極東極楽 ごくとうごくらく

豊饒なセカンドライフを求め大還暦までの旅日記

猫柳と世界恐慌下の国家

2009年01月28日 | 時事書評


如月に芽吹くほどの日差しなき 庵のきみと待つ猫柳 

eXTReMe Tracker

百年に一度の津波(大不況)だが、定年前の半導体・電子精密機器製
造装置メーカの職場経験でいえば00~06年間の活況は前例がない。
同僚や後輩または協力企業の仲間には「二度と経験出来ない活況」だ
といっていたほどだから、この米国発金融危機がなかったとしても景気
後退局面。住宅資本主義・金融弛緩合併型バブルが弾けることが予見
出来ていただけに事態は深刻だ(成長産業の不況というパラドックスを
理解できるエコノミストは皆無)。







Jim Rogers

 米国の投資家ジム・ロジャーズは1月21日「もう英ポンドは終わりだ。
ポンド建て資産は、すぐに全て売った方が良い。ポンドを支えてきた北
海油田とロンドンの金融界だったが、今やそれすらも枯渇し、もはや
英国は売るものが何もない」と言うほどで、EU、中国、中近東等の情
勢も楽観が許されないほどの「恐慌前夜」を呈している。彼はまた、昨
年10月に「米国長期国債が‘最後のバブル’になり、金融市場は将来
を先見し、市場は為替の混乱や高インフレ、高金利、恐らく貿易戦争
を予想しているのだろう。こうした予想に基づいて市場は下降している
のである。そのほかの理由で下落しているのではない」 とも発言して
いる。



断念ながら、この手合いの世界経済の臨床外科医の見識(国内で言
うと長谷川慶太郎ら)は皮相的であり得ても、実体的で本質的な切開
とは関わりがない。1%の富裕層がGDP20%の富を独占する時に
1929年に恐慌が起きた様に、所得格差(富の偏在)を源泉として情
報と金融の歪みが、バブルとモラルハザードを伴い当該或いは関係
地域諸国乃至は世界的に政治経済を不安定化させ、すさまじいデフ
レーションや信用収縮という政治経済活動のCPA(cardio pulmonary
arrest
)、即ち、心肺停止状態期に入ったとするのがわかりのいい見
識であろう。それでは、その応急処置や処方箋となると当該政府(国
家共同体)により異なるが、週刊エコノミストの今年度2月3日号『日
本経済処方箋-ケインズ政策は有効か』
からアプローチしてみる。


寒中に淡い日差しを受けて光り 冬枯れの野に立つねこやなぎ

「神の木」と大切にされてきた青銭柳



①さらば新自由主義⇒先ず、君子豹変した中谷巌は、「霞ヶ関」
の中央官庁を一気に3分の1程度に縮小し、生活関連行政サービ
スはすべて地方に任せるようにすることと「貧困大国」化した日
本社会を立て直すために「還付金付き消費税増税」を含む税制改
革と所得再配分。②構造改革継続⇒小泉純一郎の懐刀の竹中平蔵
は埋蔵金の活用を含め緊縮財政から増税転換で「日本の成長力」
を高める経済政策。③脱米国依存⇒原田泰(ゆたか)は中古住宅
売買できる環境整備で内需型経済への脱皮を。④財政支出の是正
⇒伊藤隆敏は農業・環境・医療・環境の成長分野に限定した財政
出動を提案。⑤企業の流動性不安解消⇒田中直樹は中央銀行の資
金注入と「民間」への成長支援(例、
COW:coalition of the willing
と財政再建の組み合わせを。⑥借金拒絶症の克服⇒リチャード・
クーは金融政策は効果がなく政府による資金支出。⑦将来不安の
解消⇒神野直彦は失業者を再生訓練して産業構造の転換に結びつ
ける新しい能力開発型社会保障
workfareを。⑧5つの提案⇒
橘木俊詔は同一労働・同一賃金の条件でワークシェアリングの導入
(柔軟な運営には横断的な労働者同士の意志決定⇒政治介入排除
の原則)。⑨最後に、ほどほどに稼ぐ社会⇒森永卓郎は新しいパ
ラダイムを江戸時代に求めて新鎖国政策を提案している。

R0015473w.jpg


【O/L】ワークウェアとはなにか

比嘉宗平『ワークフェア政策の射程』
小林勇人『初期ワークフェア構想の帰結』
神野直彦『日本経済新聞教室 自然災害と日本 下』

  大地の上を歩く人間の生活は本来、分散的に散在する。ところ
  が、「ケインズ的福祉国家」のもとで、生産機能が中枢管理機
  能を頂点にしてピラミッド状に空間配置されてしまうと、生産機
  能が生活機能の「磁場」となり、生活機能もピラミッド状に集中
  する。市場経済のグローバル化とともに「ケインズ的福祉国家」
  が行き詰まると、新自由主義を背景にした集権的地方主義(
  Central localism)の立場から、集権的な意思決定に基づく、多
  極分散型の国土づくりが叫ばれる。だが、こうした集権的地方
  主義は、公的意思決定の多極分散化なしには「ケインズ的福
  祉国家」を克服できず、安全面でももろいことを見忘れている。
  一方、情報・知識産業を軸とする産業構造への転換を前提とし
  た「シュンペーター的ワークフェア国家」では、情報や知識を発
  信できる人間を集めることが重要となる。教育・研究などの人
  的投資とともに、生活の安全や高次の快適性を満たす生活機
  能支援サービスが、供給サイドの生産機能支援サービスにも
  なる。そうした公共サービスを、地方政府が主体的に供給する
  ことになる。(↓)


朝に来てテーブルに見るねこやなぎ  何を思おてつぼみ膨らむ




  (→)つまり、「ケインズ的福祉国家」では、集中化する生産機能
  が生活機能の「磁場」になったのに対して、「シュンペーター的ワ
  ークフェア国家」では、安全面も考慮して多極分散する生活機能
  が、生産機能の「磁場」となる。こうした「シュンペーター的ワーク
  フェア国家」は公的な意思決定の多極分散なしには実現しえな
  い。多極分散は、地域経済の多極分散的な発展を可能にするだ
  けではないのである。「危機」の「危」は「あやうい」を意味し、「機」
  とは「変化の可能性」を意味する。天災など予知しがたい「危機」
  の可能性に対応するためにも、公的意思決定の多極分散が、
  今こそ必要になっている。

            神野直彦『日本経済新聞教室 自然災害と日本 下』

 
ねこやなぎ 花見山2月末.jpg

解答】概ね、この九つの提言に集約可能と判断。個別に加筆する
と①の第一課題は中央官僚との戦いとなるので現政府では不可。寧
ろ第二の消費税は、‘底抜け状態’から‘未来志向’に脱するため
の大前提。増額幅の多寡は二義的で『三年後実施』を明確化。②は
①の第一課題の実施計画とするが、成長力を高めるための社会保障
制度の充実(ナショナル・ミニマムの拡大・引き上げ)と併行に法
人・事業税の引下げ(ナショナル・マキシマムとして20%以下に
引下げ)。③は住宅を未来共有社会型住宅整備(要ナショナル・ミ
ディアムの定義)とする。④は②と重複するので要調整。⑤は成長
産業育成実行計画とする、⑥単独政策として発効させないこと。⑦
新しい創造的社会保障の調査研究後、即実行課題とする。⑧は現行
組織で実行部隊を編成。⑨は①と重複調整し、対外的には贈与経済
を充
実し、敵対的貿易を抑制することとする。ざっと、整理すると
この様になるが、要は(1)
成長戦略と(2)安定戦略の包括推進が前提。
どちらかを欠いた片翼政策は認められないということに尽きる。





逢えぬまま 想いふくらむ ねこやなぎ 耐えて芽をふく 如月の頃.  三太夫


ネコヤナギ(猫柳、学名:Salix gracilistyla)はヤナギ科ヤナギ属の落
葉低木。山間部の渓流から町中の小川まで、広く川辺に自生する、
ヤナギの一種である。学名の語源は、水辺に多いのでケルト語のsal
(近い)+lis(水)や、成長が早いのでラテン語の salire(跳ぶ)に
由来など多数の説がある。別名: かわやなぎ(川柳)、えのころ
やなぎ(狗尾柳)英名:Willow、原産地:北東アジア、花期:3~
4月、花言葉は「自由」「親切」。早春に川辺で穂の出る姿は美し
いものである。他のヤナギ類の開花よりも一足早く花を咲かせるこ
とから、春の訪れを告げる植物とみなされる。他のヤナギ類よりも
水際に生育し、株元は水に浸かるところに育つ。根本からも枝を出
し、水に浸ったところからは根を下ろして株が増える。葉は細い楕
円形でつやがない。初夏には綿毛につつまれた種子を飛ばす。「ネ
コヤナギ」の和名はこれをネコの尾に見立てたことによる。花穂は
生け花にもよく用いられる。ネコヤナギの樹液もカブトムシやクワ
ガタムシ、カナブン、スズメバチの好物である。老々介護に派遣切
り、大不況の波は我が家も例外でない。もうすぐ2月だというのに
家の中は暗い。せめて猫柳の芽吹く瞬間を持ち望む気持ちを歌に託
した。





【付録】驚くべき柳の薬理作用

日本でお茶として飲まれているヤナギは、キヌヤナ ギ(桃山時代に
朝鮮から伝来・京都に特に多い)とネコヤナギ。若葉を茶として使
用。風邪の予防にヤナギのお茶が飲まれます。和歌山県の有田地方
では、カワヤナギの新芽をお茶にしています。岡山県赤磐市山陽町
でも、同一の慣習が伝承されてる。風邪をひいたときに柳の皮を煎
じて飲むと即効きます。柳のお茶を始終飲んでいると風邪をひかな
い。市販されているヤナギのお茶は1種類のみ。「糖尿病茶」として
販売、㈱神茶園(広島県福山市、電話0849-45-8245)の「青銭神茶」
は、「中国揚子江流域の人々が飲む青銭柳を主原料」。パンフには、
「中国揚子江流域の人々が飲む青銭柳を主原料」と書かれている。
青銭柳の葉の形状はアカメヤナギに似ている。青銭柳の原産地は中
国一の長寿村。青銭柳茶の主原料「青銭柳」は中国の江西省、修水
県一帯で収穫されている。中国でもこの地の揚子江流域の山岳部し
か見られない。この青銭柳は柳の一種。落葉樹で、成長すると高さ
は、25m以上になる。葉は、長さ4cm~12cm、幅は2cm~5cm。形
状が昔の中国の細長い銅銭に似ていることからこのような名前がつ
いたといわれる。6月から7月にかけて村人たちによってこの木の若
葉が収穫される。この地域一帯では、古くからこの葉を煎じてお茶
として飲用。近年このお茶が世界の注目を浴びるようになった。

中国・長寿村に伝わる神秘のお茶

1990年江西省、修水県(人口73万人)の平均寿命が73歳と中国国内平
均よりかなり高く、しかも90歳以上の人口比率も中国国内で最も高
いことなどが注目された。平均寿命は日本と比較すると低いが、乳
幼児の死亡率が日本より高いので、成人の健康だけを比較すると特
筆すべき点がいくつもある。しかも糖尿病の発生率も中国全土で最
も低く、10万人分の6人で、日本の発生率、10万人分の570人と比較
しても100分の1の発生率。合わせて、高血圧、肥満の人はほとんど
みられず、村人たちのほとんどの方がスリム。近年になり中国は国
家をあげて、
この医学的解明に取り組み始め、その主な原因を青銭
柳にあると認めた。青銭柳茶の効果の原因はその主成分である青銭
柳の表皮、葉に含まれているアスピリンの成分であるサリシンによ
るもので、サリシンは柳の葉から抽出して作られた薬だ。

  MW = 286.281 g/mol = C13H18O7  
執筆の途中です※サリシン (Salicin) は、D-グルコースを含むアルコール性
のβ-グリコシドである。サリチルアルコールをアグリコンとする。サリ
シンはすべてのヤナギの樹皮で産生する非炎症性のグリコシドであ
る。サリシンは、アスピリンと化学的に大きな関係を持っており、人体
においては鎮痛剤としてとてもよく似た効果を与える。服用するとサリ
チル酸に分解されるが、服用時にはキニーネのような苦味を感じる。

 






 




 

 

コメント

三角草と大一大万大吉

2009年01月27日 | 近江歴史回廊


体調の翳りを押して買い物に 雪割りの草よ三角の花よ


琵琶湖大藪付近・多景島夕景


 
@多景島

今年も四番町スクエアの割烹『楽座』で、彦根市民の飲み水を守る
会の新年会を行った。約30年続いてきたのだが、合併浄化槽の放
流口の下水接続の可否に関する質疑が国会で成された程度で、倶体
的な活動はなく、会員の近況報告程度だ(※滋賀県では昭和45年
に建設省が作成した「琵琶湖周辺下水道基本計画策定のための調査
報告書」を基にして、昭和46年度に「琵琶湖周辺流域下水道基本
計画」を策定し、閉鎖性水域の水質保全、富栄養化防止の観点から、
「湖南中部」、「湖西」、「
東北部」、「高島」の4処理区からなる
琵琶湖流域下水道および流域関連公共下水道と、大津市単独公共下
水道を主体とした下水道整備を推進。



この計画には①過剰推定人口等の事業規模の最適化、②生活排水と
非家庭系産業廃水の合同処理、③最終処理水の集中放流リスクの3
点から反対してきたが、このうち①に関して2条管方式の採用、つ
まり負荷量に合わせて2段階に幹線配水管の敷設へと計画変更した。
生活を抱え地域住民の生命と安全を守る戦いは、個人の努力だけで
は如何ともしがたく、県内の尊い住民(=戦友)の犠牲により勝ち
取るものであることを身をもって知った。いま、それを知る者たち
も高齢化が進み、例えば歴代の岡本巌、鈴木紀夫滋賀大学々長のよ
うにひとり、またひとりと去っていく現実に立ち会っている昨今で
ある。残された者には、またこの運動体をやめるわけにもいかず(
終末処理水の緩慢な影響が心配される)、会の運営や名称を変えて
いこうと思い相談したが結局のところ先送りとなった。


出典:写真集「湖辺-生命の水系」より

※今森光彦ワールド


@佐和山城址

筑摩江や芦間に灯すかがり火とともに消えゆく我が身なりけり  石田三成



近くのジムで泳ぎながら会の運営に迷ったが、「水辺」と「彦根」
「住人」の三位一体(
Trinuty)
として(?)、「彦根の水辺を守る
会」(仮称)に決めたのでこれで了承してもらおうと思う。これを
英語で
‘Hikone Citizen's  Credence Clearwater Revival’と呼んでやろう。
アメリカのロック・バンド
‘Creedence Clearwater Revival’をもじった
ことなどバレバレですね。 序でに
『三位一体モデル』(宗教学者
中沢新一
の良き解説者(桃知敏夫)
?によればキリスト教のトポロ
ジーとして父-子-聖霊の関係を示すだけなら問題はないだろうが
『三つの円を書くと、何でもわかる!「三位一体」の思考モデルは、
理解のためのメガネ。』(糸井重里による前書きの標題)というで
あるなら、これだけでは誤解を招くだろうと疑問を呈している。
中沢新一についてはまた別の機会で論考してみたい。

Creedence Clearwater Revival: Lodi Creedence Clearwater Revival

※「象徴の貧困」(ベルナール・スティグレール)ISBN-10-4794806914



‘三成に過ぎたるもの二つあり、島の左近と佐和山の城’

ところで、江戸時代には石田三成は悪人と見なされたが、明治に
入ってもなお奸臣説が強く、秀次を讒訴したとか、秀吉自身は秀
頼を家康に託すよう遺言したのに三成がそれに背き、天下を狙っ
て家康と戦ったと説かれていた。三成の再評価を志した三井の朝
吹英二は三成の墳墓発掘などを行ったほか、歴史家・渡辺世祐に
依頼し、渡辺は三上参次と協力して明治40年に『稿本石田三成』
を上梓、三成奸臣説に論駁している。現在では実証的な評論が行
われ、正確な三成像を描く模索が続いている。

そして、佐和山城の築城は鎌倉時代の豪族・佐保氏とされ、戦国
時代には浅井氏の支城となり、元亀年間には浅井氏の家来である
城主磯野員昌が織田信長らと激戦を繰り広げた。しかし1571年
(元亀2年)2月に磯野は降伏し、代わって織田氏配下の丹羽長
秀が入城し犬上郡支配の拠点とした。1582年(天正10年)6月の
本能寺の変の後に行われた清洲会議では、明智討伐に功があった
堀秀政に与えられ、その後、堀家の転封にともない堀尾吉晴が入
城した。さらに、1590年(天正18年、ただし入府時期には異説あ
り)には五奉行の一人の石田三成が入城した。三成は大規模な改
修工事を行い、山頂に五層(三層説あり)の天守が高くそびえた
つほどの城を築く。但し、奉行の任を全うするために伏見に滞在
することが多く、実際に城を任されていたのは父の正継であった。
信長自身の近江の本拠地としても使用されたことからも佐和山城
が重要視されていたかわかる。

その佐和山城址の西側面した東海道本線との間に東北部流域下水
道の終末処理場があり今も拡張工事が進められている。淡海の自
然環境保護の最前線で亡くなられ方々のご冥福を改めてお祈りし
たい(合掌)。

 

ところで家紋の『大一大万大吉』の意味は「一人が万民の為に、
万民が一人の為に、さすれば世に幸福が訪れる」であり、‘One for all,
All for one.’
と同義とされる。このように彦根周辺は自然及び歴史
環境に優れた土地柄であり、小谷-長浜-佐和山-彦根-観音寺-
安土と鎌倉-戦国-江戸の時空を包括し、琵琶湖岸の水辺の自然環
境と中沢新一著の『古代から来た未来人 折口信夫』に内包された
宗教観或いは文化歴史環境の媒体(メディア)をパッケージにして
世界文化遺産として提案してみてはいかがなものかと思える(前述
した会合の出席者からは、もう少し大きくした‘マザー・レイク-
ファザー・フォレスト’を包括する案もあるが)。


京都大徳寺三玄院の墓



ミスミソウ(三角草)・スハマソウ(州浜草)・ユキワリソウ(雪
割草)はキンポゲ科ミスミソウ属。早春の花として、よく知られて
いる。「ミスミソウ」という名前より、「雪割り草」の名前のほう
が馴染みがある。「雪を割って出てくる」、名実ともに「春のこと
ぶれ」のような花。自然界にあっても、花色は豊富であるが、江戸
時代から愛好され、園芸種も多い。葉の形から「ミスミソウ」と「
スハマソウ」と区別されるが、同種である。三角草と洲花草がよく
知られる。 英語で 「Liver leaf(肝臓の葉)」とも呼ばれる。花言
葉は「信頼」。急な風邪で体調が悪いのに買い物にでかける小さく
とも、美しくも強い花である。

コメント

金盞花と天守の三島由紀夫

2009年01月24日 | 近江歴史回廊


世の中も母の世話も大変よ 金盞花乗せきみの声消ゆ


  奥嵯峨夕暮れ 井堂雅夫画
 

  先日は遠いところまで、それ又、寒い中をわざわざお越し下さっ
  て、有り難う御座いました。雄琴温泉は如何でしたか。子供の頃、
  それはまだ戦時中でしたが、体がスベスベして気持ちの良いお
  風呂だったことを思い起こしております。金閣寺は京都に戻った
  中学校2年生。衣笠学校裏に在りました。焼けた後で池の鯉だ
  けでしたが、これ又、懐かしい風景です。お元気に。

先日お邪魔した礼状に対する恩師の九窪晴彦の返状が届いた。金閣
寺に触れたのは葉書の印刷された井堂雅夫の画による。金閣寺放火
事件とは、1950年7月2日未明に、京都市北区金閣寺町にある鹿苑寺
(通称・金閣寺)において発生した放火事件である。幸い人的被害はな
かったが、国宝の舎利殿(金閣)が全焼し、創建者である室町幕府3代
将軍、足利義満の木像(当時国宝)、観音菩薩像、阿弥陀如来像、仏
教経巻などの文化財6点も灰燼に帰した。この事件を題材にした小説
家は三島由起夫と水上勉がいる。

 現在の金閣寺

 焼失する前の金閣



 濃緑の空に踊れし銀鱗の糸に手繰られ吾も釣り人

犬上川の青柳大橋を車で渡っていると、思わず小鮎釣を見入ってしまった。
事故にならなかったのは平日は交通量が少ないから。県立大学と荒神山
周辺はヨーロッパの田園都市を思わせる風情がある。終の棲家にするには
絶好の場所と思うが、そのためには沢山城址周辺の古沢町の東部地区の
開発は最優先課題だと思う。


   房江は目を閉じて、若い荒々しい力があの古い工場を片端から
   叩き壊してゆく新鮮な響きをきいた。それはもしかすると、彼女
   が望んできたお祭りだった。                                    
                        『絹と明察』/三島由紀夫

ところで、三島由紀夫はこの彦根にも取材に訪れている。昭和29年の近
江絹絲の人権争議を材題にした小説『絹と明察』だ。近江絹糸の従業員ら
は労働組合を結成。5700人がストに賛同、ワンマン社長として知られた夏
川嘉久次がアメリカ外遊中の出来事だった。近江絹糸は資本金10億円、
設備台数50万錘、従業員1万3000人という大会社。自社で経営している近
江高校の学生を工員のようにこき使ったり、深夜専門の“ふくろう労働者”
を使ったりなど労働基準法破りの常習者。解決までに自殺者3人、自殺未
遂者4人、発狂者8人、負傷者400人以上を出す大争議。夏川社長は昭和
30年6月に会長に退いている。

  彦根城空中撮影

モデルとなった元県会議員の朝倉克巳も面識があるが、『絹と明察』は、日
本的経営の崩壊を暗示しておわる記念碑的な作品。ハイデッガーの「実存」
は、「つまり、実存は、自己から外へと漂い出して、世界へひらかれて現実化
され、そこの根源的時間性と一体化するのである」。「行動はただの行動で、
それを強かに味わい直してたのしむには思想が要った」、その「思想」が、ヘ
ルダーリンの「憧憬」で、『絹と明察』は近江絹絲で起こった一大争議を描き、
そこに三島の思いを同化させ展開させたとされる。




『絹と明察』は昭和39年10月に完結し、その翌年から三島が「新潮」で連
載にとりくんだのが『豊饒の海』。三島が總決算に立ち向かうため、作家の
決着として自決するのは昭和45年の45歳。一方では自衛隊に体験入隊
して「楯の会」を結成し、随筆スタイルでは『英霊の声』『太陽と鉄』『文化
防衛論』などを書いたが。三島の「日本及び日本人」と「父と子の問題」の
探求は、この小説で完成し自決の起点となった。彦根は、琵琶湖に接して
いる。小説の駒沢にとっての琵琶湖は「日本的風雅」の本拠地として設定し、
駒沢の破滅を画策する岡野にとっての琵琶湖は、ヘルダーリンの「帰郷」と
いう詩に歌われているような、「西欧的澄明」の象徴に設定した。

    遠くひろがる湖面には
                             帆影に起る喜悦の波
                             払暁の町はかなたに
                             今花ひらき明るみかける
            
                           ヘルダーリン『帰郷』

昭和45年11月25日、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯所内で総監室を森田必勝ら
楯の会メンバー4名とともに訪れ、隙を突いて益田兼利総監を人質に取り
籠城。バルコニーから檄文を撒き、自衛隊の決起・クーデターを促す演説
をした後、割腹自殺。 

 Check here


何故割腹までに至るのかという疑問-‘乾いたニヒリズム’と日本浪漫主
義(甘美な「いっしょに死のう」という囁き)の絡みの一部は、寺山修司や飯
島愛などの生死と共通し、芹沢俊介の『子殺し』で解けるように思える。



百年に一度の大不況だ。首切り、工場閉鎖、倒産の暗いニュースが続く中、
‘英米被れ’の軽薄な知力(横文字の縦変換)が招いた結果であるといって
もしかたがない、前に向かって歩み出すしかないと、仏花の金盞花を車に乗
せ家内が親父の墓のある
宗安寺へ走り出す-女性は強しだ。

キンセンカ(金盞花、学名:Calendula officinalis)は、キク科の園芸植物。別
名、カレンデュラ、ポットマリーゴールド。原産地は地中海沿岸。北アメリカ、
中央アメリカ、南ヨーロッパなどで栽培されている。春咲き一年草として扱う
が宿根草タイプは冬を越すので「冬知らず」の名で市場に出回る。花径
10cm
ほどでオレンジ色や黄色の花を咲かせる。花容は一重、八重、また中心に
黒のスポットのあるものと多彩。日本では観賞用として花壇などに植えられ
るが、ヨーロッパでは原種はハーブの一つに数えられ、「エディブルフラワー」
(食用花)である。キンセンカの軟膏は火傷からにきびまで幅広い皮膚のトラ
ブルの治療薬になると考えられている。チョウ目の幼虫(ヨトウガ、キシタバ、
ヤガのような)の餌として用いられる。キンセンカが作られたことを示すといわ
れる神話は、、
水の妖精クリュティエとアポロの物語であるが、通常この物
語はヒマワリかヘリオトロープを指すとも言われる冬知らず(カレンデュラ:
Calendula) はラテン語で「一年中」という意味でカレンダー(calendar)の語源
だそうだ。花言葉は「悲嘆」(Deep sorrow)。

芹沢俊介著『子殺し』/ISDN4-7571-4192-0




 



 

 

 

コメント

金魚草と愛しき常夜鍋たち

2009年01月23日 | 創作料理


ふわふわと寒に漂う金魚草 英語の意味を問うきみに似て


きみはグルメかと聞かれればたぶんそうだろうと答えるだろう。わたしは
素晴らしい先輩や上司に恵まれたと思っている。上品かというとかならず
しもそうではないが、諧謔で機智に富んだそうした先輩達の多くは、酒好
きでグルメだった。そうして学んだことは、職域や地域と家庭のその中間
にちょっとした美味しい小料理屋があれば人生の大半の幸福が実現でき
たのと同じだという確信が育った。だから職域の後輩達にも結構お金に
糸目をつけず辛くて疲れる仕事の帰りに気の利いた小料理屋に立ち寄っ
たものだった。但し、酒に呑まれれないことは心がけたが・・・




シチュー鍋に背中を向けた瞬間に白い巻き毛の天使がこぼれる
 
                       北川草子/歌集『シチュー鍋の天使』


そのなかでも印象に残っているのは近江しゃも(軍鶏)の常夜鍋で、じ
ょうやなべ、じょうよなべ、とこやなべとよばれるものだ。通常、豚肉、
ホウレンソウ(または小松菜)、白菜を具の中心にして、水を張った鍋
に昆布を敷き、日本酒を入れた出汁に、豚肉、ホウレンソウ(または小
松菜)、白菜を入れて煮込む。決まったレシピはなく、牛肉や鶏肉、シ
イタケや豆腐、春雨を入れても美味しい。水を使わずに、清酒のみで
煮る場合もある。いつ頃からあるのか不明だが、起源の一説として旧
制高校の寮生がはじめたというものもある。脚本家の向田邦子の好
物だったといわれるが、豚肉を使用することから豚しゃぶ、豚ちりと呼
ばれる事もある。常夜鍋の名は、毎晩食べても飽きないとされるところ
から名付けられた。


白菜のお鍋が好きと貧しき日 芯まで食べる吾を笑いぬ

冬深し豚肉 豆腐 えのきだけ白菜加えて今夜は土手鍋

寒い日は白菜鍋で温まり 湯気の向こうの君と語りて

キムチなべ食べたいという人来たり 入れる白菜美味なる自家製

@乙女短歌会


摂取カロリーが配慮できていればなんでもいいということになるが、オ
リーブオイルを加えればイタリアンにもなるし、ちくわ等の練り物や牡
蛎やベーコンなども構わないし、豆腐や薄揚げだけの野菜鍋でもかま
わない。たれもヨーグルトやココナッツミルク、キムチの素など工夫の
余地はまだまだ残されている。



ところで、近江しゃもは、シガポートリから仕入ニューハンプシヤー種雄
(早熟性・産肉性良)と横斑プリマスロック種雌(産卵性良・肉質良)を交
配させ。さらに、しゃも種雄(ニワトリの中で肉質最高)を掛け合わせたも
ので1993年に滋賀県産地鶏として誕生した。開放鶏舎に平飼いして
いるのでのびのびと育ち、若鳥の3倍にあたる160
日間飼育。じっくり
と育てているという。わたしは大腸菌の抗生物質アレルギーを持ち肉質
により覿面に反応するのでよく分かる。肉質はきちきちと噛み心地が良
く味にコク(濃く)がある。




へぎ柚子のただ一片で冬の夜の鍋は豊かな香りを放つ


料理はシンプルで土鍋に銘柄はどんなものでもかわないが出汁昆布を
入れ、日本酒(鬼ごろし、金亀)を豪快にほりこみ沸騰させアルコール
を飛ばし後、水炊きの要領でしゃも肉(もも)と野菜(ホンレンソウ、小
松菜または白菜)等をいれ煮込みたれをつけ食べる。具には、薄揚げ、
豆腐、水煮里芋などをいれる。最後に、具を取り除きコンソメを加え、
中華そばをいれて煮込み、取り出して胡椒を振りかければ旨い出汁が
効いた締めのラーメンとなるがこれは格別だ。



黒松 金亀 岡本本家

浅草の駒形どぜうの鍋囲み昼ながら飲む花見を前に  奥村晃作/歌集『蟻ん子とガリバー』


岡本本家の金亀はお勧めだが、要は酒の旨味があればいい。斯くし
て、今夜は鍋づくしとなった。ある意味ではこれは‘団’と‘暖’の取れる
日本的なファースト・フードであり、摂取カロリーはラーメン分を除いて
250Kcal(60歳の基礎代謝は2300Kcal/日、これは男性用茶碗で
8.8杯のご飯に相当)で「ZONE理論」(食事のエネルギー比率を「炭
水化物4、たんぱく質3、脂肪3」の割合で摂取するもの)にも合いそうだ
し、栄養学的にも合理的な食事だと思える。それに、冬場だけでなく、
夏鍋もあり一年を通して食することもできるので、『すし革命』の次は世
界に『鍋革命』を起こそう。

2008夏鍋

 




キンギョソウ(金魚草 Antirrhinum majus)はゴマノハグサ科(APG分類
体系ではオオバコ科に入れる)キンギョソウ属の植物。南ヨーロッパと
北アフリカの地中海沿岸部を産地とする金魚の養殖で有名な愛知県
弥富市の市の花にもなっているが、花言葉は「でしゃばり」と金魚だけ
にギョットする。冗談はこれぐらいにしておき、別に金魚が浮遊してい
るわけではないが、冬の日差しがある居間とはいえ寒い。そんな午後
のゆったりとした時間帯に家内は英会話教室の宿題をし、わたしはパ
ソコンに向かいブログを書いているというワン・シーンをコミカルに隠喩
を伴い歌ったものだが、実際に部屋には金魚草は存在していない。


ぬばたまの 夜の片隅に いる吾は せつせせつせと 鍋洗いおり

鉄かぶと鍋に鋳直したく粥のふつふつ湧ける朝のしづけさ  土岐善磨/歌集『夏草』

 


 







 

 


 

コメント

極楽鳥花の飛翔

2009年01月21日 | 時事書評


欲張りを諫めるきみに嘘吹けず 肯きて見る極楽鳥花は

わたしには2つの欠点がある。時間を持て余すほどの余裕はない。遊
んでいるのではなく‘準備’をしているのだが、家内にすればなにをして
いるのか、さっさと片付けりゃいいと思っている。あれもこれもと性懲り
もなく欲張ってと。そう、あれかこれか型でなく、あれものこれも型で仕
事をやってきたのだから急にスタイルが変わらない。つまり一直線じゃ
なく包括的に行動する。そして、嘘がつけない。嘘をついているときは
鼻がピクピクしているらしい。極楽鳥花は芭蕉科(学名:Strelitzia reginae、
Strelitzia:ゴクラクチョウカ属、reginae : Strelitzia
(ストレリチア)は、イギリ
スのジョージ3世の妃の「ストレリッツ」の名前にちなむ。南アフリカ原
産。明治初期に渡来。花茎の先端に、鳥のくちばし状のオレンジ色の
萼をもち、これがとても目立つ。じつにユニーク。温室植物園に行くと
よく見かける。「極楽鳥」は”風鳥:ふうちょう”という鳥の別名で、金色
の美しい飾り羽を尾の部分にもつ。この鳥に似ている花、ということで
「極楽鳥花」と命名された。12月16日の誕生花(極楽鳥花)で花言葉
は「万能」。  

 オオフウチョウ       
パプアニューギニアの国鳥、
オオフウチョウ(極楽鳥)
Photograph by James P. Blair

       ‘さもしさもここまで来たらすっぽんぽん’

 米国発金融危機の原因を巡り、「米国の金融システムの失敗」と
「過剰貯蓄」の米中間論争を英フィナンシャル・タイムズ紙が報
じている。卵が先か、親鶏が先か?経済の相互連鎖を前提として
答えは簡単だ。「金融市場の弛緩是正」(米)と「経済特区廃止
と内需転換」(中)だ。しかし根の深さは米国にある。70年代
ベトナム戦争で荒廃し、基軸ドル金兌換の放棄、産油国の反乱、
イラン革命等経済停滞の脱却に導入された新自由主義と軍事ケイ
ンズ主義による浮上。そして、冷戦終結、低金利政策、住宅及び
金融・資本主義の不安定化と変質、所得配分の偏在で、バーナキ
FRB 議長の恐れは今なお拭えない状況だ(
GDP のグラフをみて
金融危機は終わったとするか、ラビ・バトラの『搾取的資本主義
』の崩壊か)。もっとも後者はその後「
プラウト主義経済」(
進歩的社会主義=超資本主義)が想定されているので‘ハッピー
エンド’というわけだが、息子達には経験のない「大不況」や
「恐慌」に突入しようとしている時代、ものの本質が分かる好機
だからよく
見ておけといっている。


Henry Merritt Paulson

それにしても、我が国の政治は酷すぎる。年金崩壊の引責、高齢
者医療制度導入をはじめとする医療崩壊、派遣切りなど統治能力
を喪失しても連綿と権力を死守している様は細川内閣誕生時のト
ラウマかなんとも憐れでもある。この間、朝日放送の「サン・プ
」で竹中平蔵が「派遣労働者は全就労者のたかが2.8%だ」と発
言していた。口にはださぬが‘大局のためには派遣労働者の生活、
命など大したことない’とでもいいたそうだが冗談じゃない。ケ
イズは「経済学はいずれ死ぬ」、吉本隆明の「経済学は支配者の
ための学問である
」発言をどう考えるのか。尤も、郵政民営化は
民営化と資本化(=民間化)との差異がこれから明確になるにし
ても
公務員の大幅削減を実現した手腕を評価するものの・・・


※ 
吉本隆明氏の肉声(講演録より)はこちら


緑色のおほきな翼いく重にもひろげて立てりストレリチアは ほにゃらか


ラビ・バトラではないが社会主義(=高度消費主義・超資本主義)
の要件に、『公務員の平均所得<民間の平均所得』、『国家権力の
分権化』がある。ロシア・マルクス主義(=アジア赤色専制主義・
一国社会主義)は官僚制国家主義の別名であることぐらい平均的な
日本人なら分かっていることだ。面倒くさいので政策の要点だけ述
べよう。「ナショナル・マキシマル」「ナショナル・ミニマム」「
ナショナル・ミディアム」を政策毎に定義する。財政政策のメイン
は「老々介護」「地球環境」を中核として住宅政策で、国がきめる
ことは新世紀型住宅規格の建築法を改正し現行の住宅と関連インフ
ラ(例えば‘スマート・グリッド’)を刷新する。現状の平均的居
住面積を10%以上広くし、そのためのファイナス制度等の法体系
を早急に整備する。これは別の場(ブログ以外で)にてその政策を
明らかにしたい。



大型放射光施設スプリング8による高等生物内巨大タンパク質ボル
トの構造決定の成功を報道した
(プレスリリース公開日:2009年01
月16日)、「
ラット肝臓由来ボルトの3.5オングストローム分解能で
の結晶構造
」“ The Structure of Rat Liver Vault at 3.5 Angstrom Resolution ”
だ。よく見ると籐籠のように見える。カーボンナノチューブ(CNT
の発見(1991年)と電子顕微鏡による構造決定の仕事にて、世界的
に有名な金の原子がアメーバのように動く金超微粒子の“構造ゆら
ぎ”現象の発見(1984年)やノーベル化学賞の有力候補とも見られ
ている
飯島澄男CNTの屈曲部の七角形(heptagon、septagon)を籐
籠の中に発見したことを思いだした。凄い時代をあらためて認識し
た次第だ。


ボルト(左)およびそれ
を構成するMVP分子(右)

ついでだが飯島澄男の所属する産業総合研究所には、琵琶湖東北部
流域水道建設反対運動で大変お世話になった中西順子もナノ材料の
リスク研究(化学物質リスク管理研究センタ)に従事している。と
ころで、CNTには関心があり定年前の10年間の研究調査課題の1
つであり『デジタル革命』(=第二次産業革命)の中核技術として
位置付けていた。今後も雑学以上の関心を払おうと思う。


 
This animation of a rotating
carbon nanotube shows its
3D structure

ご存知のようにサッカーボール状のフラーレンは生体に有害である
Radical(ラジカル:活性酸素を含む活性分子種)を分子レベルで消
去吸収して無害化するという。医薬としての研究に期待され、高機
能化粧品
癌転移抑制、脳内疾患(アルツハイマー、パーキンソン
病)治癒、HIV治癒、C型肝炎治癒などの有用な研究成果が続々と報
告されている




リバプールから武器を満載した運搬船(Black Cargo)はアフリカ西
海岸で武器を売却し、内戦で難民となった黒人奴隷を買い入れアメ
リカ南東海岸で売り、綿花を船に載せ奴隷商人ペニー・レインの元
に運び届け、ジョン・レノンのアイルランド系移民の曾祖父達が運
搬船を修理し曾祖母達は綿花を織っていた。アメリカでは南部の
農園地主階級(自由貿易派)と北部の産業資本階級(保護貿易派)
が対立、南北戦争後奴隷制度が廃止され、百年後生前のジョン・レ
ノンは『ペニレー・レイン通り』を歌っていた。そんなことを考え
ながらオバマ大統領の歴史的な就任演説を観ていた。


欲張りすぎて頭がパニックなるってか。それでも、僕は大還暦(
百二十歳)までも求愛ダンスを性懲りもなく続ける極楽鳥になりた
い。この先死ぬまでも‘きみ’を求めダンスすると。好奇心の塊み
たいな極楽鳥花の思いが天に届き、いつしか天翔る鳥になれればこ
れに選ることはない。斯くして、淡海の万葉の歌を読みつつ、次を
画策する。乞うご期待を・・・


                 とこ                    いさやがわ
淡海路の鳥籠の山なる不知哉川 日のころごろは恋ひつつもあらむ 
                                                                                           巻四-四八七
  
いぬがみ
犬上の鳥籠の山にある不知哉川 不知とを聞こせわが名告らすな 
                                    巻十一-二七一〇
                                                                           たづさわ
磯の崎漕ぎ廻み行けば近江の海 八十の湊に鵠多に鳴く 
                                                                                              巻三-二七三



藤井五郎著『淡海万葉の世界』/ISBN4-88325-067-9

 

 

 

コメント

寒椿とエラの谷の本地垂迹

2009年01月17日 | 日々草々

 
赤心に吾を選べし心問う 椿の赤にまさる赤さかな



告発のときClick here

今日は珍しくDVDでポール・ハギス監督映画『告発とき』(‘In The Valley
of Elah’)
を観た。前々から期待していたが地方都市では映画配給され
なかった。映画の感想といえば、後半から込み上げる感情から涙が溢
れてしまった。この映画は2004年5月号プレイボーイ誌のマーク・ボアー
ルの『死と不名誉』(‘Death and Dishonor’)の実話に基づくといわれて
いる。
Mati Milstein in Tel Aviv for National Geographic News November 21,2008
でイスラエルで発掘調査を行っている考古学チームが、古代の門を発
見し、旧約聖書に登場する街シャアライムの正確な位置が特定された
と発表されたが、そのシャアライムに近いエラの谷で、後に王となる少
年ダビデと、ペリシテ人の巨人ゴリアテが戦ったが(要塞の遺跡から2
つ目の門が発見されたことは、ヘブライ語で「2つの門」という意味を持
つシャアライムが実在したことの有力な証拠になるという)、三千年前

ダビデとゴリアテの戦いの地を発見かClick here
hotographs by David Willner for Foundation Stone


戦闘がいままたガザで再開しているとは思わず頭を抱え込んでしまう。
そのエラの谷のペリシテの勇士巨人ゴリアテが故フセインイラク大統領
でサウルが現ブッシュ大統領でダビデが米軍の若者を暗示するのかゴ
リアテはフセインやブッシュでダビデがオバマということなのか。圧倒的
な火力、武力を持つ米軍の兵士と米国そのものがゴリアテとするとダビ
デは・・・。戦場は狂気、生還も地獄である。そのことをジョナサン・タッカ
ー扮するマイク・ディアフィールド(ハンクの次男)の死の原因究明を追
体験する中、トミー・リー・ジョーンズ扮するハンク・ディアフィールド(元
軍人)が観客に告発を問うという構図だ。圧巻はメカッド・ブルックスの
エニス・ロング(マイクの同じ部隊の特技兵)、ジェイク・マクラフリンの
ゴードン・ボナー(同)、スティーブ・ペニング伍長のヴィクトール・ウルフ
ロバート・オーティス兵卒(同)を問い詰めていく件だ。ハンク・ディアフィ
ールドと兵士との重い口と心を開かせる時間と間合いの名演技と、ウイ
スキーとタバコというキラーツールが用意されポール・ハギスの監督の
演出とが絶妙に溶け合う静かな進行は、高揚した感情を沈める時間と
ティツシュの枚数が物語った最高作品のひとつだ。


Tommy Lee Jones and Jake McLaughlin
as Spc. Gordon Bonner


Tommy Lee Jones as Hank Deerfield
and Victor Wolf as Pvt. Ortiez


わがカヌーさみしからずや幾たびも他人の夢を川として  寺山修司



話は戻るが、「何故、チャップがジョンを殺害する必要があったのか
とチャップマンの動機の背景をその後も考えていた。ジョンレノンの残
した発言にイエスキリストへの侮辱として当時問題となったが、『ライ
麦畑でつかまえて』の主人公ホールデンのキリスト教に対する吐暴す
る件だ。

  特に十二使徒についてがそうなんだな。彼は、もし僕が使徒が
  きらいだったら、イエスやなんかもきらいなはずだって、そう言
  いはるんだ。だって、使徒はイエスがえらんだんだから、その
  使徒も好きになるのが当然だって、そう言うんだよ。僕はこう
  言ってやった―イエスが使徒をえらんだことは知っている。しか
  し、あれは手当たり次第にえらんだんだ。イエスには一人一人
  を吟味して回るひまがなかったんだ。だからといって、僕はイエ
  スを責めたりなんかしてんじゃない。ひまがなかったのは何もイ
  エスのせいじゃないんだから。いまでも覚えてるけど、僕はチャ
  イルズに、ユダは自殺をした後で、地獄へ行ったと思うかって
  訊いたんだ。イエスを裏切ったりなんかしたあのユダさ。チャイ
  ルズは、もちろん、と言ったね。そこなんだな、僕が彼と意見の
  合わないのは僕は、千ドル賭けてもいいけど、イエスは絶対に
  ユダを地獄になんか送らない、と言った。今でも僕は、千ドル
  賭けるれ、もしも千ドルあったらば。あの使徒たちだったら、ど
  の人だって、ユダを地獄に送ったろうと思う―しかも、さっさとさ
  ―しかし、何でも賭けるけど、イエスは絶対にそんなことはしな
  い。

                   『ライ麦畑でつかまえて』、142頁
                サリンジャー著、野崎孝訳、白水社


崇拝者への憧憬と無神論者或いは異端者への怒りと侮蔑、米国社会の
病理(開拓精神の暗影と人種差別)、或いは一神教と排中主義と‘反復
強迫’がないまだった精神が引き金を引かせた、とまで整理できたのだ
がやはりスッキリしない。まあこれはこれとしてまとめて考察したいと思う
が、翻訳者の野崎孝は、あとがきで英国と米国との翻訳出版が異なった
こと、サリンジャー自身は英国版を否定した経緯を短く説明していたが、
わたしの直感を裏付けられたようで少し気が晴れたが・・・ 



雨の庭 うつむいて咲く 寒椿 一輪挿しで 映えるその赤


例年の町内の総会は近くの自治会館で行うのがならわしだったが送迎
バス付きで新海浜のパナソニック電工レークアイランドで行われた。
配られたパンフレットをみながらボランティア情報サビース会社「ナルク」
を知ることとなったが、「輸出依存」、「デジタル家電」を時代背景とした
大企業のリストラクチャリングとしてこれは悪くない知恵だ。

b 004sss.jpgClick here

  Click here

ところで、今回の議題で日本名水百選に選ばれた「十王の水」の維持
管理の問題が浮上した。地元の『保存会』として、地元以外の利用者が
もたらす道路占拠や維持費の広域化が問題の本質。‘お城にお金をか
けるならこちらにも’という議論もでてきそうだ。水に関わる運動は7O年
代後半から経験済みで、80年代は「水」の使用価値が交換価値へと大
転換する時代でもあり、運動の中心メンバーがスナックバーをはじめる
時は、何もサントリーだけでじゃないが、「おいしい水」を看板にと進言し
たほどで、現在の環境省の前身の環境庁設立の微力ながらお手伝いし
たこともあったが、全国に魁けて『水のメッカ』とするには、莫大な労力を
必要とするというのが結論である。

寒 椿 言 葉 に す れ ば ま た 斬 首 斬 首 の 道 を 早 足 で 過 ぐ

ツバキ(椿)は、ツバキ科ツバキ属の植物の総称。狭義には、ヤブツバ
キ。学名:Camellia japonica)を指す、照葉樹林の代表的な樹木。花が美
しく利用価値も高いので万葉集の頃からよく知られたが、特に近世に茶
花として好まれている。18世紀にイエズス会助修士のゲオルク・ジョセフ
・カメルはフィリピンでこの花の種を入手してヨーロッパに紹介した。その
後有名なカール・フォン・リンネがこのカメルにちなんで、椿にカメルとい
う名前をつけた。19世紀には園芸植物として流行し、『椿姫』(アレクサン
ドル・デュマ・フィスの小説、またそれを原作とするジュゼッペ・ヴェルディ
のオペラ)にも主人公の好きな花として登場する。和名の「つばき」は、
厚葉樹(あつばき)、または艶葉樹(つやばき)が訛った物とされている。
萼の部分から丸ごと落ちる。それが首が落ちる様子を連想させるため
に入院のお見舞いに持っていくことはタブー。馬の世界においても落馬
を連想させるとして、競馬の競走馬や馬術競技馬の名前としては避けら
れる。日本酒の醸造の木灰にツバキの木灰が最高とされて、アルミニウ
ムを多く含むことから古くは染色用にも用いられた。木炭は素晴らしく手
焙りに使われた。椿油は、和製オリーブオイルとも言え、高級食用油整
髪料、古くは灯りなどの燃料油としてもよく使われた。ヤブツバキの種子
から取る油は高価なため、同じくツバキ属の油茶などから搾った油もカ
メリア油の名で輸入されている。搾油で出る油粕は川上から流して、川
魚、田螺、川えび等を殺すのに使われた。京都の龍安寺には室町時代
のツバキが残っている。他家受粉で結実するために変種が生じやすい
ことから、古くから品種改良が行われてきた。茶道でも大変珍重されて
おり、冬場の炉の季節は茶席が椿一色となることから「茶花の女王」の
異名を持つ。19世紀に西洋に渡った日本のツバキが、西洋の美意識に
基づいて品種改良されたものを西洋ツバキと呼び、優雅で華麗、豪華な
花容のものが多い。花言葉は、気どらない優美さ・女らしさ・気取らない
上品さから、控えめ、慎み深い、魅力(赤)、高潔な理性 (白)ひかえめ
な愛等があり、薬理効果は、同じツバキ科の緑茶(Camellia sinensis)と同
等と考えられる。

File:Koeh-025.jpg
Camellia sinensis

つばきの花の歌といえば『釜山港へ帰れ』の‘つばき咲く春なのにあな
たは帰らない’という‘熟愛’と‘哀切’のコントラが強烈な出だしだ。
これにはちょっとした思い出がある。韓国の釜山でプラント建設の技術
設計会議の後、訪れたバーで電気担当技師の嶋田庄一朗がこの曲を
韓国語で歌い出した。これが大受けでママからおひねりをもらったとい
うエピソード。日本語の歌でも上手だから当然の腕前、いや咽といえる
がそこは‘艶歌の国’でのお墨付きとあいなった。ところで、当時の韓国
バーは‘ヤンキースタイル’で水割りやオン・ザ・ロックなどなくバーボン
・ストレート。映画『告発のとき』の原風景を垣間見るようだった思い出
だった。

 

            つばき咲く春なのに あなたは帰らない
         たたずむ釜山港に 涙の雨が降る
         あついその胸に 顔うずめて
         もいちど幸せ 噛みしめたいのよ
         トラワヨ プサンハンへ 逢いたい あなた

                          三佳令二 訳詞
                       黄 善友 作詞/作曲
 
 
 

 
おほぞらに百房の黒葡萄垂れそしてわたしは秋に生まれた  小島ゆかり
 
 
 
『歌壇』(2009年2月号)を斜め読みして、写真で小島ゆかりを改めて知るこ
ととなった。すごい歌人を知るきっかけがこのブログの立ち上げだから大袈
裟な‘邂逅’ほどにはないにしろ、不可思議な一瞬を経験した。
 


映画鑑賞の「エラの谷」から「ジョンレノン」と「サリンジャー」、そして「新年会」
から「椿」に行き着いたわけだが、もう一度「エラの谷」に戻してみたい。
エラの谷が、三千年も続く怨嗟の谷間とすれば、そこに『本地垂迹』(ほんち
すいじゃく)という、つまり仏教が興隆した時代に表れた神仏習合思想の一つ
とされ、日本の八百万の神々は、実は様々な仏(菩薩や天部なども含む)が
化身として日本の地に現れた権現とする。本地とは、本来の境地やあり方の
ことで垂迹とは、迹(あと)を垂れるという意味で、神仏が現れることを意味す
る-つまりは‘Holy Spirit’、ギリシャ語の‘πνευμα’(プネウマ)という語で表現
され、神と人とを繋ぐとりなし手としての‘聖霊’-思想を取り戻せればと願わ
ずにはいられない。そして、明日米国ではバラク・オバマ新大統領が誕生す
る。彼に多様な存在を許容しあう‘共生立国宣言’に白椿(高潔な理性)と

現に向けてのパワーを贈りたい。
 
 
 
 

 


 


 

コメント

シンビジュムと医療崩壊

2009年01月14日 | 時事書評


降り積もる雪知らず知るきみの労 シンビジウムの芽吹く喜びを

渡辺喜美が離党した。ホームページをみて政治信念も状況認識にも
距離はない。寧ろ拍手を送りたい。官僚との戦いは隣国の中国をみ
るまでもなく永遠の課題なのだ。‘官僚’とは専門知識階層の‘化石
end up by )’であるだけに質が悪い。つまり、平たく言えば「官僚
主義」、「資本主義」、「社会主義」の違いが‘政治情況’への対応の
違いとなって現れているのだと思うが、現実はそんなものじゃないと
の反論も聞こえそうだ。ドワイト・D・アイゼンハワー(米国の第34代
大統領=在任 1953~1961)が大統領退任挨拶で、「軍、軍需産業、
政治の結びつきが国民の自由や民主的なプロセスを脅かすようなこ
とがあってはならない」と警告したが、就任中にその芽を摘む仕掛け
に成功していたならいざ知らず膨潤・硬直した官僚組織や巨大組織
との平時の戦いが如何に困難かと言うほかならない。

ドワイト・D・アイゼンハワー Click here

辞令受け迷う私の傍らでシンビジウムは静かに咲きぬ

Cymbidium


シンビジウム(学名:Cymbidium cvs)は、南で東部のアジア、マレー
諸島と北で東オーストラリア中、至る所に分布する約52の種から成
る。乾燥や寒さに強いラン科の多年草で、葉は細長く、花は褐色を
帯び、1本の花茎に7~30個の花をつけ、花持ちがよく、2ヶ月間に
渡って花を咲かせる。ギリシャ語の「cymbe(舟)+eidos(形)」が語源。
2月28日、11月7日、12月6日の誕生花、花言葉は、野心、大志
誠実な愛情、熱心、飾らない心、素朴、高貴な美人と様々。株分けし
花芽をつけるまで燐やカリの配合や温度制御に注意しながら育てな
いと上手くいかない。目をやると外は雪である。15cm の積雪になる
と神社の除雪を心配しなければならない。昨年は沢山だったシンビジ
ウムにやっと3つの花芽がついた。そんな一齣を歌った。

Genus Cymbidium (The)Click here



シンビジウムの大鉢かかえバスに乗る子を抱くように春を抱くように  川上千鶴子



イスラエルがレバノン南部のイスラム主義武装勢力ヒズボラ(シーア派)
とも開戦するとイランやシリアとも開戦する中東大戦争が近くなる田中
宇「ガザ戦争で逆転する善悪」
Newemax.com‘Former Pentagon Chief
Perry: Iran Crisis Soon’
)。そんな情報とともにガザでは多数のパレスチナ
人が負傷する画像が次々と飛び込んでくる奇異な、そして、世界中が

かうかしていられない‘国難’、いや‘世界難’の時代となった。


君子蘭シンビジュームが咲き乱れ我がベランダは花盛りなり  渡辺喜久子





たらねばだが、どうして‘底が抜け’状態なったのか。政治の先行性が
機能しないからだ。すっとんきょな小泉純一郎に熱狂た多くの有権者の
責任であるのと同時にそれが我が国の議会制政党の限界というものだ
(その経過の考察は別の機会に考えてみたい)。いま、社会保障制度
がストレスに侵され制度疲労を起こしている「医療の崩壊」を考えてみた。
概要は例えば「三重(H14年版)」の広報サイトなどで知ることができる。

図1・社会保障費抑制政策による日本の医療の崩壊図
出展:医療法人財団天心堂 理事長 松本文六              Click here


結論からいうと、①「医療制度」は競争原理になじまないし、憲法上、
社会的にも問題があり、平均的医療サービス水準乃至は目標を確
定し、財源(=税制)基盤を再構築する。②しかる後に、医療サービ
スの格差是正の制度を確立する。③そして、運営上の財政規律(医
療に係わる全ての)強化の法整備(不正請求等の監査強化及び重点
重罰主義)を行った上、改革細目を決定する。今回の米国発金融危
機のように、なれあい防止のために「公務員制度改革」を果敢に断行
する-ここで渡辺喜美の意志と交差することになる。


葉丈まで花芽すっくり立ちのぼり蕾抱えるシンビジュームは

File:Cymbidium Clarisse.jpg

 

子宝を抱きかかえるかシンビジューム生れ出ずる面何れも同じ


さて、花言葉の意味が様々あるうになんともまとまりの悪いとこになっ
た。ジュニア女子で史上最年少勝利を記録した8歳の平野美宇ちゃん
の写真で締めといこう。同じようにみえるこどもでも、多様な遺伝子と
環境の違いでいろんな可能性を開花させてくれる。我が国のこの閉塞
した政治状況を大きな器量で白いピンポン球を見つめる彼女のまなざ
しのごとく、‘大志’と‘誠実な愛情’をもって、一途に駆け抜けていって
もらいたいものだと思う。

 ジュニア女子シングルスで2回戦に進出した、小学2年生の平野美宇=東京体育館

    ‘ 臨海のむせぶ蝉背に龍馬像 ’   07年夏@桂浜  

      



 

 

 

 

 

コメント

なずなと比叡おろしと月

2009年01月13日 | 日々草々

 

小雪舞う雄琴の湯殿  満月と薺のきみに比叡颪止む

この間、28年ぶりに仲人の住む湖西に新年と定年退職の挨拶に妻
と出かけた。朝方の小雪降るなかと打って変わって比叡颪(おろし)が
吹く晴天。小一時程度で退席をと思っていたが懐かしさとこの急変す
る時世を話し合っていると一時を遙かに越えて話が弾んだ。そして、

礼を述べ退席し、妻の心
労を癒すために雄琴温泉の宿へと足をのば
した。

スパエステ結宇

宿の11階には琵琶湖を一望出来る露天風呂があり、時折の小雪混
じりの比叡颪の寒風にさらされながらも満月照下の温泉に今日の思い
出とともにひとときの癒しを満喫した。

 

                    ‘  疾風知勁草 ’             後漢書/王覇伝

「宋書」によれば「疾風に頸草を知る」に続いて「巌霜貞木」とあり、「厳
しい霜が下りると、その寒さに耐えられる木だけが枯れずに残るように、
忠節を守れる臣下かかどうかは、困難な時が来ないと分からない」と続
き、「隋書」には、煬帝の言葉として「世乱れて誠臣あり」とし、唐の太宗
は「風霜もって草木の性を分け、気乱にして貞良の臣を見る」とあるが、
日々の暮らしの厳しさに耐えている薺のごとき
伴侶の癒しの方が大事
ということもまた然りだ。

ぼうぼうと三味線草は生ふるまま休み田にして蝶のさまよひ 藤川和子 

 

つまりは、勁草即ちぺんぺん草(三味線草)は状況を選ばす黙々と寒
風積雪に晒されながら生きるものは、‘弱肉強食’を超えた‘強さ’ の
象徴である。この薺(なずな)を合わせ芹、御形(母子草)、繁縷、仏の
座(小鬼田平子)、菘(蕪)、蘿蔔(大根)の春の七草は、人日(じんじつ)
の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った羮を食べる風習のこと。
本来は七草と書いた場合は秋の七草を指し、小正月1月15日のものも
七種と書いて「ななくさ」と読むが、一般には 7日正月のものが七草と書
かれる。現代では本来的意味がわからなくなり、風習だけが形式として
残ったことから、人日の風習と小正月の風習が混ざり、1月7日に”七草
粥”が食べられるようになったとある。また、とは、五節句の一つ。1月
7日。七種粥を食べることから七草の節句ともいい、古来中国では、正
月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、
5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さない
ようにしていた。そして、7日目を人の日(人日)とし、犯罪者に対する刑
罰は行わないことにしていたという。また、この日は新年になって初めて
爪を切る日ともされ、七種を浸した水に爪をつけて、柔かくしてから切る
とその年は風邪をひかないと言われている。

 

 

もの思ひすべなき時はうち出でて古野に生ふる薺をぞ摘む  良寛

Colourful solutions in test-tubes.

薺(学名:Capsella bursa-pastoris)とは、アブラナ科ナズナ属の越年草。
ムギ栽培の伝来と共に日本に渡来した史前帰化植物と考えられている
が、中国の古書「本草綱目」に”五臓を利し、目を明らかにし、胃を益す”
とあり、民間薬では目の充血に乾燥全草10gを水200ccで煎じて濾し、
人肌まで冷まして洗眼する。他に利尿、解熱、止血、高血圧等は10~
15gを500ccの水で半量まで煎じて服用。また、下痢、腹痛には葉や
根を黒焼にして用いるとある。ぺんぺん草の名は、ナズナの果実が三
角形の形、三味線のバチに似ていることからついたとされる。薬理効果
の研究は、今世紀の初め若干行われたにすぎず、
黒田啓子(千葉大)
らの研究
から、その抽出物が子宮収縮作用、抗胃潰瘍、抗炎症作用等
いくつかの有用な薬理作用を持つことがわかった。次いで抽出物がマウ
スにおけるエーリッヒ固型癌の成長を抑制することも見出され、抗癌作
用や抗胃潰瘍作用の有効成分としてフマール酸を単離、同定し、有効
な抗癌性物質マイトマイシンCは副作用も強いがフマール酸と併用投与
することにより、副作用のみが選択的に軽減される。フマール酸(また
化学物質)の発癌、例えば、ニトロフランによる胃癌や肺癌の誘発、ア
ゾ色素やチオアセタミドによる肝癌の誘発を抑制する。これらフマール
酸の活性は組織DNA合成を促進してこれら毒物による組織損傷を修
復することを助けることに基づくものとされている。
Ball-and-stick model of the fumaric acid molecule

Fumaric acid
CAS NO.: 110-17-8
RTECS NO.: LS9625000
MF: C4-H4-O4 MW: 116.08

 

みちのくの大地広かれ冬満月   小林勇一

北限の大地で冬の満月ではなく比良山系から安曇川に降りるような
雲と風の流れの上にみせる満月である。これを絶景と呼べぬかもし
れないがデジカメを持ち込む訳もいかず心に了うほかない。さてもこ
の宇宙とは不思議なもので、この月が存在しなければこのような景
色に現をぬかすこともないと・・・

月の恵み Click here

昨年、物理学の南部、益川、小林そして化学の下村の四名の日本人が
ノーベル賞を同時受賞したが、そもそも、「連続的な対称性が、自発的
に破れている場合、その破れた対称性に1対1で対応した、質量の無い
粒子が現れる」という『南部ゴールドストーン・ボソン』の定理の研究には
じまるという。‘対象の破れ’とは、位置エネルギのように低位に流れる
‘汚れ’状態をさし、「場の量子論」において、ある高い対称性を持ちうる
理論が、より低い対称性を持つ状態になっていることだが。

この世界にある物質がどんな材料から出来ているのか?
その材料の間にはどのような力が働くのか?
また、なぜ物質に質量が生まれるのか? 

image

を解くための学問を意味し、そしてこの世界は、①人間に一番馴染み
がある、素粒子の間の一番弱い重力、②重力以外に目に見える力の
ほぼ全てを説明できる原子核と電子を引き寄せ合って原子を作っる
電磁気力、③陽子や中性子をまとめ原子核を構成する強い力、④小
林・益川理論に登場するベータ崩壊などのプロセスで、素粒子を他の
素粒子に変える事が出来るのが弱い力の4種類の力に分類される(
参考@‘
クローバーと数字の神秘’)。これらの理論によると、電子と
陽子が引き寄せあったり、磁石が働いたりする理由は、引き合ったり
反発しあっている2つの粒子の間で、エネルギーや運動量を持った光
子(光の粒子)が交換されているからということになり、中間子の存在
を予測し、強い力も、似たように粒子の交換で起きるが、弱い力は、
極小空間(約1アットメートルという小数点のあとに0が17個-強い力
の場合、中間子の交換が起こる範囲は、1フェムトメートル、小数点の
あとに0が14個で力の働く範囲が1000分の1だと、交換される粒子は
1000倍重い)で、電磁気力を伝える光子は質量が無いが、粒子(ウィ
ークボソン)は電磁気力の理論のゲージ対称性(=電荷がなければ生
まれないという電荷の保存)が「ヒッグス場」が空間を満たすと自発的
に破れ、光子と「ヒッグス場」との間で力が働く場合、ヒッグス場はプー
ルの水のようになって光子の動きを妨げて重さ(=抵抗)があるように
見える。電磁気力と弱い力が元々同じ力だったとすれば、ゲージ対称
性が破れる前は、光子もウィークボソンも重さの無い粒子で、ヒッグス
場がゲージ対称性を破ってしまうと、ヒッグス場に妨害されている粒子
は重くなり(=ウィークボソン)、妨害されない粒子重さが無くなる(=光
子)。残る問題はヒッグス場というプールが本当にあるのなら、プール
に波があるようにヒッグス粒子が存在するはずで、その粒子を発見す
るのがジュネーブの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の一番最初の
研究テーマだという。

見えない物質の存在

目次 Click here

 

どこまでが空かと思い結局は地上スレスレまで空である  奥村晃作

 

ホーキング博士は、実験で既知の素粒子の「超対称パートナー」と
なる超対称粒子が発見される可能性も指摘している。超対称粒子は
銀河同士を保持する謎の暗黒物質(ダークマター)を生成している
可能性があり、この発見はひも理論を裏付けるものでもある。「
LH
C
で何が発見されても、あるいは発見されなかった場合でも、宇宙
の構造について多くの手掛かりを与えてくれるだろう」と失敗する
方に百ドルかけている。そもそも、宇宙とはなにかという馬鹿でか
いことになるが、生い先短いものにはどうでもいいことだが、宇宙
は収縮しているのか膨張しいるのか、静止しているのか、時間の起
源及び終末の有無、空間は有限か無限か、その根拠は何かなどのこ
とは知っておきたいと思うのは自然だろう。

 目次 Click here

さて、温泉から満月に、満月から素粒子論を経て宇宙論に行き着い
たものの現をぬかすわけに行かず正月の花に戻ったという按配とな
った。
生い先短い人生を「貴方に全てを捧げます」の薺の花言葉を
添え誓う自分がここにいる。

 

コメント

橘とガザとソマリア

2009年01月08日 | 時事書評


パソコンの険しき吾を諭す顔 タチバナの花より白しきみ



橘の花散る里のほととぎす 片恋しつつ鳴く日しそ多き    大伴旅人


もう二十年ほど前、開発機の立会検査に水戸の元吉田に生産担当責
任者の外海青磁をともない井伊家の話は絶対すまいと申し合わせでか
けたが、その夜の会食が始まると依託先の塙技術部長が天狗党の末
裔で井伊直弼に斬首されたことを告げられ思わず後ろに転がってしまっ
た笑えるにも笑えぬ経験をした。天狗党の乱は1864年5月2日に起き、
翌年敦賀で投降処刑される。百年後敦賀市の仲介もあり、1968年に
親善都市提携を行った。


ゆく先は冥土の鬼と一と勝負         山国兵部
引きつれて 死出の旅路も 花ざかり      田丸八重


それから14年後1860年3月3日に享年46歳で、江戸城登城の井伊
直弼が桜田門外で水戸脱藩浪士らに暗殺された。近世大名で徳川
四天王の一人と称された井伊氏の家紋は橘。藤原氏の後裔を称して
いるが、その祖は井戸から生まれたと伝えられ、その手には橘が握
られていたのが、「井桁に橘」の紋の謂われとされるが橘氏から養子
をとったように仮託したと見られている。井伊氏は井桁と橘を別々に
しそれぞれを紋とした。井桁に橘紋は、日蓮宗の寺紋としても知られ
ているが宗祖日連が井伊氏の一族であった証とされる。

世の中をよそに見つつもうもれ木の 埋もれておらむ心なき身は  井伊直弼

   




福井の繋がりで言うと橘曙覧(たちばなのあけみ)が挙げられる。彼
は「たのしみは~とき」で始まる歌を編纂した『独楽吟』があり、死後、
正岡子規に「万葉集や源実朝以来の歌人」として絶賛された。1995
年天皇皇后両陛下が米国を訪問の際に、クリントン大統領が歓迎ス
ピーチで引用した短歌が「独楽吟」の中のひとついわれる。


It is a pleasure when rising in the morning I go outside
   and find a flower that has bloomed that was not there yesterday.


@小泉内閣メールマガジン

天皇の繋がりでいうと、京都御所の紫宸殿の前庭の右には橘、左
には桜が植えられている。橘は、垂仁天皇が田道間守を常世の国
に派遣して求めさせたとあるが、常住不変すなわち皇室の永続を
願っている。桜は、人の命などのはかなさを象徴する意味がある(
鈴木日出男『源氏物語歳時記』)。学名はCitrus tachibana:ミカン科
ミカン属の常緑小高木。別名はヤマトタチバナ、ニッポンタチバナで、
日本に古くから野生していた固有種のカンキツである。近縁種には
コウライタチバナ(C. nipponokoreana)があり、萩市と韓国の済州島に
のみ自生する(萩市に自生しているものは絶滅危惧IA類に指定され
国の天然記念物、果実は滑らかで直径3cmほどだが、酸味が強く
生食用には向かないがマーマレードなどの加工品にされることがあ
る。タチバナの名称で苗が園芸店で売られていることがあるがニホ
ンタチバナではなく、コウライタチバナと区別されず混同されている
ことがある。花言葉はないが松などと同様、常緑イコール「永遠」と
いうことで喜ばれるという。



橘は実さへ花さへその葉さへ 枝に霜降れどいや常葉の樹      聖武天皇
奥山の真木の葉しのぎふる雪の ふりは益すとも地に落ちめやも   橘奈良麻呂

話を戻そう。これをきっかけに、どの様な抗争でもひとりの命を殺
めた場合は和解するのに百年かかるのかという思いを抱いたわけ
だ。イスラエルとパレスチナの抗争が泥沼化し今また停戦協定が
切れ戦闘が続いている様をみるにつけ、親族に十年を経ず戦死者
がでて、国境紛争が百年も続くとなると収拾はつかない。口には出
さぬが日本人ならそう思っている。ではどうすればいいのか。選択
肢は1つしかない。軍事に関わらないことである。関わるとしたら、
世界政府的な機関、国際連合で紛争当時国にいかなる軍事力も
供与しないことを決議する。決議出来なくても、積極的に言い続け
る。そして、出来ることなら各国の軍事力削減プランを公表し地道
であるが実態を公開することだと思う・・・


戦国の世は花ならで一刻も早橘の叢(くさむら)さして駈く

@歌集木乃精 




これは日本には憲法九条があるから言うのではない。パリ不戦条約
(ケロッグ=ブリアン条約)第1条を米国が強要したからだ。これは農
地解放と同様、一時的には恩恵に預かったが、いまでは農業は根ご
そぎだめになりそうだし、なし崩し的な海外派遣状態が続いている。
へーゲル的に言えば共同体からの‘暴力’の外化である以上、外に
押し出された‘暴力’がどうなるのかは、いままた、海洋警察部隊を
派遣しようとする‘ソマリア海賊’をみれば分かる。だから、‘暴力’の
外化は共同体内部で消化すべき宿命を負っているというのが結論で
で、世界的な規範構築のための‘警察権’の行使を、国連に依託・付
託することを条件付けるが、‘軍事権’の行使にはその都度国内で判
断するというものだ。

@パリ不戦条約 



たれかまた花橘に思ひいでむ 我もむかしの人となりなば  藤原俊成


原爆を直接投下された国民が「羮に懲りて鱠を吹く」ことは当然だと
思うし、国是とすべきは「墨守」だと思う。あの兼愛と非戦の墨子の
思想(
松岡正剛の千夜千冊『墨子』)だ。それに気付いた時、西欧列
強の餌食になった清は遅かった。皮肉にも「専守防衛」がすでに成功
した例としてインターネットを挙げることができる。専守防衛の実現の
ために、‘トップランナー方式’を採用してみてはどうだろうか・・・


我がやどの花橘のいつしかも 玉に貫くべくその実なりなむ  大伴家持


かくして、常敗プロシアのカール・フォン・クラウゼヴィッツの『戦争論
』の「戦略」に行き着き、ナポレオンの仏国のシモーヌ・ヴェイユの絶
対不戦に行き着くが(残念ながら、『重力と恩寵』を読んだことはない
が・・・)、リアルな世界ではいまなお残忍・陰惨な行為が止むことが
ない。

  魂の自然な動きはすべて、物質における重力の法則と類似
  の法則に支配されている。恩寵だけが、そこから除外される
                                                   
                                                            『重力と恩寵』





さつきまつ花たちばなの香をかげば 昔の人の袖の香ぞする  作者不詳/古今集


ところで、タチバナの果実の薬用はカンキツ果実に含まれる主要な
機能性成分であるフラボノイドはカンキツ果実を代表する生理機能
性成分である。例えば、代表的なフラボノイドであるヘスペリジンや
ナリンギンは肥満に関与する前駆脂肪細胞の分化促進効果をもち、
ポリメトキシフラボンのノビレチンは血糖値上昇抑制及び血圧降下
作用をもつこと等が報告されているが、これはビタミンP類或いは、
ルチン(Rutin:ルトサイド、ケルセチン-3-ルチノシド)が主成分とさ
れる。ミカン科の植物に限らずマメ科のエンジュやタデ科のソバな
どからも見出されているという。このように隠れている薬理効果を
開発することは大切だが、見て、口にすることで伝承された‘薬用’
が「こころ」と「身体」を一体化することを初めて知った・・・


ルチン:
分子式は C27H30O16 で、クエルセチン
3位の
酸素にβ-ルチノース(6-O-α-L-
ラムノシル-D-β-グルコース)が結合した
配糖体

さて、昨年末、24日に世界的なベストセラー「文明の衝突」の著書
で知られる米国の政治学者、サミュエル・ハンチントンが亡くなった。
この著書には疑問があり、また別の機会に考えてみたい。


 

 

 

 

コメント

花水木とリフレ派宣言

2009年01月06日 | 時事書評

 

玄関の花水木越えシェルにきみ散歩帰りは冬の黄昏

メタボで会員制のジムに出かけようと玄関を出たとき、庭先のハナミ
ズキ越しに、愛犬のシェルと散歩の妻が帰ってきたが、互いに声も
掛けずにすれ違った正月の一齣を画にした。数年前、玄関先の小さ
な庭に、アメリカヤマボウシを植えたのだが、‘アメリカンハナミズキ’
として近くの園芸店で買ったと記憶している。英名では‘dogwood’だ
が、古語の‘dag’,‘dog’の木製串を‘犬の木’と誤解していた。それ
だけではない。ハナミズキは、ツミヤマグワ、カラグワ、イヌグワ、ノグ
ワ、ワランベナカセ、ナタギライ、サルナメシ、四照花、地蔵頭、団子
茨といった実に多くの別名があるという。四照花は歌人の佐藤佐太
郎、木俣修、宮柊二、鹿児島寿蔵の4人で結成されたとある。

夏ごとに木の暮れまぎれ見過ごししやまぼうし白白しろし       鹿児島寿蔵
花水木はなびらうすきあわれさよ雨のこずゑにひるがへりつつ   松本滋代
四照花二年花つけぬ些事ひとつをりをり思ひ梅雨あけとなる       佐藤佐太郎

夕暮れにあなたを想い見つめいる儚き恋よはなみずき

@「乙女短歌会」 

話はややこしくなる。樹皮や根皮を用い、整腸や強壮に効果があり、
17世紀頃には皮の煮汁を犬の皮膚病治療に使ったとされる。だか
ら‘dogwood’ではないのかと。しかも、ミズキ科ではない西洋サンシ
ュユ(山茱萸)とされていおり、最近の研究では霊芝などに含まれる
トリテルペノイド(ursolic acid, oleanolic acid)が抗ガン作用が確認
されている。この様に高性能なコンピュータが利用出来る現在では
炭素が30以上の複雑な化合物の構造が解析され新薬が開発され
人類に貢献していくことは間違いなさそうだ。

 

  トリテルペノイド。化学式 C30H50O、分子量
 は426.7。IUPAC命名法ではラノスタ-8,24-ジ
 エン-3-オール。別名ラノステリン

花水木 白く輝くその花を愛するひとよ幸せであれ

@短歌帖「月の竪琴」

1912年に当時の東京市からアメリカワシントンD.C.へ桜(ソメイヨシ
ノ)を贈った際、1915年にその返礼として贈られたのが始まりで、
花言葉の「私の想いを受けてください」、或いは「返礼」である。報
復、憎しみ、怒りの連鎖を断ち切るために、一青窈は『ハナミズキ』
という歌に込めたのは2001年の「10・11」がきっかけだと語っている。

■ 

濃き蒼の空に向かいてハナミズキ 手毬になりて 飛び立つ春に

@「乙女短歌会」 

大晦日の夜、日銀は恒例の今年引き受けの瑕疵国債を焼却した。

年末と年始は宮世話でゆっくりしたものではなかったが、大不況下
の正月に‘リフレ派宣言’を思いついた。国債の負担についての考
え方は、「公債を発行すると、それを償還するために、やがて増税
しなくてはならない。この増税が、自分の生きている期間のうちに
行われなければ、将来世代の人がその増税を負担する。」(「財政
赤字の正しい考え方」井堀利宏)からの呪縛を解放するためだ。

夕暮れの庭に明かりを灯すよに 咲いて揺れるや 恋ハナミズキ

@「乙女短歌会」

もっというと、還暦まで生かされた‘感謝’と‘返礼’からだ。そのた
めに何が出来るのかと考え、図書館の三冊の本、藤岡純一の『ス
ウェーデンの財政』、高橋洋一著『日本は財政危機ではない』、湯
本雅士の『日本の財政-何が問題か』を斜め読みしたり、「国債の
負担は、世代間所得移転ではなく、同世代内の所得移転若しくは
同世代間の官民の移転」とするリチャード・クー(野村総研)、小野
善康(大阪大)の反論、さらには、小宮隆太郎や‘財政規律(=増
税)派’の再反論など参考にと思ったもののもの足らない。確かに、
国債は赤字であろうと資産だろう。市場に出回ることで、‘サービス’
として機能すれば、富の源泉の‘労働’を生む。問題は‘労働’の結
果であり、その期待と落差だ。新しいケインズ派は公共事業を全面
否定せず公共事業の中身重視を主張するが‘メジャー’がない。そ
こでGDOデフレーターを基準に、国債に該当する‘サービス’を評価
基準(期間、対費用効果等)で測定し、該当’瑕疵サービス’分の国
債を日銀が引き受け、デフォルトつまり焼却・破棄。これを動的財政
策(Dynamic financial measures)と呼ぼう。これには所謂、「空売り」
のような‘抜け’を行う経済犯罪を伴うので、臨機応変な禁固刑を含
む重罰主義で臨む。‘厳密インフレターゲット’には、実質金利を反
映しない「IS-LM曲線」ではなく、要因と水準をもとにした非線形的な
数理解析による静的金融策(Static financial measures)をとる。

■ 

またひとつ季節がめぐり花ひらく百年つづく恋、ハナミズキ

@「乙女短歌会」

いずれにしても、君子豹変し、新自由主義派は一時退席だ。ジョー
ジ・ソロスもいかがわしい、リアルな市場は‘レモン’で、ハイマン・ミ
ンスキーはいまも健在で、二宮健史郎は注目に値する。ともあれ、
ハナミズキの花言葉は一応顕示したと思っているがこれは自惚れか。


 


 

 

コメント

リバプールと軽井沢

2009年01月04日 | 国内外旅行

 

 くつろぎて きみ口ずさむ イマジンに 秋の日差しと 茶屋に漂う


1980年12月8日(ニューヨーク時間)、ニューヨーク市の自宅アパート「ダコ
タハウス」前においてジョン・レノンがテキサス州フォートワース出身の元警
備員の
マーク・デイヴィッド・チャップマン射殺された。


  セントラルパークの鳥がいっせいに飛び立つ今日も響く銃声   瑞紀

 


何故、チャップがジョンを殺害する必要があったのかその動機が分からないと
いうのが本音だ。CIA陰謀説をとるにしても無理がある。彼は銃撃の3ヶ月前に
サージェント ペパーズ ロンリーハーツ クラブ バンド」のジャケットでジ
ョンを見て計画-彼の顔

を見て、混乱して自分が誰でもないと感じる私の疑問
が解決できるという感覚が同時に心に浮かんだ。もし、彼を殺せば有名になる
し大物になれる-
と供述したというが・・・

※Mark David Chapman1955年5月10日~

    アメリカで聴くジョン・レノン海のごとし民族はさびしい船である 

                小島ゆかり@短歌いろいろ『ヘブライ暦』

 チャップマンは、現場から逃亡せず、手にしていた銃とサイン入りの『ダブル・ファ
ンタジー』を放り出し、警官が到着するまで(レーガン元大統領を狙撃したジョン・ヒ
ンクリーも愛読した)サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』を読んだりブラブラし
ていたというが、松岡正剛の『ライ麦畑』の解釈によれば、若者の熱狂的な支持を
得て、アメリカの「暗部」の象徴としての役割を負う-フォニーやフラジャイル、信仰
の喪失、複雑なエスニシティ等の‘アメリカの狂気’-サリンジャーの仕掛けた罠を
顕示したことになるというが・・・

  マザー・テレサのとなりに並ぶジョン・レノン伝記はいつもひんやりとして

                                    
@ぽっぽの短歌

犯罪発生件率が米国と並ぶ中、近年それが低下する米国に反して、欧州と同様
に上昇傾向にある我が国の、つまりは高度消費社会の規範を考えさせられる象
徴的な犯罪が続いたが、『ライ麦畑』が参考になるかも知れない。そう考えたとき、
チャップマンの背景に岸田秀の‘反復強迫’が有効だろう。これは英国と比較する
とその違いが明
確になるはずだとも思う。英連邦主義やNHKテレビの「探検ロマ
ン世界遺
産ビートルズを生んだ街・大英帝国・伝説の港町リバプール」の‘ペニー
通り’もその1つだと思う。
 

  In Penny Lane  there is a barber showing photographs
  Of every head he's had the pleasure to know
  And all the people that come and go stop to say hello

  On the corner is a banker with a motor car
  The little children laugh at him behind his back
  And the banker never wears a mac in the pouring rain
  Very strange

  Penny Lane is in my ears and in my eyes
  There beneath the blue suburban skies
  I sit and meanwhile back

                
  ペニー・レインの床屋は写真が自慢/見るとお客さんの頭の写真/ 
  お近づきの記念なんだ/それと集合写真、こちらは立ち寄った記念
  だ/自家用車を持っている角の銀行屋がいて/小さな子供たちが
  陰で笑っているのを知らない/おじさんはどしゃぶり雨でもいつもレ
  インコートなしでとても変なんだ・・・   
         
                                                      Penny Lane

短調の曲の少なきジョン・レノン寂しきものは敢えてかがやく

@短詩型貯蔵庫

セカンドライフの旅行先の上位に「リバプール-ロンドン」があったがどう
考えて無理だろうと判断し、‘ジョン・レノンの思い出’の地として離山房
を訪ねることにした(ジョン・レノン・ミュージアムは別の機会)。朝6時
起床、ロードスターRHTで名神-中央を走り佐
久越えて5時間。勿論、駆け足
で軽井沢を見たが‘街並みの崩れ’が気になった。

1971年、ヨーコとともにお忍びで来日したジョンは、ヨーコの両親に会った。
歌舞伎座で『隅田川』を観劇、言葉もわからないのに涙を流し俳句にも感銘
を受け、「今まで読んだ詩の中で一番美しいもの。僕の詩も俳句のように短
く簡潔になっていく」と予感している。ジョンはショーンとヨーコを連れて
何回か日本に遊びに来ていた。ヨーコの実
家の軽井沢の別荘やホテルオーク
ラなどに滞在し、1977年の5月から10月までの5ヶ月間の長期滞在でジョンは
ヨーコとパーティをしたり、
サイクリングやヨガ、水泳などを楽しんだとい
う。そんなジョンだが、
Life is what happens when you're making other plans.
(人生とはいろいろと他の計画中に時に起こるもの)の語録も、1966年3月4
日のモーリーン・クリーヴとのインタビューの、「キリスト教は消えてなく
なるよ。そんなことを議論する必要はない。僕は正しいし、その正しさ
は証
明される。僕らは今やイエスよりも人気がある。ロックン・ロール
とキリス
ト教。そのどちらが先になくなるかは分からない。イエスは正
しかったさ。
だけど弟子達がバカな凡人だった。僕に言わせれば、奴らがキリスト教を捻
じ曲げて滅ぼしたんだよ」との語録も彼が残した豊かな示唆としてわたしの
心に了われた。

  

コメント