samuraiがお届けするカレープラスα(アルファ)を徒然なるRockな日々の雑感とともに。
カレー侍 (Curry Samurai)



samuraiです。

今日は上野広小路にある『トンカーオ』というお店にやってきました。



こちらは上野広小路または上野御徒町から程近い位置にあるのですが、
場所がとにかく分かりづらいですね。

分かりやすい行き方としては、上野広小路から春日通りを湯島方向へ下り
ドンキの裏手のクソ怪しい飲み屋街の中を丹念に探しましょうww
(・ω・)

それでは行ってみますか!!



店内はテーブル席のみで約25席ほどでしょうか。
木造りの内装はどこか落ち着いた、現地っぽい雰囲気を感じさせてくれます。
内装もキレイでいいですね~!
(´∀`)

さて、メニューはこちら。



ランチメニューは4種類。
どれも750円均一という優しいお値段設定がウレシイですね。
ということで、ココは基本に忠実に「グリーンカレー」をオーダー。

さて、待つこと15分。カレーがやってきました。



おぉ~、なかなかいい見た目ですね~!

カレーにはサラダとスープが付いてきます。



サラダはレタスのみで、シーザードレッシングがかかっています。
スープはいい意味で化調臭く、現地の味を思わせますね~!
(*^ー^)ノ

さて、カレーはこちら。



結構大きめのどんぶりに、なみなみと入っています。
コレは結構量ありますね~。
(゜∀゜ )



カレーの具材はナス・パプリカ・鶏肉・水菜となかなか独創的。
この辺り、かなり日本人向けにアレンジしているのでしょう。

ではライスにたっぷり盛ってと。



それではいただきますか。



ルーはココナッツミルクの風味をふんだんに感じさせ
実にマイルドな口当たり。
具材もよく煮込まれていて、優しいルーと合ってますね~。
(´▽`)ノ



タイ米の炊き加減も固めで、
汁気の多いこちらのカレーにはぴったりですね。
量もしっかりあるので、男性でもデフォで満足出来るかと思います。

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ トンカーオーーー!!

ということで、こちらはオススメですよ!!
ランチのお値段もお安く、量もそれなりに豊富。
尖った辛さを感じさせないので、
辛いものが苦手な方でもイケそうですね!

この辺りでタイ料理が食べたくなったら、
候補に入れても損のないお店だと思います。
皆さんも是非!!


【お店情報】

『トンカーオ』

住所:東京都文京区湯島3-38-4

電話:03-3836-2850

営業時間:11:30~14:30/17:00~23:30

定休日:日曜


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は三軒茶屋の三角地帯にやってきました。



246と世田谷通りに挟まれた、
東洋の神秘ともアジアの宝石とも呼ばれるこの地域w

そんな中に新しくカレー屋が出来たとなると、
行かないわけにはいきませんね。
(・▽・)



それでは行ってみますか!!



店内はカウンターのみで8席ほどでしょうか。
この界隈でもかなり小さい方ですね~。
まあこじんまりとしていていいんですけどね。

さて、メニューはこちら。



メニューはもつカレー野菜カレーのツートップ体制。
なるほど非常に分かりやすいですね。
ランチタイムはコールスローコーヒーが付くのもウレシイですね!
(*^¬^)ノ

ということで、「もつカレー(800円)」と「本日のチーズ(+100円)」をチョイス。



カウンターの上にはらっきょうと福神漬けが。
ホーローの容器がまたかわいいですね。

さて、待つこと10分。まずはもつカレーがやってきました。



上に載っている白い糸状のものが、本日のチーズですね。
このあたり、さすがバーのカレーって感じですね。
(´▽`)



コールスローも結構量があって、箸休めにはちょうどいい感じです。



そして、カレーの具材はもつオンリー
この潔さがたまりませんね~。

それではいただきますか。



もつはくにゅくにゅとした食感で、非常に面白い口当たり。
辛さはマイルドですが、もつの臭みもなく
とても食べやすい仕上がりになっていると思います。
(*゜▽゜)ノ




そして後日。
この日は「野菜カレー(900円)」と「奇跡の卵+100円)」をチョイス。

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



ほ~、これはまたいい見た目ですね!
(o≧▽゜)



カレーの具材はレンコン・じゃがいも・さつまいも・いんげん・にんじん・ブロッコリー・カリフラワーなどなど。
野菜好きとしてはウレシイですね~!!

そして、奇跡の卵がこちら。



なんと黄身が二個!!
こちらは99%の確率で黄身が二つ入っているそうです。
いや~、卵好きとしてはたまりませんね!!
ヾ(´▽`)ノ

それではいただきますか。



ルーはマイルドですが、後からぴりっと辛さがやってきます。
とろみのあるルーは、どちらかというとおうちのカレーに近い感じを受けますね。
野菜類もきっちり煮込まれていて、ほくほくと甘く
ほんのり辛いルーとの相性もバツグンですね!
(*´∀`)



食後にコーヒーがサービスというのもウレシイですね。
しかも食べてすぐに持っていけるので、
時間のないサラリーマンでも大丈夫です。

いや~、どちらもおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ モツヤサイーーー!!

ということで、こちらはオススメですよ!!
カレーの他にパスタメニューもあり、合い盛りも可能。
カレー自体はマイルドなので、お子様やご年配の方でも安心ですね!
マスターも気さくでお店の雰囲気も上々。
末永く頑張っていただきたいと思います。

皆さんも是非!!


【お店情報】

『カレー&バー 2531 (CURRY&BAR 2531)』

住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-13-10

電話:03-3410-2533

営業時間:11:30~14:00/19:00~24:00

定休日:日曜



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

昨年からあまりに営業成績が悪かったためか、
携帯の電波も届かないような山奥に飛ばされてしまいました。

それはいいのですが、駅前にあるのがすき屋と日高屋しかないので、
お昼にカレーを食べることが全く出来なくなってしまいました・・・。

さらに月の稼動時間が余裕で300時間を越えるため、
朝は5時半に起き、夜は日付をまたいでタクシー帰りです。
ある日突然blogの更新がなくなったら、過労死だと思って下さい・・・。
いや~、働いたら負けって本当ですねww

まあ、そんなことはさておき
本日1月22日”カレーの日”らしいですね。
(゜∀゜)ノ

ということで、久々に休みがもらえたのでカレーを作ってみました。
今回のモデルケースはこちらのお店を参考にしてます。
もちろん、作り方はいつも通り自己流ですww

それでは行きますよ!!

「samurai流ウェルネスなチキンカレーの作り方」

1.まずは鶏皮とモミジ(鶏足)でダシを取りましょう。



沸騰したら弱火で1時間半ほど煮ます。
モミジはその後みりん醤油などで煮込むと、おいしくいただけます。

ちなみにスープは後で使用するので、
アクと脂は丁寧に濾して取り除きましょう。



2.スパイス投入



カルダモン・クミン・ブラックペッパー・コリアンダーシード・クローブ・マスタードシードを入れます。
クローブはかなり少なく、マスタードシードはかなり多めに入れています。
そのまま弱火で油にじっくりとスパイスを馴染ませましょう。

3.にんにく・生姜投入



スパイスがパチパチと弾けてきたら、
生姜とニンニクのみじん切りを投入します。
こちらもしっかりとスパイスと炒め合わせましょう。

4.玉ねぎ投入



玉ねぎは大き目のものを二個ほど使用。
小さいものだと3~4個ってとこですかね。
粗めのみじん切りです。
火を中火にして、気長に炒めていきましょう。

5.ひたすら炒める



で、そのまま2~30分ほど炒めていくと
だいたいこのような感じになってきます。
まあ、ココまできたらもう8割方成功ですw

6.トマト投入



上記のような状態になったら、トマトを投入します。
まあ生のトマトでも、トマト缶でもお好みで。
今回はダイスのトマト缶を使用しています。

9.マサラ状態



火を中火にし、トマトが全体に馴染むように
5分ほど炒めていきます。
まあ、この状態が「マサラ」(カレーのベース)ですね。

10.スープ&鶏肉投入



スープを投入し、一煮立ちさせたら
ぶつ切りにした鳥もも肉を投入します。
そのまま10分ほど煮て、カレーと肉を馴染ませます。

11.仕上げ



一旦火を止め、カレー粉、チャツネ、ウスターソース、みりんなどで味を調えます。
塩は味を見ながら少しずつ足していって下さい。
辛さが欲しい方はカイエンペッパーなどを加えましょう。

そのまま30分ぐらい置き、味が馴染んだら完成です!
(*゜▽゜)ノ

ということで、こちらが完成品です。



ええ、見た感じでは結構うまくそれっぽくなっているのではないかとw



ライスは普段玄米を食べていますが、
この日は彩りを考えて白米を固めに炊いてみました。

さて、肝心のカレーはこちら。



圧力鍋を使用しているので、鶏肉はかなり柔らかく煮込まれています。
全体に散らばるスパイスが、まばらな小宇宙を表していますね~w
(´▽`)ノ

それではいただきますか。



口に含んだ時に香る、爽やかなカルダモンマスタードシードの風味が
またたまりませんね!!
トマトのほんのりとした酸味と、鶏肉のじんわりした旨みが
舌先にしっかりと伝わってきますね!!
(o≧▽゜)



スパイス・生姜・にんにく類はかなり多めに入れているので
芯から冷えるこの季節、体の内側からぽかぽかと温まります。
まさに体に効くウェルネスなカレーと言えるでしょう!



いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ マイドマイドノ ジガジサンーーー!!!


ということで、皆さんもお時間のある時に是非どうぞ!
カレーのスパイスは、いわば漢方薬
さらに生姜も入っているので、体をしっかり温める効果バツグンです!
スパイスさえあれば、具材は玉ねぎと鶏肉だけとシンプルなので、
急にカレーが食べたくなった時にでもチャレンジしてみて下さい。

皆さんも是非!!


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は代々木にある『カオティップ(KAO TIP)』というお店にやってきました。



この界隈はナイスなカレー屋の多い地域ですが、
何故かあまりアジア料理のお店が少ないという不思議な土地柄で
このお店は貴重な存在ですね!

場所はこちらのお店のほぼ斜め前に位置します。
これまた迷わせる立地条件ですねww。
(。・ω・)ノ

それでは行ってみますか!!



店内はいかにもバンコクの街角にあるようなレストランといった風情です。
いい意味での安っぽさが、逆にタイにいるかのような安心感を漂わせますねw。
さらにこちらは「タイ王国商務省認定レストラン」!
コレは楽しみですね~!!
ヾ(´▽`)ノ

さて、メニューはこちら。



ランチメニューは、ガパオ・カレー・カオソイ・ヤムウンセン
なかなかバリエーションに富んでいます。

そんな中、僕の目を惹いたのがこちら。



ほぉっ、いかにもタイの屋台っぽくていいですね!
(・▽・)

ということで、「タイ風ミックス丼(990円)」を注文。

さて、待つこと10分。カレーいやミックス丼がやってきました。



おぉ~、これはなかなかいい見た目ですね!
ランチにはスープ・サラダ・タピオカのデザートが付いてきます。



さて、ミックス丼はこちら。



うーん、まさにタイの屋台そのものを思い起こさせますね~!!



ミックス丼の中身は、鶏肉のガパオ・野菜炒め・グリーンカレー・レッドカレーの四種類。



これは楽しみですね~!
(*゜▽゜)ノ

それではいただきますか。



ガパオは視認出来るぐらいのホーリーバジルが入っていて、
辛さもしっかりと汗をかくぐらい感じられます。
おぉ、なかなかですね!!
(*^¬^)ノ



グリーンカレーレッドカレーとも口当たりはマイルドながら
こちらもそれぞれしっかりとしたお味。
なにより4つの味がいっぺんに楽しめるので、
タイの屋台に通っていた方なら、感涙モノでしょう。



いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ Fカップ モ カオティップ モ ステキーーー!!

ということで、こちらはオススメですよ!!
お店の方の接客もいいですし、お値段もそこそこお手頃。
ランチはコーヒー一杯無料というのもウレシイですね!

タイ料理の少ないこの界隈では貴重な戦力ですし、
このまま頑張っていただきたいですね!!
皆さんも是非!!


【お店情報】

『カオティップ(KAO TIP)』

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-12 2F

電話:03-3404-6226

営業時間:11:30~14:30/17:30~22:30(土曜はランチなし)

定休日:日祝




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は実家のウラジオストックに帰るため、羽田空港にやってきました。



いや~、久々に羽田空港に来ましたが、
キレイになってますね~!

色々とお店も入っていますし、
ある意味ひとつの観光地みたいな感じになってますね。
( ゜ω゜)

ということで、まずは腹ごしらえということで、
空港内をぶらぶらと歩いてみました。



で、こちらにやってきました。



こちらは新宿に本店を構える『コートロッジ』じゃないですか~。
コレは行くしかありませんね!
(´▽`)ノ

さて、メニューはこちら。



バリエーションはやはり本店と比べて少ないですが
それなりに価格帯といい、ガンバっているかと思います。

ということで僕のチョイスしたメニューがこちら。



ええ、「スリランカカレーセット(1000円)」です。
ナンライスプレーンゴタンパが選べますが、今日はライスをチョイス。
プレーンゴタンパが選べるのがウレシイですね~!!
(σ´∀`)

さて、待つこと5分。カレーがやってきました。



おぉ~、コレはなかなか楽しみですね!
まあコップやスプーンがプラってのはご愛嬌でしょうかw
(´Д`)

ライスは固めに炊かれたターメリックライス
横にはこちらのお店特製のチャツネが付いています。



さて、カレーはこちら。



この日はなすのカレーがなかったため、豆のカレーに変更に。

で、それをビーフカレーと共にライスの上にたっぷりかけてと。



それではいただきますか。



ビーフはぎちっとした歯応えで、いかにも”肉”って感じです。
ルーにしっかりビーフの旨みが出てますね~!
( ・∀・)ノ

豆のカレーはシンプルながら、豆の優しさをしっとり感じます。
両方とも辛さはさほどなく、チャツネとの相性もバッチリ。
どちらも汁気が多いので、固めのライスにぴったりですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ アッパースリランカーーー!!

ということで、こちらはオススメですよ!
羽田空港を使う際には、覚えておいて損のないお店ですよ!
羽田でスリランカカレーをいただけるのはココだけなので、
ちょっといつもと違うカレーを食べたいな~と思っておられる
出張族のサラリーマンの皆さんにオススメです。

なお、某食べ物系のアレで色々問題があるようですが、
ココは大丈夫ですよww!
(^∇^)

皆さんも是非!!


※コートロッジ中野坂上店の情報はこちらです。


【お店情報】

『コートロッジ (Court Lodge)羽田空港店』

住所:東京都大田区羽田空港3-4-2 羽田空港 第2旅客ターミナルビル3F

電話:03-5756-6167

営業時間:8:00~22:00

定休日:無休





コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )




samuraiです。

今日は下北沢にある『ざこや』というお店にやってきました。



こちらは下北沢南口から徒歩3分ほど。
カウンターの上に大皿がずらりと並ぶ、
おふくろ料理主体のおばんざい的な居酒屋です。
(σ´∀`)

それでは行ってみますか!!



店内は一階がカウンター主体、二階がテーブル席になっています。
カウンターの上に料理の大皿があるので、
料理を目で見て確かめたい方は、カウンターに座るのがオススメです。

さて、メニューはこちら。



メニューは基本日替わり。
肉・魚・飯モノなど幅広いラインナップですが、
このお店の一番のウリは、やはり野菜中心のおばんざいですね~。

さて、まずは「かちわりワイン赤」で乾杯しますか。



こちらはワインを氷で割っていただくという、
非常に暴力的な飲み物w
とても飲みやすく、すいすいとすすんでしまうため、
トイレに立つ際には注意が必要ですねww
(・ω・)

さて、まずは「お通し」がやってきました。



この日のお通しは、「天然カツオの刺身」。
ていうか、お通しに刺身が出てくるところがすごいですねww!!
この時期特有のののったカツオは、
口の中で甘くとろけるように溶けていきます。
いや~、こりゃしょっぱなから酒がすすみますね~!!
(´∀`)

お次は「アスパラ塩炒め(680円)」。



北海道産というこちらのアスパラはものすごく太く、
しゃきしゃきの歯応えの中に、ほんのりと土臭い甘みを感じます。
いい素材だからこそ、敢えてシンプルに食べさせるという、
このお店の信念を感じますね~!!
( *´д)ノ

お次はこの日のオススメである「いんげんの煮浸し(480円)」を。



くたっと煮込まれたインゲンは、ダシの味をよく吸い込んでいて、
まさに”おふくろの味”といった感じです。
こういったお惣菜的なものが安心していただけるのも
このお店の魅力のひとつですね!
(*^¬^)ノ

では、そろそろカレーものいきましょうか。
まずは「カレー肉じゃが(680円)」から。



具材は玉ねぎ・にんじん・豚肉・じゃがいもというシンプルな取り合わせ。
まあ、見た目からしてもカレーですねw
(´▽`)ノ



野菜は大ぶりでよく煮込まれていて、実に楽しげな見た目です。

それではいただきますか。



味はダシの風味がしっかりと感じられますが、
そこはやはりカレー
”和風カレー”という言い方がしっくりくるでしょうか。
じゃがいも・にんじんはほくほくで、豚肉は箸で切れるぐらい柔らか。
それぞれの具材の味も損なわず、実に丁寧な仕事ぶりが感じ取れます。
コレは白飯が欲しくなりますね~!!
(*゜▽゜)ノ

まあ大量に肉じゃがを作った後、カレールーを入れるとカレーになりますしね。
僕もよくやりますが、ポイントは

1.ダシはなるべく入れない(酒と醤油でシンプルに)
2.シラタキは入れない(コレ入れるとカレーにならなくなるのでw)
3.野菜は煮崩れを考慮してあらかじめ大きめにカット


ってとこですかねw

さて、そろそろ〆にいきますか。
ということで、「牛すじたっぷりカレーライス(780円)」を。

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



おぉ~、これは楽しみですね!!



具材はにんじん・玉ねぎ・牛すじと、いたってシンプルな内容。
見た感じ、お家カレーのようにも見えますね。

それではいただきますか。



飲み屋の〆のカレーとして、まずマイルドな味を想像してしまいますが、
それは一口目で速攻で裏切られますw
うぉぉっ、辛ええぇええぇえぇ!!
(;゜д゜)



この大人しい見た目からは想像も付かないぐらいの大胆な辛さが
酒に慣れた口中を一気にカレーモードに上げてくれます。
以前いただいた時よりも、数段辛くなっている気がします。
”見た目淑女で夜は小悪魔”ってヤツですねww
(ノ∀`*)

ルーの中には牛すじが溶け込んでいて、それが全体的にとろみを生んでいます。
そして辛さに慣れると、後を引くように牛すじのうまさが感じられます。
固めに炊かれたライスとの相性もとてもよく、
飲み屋の〆として、非常に理想的なビーフカレーだと思います。

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ ザーーーコーーーヤーーー!!

ということで、やはりこちらはガチですね!!
各料理とも非常にバラエティに富んでいて、
それでいてお値段も非常に良心的。
野菜好きな方にとっては、たまらないお店だと思います。
(・∀・)

日ごろおふくろの味に飢えているサラリーマンやOLさん諸兄には
是非ともオススメしたいお店ですね!
皆さんも是非!!


※前回の記事はこちらです(←お店情報載ってます)






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は浅草にやってきました。



3.11の震災の影響で、日本に観光に来る外国人の数が激減したらしいですが、
この街だけは、ホント外人さんで溢れてますね。
ありがたいことです。

古きよき日本情緒を残した街ですが、
浅草松屋の地下には、昭和の香りを色濃く残す浅草地下商店街が広がっています。



もう看板から昭和臭満載ですがw、
中はもっと昭和情緒満載ですww
( ・ω・)



どうですかコレww
とても地下鉄の駅やデパートと直結している商店街とは思えませんねww
まあ、コレが浅草のいいところでもあるんですが。
(^▽^;)

ということで、今日はその商店街の一角にお店を構える、
『ベトナム料理 ビストロ オーセンティック』というお店にやってきました。



現地の食堂も裸足で逃げ出すぐらいの、
この現地っぽい雰囲気ww!!
まさにアジアの裏路地といった感じですw
これはたまりませんね~!!
(ノ*^▽)ノ

それでは行ってみますか!!



店内はカウンターのみで7席という、非常にこじんまりとしたお店。
お店のキャパといい雰囲気といい、ホント現地の屋台みたいですね。

さて、メニューはこちら。



単品料理からご飯モノ、麺類、デザートまで、
お店の広さとは相反する幅広いラインナップw
(゜ロ゜;)

ということで、「フォー・ハイサン(海鮮のフォー)(950円)」と
コム・ヘン(激辛しじみ&あさりのスープご飯)(1000円)」をチョイス。

さて、待つこと15分。まずはフォー・ハイサンがやってきました。



おぉ~、コレは期待出来そうな見た目ですね!!



スープの中にはたっぷりのしじみとあさり
上にはもやしとパクチーがどっさりと。
んん~、まさに現地スタイルですね!
(*゜▽゜)ノ

それではいただきますか。



スープはあさりとしじみのダシをしっかりと感じさせる、
実に優しいお味。
正月の飲み疲れた胃にす~っと染み渡っていくようです。
実に丁寧な仕込みがうかがえますね~!



見た目も味も、そのままの現地スタイルながら、
どこか洗練されたお味。
現地のちょっといいレストランの味と表現すればよいでしょうか。
かなりレベルの高いフォーだと思います!
(´▽`)ノ

さて、こちらはコム・ヘン



いや~、スープが真っ赤ですね!!
(゜◇゜;)



こちらもあさりとしじみがたっぷり入った、ぶっかけご飯スタイル。
魚介好きにはたまりませんね!

それではいただきますか。



スープはこれまた貝の味をたっぷり吸った力強い魚貝ダシ
上に載ったパクチーとハーブの風味が舌先を掠める頃、
猛烈な辛さがやってきます。
いや~、冷え切った身体から汗がダビダビと出ますね!!
(;゜д゜)



が、辛さに慣れると魚貝の旨みをしっかり感じ取ることが出来ます。
ご飯もしっかり粒が立っていて、日本の雑炊とはまた別の感覚。
量もしっかりあるので、満足度も高いですね!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ オーセンティックーーー!!

ということで、こちらはガチですね!!
お店は狭いですが、しっかりとした現地スタイルのベトナミーを堪能出来ますよ!
店のマスターもとても親切で、分からない事は親切に教えてくれます。
とりあえず狭いお店ですが人気はあるので、行かれる際は予約必須です。

ちなみに、こちらのお店は2011年3月11日にオープン。
それまでお店を構えていた高円寺から移り、ようやくこの物件を探し当て
オープン当日にあの大震災
マスターの苦労が偲ばれます。
夏場はエアコンが効かず、現地以上に暑いと評判になったそうですw
(;´Д`)

とはいえ、ココが安住の地になってくれればいいですね!
ベトナムに行ったことのある方もない方も、楽しめるお店ですよ!
皆さんも是非!!


【お店情報】

『ベトナム料理 ビストロ オーセンティック』

住所:東京都台東区浅草1-1-12(浅草地下街)

電話:03-6802-8545

営業時間:12:00~15:00/18:00~22:30

定休日:月曜(不定休)





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

皇紀2672年の年明けを心よりお祝い申し上げます。
色々迷いましたが新年一発目のカレー屋はこちらにします。

ということで、今日は人形町にある『燻製カレー くんかれ』というお店にやってきました。



こちらは人形町駅から徒歩3分ほど。
お店のウリは店名の通り、当然”燻製”
しかも、世界初の”ルーを燻製にしたカレー”ですよ!!
(゜▽゜)ノ

なので、お店の前まで来ると、燻香のいい匂いが漂ってきます。
いわゆる江戸のうなぎ屋方式ってヤツですねw

それでは行ってみますか!!



店内は縦長の配置で、カウンター・テーブル席併せて20席ほど。
NYのバースタイルがコンセプトというだけあって、
赤の壁と白の天井のバランスが、いい雰囲気ですね~。
女性同士や家族連れのお客さんも結構いますね。
(´▽`)

さて、メニューはこちら。



こちらのお店の注文スタイルとしては、

1.カレーを選ぶ
2.トッピングを選ぶ
3.ライスの量を選ぶ


までは普通のお店と変わりありませんが、

4.燻度を選ぶ

には驚きました!!
燻製の濃さまで指定出来るんですか!?
コレはスゴイシステムですね~!!
(;゜д゜)

ということで、「ホット燻製カレー(700円)」に「燻製全部のせ(300円)」で注文。
燻度は当然「濃い目」でオーダー。
後は「くんかれ特製サラダセット(300円)」もチョイス。

さて、待つこと5分。まずはサラダとセットのドリンクがやってきました。



今回ドリンクは「リンゴ酢ドリンク」を。
さっぱりとした飲み口で、酸味が苦手な僕でも全然イケますね!!
(´▽`)ノ

さて、サラダはこちら。



こちらはきゅうり・セロリ・玉ねぎ・にんじん・ナッツ・レーズンのサラダ
提供の仕方もオシャレですね~。
こちらをよくかき混ぜていただきます。



野菜類のしゃくしゃくとした歯触りに、
ナッツからほのかに漂ってくる燻香が
食欲を増進させてくれます。
コレは酒が飲みたくなりますね~!!
( *´д)ノ

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



カレーは黄色のシチューポットのような陶器の器でやってきます。
おぉぉっ、コレは実に楽しげな見た目ですね!!



さて、カレーはこちら。

ルーとライスのシンメトリーの上に並ぶ、
このお店自慢の燻製の一品の数々。
しかもふたを開けた瞬間に漂ってくる燻香がもうヤバいww
(゜◇゜;)



全部のせの内容は、スモークチーズ・スモークチキン・スモークエッグ・スモークベーコン
それぞれがしっかりと自己主張してますね~!!

それではいただきますか。



ルーを一口口に含むと、燻香がぶわ~っと鼻腔の奥に抜けていきます。
うぉおぉっ、コレは衝撃ですね!!
(*゜▽゜)ノ



ルーの中には炒め玉ねぎ・スモークチキン・スモークベーコンが溶け込んでいて、
それが燻製されたルーと見事な相乗効果を産み出していますね!
見た目よりも粘度が少なく、さらさらといただけるのもポイント高いですね!!
(o≧▽゜)

では肝心の燻製を。



燻製カレーに華を添える見目麗しき具材たち。
燻香はどれもしっかりとしていて、
これだけでワインやウイスキーが楽に一本空くぐらいです。
燻製はもともと好きでよく作っていましたが、
特にスモークチキンがツボにハマりました!!
ヾ(´▽`)ノ



辛さのバランスも申し分なく、非常にグレードの高いカレーだと思います。

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ コトシモヨロシクンカレーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですよ!!
燻製で勝負するというスタイルもさることながら、
味も見た目も実にしっかりと計算されているのが如実に分かりますね!
(゜∀゜)ノ

正直、コレほどまでに酒に合うカレーというのは
今まで食べたことがありません。
酒好きな方なら、こちらのカレーは確実にマストな一品だと思います!!

夜はつまみも豊富ですし、燻香に包まれながらワインやウイスキーをいただくという使い方が
このお店にはベストマッチな気がします。
とりあえず酒好き、燻製好きな方は、絶対行くべきお店だと思いますよ!!
皆さんも是非!!


【お店情報】

燻製カレー くんかれ 日本橋人形町店

住所:東京都中央区日本橋人形町1-12-11

電話:03-3664-3411

営業時間:11:00~15:00(LO14:30)/17:00~23:00(土日は通し営業)

定休日:不定休




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )