★ 私のクラシック音楽館 (MCM) ★ 蔵 志津久

クラシック音楽研究者 蔵 志津久によるCD/DVDの名曲・名盤の紹介および最新コンサート情報/新刊書のブログ

◇クラシック音楽CDレビュー◇イングリット・ヘブラーのバッハ:フランス組曲(全曲)

2020-11-10 09:58:14 | 器楽曲(ピアノ)



<クラシック音楽CDレビュー>



~イングリット・ヘブラーのバッハ:フランス組曲(全曲)~



バッハ:フランス組曲(全曲)

      第1番 ニ短調 BWV 812
         Allemande/Courante/Sarabande/Menuet I,II/Gigue
      第2番 ハ短調 BWV 813
         Allemande/Courante/Sarabande/Menuet/Gigue
      第3番 ロ短調 BWV 814
         Allemande/ Courante/Sarabande/Anglaise/Menuet-Trio/Gigue
      第4番 変ホ長調 BWV 815
         Allemande/Courante/Sarabande/Gavotte/Menuet/Air/Gigue
      第5番 ト長調 BWV 816
         Allemande/Courante/Sarabande/Gavotte/Bourree/Loure/Gigue
      第6番 ホ長調 BWV 817
         Allemande/Courante/Sarabande/Gavotte/Polanaise/Menuet/
         Bourree/Gigue

ピアノ:イングリット・ヘブラー

CD:ユニバーサルミュージック PROA 18~19(2枚組)

 イングリッド・ヘブラー(1929年生まれ)は、オーストリア、ウィーン出身の名女流ピアニスト。ポーランド人の両親のもと、ウィーンで生まれ、10歳までポーランドで過ごす。第二次世界大戦の勃発によってオーストリア、ザルツブルクに移住し、同地のモーツァルテウム音楽院に入学。1949年にモーツァルテウム音楽院を卒業後、ウィーン音楽院に入学。その後ジュネーヴ音楽院においてニキタ・マガロフに、また、パリではマルグリット・ロンに師事。1952年と1953年の「ジュネーヴ国際音楽コンクール」で第2位を獲得。1954年の「ミュンヘン国際音楽コンクール」で第1位、「ウィーン国際シューベルト・コンクール」でも第1位となった。同年ザルツブルク音楽祭に初めて出演し、モーツァルトのピアノ協奏曲第12番を弾いて正式にデビューを果たす。デビュー後、国際的な演奏活動を開始し、ウィーンの古典派音楽をはじめ、シューマン、ショパン、ドビュッシーなども得意として活躍。特に気品に満ちたモーツァルトの演奏で高い評価を得た。1966年以来、しばしば来日して日本にもファンが多い。1960年代の半ばから後半にかけての時期(40歳前後の時期)に、モーツァルトのピアノ曲(協奏曲も含む)全集をフィリップスに録音し、高い評価を得た。さらに1980年代後半、DENONにモーツァルトのピアノソナタ全曲を再録音を行った。

 バッハは、6曲からなるクラヴィーアのための組曲として、フランス組曲のほかイギリス組曲、パルティータの3つの作品を作曲している。これらの組曲は、バロック時代の代表的な楽曲形式の一つであり、アルマンド(緩やかなテンポのドイツ舞曲、4拍子、重厚)、クーラント(テンポの速いフランス舞曲、3拍子、軽快)、サラバンド(荘重のな趣を持ったスペインの舞曲、3拍子、緩徐)、ジーグ(イギリスに由来する速い舞曲、混合拍子、快速)というのが基本形態で、それに、当時流行っていた舞曲(メヌエット、ガヴォット、ブーレ、パスピエ、ポロネーズ、アングレーズ、ルーレ、エール)をその都度挿入させて作曲している。各舞曲は、前半後半それぞれに反復を持つ二部形式で書かれており、自由な多声書式(対位法)に属し、全曲、ほとんど同じ形式で、同じ調子の上に、統一的に構成されている。従って、曲の変化は舞曲の性格に全面的に委ねられている。3つの作品のうち、フランス組曲が最も定型的で小規模なものになっている。ところで、フランス組曲、イギリス組曲の名称は、バッハ自身が付けたものではない。また、バッハは、鍵盤楽器の作品を書くとき、指定した楽器の名前を明示することは一部を除き滅多になかった。

 イギリス組曲BWV 806~811は、バッハが作曲したクラヴィーアのための曲集で、全部で6つの組曲からなる。ケーテン時代の1710年代末頃にほぼ作曲を終え、1725年頃までに推敲が終了した。第1組曲の初稿(BWV 806a)の作曲時期は、ヴァイマル時代の1712年頃にまで遡る。バッハのクラヴィーア曲集としては初期の、特に組曲としては最初期の作品に当たる。フランス組曲に比べ、求められる演奏技術が高く、長大な形式美を誇っている。一方、パルティータ(クラヴィーア練習曲第1巻)BWV 825~830は、クラヴィーアのための曲集で、イギリス組曲、フランス組曲とあるバッハの一連のクラヴィーア組曲の集大成に当たるが、バッハの作品の中で最初に出版された曲集で、「平均律クラヴィーア曲集第2巻」や「ゴルトベルク変奏曲」などと並んでクラヴィーア組曲の最高峰と評価されている。導入楽章を持つことはイギリス組曲と共通するが、パルティータの導入楽章は、それぞれ異なった名称を持っている。この、パルティータでは、古典舞曲に占めるイタリア様式の割合が増えているが、あくまで堅牢で揺るぎない構成感覚に裏打ちされ、それらが高度の円熟した技法で処理されているのが特徴。

 そして、イングリット・ヘブラーの弾くCDに収められたフランス組曲 BWV 812~817は、バッハがケーテンで過ごした1722年から1723年頃に作曲されたと考えられている。イギリス組曲やパルティータと比べ比較的演奏は容易である。この時期、バッハは先妻であるマリア・バルバラ・バッハを亡くし、15歳下のアンナ・マグダレーナ・ヴィルケと再婚しているが、創作の意欲に衰えがなく、本作をはじめ多くの鍵盤楽器曲が残されている。フランス組曲は、全部で6つの組曲からなっている。イングリット・ヘブラーの弾くバッハ:フランス組曲は、リスナーの心の中に流麗な響きが染み渡たり、端正なその音色を一度聴くと忘れられないほどの強い印象を与えずにはおかない。一音一音が明瞭であると同時に柔らかく、しかも限りない透明感に満ち満ちている。フランス組曲は、バッハの時代の響きを重視するためか、チェンバロで演奏する場合が少なくないが、イングリット・ヘブラーは、モダンピアノの多彩で豊かな響きの特徴を最大限に生かし切り、バッハの曲から、現代に通じる無限の可能性を引き出すことにものの見事に成功している。イングリット・ヘブラーの弾くバッハ:フランス組曲を聴いていると、常日頃の喧騒を忘れ、ごく自然に静かな祈りの心が湧き出してくる。本来は舞曲ではあるのだが、祈りにも通じる何かを聴きとることができる。これは現在、コロナ禍の真っただ中に喘ぐ人類への祈りだったなのかもしれない。端正で豊饒な音づくりと同時に救いのある音楽を極めた形が、イングリット・ヘブラーのピアノ演奏には確かにあるのだ。(蔵 志津久)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◇クラシック音楽CDレビュー◇レオンスカヤのシューベルト:ピアノソナタ選集

2020-06-09 09:48:59 | 器楽曲(ピアノ)


シューベルト:ピアノソナタ 第7番 変ホ長調 D568
              第13番 イ長調 D664
              第17番 ニ長調 D850
              第18番 ト長調 D894「幻想」
              第19番 ハ短調 D958
              第20番 イ長調 D959
              第21番 変ロ長調 D960

ピアノ:エリーザベト・レオンスカヤ

CD:ワーナーミュージック・ジャパン
     CD「エリーザベト・レオンスカヤ/シューベルト:ピアノ作品集」(6枚組)より
           (WARNER CLASSICS 0190295974954)
 
 エリザーベト・レオンスカヤ(1945年生まれ)は、グルジア、トビリシ生まれ。11歳の時、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番でオーケストラと共演、13歳の時にはソロ・リサイタルを行うなど、幼いころから才能を発揮。1964年から1971年までモスクワ音楽院で学ぶ。この間、1964年、ブカレストにおいて開催された「ジョルジェ・エネスク国際コンクール」優勝、パリにおいて開催された「ロン=ティボー国際コンクール」第3位、など数々の重要なコンクールで入賞を果たす。 1978年には旧ソ連からウィーンに移住し、活動拠点を西側に置く。翌年のザルツブルク音楽祭にデビューし、成功を収めたことで国際的名声を確立。夏期講習で教えたり、リサイタル、室内楽、オーケストラとの共演など多彩な活動を展開する。また、若い頃からリヒテルとの二重奏活動は、レオンスカヤの芸術上の発展に重要な位置を占めることになる。1992年に録音したリストの作品のCDは「黄金のディアパソン賞」を受賞した。また、シューベルトのピアノソナタや即興曲の録音は、シューベルトの内面の精神性を見事に再現しており高い評価を得ている。しばしば来日し、演奏会を通して多くのファンに親しまれている。
 
 今回は6枚組のCDアルバム「エリーザベト・レオンスカヤ/シューベルト:ピアノ作品集」(WARNER CLASSICS 0190295974954)より、7曲のシューベルトのピアノソナタを選んで聴くことにする。レオンスカヤの弾くシューベルトのピアノソナタは、シューベルトに対する深い共感が籠もっていると同時に、他のピアニストから聴くことのできない親しみ易さが大きな特徴となっている。このため、一生聴き続けたいCDの一つといった位置づけをされても何の不思議もないほど、優れた演奏内容となっている。
 
 シューベルトは生涯で、番号が振られたピアノソナタを全部で21曲遺した。これらの作品は、①初期(1815年~1816年)第1番~第3番 ②中期(1817年~1819年)第4番~第13番 ③後期(1823年~1828年)第14番~第21番と区分けすることができよう。このうち、1828年に作曲された後期の最後の3曲は一般に「3大ソナタ」と名づけられ、シューベルトのピアノソナタの最高傑作に位置付けられている。シューベルトのピアノソナタは、シューベルトの歌曲や室内楽や交響曲などのようには知名度は高くないものの、一度聴き始めると愛着度が増し、生涯忘れることのできなくなるような作品が少なくない。シューベルトの歌曲作品というと、仰ぎ見るような威厳に満ちた印象があるが、それに対して、ピアノソナタは、いずれもシューベルトの心の内を見せてくれるような親しみやすさに溢れている。
 
 最初の曲である第7番 変ホ長調 D568は、第1番~第6番のピアノソナタ完成させた後、変ニ長調のソナタに取り組んだが、未完成で終わり(D567)、この曲を基に1817年に完成させた作品。素朴な曲想だが、その中にもシューベルトらしさの萌芽が見られる作品。レオンスカヤはこのソナタを、シューベルトの原点を探り当てるかのように、一音一音を確かめるように弾き進む。次の曲からの期待感が高まる。次のピアノソナタ第13番 イ長調 D664は、1819年夏か1825年に作曲された。この曲は、全3楽章の全てが、それはそれは美しい旋律に覆い尽くされた名品。誰もが、出だしの旋律を聴いただけで、この曲なら聴いたことがあると思うほど親しみの湧く曲だ。シューベルトが旅先で世話になった商人の娘ヨゼフィーネにために書き下ろしたという。レオンスカヤはそんな愛らしい曲を格調高く、同時に親しみやすく弾きこなす。

 次のピアノソナタ第17番 ニ長調 D850は、1825年に作曲された。このソナタは、前作第16番を引き継ぐ要素と後期の傑作ソナタを予言するかのような要素が入り組み、その評価は人により分かれるが、人を引き付けずにはおかない魅力があることは確か。ここでのレオンスカヤの演奏は、この曲を弾くこと自体が楽しくてしょうがないといった感情がストレートにリスナーに伝わってくる。次のピアノソナタ第18番 ト長調 D894「幻想」は、1826年につくられた。第1楽章のこの世のものとも思われないくらいの美しい旋律にまず引き付けられる。シューベルトは最初、この楽章を独立した幻想曲としようとしたこともあり、この曲は「幻想」の愛称で親しまれている。この曲でのレオンスカヤは、穏やかで清々しい演奏に終始する。何と親しみの持てるピアノ演奏であろうか。そして、最後の「三大ソナタ」(第19番~第21番)へと向かう。
 
 ピアノソナタ第19番 ハ短調 D 958 は、1828年9月につくられたシューベルトの最後の「3大ソナタ」の最初の曲。 シューベルトは最初これら3部作のソナタをフンメルに献呈するつもりだったが、1837年にフンメルが亡くなったために、これらを出版したディアベリは、1839年にシューマンに変更し献呈した。前作からほぼ2年の歳月が流れており、シューベルトが限りなく敬愛するベートーヴェンの死は、その前年の春のことであった。そしてシューベルト自身の死は2か月先に迫っていた。当時のシューベルトは、多分ベートーヴェンのことが日夜頭から離れることはなかったであろう。そのためか、この曲は、どことなくベートーヴェンの悲愴ソナタを思い起こさせるところがある。この曲でのレオンスカヤのピアノ演奏は、終始毅然とした態度で臨んでおり、一貫した流れの中で、最晩年のシューベルトが行き着いた新しいピアノソナタの世界を、力強く、しかも伸びやかに表現し尽くす。
 
 ピアノソナタ第20番 イ長調 D 959 は、同じく1828年9月につくられたシューベルトの最後の「3大ピアノソナタ」の2番目のソナタ。このソナタは、シューベルトでしか書けないといった独特の雰囲気に包まれたピアノソナタと言ったらよかろうか。歌曲特有の歌心の微妙な変化が随所に見られと同時に、全体に平穏な心曲想であり、シューベルトしか思いつかない独自のピアノソナタの世界を形作っており見事というほかない。特に第2楽章は、シューベルトが最後に行き着いた心の奥底を吐露しているかのように、美しくもまた静寂の世界が広がる。第4楽章は、アレグレットのロンドソナタ形式の曲で、その落ち着いた雰囲気が独特の魅力を醸し出す。この曲でのレオンスカヤの演奏は、シューベルトに寄り添うように、神秘的とも言える静寂さの世界に加え、心豊かな世界へと誘ってくれる。同時に、確信に満ちたピアノタッチで、くっきりとその曲想をリスナーに提示してくれる。
 
 ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D 960 は、作曲者最晩年の「3大ソナタ」の最後を締めくくる生涯最後のピアノソナタである。 第1楽章は、この世のものとも思われないような天上のメロディが、聴くもの全ての胸に突き刺さる。曲想は純化され、シューベルトの最後の別れのつぶやきを聴いているかのようである。この流れのまま、第2楽章へと続くわけであるが、その純化の度合いはさらに深まり、最後には聴き取ることもかなわないような繊細な音楽を奏でる。第3楽章では、これまでの流れを自ら絶ち切るように、明るく軽快な調べが支配する。リスナーもここでほっと一息つけるのだ。シューベルトの心憎いほどの演出の冴えに感じ入ってしまう。そして、この流れのまま第4楽章に入っていく。あくまで軽快で前向きの音楽が奏でられる。そして、最後に向かうほど力強さも増して行くところで、この最後のピアノソナタは閉じられる。レオンスカヤは、このような起伏に富むピアノソナタを、心の奥底からシューベルトの心情に共感しながら弾きこなしていく。これほどピアニストの心を赤裸々に開示してしまうピアノソナタもそう多くは存在しまい。レオンスカヤの演奏は、このシューベルト生涯最後の音楽を、前半は深く静かに、そして後半は輝かしい曲想で締めくくる。(蔵 志津久)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◇クラシック音楽CDレビュー◇ショパン国際ピアノコンクール優勝者 ブレハッチのショパン:ポロネーズ集

2020-02-11 20:38:29 | 器楽曲(ピアノ)



<クラシック音楽CDレビュー>



~ショパン国際ピアノコンクール優勝者 ブレハッチのショパン:ポロネーズ集~



ショパン:2つのポロネーズ 作品26 第1番 嬰ハ短調/第2番 変ホ短調
     2つのポロネーズ 作品40 第1番 イ長調「軍隊」/第2番 ハ短調
     ポロネーズ 嬰ヘ短調 作品44
     ポロネーズ 変イ長調 作品53「英雄」
     ポロネーズ 変イ長調 作品61「幻想」

ピアノ:ラファウ・ブレハッチ

CD::ユニバーサル ミュージック UCCG‐51089
 
 ピアノのラファウ・ブレハッチ(1985年生まれ)は、ポーランド出身。幼い時から教会のオルガンを弾くようになり、教会牧師の勧めで4歳からオルガンを、5歳からピアノを始めた。ルービンシュタイン音楽学校、フェリクス・ノヴォヴィエイスキ音楽大学で学ぶ。「青少年のためのポーランド・ショパンコンクール」第2位(1999年)、「アルトゥール・ルービンシュタイン国際青少年ピアノ・コンクール」第2位(2002年)などを経て、2003年第5回「浜松国際ピアノコンクール」で初めて国際コンクールに参加し、1位該当なしの2位に入賞する。そして2005年第15回「ショパン国際ピアノコンクール」で優勝と同時に、マズルカ賞(ポーランド放送)・ポロネーズ賞(ポーランド・ショパン協会)・コンチェルト賞(ワルシャワ管弦楽団)・ソナタ賞(クリスティアン・ツィマーマン)も併せて受賞した。ポーランド人の優勝者は、1975年第9回の同コンクールを制したツィマーマン以来4人目となった。ブレハッチはショパン・コンクール優勝後、度々来日公演を行っている。 2007年ショパンの「前奏曲集」がCDデビュー盤として発売された。このショパン:ポロネーズ集のCDは、2013年「ドイツ・レコード批評家賞」を受賞した。2014年「ギルモア・アーティスト賞」受賞。
 
 ショパンは、父親がフランス人、母親がポーラドン人の子供としてポーランドに生まれた。ポーランド出身の作曲家として自国のマズルカやポロネーズを芸術的な作品にまで高めた。マズルカは、4分の3拍子を基本とするポーランドの民族舞曲。第1拍は付点リズムが多く、第2もしくは第3拍にアクセントが置かれる。この基本のリズムとテンポの踊りには、地方ごとに速い曲、遅い曲などがあり、これらは「マズル(Mazur)」と呼ばれるが、ショパンはそれらを一つの曲のマズルカとしてまとめている。マズルカは、19世紀、ポーランド貴族のあいだで流行した。このマズルカは、ショパンの作品以外にも、チャイコフスキーのバレエ音楽「白鳥の湖」やドリーブのバレエ音楽「コッペリア」の中でも使われている。一方、ポロネーズは、フランス語で「ポーランド風」を意味し、マズルカと並んでポーランド起源の舞曲である。テンポはマズルカと同じ4分の3拍子で、第1拍が16分音符で細分されているのが特徴。舞踏は、3拍目の最後に挨拶をして締めくくられるため、3拍目の初めの拍(弱拍)で終結するのが特徴となっている。元は民俗的なものでなく貴族の行進から始まったと言われ、16世紀後半にポーランド王国の宮廷で演奏されたという。その後、ヨーロッパ各国の宮廷に取り入れられ、フランス宮廷からポロネーズの名が広まった。ポロネーズは、ショパンの作品以外に、古くはバッハの作品、さらにチャイコフスキーのオペラ「エウゲニ・オネーギン」などでも使われている。
 
 「ショパン:2つのポロネーズ 作品26 第1番 嬰ハ短調」は、1834年から翌年にかけ作曲され、楽譜は1836年に出版された。このポロネーズでは舞曲としての性格が薄れ、ショパン独特のスタイルが確立されているのが分かる。この曲でのブレハッチの演奏は、力強く演奏される部分と、叙情的な面持ちを色濃く反映させて演奏される部分と絶妙に絡み合い、全体的に見事な仕上がりを見せている。「同第2番 変ホ短調」は、第1番と同じく1834年から翌年にかけ作曲されたが、第1番に比べ、陰鬱な感情に満ちた曲となっている。「シベリアで鎖でつながれて流刑に処せられているポーランド人たちを描いている」(カラソフシキ)ということから"シベリア”"革命”という名前で呼ばれることもある作品。この曲でのブレハッチの演奏は、心の奥底から湧き出すように、押さえられた激情の表現が巧みなテクニックにより表現されており、ドロドロとした表現に終わらないところが見事と言うべきであろう。「2つのポロネーズ 作品40 第1番 イ長調『軍隊』」は、1838年~1839年にマジョルカ島で作曲された。曲は三部形式で、豪快な主題で開始され、ニ長調の中間部を経て、最初の部分が繰り返されて終わる。力感に満ちた華麗で勇壮なポロネーズであるところから"軍隊ポロネーズ”の愛称で親しまれている。この曲でのブレハッチの演奏は、肩の力を抜き、全体的に優美に演奏を進める独自のの"軍隊ポロネーズ”を聴かせてくれる。「2つのポロネーズ 作品40 第2番 ハ短調」は、1838年、マジョルカ島で書かれた。第1番"軍隊”に比べて憂鬱な気分が漂うポロネーズ。この曲でのブレハッチの演奏は、真正面からこの作品に取り組み、ポーランドの没落を悲しんだ曲と言われる雰囲気を体現する。ブレハッチの繊細さがキラリと光る。
 
 「ポロネーズ 嬰ヘ短調 作品44」は、マジョルカ島から帰った1838年から3年ほど、ショパンは創作の絶頂期を迎えるが、そんな頃、1840年から1841年にかけて作曲された作品だけに内容の充実したポロネーズに仕上がっている。「この曲は、極めて独創的で、バイロンの『夢』の一節を思い出させる」(リスト)と絶賛されているが、残念ながらそう多くは演奏されない。焦燥感と激しい憧憬の入り交じった独特の雰囲気を演奏するのが困難なためとも言われている。この曲でのブレハッチの演奏は、自分の力の限りにこの曲に取り組んでいる演奏であることが、リスナーの肌に直接伝わってくるような力演を聴かせる。スケールが大きい、ゆっくりと弾き進むこの演奏を聴いていると、ブレハッチが既に巨匠の域に達しているかのような印象すら受ける。この1曲を聴くだけでも、このCDの存在は価値十分にあると言えよう。「ポロネーズ 変イ長調 作品53『英雄』」は、1842年に作曲され、翌年出版された。ロシアの圧政に打ち克つポーランド人のヒロイズムを奮い起こさせるような作品で、"英雄ポロネーズ”としてしばしば演奏される著名なポロネーズ。この曲でのブレハッチの演奏は、軽快なテンポの中に、深い情緒を込めたものに仕上げた。この曲はあまりにも有名なので、ともすると新鮮味に欠ける演奏に陥りがちであるが、ブレハッチは、今できた作品であるかのように新鮮な演奏に終始しているのは、正に脱帽もの。このCDの最後の曲である「ポロネーズ 変イ長調 作品61『幻想』」は、ポロネーズという範疇から飛び出した傑作としての評価が高い曲。1845年から1846年に作曲された。この曲でのブレハッチの演奏は、集中力を最高度に高め、深遠な空間を奔放に飛び回るかのごとく、伸び伸びと豊かな"幻想”の世界をリスナーの目の前に存分に描き出してくれる。これは正に名演中の名演だ。
(蔵 志津久)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◇クラシック音楽CDレビュー◇天才 田中希代子の新たに発見された音源によるCD(ライブ録音盤)

2019-10-08 09:44:40 | 器楽曲(ピアノ)

 

 ショパン:ピアノ・ソナタ第2番「葬送」 変ロ短調 Op.35      
      バラード第1番 ト短調 Op.23
ハイドン:ピアノ・ソナタ第46番 変イ長調

ピアノ:田中希代子

CD:キングインターナショナル KKC-2503

収録:1964年6月22、都市センターホール(ライヴ録音)    

 田中希代子(1932年―1996年)は、第二次世界大戦直後の昭和時代に活躍した天才ピアニストである。 まだ日本が敗戦の混乱期にあった丁度その頃、田中希代子は、1952年第14回「ジュネーヴ国際音楽コンクール」、1953年第5回「ロン=ティボー国際コンクール」、1955年第5回「ショパン国際ピアノコンクール」の3つの国際コンクールの日本人として初の入賞者となり、“東洋の奇跡”とも呼ばれた。このことは、敗戦で自信喪失にかかっていた日本人に、誇りと勇気を取り戻すきっかけを与えたもので、1949年に日本人初のノーベル賞受賞者となった湯川秀樹博士とともに、日本人の快挙として歴史上に永遠にその名を遺すことになる。田中希代子は、レオニード・クロイツァーと安川加壽子に師事。1948年第18回「日本音楽コンクール」第2位特賞を受賞。 その後、戦後初のフランス政府給費留学生の一人に選ばれる。パリ国立高等音楽院に入学し、同音楽院の卒業試験で一等賞「プルミエ・プリ」で合格し卒業。そして1952年、「ジュネーヴ国際音楽コンクール」に最高位特賞(1位無しの2位、日本人初の入賞)となったが、これは日本人初の国際コンクール入賞であり、日本のクラシック音楽界にとって歴史的快挙となった。その後、パリやウィーンを拠点にヨーロッパから南米まで幅広い演奏活動を繰り広げた。日本に帰国後、体調を崩し、検診の結果、難病である膠原病と診断される。そして1970年に最後のリサイタルを開き、完全に演奏活動を引退してしまう。しかし、現役のピアニストを引退した後も、ピアノ教育に携わり、多くの優秀な門下生を世に送り出したのである。2005年、音楽評論家の萩谷由喜子が「田中希代子―夜明けのピアニスト」(㈱ショパン刊)を著し、その偉業を今に伝えている。

 2006年に没後10周年記念として、キングレコードより発売されたCD「田中希代子~東洋の奇蹟」は各方面で大きな反響を呼んだ。ところが、既に出つくしたと思われていた田中希代子の新たな音源が、ニッポン放送に残っていたことが今回分かったのである(ニッポン放送「新日鉄コンサート」の録音)。それも彼女がいちばん輝いていた1964年の帰国時の公開録音であり、しかも他で聴くことのできないレパートリーが多い。この “幻の音源” をもとに、次に挙げる4枚のCDが、このほどキングレコードから発売となった。

①ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調Op.57「熱情」
②シューマン:クライスレリアーナOp.16(第3曲なし)
収録:1964年12月7日/東京文化会館(ライヴ録音)
CD:キングインターナショナル KKC-2501

①モーツァルト:ピアノ・ソナタ第11番イ長調K.331「トルコ行進曲つき」
②スカルラッティ:ソナタ ヘ長調K.445 (L.385)
         ソナタ 変ホ長調K.193 (L.142)
         ソナタ 変ロ長調K.551 (L.396)
         ソナタ 変ロ長調K.544 (L.497)
         ソナタ ト長調K.146 (L.349)
         ソナタ ニ長調K.96 (L.465)
⑧田中希代子の語り
収録:1964年6月2日①、22日②-⑦/都市センターホール(ライヴ録音)
CD:キングインターナショナル KKC-2504

①ショパン:ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調Op.35「葬送」
②同:バラード第1番ト短調Op.23
③ハイドン:ピアノ・ソナタ第46番変イ長調
収録:1964年6月22/都市センターホール(ライヴ録音)
CD:キングインターナショナル KKC-2503

①ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調Op.57「熱情」
②シューマン:クライスレリアーナOp.16(第3曲なし)
収録:1964年12月7日/東京文化会館(ライヴ録音)
CD:キングインターナショナルKKC-2501 

 今回、紹介するのは、これらの中から、①ショパン:ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調Op.35「葬送」 ②同:バラード第1番ト短調Op.23 ③ハイドン:ピアノ・ソナタ第46番変イ長調の3曲を収めた1枚である。最初の曲は、ショパン:ピアノソナタ第2番 変ロ短調 Op.35「葬送」。この曲は、第3楽章に有名な葬送行進曲が用いられていることから「葬送」または「葬送行進曲付き」の副題で知られている。1839年にノアンで作曲された。全ての楽章が短調で書かれているので、暗い曲想と思われがちだが、ところどころに長調の音楽が現れるので、何か救われる思いが感じられる曲でもある。いずれにしても、この曲はショパンの天分が如何なく発揮された名曲である。この曲での田中希代子の演奏は、ずばり曲の核心を突いて、全く揺るぐことがない。この曲は、ショパンの揺れ動微妙な心情を表現する演奏がほとんどだが、田中希代子の演奏は、そんな演奏に挑戦状を突きつけるがごとくに、ショパンの魂が咆哮する様を、凄まじいエネルギーを持って一気に弾き進める。このようなショパン像を表現することができるのは、田中希代子しかこの世に存在しない、とさえ断言したいほどだ。一転、葬送行進曲に入ると、激情はぴたりと止み、言いしれぬ悲しみと絶望感がないまぜになり、そして天使のような歌へと昇華されて行く。絶望とその裏腹な甘美さが組み合わさったショパン特有の世界を、田中希代子は何のけれんみもなく、ストレートに表現し尽くす。これほどまでにドラマチックに弾き切ったショパンのピアノ・ソナタ第2番「葬送」に遭遇することは、もうないかもしれない。

 次の曲は、ショパン:バラード ト短調 Op.23 この曲は、パリ滞在中の1831年から1835年に作曲され、1836年に出版された。ポーランドの詩人、アダム・ミツキェヴィチの愛国的な詩に啓発されたと言われるが、必ずしも標題音楽のように詩と曲との関連は明確にはなっていない。この曲での田中希代子の演奏は、「葬送」の時のような激情のほとばしりはないものの、実に堂々とした確信に満ちた演奏に終始する。どちらかというと、一般に言われるバラードという感じよりも、もっと心情の世界を掘り下げるような、内省的な趣の濃い演奏内容だ。ただ、ピアノタッチはあくまで力強いものがあり、あいまいな表現の入り込む余地は少しもない。これは田中希代子のショパン像の反映であろう。最後の曲は、ハイドンのピアノソナタ 第46番 変イ長調。この曲は、1770年頃の作品と推定されている。ハイドンが作曲したピアノソナタは、全部で65曲あると言われている。、近年ではピアニストのレパートリーとなりつつあり、再評価が進んでいる。この曲での田中希代子の演奏は、安定した、しっかりとしたピアノタッチで曲を捉え、古典的なこの曲の美感を、存分にリスナーに送り届けてくれる。以上の曲の録音状態は、一部に音のゆらぎが感じられるものの、鑑賞には差し障りがない。逆に、ジャケット写真にあるように、当時のマイクロフォンの性能から、マイクがピアノに出来る限り近い場所にセッティングされているためか、ピアノタッチの生々しい音が捉えられている。下手をすると、最新録音状態より臨場感あふれるピアノの音が聴くことができると言えるのかもしれない。(蔵 志津久)  

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◇クラシック音楽CDレビュー◇2018年に引退したピリスのシューベルト:ピアノソナタ第16番/第21番

2019-06-11 09:37:26 | 器楽曲(ピアノ)

 

シューベルト:ピアノソナタ第16番/第21番

ピアノ:マリア・ジョアン・ピリス

録音:2011年7月、ドイツ、ハンブルク市、ハンブルク=ハールブルク

CD:ユニバーサルミュージック UCCG-52073

 ピアノのマリア・ジョアン・ピリス(正しくはピレシュ、1944年生まれ)は、ポルトガル、リスボン出身。現在はブラジル・バイーア州・サルヴァドールに在住。 1953年から1960年までリスボン大学で作曲・音楽理論・音楽史を専攻。その後、西ドイツに留学し、ミュンヘン音楽アカデミーで学ぶ。1970年に、ブリュッセルで開かれた「ベートーヴェン生誕200周年記念コンクール」で優勝。1970年代には、デンオンと契約してモーツァルトのソナタ全集を録音している。1986年ロンドン・デビュー、さらに1989年ニューヨーク・デビューを果たす。室内楽演奏にもすぐれており、1989年よりフランス人ヴァイオリニストのオーギュスタン・デュメイと組んで演奏や録音を続けた。モーツァルトのピアノソナタ全集の録音により、1990年「国際ディスク・グランプリ大賞」CD部門を受賞。同年クラウディオ・アバド指揮のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と共演してザルツブルク復活祭音楽祭にもデビュー。 2008年8月~12月、NHK教育テレビの番組「スーパーピアノレッスン」の講師を務めた。2018年をもって現役から引退し、以後後進の育成に努めるすることを表明し、日本においてもお別れ演奏会が開かれた。

 シューベルトは、生涯に21曲のピアノソナタを書いているが、その中で完成したのが11曲。この完成されたピアノソナタで生前に出版されたのが3曲であり、そのなかの1曲がピアノソナタ第16番である。ピアノソナタ第16番 イ短調 作品42 D 845 は、1825年5月に作曲され、オーストリアのルドルフ大公に献呈された。シューベルトの中期に完成されたピアノソナタの一つであり、翌1826年にピアノソナタとしては初めて出版された。それまでのソナタにおける3楽章制とは一転して4楽章構成を取っており、シューベルトはこのソナタ以降一貫して4楽章制を取り続けることになる。 第1楽章 はモデラート、第2楽章はアンダンテ・ポコ・モッソ、第3楽章はスケルツォ、アレグロ・ヴィヴァーチェ、第4楽章はロンド、アレグロ・ヴィヴァーチェ。このピアノソナタは、これまでのピアノソナタに比べ、格段の進歩がみられ、シューベルトのピアノソナタの中でも傑作の一つとして評価されている。それは、第1楽章の提示部を聴けば,楽想の洗練の度合い、ピアノの響きの美しさが、それまでのピアノソナタと比べて、格段の向上を聴き取ることができる。

 一方、ピアノソナタ第21番は、シューベルトの最後のピアノソナタであり、全21曲中の最高傑作である同時に、ピアノソナタ史上においても最高の位置づけがなされている作品である。1828年9月に作曲され、晩年のピアノソナタ3部作(第19番、第20番、第21番)の最後を締めくくる作品となった。第1楽章 モルト・モデラート 、第2楽章 アンダンテ・ソステヌート 、第3楽章 スケルツォ:アレグロ・ヴィヴァーチェ・コン・デリカテッツァ - トリオ 、第4楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ - プレスト。 晩年のピアノソナタ3部作は、ほぼ同時に作曲が進められたが、最後の2曲が作曲されたのは、死の2か月前だった。その頃、シューベルトは死の病と貧困に喘いでおり、作曲は壮絶な仕事だったと伝えられている。ピアノソナタ3部作は、最初、当時ピアノの大家であったフンメルに献呈される予定であったが、最終的にはシューマンに献呈されることになった。この曲についてシューマンは、次のように書き記している。「まるで永遠に尽きることを知らぬかのように、まるで次から次へと淀むことを知らぬかのように、常に音楽的な歌に富むこの曲は、ページからページへとさらさら流れていく。・・・そして曲は、ちょうど夜が明けたらまた新しい作曲が始まるかのように、はつらつと、軽快に、そして優しく終わる」

 シューベルト:ピアノソナタ第16番を聴いてみよう。第1楽章は「問いと答え」という形式で始まるが、ピリスは、確信に満ち溢れ、力強さを前面に打ち出した演奏をきかせる。時には腹にずしりと感じるほどであるが、全体はゆっくりとしたテンポで進められる。同時に決して歌心は忘れていない演奏内容となっている。第2楽章は主題と5つの変奏から成る。ピリスは、ここでもゆっくりとしたテンポは維持したままだ。一音一音を確かめるようにして弾き進めわけであるが、リスナーにはその展開が誠に心地良く、知らず知らずしらずのうちにシューベルトの世界に引き込まれていく。第3楽章はスケルツォ部とゆったりとした子守唄風のトリオ部から成る。この中間部でピリス限りなく美しい歌をピアノに歌わせることに成功しており、リスナーは天上の歌を聴いているかのように感じられる。第4楽章は即興的なロンド主題を中心に展開される。ここでのピリスは、これまでとは一転して軽快なテンポの演奏を一気に聴かせてくれて、最後には華やぐ雰囲気でこの曲を終える。

 次のピアノソナタ第21番はシューベルトの死のわずか2か月前に作曲されただけに、内容は暗く、重い曲である。しかし、シューベルト独特の浄化された世界が展開され、リスナーは救われる。第1楽章はいきなりこの世のものとも思われぬメロディーが現れる。ピリスは、これに真正面から取り組む。一切の装飾をかなぐり捨て、シューベルトが最後に行き着いた魂の歌を淡々と紡ぎだす。ピリスは、遥か昔の情景を思い出させるような深みのある表現に徹する。第2楽章は、第1楽章を受け、さらに人間の内面から発せられる独白とも感じられる印象の曲。ここでピリスは、あらゆる神経を一点に集中させるかのように緊張感あふれる演奏に終始し、見事というほかない。第3楽章は転調しながら主題が繰り返され演奏される曲だが、ピリスの演奏は、何か無心の境地で弾いているかのようにも感じられる一方、緊張感が解け一時の開放感を楽しんでいるかのような演奏内容だ。最後の第4楽章は、これまでの苦しみを乗り越え、無我の境地に至ったような曲想を持っている。ピリスもこれを意識してか、軽快の中にも、神々しさを宿したような演奏内容に徹している。ピリスのピアノ演奏が、シューベルトの魂に一瞬触れたかのような緊張感に包まれた録音内容だ。(蔵 志津久)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◇クラシック音楽CD◇ツィメルマン、25年ぶりのソロCD シューベルト:ピアノ・ソナタ第20番&第21番

2017-10-10 07:45:19 | 器楽曲(ピアノ)

シューベルト:ピアノ・ソナタ第20番、第21番(遺作)

ピアノ:クリスチャン・ツィメルマン

録音:新潟県柏崎市 

CD:ユニバーサルミュージック(ドイツグラモフォン) 479-8204

 シューベルトが尊敬してやまなかったベートーヴェンは、生涯で32曲のピアノソナタを作曲したが、その最後の3曲であるピアノソナタ第30番/第31番/第32番はベートーヴェンの“後期三大ピアノソナタ”と呼ばれ、それまでのベートーヴェンのピアノソナタとは次元が異なるほど内容の円熟した孤高の音楽を形づくった傑作として知られている。シューベルトは、全部で21曲のピアノソナタを作曲(このほか未完成のピアノソナタもある)したが、ベートーヴェンと同じく最後の第19番/第20番/第21番の3曲は、シューベルトがピアノソナタの世界で最後に到達した境地を余すところなく発揮した傑作として現在でもコンサートでしばしば取り上げられている。このCDには、シューベルトのピアノソナタの最後の3曲のうち、第20番と第21番とが収められている。これは、名ピアニストのクリスチャン・ツィメルマンが2015年~2016年に掛けて行われた日本全国リサイタル・ツアー終了後、新潟県柏崎市で録音したという通常の録音とは一味異なるもの。ツィメルマンのソロ・アルバムとしては、1991年録音(25年ぶり)/1994年発売(23年ぶり)のドビュッシー前奏曲集以来となる貴重なものだ。

 シューベルト:ピアノソナタ第20番イ長調D.959は、作曲者最晩年のピアノソナタ3部作の一つで1828年に作曲された、全部で4つの楽章からなる長大な作品。そのひとつ前のピアノソナタ第19番が、ベートーヴェンのピアノソナタを思い起こさせるような堅牢でがっしりした内容を持つのに対して、この第20番は、シューベルト独自の語り口で書き綴られた美しい作品に仕上がっている。一方、ピアノソナタ第21番変ロ長調D.960は、1828年9月に作曲されたシューベルトの生涯で最後のピアノソナタであると同時に最高傑作の作品である。この作品についてシューマンは次のように書き残している。「まるで永遠に尽きることを知らぬかのように、まるで次から次へと淀むことを知らぬかのように、常に音楽的な歌に富むこの曲は、ページからページへとさらさら流れて行く。ときどき激しい高揚で中断されることもあるけれども、すぐにもとのように落ち着いてしまう。・・・そして曲は、ちょうど夜が明けたらまた新しい作曲が始まるかのように、はつらつと、軽快に、そして優しく終わる」。このようにシューマンが書き綴っているようにこの第21番のピアノソナタは、死を目前にして病に臥せっていたシューベルトが最後の力を振り絞って書いた、孤高で崇高なピアノソナタの“白鳥の歌”であり、“人類の永遠の宝”とでも言える、全体が静寂な美しさに溢れた大傑作のピアノソナタなのである。

 ピアノのクリスチャン・ツィメルマン(1956年生まれ)は、ポーランド出身。現在、世界で最も高い評価を得ているピアニストの一人。1973年「ベートーヴェン国際音楽コンクール」で優勝後、1975年の第9回「ショパン国際ピアノコンクール」で史上最年少(18歳)で優勝。1981年にポーランドを離れ、スイスに移住する。1999年、ショパン没後150年を記念して、ポーランド人の若手音楽家をオーディションで集め、「ポーランド祝祭管弦楽団」を設立。初来日は1978年で、最近ではほぼ毎年のように来日している親日家。自身がオーディオを自作するなどするため、秋葉原の電器街に出かけることなどが来日する契機になったようだ。2005年フランスの「レジオン・ドヌール勲章(シュバリエ章)」を受章した。2011年の東日本大震災当時は東京におり、震災を実際に体験し、以後、ほぼ毎年のように来日し、被災者支援のチャリティコンサート・リサイタルを行った。

 このCDのシューベルト:ピアノ・ソナタ第20番でにおいて、ツィメルマンは、実に明快な解釈を見せる。流れる出るメロディーを自然に身を任せかの如く、柔軟に一気に弾き進む。シューベルトの最後の3曲のピアノソナタは、多くのピアニストは肩に力入り、その結果、武骨な仕上がりになるケースも少なくないが、ここでのツィメルマン解釈はこれらと全く異なり、楽譜に書かれた通りに弾きこなす。演奏家の思い込みをできるだけ排除したいという考えがツィメルマンにはあったのではないか。シューベルトのあまりに短い生涯から来る、後世の人々がつくった物語をなるべく入れないで、ツィメルマンは「シューベルトが最後に行き着いたピアノソナタの音楽的な真の姿こうですよ」とリスナーに呼びかけているようにも聴こえる。一方、ピアノ・ソナタ第21番の方は、逆に、ツィメルマンのこの曲に対する熱い思いがぎゅーと凝縮されているかのような名演を聴かせる。テンポは速からず、遅からず、少しの衒いもない。死を目前にしたシューベルトの想いをツィメルマンが代弁するかのように、時折押し寄せる激高の後の静寂で孤高な精神に溢れた優れた演奏内容となっている。引き締まった構成となっているので、全体に緊張感で溢れる。しかし、そこには少しの硬さも感じられない。この曲が“人類の永遠の宝”であることが実感できるような充実した演奏内容に仕上がっている。(蔵 志津久)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◇クラシック音楽CD◇ユジャ・ワンのショパン:ピアノソナタ第2番/スクリャービン:ピアノソナタ第2番「幻想ソナタ」/リスト:ピアノソナタロ短調ほか

2017-07-11 06:32:00 | 器楽曲(ピアノ)

 

ショパン:ピアノソナタ第2番
リゲティ:エチュード第4番「ファンファーレ」
スクリャービン:ピアノソナタ第2番「幻想ソナタ」
リゲティ:エチュード第10番「魔法使いの弟子」
リスト:ピアノソナタロ短調
モーツァルト(ヴィロドス編):トルコ行進曲

ピアノ:ユジャ・ワン

録音:2008年11月、ハンブルク=ハールブルク

CD:ユニバーサルミュージック(ドイツグラモフォン) UCCG‐51086

 ピアノのユジャ・ワン (1987年生れ) は、中国・北京出身。北京の中央音楽学院で学ぶ。14歳のときカナダのカルガリーのマウント・ロイヤル・カレッジで研鑽を積む。2001年第1回「仙台国際音楽コンクール」に最年少出場者として参加し第3位と審査委員特別賞を獲得した。2002年からはフィラデルフィアのカーティス音楽院で学ぶ。2003年、ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番でヨーロッパデビューを果たした後、2005年にはアメリカでもデビューを果たす。近年、ユジャ・ワンは毎年のように来日しているので日本でのファンも多い。伝統的なファッションを重んじるクラシック音楽のコンサートの中で、奇抜なファッションでも話題を集める。また、欧米の音楽界がアジア人の演奏家をどう受け止めているかを著した書籍「ピアニスト」(エティエンヌ・バリリエ著/アルファーベータ刊) のモデルとしてユジャ・ワンが取り上げられたことでも話題となった。現在ニューヨーク在住。

 最初の曲は、ショパン:ピアノソナタ第2番。この演奏内容は、曲に真正面から取り組んだあまりにも正統的なものであり、ちょっと驚かされる。詩情たっぷりに歌わせるところなどは、何かベテランの大家のピアニストが演奏しているかのような感じもするほど。この頃既に成熟の域にまで到達していたかのようだ。この演奏を聴いていると何故ユジャ・ワンが今人気ピアニストのであるかが理解できるような気がする。現代的な印象とは別に古風な一面も持ち合わせていることを窺わせる。そして、何よりもいいのが健康的なショパンを聴かせてくれるところだ。全体が実に生き生きと、はつらつとした演奏に徹しており小気味がいい。何のけれんみもなく堂々と弾き切る。また、このアルバムにはハンガリの作曲家リゲティ(1923年―2006年)の2曲のエチュードが挿入されている。これがこのアルバム全体を引き締めるのに、かなりの効果を挙げている。これがユジャ・ワンの発案だとすると企画力もなかなかのものだ。リゲティの曲の演奏は、リズム感の良く一挙に弾きる、魅力たっぷりの内容となっている。

 次の曲はスクリャービン:ピアノソナタ第2番「幻想ソナタ」。これは1897年に書かれた全2楽章からなる作品。「幻想ソナタ」と題されているようにロマンティックで内省的な雰囲気が印象的な曲だ。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品の着想を得たという。第1楽章は、光と打ち寄せる波が交錯するような印象を与え、第2楽章は激しく打ち寄せる波のようなダイナミックな音楽。ここでのユジャ・ワンの演奏は、ショパンの時とはがらりと一変し、茫漠としたスクリャービン特有の世界に没入して見事。ユジャ・ワンのピアノの音色は微妙なニュアンスが隠し味となっているようで聴いていて飽きがこない。そして、単なる表面的な情緒に陥らず、背筋がピーンと張ったような清々しがなかなかいい。何かユジャ・ワンというピアニストとスクリャービンとが、内面で深く結び付いていることを感じさせるような演奏内容だ。音色もなかなか綺麗に収録されている。この演奏でも成熟さが滲み出ている。

 最後は、リゲティのエチュードを挟んでリスト:ピアノソナタロ短調。この曲はリスト唯一のピアノソナタで、1848年から1861年にかけて書かれた作品。長大な単一楽章を取るが、内容は三部形式となっている。高度な技巧を要求されるためピアニストが一度は挑戦する、試金石のような存在の曲となっている。若きユジャ・ワンがどのようにこの曲を表現するのか興味津々。意外にもここでのユジャ・ワンは、あくまで謙虚であった。決して挑戦的な力みは見せず、優雅ともとれる滑らかさが印象的な演奏を披露する。それでも、所々で力強さも存分に発揮する辺りは、やはりユジャ・ワンは、ただのピアニストとは一味も二味も違っている。そして、聴き進めるに従って、ユジャ・ワンはその内面に歌心を潜めているピアニストであることに気が付かされる。結論を言うとリスト:ピアノソナタロ短調が、こんなにも色彩感あふれる曲だったのかという感を深く抱かせられる演奏であった。そして、ボーナス・トラックとしてモーツァルト(ヴィロドス編):トルコ行進曲が収録されている。ユジャ・ワンの若さが爆発したかのような爽快感極まりない演奏でこのアルバムを締めくくる。(蔵 志津久)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◇クラシック音楽CD◇2016年11月6日に逝去した若き日(初来日時の録音)のゾルタン・コチシュのバルトーク:ピアノ独奏曲集

2016-11-22 10:32:07 | 器楽曲(ピアノ)

バルトーク:アレグロ・バルバロ Sz.49
       民謡による3つのロンド Sz.84
       3つのハンガリー民謡 Sz.66
       組曲 作品14 Sz.62
       ピアノソナタ Sz.80
       ルーマニア民俗舞曲 Sz.56
       古い踊りの歌~15のハンガリー農民の歌 Sz.71より

ピアノ:ゾルタン・コチシュ

録音:1975年10月23日、24日、荒川区民会館(東京都)

CD:DENON COCO73069

 ハンガリー・ブタペスト出身のピアニストで指揮者、作曲家でもあったゾルタン・コチシュ(1952年―2016年)が2016年11月6日に亡くなった。64歳没。若い時、日本において同世代のハンガリーのピアニストのデジュー・ラーンキやアンドラーシュ・シフと合わせて“ハンガリーの三羽烏”とも呼ばれていた。コチシュは、バルトーク音楽院でピアノと作曲を学んだ後、リスト音楽院に進学。1970年ハンガリー放送主催の「ベートーヴェン・ピアノコンクール」で優勝し、以後ピアニストとして国際的な演奏活動を開始。1975年(23歳)には初来日を果たしている。ピアニストとしての活躍にほか、作曲活動も活発に展開した。リストが編曲したワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」や「マイスタージンガー」を自ら編曲し直したり、バルトークのピアノ曲を管弦楽用に編曲したりなどした。1983年指揮者のイヴァン・フィッシャーと共にブダペスト祝祭管弦楽団(BFO)を設立し、以後指揮者としての活動も本格化させた。1997年ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団の音楽総監督に就任。2004年仏文化省からフランス文化芸術勲章を授与される。このCDは、コチシュが初来日を果たした際に日本で録音されたバルトークのピアノ独奏曲集。当時23歳というゾルタン・コチシュ若々しい新鮮なピアニズムを聴くことができる。

 最初の曲の「アレグロ・バルバロ」は、1911年、バルトーク31歳の時に、出世作となった作品。ハンガリーの民族音楽がそのベースとなっているが、当時としてはかなりモダンな作品で、ストラヴィンスキーやプロコフィエフの作品にも相通ずるところがある。次の「民謡による3つのロンド」は、スロヴァキア地方の民謡に基づいて作曲された作品。

 「3つのハンガリー民謡」は、バルトークは1940年にナチスの手を逃れ、アメリカへ亡命する。その翌年にポーランドの大ピアニストのパデレフスキーが亡くなるが、バルトークは1942年「パデレフスキーへのオマージュ」という作品を発表。この3つの民謡は、その中に収められていた曲。次の「組曲」は、1916年に作曲された作品で、それまでの民謡の編曲という範疇から一歩踏み出し、独自の書法で書き始めた頃の作品。

 「ピアノソナタ」は、バルトークのピアノ独奏曲の中でも重要な作品。バルトークは1920年以降ピアノ曲から遠ざかっていたが、6年の間隔の後、再度ピアノ曲に挑戦した。その結果は、初期の民謡の収集に基づいた作品から脱却し、抽象化され、音楽的にも高度なものに昇華された作品となった。次の「ルーマニア民俗舞曲」は、1915年、34歳の作品で、トランシルヴァニア地方のルーマニア人の民族音楽からとられ、バルトークのピアノ作品の中でも知名度の高い作品。最後の「古い踊りの歌~15のハンガリー農民の歌」は、1914年から18年の長きにわたり書き留められた作品。

 これらのバルトークのピアノ独奏曲を弾く若き日のゾルタン・コチシュのピアノ演奏は、実に確信に溢れ、無限の楽興が鍵盤から零れ落ちような、実に清々しい印象を受ける。何よりも若々しいピアノタッチが何といっても小気味良い。そして、バルトークのピアノ作品への心からの共感が演奏全体を貫いており、単なる表面的な演奏とは一切無縁なものに仕上がっている。録音状態も良好であり、バルトークのピアノ独奏曲をまとめて聴いてみたいというリスナーにはお勧めのCD。(蔵 志津久)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◇クラシック音楽CD◇追悼 中村紘子  “ドラマティック~中村紘子 プレイズ・ショパン~”

2016-08-09 12:40:50 | 器楽曲(ピアノ)

 

<ディスク:1>

ショパン:24の前奏曲 作品28
       第15番「雨だれ」/第1番/第5番/第6番/第7番/第8番
      ワルツ
       第1番「華麗なる大円舞曲」/第2番「華麗なる円舞曲」/第3番「華麗なる円舞曲」/
       第6番「小犬のワルツ」/第7番
     幻想即興曲
     ピアノ・ソナタ 第2番「葬送行進曲」
     即興曲 第1番
     ワルツ 第9番「別れのワルツ」

<ディスク:2>

     ノクターン 第2番/第3番/第5番/第13番/第13番
     バラード 第1番/第2番/第3番/第4番

ピアノ:中村紘子

CD:ドリーミュージック MUCD‐1226~7

 ピアニストの中村紘子が2016年7月26日に亡くなった。

 中村紘子は、山梨県に生まれ、東京都世田谷区等々力で育つ。1959年日本音楽コンクールで第1位特賞を受賞。1960年、NHK交響楽団初の世界ツアーの時にソリストに抜擢された。その後、渡米しジュリアード音楽院で学ぶ。1965年第7回「ショパン国際ピアノコンクール」で、第4位入賞と最年少者賞を併せて受賞。これは、1955年第5回「ショパン国際ピアノコンクール」で、田中希代子が第10位で日本人として初入賞して以来、10年ぶり二人目の入賞となった。

 その後、世界各国で演奏活動を続ける一方で、様々な国際コンクールの審査員を務める。日本では第3回「浜松国際ピアノコンクール」から審査委員長を務めた。そして、コンクール創立10年たらずで「国際ピアノコンクール連盟」に加盟させ一級レベルの国際ピアノコンクールにまでに育て上げなど、若いピアニストの育成にも力を入れた。さらに、ノンフィクション作家・エッセイストとしても活躍し、1989年には「チャイコフスキー・コンクール」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。2008年紫綬褒章受章。

 中村紘子の功績の一つとして、クラシック音楽にあまり馴染のない層にもその名が知られるなど、わが国のクラシック音楽の裾野を広げることに貢献したことが挙げられよう。どうしてもクラシック音楽家は、芸術至上主義と言おうか、自分の世界の中に閉じこもりがちであるが、中村紘子は、政治であろうがマスコミであろうが接点を持ち、情報を発信し続けてきた。そのお蔭でわが国のクラシック音楽も、随分と開かれた印象を日本の人々に与えることができたのではないかと思う。

 晩年の中村紘子はパデレフスキ協会設立にも尽力した。パデレフスキは、後にポーランドの首相にもなった大ピアニスト。「細田さんも政治家兼ピアニストなんですから会長をやってくださいと」口説き落として、自民党の細田博之氏(現自民党幹事長代行)をパデレフスキ協会の会長に就任してもらったことなどは、このことをよく現している事例の一つだろう。

 このCD「ドラマティック~中村紘子 プレイズ・ショパン~」は、2009年度「レコード・アカデミー賞<特別部門/企画・制作>」を受賞した50周年記念CD-BOX「Hiroko Nakamura at 2009」から収録した2枚組のアルバムである。全ての曲で、中村紘子独特の華やかさが溢れだした演奏を聴かせてくれる。中村紘子の手はあまり大きくなく、ピアニスト向きでなかったそうで、本人もテレビで語っていたが、そのハンディを絶え間ない練習でカバーしたようだ。

 中村紘子のショパンの演奏を聴くと、何かほっとしたような安らぎが感じられる。非常に健康的なショパンなのである。聴き進うちに、夢の中を彷徨っているような気分にもさせられる。それに加え、ロマンの香り豊かな、とてもドラマチックな展開の演奏内容なのである。私が最後に中村紘子の生の演奏を聴いたのは、三ツ橋敬子指揮のピアノ協奏曲の演奏会の独奏者として登場した時である。若い三ツ橋を何とか支えようとしたのか、三ツ橋敬子の後ろから、指揮者の手振りをしていたことを思い起こす。もう再び中村紘子の生の演奏を聴くことができない・・・何とも残念で悲しいことである。 合掌

(蔵 志津久)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◇クラシック音楽CD◇ジャン・ユボーの「フォーレ:ピアノ作品全集」

2016-06-07 17:04:36 | 器楽曲(ピアノ)

 

フォーレ: ピアノ作品全集

<DISC1>

夜想曲(全13曲) 第1番~第9番

<DISC2>

夜想曲(全13曲) 第10番~第13番
主題と変奏 嬰ハ短調 作品73
即興曲(全5曲)
3つの無言歌 作品17

<DISC3>

舟歌(全13曲)

<DISC4>

小品集 作品84(第8番は「夜想曲 第8番」としてDisc1トラック8に収録)
前奏曲集 作品103
ヴァルス・カプリス(全4曲)
マズルカ 変ロ長調 作品32

ピアノ:ジャン・ユボー

録音:1988年10月~1989年4月、パリ、サル・アディアール

企画:タワーレコード

CD:ワーナーミュージック・ジャパン WQCC-405~8

 名ピアニストであったジャン・ユボー(1917年―1992年)による、このCD4枚組の「フォーレ ピアノ作品全集」は、ピアノ組曲「ドリー」やバラードなどを除けば、文字通りフォーレのピアノ曲を網羅してある。このため、フォーレのピアノ曲を俯瞰したい場合には大変便利だし、何よりも流麗なジャン・ユボーのピアノ演奏が、これらの作品の特徴を際立たせており、心底からフォーレのピアノ曲を堪能できるアルバムとなっている。フォーレ(1845年―1924年)の作品は、初期(1860年~1885年)・中期(1885年~1906年)・晩年(1906年~1924年)の3期に分けられることが多いが、ピアノ曲はその全期にわたって作曲されている。それだけフォーレにとって、ピアノ作品への思い入れがことのほか強かったことの証かもしれない。そして、夜想曲、即興曲、舟歌など、ショパンの作品と軌を一にしていることが特徴となっている。しかし、一貫してフォーレらしい優雅で、穏やかな曲調となっており、ショパンのような激情を見せることは決してない。フォーレの生きていた時代は、ワーグナーやストラビンスキー、シェーンベルクなどの革新的作品が世に送り出されていたが、フォーレは独自のスタイルを変えることはなかった。
 
 「夜想曲」の作曲時期は、フォーレの活動時期のすべてにわたっており、最後の第13番は、ピアノ作品の最後を飾るもの。ショパンの夜想曲のような甘美さはそれほどないものの、深い、透明感に満ちた世界を描き切っており、夜想曲としては、ショパンの作品に比肩されるべき、高みに達したと言っていいいだろう。「主題と変奏」は、主題と11の変奏からなる作品で、フォーレのピアノ作品の中でも一際高い評価がなされている。名ピアニストであったコルトーは「この作品の音楽的な豊かさ、表現の深さ、器楽的内容の質の高さは、あらゆる時代のピアノ音楽のうち、最も希有で最も高貴な記念碑のひとつであることは、まったく疑う余地がない」と絶賛している。「即興曲」は、5曲あるが、このほか、ハープのために作曲された1曲の即興曲のピアノ版があり、「即興曲」第6番と呼ばれている。「無言歌」は、3曲があるが、作曲されたのは、1863年、フォーレが18歳の頃の作品で、メンデルスゾーンの「無言歌」に倣った作品と言われている。

 「舟歌」は、夜想曲と同様全部で13曲が書かれた。また夜想曲と同様に、創作活動の全期間にわたって作曲されている。舟歌は、元来ヴェネツィアのゴンドラ漕ぎが船を進めるときに歌う歌のことを言う。多くの作曲家が舟歌を残しているが、13曲もの舟歌を書いたのはフォーレだけ。それだけ、イタリアに明るい風景にフォーレは憧れたということであろう。「小品集」は、異なる時期につくられた8曲の小品を集め、出版されたもの。「前奏曲集」は、ドビュッシーが前奏曲集第1巻を作曲した時期と重なっている。全部で9曲作曲され、様式も多様であるが、9曲が一つのまとまった作品を意図されつくられたことは確かのようだ。「ヴァルス・カプリス」は、4曲からなるが、全て初期の頃の作品。当時、フランスでは、ピアノ用のヴァルス(ワルツ)の作曲が盛んであり、その中で書かれた作品。「マズルカ」は、1875年頃の作品。マズルカというとショパンを思い起こすが、フォーレのマズルカは、ショパンのそれとは少々趣を異にする。

 ピアノのジャン・ユボーは、フランス出身。パリ音楽院で学ぶ。13歳でピアノ科の首席。17歳でローマ大賞の二等賞を獲得する。さらに25歳でヴェルサイユ音楽院の院長に就任。その後、パリ音楽院で後輩の指導に当たった。この間、第一線のピアニストとしての活動を展開して、世界的名声を得た。このCDでユボーは、精細を極めた演奏を披露している。しかし、全体としては、神経質というより、ゆったりとした温かみのある演奏であり、フォーレのピアノ曲の真髄に触れるには、もっとふさわしいピアニストと言えるのではないか。きちっとした構成力が印象に残り、単なるフォーレの情緒的な面の後追いではないところが、その魅力の源泉となっているようだ。全4枚のCDが、一貫した姿勢で貫かれているところが、この録音を一際高いところに押し上げている。よく、一貫した姿勢で弾かれた演奏は、単調に陥りやすいものであるが、このCDのユボーの演奏だけは、それとは異なり、聴き込めば聴き込むほど味わい深く、フォーレの醸し出す独特の音の世界を噛みしめることができる。ある意味では、古き良き日を思い起こさせてくれる演奏内容ではあるが、さりとて、現在にも通じる新鮮さに微塵も欠けていないところに深みが感じとれる演奏内容である。(蔵 志津久) 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする