シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

千葉県松戸市のロードバイク専門ショップ~江戸川左岸サイクリングロード20kmポストのすぐ横!松戸駅西口からも600m

1000kmブルべ雨天走行後の緊急オーバーホール!

2022年09月29日 | 6.自転車メカニック情報

ランドヌ東京主催「いってこいビワイチ1000km」を完走された方から、バイクの緊急オーバーホールをご依頼頂きました!

1000kmという距離自体では、ロードバイクが受けるダメージはそれほど大きいわけではないのですが、悪天候の中で走り続けたり、特に今回は水没!?したこともあったらしく、すぐに分解してみました。

↑ 特に海岸線を走ったということで、まずは洗車から。でも、洗車はメンテナンスのほんの入り口に過ぎません。この後、すぐに必要なところに注油を行い、フレームにはWAXをかけます。そして分解作業へ。

↑ まず最初に、ちょっと動きがゴリゴリしていたヘッドパーツを分解。案の定、汚れが付着し、若干の錆も発生。可能な限りクリーニングして、耐水性硬質グリスで回りをコーティング。

↑ クリンチャータイヤだとよく水が中に入り込みますが、チューブレス仕様のホイール(シマノWH-RS770)だったためか、中は全然浸水せず!ヴィットリア・ルビノPROコントロール28Cは全く無傷で、完走の重要な立役者だったのでは!

↑ ハブの中も、さすがシマノ!全然大丈夫!

↑ ブレーキパッドは、それなりに汚れていたが損傷は無し。WAKO'S マルチフォーミングクリーナーを使って、ペーパーウエスで拭き取り。必要に応じ耐水ペーパーを使って磨きます。

↑ ローターは、厚みの規定最低値(1.5mm)より0.2mm薄くなっていたので要交換!

↑ サーベロR3のBB回りは、設計通りBB下から排水されていたため、少しクリーニングするだけでOKでした。なお、防水カップ内に若干浸水があったので水分を拭き取り。ここをそのままにしておくと、ベアリングが錆びる可能性高し。

バイクの仕様が最新パーツのオンパレードだったため、思ったほどのダメージはなく、バイクの方はすぐにでも走りだせそうですが、身体の方は無理せずゆっくり回復させてあげてください!

 

「シクル・マーモット」のHP(在庫状況、イベント、営業予定表、アクセス、問合せ etc.)

ホームページ:      https://cyclesmarmotte.amebaownd.com  (2022年から新ホームページに移行)

●メールアドレス:  marmotte@chime.ocn.ne.jp

🚲 完成車、フレーム、ホイールの店頭在庫一覧はこちら!

 作業工賃、洗車、トレーニングルーム、バイクお預かりなどのサービスメニュー一覧はこちら!

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、予約システムのご利用と走行会参加登録ができます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

 


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 第363回走行会(若洲海浜公園... | トップ | BSアンカーのベストセラーバ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。