★ 私のクラシック音楽館 (MCM) ★ 蔵 志津久

クラシック音楽研究者 蔵 志津久によるCD/DVDの名曲・名盤の紹介および最新コンサート情報/新刊書のブログ

◇クラシック音楽◇新刊情報

2022-05-17 09:37:02 | 新刊情報



<新刊情報>




書名:ベートーヴェン症候群~音楽を自伝として聴く~

著者:マーク・エヴァン・ボンズ

訳者:堀 朋平、西田 紘子

発行:春秋社

 ベートーヴェンの交響曲に彼の「人生の苦悩」を、モーツァルトのソナタに「母を喪った悲しみ」を――病的なまでに音楽に作曲家の自己のほとばしりを聴こうとする「ベートーヴェン症候群」。文学・哲学・美学の文献と当時の音楽批評をくまなく渉猟した著者が、19世紀にパラダイムとなり、その後200年にわたってベートーヴェンとともに醸成されてきた音楽聴取のありかたを丁寧に炙り出す。われわれは何に耳を傾けているのか。主観と客観──表現と聴取のパラダイムがせめぎあう歴史を俯瞰する刺激的な考証。





書名:楽器の科学~美しい音色を生み出す「構造」と「しくみ」~

著者:フランソワ・デュボワ 

訳者:木村 彩

発行:講談社(ブルーバックス)

 弾く人も聴く人も、科学の視点で音楽を楽しもう。ピアノ、バイオリン、トランペット、マリンバ……「魅惑の響き」はどう作られるのか?楽器の個性を生み出す「倍音」とは?音色を美しくする「共鳴」とは?バイオリンの最重要パーツ「魂柱」とは?楽器の素晴らしさを引き出すコンサートホールの条件は?そして、プロが考える「最高の楽器」とは?フランスで最も栄誉ある音楽勲章を最年少受章した著者が楽器の秘密を解き明かす。【目次】プレリュード──音楽は「五線譜上のサイエンス」第1楽章 作曲の「かけ算」を支える楽器たち──楽器には5種類ある 第2楽章 楽器の個性は「倍音」で決まる──楽器が奏でる「音」の科学1 第3楽章 楽器の音色は「共鳴」が美しくする──楽器が奏でる「音」の科学2第4楽章 「楽器の最高性能」を引き出す空間とは?──コンサートホールの音響科学 第5楽章 演奏の極意──世界的ソリスト10人が教えるプロの楽器論




書名:蘇る、安川加壽子の「ことば」

編者:青柳いづみこ

発行:音楽の友社

 2022年安川加壽子生誕100年にあたり、偉大なピアニストであり教育者であった安川加壽子のインタビュー記事や執筆記事を集めた1冊。演奏者として、指導者として、戦後日本の音楽界を牽引してきた彼女から発せられる率直な「ことば」を収載。音楽においても、家庭においても、人付き合いにおいても、どのような信念のもとにその美学を貫いていったのか、興味深いエピソードも満載。『メトードローズ』をはじめとする数々のピアノ教本や曲集の狙いを読み解くにも大いにヒントになるメッセージが随所に見られる。愛弟子の一人、青柳いづみこ氏による各章に付されたコラムで、当時の背景を踏まえながらより理解を深くすることができる。




書名:シティポップとは何か

編著:柴崎祐二

著者:岸野雄一 、モーリッツ・ソメ 、加藤 賢、長谷川陽平

発行:河出書房新社

 国内外で空前のブームに湧くシティポップ。それはどんな音楽/文化現象なのか? リバイバルの理由は? 隠れ潜む問題とは? 充実のゲスト寄稿も交え、あらゆる角度から紐解く決定版論考。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◇クラシック音楽◇コンサート情報

2022-05-16 09:47:03 | コンサート情報



<コンサート情報>



~ドミンゴ &ゲオルギュー プレミアムコンサート~

テノール:プラシド・ドミンゴ

ソプラノ:アンジェラ・ゲオルギュー

指揮:フランチェスコ・イヴァン・チャンパ

管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

会場:東京文化会館 大ホール

日時:2022年6月16日(木)午後6時30分/6月19日(日)午後3時

 テノールのプラシド・ドミンゴ(1941年生まれ)は、スペイン、マドリード出身。両親は人気のあったサルスエラ歌手で、ドミンゴが8歳の時に劇団を設立し、メキシコ市へと移住した。ドミンゴの初期の音楽教育には、両親のプロダクションの出演での経験が含まれている。学生時代はサッカーを楽しみ、学校のチームのゴールキーパーをしていた。 プラシド・ドミンゴのキャリアはサルスエラを歌うことで始まり、「マイ・フェア・レディー」のメキシコ・プレミアにも出演した。1959年メキシコ・ナショナル・オペラのオーディションに受かったのち、オペラのレパートリーを習得し始め、1961年にメキシコ・モンテレイ歌劇場において「椿姫」でデビューを飾った。プラシド・ドミンゴは事実上全てのレパートリーをこなし、世界中の何百万人もの熱狂的なファンから尊敬また賞賛されている。

 ソプラノのアンジェラ・ゲオルギュー(1965年生まれ)は、ルーマニア出身。ブカレスト音楽アカデミーで学び、1990年にクルージュ国立歌劇場の「ラ・ボエーム」でミミを歌ってデビューした後、1992年にロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスで「ドン・ジョヴァンニ」のツェルリーナを歌って国際デビューを果たした。1994年にロイヤル・オペラ・ハウスでショルティ指揮「椿姫」のヴィオレッタを歌い、大成功を収めて国際的スターの座を得る。美しい声と舞台映えする容姿で、メトロポリタン歌劇場、ウィーン国立歌劇場、ロイヤル・オペラ・ハウスなど世界中の歌劇場で活躍を続けている。「ラ・ボエーム」のミミ、「トスカ」のタイトルロールを得意とし、同じくプッチーニの「つばめ」を主要オペラハウスのレパートリーに復活させたのは彼女の功績である。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◇クラシック音楽◇新譜CD情報

2022-05-13 09:41:09 | 新譜CD情報



<新譜CD情報>



~秋山和慶80歳記念! 広島交響楽団とのライヴ ベートーヴェン交響曲全集・管弦楽曲集~



ベートーヴェン:交響曲全集・管弦楽曲集

CD1 TBRCD0113
①交響曲第1番
②交響曲第3番「英雄」

CD2 TBRCD0114
③交響曲第4番
④交響曲第7番

CD3 TBRCD0115
⑤交響曲第5番「運命」
⑥交響曲第6番「田園」

CD4 TBRCD0116
⑦交響曲第2番
⑧交響曲第8番
⑨「フィデリオ」序曲
⑩「エグモント」序曲

CD5 TBRCD0117
⑪「レオノーレ」序曲第3番
⑫交響曲第9番「合唱付」

CD6 TBRCD0118
⑬「コリオラン」序曲
⑭12のドイツ舞曲
⑮「プロメテウスの創造物」序曲
⑯序曲「命名祝日」
⑰「シュテファン王」序曲
⑱ウェリントンの勝利

指揮:秋山和慶

管弦楽:広島交響楽団

独唱:⑫菅栄三子(ソプラノ)、竹本節子(アルト)、藤川泰彰(テノール)、三原剛(バリトン)

合唱:⑫ディスカバリー・ベートーヴェン「第九」特別合唱団

録音:①⑩2001年5月25日 ⑦⑬2001年10月26日 ②2002年1月22日 ③⑮2002年5月10日 ⑤⑰2002年10月31日 ⑥⑭⑯2003年2月19日 ④⑨⑱2003年5月8日 ⑧2003年11月26日 ⑪⑫2004年2月15日

会場:アステールプラザ大ホール
   広島国際会議場フェニックスホール

CD:東武レコーディングス TBRCD0119~22(4CD)

 このCDアルバムは、秋山和慶が終身名誉指揮者を務め、固い絆で結ばれている広島交響楽団とのベートーヴェン・シリーズ演奏会を録音したもの。

 指揮の秋山和慶(1941年生れ)は、桐朋学園大学音楽学部で学ぶ。1964年東京交響楽団を指揮してデビュー。バンクーバー交響楽団音楽監督(現在桂冠指揮者)、アメリカ交響楽団音楽監督、シラキューズ交響楽団音楽監督(現在名誉指揮者)を歴任。日本では、東京交響楽団音楽監督・常任指揮者、大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者、札幌交響楽団ミュージック・アドバイザー・首席指揮者を歴任。現在は、東京交響楽団桂冠指揮者、広島交響楽団音楽監督・常任指揮者(現・終身名誉指揮者)、九州交響楽団桂冠指揮者、中部フィルハーモニー交響楽団芸術監督・首席指揮者。 第6回「サントリー音楽賞」(1974年)、「モービル音楽賞」(1996年東京交響楽団と受賞)、「紫綬褒章」(2001年11月)、「旭日小綬章」(2011年6月)、「文化功労者」(2014年)など受賞(受章)。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◇クラシック音楽◇コンサート情報

2022-05-12 10:20:56 | コンサート情報



<コンサート情報>



~マルタ・アルゲリッチ、ギドン・クレーメル、ギードレ・ディルヴァナウスカイテの三人の演奏会~

シルヴェストロフ:無伴奏作品
ヴァインベルク:ヴァイオリン・ソナタ第5番 Op. 53
ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番 ホ短調 Op. 67
ほか

ピアノ:マルタ・アルゲリッチ

ヴァイオリン:ギドン・クレーメル

チェロ:ギードレ・ディルヴァナウスカイテ

会場:サントリーホール

日時:2022年6月5日(日)  午後7時

 ピアノのマルタ・アルゲリッチ(1941年生まれ)は、アルゼンチン出身。1957年「ブゾーニ国際ピアノコンクール」優勝。1965年「ショパン国際ピアノコンクール」優勝。日本においての「別府アルゲリッチ音楽祭」の取り組みなどが高く評価され、第17回「高松宮殿下記念世界文化賞(音楽部門)」受賞、旭日小綬章を受章するなど、日本とのかかわりは深い。

 ヴァイオリンのギドン・クレーメル(1947年生れ)は、ラトビア出身。モスクワ音楽院でダヴィッド・オイストラフに師事。1967「エリザベート王妃国際音楽コンクール」第3位、1969年「パガニーニ国際コンクール」優勝、1970年「チャイコフスキー国際コンクール」優勝。1975年にドイツにおいて西側へのデビューを飾った。2002年「グラミー賞」最優秀賞受賞。

 チェロのギードレ・ディルヴァナウスカイテは、リトアニア出身。1997年よりギドン・クレーメルの主宰したクレメラータ・バルティカの創立メンバーであり首席奏者を務めている。2009年以来同じくギドン・クレーメルの主宰したピアノトリオのメンバーでもありピアニストKhatia Buniatishviliと3人で組んだトリオで定期的にコンサートツアーを行い、レコーディングもしている。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◇クラシック音楽◇コンサート情報

2022-05-11 09:42:45 | コンサート情報



<コンサート情報>



~葵トリオ ピアノ三重奏の世界 7年プロジェクト 第2回~

ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第2番 ト長調 作品1-2
細川俊夫:トリオ
フランク:協奏的三重奏曲第1番 嬰ヘ短調 作品1-1

ピアノ三重奏:葵トリオ

        ピアノ:秋元孝介
        ヴァイオリン:小川響子
        チェロ:伊東裕

会場:サントリーホール ブルーローズ(小ホール)

日時:2022年6月8日(水)  午後7時

 この演奏会は、”サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン(2022年6月4日~6月19日)”の一環として行われ、有料オンライン(ライブ&リピート)でも配信もされる。

 葵トリオは、ヴァイオリン:小川響子、チェロ:伊東裕、ピアノ:秋元孝介の東京芸術大の大学院生と卒業生の3人により結成された。2018年9月にドイツ南部ミュンヘンで行われたドイツ公共放送ARD主催の第67回「ミュンヘン国際音楽コンクール」のピアノとバイオリン、チェロによる三重奏部門で第1位を獲得。同部門で日本からの入賞は初めて。「葵(AOI)」は、3人の名字の頭文字を取り、花言葉の「大望、豊かな実り」に由来。第28 回「青山音楽賞」バロックザール賞、第29回「日本製鉄音楽賞」フレッシュアーティスト賞を受賞。現在はドイツを拠点に、ミュンヘン音楽大学でD. モメルツに 師事しながら国内外で活動している。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする