極東極楽 ごくとうごくらく

豊饒なセカンドライフを求め大還暦までの旅日記

資源循環社会ビジネス

2018年09月21日 | WE商品開発

  Sept. 21, 2018 



                                            
第25章 人間の偉大さ
天地が生ずる以前に、すでにある物が存在した。その物は、混沌として形容しがたく、感覚で捉え
ることはできない。他に依存せぬ独立の存在で、そのはたらきは時間空間を超越して止むことがな
い。これが天地の母である。この物は、限定できないから、名づけられない。かりに名づけて「道」
とよぷ。だが、ひとつのことばではいいつくせない。それが偉大であるゆえに、強いて名づけて「
大なるもの」といおう。この大なるものは、どこまでも行きわたって止まらないから、「逝くもの」
といおう。この逝くものは、無限の過去から無限の未来へわたるから、「遠いもの」といおう。こ
の辿いものは、常に反対の状態  へと移行することによって無限の動きを保つから、「沢るもの」
といおう。

「道」は大なるものである。そして、この「道」の現われであ・る「天」も大である。「地」も大
である。「道」を認識する「人」も大である。宇宙閥の四大において、「人」はその一を占めてい
るのである。「人」は大なるものであるからには、その大の根元である「地」と一体化し、「天」
と一体化し、「道」と一体化し、「辺」に内在する「自然」の妙理と一体化することができるので
ある。

人もまた大なり 自然の法則は偉大である。だがその偉大さは、認識の主体たる人間を介すること
によって、はじめて意味を与えられる。人間は万物の尺度であった。

【ワンポイント英熟語#OnePoint #Eng'idiomatic】 
It doesn't matter(Eithe (one) is fine) ~どちら(どれ/何で)でもいい
Do you really need whiskey today ?  ね、あなた今日どうしてもウィスキーいる?
It doesn't matter.
どうでもいいよ。 
こんなやりとりを毎日のように、スマートフォーンで彼女と交わしている。

【社会政策トレッキング:バラマキは正しい経済政策である Ⅷ】

 Yutaka Hrada, Wikipedea 

第2章 ベーシック・インカムの思想と対立軸
はじめに
国家が人々の所得を直接保障すべきだという考え方、国家がベーシック・インカム(BI、基礎的
所得)を給付すべきだという発想は、それなりの歴史を持っている。しかし、これを実現するため
には、ある人々の所得に課税して、他の人々にそれを分配する必要がある。
すると、そもそも、所得再分配が必要だという議論の根拠はどこにあるのかを考える必要がある。
所得再分配については三つの考え方かおる。功利主義、リベラリズム、リバタリアンの考えである。

ただし、所得再分配の思想と、BIの思想とは別のものである。BIは基礎的所得を保障するもの
だが、その財源として、より所得の高い人からより多く取る必要はない。すべての人々の所得に一
律に例えばI〇%の課税を行って、それをBIの財源に充てることも考えられる。BIがその人に
課せられる課税額よりも大きければ、その人は他人の所得が自分の所得に再分配されている。また、
BIが、その人に課せられている課税額よりも小さければ、その人の所得は他人に移転されている。
だから、所得は再分配されていることにはなるが、再分配の程度は大きなものではない。一方、
る水準以上の所得の人にのみ例えば90%の課税を行って、それをBIの財源にすれば、非常に大
きな所得再分配を行うことになる



本章では、所得再分配に関する三つの思想を紹介した後に、BIの思想について説明する。

第1節 功利主義の再分配理論
功利主義は、国民全体の幸福を最大化するべきである、あるいは、政府はそうする権限を持ってい
ると考える。この考えはジェレミ・ベンサム(1748~1832)から始まるものであるが、お
そらく、もっともわかりやすく表現したのはヘンリー・シジウィック(1838~1900)だと
思われる。シジウィックによれば、「社会に帰属するすべての個人の満足を総計した正味残高が最
大となるよう、主要な制度が編成されている場合に、当該の社会は正しく秩序だっており、したが
って正義にかなっている」という(ジョン・ロールズ『正義論 改訂版』32頁、川本隆史・福間
聡・神島裕子訳、紀伊図星書店、2010年、より引用。原著『経済政策』1987年など)。

 NDC分類 321.1

国民全体の幸福は個々人の幸福の総和であり、個々人の幸福は、彼が得ている物質的、精神的な財
サービス、所得、家族の愛情などに依存する。精神的な財・サービスについてはともかく、物質的
な財・サービスをより多く持っている人ほど幸福度(これを効用と呼ぶ)が高まるだろうが、2倍
特っている人の効用が2倍高まるということはなく、2倍未満しか高まらないと考える。2000
万円の所得のある人は、1000万円の所得の人より高い効用水準にあるが、2倍高い効用水準に
あるわけではないというのである。これを限界効用逓減の法則と呼ぶ。同じ1000万円の差でも、
所得が上がるにつれてその価値が減少するからである。この考えは、個々の人々の効用を足すこと
ができるのかなど、疑問はあるが、大ざっぱには説得的であると思われる。

この考えを認めれば、より高い所得の人にはより高い税率で課税することが公平だとなる。これは
累進課税を正当化することになる。本来、累進課税は、課税の公平という観点から考えられたもの
である。特に、戦時における課税について、累進課税を正当化する考えである。まず、より多く所
得や資産のある人は、国土防衛によって得られる利益が大きい。この利益は、所得や資産に比例的
であるだろうから、すべての所得や資産に対して均一の税率で課税することが公平であるとなる。
さらに、貧しい人は、そもそも負担できないのだから、一定額の所得と資産を差し引いてから、均
一の税率で課税すべきであるとなる。

さらに、豊かな人の税金の負担は、それが同じ額であっても、貧しい人の負担感、すなわち、効用
の削減度より小さいのだから、効用の削減度が同じになるように、より多く負担すべきであるとな
る。必要な税金の徴収額が与えられたとき、豊かな人により高い税率で課税すれば、比例的に課税
するよりも、すべての人の効用の和の減少を最小にすることができるはずであるとなる。

この考えをさらに拡張すれば、貧しい人に所得を再分配すれば、豊かな人にとっては小さな効用の
所得を、より大きな効用に変えることができるのだから、社会全体の効用の総和を大きくすること
ができることになる。
ただし、功利主義の再分配理論は、あくまでも社会全体の効用を最大化することを目的としている。
累進課税の程度があまりに高ければ、高い所得の人々は労働やリスクを取った投資を削減し、結果
として所得が削減され、社会全体の効用の総和を減少させてしまうだろう。また、所得の少ない人
に大きな所得が分配されれば、彼らは働かなくなり、所得も減少してしまうかもしれない。したが
って、功利主義から導かれる所得再分配の程度は、それほど大きなものにはならない,

 NDC分類 913.6

第2節 リベラリズムの所得再分配理論
リベラリズムは、社会の制度は公正であるべきだという前提から議論を始める。しかし、公正とは
どのような状況のことだろうか。豊かな人は累進課税に反対するかもしれないし、貧しい人は賛同
するかもしれない。たまたま才能や運に恵まれ、あるいは豊かな家族に生まれた人々とそうでない
人々とは、当然に公正についての考え方が異なるだろう。そこで、人々がこの世に生を得て生まれ
てくる前に集まって、どのような社会が公正であるかを議論するとする。

ここでは、人々は、自分がどのような立場で生まれてくるかを知らない。出生後の世界は、「無知
のヴェール」に包まれているのである。ハーバード大学の哲学者ジョン・ロールズは、このような
思考実験によって以下のように説く(ロールズ前掲書、原善1971年)。
このような原初状態では、人々は自分が最下層に属する可能性について考える。そう考えれば、最
下層の人々の効用を高めることに関心を持つはずである。したがって、公共政策は、社会のなかで
最下層の人々の効用を高めることを目的とすべきであるという。

これは、社会全体の効用を最大化する功利主義とは異なって、最下層の人々の効用を最大化するこ
とを主張している。ロールズの主張は、最小(ミニマム)を最大化(マックス)するという意味で、
マクシミン原則」と呼ばれる。

最下層の人々の効用を最大化するためには、豊かな人々に課税する必要がある。しかし、その課税
があまりにも高いものであれば、再分配できる所得も減少してしまうので、最下層の人々の効用を
最大化することもできなくなる。ロールズ自身、ミニマムの大幅な引き上げは、課税の増大を通じ
て、貯蓄(すなわち投資)と経済効率を引き下げることによって、ミニマムの所得水準自体を長期
的には低下させてしまうことを指摘している(ロールズ前掲書、382~383頁)。しかし、こ
の考え方は、社会全体の効用を最大化するという考え方よりも、最下層の人々へのより大きな再分
配を正当化することになる。社会全体の効用ではなく、最下層の人々の効用により大きなウェイト
を与えているのであるから、当然である

ロールズの原著は1971年に出版され、すぐさま政治哲学の古典となった。アメリカでも日本で
も、大学の政治哲学のシラバス(授業計画書)を見れば、必ず『正義論』が参考文献リストにあが
っている。ロールズが高く評価されたのは、「無知のヴェール」に包まれた原初状態で人々は何を
正義と考えるかという斬新な思考実験が魅力的であったこと、また、経済学者にとって、所得再分
配を社会保
と考えることができ、所得再分配政策の意義を経済学的に分析することが容易になっ
からだろう

なお、1921年生まれ(2002年、81歳にて逝去)のロールズは、太平洋戦争に従軍し、レ
イテ島(日本軍からの観察は大岡昇平の『レイテ戦記』にある)、ルソン島で日本車と戦っている。
ルソン島中部での交戦中、戦友ディーコンとともに小川の水を飲もうと頭を下げたとたん、日本軍
の弾丸が二人の頭をかすめた。さらにその直後、ディーコンと上官は敵情視察のために出かけ、両
名とも戦死する。ロールズは、たまたま血液型が一致したため、近くの野戦病院に負傷兵のための
献血に赴き、死を免れた(ロールズ前掲書、訳者あとがき、782頁)。まさに「無知のヴェール」
に包まれた世界を経験したのかもしれない。

しかし、功利主義であれ、正義論であれ、どれだけ再分配を行うべきかという具体的な基準を示す
ことができるわけではない。すべての人々の効用を数量的に表すことができるわけではないし、最
下層の人々へどれだけ再分配するべきかを金額的に明らかにすることはできない。
自分が最下層に生まれる可能性を考えれば、当然、そのような状況でも何とか希望を持って生きて
いくことのできる状況を得たいと多くの人は考えるだろうが、それが具体的にいくらの所得なのか
はわからない。

 NDC分類 311

第3節 リバタリアンの所得分配論
功利主義にしろ、リベラルにしろ、政府は、国民全体をより幸福にするために、あるいは、社会を
より公正なものにするために、豊かな人々から所得を得て、それを貧しい人々に分配す
る権限を持
っていると考えている。それに対して、リバタリアンは、政府はそのような権限を
持っていない
いう。リバタリアンは、政府が所得の再分配を行う権限を持っているという考
えそのものに反対し
ているのである..


ロールズと同じハーバード大学の哲学者ロバート・ノージック(1938~2002)は、
所得を
得るのは個人であって、社会ではないのだから、社会は、そもそも所得の再分配をする
権限がない
し、正義にかなう再分配の理論を見出すことはできないという。人々が現在所有し
ているものが、
過去の略奪によって得られたものであれ、人々が交換して得られた結果は、お
おむね理屈にかなっ
ているという。ノージックは言う。

  資本主義社会では、人々は多くの場会、他人がどれほど自分に利益を与えてくれると考えるか
  に応じ
てその他人に保有物を譲渡するから、個々の取引と譲渡によって出来上る(分配の――
 筆者)織物は、概ね
理屈に合っており理解可能である。(愛する者への贈与、子供への遺贈、
 援助を必要とする者へ
の施し、等もまた、この織物の理由なしとはいえない構成要素なのであ
 る。)
 (右の一節の註)我々が金を払って手に入れたいと思う物を供給することで我々にいかにして
 仕えるか、を思案するのに他の人々が多くの時間と労力を費やすようにさせる大きな経済的刺
 戟があることが、我々の利益になるのは明らかである。(ロバート・ノージック『アナーキー・
 国家・ユートピア――国家の正当性とその限界』269頁、嶋津格訳、木鐸社、1992年、
 原著1974年)

ここでは、分配の正義ではなく、交換する個人の正義が強調されている。
所得を得る過程が正しいものであれば、結果として得られた所得は正しいのであって、結果として
成立した所得分配状況がいくら不平等であっても、それは正しいというのである。
ただし、ノージックも、個々人の交換と譲渡が始まる前の所得分配を正当化していろわけではない。
過去の不正義が大きいのであれば、それを匡正(きょうせい)することは許されるとしている(ノ
ージック前掲書381頁)。ただし、匡正を実際に行うべきだとも、具体的にどのような状況でど
の程度、それを行うべきかについて詳細に論じているわけでもないので、匡正の実施を抑制的に考
えていたとは判断できるだろう

              原田 泰著 『ベーシック・インカム 国家は貧困問題を解決できるか』

個人的に90年半ば、リバタリアンはグローバリズムや新自由主義(=格差拡大経済主義)の延長
で興味を惹かれたが、
度な分業社会(=社会主義)時代にそぐわない思考で、「絶対的な自由」
を希求していることと裏腹に
”不自由な”政治政策に関与しようとするのか矛盾が奇妙でならなか
った。さて、しばらく政治経済思想のお温習いが続く。
                                     この項つづく

  No. 19
● 京都大学 世界で初めて卵原細胞作製に成功

9月20日、京都大の研究グループは、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、卵子のもと
になる「卵原細胞」を作ることに世界で初めて成功しとことを公表。ヒトの生殖細胞の発生の仕組
みには不明な点も多く、今回の技術が将来的に不妊症の原因解明や生殖医療の発展に役立つ可能性
がある。成果は21日、米科学誌「サイエンス」電子版に掲載。それによると、
これまで、ヒトi
PS細胞から、精子・卵子のもとになる「始原生殖細胞」に非常によく似た細胞の作製に成功して
いたが、その後の分化は再現できず、生殖系の細胞だと確認できていなかった。
 

今回の実験で、ヒトiPS細胞から始原生殖細胞に似た細胞を作り、生殖細胞を取り除いたマウス
の胎児の卵巣の体細胞と混ぜて約4カ月間培養。その経過の観察で、卵原細胞になると発現する遺
伝子が77日目で活性化し、卵原細胞特有の形態が認められ、染色体も卵原細胞とよく似た状態だ
った。卵原細胞ではDNA上の目印が初期化されるが、作製した細胞でも初期化が見られ、卵原細
胞に分化させる技術の開発に成功。同
グループは今後、卵原細胞から卵子へ分化させる技術の開発
を目指し、ES細胞(胚性幹細胞)を用いた同様の研究も進める方針。

尚、国の指針ではヒトのiPS細胞やES細胞からできた卵子と精子で受精卵を作製することは認
められていない。

Science  20 Sep 2018:


【資源循環型社会で生れる新ビジネス】
● 
RPF1トンで重油ドラム缶3本半(700L)のカロリーを実現
   
石炭と比較して33%の二酸化炭素を削減

2017年7月18日、中国は世界貿易機関(WTO)に対し、プラスチックや紙など一般廃棄物の輸
入停止を通告。日本ては、行き場を失なった廃ブラスチソク類を処理すべく、RPF 化によるサ
ーマルリサイクルに注目か集まっている。廃プラスチクの処理において注目されている Refuse
derived paper and plastlcs densified Fuel   の略.主に所業系廃棄物のうちマテリアルサイクル
困難な古紙および廃プラスティク類を主原料とした葛品位の固形燃料。再生紙として利用困
難な祇くずや木くずなどのバイ才マス由来のものと、従来、焼却や埋め立て処分されていた廃
プラを徹底的な選別などの工程を経て、適切に破砕・混合・成形。石炭や燃料の代替としても
需要か拡大しつつある。中国の輸入規制は、これまで廃プラスチックを有価で取出事業者に
とりては切実な問題。
                                                                                   この項つづく

【いつでもどこでも1キロワットアワー1円時代 】

● カリウムイオン電池用酸化物正極材料を開発
   資源が豊富なカリウムを用いた新しい“低コスト”蓄電池
9月20日、産業技術総合研究所の研究グループは、 カリウムイオン電池は、資源的に豊富で低コ
ストが期待されるカリウムを用いるという利点から、リチウムイオン電池に続く次世代蓄電池技術
として研究開発されている。現在までカリウムイオン電池用正極材料の作動電位は、プルシアンブ
ルー系で4 V(vs. K+/K)が達成されているが、熱安定性に優れ、より信頼性の高い酸化物材料では
3 V程度にとどまり、高い作動電位を示す新しい酸化物材料が求められていた。今回、結晶構造解
析と理論計算によって候補化合物を選定して、リチウムイオン電池用正極材料の層状酸化物系材料
と同様の4 V程度の作動電位を示す複合酸化物群を開発したことを公表。開発した酸化物群は、結
晶中にハニカム型の層状構造を持ち、この層がカリウムイオンを高速かつ二次元に拡散させる経
路となっている。カリウムイオン電池はまだ基礎研究段階で実用化には時間がかかるが、今回開発
した材料は大きな進歩につながる。

Sep. 20, 2018

尚、これまでに発見してきたカリウム含有複合酸化物について、精密な結晶構造解析によって結晶
構造を決定し、その構造からカリウムイオンの拡散障壁のエネルギーを計算した。さらに拡散障壁
が低い化合物群について理論計算によって作動電位を見積もって、正極材料として有望な酸化物を
選定した。これらの候補酸化物の作動電位を実測して、層状型構造を持ちK2M2TeO6(K2/3M2/3Te
1/3O2
Kはカリウム、Teはテルル、Oは酸素、Mは2価の陽イオンになる金属元素)という組成で
表される4 V程度の作動電位の化合物群を発見。作動電位の実測値は計算結果と良い相関を示す。

発見した化合物群は、比容量は理論値で130~140 mA h g–1、平均作動電位は3.6~4.3 V(vs. K+/K)、
正極材料ベースでのエネルギー密度は470~600 W h kg–1に達し、これまでの酸化物材料を大きく超
える可能性がある。現行の実用リチウムイオン電池用正極材料のエネルギー密度が600 W h kg–1
度なので、同等の性能が期待される。金属元素Mにニッケル(Ni)を用いたK2/3Ni2/3Te1/3O2の場合、
比容量の理論値130 mA h g–1に対して実測値は70 mA h g–1でありまだ改善の余地はあるが、平均作
動電位3.6 V(vs. K+/K)が可能である。さらに、このNiの一部をコバルト(Co)やマグネシウム(Mg
など他の金属元素に置き換えることで、4.3 V(vs. K+/K)まで作動電位の向上が可能である(下図1)。
今回の開発は、理論計算による事前の候補化合物の選択が成功した例であり、新しい材料開発の道
筋といえると結んでいる。


【関連特許事例】

❏ 特開2018-106911 カリウムイオン電池用正極活物質、カリウムイオン電池用正極、
   及び、カリウムイオン電池

【概要】
式(1)で表される化合物を含むカリウムイオン電池用正極活物質。式(1)中、mは0.5以上
2以下の数を表し、xは0.5以上1.5以下の数を表し、yは0.5以上1.5以下の数を表し、
zは0又は正数を表すされるエネルギー密度が高いカリウムイオン電池が得られるカリウムイオン
電池
用正極活物質、及び、前記リウムイオン電池用正極活物質を含むカリウムイオン電用正極、
又は、前記カリウムイオン電池用正極を備えたカリウムイオン電池を提供する。

      KFeMn(CN)・zHO      (1)

【選択図】図1

【符号の説明】10:カリウムイオン電池、12:電池ケース(負極側)、14:ガスケット
16:負極、18:セパレータ、20:正極、22:スペーサー、24:板ばね、26:電池ケー
ス(正極側) 

  Sept. 21, 2018           

コメント

防災独立型サニテーションシステム

2018年09月16日 | WE商品開発

 

  Sep. 13, 2018

 



                                            
第21章 不滅のエネルギー
普巡存在としての「道」は、かすかでおぼろである。捉えどころのないその底に、物象が潜んでい
る。奥深く探りがたいその底に、エネルギーが潜んでいる。そのエネルギーは、不滅である。そこ
に確固たる法則がある。
太古より今日に至るまで、「道」は絶えることなく存在し、万物を統括している。わたしは、何に
基づいて万物を理解するのか。それは、万物の根元である「道」に基づいてである。

普遍存在としての道〉 原文は「道の物たる」。「物」とは、知覚される個々の物質ではなく、
その根元をなす質料因をさす。

 

第22章 うつろだから満ちる
欠けているから、完全になる。まがっているから、まっすぐになる。うつろだから、満ちる。古い
から、新しくなる。少なければ得、多ければ失う。これが自然の法則である。この法則を体得した
聖人は、自己を主張せずに「道」にのっとることによって、おのずと天下の規範となる。

自己を知者とみなさぬから、かえって人から知者とされる。自己を是とせぬから、かえって人から
是とされる。自己の功を跡らぬから、かえって功を認められる。自己を有能と考えぬから、かえっ
て能力を讃えられる。

自己を否定して人と争わぬ特に、争いをしかける者はけっしていない
「欠けているから完全になる」という古人の言に、何のいつわりがあろうか。自己主張を捨てて
「道」にのっとったときにのみ、徳は万全の力を発揮するのだ。

※アリストテレスの説いた四原因の一。事物が生成するための素材となるもの。 質料因(羅: causa
materialis
)意外に、形相因(羅: causa formalis):そのものが「何であるか」 を規定するもの 作用
因(羅: causa efficiens):そのものの運動変化の原因、目的因(羅: causa finalis):そのものが存在し、
運動変化する目的 からなる。
 

  Four causes of Aristotle


 

【特集:胆振(いぶり)地方中東部地震】
月6目、北海道胆振地方中東部を震源とすM6、7、最大震度7の地震が発生。広範囲にわたって
土砂崩壊が起き、約40名の犠牲者が出
た。この度の地震でお亡くなりになられた方々のご冥福を
お祈り
するとともに、ご家族の皆さまにお悔やみを申し上げます。また、怪我をされた方々、被害
に遭われた方々に心よ
りお見舞を申し上げます。まだ多くの余震も発生しています。引き続きご注
意くださ
い。

さて、このエリアである「北海道道南・青森県」は、「MEGA地震予測」では「要注意」のエリア
でした。8
月22目号掲載のAI地震予測ではレベル4のエリアに該当。また、えりものPv観測点に
前兆と思われる異常が現れている。MEGA地震予測」では胆振地方が約3ヵ月前から隆起から沈降
に変化していることに留意していた。7月25日号で初めて「胆振(いぶり)地方は沈降をしてい
ます」とコメントを出すが、その後胆振地方の東側の沈降は収まり、苫小牧から札幌付近までの沈
降が目立つようになったため、表現を苫小牧から札幌のエリアに改める。

・長期的傾向を見ると、上図1に示すように、6か月前は緑色の隆起エリアでしたが、3か月前に
 は青色の沈降が目立ち始める。
・地震直前の9月5日号で掲載した隆起・沈降図では苫小牧から札幌に向けてはっきりと青色の沈
 降帯が現れていた(上図2参照)。経験則から沈降は隆起よりも地震発生に強く影響を及ぼす要
 因であるので警戒しなくてはいけない現象である。
・上図3は苫小牧から札幌にかけて現れた沈降帯と震度5以上の揺れた市町村を示しる。震度分布
 を見ると沈降帯の東側の境目で大きく揺れていることが分かる。
・以上を要約すると、今回の胆振地方中東部地震のキーワードは、「沈降が進行し、隆起に転じた
 現象」であり、これが地震を誘発したと解釈
・地震直前に超低気圧の大型台風が通過して、吸い上げられた地盤が急激に沈下したことも誘因の
 一つと考えられます。雨で緩んだ地盤が激しく揺られたことが大規模な地すべりを起こし、被害
 を大きくした原因であると考えている



【防災独立型サニテーションシステム】


● 独立防災型生活用水の確保

井戸から飲料用水をポンプを使用して取水し、浄化装置、滅菌器及び除鉄槽等の沈澱槽を介して飲
料用水供給装置があるが、大震災等の災害が発生した場合、従来の取水装置では取水管の破損等に
より災害時に使用不能になったり、防火用水は防火壁の破損により、消火はもちろん生活用水とし
ても利用不能の場合があり、破損を免れても水の腐敗等により生活用水として使用できない、ある
いは停電で作動させられない等の問題が生ずる可能性がある。このように、大震災時においても取
水可能で安価な、耐震型飲料水用井戸装置が提案されているが(上下図参照)、例えば、下図の実
用新案は、井戸の開口部材(2)に井戸のケーシング(1)を地震から保護する手段(3、4)を
設け、ケーシング(1)の下端に水中ポンプ(30)を設け、取水した水を浄化、滅菌するととも
に、内燃機関で駆動する非常用電源(26)――ここで、符合19は流し台、符合31はフェンス
を示し、したがって、大地震等の災害時においても、井戸のケーシング1の上端部は開口部材2と
の間で破損することがなく、水中ポンプ30と貯水タンク10とを接続する樹脂製のチューブ5は
ケーシング1の内側に保護され、耐圧性フレキシブル管を介して接続されているので、破損により
取水不能となることがない――を備え、大震災時においても取水可能な耐震型飲料水用井戸装置
安価に提供できるとしているが、地震による井戸そのものが破損や水脈涸れは想定されておらず、
また、耐震・耐浸水パッケージ化などの詳細も不詳である。


【符号の説明】
1 ケーシング 2 開口部材 3 緩衝部材 4 保持部材 5 チューブ 6 耐圧フレキシ
ブル管 10 貯水タンク 11 活性炭ろ過機 12 滅菌器 13、14、17 水回路
16 沈澱槽 20 滅菌液タンク 26 非常用電源 30 水中ポンプ

また、下図の株式会社ホクコンの可搬式緊急総帥ユニット(ETU型)の手押しポンプタイプであれ
ば電源喪失の場合でも既存の井戸に異常なければ取水接続口と接続すれば揚水供給可能だが、前述
と同様、水脈涸れ、井戸の破損に対応できない。従って、鑿井(さくせい)時の耐震対策の有無が
前提となる。また、揚水ポンプが水中ポンプ方式か地上置きポンプ(渦巻き式/容積式)が問題と
なり、前者なら地震応力で機能不全となる可能性が高くなるが、後者なら取水配管材料/構造を配
慮しておれば、水脈涸れがなければ揚水できる。さらに、後者の場合手押しポンプではなく、容積
式ポンプの電動軸に回転式手動衝動伝動ユニットを付加しておけば自動/手動兼用が可能である。
 

 

また、この項の表題図の株式会社ホクコンの独立型太陽光発電システム「エコソーラーユニット」
ESU型)をのように蓄電池とセットにすれば、原理的には、電源は担保されるから、後は耐震構
造型埋設貯水槽に火災鎮火用水として、あるいは、通常のサニタリー(sanitary)用水として使用で
きる。下図、特許事例は、ソーラーパネルを熱や降雪、汚れなどからまもる散水装置ものだが、水
源を井戸、降雨――集中豪雨による浸水・洪水等の自然災害を抑制するシステムや、夏場に代表さ
れる水不足・温暖化対策なども視野にいれた、自然資源の雨水の利用――貯槽(+上水/下水)と
しソーラー(+系統電力)+着電池を動力現にすることで防災独立型として参考できるの掲載。


  特開2016-089491

● シャワーの水、浄化し9割再利用 WOTA  May 9, 2018

WOTAは14年、独自のろ過フィルタ開発でない市販のフィルタとセンサを組み合わせ、自社開
発のソフトウエアを活用。センサから集めたデータで水の流量や汚れ具合、温度などを測定すると、
水質の状態やフィルタの汚れ具合を予測。事業化の際にはフィルタの汚れ具合から利用料金をはじ
き出し最適設計を行う。目標は、シャワーや洗面台に装置とシステムを接続し、複雑な工事を不要
にし、家電を置くような感覚で、1日で水道のインフラを整備する。太陽光発電や蓄電システムな
どで電源さえ確保できれば、孤島や砂漠、山岳地帯のような場所でも水が使える。水源や上下水道
に依存する必要がなく、人間の生活エリアが未開や宇宙開発につながる(上図参照)。

16年4月に起きた熊本地震では、トラックの荷台にシャワーブースをくくり付け、東京から被災
地に駆けつける。「プライベートな空間で浴びるシャワーと公衆浴場では、疲れの取れ方が全く違
う」。被災した人からの声に、事業化の意義を感じる。
実用化にはまだ課題もある。現在は1台数
十万円かかる。実用化の段階では量産効果でコストダウンを図る。
さらに、現時点では再利用でき
る水の種類が限られる。今の技術レベルでは台所やトイレの排水などは浄化できない。フィルタで
除去するだけでなく、微生物を使って分解して浄化する技術が必要になる。生活で使う全ての水を
まかなうには、もう一段のブレイクスルーが必要。
水が貴重な中東や国土が広い米国から強い関心
が寄せられているが、日本も決して人ごとではないはずと語る。高度経済成長期に整備が進んだ上
下水道は老朽化に直面し、近い将来、莫大な更新コストが必要になり、人口減少が進めば、限界集
落のようなインフラそのものの維持が難しいエリも広がると予測している(日経産業新聞 2018.
05.02)。このように、WOTAの水縦貫システムは、精密濾過膜技術(精密・限外濾過・逆浸透)
とセンサ(電気伝導度)をAI(人工知能)制御システムをパッケージ化を特徴とする。

● 生活排水の完全循環システムの考察

 Jul. 27, 2007

ここで、生活排水のなかで屎(し)尿処理の高品位化が架台となる。大きくは生物処理(好気性+
嫌気性:下図参照)と
非生物処理(マイクロバブル/オゾン/水中プラズマなど)に分けられ、さ
らに、前者は単独型と合併型)とに分けられ、さらには、嫌気性生物型にはメタン発酵からのメタ
ンガスの燃料電池発電化も考えられる。参考に上下図に生物処理型技術課題と事例技術を掲載(参
照)。

  Nov. 7, 2017

● 排水ゼロの循環式水洗トイレ 
高知市の建設会社「ダイドウ」が販売する循環式水洗トイレ「リサイくるん」が熊本地震被災地で
注目を集めた。排水ゼロ、年数回のくみ取りで使用でき、衛生面の不安も少ない。震度7を2度観
測し、大きな被害をで受けた熊本県益城町にも5月に設置され、災害時のトイレとしても期待され
る。
復興拠点「益城町災害ボランティアセンター」には、全国からボランティアが集まる。駐車場
そばの仮設トイレは、同社が無償で貸し出した(排水ゼロの循環式水洗トイレが注目 熊本地震被
災地にも設置、 産経WEST 2016.06.18)。

 Jun. 18, 2016

特徴は、微生物を利用した活性汚泥処理や、ろ過を独自に組み合わせて汚水を浄化し再利用するシ
ステム。無臭・透明な洗浄水が循環し、排出されない。日約200回の使用で、汚泥のくみ取り
は数カ月に1回程度
。従来の循環式トイレは1日約100回が限度。組み立ては不要、バッテリー
で稼働し災害太陽可能。
5年前の東日本大震災で、被災地の不衛生なトイレを目の当たりにして、
同社が培った水道・土木工事のノウハウを生かせないかと考え、開発をスタートさせた。高知高専
などと共同で開発し、処理能力向上につなげる。
外部からの水も電気も必要としない「自己完結ト
イレが理想」で。水洗などの電力に太陽光発電を利用することも検討中している。

ところで、下図の二シム電子工業のような完全自己処理型トイレ(詳細不詳――山岳用の自己処理
型トイレ
に動力としてソーラー/バッテリーを付加したものではないか?)なども商品も提案され
ているが、ここでは、道機産業株式会社のマイクロバブルを使った処理装置を掲載する。

❑ 特開2011-069111 循環式生分解処理トイレ 道機産業株式会社

【概要】
従来、トイレの汚水を生分解処理し、洗浄水として再利用する循環式の糞尿処理技術が提案されて
いる。例えば、水洗用便器と、水と形のある排泄物やゴミとを分離するための分離貯留槽と、微生
物培養素材を内蔵した曝気槽と、オゾンを内部に導入するオゾン槽と、浄化水収納槽とを有し、水
洗用便器と分離貯留槽と曝気槽とオゾン槽と浄化水収納槽との順を経て再び水洗用便器に至る順に、
自然落下とオーバーフローとポンプによる上昇移動とによって水を循環させる循環式水洗トイレが
あるが、水を循環させるためのポンプの他に、別途、曝気用空気を導入するためのブロワーを各曝
気槽に設置しなければならず、イニシャルコストが高くなることはもとより、常時運転させると消
費電力量が大きくなり、ランニングコストが膨大になる。また利用人数が多い場合には、頻繁に汲
み取りしなければならず、メンテナンスコストが膨大になるという問題がある。また、人里離れた
僻地等のように交通の便が悪い場所に設置した場合には、わざわざそこまでバキューム車で赴かな
ければならないという問題がある。

本件は、便器を洗浄水で洗浄した後の糞尿を含む汚水を、隣接配置された複数の処理槽に順次移送
させながら生分解処理と脱色処理を行って再び洗浄水として再利用する循環式生分解処理トイレ
あって、所定の処理を終えた後の処理槽内に揚水ポンプの吸入口を配置するとともに、その所定の
処理を終える前の他の処理槽に前記揚水ポンプに連結されており前記汚水にマイクロバブルを混入
させて噴射可能な噴射ノズルを配置し、前記所定の処理を終えた後の汚水を前記処理前の他の処理
槽に戻して循環させながら浄化する。下図のごとく、便器2を洗浄水で洗浄した後の糞尿を含む汚
水を、隣接配置された複数の処理槽に順次移送させながら生分解処理と脱色処理を行って再び洗浄
水として再利用する循環式生分解処理トイレ1であって、所定の処理を終えた後の処理槽内に揚水
ポンプ7の吸入口を配置するとともに、その所定の処理を終える前の他の処理槽に揚水ポンプ7に
連結されており汚水にマイクロバブルを混入させて噴射可能な噴射ノズル8を配置し、所定の処理
を終えた後の汚水を処理前の他の処理槽に戻して循環させながら浄化することで、1つのポンプを
共用して汚水の循環と生分解処理のために必要な空気の供給を行うとともに、糞尿を効果的に破砕
し、消費電力量を抑制することができる環式生分解処理トイレを提供する。
 特開2011-069111
【符号の説明】
 1  循環式生分解処理トイレ   2  便器   3  投入処理槽   4  濾過処理槽   5  脱色槽   6  貯水槽 7,7a,
7b,7c  揚水ポンプ   8  噴射ノズル   8a  糞尿破砕用ノズル   8b,8c  空気供給用ノズル   9a,9b,9c  ス
トレーナ   21  ロータンク   31  移送開口部   32  接触材   41  濾過材   42  鋸歯状仕切板   42a  鋸
歯部   43  パンチングメタル板   44  上端開口板   45  下端開口板   51  脱色材   71  吸入管   72 
吐出管   73  給水管   81  本管   81a  通水路   82  吸気管   83  入水口   84  噴射口

【関連特許技術】
・特開2016-011524 災害用循環式水洗トイレシステム 株式会社ダイドウ
特開2017-119280 汚水処理装置 株式会社栃木日化サービス
・特開2017-217571 可搬式浄化槽 JFEエンジニアリング株
・特開2015-217136 仮設トイレ収容型地下貯蔵槽 株式会社CNT 他
特開2015-073979 有機性廃水処理方法及び装置並びに化成肥料の製造方法及び装置 水ing株式会社
・特開2013-194474 退避施設 株式会社ホクコン 他

● 防災独立型サニテーションシステム

さて、わたし(たち)が想定する「防災独立型サニーステーションシステム」は、地震、洪水、火
災を回避(避避)地(学校/公園/集会場などの公共施設)に1日500人以上利用できる、給水
(飲料/生活用水:トイレ、洗面、シャワー、入浴)が可能な完全独立、つまり、循環使用できる
設備で、動力はソーラー&サーマル(+ピエゾ)/蓄電池/メタン&水素燃料電池を備えたシステ
ムであり、バリアフリー/百パーセント再生可能エネルギーを前提に設計仕様決定される。このた
め上下水水の接続は選択肢を前提としている。循環処理設備及び付属タンク類は基本地下埋設とし
て設備は耐震/耐浸水/耐熱・保温(凍結防止)仕様である。尚、水処理方式には電気分解、各種
精密濾過、オゾン、水中プラズマ、紫外線、マイクロバブルなど、さらに、飲料水は魚縮水も選択
肢に入る、以上、足早にみ考案してみた。これで海外展開できる事業の素地は完成したことになる。

 ● 今夜の一枚

  Sep. 13, 2018 

コメント

小さな巨人Ⅸ

2018年02月18日 | WE商品開発

 

                     告子(こくし)    /    孟子    

                                   

        ※ 天与の爵位と世俗の爵位:爵位には、天与のものと世俗のものと
                    がある。仁・義・忠・信、つまり、変わることなく善を楽しむ心、
          これが天与の爵位である。公・卿・大夫のたぐいは世俗の爵位で
          ある。むかしの人は、まず第一に天与の爵位を身につけたから、
          それにともなって世俗の爵位を手に入れることができた。いまの
          人は、世俗の爵位を手に入れるために天与の爵位を得ようとする。
          だからいざ目的を述すれば、天与の爵位のほうは見向きもしなく
          なる。了簡ちがいもはなはだしい。そういう座中はやがて世俗の
          爵位まで失うにちがいない。
 



● asap X-Connect

 

【樹木トレッキング 20:アカマツ】  

         マツの双葉はあやかりものよ、枯れて落ちても二人連れ

        こぼれ松葉をかき集め 乙女の如き君なりき
        こぼれ松葉に 火を放ち 童のごとき我なりき
        童と乙女 寄りそいぬ ただ玉ゆらの 火をかこみ
        うれしく二人 手をとりぬ 甲斐なきことを ただ夢み
        入り日の中に たつてぶり ありや なしやと ただ ほのか
        海辺の恋のはかなさは こぼれ松葉の 火なりけむ

                            佐藤春夫『海辺の恋』

            

ここで詠われている「マツ」は、「赤」なのか「黒」なのか、佐藤春夫は和歌山、谷崎潤一郎は東京の
生まれなので、
海岸風景のためクロマツとなるが、アカマツは内陸部なのだが東北・北陸地方では海岸
にもアカマツも生育しわからぬが、佐藤がスタンダールの長編小説『赤と黒』(Le Rouge et le Noir)を
も意識していた詩とも考えにくい。さて、アカマツ(Pinus densiflora)はマツ科マツ属の常緑針葉樹で、
複維管束亜属(いわゆる二葉松)に分類され、別名メマツ(雌松)とよばれる。
日本に産する2葉のマ
ツはアカマツとクロマツの2種だけであ
る。アカマツは幹が赤かっ色なのでアカマツと名づけられた。
芽の
りん片もかっ色、クロマツは同様に幹が黒いからで、その芽は白い。この2種の間には自然に合い
の子ができる。

目に触れる機会の多いマツである。文字通り樹皮が赤いのでこの名が付いている。クロマツと非常によ
く似ている
が、葉がやや細く柔らかく、手で触れてもクロマツほど痛くない。そのためクロマツが「雄
松」と呼ばれる。また、成長すると樹皮が鱗状に剥がれるのはクロマツと同じだが、アカマツではこれ
がより薄く、赤っぽくなる。
樹皮は赤褐色で、傷をつけると粘りのある樹液が出て、後に淡黄色の塊に
なる。葉は、針状で2本ずつ束生し、基部は灰褐色の鞘状の鱗片がある。ヤニ臭がある。
日当たりの良
い場所を好み、種から初めの2~3年は生長が鈍いが以後急に伸びる。

日本産のマツの中でもっとも広い範囲に分布し、天然状態では本州・四国・九州・朝鮮半島・中国東北
部などに分布するほか、北海道にも植林されている。温暖地に多いが、クロマツに比べかなり寒冷な気
候にも耐え、八ヶ岳山麓の美しの森山(海抜約1,500メートル)にも、大規模な群落が見られる他、
北海道南部でも天然林化しているものがある。クロマツが耐潮性が強く海岸線付近に多く生育するのに
対して、アカマツはどちらかといえば内陸に産する。
マツ属一般にそうであるように、明るい場所を好
む陽樹であり、不毛な土地にも耐えることができる。安定した極相林の中では子孫を残すことができな
い、典型的な先駆植物である。このため、いわゆる里山に於いては、日当たりのよく栄養の乏しい尾根
筋に植えられることが多かったが、現在の荒廃した里山ではその数を大幅に減らしている
アカマツ林
は、マツタケの生産林でもある。アカマツとマツタケは相利共生の関係であり、マツタケが生えるよう
な環境の方が生えない環境のものより寿命が長いとされる。さらに、シベリアから欧州にかけての広い範囲に分
布し、シベリアアカマツ(欧州アカマツ)の近縁と考えられている。

 

樹形をコントロールしやすく、庭木として栽培される他、盆栽としても利用。材には松脂を多く含み、
火付きがよく火力も強いため薪の原料として重視された。化石燃料が普及した現在でも、陶芸の登り窯
にくべる薪やお盆の松明などに使われ、京都の五山送り火でも、大量のアカマツの薪が組まれて焚かれ
る。また、
主に建材として使用され、建物の梁、敷居の摩擦部、和室の床柱などに使用される。 また、
土の中でも腐りにくいという特徴を持つ事から土中杭としても利用。 ヤニがでやすく、やや狂いが生じ
やすいので利用しやすい木材とは言い難い側面がある。
アカマツ林には常時人の手が入り、燃料として
落ち松葉や枯れ枝が持ち出されていたので、林床が貧栄養で乾燥した他の植物の侵入できず遷移を止め
る役割を担う。アカマツだけでなくマツタケもこのような環境を好み、マツタケ山では、手入れを現在
も行っている。ブログ掲載した「
ゴヨウマツ」など、マツ科の一部の種子は松の実として食すが、アカ
マツの種子は風で分散し比較的小さく食用には向かない。ところが、
ヤニを集め乾燥した塊を松脂(し
ょうし)、葉は松葉(しょうよう)と言い、生薬として用いる。民間療法では、松脂を和紙に塗って貼
ると筋肉痛や打撲に、また生葉を浸した松葉酒を服用すると低血圧、冷え性に効用があるとされ、生松
脂を蒸留した液がテレピン油で、残留物がロジンとなる。
葉を食べてしまうマツカレハの幼虫がつく。
対策は、冬に地表近くの幹に藁を巻いてやると(菰巻き)、このケムシが越冬に潜り込んで来るので、
まとめて燃やしてしまうことで駆除されている。
  

      
     
No.152

【ネオコンバーテック篇:東大 肌に貼るディスプレー開発】 



伸縮させても壊れにくく、肌に貼って文字などを表示できる薄型ディスプレーを、東京大の染谷隆夫教
授らの研究チームが開発した。研究成果は、米国で17日(日本時間18日)に開催される米科学振興
協会年次大会で発表。例えば、肌に長時間貼れるセンサーと組み合わせ、自宅にいる患者の心電波形を
測って送信。波形や病院の医師の診察結果を、患者の手に貼ったディスプレーに表示できる。在宅医療
などへの応用が期待される。東京大と大日本印刷が開発した、試作したディスプレーは、縦3.8セン
チ、横5.8センチ、厚さ約1ミリのゴムシート上に、極小の発光ダイオード(LED)384個を並
べた構造。数字や絵文字などが赤く表示される。従来は曲げ伸ばしを繰り返すと、LEDと配線の接続
部が断線しやすかった。力が一点に集中しないように素材を工夫し、1万回伸縮させても断線しにくく
なった。共同で研究した大日本印刷(東京)は、通信機能を小型化するなど改良を進め、3年以内の実
用化を目指す。
 



 どこが違うのか 特開2015-149364 伸縮性デバイスおよびその製造方法

【概要】

伸縮してもトランジスタ特性劣化を生じ難い伸縮性デバイスの提供をにあって、下図のごとく樹脂基板
上に1つまたは複数の半導体素子が形成され、該半導体素子を有機高分子材料からなる内側封止層で覆
って構成した半導体搭載基材が、エラストマーからなる伸縮性樹脂フィルムに埋設され、伸縮性樹脂フ
ィルムに半導体素子に接続される導電回路が形成され、半導体搭載基材の周囲が外側封止層で覆われた
伸縮性デバイスであり、外側封止層が半導体搭載基材を直に囲うエラストマー製の第1封止層と、該第
1封止層の外側に形成され、伸縮性樹脂フィルムの一部を兼ねるエラストマー製の第2封止層を備え、
第1封止層のヤング率が第2封止層のヤング率よりも大きくされ、第2封止層に半導体搭載基材に近い
側から遠い側にヤング率のグラデーションが形成されていることを特徴とする。

 

【符号の説明】

A…伸縮性デバイス、1…伸縮性樹脂フィルム、2…ゲート配線(導電回路)、3…ソース配線(導
電回路)、5…半導体搭載基材、6…ドレイン配線(導電回路)、7…樹脂基板、7A…素基板、8
…ゲート電極、9…酸化膜、10…修飾膜、11…有機半導体層、12…ソース電極、13…ドレイ
ン電極、15…内部封止層、20…内部被覆層、20A…内部コート膜、21…レーザー光、22…
泡抜き孔、23…フッ素コート層、24…ダミー基板、27…分離溝、28…第1コート層、28A
…第1予備封止層、29…構造体、30…第2コート層、31…第1封止層、32…第2封止層、
35…保護層、37…ビアホール、有色基板…40、57…第1導体、58…第2導体、59…第3
導体、60…絶縁膜、41…レーザー光。

ところで、「ネオコンバーテック」という言葉はわたし(たち)が造語したもの。念のために下記に
その経過をブリーフ(Briefe)しておこう。尚、このブリーフ(抜粋)はいましがた帰ってきた会合
で提案してきたものの一部である。まっつこと『小さな巨人時代』である。

-------------------------------------------------------------------------------------------

【エネルギーフリー社会を語ろう!】

環境工学研究所 WEEFの活動概要

・1993年、精密マスク工場生産技術課でマルチメディア研究会発足、「デジタル革命渦論」を構想
・1998年より、精密マスク工場から開発本部に移籍。「ネオコンバーテック創業論」を構想、液晶/
 有機ELディスプレイ・透明導電膜製造装置の調査開発に従事

・2005年より開発本部で色素増感太陽電池の調査研究に着手
・2010年02月01日、NPO「環境工学研究所 WEEF」のサイト初公開。
・活動方針を調査研究とし通販活動停止。
・2011年03月11日、東日本大震災・福島第一原発メルトダウン、たまり続ける使用済み核燃料、垂れ
 流されるトリチウム、地層処分問題、再稼働の是非。『縮原発論』を展開

・2015年07月15日、本研究所のブログで『再エネ百パーセント時代:時代は太陽道を渡る』を掲載
・2015年12月29日、同上『2015年から未来を見つめる Ⅰ』掲載
・2017年03月29日、同上『世界は再エネで経済成長』を掲載
・2017年04月20日、同上『エネルギーフリー社会を語ろう! No.04』掲載
・2017年07月03日、同上、特許研究室に『特集|フレキシブルエネルギータイリング事業』掲載
・2018年01月30日、同上『2018年度版:エネルギーフリー社会を語ろう!』掲載

-------------------------------------------------------------------------------------------

 

    

 

 なぜ、かまぼこ屋がエネルギーのことを考えたのか ❦ No.7

      ● 経済とは経世済民

  日本の経済をしなやかで持続可能なものにすること。この国の豊かな自然の中で、個性あふれる
 地域の場所文化と地域資源を活かしつつ、きちんとお金がまわり人びとが安
心して暮らせる世の中
 を育んでいくにはそれしかない。そのためには「経済界」が動か
ないとなかなか日本はよい方向に
 変わっ ていかないというのが基本的な考えです。

  原発は危険で事故が起きたときのリスクがあまりに大きく、けっして経済性も見合わない。そし
 て、自分からは見えないだれかにツケをまわして今の宴を楽しめればいいと
いうふうにさえ映る原
 発を擁護し推進しようとする考え方は、私のこのような地域の自
立を基本に据える考え方にはそぐ
 わないのです。今回の「3・11」で原発の問題点が明
らかになったわけですから、このまま黙っ
 ていたら私も「原発イエス」というに等しく
なってしまいます。



  しかしながら、「エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議」というのは、単に反原
 発運動をやろうという会議ではありません。あるいはまたお互いの意見を調整して妥協点を落とし
 どころにしようというものでもありません。お互いの考えを実践して、5年、10年とかかるかもし
 れない けれども、気がついたら目本に原発がなかった、
  そういうふうに現実を変えていく方法論的な議論を深めようというのが主眼です。
  この会の活動としては大きく2つの柱を掲げています。

  まず1つ目は、賢いエネルギーの使い方を学び実践していくことで、更なる省エネルギーを進め
 ていくことです。省子不は経済活動の足かせだとか、快適な生活をあきらめる我慢だとかでは決し
 てなく、むしろ新しいビジネスチャンスであり、より豊かな暮らしへの工夫だと思います。この国
 の知恵と技術は、世界に貢献できる素晴らしい可能性を持っています。大企業に後れをとることな
 く中小企業も取り組んでいくことが大切です。省エネにより、まずは発電手段としての原発が不要
 になります。そしてそれと並行して、化石燃料の削減と低炭素社会への転換を、地域の活性化と自
 立につなげながら進めていくことです。

  2つ目の柱は、可能な限り再生可能エネルギーを中心として、地域のエネルギー自給体制を小さ
 くてもよいから同時多発的に全国に構築していくことです。つくっていくのも地域の人たちであっ
 てほしいわけです。これからやろうという地域の人たちのサポートになるような地域の情報やノウ
 ハウを提供する場でもありたいと考えています。「小さくともよいから」というのは決して否定的
 な意味ではなく、「小さいからこそできる」ことがあるはずです。小さいが自分の会社なら、小さ
 いが自分の地域の仲間となら、自分が決心すればできることがあるはずです。そして、そのような
 小さな取り組みを無数に増やしていく。



 「再生可能エネルギーが発電量に占める比率は水力を外すとIパーセントしかないから当てになら
 ない」という意見をよく耳にします。けれども、それはまったくの間違いです。「うちの会社は10
 パーセントになった」「俺の町は5パーセントになった」という積み重ねが大事です。そういう小
 さなユニットが全国に無数に生まれたら、トータルすると非常に大きな比率になるはずです。

  日本をほんとうに変えようとするなら、小さくとも自分たちにできることを一人でも多く実践し、
 実現し、積み重ねていくしかない。それこそがこれからのやり方だと信じて疑いません。
  顔の見える関係で成り立つ地域のコミュニティは、そこが住めなくなったからといって他所に移
 すことなどできません。小田原でかまぼこ屋を営む私の会社は、万が一、小田原が汚染さたら他の
 場所でかまけこ屋をやることはできないでしょう。その土地の自然、風土、歴史、そして人のつな
 がりがあってその地域は成り立っているのですから。

  個性豊かな地域が連なる日本、その独自性と多様性こそ、この国の魅力であり、価値であると思
 います。
  私たちは、「ここは私の土地」「これはわが社の工場」「これはうちの店」と言いますが、所詮、
 借り物ではないでしょうか。自分たちの未来から借りているもの。借りたものは汚さず少しでもき
 れいにして返す。それが日本人の心根ではないでしょうか。
  経済とはもともと経世済民、世の中を治め、人を幸せにする単なる道具。経済人としてそれぞれ
 の地域でしっかりとした考えで会社の経営に取り組む。子不経会議はそんな経営者の集まりであり
 たいと思っております。
  このエネ経会議の活動は、確かに「3・11が直接の、そして大きなきっかけで始まったもので
 はありますが、その底流には、資源や環境という地球規模の制約条件と、人口の減少と高齢化とい
 う不可避のわが国の社会構造の変化を踏まえ、地域の自立を通じて、この国のありようをより持続
 可能なかたちに変えていきたいという思いが流れています。
  エネルギーのことはエネルギーにとどまらない夢のある話なのです。                                      
              この項つづく





● 今夜の寸評:後出しジャンケンの後ろめたさ

14日、米南部フロリダ州パークランドの高校で、銃乱射事件があり、地元捜査当局によると、生徒ら
17人が死
亡している。「人命は地球より重し」(福田赳夫)の名言を前にして、人の命を計ると世界
のGDP×17倍以上となる。米国文化のネガティブ的側面というわけだ。いつものことで開いた口が
ふさがらない。半自動銃も核兵器も持たずと宣言する勇気をと叫びたい。

  

コメント

山なりの蒜を前にして

2018年02月14日 | WE商品開発

 

                     告子(こくし)    /    孟子    

                                   

         ※ なくしてはならないもの:孟子曰く、「仁は人の心なり、義は人
           の路なり。その路を舎(す)ててよらず。その心を放ちて求むる
           ことを知らず。哀しいかな。人、鶏、犬の放つあれば、これを求
           むるを知るも、放心ありて求むるを知らず。学問の道は他なし、
           その放心を求むるのみ」。

 
【いかに経済的なニンニクをつくるか】

蒜一片を簡単に電子レンジで加熱摂取ことをつづけているのだが(【植物工場篇:水耕栽培方法】
2018.2.8 「小さな巨人Ⅱ」)、めんどくさくなり、卵焼き土鍋(陶器製ココット)を楽天で注文し、
大量の薄皮を剥いたニンニク片をラー油で加熱処理(電子レンジ)し、過剰のオイルを切り、貯蔵し
ておくことにし、ラー油は使い置きで使用することに決めてしまったので、後は、好適価格のニンニ
クの水耕栽培法(「特開2010-063414  ニンニクの水耕栽培法」 公立大学法人大阪府立大学 2010年
03月25日) に焦点を移す。ところが、「特開2014-217340 ニンニクスプラウトの粉末状物質」 株式
会社海洋牧場 他 2014年11月20日)に困ったことが書かれていた――栽培課題残件は、オリーブの
結実→ブラッドオレンジの結実→そして最後の課題である白トリュフ栽培がありこの件で時間を割き
たくない――ニンニクスプラウトあるいは発酵ニンニク(黒ニンニク)の抗酸化力が格段に優ってい
る、さて、どうする?結論は、栽培法は「量産型遮光水耕法」とし、国産ニンニクで電子レンジでオ
イル加熱して食することとする。

尚、「ニンニクスプラウト」の量産法の事例を次のように記載しておく。


古くからニンニク(Garlic, Allium sativum L.)は、独特の臭いと香味を有していることから、食物の
味付けになどに広く使用されてきている。また、ニンニクには殺菌作用が強く、かぜなどのウイルス
を殺す薬効作用があるともいわれており、最近ではニンニクのエキスを含有する健康食品等もある。
一般的に「ニンニク」と称して香味、食物の味付けなどに使用しているニンニクとは、ニンニク球根
を構成している一つ一つの鱗茎であり、この鱗茎は、小さなリン片(側球)が集合して形成された球
状の地下茎である。この側球は、葉が変形・肥大したものであり、外側から一枚の保護葉、貯蔵葉、
発芽葉、および数枚の普通葉で構成され、最内部に生長点が存在する。 しかし、ニンニク自体には
強烈な臭いがあることから、これを生のまま食することはほとんど無く、一部の嗜好家などにより、
天ぷら油などにより唐揚げ、或いは直火による加熱処理等にし食されているにすぎない。一方、ニン
ニクの若い生葉或いは茎は、ニンニクの鱗茎に比較して臭いが少なく、また香味などの刺激も低減し
油炒めや煮物などの青物野菜として利用されるが、葉或いは茎が硬いといった問題がある。

ニンニクから得られる若芽或いはモヤシ等が検討されており、1つにはニンニクの珠芽を培養するニ
ンニクのもやしについての製造方法が提供されている。このニンニクのモヤシは、ニンニク特有の香
味を備え、栄養価が高く、手軽に生のままでも食することができるとされているが、その製造方法は
ニンニク珠芽を水洗し、吸水せしめて、暗黒条件下/或いは照射条件下に培養する方法であり、ニン
ニクの球根を構成する珠芽一つ一つを水洗、吸水処理しなければならない手間がある。2つめはニン
ニク茎葉野菜の栽培方法が提案されている。この栽培方法は、ニンニクの球根を暗黒条件下に特定の
温度/湿度をコントロールして栽培する方法で、その手段に、土壌栽培或いは水耕栽培とされている
が、実際例にはニンニク球根に土壌を覆土し、さらに暗室内で栽培するという土壌栽培方法しか開示
されておらず、水耕栽培の詳細は一切不明である(「特許2711975  上部は黄色で下方は白色の長いニ
ンニク茎葉野菜の栽培方法」) 。3つめとして、柔らかなニンニクスプラウトの製
造方法がある。さらに、検討を加え、ニンニクスプラウトの効果的な水耕栽培方法もある。ニンニク
スプラウトの水耕栽培方法は、通常の土壌栽培方法に比較して簡便なものであり、また、天候に左右
されず容易に暗室状態下で栽培することができることから、緑色野菜としてのニンニクスプラウトと
異なり、黄白色野菜としてのニンニクスプラウトを継続的に得られる。

そこで「特開2014-217340  ニンニクスプラウトの粉末状物質」(株式会社海洋牧場 他 2014年11月
20日)では、細かく裁断し、裁断した乾燥ニンニクスプラウトを微粉末状に粉砕して得たニンニクス
プラウトの粉末状物質に、極めて高い抗酸化活性作用があることを見出す(本特許は、『時代は太陽
道を渡る。』2015.07.15でも掲載している)。



提供されるニンニクスプラウトの粉末状物質は、水耕栽培により得た黄白色のニンニクスプラウトの
粉末状物質であり、その抗酸化活性作用は極めて高い。
ニンニク自体は、食品の中でも高い抗酸化力
を持つ食品として知られ、このニンニクを更に熟成させた「黒ニンニク」が登場し、黒ニンニクは、
更に強い抗酸化力を有している。
ニンニクスプラウトの粉末状物質は、食品としての生ニンニクは勿
論のこと、強い抗酸化力をもつ黒ニンニクに比較しても、それより強いか、同程度の抗酸化力をもつ
ことが判明。
したがって、ニンニクスプラウトの粉末状物質は、その強い抗酸化活性により、健康食
品、特に特定健康食品への応用性が高いものである。
また、独特の風味をもち、粉末状物質自体を食
品調味料、食品香味料として使用できその応用性は極めて高い。

例えば、本発明のニンニクスプラウトの粉末状物質は、適当な容器に充填し、そのまま食品調味料、
或いは食品香味料として使用可能であり、適当な充填剤と共にカプセル充填、或いは錠剤、顆粒状に
成形し、特定保健食品として調製できる利点をもつ。上図1は
ニンニクスプラウトの粉末状物資の抗
酸化作用として、❶スーパーオキサイド(SOD)消去活性作用、❷ヒドロキシラジカル消去活性作
用、❸及び一重項酸素消去活性作用について、通常のニンニク、黒ニンニクにおける作用を対比し図
示したもの。

※ 活性酸素と抗酸化物質の化学、中村成夫、日医大会誌 2013.9(3)


【ニンニクスプラウト水耕栽培事例】

ニンニク球根を、網目状を有する栽培カゴ上に載置して、その状態で栽培槽に収容し、栽培カゴ上に
載置したニンニク球根の底部が水中に位置するように水又は養液水を栽培槽内で水位調整並びに循環
給水させ、栽培カゴ上でニンニク球根よりニンニク若芽を生育させることを特徴とするニンニクスプ
ラウトの水耕栽培法(下図参照、「特許第4252101号 ニンニクスプラウトの水耕栽培方法」)。

【符号の説明】
1   栽培カゴ    10  網目   15   区画    20  ニンニク球根    22  ニンニクの鱗茎 23  ニンニクの若芽
50    栽培槽    51    突起部    52    導入管    53    導出管    55    水位センサー    60    筒状体



● 折り畳んで運べるEVバイク 1充電で30km走行

車載部品などを幅広く手掛ける原田車両設計は「ジャパンキャンピングカーショー2018」(2018年2
月2~4日、幕張メッセ)で、ブレイズ製のEVバイク「BLAZE SMART EV」を出展。車両質量は18kg。
約3秒で折り畳め、クルマの荷室や後部座席に積みやすいのが特徴。価格は16.6万円からのスター
ト(税抜き)。ヒット商品になれば半額以下になるには時間の問題だろう。1充電あたりの航続可能
距離は30km。搭載するリチウムイオン電池の容量は約0.4kWh。電池は取り外し式で、100Vの家庭用コ
ンセントから充電可能だ。およそ3.5時間で満充電となる。ところが、車両および電池は中国で生産
というが安全・品質で心配である。 

  ● 今夜の一曲

【僕たちの1978年】

I have a mansion, forget the price
Ain't never been there, they tell me it's nice
I live in hotels, tear out the walls
I have accountants pay for it all

They say I'm crazy but I have a good time
I'm just looking for clues at the scene of the crime
Life's been good to me so far

My Maserati does one-eighty-five
I lost my license, now I don't drive
I have a limo, ride in the back
I lock the doors in case I'm attacked
・・・


                            Song Title;             Lefe's  Been Good
                                                                  Music & Word;                     Joe Walsh

 

Why'd you tell me this
Were you looking for my reaction
What do you need to know
Don't you know I'll always be your girl
 
You don't have to prove to me
You're beautiful to strangers
I've got loving eyes
Of my own
 
You belong to me
Tell her, tell her you were fooling
You belong to me
You don't even know her
You belong to me
Tell her that I love you
You belong to me
 
You belong to me
Can it be, honey
You're not sure
 
You belong to me
Thought we'd closed the book
Locked the door
 
You don't have to prove to me
That you're beautiful to strangers
I've got loving eyes of my own, of my own
And I can tell
I can tell darling
 
You belong to me
You belong to me
You belong to me
Baby, I really love you
You belong to me
Tell her, tell her  

                                                       

                           Song Title;             You Beloing to Me
                                                                Music & Word;   Carly Simon / Michael

 
Apr. 3, 1978

01月14日 - 伊豆大島近海の地震発生。マグニチュード7.0
01月19日 - TBS、人気音楽番組『ザ・ベストテン』放送開始(1989年9月終了)。
02月20日 - 永大産業が会社更生法を申請し倒産、負債総額は1,800億円と戦後最大級。
03月14日 - 日本で全国飴菓子工業協同組合(全飴協)が「キャンディを贈る日」としてホワイトデー
      を制定

03月26日 - 社会民主連合結成。成田空港管制塔占拠事件おこる
04月04日 - キャンディーズが後楽園球場でのコンサート「ファイナルカーニバル」をもって解散。
04月06日 - 東京都豊島区東池袋に60階建の超高層ビル「サンシャイン60」が開館。
04月20日 - 大韓航空機銃撃事件、ソ連の領空を侵犯した。
05月21日 - 新東京国際空港(現成田国際空港)開港。
05月31日 - 西山事件に関して最高裁判所が被告人の上告を棄却。西山太吉記者の有罪が確定。
06月25日 - サザンオールスターズがビクター音楽産業から『勝手にシンドバッド』でメジャ
           ーデビュー。

07月30日 - 沖縄730、沖縄県の交通ルールを本土と同じに変更。
08月01日 - 東洋水産が「マルちゃん赤いきつねうどん」を発売
08月12日 - 日中平和友好条約調印。
09月26日 - 東芝が世界初の日本語ワードプロセッサJW-10発表
10月16日 - 原子力船「むつ」が長崎県・佐世保港に入港。
10月16日 - 青木功が世界マッチプレー選手権で初優勝。
11月03日 - ドミニカ国がイギリスより独立。
12月07日 - 第1次大平内閣発足。
12月28日 - 俳優、田宮二郎が猟銃自殺。

アメリカ村の中心となる御津(みつ)公園は、三角形の区画をしていることから三角公園とばれるこ
とが多い。1937年に、それまで清水町筋から北堀江通へ架かっていた清水橋が、大阪市道堀江玉造線
として拡幅された周防町筋へ架け替えとなった。その際に、西伸させるとちょうど堀江川(現在は埋
立)にあたる周防町筋を北堀江通へ向けて屈折させ、そこに生じた三角形の区画を利用している。ア
メリカ村は、大阪府大阪市中央区西心斎橋付近の通称。アメ村(アメむら)とも略称される。1969年
に日限萬里子が南炭屋町に喫茶店「ループ」を開き評判を集めた。以降、倉庫を改造してサーファー
の若者などによるアメリカ西海岸やハワイなどから輸入した衣服類が販売されるようになり、アメリ
カ村と呼ばれ次第に活況を呈するようになった。

1980年代には衣料、雑貨、レコードなどの店が並ぶようになり大学生などが集まる流行の発信地の一
つとなっる。1990年代はじめ、タワーレコード心斎橋店(2006年08月閉店)やビッグステップ(旧・
大阪市立南中学校本校跡地に大阪市が建設したファッション・飲食・映画・スポーツクラブの複合施
設)などが建ち、より多くの若者が集まるようになる。1990年代中頃から来訪者の低年齢化、大音量
の音楽による騒音、粗悪な商品を押しつける悪質な店舗の増加、建物や公共物への落書きなど街の荒
廃がはじまる。2000年前後から北隣の南船場、西隣の堀江、さらには阪急梅田駅東側の茶屋町などへ
若者が流れ、1998年に約7万人だった休日1日あたりの来訪者数は2005年には半減。2006年から東京・
歌舞伎町より面積が広い事もあり50台を上回る77台の監視カメラ(24時間稼動)が設置され、治安回
復を目指すが、2014年02月頃から再び落書き被害が急増、パトロール強化しているという。

正月、弟から電話があった。昨年春に奥さん(義妹)が他界されていたという。急遽、大阪の自宅ま
で走り、事情を聞き混乱している頭を整理する。話を聞き終え、弟が食事(昼食)でもどうだ、泊ま
っていけというが、日を改め泊まることを約束する(そうこうしているうち1カ月という時間が過ぎ
てしまった)。近くのキリスト教病院で壮絶な病との戦いの末、息を引きとった。彼女との初対面は
1978年の夏のことである。逆瀬川でテニスコーチをしていたがクラスメートの弟の友達と京都と
神戸の女子大の生徒の8名(?)で車2台で彦根のプリンスホテル「アネックス」(バンガロー)で
で宿泊し翌日帰って行った思い出がよみがえる。友達というのは堀江の料亭の若主人で――当時、町
内会長で例のアメリカ村をつくったひとりで建築家の弟が参画している。そんなことで少し情緒が安
定しないようで、理髪店から帰ってきて過ぎし日々を思い返していた。がんばり屋さんで人一倍責任
感の強い性格の持ち主だった。事務所の彼女の若き頃獲得した数々のトロフィーやメダルの遺品とは
裏腹に晩年はテニスの話をすることはなかった。後悔が残る追想の夜となった。

                                          合掌

  

コメント

今夜の三つの新星

2017年04月01日 | WE商品開発

 

    

          63  完成美  /  水火既済(すいかきせい)  

 

                                   

       ※ 既済(きせい)とは、万事成る、事がすべて成就したことである。この
        卦は、各爻すべて正位にあり、みな正応するものがある。易の理論から
        言えば、もっとも理想的な形なのである。苦難の努力の果てに、すべて
        の人
が相応の地位を得て安定し、一致協力して平和を守っている状態な
        のだ。しか
し易とは、やむなきこと変化であり、完成は同時に崩壊のは
        じめである。完成し
てしまえば創造のエネルギーは乏しくなる。いまは
        新しい事業に手を出すことなく、ひたすら現状維持に意を注ぐことが大
        切である。





● 3つのノバ:世界初、生物由来の蓄電型太陽電池

RE100倶楽部:太陽光最前線編


  Mar. 31, 2017

写真1.画期的な試作電極(右)/太陽電池一体型蓄電池(左)

先月31日、北米のシダをヒントに RMIT大学研究グループは、エネルギーソリューションとして画
期的な生物由来の蓄電型太陽電池開発に成功する。その特徴は、既存の蓄電池の何と30倍以上の

量が蓄電でき、グラフェン基材としたこの試作品は、建物、自動車、スマートフォン、ラップトップ、
スマートフォンに使用できる薄膜/可撓/蓄電一体型の太陽電池への開発に新たな道を切り開いたこ
とにある(上写真ダブクリ参照)。新しい電極は、従来の電池よりもはるかに速く充電/放電可能な
スーパーキャパシタ構造で動作。スーパーキャパシターは太陽電池の一体型(オールインワン)で、
容量に制約がある。グー教授は、「
フラクタル」と呼ばれる複雑な自己繰り返しパターンによって、
新しいデザインが自然の独自の天才的な解決策を引き出し、最も効率的な方法でスペースを埋めると
いう課題に取り組んだという。西部剣シダ(Western Sword Ferns)に密集する葉脈にエネルギーを蓄
え、植物の周りに水を輸送するのに非常に効率的だ。この電極は、雪片内部のミニ構造に似た自己複
製するフラクタル形状を基に、ナノレベルの太陽エネルギーが貯蔵できるよう効率的設計に利用した
ことで、試作機では、現在の容量限界の30倍以上という大幅に増やすことができたため、この電極
をスーパーキャパシタと組み合わせ使用している。さらに、この容量増強されたスーパーキャパシタ
ーは、長期信頼性と短時間で充電/放電が可能であり、このフラクタルデザインは、北米西部産の西
部剣シダの葉脈の自己反復形状取り入れ、フラクタル対応のレーザー還元型グラフェン電極は貯蔵電
荷を
最小限の漏れで長く保持できると話す。


  Mar. 31, 2017

写真3.開発したリティ・テッカケラ博士とミン・グー教授

この研究グループのリティ・テッカケラ博士は、フレキシブルな薄膜なので、潜在的な用途は無限に
あり、最も興味を惹くことは、この電極を太陽電池とともに、オンチップ型の発電と貯蔵のトータル
ソリューションできる。近い将来、フレキシブルな薄膜太陽光技術と試作器を統合することで、フレ
キシブル薄膜ソーラーは、建物の窓、スマートフォン、スマートウォッチまで、考えられるところは
どこにでも使用でき、ハイブリッド車の充電ステーション、あるいは電話の充電バッテリーを必要と
しなくなる。この柔軟な試作電極を使用して、課題の蓄電部分を解決し、太陽電池の性能に影響を与
えることな、どのように動作するかを呈示した。今や、フレキシブルな太陽エネルギーに焦点を当て
完全に太陽光だで自立した電子工学のビジョン達成に取り組むことができると話す。
 

 Mar. 31, 2017

写真2.北米産西部剣シダ(Western Sword Ferns)葉脈のフラクタルパターン(×400倍)

 

Titol: Bioinspired fractal electrodes for solar energy storages、Scientific Reports 7, Article number: 45585 (2017)
     doi:10.1038/srep45585, Published online:31 March 2017

 ● 3つのノバ:室温プロセスでフィルム型色素増感太陽電池の事業化

RE100倶楽部:太陽光最前線編

1つめの新星につづき、2つめは太陽電池の製造技術である。この2つが融合することで、1つめで
記載したオールインワン型発電/蓄電システムが実現する。

先月29日、積水化学工業株式会社は、世界で初めてフィルム型色素増感太陽電池生産プロセス(ロ
ール・ツー・ロール量産技術を完成させ、パイロット生産機を導入したことを発表。
今後、①低照度
でも発電(照度500ルクス以下)、②薄い(1mm以下)、③軽い(ガラスの1/10以下)、④
曲がる、⑤貼れるというフィルム型色素増感太陽電池の特長を活かし、屋内(住宅、事務所)・車内
・地下街など様々な場所で使用されるエネルギーハーベスト向け独立電源として事業化していき、ま
ず、電子広告およびIoTセンサー分野の独立電源として17年度に発売。将来的には、25年度に
売上高100億円規模に事業拡大する。

 

 ● 3つのノバ:世界初 スペインの革命的なデジタル編み機

良い縫製! スペインのデザイナー、ジェラール・ルビオは革命的なデジタル編み機で現場に戻り、レ
ノジェイド社(
Kniterate)と改名。3D印刷に触発されたこの機械は、ユーザーフレンドリーなソフトウ
ェアで操作してニット衣服を一から作成し、テンプレートをデザイン、編集し、服飾のイメージをア
ップロードするだけで縫製する。

ルビオ氏は形やサイズを独自にデザインできるようにとひらめきこの編み機の開発のきっかけとなっ
た。革新的な製品は、従来の方法でセーターを編む余裕がなく、衣装を別注したい人を対象とし、あ
るいは、独立デザイナーや既存の衣類ブランドにも新しい収益源の機会を提供するとともに、大型小
売業で発生する膨大な廃棄物を削減することにも貢献するものとして発案される。このように
レノジ
ェイド社では、基本的に伝統的な編み方を現代的に転換。
何百ものコンピューター制御ニードルを装
備したニットウェアを生み出す各々のループパターンを作成し、その形状、色、サイズは使いやすい
ソフトウェアプログラムで事前に作成する。開発者のルビオ氏は、このソフトウェアはまだ開発継続
中であるが、開発チームはプロトタイプのウェブベースのアプリを制作。これでにより、アクセス権
を持つユーザが独自のパターンをデザインすることがきる。

この種の発明は、縫製だけでなく、再生医療に応用展開できる(ex.US 9603698 B2,Biocompatible mesh
implant, Mar.28,28) 、この分野の事業家も3Dプリンタ事業と同じく成長していくだろう。これは面白い。
 

    
読書録:村上春樹著『騎士団長殺し 第Ⅰ部』    

     7.良くも悪くも覚えやすい名前

  東京のエージェントとのあいだで何度か電話のやりとりがあり、翌週の火曜日の午後にその謎
 のクライアントと顔を合わせることになった(その時点でも相手の名前はまだ明らかにされなか
 った)。最初の日には初対面の挨拶をし、一時間ほど会話をするだけで、実際に絵を描く作業に
 はかからないという私の従来の手順は認めてもらった。

  肖像画を描くために必要なのは言うまでもなく、相手の顔の特徴を的確にとらえる能力だが、
 それだけでは十分とは言えない。それだけだとただの似顔絵になってしまいかねない。生きた肖
 像画を描くために必要とされるのは、相手の顔だちの核心にあるものを見て取る能力だ。顔はあ
 る意味では手相に似ている。もって生まれたものというよりはむしろ、歳月の流れの中で、また
 それぞれの環境の中で徐々に形作られてきたものであり、同一のものはひとつとしてない。

  火曜日の朝、私は家の中をきれいに片付け、掃除をし、花瓶に庭で摘んできた花を飾り、『騎

 士団長殺し』の絵をスタジオから客用の寝室に移動し、もともとかけられていた茶色の和紙で色
 んで見えないようにしておいた。その絵を他人の目に洒すわけにはいかない。

  一時五分過ぎに一台の車が急な坂道を上ってきて、玄関前の車寄せに停まった。重く野太いエ
 ンジン音がしばらくあたりに響き渡った。大きな動物が洞窟の奏で満足げに喉を鳴らしているよ
 うな音だ。おそらく排気量の大きなエンジンだろう。それからエンジンが停止し、谷間に再び静
 寂が降りた。銀色のジャガーのスポーツ・クーペだった。ちょうど雲間からこぼれた太陽の光が、
 よく磨かれた長いフェンダーに眩しく反射していた。私はそれほど車に詳しくはないので、型式
 まではわからない。しかしそれが最新型のモデルであり、走行キロ数はまだ四桁に留まっており、
 その価格は私か中古のカロ土フ・ワゴンに払った額の少くとも二十倍はするだろうという程度の
 ことは推測できた。しかしとくに驚くような話ではない。自分の肖像画にそれだけの大金を出す
 ことができる人物なのだ。たとえ大型ヨットに乗ってやってきたところで何の不思議もない。



  車から降りてきたのは身なりの良い中年の男だった。濃い緑色のサングラスをかけ、長袖の真
 っ白なコットンのシャツに(ただ白いだけではない。真っ白なのだ)、カーキ色のチノパンツを
 はいていた。靴はクリーム色のデッキシューズ。身長は百七十センチより少し高いくらいだろう。
 顔はむらなく、ほどよく目焼けしていた。いかにも清潔そうな雰囲気が全体に漂っていた。しか
 し彼に関して最初に私の目を惹いたのは、なんといってもその髪たった。軽くウェーブのかかっ
 た豊富な髪は、おそらく一本不残らず白髪だった。灰色とかごま塩とか、そういうのではない。
 とにかくすべてが積もりたての処女雪のように純白なのだ。

  彼が車を降りて、ドアを閉め(高級車のドアを無造作に閉めるときの、独特の小気味良い音が
 した)、ロックはせずに車のキーをズボンのポケットに入れ、うちの玄関の方に歩いてやってく
 るのを、私は窓のカーテンの隙間から見守っていた。とても美しい歩き方だった。背筋がまっす
 ぐ伸ばされ、必要な筋肉が隅々までまんべんなく使われている。きっと日常的に何か運動をして
 いるのだろう。それもかなりしっかりと。私は窓の前を離れ、居間の椅子に腰を下ろし、そこで
 玄関のベルが鳴るのを待った。ベルが鴫ると、ゆっくり玄関まで歩いて行って、ドアを開けた。

  私かドアを開けると、男はサングラスをはずし、シャツの胸ポケットに入れ、それから何も言
 わずに手を前に差し出した。私もほとんど反射的に手を差し出した。男は私の手を握った。アメ
 リカ人がよくやるような、力強い握手だった。私の感覚からいうと少し力が強すぎたが、痛いと
 いうほどではない

 「メンシキです。よろしく」と男は明瞭な声で名乗った。講演会の最初に、講演者がマイクのテ
 ストを兼ねて挨拶をするような口調だった。
 「こちらこそ」と私は言った。「メンシキさん?」
 「免税店の免に、色合いの色と書きます」
 「免色さん」と私は頭の中で二つの漢字を並べてみた。なんとなく不思議な字の組み合わせだ。
 「色を免れる」と男は言った。「あまりない名前です。うちの親族を別にすれば、ほとんど見か
 けません」
 「でも覚えやすい」
 「そのとおりです。覚えやすい名前です。良くも悪くも」と男は言って微笑んだ。頬から顎にか
 けてうっすらと無精祭がのびていたが、おそらく無精聚ではないのだろう。正確に数ミリぶんわ
 ざと剃り残されているのだろう。型は髪とは違い、半分くらいは黒かった。髪だけがなぜそれほ
 ど見事に真っ白になれたのか、私には不思議だった。



 「どうぞお入りください」と私は言った。

  免色という男は小さく会釈をし、靴を脱いで家に上がった。身のこなしはチャーミングだが、
 そこにはいくらか緊張が含まれているようだった。新しい場所に連れてこられた大きな猫のよう
 に、ひとつひとつの動作が用心深く柔らかで、その目は素遠くあちこちを観察していた。

 「快適そうなお住まいですね」と彼はソファに腰を下ろして言った。「とても静かで落ち着いて
 いる」
 「静かなことはとても静かです。買い物とかをするには不便ですが」
 「でもあなたのようなお仕事をなさるには、きっと理想的な環境なのでしょうね」
 私は彼の向かいの椅子に腰を下ろした。
 「免色さんもこの近くにお住まいと聞きましたが」
 「ええ、そうです。歩いて来ると少し時間はかかりますが、直線距離でいうならかなり近いで
 す」
 「直線距離でいうなら」と私は相手の言葉を繰り返した。その表現がどことなく奇妙に響いたか
 らだ。「直線距離でいうなら、具体的にどれくらい近くなのでしょうか?」
 「手を振れば、見えるくらいです」
 「つまりここからあなたのお宅が見えるということですか」
 「そのとおりです」
 どう言えばいいのか遠っていると、免色が言った。こっちをご覧になりますか?」
 「できれば」と私は言った。

 「テラスに出てかまいませんか?」
 「もちろんどうぞ」

  免色はソファから起ち上がり、居間からそのまま続いているテラスに出た。そして手すりから
 身を乗り出すようにして、谷間を隔てた向かい側を指さした。

 「あそこに白いコンクリートの家が見えるでしょう。山の上の、陽を受けてガラスが眩しく光っ
 ている家です」

  そう言われて私は思わず言葉を失った。それは私が夕暮れにテラスのデッキチェアに寝転んで、
 ワイングラスを傾けながらよく眺めていた、あの瀟洒な邸宅だった。私の家の右手はす向かいに
 ある、とても目立つ大きな家だ。

 「少し距離はありますが、大きく手を振れば、挨拶くらいはできそうです」と免色は言った。
 「それにしても、ぼくがここに住んでいると、どうやってわかったんですか?」と私は手すりに
 両手を置いたまま彼に尋ねた。

  彼はわずかに戸惑ったような表情を顔に浮かべた。本当に戸惑っているわけではない。ただ戸
 惑っているように見せているだけだ。とはいえそこには演技的な要素はほとんど感じられなかっ
 た。彼は受け答えに少し間を置きたかっただけなのだ。

  免色は言った。「いろんな情報を効率よく手に入れるのが、私の仕事の一部になっています。
 そういうビジネスに携わっています」
 「インターネット関連ということですか?」
 「そうです。というか正確に言えば、インターネット関連も私の仕事の一部に含まれているとい
 うことですが」
 「でもぼくがここに往んでいることは、まだほとんど誰も知らないはずなんですが」

  免色は微笑んだ。「ほとんど誰も知らないというのは、逆説的に言えば、知っている人が少し
 はいるということです」

  私はもう一度谷間の向かい側の、その白い豪華なコンクリートの建物に目をやった。それから
 あらためて免色という男の姿かたちを眺めた。おそらく彼があの家のテラスに、毎夜のように姿
 を見せていた男なのだろう。そう思って見てみると、彼の体型や身のこなしは、その人物のシル
 エツトにぴたりとあてはまるようだった。年齢はうまく判断できない。雪のように真っ白な髪を
 見ると、五十代後半か六十代前半のようにも見えたが、肌は艶やかで張りがあり、頼には皺ひと
 つなかった。そしてその一対の奥まった目は三十代後半の男の若々しい輝きを放っていた。それ
 らをすべて総合して実際の年齢を算出するのは至難の業だった。四十五歳から六十歳までのどの
 年齢だと言われても、そのまま信用するしかないだろう。

  免色は居間のソファの上に戻り、私も居間に戻ってまた彼の向かい側に腰を下ろした。私は思
 いきって切り出した。

 「免色さん、ひとつ質問があるのですが」
 「もちろん。なんでも訊いてください」と相手はにこやかに言った。
 「ぼくがあなたの家の近くに往んでいることは、今回の肖像画のご依頼と何か関係あるのでしょ
 うか?」

  免色は少しばかり困ったような頼をした。彼が困ったような頼をすると、目の両脇に数本の小
 さな皺が寄った。なかなかチャーミングな皺だった。彼の顔の造作は、ひとつひとつ見るととて
 もきれいに整っていた。眼は切れ長で少しばかり奥まり、額は端正に広く、眉はくっきりと濃く、
 鼻は細くて適度に高い。小柄な顔にぴたりと似合う目と眉と鼻だ。しかし彼の顔は小柄というに
 は、いくぶん横に広がりすぎていて、そのせいで純粋に美的な観点から見ると、そこにいささか
 のバランスの悪さが生じていた。縦横の均衡がうまくとれていないのだ。しかしその不均衡を一
 概に欠点と訣めつけることはできない。それはあくまで彼の顔立ちのひとつの持ち昧になってお
 り、そのバランスの悪さには、逆に見るものを安心させるところがあったからだ。もしあまりに
 きれいに均整がとれていたら、人はその容貌に対して軽い反感を持ち、警戒心を抱いたかもしれ
 ない。しかしその顔には、初対面の相手をひとまずほっとさせるものがあった。それは「大丈夫
 です、安心してください。私はそれほど悪い人間じやありません。あなたにひどいことをするつ
 もりはありませんから」と愛想良く語りかけているように見えた。

  尖った大きな耳の先が、きれいにカットされた白髪の間から小さく顔をのぞかせていた。その
 耳は新鮮な生命力のようなものを私に感じさせた。それは秋の雨上がりの朝、積もった落ち葉の
 あいだからぐいと頭をのぞかせている、森の活発なキノコを思わせた。口は横に広く、細い唇は
 きれいにまっすぐに閉じられ、いつでもすぐに微笑むことができるように怠りなく準備を整えて
 いた。

  彼をハンサムな男と呼ぶことはもちろん可能だった。また実際のところハンサムなのだろう。
 しかし彼の顔立ちには、そのような通り二遍の形容をはねつけ、あっさり無効化してしまうとこ
 ろがあった。彼の顔はただハンサムと呼ぶにはあまりに生き生さとして、動きが精妙だった。そ
 こに浮かんだ表情は計算してこしらえられたものではなく、あくまで自然に自発的に浮かび上が
 ってきたもののように見えた。もしそれが意図されたものであったとしたら、彼は相当な演技者
 ということになるだろう。しかしたぶんそうではあるまいという印象を私は待った。

  私は初対面の人の順を観察し、そこから様々なものごとを感じとる。それが習慣になっている。
 多くの場合、そこには具体的な根拠のようなものはない。あくまで直観に過ぎない。しかし肖像
 画家としての私を肋けてくれるのは、ほとんどの場合そのようなただの直観なのだ。

 「答えはイエスであり、ノーです」と免色は言った。彼の手は両膝の上で、手のひらを上に向け
 て 大きく開かれ、それからひっくり返された。

  私は何も言わずに彼の次の言葉を待った。

 「私は、近所にどのような人が往んでおられるのか、気になる人間です」と免色は続けた。「い
 や、気になるというより興味を待つ、という方が近いかもしれません。とくに谷間越しにちょく
 ちょく順を合わせるような場合には」

 順を合わせるという表現にはいささか遠すぎる距離ではないかと私は思ったが、何も言わなか
 った。彼が高性能の望遠鏡を所持しており、それを使ってこっそりうちを観察していたのではな
 いかという可能性が順にふと浮かんだが、そのことももちろん口にはしなかった。そもそもいか
 なる理由があって、彼がこの私を観察したりしなくてはならないのか?

 「それであなたがここにお往まいになっていることを知りました」と免色は話を続けた。「あな
 たが専門的な肖像画家であることがわかり、興味をひかれてあなたの作品をいくつか拝見しまし
 た。最初はインターネットの画像で見たのですが、それでは飽きたらず、実物を三つばかり見せ
 ていただきました」

  それを聞いて、私は首をひねらないわけにはいかなかった。「実物を見たとおっしやいます
 と?」

 「肖像画の持ち主、つまりモデルになった人々のところに行って、お願いして見せていただいた
 んです。みんな喜んで見せてくださいましたよ。自分の肖像画を見たいという人がいると、描か
 れた本人としてはずいぶん嬉しいものみたいですね。それらの絵を間近に見せていただき、そし
 て実際のご本人の願と見比べていると、私はいささか不思議な気持ちになりました。絵と本物と
 を見比べていると、だんだんどちらがリアルなのかわからなくなってきたからです。どういえば
 いいのでしょう、あなたの絵には何かしら、見るものの心を普通ではない角度から刺激するもの
 があります。一見すると通常の型どおりの肖像画なんですが、よくよく見るとそこには何かが身
 を潜めています

 「何か?」と私は尋ねた。
 「何かです。言葉ではうまく表現できないのですが、本物のパーソナリティーとでも呼べばいい
 のでしょうか」
 「パーソナリティー」と私は言った。「それはぼくのパーソナリティーなのですか? それとも
 描かれた人のパーソナリティーなのですか?」
 「たぶん両方です。絵の中でおそらくそのふたつが混じり合い、俯分けができないくらい精妙に
 絡み合っているのでしょう。それは見過ごすことのできないものです。ぱっと見てそのまま通り
 過ぎても、何かを見落としたような気がして自然に後戻りし、今一度見入ってしまいます。私は
 その何かに心を惹かれたのです」

  私は黙っていた。

 「それで私は思ったんです。何かあってもこの人に私の肖像画を描いてほしいものだと。そして
 すぐにあなたのエージェントに連絡をとりました」
 「代理人をつかって」
 「そうです。私は通常、代理人を用いていろんなものごとを進めます。法律事務所がその役をつ
 とめてくれます。べつに後ろめたいところがあるわけじやありません。ただ匿名性を大事にして
 いるだけです」
 「覚えられやすい名前だし」
 「そのとおりです」と言って彼は微笑んだ。口が大きく横に開き、耳の先端が小さく揺れた。
 「名前を知られたくないときもあります」
 「それにしても報酬の金額がいささか大きすぎるようですが」と私は言った。
 「あなたもご存じのように、ものの価格というのはあくまで相対的なものです。需要と供給のバ
 ランスによって価格が自然に決定されます。それが市場原理です。もし私が何かを買いたいと言
 って、あなたがそれを売りたくないと言えば、価格は上がります。その逆であれば、当然ながら
 下がります」
 「市場原理のことはわかります。でもそこまでして、ぼくに肖像画を描かせることが、あなたに
 とって必要なんですか? こう言ってはなんですが、肖像画なんてとりあえずなくて困るもので
 もないでしょう」
 「そのとおりです。なくて困るものではありません。しかし私には好奇心というものがあります。
 あなたが私を描くとどのような肖像画ができるのだろう。私としてはそれが知りたい。言い換え
 るなら、私は自分の好奇心に自分で値段をつけたわけです」
 「そしてあなたの好奇心には高い値段がつく」



  彼は楽しそうに笑った。「好奇心というのは、純粋であればあるほど強いものですし、またそ
 れなりに金のかかるものです」
 「コーヒーをお飲みになりますか?」と私は尋ねてみた。
 「いただきます」
 「さっきコーヒーメーカーでつくったものですが、かまいませんか?」
 「かまいません。ブラックでお願いします」

  私は台所に行って、コーヒーを二つのマグカップに往ぎ、それを持って戻ってきた。


あそこに白いコンクリートの家が見えるでしょう」という依頼人の言葉に「主人公」が驚くシーン
にわたしも少なからず驚いた。なんだ、そういう筋書きかと。
                             

                                      この項つづく

 

コメント

理想のエレキケトル

2016年10月10日 | WE商品開発

 

 

 

                多くの人間はソーセージに似ている。何をつめこもうと、
                それをちゃんと入れているであろう。  

                                       アレクセイ・K・トルストイ

                          Many men are like unto sausages:  
                          whatever you stuff them with,that they
                          will bear in them.

      ※ ヘンなものをつめられても困る、(事前に)蓄えられているのだから。
        like unto ・・・ (古い体)「・・・に似た」stuff A with BABをつめこむ」

                                                 
                                                Sep. 5, 1817 - Oct. 10, 1875

 

 

 

スタイリッシュなバルミューダ製のエレキケトル「BALMUDA The Pot」が発表された。ティファール
のエレキケルトと吹くこぼれがあり、お湯の注ぎ口から漏れというが問題だと嘗てブログ掲載したが
これで理想がかなうことになり、この商品に限って、英仏国の戦いは英国側の勝利(って、勝手に書
いているが)。「BALMUDA The Toaster」や「GreenFan」シリーズなど、シンプルで美しいデザイン
の家電を世に送り出しているBALMUDA。今回はトースターに続くキッチン家電の第2弾、エレキケ
トルの「BALMUDA The Pot」を発表。小さな本体と、長い注ぎ口が可愛いケトル。

このケルト特徴は、その小さな本体。一般的なエレキケトルの容量は1.1リットル程度、少ないもの
で0.8リットルだが、このケトルの容量は0
.6リットル。一般的なケトルの半分。つまり、今までに
ケトルいっぱいに水を注いで沸かしたことは何回だろうか?また、お湯を沸
かしすぎて、無駄にして
しまうことが多かった経験を何度もしている。
今までの一般的な容量を見直し、ちょうどいい量のお湯
が沸かせるようにデ
ザイン。0.6リットルは、コーヒー3杯、カップヌードルを2食作ることがサイズ
で日常生
活にヒットする。


少し話はずれるけれど、トースターも扇風機もあるいはダイソンの掃除機も、「ガラカボス」と揶揄
されるけれど、日本の文化伝統精神は「縮む」つまり「比較マイナス思考」が特徴。従って、商品は
自然と洗練される。「(余計な)おまけ機能」を付加価値と錯覚するのは「精神の弛緩(バブル思考」
で家電販売戦略のミスリードにつながったが、これも通過儀礼と考えれば、「ガラカボス国・日本」
は世界のアンテナ・ショップと考えればわかりやすい。要するに「リバランス」が肝となる。これか
らも「オンリー・ワン」(一品)を追い求めていくことにしよう。



● 傷つけられても元に戻る透明で曇らない膜の形成

-水溶性ポリマーと粘土粒子からなるハイブリッド膜で表面処理-



Feb. 1, 2013 大和製罐株式会社との共同開発事例:粘土の吸湿による防曇

これから寒くなる季節がやってくるが、めがねとマスクを一緒にすると、環境により曇ってしまい作

業できなくなることがしばしば。このように、めがね、ゴーグル、車両・建物用ガラス等の表面に付
着した微小な水滴が引き起こす"光の散乱"や"曇り"による光透過性の低下を防ぐさまざまな親水性素
材を用いて材料表面への曇処理が行われているが、これまでの防曇処理技術では、処理された表面
の耐久性が低い、(1)一度物理的損傷を受けると、恒久的に防曇機能を失ってしまうという課題や、
(2)皮膜
の密着性が十分でないなどの問題がある。

今月7日、産総研の研究グループは、透明で耐久性に優れた防曇膜を開発したことを公表。これで簡
便な処理により、ガラス等の透明基材の防曇膜として利用可能となり、
めがね、ゴーグル、車両・建物
用ガラス、太陽光発電パネルや、その他の産業機器への活用できそうだという。今回、防曇機能の向上を目
的とし、水溶性ポリマーであるポリビニルピロリドンPVP)と、アミノプロピル基を表面に付けた
タルクに似たフィロケイ酸塩を基本組成とするナノメートルサイズの粘土粒子(AMP-ナノクレイ)か
らなるゲルを皮膜とし、コーティングする技術を開発。この皮膜は、高い光学特性や防曇性に加え、
自己修復性、密着性、水中での安定性、水中はつ油性(油が付着しない性質)にも優れ、様々な基材
表面にも容易にコーティングすることができる。

 Oct. 7, 2016

今回開発した防曇処理を施したスライドガラス(左上)、通常のスライドガラス(左中)、防曇膜の
構造(右上)と自己修復する様子の電子顕微鏡像(下)

※防曇処理の例には、(1)紫外線照射によって表面が超親水化する二酸化チタンを塗布する方法や、
 (2)親水性素材(二酸化ケイ素や酸化亜鉛)を微細構造化、層状構造化するといった手法がある
 が、これらは、塗布プロセスが複雑で、大面積処理には適さない。さらに、表面形状が複雑な場合
 は汚れやすく、表面に形成した膜の耐久性が低く、一度、物理的に損傷を受けると、恒久的に防曇
 機能を失ってしまう。そこで、表面の親水性を保ったまま、耐久性を向上させた防曇処理技術が求
 められている。↓
------------------------------------------------------------------------------------------
● 新非有機フッ素化合物・シリカ系防曇剤の開発

 Dec. 11, 2016

・固体表面から液体をにじませて、粘性液体の付着抑制や氷の付着力を大幅に低減
・有機フッ素化合物を使わず、一般的な元素を使用するため低コスト低環境負荷
・材料やエネルギー損失の削減、太陽光発電の稼働率向上、交通機関の安全運行への貢献に期待
------------------------------------------------------------------------------------------

→今回開発したPVP/AMP -ナノクレイハイブリッド膜の自己修復性を確認するため、膜をシリコン基
板上に成膜し、表面に外科用メスで傷をつけて基板のシリコン表面を露出させた。その後、試料を相
対湿度約80%、室温の環境下に置き、表面の様子を走査型電子顕微鏡(SEM)で観察した。図2に、
PVP/AMP-ナノクレイハイブリッド膜の表面形状の観察結果を示す。SEM像の白い部分は、露出した
基板のシリコン表面である。傷つけた直後はシリコン基板が露出している(図2(a))。しかし、2
4、48時間が経過すると、損傷が修復され始め、基板の露出箇所の大部分が埋まっていることが分
かる(図2(b))。さらに、48時間後には、傷幅が20~30 μmの広い領域で傷が完全に消失し、
この膜が自己修復性をもつことが分かった(図2(c))。

今回開発したPVP/AMP  -ナノクレイハイブリッド膜の想定される自己修復メカニズムを図3に示す。
膜が傷ついたときに、空気中の水分を吸収して、膜が膨潤、移動、接触して、傷を埋める。さらに、
PVP AMP -ナノクレイの間の水素結合が再形成されて膜が再生すると考えられる。現状では、20
~30μm 程度の傷は回復することを確認している(下図参照)。また、開発したPVP/AMP-ナノクレ
イハイブリッド膜の水中でのはつ油性を確認するため、水中で油滴を形成させ、PVP/ AMP-ナノクレ
イハイブリッド膜の表面に油滴を押し付けて引き離したところ、油は全く付着しなかった(図4)。
このことから、PVP/AMP -ナノクレイハイブリッド膜は、水中でのはつ油性機能にも優れていること
が明らかとなった。これは、皮膜の表面に安定な水の膜が形成され、油や汚れの付着を抑制したため
と考えられる。



自己修復(Self-repairing)とは、
生物工学の話かと驚く。3年かけて実用化といわずにすぐにでも欲
しい曇処理剤だ。


※ 関連特許:
特開2013-213181  有機-無機透明ハイブリッド皮膜とその製造方法 独立行政法人産業
  技術総合研究所 20131017

 

 

【我が家の焚書顛末記 Ⅶ:中国思想 管子】  

   大  匡    ――管仲の前半生――

 「忠臣は二君に仕えず」というのは、観念論もてあそぶ初学者の"たわごと"である。真の政治家
 は国のために生会を投げだすが、一君主のために死ぬことはしない。この篇は管子が
かつて敵対
 した鮑公のもとで宰相となるまでのいきさつである。

  ことば

 「子を知るは父にしくなく、臣を知るは君にしくなし」

 「社稷宗廟を持する考は、事を譲らず、閒を広しくせず」
 「人にたる者は、君に力を尽くさずば、親信せられず、親信せられずば、言聴かれず」
 「召忽の死や、その生くるに賢る(まさ)なり。管仲の生や、その死するに賢るなり」

   良臣は仕事を選ばぬ

  斉の憘公には、諸児、糾、小白という三人の公子がいた。憘公は末子・小白の教育係として、
 臣下
の鮑叔をえらんだ。だが鮑叔は、病気を口実に辞退し、家に引きこもってしまった。
  同僚の管仲と召忽は鮑叔を訪れ、そのわけをたずねた。鮑叔は、「昔から、子供のことなら親
 に聞け、臣下のことなら君主に聞け、というではないか。わたしのこと
は、だれよりもわが君が
 ご存知のはず。わが君は、わたしが無能だとお考えになったからこそ、小白
さまの教育係という
 閑職を申しつけられたのだ。これは、わたしなどいなくてもいい、ということで
はないか]
 召忽はすっかり同情した。

  「よし、わかった。そういうことならあくまで辞退すべきだ。このさい、わたしから、きみの病 状が思わしく
 ないと申し上げてねこう。きっとこの人事は撤回なさるにちがいない」
  「そうしてもらえればありがたい。ぜひ頼む」
  そばで聞いていた管仲が、口をはさんだ。
  「それはまずい。国の大事をあずかる以上、どんな仕事でも辞退すべきではないし、いかに閑職とはい
 え任務をおろそかにすべきではない。だいいち、だれがつきの国君になる決まったわけ ではないのだ。
 やはり、引き受けるべきだと思う」

  そこで、召忽と管仲の議論となった。召忽がいった。
 「いや、わたしはそうは思わん。斉の国にとって、われわれ三人は、いわば鼎の三本足のような
 もの
だ。一本欠けても鼎は倒れてしまう。ここは、慎重に考えねばならぬ。小白さまは、とうて
 い後結ぎに
なれる方ではないのだから」
 「いや、そうと決まったわけではない。紅さまは、母君が国中の人々から憎まれているため、ご
 自分
も不利を被っている。一方、小白さまは実の母君がいないので、世間の同情を買っている。
 諸児さま
は、なんといってもご長男で、いちばん有望だが、母君のご身分が低いという弱点かあ
 る。いずれも
一長一短、にわかに判断を下すことはできない。

  しかし、結局、将来の斉を背負って立つのは軋さまか小白さまだろう。わたしは小白さまを買
 っている
。あの方は、小智を弄せず、大所高所から物事をとらえるというタイプのお方だ。人物
 のスケー
ルが並みはずれて大きいので、なかなかひとに理解されない。あの方のことが、ほんと
 うにわかって
いるのは、わたしくらいのものだろう。
  順序からいけば糾さまが先だが、不幸にして将来、わが斉が天からわざわいを受けた場合、紘
 さま
ではとても乗り切れるとは思えない。そうなったとき、国家安泰のため、鮑叔の力がいるの
 だ」

      いずれも斉の憘公(「史記」では釐公)の公子。その関係を整理す
      れぼ、下図のごとくである。公孫無知は次々章に登場する。

  《鮑叔》管仲の親友。名は叔牙。管仲の才能を汲もよく和解した男で、管仲は、「われを生みし
  者は父母、われを知る者は鮎子」とWった。管仲を引き立てるために飽叔はいつでも損な役を引
  き受けた。管仲は自分の才能よりも、鮑叔の友情によって出世したというのが、もっぱらの評価
 だったという。
 《召忽》飽叔とともに管仲のよき理解費であり、心からの友でもあった。管仲といっしょに公子
 紅の叔育係になっていたが、後年、紅の後を追って殉死した。
 《母君が国中の人々から僧まれている》紅の生母は魯国の公女。魯は斉の隣国で、両国間には、
 いざこざが絶えなかった。したがって、魯国出身の女性は斉では人気がなかったのだろう。
 
  先物買い 支配体制がゆらぎつつある春秋時代、お家騒勁は常識であった。その間にあって、

 それぞれ異母公子の後見役に任命された重臣同士の議論は、"先物買い"をめぐって興味深い。
 すでに次男・糾つきの教育係を命ぜられていた管仲は、むしろ小白の将来性に期待し、親友鮑叔
 に教育係就任を説いているのだ。

  --------------------------------------------------------------------------------------
 齊僖公生公子諸兒,公子糾,公子小白。使鮑叔傅小白,鮑叔辭,稱疾不出。管仲與召忽往見之曰:
 「何故不出?」鮑叔曰:「先人有言曰:『知子莫若父,知臣莫若君』,今君知臣不肖也,是以使
 賤臣傅小白也賤臣知棄矣。」召忽曰:「子固辭無出,吾權任子以死亡,必免子。」鮑叔曰:「子
 如是,何不免之有乎?」管仲曰:「不可,持社稷宗廟者,不讓事,不廣閒。將有國者,未可知也。
 子其出乎。」召忽曰:「不可,吾三人者之於齊國也,譬之猶鼎之有足也,去一焉,則必不立矣,
 吾觀小白,必不為後矣。」管仲曰:「不然也,夫國人憎惡糾之母,以及糾之身,而憐小白之無母
 也;諸兒長而賤,事未可知也;夫所以定齊國者,非此二公子者,將無已也。小白之為人,無小智
 惕,而有大慮。非夷吾莫容小白,天不幸降禍加殃於齊,糾雖得立,事將不濟,非子定社稷,其將
 誰也?」
  ---------------------------------------------------------------------------------------

                                     この項つづく

  

コメント

再エネ先進国モンゴル

2016年10月02日 | WE商品開発

 

 

                   幸福な家庭はどれも似たものだが、

                       不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである。   

                        トルストイ著『アンナ・カレニーナ』

                                                                                                                                                                                                             Sep. 9,1828 - Nov. 20, 1910

 



【滋賀産鮎煮干しラーメン】

鮎ラーメン開発はこのブログのテーマ1つであったが、3年前?ほどから関東で 鮎ラーメンが販売され
ている模様(現地試食したことはない)。元々のモチーフは、滋賀の名産品(食品)といえば、鮒寿司
焼き鯖、近江牛、赤こんにゃく、日野菜漬、瀬田シジミ、糸きり餅、でっち羊羹、焼きサ鯖そうめん、
うばがもち、伊吹そば、バームクーヘン豚、三井寺力餅、鮎の佃煮、日野菜着け、ビワマス、赤丸かぶ、
北之庄かぶ、水口かんぴょう・・・ と地味である。小鮎や養殖鮎が生かせないかと考えた上での設定。そ
れが、他府県に先を越された格好としまりのない話になっている。そんな時、焼きあご塩らー麺「たか
はし」が火を付けたとされるあごに煮干しの話題が飛び込んでくる。飛び魚はわたしの好物で、10年
以上前に、6月の飛び魚の刺身を食べに屋久島に出かけたのだが天候が悪く実現しなかったほどで、幼
少のころ甲子園沖合の飛び魚の銀鱗を眺めていたものだが小さい頃からの好物。

  焼きあご塩らー麺 たかはし

そのあごだしは、九州では飛魚のことをあごと呼び、焼いて乾燥させたものをだしとして使う。一説で
は、「あごが外れるほどおいしい」ことからこの呼び名になったとも。長崎県など北九州を中心に獲れ
る魚なので、この地域では新鮮なものは刺身でも食べる
あごだしの用途は多岐に渡るが、麺類のつゆ
や和風料理に深みを与えると言われて重宝され、九州エリアでは最高級のだしとして、お正月に食べる
お雑煮などにも使われる。
また、中華料理の隠し味に使われることもあり、現在では「あごだしラーメ
ンは絶品」と巷で話題。あごだしラーメンを食べた人の感想を見ると、かつお節・煮干し・ハマグリや
アサリなどの貝のだしを混ぜたような味
という感想。昆布とかつお節のだしの味に慣れている人は、は
じめてあごだしを口にするとその味の違いに驚く。 焼きあごを使っただしの味は、「上品ですっきり
とした甘みがあり、深いコクと旨みを感じられる味」と言われている。その他の魚の煮干しとは違い、
おすましにも使えるほど臭みやにごりがないだしがとれるのが特徴だ。このように
上品であっさりとし
た味わいでありながら旨みとコクは深いので、お吸い物やだし巻き、煮物などをワンランク上の味にし
てくれます。この他にも、鍋料理やラーメン、うどんのつゆや天つゆなど様々な料理に使えるだしなの
で、ストックしておくと便利だとか。



焼きあごや焼きあゆの煮干しのうまみ成分を分析したことも、データも見たこともないが、干し貝など
の味がする感想を見る限り、イノシン(5'-IMP)を主成分にグルタミン酸のほかに微量のコハク酸
が検出される可能性がある。小鮎(成長した鮎)を焼き煮出しで出汁を取り、、焼き豚や焼き鮎、干し
鮎を乗せ、糸切りネギを入れ、極少量のハーブスパイス(山椒の若芽など)やオリーブオイルを添える
と絶品の醤油系、豚骨系のご当地ラーメンが完成する。

    

焼豚も、豚肉スライスと鮎の魚肉をハサミロール上に巻き上げ、豚肉が硬化し過ぎないよう加圧加熱し、
うま味を
閉じ込め、焼肉のバリエーションを工夫しても面白いのではないだろうか。ところで、わたし
の身体が悪くなったら代わりに食事を作って欲しいと彼女が突然言うので、ひとつ返事で快諾する。料
理には、根拠がないが変な自信がある。
 

 




【RE100倶楽部:再エネ先進国モンゴル】

9月9日、ソフトバンクの孫正義社長は、都内で講演し、モンゴルの風力発電所で作った電力を日本へ
送る構想について、事業性を調査したところ「技術的にできる。石炭火力よりもだいぶ安く(日本へ送
電でき)いけそうだ。採算あり」と手応えを語る。「2020年にはほんの少しでも、(日本とモンゴ
ルの電力網が)つながっていたい」と実現に向けて決意を語った(「モンゴルから日本への送電、「技
術的にできる」-ソフトバンク孫社長」日刊工業新聞 電子版 2016.09.10)。その孫正義社長が率いる
ソフト・バンクエナジー社は、9月28日、モンゴルの
 Clean Energy Asia LLC社が国際協力機構(JIC
A
)と欧州復興開発銀行(EBRD)とともに、モンゴル国ウムヌゴビ県ツォグトツェツィー郡での出力規
模5万キロワット(50メガワット)の風力発電所建設プロジェクトにかかる融資契約を締結している。

再エネ発電は風力と太陽光として、送電は無線/有線が考えられるが地下ケーブル(できれば、送電損
失のない超伝導電線)で送電するとして、問題は蓄電方式。1つは、リチウムイオン電池やNAS蓄電
池などの蓄電池方式と水素貯蔵方式の2つが考えられるが、後者は、輸送基地が駆歩できれば、船舶で
消費地で輸送し燃料電池で再発電できる(下図の固体高分子型水電解水素発生装置はブログ掲載済み)。

 

折しも、9月29日、東芝、東北電力、岩谷産業の3社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術
総合開発
機構が公募した「水素社会構築技術開発事業/水素エネルギーシステム技術開発」に共同提案
し委託事業として採択を受けたことを発表。今回の事業は、福島県内を実証エリアとして、水素の貯蔵・
輸送・利活用までを含めた水素エネルギーシステムの構成と仕様を検討し、事業可能性を調査する。具
体的には、再生可能エネルギーを中心とした電気を活用し、福島県内に「世界最大規模」という最大1
万キロワット(=1メガワット)級の水素製造装置を設置する。そこで水素を製造し、電気系統の安定
運用に貢献するシステムを検討する。製造した水素は、水素発電装置により、電力系統の調整力とし
て活用するほか、液化して東北エリア内外へ供給することを想定する。新たな制御システムは、「水素
エネルギー運用システム」、「電力系統側制御システム」、「液体水素需要予測システム」の3つを協
調することで、水素製造量と水素発電量、水素ガス供給量の最適運用を目指す(なお、同事業の検討結
果は17年9月までにまとめる予定)もの。今、再エネ先進国をめざすモンゴルが熱い。アジアスーパ
ーグリッド構想が動き出す。
 

【折々の読書 齢は歳々にたかく、栖は折々にせばし】    

   Jun. 26, 2016

 

● 朝日新聞「迫る2025ショック取材班」

          
『日本で老いて死ぬということ』3
 

  [目次]

   はじめに

   第1部 日本で老いて死ぬということ

  第1章 生きがいの喪失と回復
  第2章 難しい「平穏な在宅死」
  第3章 口から食べたい
  

  第2部 介護の現実~在宅・施設それぞれのリアル

   第4章 三人介護
  第5章 遠距離介護
  第6章 ダブルケア
  第7章 虐待を防ぐ
  第8章 在宅でみる 
  第9章 訪問看護師の力
  第10章 特養で看取る


  第3部 老いは地域社会で見守れるか

    第11章 地域で暮らす
  第12章 コミュニティ再生
  最終章 未来へつなぐ

  おわりに

  第1章 生きがいの喪失と回復

   
役割得て回復

  生きがいを見いだし、うつから回復した人もいる。横浜市西区の男性(80)は2001年、協腹
 に痛みを覚えた。いくつかの病院を回ったが、異常は見つからない。「自
律神経失調症」との診断
 だった。2003年、男性を診た精神科医の三木和平医師は
「仮面うつ病一を疑った。
  男性は抗うつ薬を飲むと、痛みもとれてきた。2010年ごろに現役を引退した後は、地元の老
 人クラブの役員になり、地域の清掃活動などをしてきた。「退職後は不安
だったが、老人クラブの
 仕事を阿て、心の支えになった」

  2015年4月には老人クラブの会長として、約70人の会員のトップに立った。すると数カ月後、
 いったん改善したうつが再発した。抗うつ薬を増量し、症状は改善し
た。三木医師は「老人クラブ
 に入ったことが、うつの改善に役立った一方で、会長に
なって心理的な負担が増えてしまった。適
 度な役割をもつことが大切だ」と話している。

    増える「孫離れうつ」

  
高齢者のうつ病に詳しい北里大学北里研究所病院精神科の高橋恵医師によると、高齢者のうつ病
 は、大きく(1)以前にうつ病の既往歴があり、老年期に再発する
(2)老年明に初めて発症する
 の2ケースに分かれる。(2)のきっかけで多いのが、失業や退職、配偶者の死などの「喪失体験」
 だ。

  ここ数年目立ってきたのが、「孫離れうつ」ともいえる現象だという。両親が共働きのため、孫
 の面倒を見ていた祖父母が、孫の成長とともに役割を失い、うつになるパ
ターンだ,
  80代の男性患者は、両親の代わりに、孫の幼稚園への送り迎えをしていた。ちょうど仕事を退
 職して、孫の世話に生きがいを見いだしていた。ところが、孫が小学校に
入ると、気分の落ち込み
 がひどくなり、高橋医師のもとを受診した。

  70代の女性患者は、娘と2凹帯住宅に住み、孫の世話をすることに生きがいを感じていた。だ
 が、中学生になると、「うざい!」「お前なんか出ていけ!」などと言われ
るようになり、うつ状
 態になった。

  一方、うつ病だった70代女性は、孫が大学生になったとき、同居するようになった。弁当を作る
 など、孫の世話をするという役割を得て、うつも回復してきたという。
  
こうした「孫離れうつ」の予防について、高橋医師は「孫だけに気持ちを集中せず、スポーツを
 楽しんだり、地域社会と交流したり、興味を分散させた方がいい」と
助→ぱする。
  さらに高橋医師は「今後、独居高齢者の増加とともに、『孤立うつ』が問題になるだろう」と警
 告する。「独居の患者さんで、健康風呂に通ったり、友達と一緒に住んだり
するようになって、元
 気になったケースもある。抗うつ薬の適正な使用だけでなく、
独居の人を地域で支える仕組みづく
 りが大凶になる」

  また高齢者の場a、若年層に比べ、精神科の受診につながりづらいことが多いようだ。神奈川県
 精神神経科診療所協会副会長を務める長谷川洋医師は「特に男性の方
は、精神科に抵抗感があり、
 自ら受診しない傾向がある。また高齢者の場合、体の痛
みや違和感などにうつ症状が出ることが多
 く、メンタルな病気とは思いにくい。体に
痛みなどがあって、検査しても賢常がない場合は、精神
 科を受診してほしい]と話し
ている。
  長谷川医師らは、高齢者のうつ病の特徴として、①身近な人や役割の喪失による発症が多い、②
 「老老介護」のストレスが引き金になりやすい、③体の痛み、めまいや
耳鳴りなど身体症状に出る
 「仮面うつ病{が多い、④心配性で体の症状を気にしすぎ
る「心気的」な傾向が強いごj・不安や
 焦燥感が強い、⑥妄想を抱きやすい、⑦認知症
と見分けるのが難しいこともある、などを挙げてい
 る。

   「生きがい感じる」が8割 60歳以上

   高齢者は、「生きがい」についてどう感じているのか。2014年版「高齢社会白書」によると、
 60歳以上の高齢者の約8割が「生きがいを感じている」と答えた。「十
分に感じている」と「多
 少感じている」が、各4割だった。男女別にみると、男性が79
・8%で、女性の83・2%に比
 べ低かった。

  また、ソニー生命は2013年に、50~79歳の男女1000人にインターネットで「シニアの生
 活意識調査」を実施した。「生きがい」と「やる気の源」について尋ねた
ところ、「(旅行など)
 趣味」(61・1%)がトップで、「パートナー(妻・夫・恋
人)」(43・9%)、「夢・志」
 (27・3%)などの回答があった。「ペット」と答えた人
も10・6%いて、ペットがシニア世
 代にとって大切な存在であることが浮き彫りになった。

  具体的な中身を尋ねると、「日本一周鉄道の旅」(70代女性)といった回答のほか、「語学の
 学習を通して視野を広げたい」(60代女性)など学びを深めたい志向、「介護ボ
ランティアとして
 社会に貢献したい」(60代男性)といった思いが現れた。
「人切に思うもの」を尋ねた結果、「社
 会貢献」と答えた人は10・1%。年代・性別に
みると、60~70代男性が15・2%で、50
 代男性の6・O%に比べ、約9ポイント高か
った。同社では「仕事の第一線を定年で退くに際して、
 社会貢献を考える機会を得て
いるのかもしれない」と分析している。


   ペットが生きがい

 「チロ、こっちこっち]。神奈川県横須賀市西部の山あいにある特別養護老人ホーム「さくらの里
 山科」。2015年12月、山ロ宜泰さん(82)が手押し車を押しながら、
愛犬チロ(オス、9歳)
 の散歩をしていた。

  「山科」はペットとともに入居できる介護施設。約40人の入居者は、犬6匹、猫10匹と一緒に
 暮らす。入居者が連れてくるほか、殺処分されそうな犬や猫を施設が引き取
っている。散歩やエサ
 やりは、介護職員やボランティアが担う。

  山口さんは、30年ほど前から、順にポピー、リョウ、チロという3匹の犬を飼ってきた,199
 5年、妻の節子さん(享年58)を難病で亡くした。ショックにうちひし
がれる山口さんを元気づけ
 たのが、リョウだった。1日数回、散歩に連れ出すこと
で、つらい気持ちが少し紛れた。「もし、
 リョウがいなかったら、父は一日中、だれと
も話さなかったかもしれない一と長女の泰子さん(54)
 は振り返る。

  2007年には、長男の達也さん(享年43)をがんで失った。しばらくして、リョウも亡くした。
 泰子さんは「また、ワンちゃんを飼った方がいい」と山口さんに勧め
たが、「もう年なので、犬が
 残ったら困る一と承諾しなかった。

  半ば強引に知り合いのブリーダ’-のところに連れて行くと、山ロさんはチロに一目ぼれ。家族
 の一員になった。チロは社交的な性格で、みんなが寄ってくる。おかげで、近所に「散歩仲間」が
 たくさんできた。

  2015年5月、山ロさん自身を病魔が襲った。脳梗塞で倒れて入院。数カ月後、入院中の検査
 で咽頭がんが見つかった。手術は難しい状態で、医師から「余命半年」と言われた,痛みなどをと
 る緩和ケアに移行することを選択した。
  病院では、チロと離ればなれでつらそうだった。「ペットと一緒に住める介護施設はないか」。
 泰子さんは、病院などに聞いたが、「そういう施設はありません」。地域包括支援センターに問い
 合わせると、山科を紹介してくれた。

  いま、山口さんは穏やかな生活を送る。痛みもあるが、チロが癒やしてくれるという。「子ども
 以上の存在です。酒を飲みながら、チロとしやべって、テレビを見るのが一番の幸せ」。チロを抱
 きながら話した。
  業界団体の推計で、飼われている犬猫が2000万匹を超えるとされる日本で、ペットを生きが
 いに暮らす高齢者は多い。だが、自分で附話ができなくなるため、やむなく手放すケースもある。
 神奈川県の調査では、保健所が犬を引き取る理由の約3割は、飼い主が高齢などで病気になったり、
 亡くなったりすることだという。
  山科のように、ペットと暮らすことができる老人ホームは全国でも珍しい。若山三千彦施設長は
 「お年寄りに最期まで人生を楽しんで頂くというのが私たちの理念,ペットとともに、幸せな時間
 を過ごしてもらえれば」と話す。チロが残されても、山科で終生面倒をみるという。


  
信仰が支えに

  宗教や歌を支えに生きるお年寄りたちは、少なくない。難病を患い2015年9月に亡くなった
 大沼美智子さん(享年71)と、夫の成彬さん(80)夫妻の心のよりどこ
ろになったのは、キリスト
 教と賛美歌だった。

 「Amazing gracc! How swcct thcsound!(素晴らしき神の恵み、なんと甘美な響きよ!)」。201
 5年7月の午後、房総半島を望む神奈川県横須賀市の団地にある
大沼さん夫妻の自宅に、賛美歌「
 アメージング・グレース]の調べが響いた。音楽療
法士の佐藤由美子さん(38)が、大沼さん夫妻
 のために、ギター片手に賛美歌を歌っ
ていた。成彬さんが一緒に口ずさむ,2人が大好きなエルピ
 ス・プレスリーの「ラ
ブ・ミー・テンダー]も歌った。ベッドに横たわる美智子さんも、時々笑顔
 で口ずさ
んだ。

  成彬さんは、美智子さんが亡くなるまでの13年間、在宅で介護を続けてきた。介護疲れを心配し
 た在宅医の千場純医師(66)が、米国で音楽療法士として活躍した佐藤
さんを呼んだのだ,201
 4年末から3度の機会を持った,「介護する側、される鯛で
はなく、本来の夫婦関係に一瞬でも戻
 れたら、うれしい」。佐藤さんは言う。

  結婚して5年、美智予さんが27歳の時に「全身性エリテマトーデス」という難病を発症。徐々に
 全身が弱り、2000年ごろから歩けなくなってきた。成彬さんは2002年、介護のために中小
 企業診断士の仕事を辞めた,

  美智子さんはもともと熱心なクリスチャンだった。体の自由が利かなくなった後は、成彬さんが
 教会に付き添った。週1~2回、教会の友達が自宅に来て、聖書の勉強会を開いてくれた。聖書に
 線を引き、解釈などの書き込みをした。成彬さんは、そうした美智7.Jさんの信仰の強さに心を動
 かされ、自身も洗礼を受けた。
  2002年、腸に穴が開き緊急入院,その後、亡くなるまで入退院を11回繰り返した。201
 5年2月の入院後には体力が急速に衰え、ベッドに寝たままの生活になった。そんな中でも、愚痴
 を言ったり、荒れたりすることはなかった。「信仰の力でしょうね。死ぬことを全然怖がっていな
 かった」と成彬さんは話す。

  一方、介護を続ける成彬さんの心身は、限田作に近づいていた。「背中が痛い」と言う妻の背を、
 さすり続けた,数日おきに、人工肛門の交換もした。「地面を踏んでいない感覚で、フワフワして
 いた」。そんなとき、佐藤さんの音楽療法を受けた。
  2015年8月、美智子さんの容体が悪化し、市内の病院に入院。「悪魔がいる。怖い」とガタ
 ガタ震えた。「神様(のお迎え)は遅い」と珍しく不満を口にした。意識がもうろうとしてきた。
 本人は「絶対、家で死にたい」と言っていた。最後は、自宅に戻り息絶えた,穏やかな表情だった。

  成形さんは連れ合いを亡くして1カ月は、何をするのもいやだった。「家に帰って「ただいま」
 と言って、だれもいないとわかるとつらい」。そんなときは、美智子さんの遺影に語りかける。2
 015年夏に撮ったベッド上の写真と、新婚のとき鎌倉で撮ったかれんな写真に。
  同年10月から、教会で始めた不登校の子どもら向け「居場所カフエ」に関わるようになった。
 若者から「怖くて電命に乗れないから、教会まで行けない」と相談を受けると、「大丈夫だ。頑張
 って来い」と励ました。子どもがいない成彬さんは、時に優しく、時に厳しく助言する。
 「これも私にQえられた役割。神のおぼしめしだと思う」。愛する妻を失って半年,成彬さんは信
 仰を支えに、新たな道を歩み始めている。


障害者やターミナル高齢者のやまゆり圏殺人事件、大口病院事件などの報道に接すると不気味で、気味
さを感じてしまう今日この頃、前者では犯人がヒトラーの『我が闘争』の本を読んでいたとの情報も
あるが、よほど注意をしてかからない限り理解そして了解ができないぞ!と考え込んでしまう。この本
を読み進めるなかで、本と関連付けて、あるいは単独に思いついたことを書き認めていこう。

                                       この項つづく
                                          

   ● 今夜の一冊     

 

コメント

最新水素燃料船工学

2015年08月14日 | WE商品開発

 

 

  ただ、バッターに集中しただけ。記録が達成できて、うれしい。

                                        岩隈 久志     
                                           

 



● メジャーでの初完投、初完封

 

【オールソーラシステム: 最新水素燃料電池船工学】

今月5日、椛島で、低炭素型の小型船舶(燃料電池船)の完成式典が行われ。この船は、環
境省が五島市椛島沖で実証事業を実施している浮体式洋上風力発電の余剰電力で生成した水
素を活用した燃料電池で走る水素船。環境省による「二酸化炭素排出削減対策強化誘導型技
術開発・実証事業(小型船舶低炭素化の技術開発・実証事業)」でつくられた。この事業は、
環境省浮体式洋上風力発電と連結し、余剰電力の水素生成活用した実証実験。小型船舶をモ
デルに、燃料電池を利用し外洋での運航が可能な低炭素型小型船舶を製作→小型船舶の低炭
素化を促進→漁船等への水平展開を図ること、海洋再生可能エネルギーの普及促進を図る。

この低炭素型の小型船舶は、戸田建設株式会社、日本海事協会、長崎総合科学大学が製作。
船名は「長吉丸」(英名:Ever fortune)。五島市では、漁船の名前に男性の名前を用いる慣
習しているが、
五島ふくえ漁業協同組合長の名前からとった。

このニュースに触れ、未来の漁港や海上運輸港に配置した水素ステーション(ソーラーパネ
ル風力発電、バイオアマスなどの再エネ由来水素)から船出するイメージとこれらの水素ス
テーションに水素を供給する水素コンテナー船が往来するイメージが浮かんだ。

 ● ナノスケールで燃料に炎を点す:燃料電池電極の性能アップに成功!

沖縄科学技術大学院大学(OIST)などのナノ粒子技術研究グループは、ナノ粒子をそれぞれ
金属酸化物でカプセル化させ貴金属ナノ粒子の凝集を防ぐ方法を開発。この成果により高性
能な燃料電池開発に応用可能となる。

これまで、燃料電池で起こるエネルギー転換促進に、貴金属のナノ粒子を電極の表面に分散
させ、マクロスケール化することで化学反応性を高くするが、ナノスケールでは、その原子
の反応性が増す。このような金属のナノ粒子の触媒機能で、燃料から電子発生させる際に必
要な化学反応速度を加速する一方、ナノ粒子を電極上に吐出する際、粒子同士がパテのよう
につぶれ、より大きなクラスターを形成(このナノ粒子が凝集す現象を焼結と呼ぶ)。燃料
分子がナノ粒子触媒と相互作用を起こすとき、利用できる触媒全体の表面積の逓減させ、そ
の結果、燃料電池では燃料分子の最大ポテンシャルを阻害する。

そこで、(1)まずパラジウムのナノ粒子を酸化マグネシウムのシェルに閉じ込めカプセル
化する。(2)次に、このコア-シェル構造のナノ粒子を電極上に分散し、(3)ナノ粒子
で覆われた電極がメタノール燃料電池中の電気化学反応速度が向上するかどうか測定。この
結果、パラジウムナノ粒子のみを用いた場合に比べ、パラジウムナノ粒子をカプセル化した
ものは、著しき性能向上がみられた。

つまり、下写真のように、マグネシウムとパラジウムのナノ粒子を個別に調べて、酸化マグ
ネシウムナノ粒子が貴金属ナノ粒子のまわりに多孔性シェル形成できることを突き止めた。
このシェルター機能を果たす酸化マグネシウムシェルが多孔性であることで、燃料分子がカ
プセル化したパラジウム(貴金属)への到達を阻まず、酸化マグネシウムシェルがパラジウ
ムのコアとコア間のスペーサーとして機能することで、パラジウム粒子同士が互いに結合す
るとことなく、最大反応ポテンシャルを達成できることを確認した。

Engineering high-performance Pd core-MgO porous shell nanocatalysts via heterogenous gas-phase synthesis 
V. Singh, C. Cassidy, F. A.-Pedersen, J. -H. Kim, K. Aranishi, S. Kumar, C. Lal, C. Gspan, W. Grogger, and M. Sowwan      Nanoscale (2015) 13387-13392.

● 生物進化工学: タコのゲノム解析に成功

骨が無く、3つの心臓をもち、約5億個の神経細胞のほとんどが8本の長い腕(触腕)に局
在してい
る生き物。ギリシャ神話に登場する怪物ヒドラのように腕を再生でき、それぞれの
腕は独立して動く。
また腕の筋肉を硬直させると、一時的に肘や肩に変化でき、さらに、変
幻自在な擬態能力と自分の
巣を獲物の残骸で装飾する習性を持つのがタコ(蛸)。ヒトが脊
椎動物の進化の頂点だとすれば、
無脊椎動物の中でその対極にあたり、最も高い知能を持つ。
タコはイカなどとともに頭足類に分類
され、その祖先は巻貝に似た動きが遅い体の軟らかい
生き物。活発で巧みな捕食動物でもある。
現代の巻貝やカキ、その他の軟体動物も同じ祖先
を持つが、並外れた能力を持つ生き物に進化し
てきた。 

前述した触媒電極の研究と同じ、沖縄科学技術大学院大学らの研究グループは、そのタコの
全ゲノム解読に成功――世界で初めての頭足類のゲノム解読――となる究成果は、15年8
月13日付け英科学誌ネイチャーに掲載された。タコのゲノムは多くの点で他の海洋無脊椎
動物のゲノムと似通り、そのユニークな神経系についてその起源と機能を理解する鍵となる
思いがけない特徴も明らかにする。頭足類の脳は無脊椎動物の基本的な脳を精巧にしたもの
で、ヒトや他の脊椎動物の脳とは全く異なる組織をもつ。

頭足類は、3億年以上前、古代の海の捕食動物として出現。頭足類は、地球上で最初の知的
な生物だった。タコのゲノム解析プロジェクトを開始し、複雑なタコのゲノムの解析は、大
きな挑戦を行う。タコのゲノムは、幾つかの大きな遺伝子群があり、いかに複雑な神経のネ
ットワークをもつののかを知る鍵となる。この遺伝子群は、他の動物においても脳の発達制
御に関わっていて、非常に大きな広がりがあるが、詳細は依然と不明なまま。頭足類では、
他の動物は知られていない遺伝子が大量発見されている。一部の遺伝子は、頭足類の見事な
カモフラージュ能力を可能にする皮膚の動きに関係する。

今回のゲノム解析の分析は未解決部分を残すが、人間が鳥の持つ機能を模倣して飛行機を発
明したように、将来、タコの多様な能力を真似たロボットが開発され、人間が海底まで到達
できる日もくるかもしれない。また、タコが科学者を魅了してやまない理由には、脊椎動物
の脳の組織的なプロセスを必要とせずタコの脳が組織化されていることだ。タコの神経系を
構成する基本的要素が、陸上生活者の人間のようなものとは根本的に異なるかどうかに関し
ても、今後明らかになっていくとる期待されている。


 

 

● 水処理用微生物固定担体工学: スポンジ「Yキューブ」

雪ヶ谷化学工業は、汚水処理を効率化するスポンジ「Yキューブ」を追加発売。下水などの
有機排水に投入すると、スポンジ内に微生物がすみつき、処理槽内の微生物の数が増加、効
率が上がる。ただし、価格は処理層の規模や用途により個別見積もるという。また、同社は
知財は保有しておらず、企業技術(know-
how)のみ。

Y-CUBEは、
スポンジ内は壁を大小の気泡でつないだような構造で、微生物が定着しや
すくし、ポリビニールでアルコールを担体とし、水に入れると水に近い性質となり微生物を
引き寄せる――ウレタンスポンジ比で10倍の微生物繁殖、処理槽に送る空気を減らし省エ
できる。用途として
、下水処理場をはじめ、有機性の排水処理が必要な製紙工場や食品工場
に販売。設備を変えず浄水能力が上る。また有機排水以外の汚水に投入後かき混ぜ取り出す
ことで、微生物のかたまりをろ過するフィルターとしても利用できる。海水内の微生物ろ過
に使用し、ビブリオ菌の数を10万から100まで減らせた実績がある。

 

 
 【縮原発論 13: 核ごみ廃棄処理のススメ   

  目次   

  第1章 日本人の体内でおそるべきことが進行している!
  第2章 なぜ、本当の事実が、次々と闇に葬り去られるのか?
  第3章 自然界の地形がどのように被害をもたらすか
  第4章 世界的なウラン産業の誕生
  第5章 原爆で巨大な富を独占した地下人脈
  第6章 産業界のおぞましい人体実験
  第7章 国連がソ連を取りこみはじめた
  第8章 巨悪の本丸「IAEA」の正体
  第9章 日本の原発からどうやって全世界へ原爆材料が流れ出ているのか 


  第4章 世界的なウラン産業の誕生

      放射線・放射能の危険性は、どのようにして明らかになったか?

  これほどの核実験の大被害が、そして原発事故の大被害が、今日までどうして放置さ
 れた
のか、なぜ人類に対して放射能の危険性が隠されるようになったのか、そもそも核
 実験は
なぜおこなわれたのであろうか?しかしその問題を議論する前に、放射能の危険
 性は、ど
のようにして明らかになったのだろうか、まずそれを知るほうが先である。

  なぜなら、フクシマ事故の大被害を隠し続けてきた人間たち――ICRP(国際放射
 線防
護委員会)やIAEA(国際原子力機関)――が、あるいはまた日本の長瀧重信や
 山下俊一
や原子力宮僚たちが、これから述べる歴史のなかに潜んで、陰湿で国際的な活
 動を展関して
きたからである。それを知らない限り、日本に住む人間は、過去の悲しい
 大被害者と同じ運
命をたどる。これからの章で、読者が予期しない、壮大な歴史を語ろ
 う。

  この悪魔たちの誕生物語は、童話と同じように、それはそれは、遠い曾の話であった
  ・・・・・・・ パリ市民がバスティーユの監獄を襲って、フランス革命が勃発していた頃、
 ちょうどその1789
年夏のことだったが、ドイツ人の化学者マルティン・クラブロー
 トが、ピッチブレ
ンドという鉱石から柚出した酸化物を”奇妙な半金属”と呼び、17
 89年9月24日にべルリン科学アカデミーに論文を提出した。彼は、この新元素の名
 前を、当時発見されたばかりの天王星ウラナス(Uranas)にちなんで、ウラン(Uran
  と名付けた。
   このピッチブレンドが、今日、「渥青ウラン鉱」として知られるウランの主要な鉱石
 であった。

  それから半世紀後の1841年には、フランス人の化学者ウジェーヌ・ベリゴが、四
 塩化ウランを金属カリウムによって還元し、この反応によって、化合物ではない、金属
 のウランを初めてつくることに成功し、やがて1870年には、このウランという金属
 が地球上に存在する最も重い元素であることが分った。
  ではこの古い時代に、人類が何のためにウランを調べたり、利用したのだろうか?そ
 れは勿論、今日の「核兵器」や「原子力」ではなかった。その鉱物の利用価値は、ウラ
 ンの酸化物と塩化物が生み出す鮮やかな色の効果にあった。つまり緑色の蛍光を発する
 黄色のガラフスや、陶磁器の釉薬として、オレンジ色、黄色から、赤や、緑などを生み
 出す染めつけ材料の一種として使われたのである。そして、ウランを使ったそのような
 ガーラスや陶磁器の色つけ技術は、長いあいだ、現在のチェコの西郷地方であるボヘミ
 アの独占的な秘術として伝承されるようになった。それが、ハプスブルク帝国のもとで
 育った有名なボヘミア・グラスであった。

  さらに1839年にフランスで写真術が生まれると、のちにウランの化合物が、写真
 の着色剤として使用されるようになった。こうしてウランは、19世紀の1800年代
 から採掘されることになったのである。だが、そのためヨーロッパでは、鉱夫が4割か
 ら5割というすさまじい割合で癌のために死亡しはじめたのである。それに気づいた近
 代医学の父ルイ・パストゥールがウランの危険性について警告を与えた。こうして、ウ
 ラン鉱物の危険性が初めて知られるようになったのは、実に、今か性一世紀以上も前だ
 ったのである。



  しかし、その原因が「放射能」のためであるということは、バストウールも、いかな
 る科学者もまだ知らなかった。

  さて一方、ちょうどそのころ、新大陸のアメリカでは、ジョン・D・ロックフラーと
 いう男が、1870年に「スタンダード石油」という会社を設立して自ら社長の椅子に
 収まり、弟のウィリアムが副社長に就くと、この兄弟で万全の態勢で新会社をスタート
 させ、原油を輸送する鉄道とパイプラインを次から次へと支配したのである。そして早
 くも10年後の1880年には、このスタンダード石油が全米の95%の石油を独占し、
  もはや楯つく敵の姿が見当たらなくなっていた。



  驚くべきことに95%を独占した世界最大のロックフェラー石油財閥が誕生したのが、
 この時代であった。さらに1880年代には、ガソリン自動車が登場して、石油は一層
 華やかな産業となり、いよいよ20世紀へ突入する時代を迎えた。
  こうして19世紀末、まだ未知だった「ウランの原子力」と、「石油」というふたつ
 のエネルギー源が、同時に、世界中を疾走する運命にあった。現在から見れば競合する
 エネルギー源の「石油」と「原子力」だが、のちにアメリカとヨーロッパで”同じ人間”
 がこの両者を組み合わせ、1970年代にはじまったオイルショックを逆手にとって、
 巨大な金融資本を投下し、最大の問題である「放射能安全論」を強力に推進することに
 なったのである。

                X線の発見と知られざるエジソンの素顔

  そうした19世紀末のことだったが、1895年12月28日に、ドイツの物理学者
 ヴィルヘルム・レントゲンが、実験装置から目に見えない光が放射されていることに気
 づいた。そして、それが多くの物体を透過する能力を持った光(放射線)であることを
 発見し、未知なるもの”X”の意をこめて「X線」と名づけた。そしてX線を使って、
 人体の骨を撮影できることを明らかにしたのが、翌年の1896年1月23日であった。
  この驚くべき発見を伝え聞いたのが、アメリカのトマス・エジソンであった。彼は、
 蓄音機を発明し、白熱電球(電灯)を発明し、発電機も製造し、1882年には、ニュ
 ーヨーク中央発電所の大規模発電にも成功して、1913年にはトーキー映画の映写機
 を発明して、発明王と呼ぱれていた。しかし「天才は1%のインスピレーションに頼り、
 99%の発汗に泣く」と自ら語っていた。”発明王エジソン”は、偉人伝に書かれてい
 るこの言葉とは、かなり違う性格の人物であった。

  その本性を知る人のあいだでは、東部ニュージャージー州にある彼の本拠地の名を借
 りて”メンロー・パークの魔法使い”と呼ばれていた男で、発明品は「金の卵を産むガ
 チョウ」であると心得ていた。他人が何かを発明すると、直ちにエジソンのお使いが飛
 んでゆき、「エジソンの名前をつければ売れる。世界はエジソンの発明を待っているの
 だ」、このひと言で名誉を奪い去り、特許を取り、「エジソンの新発明」を売り出して
 いた。

  実際には、”ロール・フィルム”を開発して映画を成功に導いたのはジョージ・イー
 ストマンであり、映画に必要な連続写真の高速度撮影機を可能にしたカメラ”写真銃”
 の発明者はフランス人のエティエンヌ・ジュール・マレーだった。暗箱をのぞくと秘め
 やかなシーンが見られるエジソン写真機”キネトスコープ”、エジソンの助手ローリー・
 ディクソンの発明品で、これをスクリーンに映写したのはフランス人のリュミエール兄
 弟だった。エジソン名義のもうひとつの映写機”ヴァイタスコープ”は、トマス・アー
 マットとC・フランシス・ジェンキンの発明を盗んだものであった。1902年、19
 06年と立て続けに特許権の裁判を起こしたエジソンだったが、その度に発明王の化け
 の皮が剥がされてゆき、敗北に次ぐ敗北を記録した。

            モルガン財閥がエジソンを育て、GEを生み出す

  それでも彼には、全米最大の「金融と鉄道の財閥」であるジョン・ピアポント・モル
 ガンという人物が、この発明王エジソンの製品を事業化する後備としてついていた。当
 時の最大の産業は、ロックフェラーが支配した石油と共に、華やかな鉄道と、その鉄の
 レールを敷設するための鉄鋼であった。金融王モルガン財閥がそれを支配していた。
  やがて、電信から電話、発電所まで支配したモルガン商会が、白熱電球を発明した発
 明王のために「エジゾン電灯」という会社を設立してやり、その後、この会社を基盤に
 して、1890年には”エジソン電気何でも会社”(エジソン・ゼネラル・エレクトリ
 ック社)が設立された。さらに2年後には、これを別の競争会社と合併させて、189
 2年に「ゼネラル・エレクトリック(GE)」が股立されたのである。のちに、全世界
 の”原子力の定刻”を築き、同時に核兵器を握る原水爆の”総本山”となる巨大企業の
 誕生であった。

  このエジソンが1896六年に、レントゲン博士のX線の発見に触発されて、X線画
 像を見ることができるX線透視装置を発明し、その実験台に助手のクーフレンス・ダリ
 ーを使った。
  ところがダリーはかわいそうに、この実験のために、両手、両足に何度もX線を浴び
 た結果、皮膚癌に冒され、両手も両足も手術で切断されてしまった。ついには癌が原因
 で死亡してしまったのである。このときエジソンは、初めてX線の危険性に気づいて、
 一切のX線の研究をやめることになった。

         ヨーロッパでキュリー夫人をロスチャイルド家が育てる


   さて再びヨーロッパに戻ると X線によるレントゲン写真が発表されたと同じ189
 6年
に、フランス人のアンリ・ベクレルが、偶然にも、写真の乾板のかたわらに鉱石を
 置いてい
たところ、この乾板が強く感光していることに気づいて、おやっと首をかしげ
  た。その鉱石
を黒い紙で包み、光を通さないようにしていたのに、写真の乾板が感光す
  るのは不思議なこ
とだった。この鉱石は一体、何だろう。

  その鉱石が、ウランというものであった。ベクレル家は、代々の物理学者で、特に鉱
 物や
金属について深い結びつきを持ち、当人も土木技師として鉱物に興味を抱いていた。
 そのた
め、こうして彼が、プラスの電気を帯びている未知の光線(アルファ線)が出て
 いることを
発見し、自然界にあるこの放射線を「放射能」と命名した。

  そうした時代に、ポーランド人女性のマリア・スクロドフスカがパリにやって来ると、
 彼
女はピエール・キュリーと結婚し、キユリー夫人となった。このキュリー夫妻にとっ
 て重要
なパートナーとなったのが、今述べた「人類として初めて自然界のウランの放射
 能を発見し
た科学者]アンリ・ベクレルであった。こうして放射能についてキュリー夫
 妻が研究しはじ
め、1898年には夫妻が新しい放射性元素を発見して、キュリー夫人
 の故国ボーランドに
因んでポロニウムと名付けた。次にキュリー夫妻が発見したのは、
 やはり放射線
を出す物質で、今度はラジウム(radium)と名付けた。 

  のちにベクレルとキュリー夫妻の3人が1903年度のノーベル物理学賞を受けたの
 である。
  誰でも、どこかでこの名前を聞いたことがあるだろう。2011年のフクシマ原発事
 故のあと、わが国での食品汚染の基準は、食品1キログラムあたり500ベクレルとい
 うとてつもなく高い基準を設定してしまい、翌年からこれが100ベクレルに引き下げ
 られて、現在に至っている。また、1986年にソ連のチヱルノブイリ原発で大事故が
 起こったあと、危険地帯に指定されたのは、1平方キロメートルあたりセシウム137
 の濃度が1キュリー以上の地域であった。このように大きな量を測る場合にキュリーを
 使い食品などに含まれる小さな量を測る場合にベクレルを使っており、1キュリー=3
 70億ベクレルで換算される単位である。

  これでお分りの通り、こうして現代人のわれわれが使っている「放射能のベクレルと
 キュリー」が、1世紀前にノーベル賞を受けていたわけである。
  さてキュリー夫人が活躍した当時、ヨーロッパ随一のユダヤ人金融王ネイサン・ロス
 チャイルドのひ孫にあたる大富豪のアンリ・ロスチャイルドが、パリにあってキュリー
 夫人の発は、殺菌や衛生についての雑誌を創刊し、病院を建てた医者、ドクトル・アン
 リ・ロスチャイルドだったのである、その一方では、あり余る大金を使っ”エロス号”
 と名付けた豪華ヨットに女優たちを招き、人生を愉しむ道楽男であり、ボルドーの葡萄
 園を経営して最高級ワインのムトン・ロチルドを製造していたというのだから、これは
 大変な男であった。

  こうして「世界一のロスチャイルド金融財閥」が、ラジウムに手を出し、のちに原子
 力産業を取り仕切るようになったのである。というのは、ロスチャイルド家は、そもそ
 もが貨幣の交換によって財を成し、その後も金銀ダイヤ・宝石の支配者となった一族だ
 ったので、彼らは鉱物で世界一の王者であった。そしてキュリー夫人を支援した遊び人
 ドクトル・アンの妻が、幸いにもこのロスチャイルド財閥の鉱山利権を握る「リオ・チ
 ント・ジンク」という大会社を経営する一族であった。

  さらにのちに、そのリオ・チント・ジンク社が、南アフリカのウラン鉱山の利権を一
 手に握ったからである。こうしてキュリー夫人のいたフランスが、現在、”世界一の原
 子力帝国”を築く濫崩となったのである。かくて西側世界では、ロスチャイルド家が全
 世界のウラン鉱山を支配して、今日まで人類史上最大のカルテルを形成することになっ
 た。
  だが、キュリー夫人の夫ピエール・キユリーは、ノーベル賞を受賞してわずか3年後、
 大学からの帰途に荷馬車に瞭かれて即死するという悲運に見舞われた。そして、遺され
 たキュリー夫人の一家にも、次々と病魔が襲いかかろうとしていた。というのも、今か
 ら30年ほど前の1984年にバリで競売に出されたキュリー夫人のノートは、使用さ
 れた当時から80年も経っていながら、いまだに強い放射綿を出し続けていた。したが
 って80年前にそのノートに文字を記していた本人は、強烈な放射能に取り囲まれてい
 たはずであった。かくしてラジウムを精製し、それが放射能の発生源であることを発見
 したキュリー夫人は、1934年7月4日に放射線被曝による白血病で死去したのだっ
 た。

  キュリー夫妻には、ふたりの娘イレーヌとエーヴがいたが、エーヴは物言きとなって、
  イレーヌは母と共に放射能の研究に入っていった。その夫フレデリック・ジョリオがの
 ちにジョリオ=キュリーと姓を変え、フーフンス原子力庁の初代長官となった。一家6
 人でノーベル賞受賞が合計6回という大層な放射能ファミリーを生み出した。しかし、
 キュリー夫人に続いて、イレーヌ・キュリーと、その夫フレデリック・ジョリオ=キュ
 リーの3人が白血病で死亡した。放射能を扱いながら白血病で死ななかったのは、荷馬
 車に轢かれたビエール・キュリーだけであった(放射能に手を染めなかったエーヴは、
 10 2歳まで生きた)。


                                 この項つづく

 

コメント

一本足打法の風力発電機

2015年05月24日 | WE商品開発

 

 

     バッターボックスに立たなければ試合は始まらない
           
バッターボックスに入らなければ試合は終わらない

 

 

【羽根のない風力発電登場】 

「羽根のない風力発電機」に風が当たると、空気の流れによる渦(ヴォーテックス)の力で上の
ほうが大きく揺れる。内部の下に
組み込まれた反発する2枚の磁石により、揺れにより生じる上
下の動きで電力を発生させる。通常の発電機と同様に、電磁誘導の作用で機械エネルギーを電気
エネルギーへ変換する――そんな風力発電機が2016年に登場するというということで話題と
なっている。これはスペインのベンチャー企業「Vortex Bladeless(ヴォーテックス・ブレードレ
ス)」社が開発中の風力発電機で羽根(ブレード)のない風力発電機で、見た目は野球のバット
に似ている)。外側の素材はカーボンファイバーとグラスファイバーを合成したもの。




この原理については、「スマートキャンティに振動発電を組み込む」(『ドライマウスからスマ
ートキャンティ』2015.02.06)で紹介しているので(下図をクリック)それを参考願いたい。

 

【オールバイオマスシステム完結論 13】  


現在は高さが6メートルのプロトタイプをフィールドテスト中で、2016年に発売予定の最初の製
品は2倍の12メートルになる。発電能力は4キロワットと小さく、家庭や小規模の会社で利用
することを想定。さらに発電事業用の1メガワット(=千キロワット)クラスの製品を2018年に
投入する計画。高さは百メートルを超える見込み。(1)同社試算では、従来の風力発電機と比
べて電力1キロワット時あたりの発電コストが40%も低くなる。(2)機械的な部品を使わな
いため、メンテナンスのコストも小さく、(3)風車の回転による騒音の発生や鳥の衝突も生じ
ない。(4)細長い円筒形の構造物を立てるだけで済み、狭い場所に設置することも可能になる。




Vortex社は製品化に先がけて6月1日から、インターネットを使って多数の出資者を募るクラウ
ドファンディングを開始。これまに投資家から百万ドル(1億2000万円)を超える資金を集めたが、
クラウドファンディングを実施して米国を中心に市場に狙っている。
 

   

【日本の政治史論 14:政体と中枢】  

 「古賀の乱ってなんだ  "I am not ABE"」(『進撃のヘーリオス Ⅱ』2015.04.04)で、触発され
るように、積んでおいた本を取り出し読みはじめた。そして、この国の政体を考えみよう。その
結果、どのようになろうとも未来志向できる手がかりを明らかにしたという動機から掲載してい
きたい。まずは第5章から読み進める。
 
 

   福島のメルトダウンは必然だった…政府閉鎖すら起こる2013年の悪夢とは!?家族の
 生命を守るため、全日本人必読の書。「日本の裏支配者が誰か教えよう」。経産省の現役幹
 部が実名で証言。
発電会社と送電会社を分離する発送電分離。このテーマについて本気で推
  進しようとした官僚が何人かいた。あるいは核燃料サイクルに反対しようとした若手官僚も
  いた。しかし、ことごとく厚い壁に跳ね返され、多くは経産省を去った。私も十数年前、発
 送電分離をパリのOECDで唱えたことがあるが、危うく日本に召喚されてクビになるとこ
 ろだった。その理由とは何だったのか――。(「序章」より)。改革が遅れ、経済成長を促す
 施策や産業政策が滞れば、税収の不足から、政府を動かす資金すらなくなる。そう、「政府
 閉鎖」すら起こりかねないのだ。いや、そうした危機感を煽って大増税が実施され、日本経
 済は奈落の底へと落ちていくだろう。タイムリミットは、ねじれ国会を解消するための参議
 院議員選挙がある2013年、私はそう踏んでいる。(「まえがき」より)

                            古賀 茂明 著『日本中枢の崩壊』  

   目 次  

  序 章 福島原発事故の裏で
  第1章 暗転した官僚人生
  第2章 公務員制度改革の大逆流
  第3章 霞が関の過ちを知った出張
  第4章 役人たちが暴走する仕組み
  第5章 民主党政権が躓いた場所
  第6章 政治主導を実現する三つの組織
  第7章 役人―その困った生態
  第8章 官僚の政策が壊す日本
  終 章 起死回生の策   


  第8章 官僚の政策が壊す日本

                                    官僚は公正中立でも優秀でもない

  政治家やビジネスマンの場合、秀才の思い上かりがあると、やがてわか身に返ってくる。
 ビ
ジネスマンが、いくら俺は凄いんだ、頭がいいんだといったところで、仕事の成績が悪け
 れ
ば、笑われるだけである。政治家も世論の批判にさらされるし、なによりも選挙という国
 民の
審判がある。
  対してキャリア官僚は、成果で評価されることはないので、自分か稿り高ぶっていること
 さ
え分からない。
  多くのキャリア官僚は政治を軽んじている。

 「大臣なんてすぐに代わる。永続して政策を考えているのはわれわれだけだ。われわれかい
 な
ければ、政策一つ満足にできない。日本の官僚は公正中ふで優秀だ。政治家は専門知識が
 なく
利権に走る。従って、われわれ官僚が行政の主たる担い手になるべきだ」
 と、本気で思っている人か少なくない。

  私は、この自信が良く理解できない。第一自分だちか優秀だという根拠かない。東大を出
 
て官僚になったことが根拠だとしたら、あまりにも思慮が浅い。
  確かに官僚になった時点では、人材の質は高い。省庁の選考は、ディベートなどもあって
 
民間に比べると比較的厳しい。それを潜り抜けてきたのだから、優秀だったのだろう。 

  しかし、これはI.0代前半の時点での話だ。その後のスキルのレベルアップやキャリア
 で、いくらでも能力は伸び縮みする。
  遂に官僚が優秀でなかった証拠ならいくらでもある。もし、日本のテクノクラートが本当
 に優秀なら、現在のように財政が火の庫になるまで放置していただろうか。経済かこれほど
 急速に萎んでいただろうか。

  官僚は優秀でも公正中茫でもないのでは、と疑わせる事例は、枚挙にいとまがない。社会
 保険庁の消えた年金問題、空港の需要予測、1400兆円の国民金融資産を抱えながら世界
 で競争できない銀行を作った護送船団方式、住宅行政への信頼を地に落とした耐震偽装問題、
 摘発しても摘発しても続く官製・談合……これが本当に優秀な官僚のやることかといわれれ
 ば、俄かに反論できない。

  おそらく福島原発事故を検証すれば、日本の官僚かアメリカやフランスなどの官僚と比べ
 て、10年以上遅れた世界にいることが分かるのではないか。ニューヨーク・タイムズ紙な
 どには、早くもそうした論評が載り始めている。
  にもかかわらず、霞が関の官僚組織は日本最高の頭脳集団で、彼らに任せておけばなんと
 かしてくれるという幻想を抱いている国民が、まだいる。もはや、こんな幻想は.自害あっ
 て‘利なしである。公務員制度改革や経済再生を進めるにiたっては、公務員は公正中立で
 優秀だという前提を捨ててかかるべきである。   
                               

                                    インフラビジネスはなぜ危ないのか

  霞か関と民主党政権か一体となって熱心に取り組んだ『パッケージ型インフラ海外展開」
 も、適切な政策かどうか、怪しい限りである。
  日本にはインフラ関連の優れた製造業がある。原了力発電、新幹線、水関連技術など、こ
 れ
から新興国を中心に大きな財要のある分野だ。 
  しかし、単品として、あるいは個々の技術としては世界最高レベルでも、それを長期間に
 わ
たりシステムとして管理・運営して利益を出していくという取り組みでは、欧米の企業に
 後れ
を取ることが多かった。最近では韓国やロシアなどの追い上げにも遭っている。だから、
 この
分野で、官民挙げてオールジャパンで取り組もうというのである。

  この分野に目をつけるのは正しい、政府と民間が協力して収り組むこともいい。だが、目

 的が正しいから何をやってもいいとはならない。手段の適切性を慎重に咀恥しなければなら
 な
いのだ。
 「パッケージ型インフラ海外展開」の発想の原点は、これをやれば、日本は儲かるだろう、
 で
ある。では、本当に儲かるのか。総理が首脳会議で「日本の企業にもいい製品があります
 よ」
と売り込むのはコストゼロなので、いくらやっても損はない。福島原発事故の際、フラ
 ンスの
サルコジ大統領がいち早く訪日し、自国企業の宣伝を大々的に、しかも巧妙に行つた
 のは一つの手本だ。

  しかし、問題はその先だ。こうした国家的なお祭り騒ぎは、後で国民につけが回ってきて
 終わりということが多い。
  まず第一に、インフラ事業の海外進出は10年から20年という息の長い取り組みが必要
 だ。国家戦略としてこうした取り釦みを継続的に進めていけるような体制が政府にあるのか
 どうか。つまり、組織力の勝負で勝てるのか。これまでの経験では、答えはNOだ。

  日本人は、「組織力か強みだ]と自画自賛することが多い。政府にはとりわけその傾向が
 強い。個人で戦うことに自信がないのでチームワークをことさら強調する。
  しかし、日本の強みはチームワークの「和」ないし「協調性」の部分であり、たとえば、
 組織としての決断力、俊敏烈、行動力などにおいては、欧米の政府や企業に比べて明らかに
 劣っているということをあまり自覚していない。とりわけ、大企業や政府においてその傾向
 が強い。私の経験では、俊敏果敢な行動や意思決定においては、大企業よりオーナー経営の
 中小企業などのほうがはるかに優れていると思う。



  たとえばイランで日の丸油田開発を目指したIJPC(イラン・ジャパン石油化学)事業。
 三井物産を核とした三井グループが、イランの原油確保を目指して1971年からスタート
 させ、円借款や貿易保険も用いた国家的プロジェクトとして進められたが、18年の歳月を
 費やしても油田はできず、イラン革命、イランーイラク戦争で撤退を余儀なくされ、膨大な
 損害をこうむった、政府も重大な損害を出した。
 
  IJPCに取り組んでいたとき、企業も国も最大級のブロジェクトだとみな気分が高揚し
 ていたが、見事に失敗に終わってしまった。このとき、イラン・イラク戦争に関する情報入
 手やその後の意思決定でも、口本はもたついて被害を拡大させた。つまりこれは、日本は組
 織力という点で決して秀でていないという一例である。

  そしてこの組織力の弱さは、福島原発令故の対応でもはっきりと証明されてしまった。政
 権中枢や担当省庁、主体となる企業はただ右往左.往するばかりで、組織としてまったく機
 能できなかった、難しい決断や迅速な判断は、いずれも組織の命運がかかる重大事項だ。日
 本の政官すべてかそうした面で、比較劣位にあることを十分認識すべきであろう。

  競争力のない分野に無理やり突っ込んで行くことかいいのかどうか。むしろメインコント
 ラクターのもとで、部分的にその機器を売り込んで、利益を短期で暖定すべしという考え方
 も十分ある。やみくもにパッケージを賛美し、何十年分ものリスクを取ったほうが勝ちだと
 いう偏った考え方は取るべきではない。

  第二に、組織力の話とも関連するが、日本政府が前に出ることで、相手との交渉で有利に
 立ってるかということがある。途上国といっても、独立や国家統一のために何回も戦争や内
 戦を経験し、生きるか死ぬかの困難な外交交渉を乗り越えてきた国々が相手である。この海
 千山千の国々を相子に、日本政府が強かな交渉をできるかどうか。 

  過去の例を振り返れば答えは簡単だ。「否」である、現在の日本政府の浮かれたお祭り騒
 ぎ
を見ていると、相手からすれば、カモがネギを背負ってやってきたという状況になってい
 るの
ではないかと、不安でならない。
  事実、新幹線や原発の受注交渉で、各国から次々と灸件を突きつけられている。たとえば、 
 新幹線の車両を現地生産しろ、あるいは超長期の運転保証をしろ、また技術移転をしろと。
 機
器を現地生産するとなると、技術の流出は避けられない。
  中国では新幹線を売り込んで技術か・取られ、いまや「中国製新幹線」は日本の強力なラ
 イバ
ルとなりつつある。


                             
  これは日本だけが直面している問題ではない。中国は、2002年に上海りニアモーター
 カー
を開通させ、上海万博が聞かれた2010年、杭州にまで延長した。上海リニアの入札
 はフ
ランス、ドイツ、日本で争われ、最終的にはドイツに決まり、工事が行われ、延長区間
 も引き
続き、ドイツの企業が請け負うことになっていた。

  ところが、ドイツのリニア工場に中国人技術者が忍び込む事件か起き、その後、中国政府
 は
延長りニアの「10パーセントはドイツに発注するが、後はすべて自国でやるから技術移
 転を
しろ。その条件を呑まなければ発注しない」と要求してきた。そして実際、独自で開発
 したリ
ニアの実験を開始、国産リニアを完成ざせてしまった。

                                   この項つづく

 

コメント

最新技術籠もれ話 Ⅰ

2015年04月05日 | WE商品開発

 


 

● 糸を引かない納豆を市場投入 

変わり種の納豆が話題となっている。15年前、納豆については、味付け海苔のように薄膜(フィル
ム)化の事業開発構想していたこともあり(ブログ掲載済み)興味を惹かれネット検索する。ことの
発端は、
納豆メーカーから依頼を受けた茨城県工業技術センタではじまる。昨年、通常の納豆菌から
自然変異した菌株を、培地に植え継ぐ方法で、糸引きのもととなる「ポリグルタミン酸」の生成能力
が低い菌の培養に成功したというが、よく調べていくと、粘りのある香りのよい納豆の開発を進める
うちに、偶然?に「納豆菌ファージに感染耐性を有する納豆菌及びチロシン結晶の析出低減化納豆菌
に関する研究」(2014.05.12)を進めるなかでの発見によるもの。
納豆を試作しては糸引きを確認す
る「ひたすら地味で孤独な作業」を百回以上繰り返したという担当技官(久保雄司氏)は糸を引かな
い納豆の反響に驚いてという。
この菌を使い、いち早く商品開発に着手した常陸太田市の納豆メーカ
ー金砂郷食品社は「『糸を引いてこそ納豆』に対する要望は業界でも非常に根強く、
1月にフランス・
リヨンで開かれた見本市では、豆乃香(mame no kaori)を使ったバターや煮込み料理なども提案し、
食材としての可能性をアピール、多くのの引き合いがあったが、
今、海外で日本食が受け入れられて
いるのも、『豆腐』や『しょうゆ』を売り込んできた先人の努力があったからこそだという。

それでは、もう少し詳しくみてみよう。「納豆菌ファージに感染耐性を有する納豆菌及びチロシン結
晶の析出低減化納豆菌に関する研究」(茨城県工業技術センター研究報告 第42号 2014.05.12)のイ
ントロは次のように解説されている。




  茨城県は、納豆の産地として全国的に有名であり、水戸市の平成25年の1世帯あたりの納豆購入
 額が全国で1位となるなど消費も盛んである。このように,茨城県民には馴染み深い納豆であるが、
 製造現場においては以前より指摘されてきた問題がいくつかある。

  一つ目は納豆菌ファージ(以降,ファージと記載)の問題である。ファージは、人間には無害
 だが納豆菌に感染し,納豆菌を死滅させてしまう。更に,ファージが生産する酵素により納豆の
 粘り成分であるガンマポリグルタミン酸(γ-PGA)が分解されて糸引きがなくなり、クレームの原
 因になる等,メーカーにとっては重大な問題となっている。


  もう一つ、チロシンが析出するという問題がある。日配品である納豆の賞味期限は製造から10
 日程度が一般的だが,日が経つに連れ、納豆の表面に白い粒が生じてくることがある。チロシン
 が主成分の固体であるため食べて害は無いが、生じる前に比べて著しく食味が劣化する。チロシ
 ンの結晶が生じることなく熟成が進めば、賞味期限の延長が可能になるだけでなく、納豆の旨み
 そのものが向上することが期待できる。


  上記2点に関する相談は茨城県工業技術センターにも毎年寄せられており、抜本的解決が望ま
 れる課題であった。




このように、糸を引かなくなる品質劣化から「ファージ感染耐性納豆菌株の開発」がはじめているが、
研究結果は、(1)納豆菌の持つコンピテンスを利用し、納豆菌と同種で、納豆製造能はないがファ
ージ耐性を持つ菌株のG. DNAを取り込ませることで、ファージ耐性納豆菌株の開発を行い (2)プ
レート上で確認した限りにおいてファージの感染が起こらない株を5株育種し、全ての株で納豆の製
造が可能であることを確認した。(3)
チロシン析出低減化納豆菌株の開発について、プロテアーゼ
がチロシンの蓄積と析出に与える影響を検証すべく,納豆菌のaprE破壊株作成に取り組み、
aprEKm
R
マーカーで破壊し、
pBluescriptⅡに組み込みベクターを構築することを試みたが、ライゲーションが
上手く行かず本年度中の完了には至らなかった、として、(1)育種した5株のファージ耐性納豆菌
株は当初の予想通りであれば、ファージの感染に関与する遺伝子が、性質の変換に利用したG. DNA
入れ替わった可能性が高い。しかし,それがどの領域か分かっておらず,また,場合によっては予想
とは違った機構でファージ耐性を獲得した可能性がある。今後、遺伝子の変異箇所の解析を進め、フ
ァージ耐性を獲得した要因を明らかにし、(2)aprE 破壊納豆菌株の作成が完了しなかったため再挑
戦するか、別な方法でaprE破壊納豆菌株を作成し、プロテアーゼがチロシンの蓄積と析出に与える影
響、検証する。最終的に、組み換えに依らない方法で、既存納豆菌株よりもチロシン析出が起こりに
くい納豆菌株を育種すると展望するが、その結果、遺伝子組み換え法を採用せず、育種法を採用し「
糸ひきのない納豆」を開発に移っている。

   


下図は関連特許の概説図だが、遺伝質組み替え法という"毒"を含めなかったのは、上策でないにしも
中策であろう。しかし、薄膜納豆事業を考えていたことをころを思い出し、次から次とアイデアを考
えたいあの頃が懐かしが、この「ガンマポリグルタミン酸(γ-PGA)」をベースに、野菜パウダーや穀
物パウダー、香辛料、調味料を配合し製麺技術を応用し「カラフル・ベジタブルペーパー事業」を創
成できないかとも考える。フードロスで、おにぎり、巻きずし、サンドウィツチ、味付け海苔ならぬ
味付けベジタブルペーパーなどへ応用できそうだ。また、牛乳、チーズ、挽肉などの酪農作物のつな
ぎに使うことで、また増量剤として大豆蛋白や野菜パウダーと練り合わせれば「ヘルシーハンバーグ
を開発できるのではないだろうか。これは面白そうだ。

  

 

  

● 香りをリアルタイムで“見える化” 

バイオクロマト社は、香りをリアルタイムで“見える化”する分析機「ボラタイムシップ」を開発。揮発性物質ごと
に香りの強弱をグラフ化できる。エスビー食品と共同開発で、価格は250万円から(消費税抜き)で顧客の用
途によりカスタマイズできる。ボラタイムシップは、市販する直接質量分析装置(DART―MS)の拡
張デバイスとして取り付ける機器。同装置は約200℃の熱で香りの基になる分子同士のつながりを
分け、計測器に誘導する機構が特徴。
食品メーカーなどでの検査は従来、人間の鼻でかぎ分ける「感
応試験」が主流だが、人間の鼻では結果に差異があったが、開発段階で後ろ盾となる「数値化」と「
香りの変化を知りたい」という要求を実現したという。もうすぐ、口臭で健康検診する時代がくるね。
きっと!

ところで、質量分析装置ときけば、測定精度により幅があるが30年前ごろは数千万円のレベルだっ
たが、この装置250万円というから、1桁安くなっている。当時は、主にトリハロメタンなど水溶
液中の極微量の検出に使用していたが、大きさなどを考えると、考えられないようなダウンサイジン
グを遂げている。振り返ると、日々新た、日々徒手空拳でここまできたが、驚くね、本当!

 

 

 

● 微細気泡含有・脈動節水ノズルの威力

業務用に使う水の量は、一般家庭よりもはるかに多くなる。株式会社 DGTAKANOのノズルは違う。
節水ノズルをしのぐ「Bubble90」シリーズは、内部で水道水に空気を効率よく含ませる泡沫水を振動
させ高圧で放出させる蛇口ノズルで、蛇口に設置するだけで、普通の水道から水泡が次々と勢いよく

流れ出し、空気を多く含んだ水の玉を波のようにリズミカルに放出させることで、従来のわずか5%
の水量でも確実に洗浄物の汚れを落とす。「洗浄力をキープしながら節水率をあげる」という相反す
る機能を両立するをうたい文句に売り上げ伸ばしているという。この種のノズルの開発はすでに、株
式会社 いけうちなどの協力を得ながら経験済。そこで、早速ネットで検索してみたが特許申請して
いないようで、似通った特許を検索する。 下図の特許概説図はパナソニック社のもので、基本構造
は変わらなく、吐出口が3カ所以上の複数あることが特徴である。世界展開できる優れものだ。これ
はお勧めだ!

 

 

 

 

 

● カセットボンベを燃料とする簡単操作の非常用電源

ヤマハモーターパワープロダクツ株式会社が、非常用電源や趣味、レジャーなど幅広い用途に使用で
きるカセットボンベを燃料としヤマハインバーター発電機「EF900iSGB」を、2015年4月1日より発売
するという。販売は、ホームセンターやヤマハ発電機販売店などで行う。ホンダが2月に販売したの
につづく恰好となる。この
「EF900iSGB」は、当社初のカセットボンベを燃料とした発電機で、ガソリ
ン燃料の発電機と比較して、(1)カセットボンベをソケットにセットするだけの簡単な燃料補給、
(2)シンプルな始動・運転操作、(3)劣化の少ないガス燃料により本体・燃料の長期保管が可能
(4)長期保管後のスムーズな再始動、といったガス燃料発電機ならではの特徴を備える。(5)

らに、インバーター方式を採用して正弦波に近い出力電圧波形を実現し、家電や工具類に加え、スマ
ートフォンやパソコンといった精密機器に使用できる家庭用電源と同等の良質な電気の供給に使える。

乾燥重量22kgの小型・軽量設計、全閉型構造による高い静粛性など、高性能・高品質を達成。非常時
には迅速に、レジャーなどでは気軽に使用可能。メーカ希望価格は、14万円(消費税込み)。

 

 

 

 ・今夜のアラカルト シュラカップ野菜のオムレツ


● イタリアン・アウトドアクッキング

今夜は、中途半端に残った野菜をどんどん使っうエコで、卵は誰にでも喜ばれる料理になる「シュラ
カップ野菜のオムレツ」。法要開けは、山が待ってる。アウトドアが待っている。ところで、前記し
たように、そのうちにアウトドアクッキング用(あるいは防災グッズ用)の電子レンジグリルが販売
されるね。

1.材料(4人分)

パスタ(フジィリ)60g、トマト30g、ニンジン30g、カリフラワー30g、ブロッコリ30g、ズッキーニ30g
黒オリーウ6個、粉チーズ 大さじ2、卵6個、バター 少々2 

2.作り方

(1)パスタは、やや柔らかめに茫でておく。(2)小角切りにしたニンジンと、小房に切り、(3)
分けたカリフラワー、プロッコリを塩を加えた湯で茹でておく。ズッ牛一二は輪切りにしておく。黒
オリーヴはスライスする。(4)
ボールに卵を割り入れ、塩、コショウ、(5)粉チーズを入れて、
野菜を入れる(A)。(6)
パスタを混ぜる(B)。(7)シェラカップの内側にバターを少量塗っておき、
(4)を入れ、オーヴンヘ。 

※バリエーション:フライパンに流し込んで作るとジャンボオムレツになる。この時の火加減は中火
  で、
しかも底全体に火が回るようにしないと、1ヵ所だけが焦げてしようので注意すること。また、
  卵は膨張するので詰めすぎないよう
に。

  出展:

 

 

コメント

バイオマス粉砕工学

2015年01月14日 | WE商品開発

 

 

 

● ラ・コリーナ近江八幡オープン 

天候が良くなったので午後から車を走らせラ・コローナ(イタリア語で丘の意)のオープン見学する。ここは
八幡山は北之荘城跡ヴオーリズ記念病院の周辺にあり元厚生年金会館の敷地に、19日にオープンすした。ラ・
コリーナ近江八幡は、自然を愛し、自然に学び、人々が集う繋がりの場として、八幡山から連なる丘に、緑深
い森を夢み、自ら木を植え、ホタル舞う小川を作り、生き物たちが元気に生きづく田畑を耕すことで、このよ
うな環境の中に、和・洋菓子のメインショップをはじめ、たねや農藝、本社、飲食店、マルシェ、専門ショッ
プ、パンショップなど、ゆったりとした自然の流れに寄り添いながら、長い年月をかけて手がける壮大な構想
のもと建設された
。新装オープン二日目とあり来訪者で溢れていたの、ジュブリルタでパンを買っただけで、
二人で店内をぐるっと記念植林のイベントや箱庭盆栽・植木販売などを見て回り帰る。

大麦、小麦、大豆、ソバ、餅米など栽培し、地ビール、豆腐、豆乳、ソバ、うどんなど製麺、和菓子、洋菓子
近江牛、鹿肉などの
ビエ料理、琵琶湖の魚介類なども手にはいるので、なんでも自給販売できそうだ。そう
そう、近江八幡には近江牛や
赤こんにゃく、水茎焼きなども手に入る。これから独自の展開が楽しみである。 



【オールバイオマスシステム完結論 Ⅷ】 

● バイオマス粉砕工学 

【符号の説明】

1 火炉 2 前壁 3 後壁 4 バーナ 5 バーナ 6 最下部バーナ 7 最下部バーナ 8 バイオマス粉砕機 
9 石炭粉砕機 10 空気送風機 11 バイオマス 12 石炭 13 一次空気 14 一次空気 15 バイオマス
+一次空気 16 微粉炭+一次空気 17 二次または三次空気 18 過熱器

昨年ドイツは古い石炭火力発電設備を廃棄することなどをコアとして。二酸化炭素排出量(=温室効果ガス)
を約3%低減し
たと公表している。このように、化石燃料の代替として、バイオマスの利用促進が注目を浴び
ている。バイオマスに
は、木質系、草木系、汚泥系等の分類があり、クリーンかつ再生利用可能な炭素質資源
である、地球の温暖化を抑制する方法として、微粉炭の一部をバイオマスによって代替することも注目されて
いる。例えば、上図のように、微粉炭と木材を混焼する微粉燃料燃焼方法の新規考案が提案されている。しか
し、木材を粉砕したものを微粉炭と混合してボイラにおいて燃焼した場合に、粉砕した木粉の燃え残りが生じ
ることにより、ボイラ効率が低下することがあり、灰がボイラ火炉内の伝熱面に付着するスラッギング現象
より、ボイラの稼動が著しく不安定化する問題がある。この特許は、未燃量を低減しスラッギングを最小に留
める
ことで、バイオマスを大量に安定的に微粉炭と混焼方法――多段のバーナが設けられた微粉炭焚きボイラ
に、バイオマスを空気とともに供給して微粉炭とバイオマスを混焼する場合、最下部のバーナ以外にバイオマ
スを供給することを目的としている。



微粉炭としては、瀝青炭、亜瀝青炭などを粉砕したものが挙げられる。粉砕手段としては、竪型ローラミル(
上図参照)や、ボールミルなどが挙げられる。微粉炭の粒径は75μm以下が80重量%程度である。上記に
おいては、対向型の微粉炭焚きボイラを例に挙げてているが、ボイラのコーナーにバーナを有する微粉炭焚き
ボイラにおいても同様に実施可能である。また、バイオマス11は、バイオマス粉砕機8によって粉砕された
後、一次空気13によりバーナ4および5に搬送されボイラに供給される。本発明においては、ボイラの最下
部バーナ6および7以外にバイオマスを供給する。これにより、未燃率を微粉炭を専焼した場合と比べて遜色
ない程度とすることができる。本発明で用いられるバイオマスとしては、建築廃木材、森林の間伐材、もみ殻、
木炭、家畜の糞尿を乾燥した固形物、コーヒー粕などが挙げられる。ボイラに供給されるバイオマスの粒径は、
平均粒径が2mm以下、好ましくは1mm以下である。

尚、バイオマスの粒径が小さければ、粉砕することなくそのままボイラに供給することができる。一方、粒径
が大きい場合には、予め前述の竪型ローラミルその他の粉砕手段により粉砕するが、搬送用空気として竪型ロ
ーラミルに熱風を供給すると、粉砕動力が削減できるとともに、同じ粉砕動力で粒径がより小さなバイオマス
の粉砕物を得ることができる特徴をもつ。このように、実施例の表1に示した物性を有する瀝青炭と建築廃木
材を個別に竪型ローラミルで粉砕。粉砕された75μm以下が80重量%以上の微粉炭と、平均粒径が0.7ミ
リメートルの木粉を、ボイラ供給するための微粉炭の供給ラインで予め混合し、バーナを経由してボイラに供
給している。

また、ボイラの詳細は、蒸発量が500トン/時間であり、また火炉高さが33.7メートル。さらに、前壁と
後壁のバーナの段数はいずれも二段で、水平高さは段違いで、バーナの位置は前壁が14.15メートルと18.
55メートルであり、後壁は11.95と16.35メートル。さらに、水平方向に2本のバーナを有し(この
結果、バーナの本数は8本となる)。上段のバーナには微粉炭と木粉の混合物を、下段には微粉炭のみをそれ
ぞれ供給した。木粉の微粉炭に対する混焼率は15.5重量%であった。前壁と後壁のバーナに供給する空気量
が全体の空気量を2とすると前壁側が1.09、後壁側が0.91となるように、二次空気量を調整。微粉炭と
木粉を合わせた全燃料に対するボイラ空気過剰率は17体積%で、上記の条件において、微粉炭と木粉の混焼
を2週間連続して行ない、バーナの水平位置の側壁に設置されているボイラの燃焼窓から内部のスラッギング
の状態を目視で確認。その結果、前壁と後壁に供給される二次空気量が同じ場合、スラッギングの厚みが30
センチメートルに対し、実施例では5センチメートル程度と約1/6
で、スラッギング現象が大幅に抑制され
ことが検証されている。
 

しかし、微粉炭とバイオマスを混合燃焼させるバイオマス燃焼ボイラや、バイオマス燃料を燃焼させるバイオ
マス燃焼ボ
イラでは、バイオマス燃料の利用を促進にバイオマス燃料のボイラ火炉への供給量を増やす必要が
あるが
、上記バイオマス燃焼ボイラではバイオマス燃料の供給量を増やすと、ボイラ火炉のボトムホッパにバ
イオマス未燃分が大量に堆積することが避けられない。さらに、ボイラ機器に何らかの異常に起因して火炉内

のガス濃度分布や温度の変動が生じ、ボトムホッパに堆積した大量のバイオマス未燃分が急激に燃焼した場合
には、火炉底部の熱負荷の上昇によって炉壁破損に至る可能性がある。このため、燃料としてバイオマス燃料
を燃焼させる場合に、バイオマス燃焼ボイラの火炉のボトムホッパに堆積したバイオマス未燃分を減少させ、
ボイラの安全性と燃焼効率を共に向上させたバイオマス燃焼ボイラが下図のように提案されている。


【符号の説明】

1:火炉、2:後部伝熱面、 3:微粉炭バーナ、4:バイオマスバーナ、5:伝熱管群、7:排ガスダクト、
8:石炭バンカ、9 石炭ミル、10:バイオマスバンカ、11:バイオマスミル、12:流体噴霧装置、13
:開口
部、14:スートブロア、15:ボトムホッパ、16:バイオマス未燃分、17:チューブ、18:噴
射口、19:燃料供給管、20:圧力検出器、21:圧力調整弁、22:圧力調整弁制御装置


このため、バイオマスを燃料として燃焼し、燃焼により発生した熱で蒸気を発生させるバイオマス燃焼ボイラ
であって、ボイラの火炉上部に燃焼により発生した熱を蒸気に伝える伝熱管を設け、ボイラの火炉底部にはボ
トムホッパを有し、ボイラの火炉下部にバイオマスを燃焼させる多段のバーナが設置し、多段のバーナの最下
段バーナよりも低い位置の火炉壁面に開口部を設け、流体を噴霧する噴射口を備えた流体噴霧装置を開口部か
ら火炉内へ挿入設置しこの流体噴霧装置から火炉の底部のボトムホッパに向けて不燃性の流体を噴霧するよう
に構成することで、バイオマス燃焼ボイラの火炉のボトムホッパに堆積したバイオマス未燃分を減少させ、ボ
イラの安全性と燃焼効率を共に向上するバイオマス燃焼ボイラの改善提案したものである。

特開2010-77410
 JPA_1999-266818

しかしながら、以上の新規考案事例では、(1)バイオマスのサイズが3ミリメートル以下としているが、こ
れをさらに詳細
に解析し最適形状や物性が明確にされていない――微細化することで表面積大きくし、均質噴
霧することで燃焼効率を逓増させる提案が未詳であること、(2)さらに、実施れでのバイオマスの含水率は
通常、木質バイオマスなら10~20%と高く、様々なバイオマスやネグロマス(例:石炭、建築物廃材など)に
には対応していてない――微細化することで、ボイラーの余熱で予備乾燥させておく機能が必要であること。
(3)また、火炉で燃焼効率向上ため炉内の温度分布均一にする条件や空気などの燃焼支持ガスの詳細解析も
未詳である。(4)さらに、通常、バイオマスは125℃から450℃の温度で環縮合・離炭反応が進行することを
利用し、ボイラー余熱を利用し、130~350℃で乾燥させつつ、バイオマスからピッチ分離する機能を追加し、
タール、ピッチ発生を抑制し、スラッキング現象をなくすことも必要である。以上4つのことがクリアーでき
れば、高性能なオールバイオマスボイラの実現に貢献できるだろうと考えた。



そこで、本命であるバイオマス破砕機の考察になるのだが、前述掲載図の「大豆の剥皮方法及び装置」(特開
1999-266818)のようにすり鉢型にすることで、粉砕径(サイズ)を多様なバイオマス種に併せ、変更可能―
回転軸を、あるいはケーシリング位置を上下に移動させる―で
あると注目したところ、食品機器製造会社「ワ
イエスピー」という福岡のメーカが豆乳の小型自動製造装置(下写真)を販売している――従来の豆乳(ある
いは豆腐)製造時間を1/60に短縮でき、さらに、大豆の皮を剥離することで、剥皮除去することで大豆皮
に含まれる渋味(苦み)成分の混入を防いでいる。もっとも、剥皮は焙煎などすれば大豆ポリフェノールを有
効利用した大豆茶として商品化できるかもしれないが、粉砕機かかわる特許は出願されておらず?推測で上写
真の東京アトマイザー製造株式会社などの破砕機を組み込んでいるシステム化しているのではと推測した。以
上、高性能バイオマスボイラー設計の考察を終了する。

 

    ● 今夜の一曲

 

   時には哲の話をしようか
   通いなれたなじみのあの店
   マロニエの並木が窓辺に見えてた
   コーヒーを一杯で一日
   見えない明日をむやみにさがして
   誰もが希望をたくした
   揺れていた時代の熱い風にふかれて
   体中で瞬間を感じたそうだね

   道端で眠ったこともあったね
   どこにも将けないみんなで
   お金はなくてもなんとか生きてた
   貧しさが明日を運んだ
   小さな下宿屋にいく人もおしかけ
   朝まで騒いで眠った
   嵐のように毎日が燃えていた
   息がされるまで走ったそうだね

   一枚残った写真をごらんよ
   ひげづらの男は君だね
   どこにいるのか今ではわからない
   友達もいく人かいるけど
   あの日のすべてが空しいものだと
   それは誰にも言えない
   今でも同じように見果てぬ夢を描いて
   走りつづけているよねどこかで


                        
                                 『時には昔の話を
                                
                                  歌   加藤登紀子
                                  作詞  加藤登紀子
                                  作曲  加藤登紀子  

 

 

コメント

魚工場 漁網ロボット工学

2015年01月11日 | WE商品開発

 

 

● CES 2015をピックアップ Ⅱ

米ラスベガスで9日まで開かれた世界最大の家電見本市「国際家電ショー(CES)」で、身に着けられる「
ウェアラブル端末」をはじめ、柔軟な発想で生まれた新技術で注目を集めた(上図クリック)。それは、日
本のベンチャー企業「ログバー」(東京)の指先を動かすだけで家電を操作できる「指輪型ウェアラブル端
末」だ。スマートフォンと連携し、指で三角や四角などを描くだけで、照明のオン・オフやテレビの音量調
整などができ、「革新的なウェアラブル端末」として主催者から賞を受ける。



同社が2014年2月、インターネットを通じて小口の資金を募る仕組みを使い、わずか1日半で目標金額
の約25万
ドル(約3000万円)を集めたこともCESで話題になった。同じように日本のベンチャー企
業――スノーボードのブーツの留め具にセンサーを取り付けた端末で速度や両足の力のかかり方などを計測
し、
スマートフォンに表示した映像と数値で自分の滑りを分析できるシステムを開発した家電ベンチャー「
セレボ」(東京)。
仮想現実ゲーム体験ができるゴーグル型ディスプレーを開発した{フォーブ{(東京)
遠隔操作できるコミュニケーションロボットを発表した「オリィ研究所」――なども人気が集中したことが
報じられている。ここでもデジタル革命渦が弾けているというわだ。

  


 

 

 

【漁網ロボット工学】

● 好適環境水とは何か

好適環境水とは、魚類の代謝に最低限必要な物質を含んだ水このこと。魚の浸透圧調整に深く関わるナトリ
ムやカリウムを含む一部の電解質を特定(三種類)。わずかな濃度の電解質を真水に加えるだけで魚類の
代謝に最低限必要な物質を含む水「好適環境水」を岡山理科大学山本俊政准教授らの開発やナノ・マイクロ
バブル技術開発などの効果もあり、以来、内陸部の水族館や窯業じゃくなく、養魚(魚工場)が拡大普及し
ていく。内陸部に効く(=有利な)魚類は、体長が30センチメートル以下程度の非回遊性(あるいは回遊
性を矯正できる)で、今後とも新たな海水魚や貝類などの養殖・畜養は拡大していくだろう。数年後には、
植物工場の横で、魚工場が稼働している、と言う風なシーンは常識となるかも知れない。



昨年、魚介類の畜養・養殖で、近大マグロやウナギの人工ふ化・稚魚養殖など話題となったが、海洋部での
畜養・養殖工学は、地球環境や食糧資源乱獲の問題から大きく進展していくが、内陸部の魚工場のように多
くの課題は既に解決可能だとみている。海洋の場合は、大形の回遊魚だけでなく、貝類や蟹・海老などの甲
殻類だけでなく、海草類などの完全養殖・畜養事業が成長すると観られる。そこで、海洋部での水産業の成
長に欠かせないのが『漁網ロボット工学』だ。上図の自動ファスナや下図のような起電式自動洗浄籠網の機
能などを取り込んだ「自律型漁網ロボット」の出現で、イメージをいうと、このロボットが遠隔操作(テレ
メトリック)で目的地へ自律曳航→漁網同士が自動合体(トランスフォーメーション)→繋留固定(自動位
置是正機構作動)→水産種の放畜及び関連資材投入→自動畜養・養殖監視管理(食餌・浄化・保護)→自動
籠底浮上装置(例:エアーバッグ方式)→水産種の収穫→定期保全後投入するというイメージである。この
事業の成功可否は(1)初期投資に対する金融支援と(2)販路開拓である。これが成功すれば後は何とか
なる(例:水素ステーション整備と水素燃料電池車の普及)。

 

 

 

 

 

 

● 脱税天国日本 !?

こんなことをしているから、日本の保守的風土の土建体質がいつまでたっても批判されるのじゃなのい?!「国土堅
牢化構想」に関わる誇り高き真っ当な「土建屋」はこんなことによね?! 

 ● 今夜の一曲

● マッサンを鑑賞しながらウォーキング

NHK連続テレビ小説『マッサン』でヒロインの亀山エリー役を演じている米国人女優、シャーロット・ケ
イト・フォックスが昨日、大阪・今宮
戎神社で行われた「十日戎」の恒例行事「宝恵駕(ほえかご)行列」
に参加したことが話題となっている。この朝の放送の時間帯は、ルームランナーでウォーキングと重なって
いるのでボリュームを上げトレーニングメニューをこなしている。ただし、日曜は関口宏のサンデーモーニ
ングだが。ここは北の大地の妖精、中島みゆきのカバー曲『麦の唄』が気に入ったのでこれを聴いてみたが、
なかなかの味ある楽曲となっている。

コメント

スマート水素ステーション工学

2014年12月20日 | WE商品開発

 

 

  

【オールソーラーシステム完結論 34】 



● 世界展開!スマート水素ステーション

 

 

北九州市、岩谷産業、ホンダと共同で、ホンダの独自技術である高圧水電解システムを採用した、
パッケージ型「スマ
ート水素ステーション」を、北九州市エコタウンセンター内に設置し、15
日に開所式を行った。この装置の特徴は、ホンダ独自の、コンプレッサーが不要な高圧水電解シ
ステムを採用し、高圧水素タンクから充填ノズルまでの主要構成部位をパッケージ型に収納した
ものです。これにより、設置工事期間と設置面積の大幅な削減が可能となっている。また、北九
州市エコタウンセンターでは、敷地内の太陽光パネルで発電された電力を使い水素を製造してい
る。将来的には風力発電などの多様な再生可能エネルギーを積極的に取り入れた二酸化炭素排出
ゼロの水素製造も視野に入れている。  

現在、ホンダは燃料電池自動車「FCXクラリティ」を用い、「北九州スマートコミュニティ創
造事業」の共同実証実験で、燃料電池自動車から家庭への電力供給(V2H)※1や、蓄電池への継
ぎ足し充電(非常用V2L※2)を行っている。今後は、今回設置したスマート水素ステーションに
より製造過程の二酸化炭素排出ゼロの水素を供給し、エネルギーの地産地消を実現するV2H・非
常用V2Lの実証試験を進める。

※1 Vehicle to Home(ビークルトゥホーム)の略
※2 Vehicle to Load(ビークルトゥロード)の略

 
● 北九州スマートコミュニティ創造事業パンフレット

 

● 高圧水電解システムとは

               初代ソーラー水素ステーションの実証試験結果

ホンダは、当初、ソーラー水素ステーション(SHS1)を試作する。下図はその構成とエネルギー収
支を示している。
この水素ステーションを用いて、太陽光由来の水素製造の研究を進めてきたが、
コンプレッサの起動時の消消費電力割
合が大きいことに気づく。SHSI搭載のコンプレッサは、将
来の家庭用水素供給装置をにらんで小型
小流量タイプを採用。大流量コンプレッサに比較しフリ
クションロスが大きくなり効率の低下が生じる。また水素精製(除湿)用の吸着塔再生用ヒータの
費電力も大きく、効率低下を引き起こす。家庭サイズ再生可能水素ステーションに向けては、
らなる小型高効率の水素ステーションが必要であり、攻めどころを(1)水素の除湿と(2)
水素コンプレッサーのエネルギーを削減が重要であることを明確にした。

                         差圧式高圧水電解スタックの開発

先に示したSHS1の実証試験結果から、家庭設置可能な小型で型で、高効率の水素供給装置の実現
には『差圧式高圧水電解システム』の開発が有効だと考え開発を進める(下図の「差圧式高圧水
電解セル模式図」参照)。固体高分子膜(PEM)を用いた水電解セルは、純水を供給し、PE
Mに電圧を加え続ければ酸素と水素を発生し続ける。したがって、水素出口側に高圧タンクを設
置するとタンク内の圧力は徐々に上昇し続け、最終的には高圧水素を得ることができる一方、酸
素は大気圧にし制御することで、差圧式高圧水電解セルで、PEMを介して圧力差が生じる。P
EM間に電圧を加えると酸素極側で純水が酸素とプロトンH+になり、プロトンは対極へ移動し
水素となる。この現象は一般的な常圧水素電解と同じだが、プロトンが対極へと移動する際には、
水素の分圧差による起電力を加える必要がある。



常圧水電解の理論電解電圧(E1)とセル抵抗ωに加え、ガス濃淡電池に必要な水素濃度差電位を
印加することにより達成される。上式の第二項がネルンスト式の水素濃度差による起電力になる。


                        差圧式高圧水電解スタックの性能評価結果

差圧式高圧水電解スタックをもちいて水の電気分解をおこない、発生した水素の圧力を常圧から
35MPaまで昇圧したときに実測した消費エネルギー推移と上式から求めた計算値を下図に示しす。
水素圧力が常圧のときの全消費エネルギーは約4千Wh/Nm3であったが、そのうちのお44Wh/Nm3
が理論電解エネルギーであり、残りがセル抵抗である。なお、セル抵抗には、膜と電極聞や電極
と給電体間の接完封蹴ヰ模抵抗酸素極キ水素極の過電圧、オーム損がある。水素圧力が3MMPaの
ときの昇圧エネルギーは約200Wh/Nm3で、あり、ほぼ計算値と一致したが、圧力が低い領域
では、計算値よりも実測値の消費エネルギーの方が低い値を示した。これは圧力の上昇にともな
ってセル抵抗成分のうち、主に膜と電極間の接触抵抗の減少と膜厚変化による膜抵抗の減少によ
ると考える。

差圧式高圧水電解スタックにおける水素圧力35MPaで、の全消費エネルギーは4200Wh/Nm3
あり全消費エネ
ルギーに対して約84%の効率と、高圧水素発生装置としては省エネルギーなも
であるといえる。

 
このようにホンダの差圧式高圧水電解スタックを用いた場合の有利な特徴は、(1)水と電気だ
けを用い、その場で水素を製造でき、装置に55~60kWhの電力を与えると、水素を1キログラ
ム製造でき、使用する水の量は9キログラム。水素を外部からステーションに運び込んだり、都
市ガスを改質して水素を作り出す場合に比べて、設置場所を選びやすく、離島でも導入可能だと
いうことと、(2)世界初のステーション全体を1つ小規模パッケージ型(高圧水素タンクや充
填ノズルなど主要構成部位を全てパッケージ型に収納)にある。



● 水素を「水」から作り出す、四畳半のステーション



● 特開2014-105347 水電解システム及びその排水方法 本田技研工業株式会社

  ● 自律型浮体空港システムの再考

以上、ホンダのオールソーラーシステムの水素製造パッケージは、再エネ社会の扉をいち早く開
け放つものだ。その1つの形としてブログ掲載(『縄すてまじ!』2012.12.15)した「自律型浮
体空港システム」(上図)であり、沖縄の美しい海辺を埋め立てずにすむ、海洋都市システムへ
にもつながる、新しい防衛システムの提案であった。さあ、古い上着を脱ぎ捨て、地球温暖化問
題を解決し、新しい世界を切り拓こう。



コメント

プラズマクラスター工学

2014年09月20日 | WE商品開発

 

  
● プラズマクラスター技術 喘息患者の気道炎症レベルが低減

わけあり(2つの理由で)、ここ2週間自室のソファーで寝ているが、今朝3時目が覚め、部屋にある
シャープの「プラズマクラスター」のきれいモニターが真っ赤に発光していることに気づく。理由は、
体臭、缶ビールからの蒸発拡散物、その他・・・?。とりあえず、「プラズマクラスターシャワー」モ
ードで様子を見ること、十数分経て正常状態のグリーンを発光したことを確認し再び寝たが、朝、ネッ
ト記事を閲覧していると、シャープが19日、臨床研究で、軽症と中症の小児アトピー型ぜんそく患者の
気道炎症を低減すると発表。これは、東大医学部付属病院臨床研究支援センターへ委託した臨床研究で。
ぜんそく持ちの子供の呼吸機能が改善する可能性を示唆。同研究は6~15才の小児アトピー型ぜんそく
患者130人を対象に同研究用に作ったイオン発生量が市販品より4倍多い専用機を各家庭に設置。気道
炎症レベルを示す指標の改善を確認できたとし、同社は今後も臨床研究も含む効果実証で、同技術の付
加価値を高めていくことを公表していた。

● 気道炎症レベルを表す指標の一つの呼気中一酸化窒素濃度で評価:FeNO値

この臨床研究は、小児アトピー型の軽症、および中症の喘息患者 130人を対象とし、自宅の寝室、居間
子供部屋の内、被験者の滞在時間が長い22つの部屋にイオン濃度約100,000個/cm3の臨床研究専用イオ
ン発生装置を設置、個人ランダム化クロスオーバー二重盲検比較法(下図参照)にて前期後期各8週間
の観察を実施。
今回、臨床研究では、小児アトピー型喘息の気道炎症レベルが低減し、プラズマクラス
ター技術が実生
活環境でヒトの健康に対して貢献することがわかったいう。同社はこれまでに、喘息の
主要抗原のひと
つであるダニアレルゲンに対して、プラズマクラスターイオンによるダニの死がい・糞
に含まれる浮遊ダニアレルゲンの抑制効果を実証、またダニアレルゲン抑制メカニズムの解明も行って
いる。


 

数年前、プラズマクラスタの医療学的生理効果につては半信半疑?な側面も否定切れず購入したものの、現在
はなくてはならないものになっている。臨床学的、あるいは疫学的な知財蓄積により、今後もバージョンアップし
た関連装置が日本から世界展開していくだろ。

 

● 流量センサ工学 水道メーターのスマート化 

小さなバーバーポール』 (2014.07.11)で掲載した、電力量計のスマート化の技術展望は電力収支
バランス管理システムは電力であったが、ふと、それじゃ水道(上下水道)やガスではづなんだという
疑問が湧いたので早速、ネゥト検索考察する、基本的には両者ともセンサの種類や計測原理は同じと考
えられる。今回は水道メーターに限定した。ここで、従来からの流量メーターの種類は(1)流速式と
(2)容量式と(3)(1)と(2)の組み合わせ式に分けられ、これまでの水道メーターは(1)が
99%と占めていた、なかでも羽根車式で電磁式やベンチュリー菅分流式は採用されずにきた。工業用に
は圧倒的に電磁式(磁気抵抗素子)方式が採用されている(下図参照)。

 

尚、上図新規考案は、直読式水道メーターのリットル針11の指針に磁石10を装着し、リットル針11の上
方に磁気センサ手段12を配置し回転を検出する。その際、磁気センサ手段12
を2個の磁気センサ12a、
12
bで構成し、その検出出力が90°の位相差となるようにし、この位相差からリットル針11の回転方向
が検出でき、回転方向に基づき計量値の加減算を行えば、メーター指示と一致きる。さらに、磁気検出
により、汚れや経年変化による検出精度の低下を防止することで、長期間に亘って安定してデジタルデ
ータに変換させる新規考案である。

また、参考までに気体の流量を正確に測定することのできる超音波流量計および超音波流量計用の超音
波吸収体を記載する。なお、前述した、超音波式ドップラ流量計は、従来の機械-電磁(電子)式と比
べ、コンパ
クト化が図れスマート化できると考えられている方式である。

 



以上、電力量計につづき、上下水、ガスの積算流量計のデジタル化、コンパクト化によるスマートグリ
ッドシステムの要素技術を俯瞰することとなった。尚、最下図に参考に、漏洩検知装置及び漏洩検知方
法――検知部6と、減衰器1とを有し、検知部6は、流体5が流れる配管2に設置し、第1の方向(z
方向)の振動を検知。なお、その他の方向を検知してもよく、減衰器1は、配管2に設置され、第1の
方向(z方向)と異なる方向の振動の中の少なくとも一部を減衰し、検知部6は減衰器1で減衰した後
の振動を検知して、外来振動の影響を抑制し、漏洩検査の精度を高めることで、上下水道、ガス配管網
の保全の品質を高め合わせて安全、安心を担保することができる――技術の新規提案例を記載しておく。
 

● ソニーのグローバル戦略は裏目に

かつて日本の製造業が高い競争力を持っていた時代、電機メーカー各社は、圧倒的な魅力を持つ大ヒッ
ト商品を打ち出せた成功体験は、高い利益率を狙うグローバル戦略を採用し邁進してきた。ソニーの代
表的な製品であるウォークマンやトリニトロンはその典型的な例だろう。そして、現在の日本メーカー
は、このような経営戦略の幻想が地に着かないことが明白にされている。それならば、出来るところか
らコツコツ利益を積み上げる以外にない、そんな中、プラズマディスプレイに社運をかけた"自惚れ路
線?
から脱したパナソニックは3期ぶりの黒字転換している。また、電機の半菅半民の日立は、情報
システム、建機、重電などを傘下に抱えながら、真っ先に業績回復を実現している。
このようなリソー
ス分散手法の経営が、グローバルスタンダードに勝ることも体験しているわけで、ソニーが
今後、業績
の回復には、部門ごとにコスト削減を徹底し、小さな利益を積み上げていくことしかない。かつての成
功体験と失敗から早く抜け出し、身の丈に合った経営を行うしかないだろうという見方が、正解のよう
に思える。

 

 

コメント

今夜の3つのテーマ

2014年08月29日 | WE商品開発

 

  

【発光ダイオードランタンと提灯】

発光ダイオードの普及で、提灯ランタンや一新している。それも、ソーラーセルと一体型がほとんどとなっている。 
空気を入れ風船を膨らますソーラーランタン(円筒形・球形・キューブ形など)が相次ぎ商品化させてきた。その
なかでも、エムパワード LEDソーラーランタンは、超軽量 百グラムと 、ビーチボールのように空気で
膨らませて使い、折りたためば2.2センチ。 かさばらずアウトドア用のコンパクトなデザインとなっ
ている。小型の洋風ちょうちんとして普段使いもでき、ソーラーパワーの輝きは、エコで安全、スタイ
リッシュである。 今年年夏、エムパワードに新しいラインナップが投入された。名前は、エムパワー
ド ラックス。艶消しの質感と暖色LEDが特徴。本体のマットな光沢素材が反射を抑えてひかりをやさし
く拡散させる。使い勝手は従来のクリアタイプ(エムパワード オリジナル)と同じで、どこでも簡単に
置けすぐに使える。また、新しいタイプの LED キャンドルは 火も電源も要らない。重ねて使えばパー
ティータイム。テーブルをムーディーに演出する。 ソーラーパワーで電気代の節約をしながらくつろ
ぎの雰囲気で優しく夜を照らし、火を使わず、落としても割れず、邪魔なケーブルもない。コンパクト
なデザインは安心便利な停電時の明かりとして活躍する。 充電は晴れた日に日光に当てるだけ。直射
日光8時間でフル充電。 繰り返し使えるリチウムイオンバッテリー充電式。6~8時間連続点灯する
というが、惜しむらくは、12時間超の連続点灯タイプが欲しいところだ。  

 




【ボールフードこと新的小籠包】

羊毛のようなパジャマ』(2014.01.13)で、”たこ焼き様フードボール”の開発に触れたことがあっ
たが、小籠包(しょうろんぽう、上海語: ショーロンポー、普通話: シァオロンパオ、ピン音:xiǎol-
ongbao)やその上位概念の包子(パオズ、bāozi)あるいはさらに上位概念の”点心”とオーバーラップ
していところがあることに気付き、それじゃ、スープ用ゼラチン(低分画数→低温加熱で溶解)の挿入
や焼き入れや揚げ工程を加え瞬間冷凍→包装→出荷すれば、最終消費者は電子レンジでチン(グリル不
要)するだけで美味しく頂けることができる。


 

【オールソーラーシステム完結論 14】

させ、今夜は最新の新規考案の事例を掲載しよう。1つめは、 シャープから(下図クリック@参照)。
ヘテロ接合
型バックコンタクトセルは、下記のように、半導体基板の一方の表面上にn型/p型の双方
の積層構造形成には、
その製造過程において複雑なパターン形成を行なう必要があり、現在このような
パターン形成には、多くの場合、
リフトオフ法を適用されているが、この方法では、(1)微細なパタ
ーン形成に有用な方法ではあるが、(2)マスク
層が上層に覆われた状態で、剥離液を下層であるマス
ク層に浸透させる必要があるため、(3)加工速度に一定
の限界があり、(4)剥離液が十分浸透して
いない状態でマスク層の剥離を行なうと、上層が引きちぎられバリが
発生などの不都合が生じる。(6)
とりわけヘテロ接合型バックコンタクトセルにおいては、上層として、たとえばi型の非晶質膜とp型
の非晶質膜とからなる積層膜が形成される場合があり、剥離液の浸透に伴う加工時間の長さが生産効率
に及ぼす影響は大きく、延いては製造コストを高くする。



このため、光電変換素子は、第1導電型の半導体基板と、この基板の一方の表面上に設けた第1導電型
の第1の非晶質膜と、この表面上に第1の非晶質膜から独立し設け第2導電型の第2の非晶質膜と、を
構成し、第2の非晶質膜は、非晶質領域と結晶質領域とを含み、結晶質領域は、誘起電流測定での出力
電流の値が非晶質領域よりも大きい領域にすることで、(1)安価に製造でき、(2)高い変換効率を
備える光電変換素子の構成特許を提供している。

2つめは、入射光がパネル表面からバックパネルまで光を入射させるために、最表面部に近い量子ドッ
ト形状を小さくするし光吸収効率を高める構造設計としている、また、太陽電池を構成する各量子ドッ
ト層5における量子ドット5aを下記の単位で表される密度で表すと、1×1011~1×1023個/cm2
であることが望ましく、この中で、光入射側に配置された量子ドット層5の密度が1×1011
個/cmに近いことがより望ましく、さらに、小さい量子ドットの直径(D)は平均粒子形の40%以
下である。

 
3つめは、積水化学工業のもので、太陽光発電システム10は、シリコンPV1sと、薄膜PV1fと、
パワーコンディショナー2と
、系統連係保護部3で構成され、パワーコンディショナー2は、DC/D
Cコンバータ4とDC/ACインバー
タ5と制御部6とを備える。制御部6は、薄膜PV1fの出力電
圧が予め設定された起動可能電圧以上になると
DC/DCコンバータ4およびDC/ACインバータ5
を起動させ、薄膜PV1fの出力電圧が前記起動可能電圧を下回るとDC/DCコンバータ4およびD
C/AC
インバータ5の起動を停止させることで、効率的に発電可能な太陽光発電システムを実現させ
る提案である(上図クリック@参照)。

さらに、4つめは株式会社ホットプランである。これは、(1)太陽光発電装置2による電圧Vmを検
知して、(2)発電電力の発生と同時に蓄電池7へ蓄電し、蓄電池7から負荷給電部6へ放電を行う。
(3)蓄電池7から負荷給電部6への放電は、放電限界値まで行う。(4)蓄電池7へ蓄電は、満充電
を検知して自動停止する。(5)停電時には、太陽光発電装置2の発電電力を負荷給電部6へ供給し、
停電を回避するという機序ルールで、太陽光発電装置による自家発電電力の利用効率を向上して、商用
電力の使用を低減する電力供給装置の提案されている(下図クリック@参照)。



以上、4つの新規考案を掲載したが、実績や発明の内容が改良想定の提案であり、先回ほどのインパクトのある
ものではなかったが、今後も時宜をえて最新情報を本シリーズ考察していく。 

   朱雀門にデジタル掛け軸-平城宮跡がきらびやかに

 

コメント