flight2005

航空機関連の情報をアップしています。今日もナイスなフライトをお願いします。

[ヘリ墜落]操縦士を書類送検(2004年の事故)

2006-09-06 | 事故・事件・トラブル
<コメント>
 2004年2人の犠牲者を出したヘリコプター墜落事故で、元操縦士を業務上過失致死などの疑いで書類送検した。簡単にこの事故を振り返ってみます。
 雄飛航空所属アエロスパシアル式AS350B型JA9445は、2004年6月2日、群馬県前橋市の群馬ヘリポートを離陸し、埼玉県比企郡川島町の川島場外離着陸場で給油した後、写真撮影を実施しながら山形空港へ向かう。
 同機は、山形空港に着陸するため場周経路で待機中、「エマージェンシー・ランディング」(緊急事態宣言)を通報して山形空港へ進入し、11時34分ころ、滑走路01進入端の東側約90メートルの草地に墜落した。
 同機には、機長ほかカメラマン1名の計2名が搭乗していたが、機長が重傷を負い、カメラマンが死亡した。

 ここで「機長がエマージェンシー(緊急事態)」を宣言しているのに、なぜ機長の過失なの?機材のトラブルがあったからエマージェンシーコールしたのでしょう?と普通思いますよね。しかし墜落の原因は以外な事だったのです・・・
「ガス欠」、途中で給油しているのですが、給油するべき量が足らず燃料不足で墜落してしまいました。「経費」「効率」を考え会社を運営する事は大切な事ですが、一番大事な「安全」が損なわれた事について非常に残念です。

※航空・鉄道事故調査委員会公表のファイル(PDF)

(時事通信) - 9月6日14時0分更新
 2004年6月、山形県東根市の山形空港の滑走路にヘリコプターが墜落し、搭乗者2人が死傷した事故で、県警村山署は6日、操縦ミスが原因として、埼玉県桶川市の雄飛航空社員小林大・元操縦士(46)を業務上過失致死などの疑いで書類送検した。
※写真のヘリコプターは墜落したAS350Bと同型機
 
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
« [格安航空会社]韓星航空、来... | トップ | [羽田成田管制]発着便一括管理へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

事故・事件・トラブル」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事