、大型建屋を
一括元請けとして全体を取りまとめ、システム全体を最適化する。蓄電池には、GSユアサ製のリチ
ムイオン電池を採用する。
総事業費は約1千億円で、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、日本政策投
資銀行をアレンジャーとする金融機関の融資から調達。稼働開始は23年3月の予定。

今回の2つの事例(事案)のように、再生可能エネルギー政策をトランプ大統領などの反動政策で
なく着々と進めていけば、デジタル革命渦論(=第5次産業革命)を背景にわたし(たち)が構想
する『エネルギー通貨制時代』は遅くとも50年には実現しているだろう。これは愉快だ。
 

 ● 今夜の一曲

Kazumi Watanabe and Char  "Caravan"

 

コメント

功を誇る者は功を失う

2018年09月20日 | デジタル革命渦論

  Sep. 20, 2018 



                                            
第24章 功を誇る者は功を失う
高くなろうとして爪先で立てば、かえって足もとが定まらぬ。遠くへ行こうとして大股で歩けば、
かえって足がはかどらぬ。不自然な作為は、長続きせぬものだ。自己を知者とみなす者は、知者で
はない。自己を是とする者は、是ではない。自己の功を誇る者は、功を失う。自己を有能とみなす
者は、有能ではない。
自然を離れて作為する者は、物の法則の一面しか捉えていない。これらはみな、「道」から見れば
役立たずである。「道」を体得した者は、そういう一面的な立場を取らない。

 No. 18

 Sept. 18, 2018
図2】2色同時1分子イメージングと阻害実験により、Gタンパク質と相互作用中の mGluR3
速く動くものが多く、クラスリンと相互作用中の mGluR3は静止したものが多いことが明らかにな
った。薬をかけた際に生じる mGluR3の動きの変化は、これらの機能状態の割合が変化することが
反映したものと考えられる。

【細胞膜の受容体1分子の動きから薬効を評価】
● 活性化した
GPCR分子の動きは遅くなる
9月19日、理化学研究所は、細胞の膜にある「Gタンパク質共役型受容体GPCR」が薬を受
けて活性化されると、動きが遅くなることを発見。この成果は、1分子レベルで薬の作用機序を理
解する1分子薬理学の発展や、1分子イメージングを用いたGPCR標的化合物の薬効評価という新
たなドラッグスクリーニング手法の開発につながる。この研究グループは、全反射蛍光顕微鏡を用
いて、生きた培養細胞中で蛍光標識した9種類のGPCRの動画を撮影し、個々の受容体分子の動きを
追跡し、薬による受容体分子の振る舞いの変化を解析。その結果、9種のGPCRは、いずれも活性
化すると動きが遅くなること発見。また、代謝型グルタミン酸受容体(mGluRについて、受容体
の動きと機能の関係を2色同時1分子イメージングなどにより詳しく解析。その結果、Gタンパク
]
と相互作用中の受容体は動きが速いものが多いのに対し、クラスリンと相互作用中の受容体は
動きが止まったものが多いことを解明。受容体の動きと機能の関係は多くのGPCRに共通し、動き
を見ることで新規化合物がGPCRにどのような作用を及ぼすか推定できると考えている。


【概説】
Gタンパク質共役型受容体(GPCR:G protein-coupled receptor)」は、光・匂い・味・神経伝達物
質・ホルモンなど細胞外のさまざまな刺激を受けGタンパク質を活性化することで、細胞内へと情報
を伝える膜タンパク質の総称。GPCRは薬の標的分子として主要な位置を占め、米国食品医薬品局(
FDA)承認薬の約34%がGPCRを標的にする。現状、薬の標的として利用されているGPCRは、ヒ
トが持つ約800種のうち100種程度であり、まだ高い潜在性を持っている。このため、生きた
細胞においてGPCRの活性を定量する手法の開発は、薬理学・創薬にとって基盤的な課題になる。

  Video
ここで従来は、細胞中のGPCRの活性を評価する場合、GPCR自体を見るのではなく、GPCRが薬を
受けたときに引き起こすカルシウムイオン(Ca2+)や環状アデノシン一リン酸(cAMP)の増減
どの細胞応答を計測することが一般的。しかし、GPCRにより活性化されるGタンパク質の種類によ
り、GPCRが引き起こす細胞応答は異なるため、全てのGPCRの活性を一つの手法で定量することは
困難である。また、細胞には活性化されたGPCRを不活性化する機構が備わっており、不活性化の
過程を定量することも薬効を評価する上で重要となる。GPCRが薬を受けると、Gタンパク質共役受
容体キナーゼ(GRK)によりGPCRC末端部位がリン酸化される。このリン酸化部位を認識しアレ
スチンが結合することで、GPCRGタンパク質と結合できなくなる。GPCRと結合したアレスチン
はさまざまなタンパク質と相互作用することが知られている代表的な分子がクラスリン。クラスリ
ンが細胞膜上で重合して形成されるクラスリン被覆ピット(直径100-200nmのくぼみ)は、GPCR
細胞内へと輸送し、リサイクル・分解する機構を担う。
このようにGPCRは細胞膜上のさまざまな分子と相互作用するが、一連の過程を単一細胞で同時に
定量でききない
。そこで、同研究グループは、GPCRが引き起こす特定の細胞応答を測るのではな
、薬が結合することでGPCR分子自体に生じる振る舞いの変化から薬効を評価することができない
か、生細胞内1分子蛍光イメージングを用いて検証する。

● 研究手法と成果


同研究グループは、まず、モデルケースとしてクラスCGPCRの一つである代謝型グルタミン酸受
容体(mGluR3)を用いた検証を行う。ヒト胎児腎細胞由来のHEK293細胞の、mGluR3を蛍光色素で
標識して全反射蛍光顕微鏡で観察(上図1a)。撮影した動画の各mGluR3の輝点を追跡し軌跡を解析
し、受容体が細胞膜中を動く速さ(拡散係数)を定量する(図1b)。さまざまな薬剤条件下で1分
子イメージングを行い、拡散係数の平均値を比較したところ、mGluR3が活性すると動きが遅くなる
ことが明らかになりました。
さらに、統計解析を行い、拡散係数に基づいてmGluR3の状態で分類し
たところ、速さの異なる四つの拡散状態に分類できました(図1c)。mGluR3を不活性化する薬をか
けると動きの速い分子の割合が増え、遅い分子の割合が減る(図1d左)。一方、mGluR3を活性化す
る薬をかけると動きの速い分子の割合が減り、遅い分子の割合が増える(図1d右)。

だが、mGluR3の動きだけを見ていても、どのような下流分子との相互作用がどの拡散状態と関連す
るのかは分かない。そこで、Gタンパク質と相互作用中のmGluR3の拡散状態の観察に、Gタンパク
質をmGluR3と異なる色の蛍光分子で染色し、2色同時1分子イメージングする。2色の輝点が重な
った領域を抽出し、mGluR3の拡散状態の定量結果、Gタンパク質と相互作用中のmGluR3は速く動
いていることが解明された。さらに、百日咳毒素を用いてGタンパク質とmGluR3の相互作用を阻害
した際に、Gタンパク質と相互作用するmGluR3分子の割合が減少し、速く動くmGluR3分子の割合
が減ることも明らかとなる。

一方、クラスリンとmGluR3についても、同様の2色同時1分子イメージング解析を行うと、クラスリ
ンと相互作用中のmGluR3は静止しているものが多いことが明らかになる。また、mGluR3を活性化
する薬剤の添加とともに、クラスリンと相互作用する受容体の割合が増え、相互作用時間も延びる
ことが分かり、mGluR3分子の動きが薬による刺激依存的に変化した理由の一端が明確になる(図2)。
Gタンパク質やクラスリンとの相互作用はmGluR3だけではなく、多くのGPCRに共通して細胞膜上
で生じる反応。活性化に伴い細胞膜中での動きが遅くなるという現象は、他のGPCRに共通している
のではないかと推測できる。実際に、mGluR3とはアミノ酸配列の相同性がほとんどなく、活性化す
Gタンパク質の種類も様々な8種のGPCRについて同様の1分子イメージングを行ったところ、リガ
ンド刺激依存的に拡散が遅くなることが共通確認されている(上図3)。

 Aug. 20, 2002

今回の研究の手法を化合物スクリーニングは、1分子イメージングの計測効率を大幅に向上させこ
とで、細胞内1分子イメージング自動解析システム(AiSIS)が世界的に普及する。これは愉快だ。

 Jun. 25, 2015

 Aug. 3, 2018
 

 Aug. 3, 2018

【生体適合性3Dプリント材料の世界市場予測】

9月14日、株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「生体適合性3Dプリン
ト材料の世界市場予測 2023年:インプラント & プロテーゼ、プロトタイピング & サージカルガイ
ド、再生医療、補聴器」(MarketsandMarkets発行) の販売開始。それによると、「生体適合性3D印
刷材料市場」は、2018年から2023年の間に、価値の面で22.0
%の年平均成長率(CAGR)と予測
されている――2018年に308.1百万米ドル、2023年には、832.7百万米ドルに達する。三次元印刷は、
使用される技術に応じて、さまざまな方法でレイヤーごとにマテリアルを追加し、直接製造が可能
なプロセス。また、
ポリマータイプ市場は、全体的な生体適合性3D印刷材料市場を占有されと予測
され、
ポリマー材料は、整形外科および歯科用インプラント、補聴器、薬物送達、プロテーゼ、組
織工学足場、および他の医療用途がある。これらの材料は、金属およびバイオ材料と比較し、成形
が容易で、生体適合性高く、生分解性可能であるとともに廉価が特徴――生体適合性3D印刷ポリマ
ー市場で、予測期間中に高い成長が見込まれる。
なかでも、組織工学向け生体適合性3D印刷材料市
場の伸長は最高予測され、
細胞培養、骨再生、薬物放出、軟組織作製、組織構築などの用途に細分
課される。年齢、疾病、事故、および先天性障害による組織/臓器不全の増加症例は、世界的な医
学課題の生体適合性材料を用いる3D印刷は、ドナー/組織適合性を高めることで問題解できる。ま
た、
身体部位のバイオ製作と器官印刷の研究投資増加と相まって急成長分野と位置づけられている。
形成外科用の
生体適合性3D印刷材料市場は、粉末、液体などに分類され。主要な粉体系には、イン
プラント/人工器官、バイオ製作/外科用器具などの市場がある。

  Sep. 18, 2018

【環境ビジネスフォーラム:環境戦略と事業戦略の一体化が重要】
●大きく変わる世界の流れ

8月24日、東京・日本橋で、日本ビジネス出版社主催の「環境ビジネスフォーラム」が開催。各
後援者からは「潮目の変化を感じている」との共通認識が示され、「気候変動は社会安定への脅威
なっている」とし、RE100などの仕組みを経営にどう活かすかについて講演がなされた。
『気候変
動イニシアティ
ブ』に多数の企業・自治体が参加する等、潮目の変化を感じるとの共通認識を同じ
くする。これは、SCOPE3への取り組みからもわかるようにサプライヤー全体の話で、日本全体で
RE100
対応しなければ、サプライチェーンから外されるという危機感がある一方で、これはチャ
ンスととらえる側面もある。具体的には、❶「好循環形成の起点となる目標を、まず宣言する。❷
『環境戦略』と『事業戦略』を一体化して進めること ❸そして、最も重要なのが「共創」という
考え方で、多様なステークホルダーがともに手を取り、得意分野を活かしあい、取り組むことが必

要。脱炭素は新たな企業価値を作り上げ、それは一企業体の話にとどまらず、これら取り組みは政
策上の優先順位が上がってきている。政策の優先順位が上がれば、マーケットが動く。この動きは、
社会全体の好循環
を生み出すチャンスと提案されている(上図参照)。


                

 

 

  ● 今夜のアラカルト

酢納豆が身体によいというので夜食や夕食にかならず口にしているが、ネット上では常識みたいで
掲載記事が満載。でも部屋中がくさくなる(彼女のクレーム)こと、口内に残るねばねば巻と口臭
と朝の排便(べんぴ予防)でオリーブオイルをかけてにおいや違和感やお通じを抑制/改善に成功
しているが、オリーブオイルを加える記事も掲載されているのでブログ掲載を避けようと考えたが
お通じの記事は見あたらないので予定通りアップする。

 ● 今夜の一曲

David Guetta feat Anne-Marie ”Don't Leave Me Alone ”

 

  Sep. 20, 2018 

コメント

秋バテの相思鳥

2018年09月13日 | デジタル革命渦論

  Sep. 13, 2018



                                            
第20章 愚者の心
知識を万能視する考えを断ち切れば、悩みはなくなる。礼に適うといい、適わぬといっても、どれ
だけの違いがあろうか。善といい、悪といっても、どれだけの差があろうか。ひとがするから自分
もそうする。これではドウドウめぐりで、悩みはいつまでも尽きない。人々は浮き浮きと楽しげだ。
あたかも酒宴の麿にあるかのよう、花見に興じているかのように。だが、わたしの心は、静まりか
えって勁かない。まだ笑いも知らぬ赤子のよう。何をしようという気も起こらぬ。

人々はみな意欲に満ち溢れている。
だがわたしだけはボンヤリと、すべてを忘れはてている。
わたしの心は愚者の心だ。何ひとつ分別がつかぬ。
人々はみな明敏だが、わたしだけは暗愚だ。
人々は決断力に富むが、わたしには伺ひとつ分明なものはない。
定めなくたゆたう海、あてどなく吹く風、それがわたしの姿である。
人々はみな有能だが、わたしだけは木偶に等しい。
わたしだけが人々から離れて、母なる自然のふところに抱かれようとする。

礼に適うといい……〉 原文「唯と阿とは」。「唯」はハイというていねいな返事、「阿」は
アア、ウンといった粗野な返事、いずれも擬声語である。
母に食(やしな)わるるを貴ぶ 大衆社会状況のもとにおいて、人間はどう生きるべきか。キエル
ケゴールは、個性を失った平均人からの「例外者」として、ただひとり絶対者の前に誠実であろう
とした。

  Søren Aabye Kierkegaard Wikipedia

   

● 今夜の一品:iPhone XS/XS Maxでわかっていることすべて
9月12日、アップルは、カリフォルニア州クパチーノの本社にある「スティーブ・ジョブズシア
ター」でiPhoneの新製品を発表。
初代モデルの発売から10周年にあたる去年、発表されたX」
の後継機種として画面が5.8インチの「iPhone XS」と、画面がこれまででもっとも大きい
6.5インチの「iPhoneXS Max」を披露。
いずれもディスプレーには鮮やかな色彩が表現
できる有機ELパネルが使われ、カメラ機能を向上させている。このうち最高機種の「iPhon
eXS Max」は価格が12万4800円からで今月14日から予約の受け付けを始め、21日に発売
する。顧客層を広げるために価格を抑えたという機種もあわせて披露した。
アップルのティム・ク
ックCEOは発表会で、「iPhoneを新たなレベルに持って行く。最先端の端末となる」と語
る。銅社
は高価格帯のiPhoneの売り上げの増加に支えられて好調な決算が続いており、先月、
会社の規模をみる指標の時価総額がアメリカ企業として初めて1兆ドルを突破。
新製品の売れ行き
はアップルに部品を供給する日本のメーカーの業績にも大きく影響するだけに消費者の受け止めが
注目されている。

 



【いつでもどこでも1キロワットアワー1円時代 】

● マイクログリッドはやり方次第 高い電力自給率を実現

 Aug. 31, 2018
 Aug. 29, 2018

8月29日、「持続可能性」の課題に取り組むベンチャー企業・Metabolic社は、「SIDEシステム」
と呼ばれるシステムが再生可能エネルギーへの移行にどのように貢献しうるかを調査し、常生活の
中で使う電力は、火力・水力・原子力・風力などは
、生活の場から離れたところに建設された発電
所で集中的に生み出され、送電線を経由して供給されるが、これに対し、小規模発電施設を生活の
場の近くに作り電力需要する「マイクログリッド(小規模発電網)で、地域の電力需要のほとんどを
自給自足できることを公表している。それによると、4
つの地域に対して、それぞれ複数のSIDE
ステム(Smart Integrated Decentralised Energy:スマート統合分散型エネルギー)導入シミュレーショ
ンのパターンが示されている(上の2つの図参照)。

例えば、オランダ東部にあるAardehuizenでは、3つのシナリオが示され、23軒の集合住宅からな
る地区で、電力会社の送電網に頼らないオフグリッド住宅「アースシップ」で、2015年に完成
している。また、
シナリオは、❶:ローテクとハイテクの出会い、❷:よりスマートなグリッド、
❸:根本的なリデザインの3ケース。

まず、シナリオ❶の場合、地域全体にソーラーパネルが275枚、太陽熱発電パネルが20枚、ヒートポ
ンプが3基、薪ストーブが22基、電気ボイラーが22基設置。
地域内のエネルギーの動きを示し
た下図は、左側が供給元、右側が供給先を示している。完全な自給自足ではなく、送電網から73
2メガワット時の供給を受け、地域内では太陽光発電で76.4メガワット時を発電している。この
うち、82.4メガワット時が最低限維持されるベースロードで、一方で41.7メガワット時は売
電される。


 
下図は経年コストを比較したグラフ。斜めに引かれたグレーの直線が従来のシステム、緑色のライ
ンがシナリオ1で、縦軸は1目盛りが100万ユーロ(約1億3000万円)、横軸は年数を示し、シナリオ1
の場合、11.6年で元が取れる(従来のシステムのコストに並ぶ)見込み。
シナリオ2では、スマー
トメーターを設置して、もっと積極的なモニタリングを実施するなどの変更が加えられている。


また、必要電力量は107.9メガワット時、生産する電力量は76.4メガワット時。自給率は32.2%。


エネルギーの流れも変化。ソーラーパネルを増やしたことで、太陽光発電の発電量が136.8メガ
ワット時に増加。これに合わせ、19.5メガワット時を蓄える蓄電池を設置。



シナリオ2の場合、初期投資がかなり大きくなるため、その後の省エネ効果があっても、投資の回
収には16.5年ほどかかる見込み。

シナリオ3は、できるだけ自給率を高めることを目指したもので、小型のコジェネレーションシス
テムも導入することで、発電をカバー。コジェネレーションシステムは熱電併給とも訳されるよう
に、発電時の廃熱を冷暖房に生かしてエネルギー効率を高めている。




オランダ政府はパリ合意のもと、2050年までに二酸化炭素の排出量を80%~95%削減する
と約束しており、その実現には相当な努力が必要となるが、エネルギーを自給自足するマイクログ
リッドを適切に導入することで、インフラ整備にかかる支出を抑えることが可能となると期待して
いる。
いや、欧州の動きははやい。工夫次第では
2050年ではなく2030年のRE100は,実現可能だとも思える
がいかに。

  ● 米国の話題の本

● 今夜の寸評:"無用の用ビジネス"社会

ボブ・ウッドワード氏が手掛けたトランプ米政権の内幕に迫った新著『FEAR:Trump in the White
House
(原題)』)の発行部数が発売前に100万部に達したという。尚、トランプ氏に米連
邦捜査局
(FBI)の長官職を解かれたジェームズ・コミー氏の『より高き忠誠 A Higher Loyalty 真実と嘘と
リーダーシップ』が5位に、マイケル・ウォルフ氏の『炎と怒り トランプ政権の内幕』が1位に
入っている。吉本隆明が嘗て高度消費資本主義社会と言った前社会主義社会、言い換えれば”勝手
気まま(=恣意的自由)拡大社会は、連載中の老子が言った”無用の用”である"フェイクビジネス"
を生み、既存ビジネスを巻き込み拡大膨張しているかのようだが、刻一刻近づくスーパセル・ハリ
ケーン”フローレンス”のような”反動リスク”に苛まれるのではと危惧する。

   ● 今夜の一曲

交響曲第8番 アントニン・ドヴォルザーク



今年の夏の異常さ、地震と豪雨に猛暑と、二人とも秋バテで体調を崩し、落ち込み弱音の連続。

   Sep. 13, 2018

コメント

運動生理科学と肉体革命

2018年09月08日 | デジタル革命渦論

  Sep. 9, 2018

                                             
第15章 大 人 物
昔の真にすぐれた人物は、微妙深遠で、副り知れない器量をそなえていた。だから説明のしよう
もないのだが、強いて形容するなら、こんな按配になる。
まず、万事に情宜である。あたかも冬のさなかに川を渡るがごとくである。
次に、消極的である。あたかも強国に囲まれて孤立した弱国のごとくである。
しかも、星座である。あたかも招かれた賓客のごとくである。
物事に執着せぬこと、氷の溶け行くさまにも似る。
飾り気のないことは、手を加えぬ原木さながらである。
無心なことは、広々とした谷そのものである。 
そして、捉え所のないことは、濁った水を見る感がある。

これは実に底知れぬ深さを待つ人物である。濁りを濁りのままに受容して、濁りそのものの静止
を待ち、しだいに清く澄ませて行く。これをなしうる者が、いったいどこにあろう。休止を休止
のままに受容して、休止みずからの動きを待ち、しだいに生々発展へと導く。これをなしうる者
が、いったいどこにあろう。
このように、「道」を体得した人は、完全になろうと努めずに、おのずと完全になる。みすぼら
しさに甘んじて、立派になろうと努めないのは、そのためである。

真にすぐれた人物〉原文「善く士たる者」。「士」とは、君主を補佐する政治家、知識階級。
微妙玄通 理想の政治家像。自然の理法を体得した人間は、意欲的な明快さはどことして見当た
らず、一見デクノポウ然たる姿である。
 

  




【身体競技科学と肉体革命:最新機能的電気刺激技術】

紀元前,頭痛や痛風などの治療に用いられた電気刺激装置は,シビレエイなど自然界のものであ
った.17866年,Galvani の電気刺激による筋収縮の発見,1793年、Voltaによる電池の発
明などで,人工的な電気刺激装置が開発され,1831年には,Faradayによる誘導電流発生装置
の発明で麻痺筋の電気療法が行われるようになる.20世紀半ばに、真空管やトランジスタの発
明により、電流の強さや波形を自由に設定が可能となる。最近では,エレクトロニクス,コンピ
ュータ技術の進歩により,多チャンネルで複雑な刺激の出力(ポリリズムなど)が可能になると
共に,素子のチップ化で装置の小型化・軽量化が進み,体内に埋め込める刺激装置も開発され、
また電気刺激の周波数や波形、パルス幅などと痛みや筋収縮のの研究が進み,苦痛の少ない電気
刺激が可能となる。
リハビリテーション医療現場ても電気刺激の応用範囲は広く、❶ 治療的電気刺激Therapeutic
Electrical Stimulation;TES
),❷機能的電気刺激Functional Electrical Stimulation;FES),❸筋力
増強
Electrical Muscle Stimulation;EMS),❹疼痛の抑制Transcutaneous Electrical Nerve Stimulat-
ion;TENS
)などに応用,対象疾患も,脳卒中や脊髄損傷,術後の安静時の筋力維持,除痛などが
あり,多岐にわたる.
特にEMSは,最近,小型で操作性の良い電気刺激装置が開発され,医療分
野のみならず一般家庭においても,健康機器,あるいは在宅用リハビリテーション機器として急
速に普及.「電気刺激による筋力増強」をうたったEMSベルトは,2001年秋頃よりテレビシ
ョッピングや通販など各方面で宣伝され,人気商品になる。しかし、流行に伴い出現した類似商
品のなかには,熱傷や強い痛みなどの症状を生じさせるものもあり,国内あるいは中国産などの
発展途上国
の医学的裏付けのない商品の危険性が指摘されている。







【関連特許事例
特開2017-205488 筋肉電気刺激プロコルを確立するためのプロセス...
 JP 2017-205488 A 2017.11.24

【概要】電気刺激の使用は、医療およびスポーツの実践における身体調整の有用な治療源および
補助源として定着している。異なる刺激パラメータは、異なる病因による痛覚過敏、正常筋およ
び除神経筋の筋肥大、筋抵抗および筋力の増加、筋緩和および筋弛緩の制御など、
異なる生物学
的効果を生む。
身体活動の能力について、関与する筋肉組織は、運動の強度および持続時間に直
接比例
するようなやり方で、徐々にその機能を失う。従って、筋肉のエネルギー貯蔵の枯渇、乳
酸の蓄積および収縮が起こる。7-10Hzの電気刺激の印加は、筋肉の毛細血管拡張を促進し、
潰瘍の血流を増加す
る。より低い周波数は、緩和効果を有し、エンドルフィンの放出を促進する。
特別食と関
連する電気刺激は、エネルギー収入を増加して、筋肉のグリコーゲン保存の復位を加
速す
る。神経系によるアクティブな筋肉回復の概念は、高強度の運動能力の期間に続く軽い運
から成る。
電気刺激は、血流の増加および筋群の回復を示している。電気刺激はまた、持続した
管拡張と筋収縮自体の両方によるグルコースの捕獲が増加することも証明されている。大まか
に言えば、電気刺激機器は、2つの大きなグループに分けられる:1つは、電気
回路網で電力供
給される、ベンチ型機器であり、もう1つは、電池で電力供給される、携
帯型機器である。ベン
チ型機器を使用する場合、ユーザが電気機器を使用できる場所まで
移動する必要がある。反対に、
携帯型機器の場合、装置を治療の適用場所まで移動させる
ことができ、従って、野外の刺激、例
えば、スポーツ練習場での刺激が可能になる。

--------------------------------------------------------------------------------------

このように、室内ウォーキングもそこそこ起動に乗りつつ、筋肉強化を考え出したわけで、手軽
に室内で
できるのであればと下調べm購買準備をすすめる。

 

● 読書日誌:カズオ・イシグロ著『忘れられた巨人』 No.13

  

第3章
「今日、村人が一人、息を切らして、肩に怪我をして帰ってきたんですって。なんとか落ち着
せて事情を聞き出したところ、その人は兄さんと十二歳の甥と三人で釣りに行っていた人
で、川
沿いのいつもの場所で釣りをしていたら、二匹の鬼が襲ってきたんですって。しかも普
通の鬼じ
ゃなかったみたい。大きくて、動きが速くて、これまでに見たどんな鬼よりずる賢か
ったそうで
すよ。だから、村の人たちは、それはただの鬼じゃなくて、『悪鬼』だろうって言っています。
で、二匹の悪鬼はその場でこの人の兄さんを殺して、じたばたもがく甥の少年をさらっていった
そうですよ。怪我をしたご本人も川沿いの道を長いこと追いかけられたらしくて、うなり声がす
ぐ後ろまで迫ってきて、くさい息が首筋にかかるほどだったんですって。でも、まあ、危なくは
あったけど、なんとか逃げおおせてね……ほら、アクセル、あそこにいるあの人じやないかしら。
腕に添え本をして、遠国から来た男と話している人。で、自分は怪我をした身だけど甥のためな
らって、この村の選りすぐりの力自慢十二人を、襲われた場所まで案内して行ったんですって。
すると、土手の近くに焚き火の煙が見えたから、男たちが武器を携えてそっと忍び寄ってみると、
いきなり濯本の茂みが二つに分かれて……そう、その二匹の悪鬼が待ち伏せしていたんですって
。薬師が言うには、逃げようと思う間もなく三人が殺されたそうですよ。あとの男たちはなんと
か無傷で逃げ帰ったということだけど、いまベッドの中でうんうんうなって震えているらしいわ。
これから出撃するあの人たちに幸運を祈ることもできないほど、まいってしまっているみたい。
それにしても、これから暗くなるし、霧も濃くなっていくのに、昼日中に十二人の男でできなか
ったことを、あれだけの人数でできるのかしら......


「その十二歳の子はまだ生きているんだろうか」

「わからない。でも、とにかく探しに川まで行くそうですよ。じつはね、最初の捜索隊がほうほ
うの体で逃げ戻ったあと、長老たちがいくら説得しても、二回目の捜索隊に志願する男は一
人も
いなかったみたい。でも、運というものなのかしら。突然、遠くの国から見知らぬ男が来て、馬
が脚を痛めたので一晩の宿をお願いしたいと言ったんですって。さらわれた少年やその家族とは
赤の他人なのに、村の助けになるのならぜひ、って名乗りをあげてくれたそうよ。少年の叔父さ
ん二人が同行するらしいけど、でも、見て、アクセル。あの様子だと、戦士の助けになるより足
手まといになるんじやないかしら。二人とも怖くて震えあがっているじやありませんか」

「確かにな。それでも勇敢な二人ではあるよ、お姫様。みながこんなに怖気づいてるなかで行く
んだから。どうも、歓待してもらうには悪い夜を選んでしまったな。いまもどこかですすり泣き
が聞こえるし、夜が明けるまでにはもっと大量に聞こえるかもしれないぞ」

アクセルの言葉がなんとなくわかったようで、薬師がまたサクソン語で何か言い、ベアトリスが
通訳した。「すぐに長屋に行きなさいって。朝まで姿を見せないほうがいいって言っていますよ。
こんな夜だから、村の中をぶらついていたら、どんな扱いを受けるかわからないからって」
 「わたしも同じ考えだよ、お姫様。この親切な方の言うとおりにしよう。ただ、お姫様は遠を
覚えているかな」

突然、群衆がどっと沸き立った。声はしだいに歓声に変わり、人だかりがぎくしやくと形を変え
て、やがて一本の行列になった。進む行列の中心に、戦士とその同行者がいる。声援が起こり、
名前の連呼が始まり、薬師ら、物陰にいた見物人もその連呼に加わった。行列はアクセルらのい
る方向に進んでくる。簿火の明かりからは遠ざかったが、数本の松明が行列とともに移動してい
て、歩く人々の顔をときどき浮かび上がらせる。恐怖にひきつった顔があり、興奮した顔がある。
だが、そのなかで戦士の顔だけは、いつ松明に照らされても静かな表情を保ち、周りから投げか
けられる激励の言葉に応えて、右にうなずき、左に笑いかけていた。手はまた剣の柄の上にある。
行列はアクセルとベアトリスの前を過ぎ、小屋の並びの間に消えていった。それからもしばらく、
くぐもった名前の連呼が響きつづけた。

アクセルとベアトリスはしばらく勣かずにいた。その場の雰囲気に呑まれていたのかもしれない。
やがてベアトリスが、長屋までの道順を薬師に尋ねはじめたが、アクセルには、二人の女の話し
合いがどこかとんでもない目的地に飛んでいっているように思えてしかたがなかった。二人は、
村の向こうにある丘の方角を身振りや手振りで指し示しながら話していた。

 Old English

ようやく今晩泊まる場所に向かって歩きはじめたのは、村中がすっかり静まってからだ。暗闇の
なかで道を見つけるのは、ますます難しくなっていた。曲がり角に松明が置かれていることもあ
ったが、その光は二人の影を踊らせるばかりで、道探しをよけいに混乱させた。二人は、いま、
行列が去った方向とは逆に進んでいる。通り過ぎる家々は暗く、人のいる気配すらなかった。
「ゆっくりだ、お姫様」とアクセルがそっと言った。「この道でひどく転んでも、誰も助けにき
てくれそうにないからな」
「アクセル、また道に迷ったみたい。最後の曲がり角まで戻りましょう。今度は大丈夫だと思う
から」

やがて道はまっすぐになり、気がつくと、ニ人は丘の中腹から見たあの柵「-村を囲んでいる柵」
に沿って歩いていた。頭上高く柵が突き立ち、その尖った先端が夜空より一段と黒く見える。進
んでいくにつれ、どこか上のほうからつぶやきに似た声が聞こえてきた。どうやら、ここには自
分たち二人以外にも誰かがいる、とアクセルは思った。そういう目で探ると、衝の上のほうに一
定間隔で黒い影がとりついているのが見えた。あれはきっと見張りだ。衝の上から外を警戒して
いるのだろう。ベアトリスにも教えようとしたが、その暇もなく、背後から足音が近づいてきた。

二人は少し足を速めた。だが、もう松明が近くまで来ていて、さらに前方でも人影が揺れている。
たまたま反対方向から来る村人たちと出会ったのかもしれないとも思ったが、どうやらそうでは
ない。アクセルとベアトリスは完全に取り囲まれていた。年齢も体格もさまざまなサクソン人が
朧を持ち、鍬や鎌を持って、二人の周りにひしめいていた

しかも人数はどんどん増えつづけている。いくつかの方向から同時に声がかかり、二人に向けて
松明が突き出された。顔に炎の熱を感じ、アクセルはベアトリスをかばいながら、どれがリ-ダ
ーだろうと目をこらしたが、それらしい人物は見当たらなかった。むしろどの顔もひきつってい
て、パニック状態を思わせた。ここで不用意な動きをしたら、ほんとうに危ない…… 一人、と
りわけ剣呑な目つきをし、震える手でナイフを振り上げている若者がいた。アクセルはベアトリ
スをその若者から遠ざけ、何か言葉をかけようとした。相手にわかるサクソン語がいいだろう。
必死で適切な言葉を探したが、何も思いつかず、しかたなく、興奮した馬を鎖めるときのかけ声
で相手をなだめようとした。

「やめて、アクセル。子守唄を歌ってあげても感謝はされませんよ」とベアトリスがささやいた。

そして、自分からサクソン語で男たちに話しかけたが、状況は少しもよくならない。あちこちで
怒鳴り合いが始まり、一匹の犬が紐を引きちぎらんばかりにして男たちの足元を抜け二人に吠え
かかった。
だが、突然、男たちの体から力みが抜けていくように見えた。高ぶった声も静まり、残るは、少
し離れたところから聞こえてくる怒りの声一つだけになった。その声がしだいに近づいてくる。
男たちが二つに分かれ、その間を通って、ずんぐりした一人の老人が現れた。体に歪みがある。
太い杖に頼りながら、光で照らされた場に進み出てきた。

かなりの高齢者だ。背中はさほど曲がっていないが、首と頭が肩から異常な角度で突き出してい
。だが
、その権威のほどは疑いようがなく、その場の全員がしゅんとした。犬さえも吠えるの
をやめて、影の中に
こそこそと消えていった。老人は何を怒っているのだろう………村人が来客
を乱暴に扱ったことも理由の
一つには違いない。だが、それがごく小さな一つにすぎないことは、
限られたサクソン語しか知らないアク
セルにもわかる。老人の怒りは、男たちが見張りの役目を
改り出したことに向けられていた。松明の先に
照らし出された顔はどれも恐れ入っていた。だが、
同時に混乱し、釈然としないふうでもあった。老人の怒
りがさらに募り、声が一段と激しくなっ
たとき、男たちはようやく何かを思い出したようで、一人また一人と
夜の聞の中に戻っていった。
最後の一人が去り、梯子をよじ登る足音が聞こえてきても、体の歪んだ老人
は男たちの背中に向
かって叱責の言葉を投げつづけていた。


ようやく、老人がアクセルとベアトリスに向き直った。すぐに二人の言葉に切り替えて、しやべ
りはじめた。
誼りはない。

「まったく、なぜ忘れられるのか。自分たちに勇気がなくてできないことを、戦士と仲間二人が
やってくれようと出ていったばかりだというのに。こうも簡単に忘れるのは恥ずかしいからか、
ただ怖いか
らなのか」

「とても怖いんですよ、アイバー」とベアトリスが言った。「蜘蛛が一匹落ちてきただけで、つ
かみ合いを始めるほどに怖いんでしょう。ありかたい一団を出迎えによこしてくださったこと」
「謝るよ、ベアトリスさん。あなたにもだ、ご主人。いつもはあんな歓迎のしかたをしないん
が、ご覧のとおり、今夜はみんな怖がっている。お二人は生憎な夜にお抱えになった」

「長屋へ向かう途中に迷ってしまって一とベアトリスが言った。「方向を教えてくださいな、
イバー。恩に着ます。あの出迎えのあとで、夫もわたしも早く屋内で休みたいですから」
「長屋ではちゃんと歓迎されることを約束したいところだがな、お二人さん。だが、今晩だけは
わが隣人たちがどんな振舞いをするか、わしにもわからん。だから、あんたとご主人はわしの家
に来てくださらんか。わしと同じ屋根の下に泊まってもらえれば安心できる。邪魔されずに休め
ることは保証するよ」
「ご親切、感謝します、長老」とアクセルが割って入った。「妻にもわたしにも休息が必要なの
で」
「では、ついてきなさい。わしのすぐ後につづき、着くまではなるべく声を静かにな」
二人はアイバーの後ろから暗闇の中を行き、一軒の家にたどり着いた。造りはほかの家と同様だ
が、大きくて、一戸だけ離れて立っている。低いアーチから中に入ると、木を燃やした煙が濃く
漂っていて、一瞬、胸が締めつけられるような感じがしたが、同時に心地よさと緩かさも感じら
れた。部屋の中央で火がくすぶっていて、その周りに絨風や勤物の毛皮が敷かれ、オークやトネ
リコで作った家具も並んでいる。アクセルは二人の荷物から毛布を引っ張り出しにかかり、ベア
トリスは感謝と安堵の表情で揺り椅子に腰をおろした。だが、アイバーは戸口のわきに立ったま
ま、何かをじっと考え込んでいた。

さきほどのお二人への村人の態度は、思い出すだけで恥ずかしい。この身が震える」と言った。

「いや、もうお考えにならずに、長老」とアクセルが言った。「長老には、十分すぎるほど親切
にしていただきました。それに、今夜は、じつに勇敢な男たちが危険な任務に赴くところも拝見
できました。この村を覆う恐怖は、わたしたちにもよく理解できます普段と違う行動をとる者
が出てきても不思議ではありません

「外から来たあなた方でさえ今回の難儀を覚えているというのに、あのばかどもがもう忘れてい
るというのはなぜなのか。何かあっても持ち場を離れるな。村全体の安全がかかっているんだぞ。
そう噛んで含めるように言い聞かせておいたんだ。さらに、わが村の英雄たちが悪鬼どもに追わ
れて門まで逃げ帰ったときは、すぐに助けに出られるように、とも言っておいた。なのに、どう
だ。見かけない人間が二人、目の下を通り過ぎた。とたんに命令を忘れ、その理由も忘れて、狂
った簑のように二人に襲いかかる。そんな奇妙な物忘れがここではしょっちゅう起こる。これほ
ど頻繁でなかったら、わしの感覚のほうがおかしいのか疑うところだ」

「わたしたちの住んでいるところでも同じですよ、長老」とアクセルが言った。「わたしと妻も、
村人の間にそんな物忘れが起こるのを何度も見ています」
「ほう、それはおもしろいことを間いた、ご主人。わしはまた、その種の病はこのあたりだけの
ことかと思っておった。それに、こんな疑問もある。周りのみなが忘れても、わしだけが覚えて
いることがあるのはなぜだろうか。わしが老いているからか。それともサクソン人の中で暮らす
唯一のブリトン人だからか」

「わたしのところでも同じですよ、長老。わたしたちはこの奇妙な物忘れを一霧』と呼んでいま
す。わたしたちニ人も霧の影響を免れませんが、それでも若い者たちよりはずいぶんましなよう
です、その理由は何だとお思いですか、長老」
「いろんな説明を耳にしたが、ほとんどはサクソンの迷信だ。だが、この前の冬に一人の旅人が
通りかかって、その問題について一つの説を披露していった。あれ以来、その説についてよく考
える。考えれば考えるほど、正しいようにも思えてくる。おや、これはどうしたことだ……」杖
を手に、戸口に立ったままだったアイバーが、体の歪みにもかかわらず敏捷な動きで振り返った。

「話の途中だが、お許し願いたい、お二人さん。勇敢な三人がもう戻ってきたのかもしれない。
お二人は当面ここにいて、顔を出さないほうがよかろう」

アイバーが出ていった。アクセルとベアトリスはしばらく黙ったまま、それぞれの椅子の中で目
を閉じ、休める幸運に感謝した。やがてベアトリスがそっと言った。

「アイバーは何を言おうとしたのだと思います、あなた」
「何のことかな、お姫様」
「霧とその発生原因のことを話していたでしょう?」
「聞いたという噂話の一つだ。もちろん、もっと詳しく話してもらおう。なかなか敬服すべき老
人だ。ずっとサクソン人の間で暮らしてきたのかい?」
「奥さんがサクソン人だったんですって。ずっと昔のことで、その奥さんがどうなったかは間い
ていませんけど。ね、アクセル、霧の原因がわかったらすばらしいと思わない?」
「もちろんだよ。ただ、わかってどうなる、とも思う」
「なぜそんな言い方をするの、アクセル。よくそんな心ないことが言えますね」
「どうした、お姫様」アクセルは椅子に起き直り、妻を見やった。「わたしはただ、霧の原因が
わかっても、霧が消えてくれるわけではないと言っただけだよ。この村でも、わたしたちの村で
もな」
「霧を解明できるかもしれないのよ、アクセル。大きな変化が起こるかもしれないのに、そんな
大切なことをつまらないことみたいに……」
「ごめんよ、お姫様。そんなつもりじゃなかった。ただ、ほかのことで頭がいっぱいで……」

                         カズオ・イシグロ著『忘れられた巨人』

                                     この項つづく



【社会政策トレッキング:バラマキは正しい経済政策である Ⅵ】

 Yutaka Hrada, Wikipedea 

第1章 所得配分と貧困の現実――生活の安心は企業でなく国家がまもるべし
国家が国民の生活を守る以前の時代
 

昔の日本は平等だったのか
日本人は、日本社会は近年になって格差が拡大したと感じていたが、それでもOECDのなかで
はぞ等なほうの国だと信じていた。ところが、前述のOECDのレポートは、日本は国際
的に見
て格差が大きい国だと指摘したので、大きな反響を呼んだわけである。

このレポートは相対的貧困率という指標で格差を日九たわけだが、ジニ係数で昆た格差につい
は1970年からのデータがある。ジニ係数とは、所得格差.の度合いを示す係数で、所得が完
全に平等に分配されていればゼロ、完全に一人の人に分配されていれば一となる係数である。ジ
ニ係数では、相対的貧困率とは異なって、豊かな人が多くても、貧しい人が多くても格差は大き
くなる。

データを整理すると、下表I‐2のようになる。まず晨近年のジニ係数を見ると日本は22か国
中7番目(平等なほうからは16番目)に格差の大きい国となる.格差の大きい国は、もっとも
不平等なアメリカを筆頭に、ポルトガル、イタリア、ギリシャ、ニュージーランド、イギリス、
日本の順となる。


ここで、日本の格差が拡大したのは、厚生労働省「国民生活基礎調査」を用いたからだという指
摘もある。この調査は、福祉事務所を通じて行われるので、所得の低いサンプルがより集
まりや
すい。そのことが、不平等度を拡大するのだというのである。

データの出所である論文(MichaeI F6rster and MarcoMira d'Ercole/‘lncome Distribution and Poverty in
OECD  Ciuntries in the Second Half of the 1990s,” OECD) Social,
Employment and Migration Working
PaPer 22, March 2005
)によると、他の国は通常の家
計調査を用いているので、日本も総務省「家
計調査」または同「全国消費実態調査」を用いるべきだと思われる。

実際、「国民生活基礎調査」は2005年に初めて国際比較に使用され、その前には「全国消
実態調査」が使われていた。2000年代(2000~09年)の中ごろでは、全国消費実
態調
査を用いるとジニ係数は0・314ではなくて0・273となり、22か国中平等なほう
から数
えて、16位ではなくて11位になる。

その前の時代を見ると、日本のジニ係数は、1970年代央0・276で8か国中5位(平等な
ほうから数えて)、80年代央は0・278で19か国中11位、90年代央は0295
で19
か国中の11位となる。すなわち、過去に遡って見ても、日本は先進国のなかで格差
の小さい国
とはならず、平均的な格差のある国にしかならない。日本は先進国のなかで格差の
小さい国であ
ったことはなく、昔から、先進国のなかでは中位の格差の国だったのである。



戦前の格差はどうだったのか
さらに過去に遡ると何か言えるだろうか。戦前の格差がどのような状況であったのかを調べこと
は容易ではないが、南亮進『日本の経済発展と所得分布』(岩波書店、1996年)、ジェフリ
ー・G・ウィリアムソン『不平等、貧困と歴史』(安場保吉・水原正亨訳、ミネルヅァ書房、2
003年)によると、図1‐4のようになっている。これによれば、日本のジニ係数は0・5前
後とイギリスなみであり、しかも格差が継続的に拡大していたことがわかる。階級社会ではない
アメリカの格差が、イギリスよりも大きかったこともわかる。南北戦争1861~65年)直後
の1870年であれば解放されたばかりの奴隷が貧しく、それゆえ格差が大きいと解釈できるが、
自由人成年男子だけで比べても格差が大きかったのである。アメリカを除くと、戦前の先進国の
ジニ係数は0・5前後で、それが戦後低下し、現在、格差が拡大して、戦前期の状況に戻ってい
るということかもしれない。


このメッセージは、トマ・ピケティ『21世紀の資本』(山形浩生・守岡桜・森本正史訳、みすず
書房、2014年)と同じである。ピケティは、上位一%富裕層の全所得に占める比率の上昇で
格差の拡大を示している。アメリカ、イギリス、カナダの格差は戦前に戻るような勢いとなって
いるが、欧州大陸のフランス、ドイツ、スウェーデンでは、その程度はずっと小さい(ピケティ
前掲書、図9‐2、図9‐3)。
日本は格差の小さい国だ(あるいは、国だった)という日本人の思い込みは、戦前の格差の大き
い社会から格差の少ない国に変化したこと、アメリカという格差の大きな国との接触が多いこと
から生まれた神話なのかもしれない。

          原田 泰著 『ベーシック・インカム 国家は貧困問題を解決できるか』

                                    この項つづく
 

  ● 今夜の一挙

組曲「惑星」より木星  ホルスト

  Aug. 28, 2018

コメント