samuraiがお届けするカレープラスα(アルファ)を徒然なるRockな日々の雑感とともに。
カレー侍 (Curry Samurai)



samuraiです。

今日は新橋にある『カレーの店 ガン爺』というお店にやってきました。



こちらは新橋駅から西新橋二丁目方面に進み、
西新橋十二丁目を過ぎて左に曲がった左手の路地にあります。
虎ノ門ヒルズの裏手、といった方が分かりやすいですかね。

ええ、見ていただければお分かりの通り、
昼時前ですでにこの行列っぷりが
人気の程を物語っていますね~!!

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター12席にテーブル席6席の併せて20席ほど。
階段を上がってすぐのところからカウンター席が始まり、
奥にテーブル席といった配置になっています。

さて、メニューはこちら。
食券制なので、注文前に食券を購入しましょう。



カレーは月替わりのランチ、バラカリ、ムルギー、きのこ、野菜、豆
それにチキンマサラが単品でありますね。

ちなみに今月のカレーは「ケララチキン」でした。



ということで、「ランチ(ご飯少なめ)(970円)」に「ゆで卵(+50円)」をトッピング。
辛さは普通・中辛・辛口を選べるので「辛口」で。



カウンターの上にはきゅうりのみじん切りのピクルスレーズン
そして、香りのスパイス、ガラムマサラ、ターメリックがありますね。

さて、待つこと3分。(実際には行列に並んだ時間が30分ほど加わりますがw)
カレーがやってきました。



おぉ~、これはなかなか楽しみな見た目ですね~!!

まずこちらがサラダ。



見た目はとてもオーソドックスなサラダに見えますが、
量は結構あります。
お店の特製ドレッシングがとても美味しいですね。

ライスはこちら。



ライスは日本米を使用したターメリックライス。
もちっとした食感がお米の甘さをカンジさせてくれますね。

さて、こちらがケララチキン。



こちらは鶏肉がゴロンゴロンと入っています。
カレーというより、鶏肉の煮物状態ですねw。

そして、こちらがカレー。



カレーの中にはジャガイモと別注文のゆで卵が輪切りで入っていますね。

ではライスの上にそれぞれのカレーとピクルスをかけて、と。



それではいただきますか。



チキンは柔らかくプリップリな食感で、
驚くほどにジューシー!!
カレーというよりチキンの煮込みですが、コレだけで一つの完成された料理ですね。
鶏肉の旨みが存分に味わえ、ライスとの相性もバッチリですね!!

では、カレーにいきますか。



こちらはサラサラのスープカレー状態。
クローブが香る苦みばしったルーは複雑なスパイスの萌芽を漂わせ
シャープな辛さと共に、喉奥に滑り込んできます。
これはまた対照的で面白い組み合わせですね~!!



もちろん、ケララチキンとルーを一緒に食べると
さらにスパイスの相乗効果が上がります。
コレはいいシナジーですね~!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ロングリブガンジーーー!!

ということで、こちらはガチですね!!

カレーはインド風でありながら実に独創的。
油分も少なく、胃もたれしにくいことから
近隣のサラリーマン諸兄に絶大な人気を誇っているのも
うなずけますね~!!



営業は平日のみの上、さらにお昼時は大行列、
さらに12時半には売り切れと
なかなかにハードルの高いお店ではありますが、
こちらはわざわざ行く価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『カレーの店 ガン爺(旧:タージマハール)』

住所:東京都港区西新橋2-13-1 2F

電話:03-6320-2460

営業時間:11:00~(売り切れ次第終了)/18:00~21:00

定休日:土日祝





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は銀座にある『Mrs.Dada(ミセス・ダダ)』というお店にやってきました。



こちらはプレオープン期間を経て、2019年11月11日にオープンしたばかりのお店。
住所は銀座一丁目なので、銀座一丁目駅か宝町駅から行く方が便利ですね。
昭和通り近くの地下1Fのお店です。



扉の重厚な佇まいがイイですね~!

それでは行ってみますか!!



店内は壁際のカウンターが5席、お店中央のカウンターが6席、
そして、二人掛けのテーブルが4席の併せて19席。
コンクリート打ちっぱなしの壁と、鉄製のコート掛け、木製の内装が
非常にスタイリッシュです。
店内はさながらオシャレなバーといったカンジですね~。

さて、メニューはこちら。



プレオープン期間中は、様々な種類のカレーを提供されていたようですが、
どうやらこの3つが定番のカレーとして昇格した模様ですね。
ちなみに週替りカレーは「ワタリガニのカレー」とのことでした。

というわけで、「チキンカレー(1,000円)」に「ワタリガニのカレー(+300円)」をチョイス。
ドリンクは「本日のラッシー(+200円)」を。

テーブルの上には二種類の唐辛子オイルが。



青唐辛子の方は魚介系、赤唐辛子の方は肉系のカレーに合うらしいです。

さて、待つこと3分。まずはラッシーがやってきました。



へ~、かわいい見た目ですね。
ミントがささってるのも面白い。
まあ、量は二口で飲めてしまうぐらいですがw。

さて、さらに待つこと5分。カレーがやってきました。



おぉ~、これはまたそそられる見た目ですね!!

ライスの上に置かれたパパドの中には、野菜のアチャール。
その横の紫キャベツの上にはマッシュポテトがのっています。
見た目はイタリアンのワンプレートのようですね~!



まずカレーはこちら。



ルーは非常にさらさらとしていて、鶏肉はゴロゴロと入ってますね。

こちらがライス。



日本米のターメリックライスの上に、フライドオニオンがトッピングされています。

いや~、楽しみですね!!

それではいただきますか。



カレーはさらっとしていて、チリの直球の辛さがストレートに入っています。
見た目に反して、かなりシャープな辛口ですね。
僕的にはかなりツボです。

で、チキンはと。



チキンは非常によく煮込まれていて、スプーンでもほぐれるぐらいほろっほろ。
ルーとの相性もよく、ライスにもベストマッチですね!!

では付け合せを。

まず、パパドからいきますか。



にんじん、玉ねぎ、きゅうり、ビーツの酢漬けが
カレーのいいアクセントになっています。
箸休めにピッタリですね~!

そして、マッシュポテトを。



こちらはバターの風味香る、濃厚なマッシュポテト。
舌触りもとても滑らかでクリーミー。
この辺り、店主の出身であるイタリアンの技術を感じますね~!!

そして、もう一つ追加したワタリガニのカレーを。



それではいただきますか。



こちらはカニの風味がぶわっと鼻腔に抜けていきます。
ルーもチキンカレーとは対照的に、コルマ的な濃厚なスタイル。
ほ~、こりゃ面白い!
ライスとの相性も、もちろんバツグン!!
チキンカレーともども、非常にグレードの高いカレーだと思います!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ミセスロビンソンーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですね!!

シェフは南インド出身とのことで、カレーの実力もさることながら、
もともとはイタリアンで修行されていたとのこと。
そのイタリアンの下地と、南インドのカレーが
見事なぐらい融合してますね!!



どこ風とも呼べないこのスタイルは、まさにダダ風としか表せない、
オリジナリティの高いカレースタイルだと思います!!

夜のアートオブカレーなどのメニューも非常に気になるので
次回は是非夜に訪れたいですね!!



こちらは間違いなくクるカレーだと思います。
わざわざ電車に乗っていく価値がありますよ!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『Mrs.Dada(ミセス・ダダ)』

住所:東京都中央区銀座1-14-10 松楠ビル B1

電話:03-6875-2753

営業時間:11:00~20:00

定休日:日祝








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は虎ノ門にある『カツとカレーの店 ジーエス』というお店にやってきました。



こちらは虎ノ門駅から出て、外堀通りを二つ奥に入った、
通称焼き鳥通りと言われる飲み屋街の中にあります。
駅からは徒歩2分ほどの、便利な立地ですね~!!

それでは行ってみますか!!



店内はL字型のカウンターのみで、12,3席ほどでしょうか。
お店は2018年6月に出来たばかりとあって、
店内も清潔感に溢れてますね。カウンター席のどのポジションからでも
厨房の様子がうかがえるのがイイですね~。
(・▽・)

さて、メニューはこちら。



ふむ、なるほど。
非常に分かり安いメニュー構成ですね。

注文は券売機で買う方式です。



そして、券売機の中にはメニューにはないカキフライの文字が。
コレは牡蠣好きとしては、頼まねばなりませんね。
(*^¬^)ノ

ということで、ちょいがけカレーとだいぶ迷いましたが、
ココはやはり店のイチオシである「カツカレー ロース(1,300円)」に
ギョクオチ(+80円)」と「チョプスイ(+150円)」、
そこに「カキフライ(+300円)」を注文。

さて、ではカウンターを見回すと。



カレー用の大辛味スパイス、塩、中濃ソースに
「太陽ソース」というウスターソースがあります。
待っている間に調べたところによると、
こちらは愛知県で作られている、手作りのウスターソースらしいですね。



その他にカウンター上にあるのは、ガリとホワイトドレッシング。
ガリって、かなり珍しい組み合わせですね~!
(σ'∀')

さて、待つこと5分。まずはチャプスイがきました。



こちらは大根、にんじん、白菜、ごぼうの野菜スープ。
コンソメの優しい味わいと野菜の甘さが滋味深いですね。
コレは必ず頼むべき、マストの品でしょう!
(=゚Д゚=)ノ

そして、待つこと20分。カレーがやってきました。



いや~、コレはわくわくする見た目ですね!!
(≧∇≦)

まずこちらが中央部。



下にはひよこ豆のソテーとジャガイモのカレー風味。
中央部のライスはダムカレーを髣髴とさせる分離型。
上には玉ねぎときゅうりのピクルスが。
おぉ、面白い配置ですね~!
(´▽`)

そして、右サイド。



こちらは見事な具合に揚がったカツ、その下にはキャベツ
カツは一目で分かる、ソリッドな衣の感じですね。
コレは期待値が高いですね~!
(*゚▽゚)ノ

そして、左サイド。



かなり黒みがかったカレールー。
こちらのお店といい勝負でしょうか。
さらに珍しいことに、魚粉がのっています。

ギョクオチにしてもらったので、中央には卵の黄身が。
漆黒の空に浮かぶ満月のようですね~。
(っ・ω・)っ

それではいただきますか。



ルーはサラサラで、この手のカレーとしては、意外にスパイシー。
かといって、それが全体の調和を乱すワケではなく、
カレー単品としての出来が非常に高いことを示しています。
魚粉はスリランカカレーからのアイディアらしいですが、
コレがまた日本人の口に合わないわけがない!
いや~、グレードの高いカレーですね~!!
( ´∀`)ノ

で、カレーのギョクオチを崩すと。



これはもう贅沢な卵かけご飯ですよw。
え?まずいワケないじゃないですか、こんなのww
(゚▽゚)ノ

では、もう一つの主役であるカツを。



箸でつまんだ瞬間に伝わる、衣の緊張感。
ええ、こんなですよ、こんな。



極薄の衣の中は、適度なサシの入ったロース肉
脂身の具合も申し分ないですね。
衣のサクサク加減は言うに及ばず、
豚肉の甘さすら感じる、見事な仕事具合。
こちらもまたグレードの高いカツですね~!!
( ・∀・)ノ

さて、カキフライもいってみますか。



カキフライには特製のタルタルソース付き。



カキフライは2,3個の牡蠣が融合されています。
衣はエッジが立っていて、牡蠣は驚くほどジューシー!
タルタルソースも実においしく、
コレは牡蠣好きにはたまりませんね~!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ シュンコウテイーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですね!!

カツもカレーも両者ともに主役を張っていますが、
それでいて、お互いがっぷり四つの見事な親和性の高さ!
非常に研究して作られているのが如実に現れていますね!!



母体が「旬香亭」ということで、
揚げ物のグレードの高さは比類なきレベルですが、
カレーのグレードがまた高い!!
店名に「カツとカレーの店」を挙げる理由がよく分かりますね!
このグレードを考えると、非常にお値打ちと言えますね~!
(゚∀゚)ノ

カツカレーの名店は多々ありますが、
こちらは一つの完成形と言っても過言ではないでしょう!!

ということで、こちらはわざわざ電車を乗り継いででも
来る価値のあるお店ですよ!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『カツとカレーの店 ジーエス』

住所:東京都港区虎ノ門1-8-4

電話:03-6550-8141

営業時間:11:00~15:00/17:00~材料がなくなるまで

定休日:日曜


味の素 業務用 三元豚の厚切りヒレカツ 1袋 (12個入)(冷凍食品)(トンカツ 豚かつ)
クリエーター情報なし
味の素


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は新橋にある『curry and rise 幸正(ゆきまさ)』というお店にやってきました。



こちらは新橋駅から大門方面に向かい、環二通りを越えてすぐの路地裏にあります。
駅からは徒歩7,8分といったところでしょうか。
明らかに呑み屋の居抜き物件といった佇まいが
実にシブいですね~w!
(´・ω・)

それでは行ってみますか!!



席数はテーブル席で約10席ほどでしょうか。
お世辞にも広いとは言えませんが、
清潔感があってステキな空間ですね~!
(´▽`)

さて、メニューはこちら。



メニューの左手がカレー、右手がドリンクになっています。
カレーはビーフ・ポーク・チキン・シーフード
これまた悩ましい組み合わせ。

ということで、悩んだ末に「シーフードカレー(1,500円)」をチョイス。

さて、待つこと3分。まずは前菜スープがやってきました。



おぉ~、コレはかなりそそられる見た目ですね~!!
(=゚Д゚=)ノ

中央部にマッシュポテト、その横にはにんじんのラペ
さらにカボチャ、ビーツ、ゴーヤ、キウイ、スイカのピクルスがのってます。



マッシュポテトはクリーミーで、単体で食べてもとても美味。
ピクルス類も素材の味を残しつつ、さっぱりとした酸味。
おー、スターターとしてもってこいですねコレは!!
( ´∀`)ノ

こちらはスープ。



こちらは牛コツベースのスープ
牛のしっかりとした旨みが感じられて、
ほっこりとしたウマさを感じますね~!!
( *´д)ノ

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



これまたフォトジェニックな見た目ですね~!!
インスタ系女子ならこの見た目で一発KOですねww!
(;゚д゚)

さて、カレーはこちら。



ルーの上に、満月のように居城を構える
その威風堂々たる立ち姿。



ライスの上にはホタテ、ブリ、エビ、イカ
凛とした緊張感をもって盛られています。
実に美しいルックスですね~!!
(σ'∀')

ルーはこちら。



ルーはさらさらとしたスープ状
まさにスープの海という例えがふさわしいですね。

それではいただきますか。



ルーは牛テールを丸2日間煮込んで作られているとのことで
ビーフの旨みをしっかりと感じながらも、
実にシャープな口当たり。
カレーというより、上品なフォンドボーのスープをいただいているような
かなりラグジュアリーな味わいですね~。
ライスとの相性もバツグンですね!!
(*゚▽゚)ノ

では、肝心のシーフードいってみますか。



ホタテ、ブリ、エビ、イカはそれぞれきっちりソテーされていて
まるでフレンチのコースをいただいているかのよう。
単体でいただいてももちろんですが、
カレーと合わせると、カレーがまるでソースのように感じ、
より一層フレンチ色が強くなりますが、あくまでもカレー
実に奥深い組み合わせですね~!!
(≧∇≦)

そして、特筆すべきがライス!



ライスはなんと二層構造
上がトマトライスで、下がターメリックライスです。
非常に珍しいスタイルですね~。
(・ω・)



トマトライスは酸味と甘さが絶妙なバランス!
ターメリックライスは、なんとタクアンが混ぜ込んであり
歯応えと絶妙な塩気が、カレーとがっぷり四つ!!
実にグレードの高いカレーだと思います!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ セップクモナカーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですよ!!

カレーでありながら、もはや完成されたコース料理ですよコレは!
実にご馳走感の高いカレーだと思います!!
正直、お値段を考えると、かなりお得感を感じますね。
いや~、既存のカレーの常識を軽々と越えてきましたね~!!
ハレの日、または特別なディナーの時にも使えるお店だと思います!!
(゚∀゚)ノ



マスターは色々な料理を経験して、こちらのお店を出されたらしく、
それがまさにこの一皿に凝縮されているといっても
過言ではないでしょう!!



この力強いお言葉に、マスターの信念がうかがえますねw!

こちらはわざわざ電車を乗り継いで来る価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!

【お店情報】

『curry and rise 幸正(ゆきまさ)』

住所:東京都港区新橋5-8-13

電話:03-6450-1221

営業時間:11:00~16:00/17:30~22:00(土・祝は20:00まで)

定休日:日


翁屋最中「きぬの夕月」10個入り-その他
クリエーター情報なし
翁屋


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は新橋にある『みぼうじんカレー』というお店にやってきました。



こちらは新橋駅すぐのニュー新橋駅ビルの3階にあるお店。
オフィスビルのかなり閑散とした風景の中に
ぽつんとあるオアシス的な存在ですね。
駅からも徒歩1分程度と、立地は非常にイイですね~!!
(・▽・)

しかもお店の名前が”みぼうじん”!!
コレはみぼうじん好きとしてはたまりませんねww!!
(^▽^;)

それでは行ってみますか!!



店内はお昼時を少し外したとはいえ、
サラリーマンの巣窟です。
まあ、土地柄を考えるとさもありなんと言ったとこでしょうか。
(´▽`)

さて、メニューはこちら。



メニューのベースは野菜炒めのカレー
それぞれベースのルーを
チキンビーフかを選択するようですね。



野菜炒めがメインとなるだけあって、
具材はかなりこだわっているのが分かりますね~。
(σ'∀')

ということで、「ビーフ野菜炒めカレー(1000円)」を「大辛(+50円)」で注文。

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



ほ~、コレは楽しげな見た目ですね~!!
( *´д)ノ

付け合せには淡路島産の玉ねぎのピクルスが付いてきます。



しゃきしゃきとした酸味の効いた歯応え。
ラッキョウのような存在感ですね~。
( ´∀`)ノ

さて、カレーはこちら。



左手にライス、中央に野菜炒め、右手にルーという
独特の配置ですね~。



ライスはクルクミンを混ぜた固めのライス。
ほのかな塩気があって、コレだけでもおいしくいただけますね~!
(=゚Д゚=)ノ

こちらはルー。



漆黒のルーの中に牛バラの薄切りが沈んでいます。
これまた独創的な見た目ですね~!!

そして、中央には野菜炒めが鎮座。



ほ~、おもしろい配置ですね~。

それではいただきますか。



ルーは欧風ベースと言うんでしょうか、
やや濃厚なカンジの口当たり。
とはいえ、もったりした後味はなく、
野菜炒めのソース的なカンジも受けますね!
辛さも大辛ではありますが、
程よく汗をかかせてくれるイイ塩梅ですね~!
(*^¬^)ノ

では野菜炒めを。



こちらはもやし、えのき、キャベツが主体の野菜炒め。
辛さはなく、醤油ベースの薄味で、
中華というよりは、家庭の味ってヤツですね~!!
なるほど、さすが「みぼうじん」
そこのところはきちんと分かってますねww!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ミボウジン ダイスキーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

カレーのおいしさもさることながら、
カレーと野菜炒めを組み合わせる発想力に脱帽ですね!
敢えて言うなら、野菜炒めを入れたおウチのカレーっていうんでしょうか。



そして、何よりお店の店員さんが全員ベッピン!
(*゚▽゚)ノ

コレはコレで、この界隈のサラリーマンの癒しポイントになるでしょうw!
野菜不足と愛情不足のサラリーマン諸兄は
毎日通った方がイイかもしれませんねw!

ということで、こちらは近くに寄ったら
訪れて損のないお店ですよ~!
みなさんも是非!!


【お店情報】

みぼうじんカレー

住所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 3F

電話:03-6205-4690

営業時間:11:00~21:45

定休日:日曜


岡山県産限定 新鮮 産直野菜と卵セット(野菜8品目)【お届け日指定】可能♪ 詳細にてご確認ください
クリエーター情報なし
岡山野菜






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は赤坂にある『YONA YONA BEER WORKS』というお店にやってきました。



こちらは赤坂見附駅を出て横断歩道を渡った
東急プラザの2Fにあります。
駅からは徒歩1分という好立地ですね!
(・▽・)

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター・テーブル席にソファ席などもあり
かなりの大箱。120席ほどあるでしょうか。
とはいえ、お店はかなり清潔感がありイイ感じですね~!
(´▽`)

さて、メニューはこちら。



まあ、ココは何の迷いもなく「カレーランチ(1000円)」をチョイス。



ランチはドリンクバーが付くのもウレシイですね。
(σ'∀')

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



ほ~、コレはなかなか独特な見た目ですね~!!

カレーにはサラダが付いてきます。



サラダは結構ボリュームありますね~。
おろし玉ねぎのドレッシングがさっぱりした口当たりで
箸休めにイイですね~!
(*^¬^)ノ

さてライスがこちら。



いや~、かなり独創的ですね。
そして、ライスの横の付け合せがコレ。



メニューを見ると「冬の根菜とロールキャベツのポトフ添え」とのこと。
一瞬、おでんかと思いましたww。
(◎□◎;)

さて、カレーはこちら。



カレーは銅製の小鍋仕立て。
ぐつぐつの状態で出てきます。



表面のチーズがイイ感じに焦げてますね~。
(。・ω・)ノ

ではライスにだっぷりかけてと。



それではいただきますか。



ルーはチーズが溶け出ていることもあり、結構濃厚な口当たり。
辛さはかなりマイルドで食べやすいですね~。
具材は豚肉のひき肉、それと細かく刻んだ野菜類
まあ、焼きチーズカレーのキーマタイプといったとこでしょうか。
(=゜Д゜=)ノ



濃厚なキーマおでんのような優しい付け合せ、
なるほど、コレはライスにも酒にもピッタリですね!
(*゜▽゜)ノ

ということで、夜に再訪。

まずお目当てのビールはコレ。



ええ、まずは「僕ビール、君ビール(780円)」からでしょう!



いや~、ホップが匂い立つようですね~!
あぁあぁあ、んめえぇええぇえ!!
(*゜∀゜*)

さて、アテは「パクチー餃子」から。



パクチーの風味に、僕ビール君ビールがまた合うのなんの!
実にスバラシイスターターですね!!
(*´ω`)

おつぎは「ふろふき大根」。



こちらは洋風のコンソメ風味のふろふき大根。
もちろん、こちらもビールとの相性はバツグン!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ ボクビール キミビール--!!

ということで、こちらはガチですね!!

夜ももちろんのこと、お昼のランチもあなどれませんね!
ランチでもローストチキンをいただけるのも
ウレシイポイントですかね!
(゜▽゜)ノ

とりあえずビールが好きな方は
まず行って間違いのないお店でしょう!!

この辺りに来たら押さえておいて損のないお店ですよ!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『YONA YONA BEER WORKS』

住所:東京都千代田区永田町2-14-3 東急プラザ赤坂 2F

電話:03-5510-4789

営業時間:11:30~16:00/16:00~23:00

定休日:年末年始


クラフトビール(地ビール) ハッピーアソート12種セット 350ml缶×24本(1ケース)
クリエーター情報なし
岸本商店


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は表参道にある『ハブモアカレー(have more curry)』というお店にやってきました。



こちらは2015年10月20日にオープンしたばかりのお店。
表参道から青学方向に歩いていった右手の地下にあります。
駅からは徒歩3分ほどでしょうか。
ちょうど骨董通りの入口付近ですね。
立地は非常に便利なところですね~。
(*´ω`)



それでは行ってみますか!!



店内はコの字型のカウンターにテーブル席があります。
約25席ほどでしょうか。
カレー屋さんにしては、かなり広々とした贅沢な造りですね!!
どちらかと言えば、イタリアンやフレンチのお店のようですね。
(・▽・)

さて、メニューはこちら。



メニューはカレープレートのみという潔い体制。
カレー2種類付け合わせ1種類に加えて
好きな付け合わせを2種選択出来るシステムです。
プレートは1種類のみとはいえ、
仕入れる野菜によって、メニュー内容が変更されていくそうです。
(っ・ω・)っ

ということで、「カレープレート(1280円)」をチョイス。
付け合せは「ちぢみ菜とかぶの葉のスパイス炒め」と
ヤーコンのトーレン」をチョイス。

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



おぉ~、コレはかなりそそる見た目ですね!!
(*゜∀゜*)

まず中央部にはターメリックライス



手前右側が「ちぢみ菜とかぶの葉のスパイス炒め」。



手前左側に「ヤーコンのトーレン」。



奥の右側は「パープルからし菜とチキンキーマカレー」。
パープルからし菜ってのは初めて聞きましたw



奥の左側は「ノーザンルビーとトレビスのダル」。
ノーザンルビーはかなり甘めのジャガイモとのこと。



そして奥中央には「日野菜カブとハーブのアチャール風」。



コレは期待が高まりますね~!!
( ´∀`)ノ

それではいただきますか。

まずはカレーを。



チキンキーマはふわっとした優しい口当たり。
辛さはありませんが、クミンクローブのスパイスが
しっかりと感じられますね~!
ダルも優しいじゃがいもの風味と、の甘さが感じられる
こちらも優しいカンジのカレーですね!!
(=゜Д゜=)ノ

では付け合せも全てライスの上に盛ってと。



それではいただきますか。



付け合せはそれぞれ単体でいただいても美味ですが、
混ぜ合わせた時に、さらにその本領を発揮!!
野菜の甘さ、食感の違いが
得も言われぬ小宇宙を口中で展開!!
コレは驚きですね~!!
(◎□◎;)



付け合わせを単品でつまみながらいただくもよし、
混ぜていただくもよしと、非常に万能性が高いですね!!
実にグレードの高いカレーだと思います!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ ハブ モア カレーーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですね!!

組み合わせは和食の幕の内的なソレを思わせながら、
味は当然きっちりとインド
カレー、付け合せは一つ一つのレベルが高く
野菜主体の非常に健康的な組み合わせ!
器も提供前に温めるというあたりもウレシイですね~!!
(゜∀゜)ノ

こちらはお野菜好きならマストなお店と言えるでしょう!
迷わず行かれることをオススメします。

ということで、こちらは電車を乗り継いででも
行く価値のあるお店ですよ!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『ハブモアカレー(have more curry)』

住所:東京都港区北青山3-12-7 B1

電話:03-3407-7001

営業時間:11:30~15:00(日曜は16:00まで)/18:00~21:30

定休日:木曜・日夜

インド式菜食生活―野菜を食べて、心も体も軽くなる 自然に寄りそったシンプルライフ (マイライフシリーズ (No.648))
クリエーター情報なし
グラフ社


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は赤坂にある『まさむね』というお店にやってきました。



こちらは溜池山王から料亭街の路地を通って徒歩5分ほど。
赤坂駅からでも徒歩7,8分ほどでしょうか。

お昼時となれば、サラリーマンがきっちり行列しているので
人気の程がわかりますね~!!
(´▽`)

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター・テーブル併せて15席ほどでしょうか。
ちなみに並んでる時間は10分ほどでしたが、
その間に注文を取ってくれるので
実際の待ち時間は20分程度ですかね。

とはいえ、サラリーマン諸兄に厳しい時間配分なので
ある程度余裕を見たほうがいいでしょう。
(。・ω・。)

さて、メニューはこちら。



ええ、魅惑的なメニューが並んでいますが、
ココは「まさむねカツカレー(980円)」しかないでしょう!!
(=゜Д゜=)ノ

カウンターの上には特製ソース、シソドレッシング、辛子、七味などが配備されてますね。



さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



おぉ~、コレはかなり期待が高まる見た目ですね!!
(σ'∀')

カレーにはポテトサラダが付いてきます。



こちらはねっとりとしたポテサラ
箸休めにはちょうどイイですね~!!
(≧∇≦)

さて、カレーはこちら。



お皿の上にはカレー・カツ・ライス・キャベツ
アシンメトリーの位置で美しく鎮座。

カツはこちら。



出番を待つまで下半身を
薄衣のヴェルベットの素材で包み込んでいるバレリーナのようですね。
(*゜▽゜)ノ

カレーはこちら。



具材は全くその存在を確認することが出来ず
カレーの中に全て溶け出ているカンジですね。

それではいただきますか。



ルーはその見た目から和風の味を想像していましたが、
カルダモン、クローブ香る口当たりは
完全にインドカレーじゃないですか!
おぉ、コレは見事な裏切りですね!!
ヾ(´▽`)ノ

では、カツを。



ルーがかかった部分はしっとり、
かかっていない部分はカリカリの食感で
実に楽しいですね!
(ノ*^▽)ノ

カツは大きさもしっかりとあり、
ロース肉のウマミをガツンと感じることが出来ます!
コレはカツも非常にレベル高いですね~!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ マサムネーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですね!!

とんかつのウマさにも目を見張るものがありますが、
カレーにはかなり驚かされました!!

ルーはマスターがスパイスの配合から研究され
きっちりとインド風に仕上がっているというのが
非常にスバラシイですね!!
(゜∀゜)ノ



界隈の立地条件を鑑みても
お値段は非常にお得
お昼時はいつも行列が出来ていますが、
確実に並ぶ価値はあると言えるでしょう!!

こちらはわざわざ来る価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!

※前回の記事はこちらです。


【お店情報】

『まさむね』

住所:東京都港区赤坂2-8-19

電話:03-3505-3505

営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)/18:00~22:00(土曜は昼のみ)

定休日:日祝

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は赤坂にある『サファリ (SAFARI)』というお店にやってきました。



こちらは赤坂駅から徒歩1分ほどのビルの2階にあるお店。
見落としやすいので注意が必要ですね。
(´Д`)

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター・テーブル席併せて25席ほどでしょうか。
ウッディな内装がアフリカっぽいカンジを思わせますね~!
(´▽`)

さて、メニューはこちら。



まあココはお店のイチオシである
ミックスカレーランチ(850円)」をチョイス。
ついでに「エチオピアコーヒー(+100円)」も。

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



おぉ、コレはなかなか面白い見た目ですね!!
(*゜▽゜)ノ

ランチにはサラダが付いてきます。



サラダはサウザンドレッシングキャベツ
シンプルなサラダ。
まあ、味は見た目そのままですw。

さて、カレーはこちら。



見た感じでは一皿ですが、
きっちり二種類のカレーがのってます。

まず、中央部にはターメリックライス



左手は豆のカレー



右手にはドロ・ワットと呼ばれるチキンのカレー



ほ~、こりゃ楽しみですね~!!
( *´д)ノ

それではいただきますか。

まずは豆のカレーから。



豆はムングダルを使用していて、
かなりもっさりとした舌触り。
タイムオレガノを主体としたスパイスが
やはりインドとは異質な文化を感じますね~!
(σ'∀')

ではドロ・ワットを。



こちらはかなり直球の唐辛子の辛さ!
ローズマリーなどのハーブが主体でしょうか、
こちらもまたカレーとは違ったテイストですが、
煮込まれたチキンは柔らかでおいしく、
まあ、鶏の唐辛子煮込みアフリカンカレースタイルというんですかね。
いやー、汗がダビダビと出ますね~!!
(;゜д゜)

そして、〆はエチオピアコーヒーを。



エチオピアコーヒーはモカの発信地。
そして、コーヒーをフィルターなどで濾過せず、
豆と一緒に煮出したもの
当然、ものすごく濃く、
まさにコーヒー豆の風味そのままを味わえますね!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ ハイレ・セラシエーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

これからの季節、このド直球に辛い唐辛子の刺激
まさにピッタリですね!!
(゜▽゜)ノ



珍しいアフリカテイストの料理も多く、
普段なかなかいただくことの出来ない
アフリカンな味を体験出来ますよ!!

こちらは来る価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『サファリ (SAFARI)』

住所:東京都港区赤坂3-13-1 2F

電話:03-5571-5854

営業時間:11:30~14:00/17:00~23:3

定休日:日祝

コ-ヒ-ばかの店 エチオピア モカ ナチュラル 300g 30杯~45杯 [豆のまま(オススメ)] コーヒー豆/上品な酸味と花のような甘い香り!浅煎り(シナモンロースト) メール便 珈琲豆
クリエーター情報なし
エフイーエム有限会社


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は芝公園にある『ペナンレストラン』というお店にやってきました。



こちらは芝公園から徒歩5分ほどの
首都高の高架下のすぐ近くにあるお店。
芝公園からでも浜松町からでも御成門からでも行ける
なかなかの立地の良さですね!
(・▽・)

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター・テーブル席併せて25席ほどでしょうか。
決して広いワケではありませんが、
茅葺調の小上がり席や、水辺を意識した足元のブルーライトが
南国のリゾート気分を盛り上げてくれますね~!
(´▽`)

さて、メニューはこちら。



うーむ、コレは悩ましい。
まあココはせっかくなので「肉骨茶(バクテー)(980円)」をチョイス。

さて、待つこと10分。カレーいや肉骨茶がやってきました。



おぉ~、これはなかなか期待出来そうな見た目ですね!!
(σ'∀')

こちらがライス。



ライスは日本米ですね。
上にわけぎフライドオニオンがのってます。

こちらはバクテーのタレ。



刻まれたにんにく唐辛子中華醤油のタレですね。

こちらは付け合せの「レタスの蒸し物」。



そして、デザートにオレンジゼリーが付いてきます。



さて、バクテーはこちら。



おぉ~、まさに現地仕様の見た目ですね~!!
(*゜▽゜)ノ



具材は厚揚げ豚の骨付きすね肉などなど。
こちらはマレーシアの中華圏でよく食べられています。
まあ言わば、豚肉の薬膳煮込みってヤツですね。

それではいただきますか。



豚肉は非常に柔らかく煮込まれていて、
骨から簡単にするりとはずれます。
肉もとても柔らかく、アニスウイキョウの風味が
より一層食欲を増してくれますね!!
(≧∇≦)



もちろん汁をライスと一緒に食べるのがマレーシア流。
食欲のないときにサラサラといただける、
まあ日本で言うお茶漬け的なカンジでしょうか。
現地でも肉体労働の方やタクシーの運転手に人気があるのも
とてもうなずけますね!!
(=゜Д゜=)ノ

そして、後日再訪。

今度は「カリーアヤム(720円)」を注文。

さて、待つこと5分。カレーがやってきました。



おぉ~、これまた期待出来そうな見た目ですね!!
(*^▽゜)



カレーの具材は鶏肉トマトのみという
実にシンプルで力強い構成ですね。

そして、鶏肉はかなりごろごろと入っています。



ではライスにたっぷりかけてと。



それではいただきますか。



カレーはココナッツミルクがたっぷり入っていますが、
辛さはかなりストレートな辛さ!
いや~、こりゃ汗がダビダビと出ますね!
(;゜д゜)

鶏肉もよく煮込まれていて、とても柔らかく、
ライスにピッタリですね!!
これまたグレードの高いカレーですね~!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ バターワースーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

お店はペナン出身のご家族で経営されているらしく、
居酒屋というか小料理屋というか、
そんな空気を存分に味わうことが出来ますよ!!
(゜∀゜)ノ



お店の方も親切で、分からない料理のことなどは
丁寧に教えてくれます。
マレーシア料理に馴染みのない方でも安心ですね!!

ということで、こちらはわざわざ来る価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『ペナンレストラン』

住所:東京都港区芝2-4-16

電話:03-3456-3239

営業時間:11:00~14:30/17:00~23:00

定休日:不定休

レトルト カレー ペナン風 トマトチキン カレー 180g ×5箱 セット (保存料不使用 即席) (DFE)
クリエーター情報なし
Earthink


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は赤坂にある『魚久(うおきゅう)』というお店にやってきました。



ええ、店名からでも分かるように
魚介中心の居酒屋さんですね。
外に張り出したビニールシートの席に
ビールケースを積んだテーブルがいい味出してますね~w!
(・▽・)

それでは行ってみますか!!



店内は良くも悪くも近隣のサラリーマンの憩いの場。
男性率がほぼ9割を占めるところが
お店の立ち位置を物語ってますねw。

さて、メニューはこちら。



メニューはまさに魚一辺倒
さらに激安!!
コレは魚好きにはたまらないですね!!
(=゜Д゜=)ノ

そしてランチメニューはこちら。



うーん、なんて分かりやすい三択なんでしょうかw。
ええ、頼むものは決まってますね。

ということで、「魚久カレー(700円)」をチョイス。

さて、待つこと5分。カレーがやってきました。



んどどどどすん。
(◎□◎;)

おわっ、なんすかこの量は!!

カレーにはおしんことお味噌汁が付いてきます。

こちらがお味噌汁



こう見ると普通の量に見えますが、
楽に大き目のお茶碗ぐらいの大きさがあります。
具材は大根とニンジンがどっさり!
コレだけでかなりの満足感がありますね~!!
(*^¬^)ノ

そして、おしんこ



明らかに通常の4人前ぐらいのボリューム。
あっさりした漬かり具合で、箸休めにちょうどいいですね!
ていうか、コレだけでお腹いっぱいになる気がしますがww
(^▽^;)

で、肝心のカレーがこちら。



こう見ると普通に見えますね。

ではちょっとアングルを変えてみましょう。



お分かりいただけただろうか・・。
(゜◇゜;)



まあ、早い話がライスだけで
楽に一合以上は越えてるということですねw。
なんですかこのエベレストはww
(#゜Д゜)

とりあえず気合を入れて、いただきますか。



ルーは非常にマイルドで、まさに昭和の味わい
まあバー○ント系を想像すれば分かりやすいでしょうか。
場所柄、新卒から年配のサラリーマンまで来ることも考えると
とろみのある”お家カレーの王道”といったカンジですね!
(´▽`)ノ



具材はイカ・エビ・あさりといった
こちらもスタンダードな内容。
新卒のサラリーマンは故郷の両親を思い出し、
年配のサラリーマンは在りし日の少年時代を鑑みる、
王道のスタンダードカレーですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ ガッツリーーー!!

ということで、こちらはオススメですよ!!

味噌汁もおしんこも、もちろんカレー
全てがマックスボリューム!!
どんなにお腹がすいていても全く心配なしww!!
子供の頃の夏休みのように、
確実にお腹いっぱいになれますよ!!
(゜▽゜)ノ

こちらのお店のマグロ丼も実に食べ応えがあって
チャレンジする価値は確実にありますよ!
三種類のマグロがいっぺんに味わえるので、
お魚気分の時にどうぞ!

こちらはお昼時に迷ったら来て損のないお店ですよ~!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『赤坂 魚久(うおきゅう)』

住所:東京都港区赤坂3-19-12

電話:03-5575-3553

営業時間:11:30~14:00/17:00~23:30(ランチは平日のみ)

定休日:日祝


天日で干して おいしく長もち 干物・乾物術 (NHKまる得マガジン)
クリエーター情報なし
NHK出版




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は赤坂にある『金舌(きんたん)』というお店にやってきました。



こちらは赤坂駅から徒歩3分ほど。
立地としては非常に便利なところですね。
この黒塗りの塀が高級感を漂わせますね~。
(っ・ω・)っ

それでは行ってみますか!!



店内は厨房をぐるりと囲むようなL字型のカウンター。
その奥は座敷と個室になっているというスタイルです。
カウンターは約30席ほどでしょうか。
まさに料亭といった雰囲気ですね~!
(。・ω・)ノ

さて、メニューはこちら。



うーん、コレは悩ましい。
と、ココでメニューの一角にこんなものを発見。



まあ、コレは頼むしかないですね!!
(=゜Д゜=)ノ

ということで、「牛タンカレーライス(1000円)」を注文。

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



おぉ~、これはなかなか期待出来そうな見た目ですね!!

カレーには温泉玉子、サラダ、スープがついてきます。



まずこちらがスープ



濃厚な牛のダシをきっちりとカンジさせるスープ。
なるほど、コレはタダモノではありませんね。
(σ'∀')

こちらがサラダ



サラダは玉ねぎのすりおろしドレッシングでさっぱりと。
こちらも箸休めにちょうどイイですね!
( ´∀`)ノ

さて、カレーはこちら。



ライスとのセパレート部分にはフライドオニオンがどっさり。
その横には福神漬けが載ってます。

ルーの中には角切りの牛タンがごろごろと入ってます。
コレは食べ応えがありそうですね~。
(*^¬^)ノ

それではいただきますか。



ルーは濃厚そうに見えますが、口当たりは意外に軽く、
たくさんの牛肉が溶け込んでいるのがうかがえます。
こちらもしっかりと牛のダシが主張してますね。
コレはまさに正統派のビーフカレーといったカンジですね!!
(*^▽゜)

そして、なんと言っても肉!!
(◎□◎;)



牛タンはギリギリの歯応えを残しながら
口の中で溶けていくかのような柔らかさ!!
これぞまさに高級店の仕事というヤツですね。
まさに上質のタンシチューをいただいているようですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ ゴールデン タンーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですよ!!

非常に上品で洗練されていながら、
その野趣をしっかりとカンジさせる、
まさにギリギリの領域といったとこですね!
いや~、コレは見事ですね!!
(゜∀゜)ノ



夜はお値段もかなり張りますが、
ランチタイムは気軽に入れるので
まずはランチから試してみるのがイイでしょう。
また13時以降に行くと、牛皿とカレーとメンチカツがいただける
非常にお得なセットがあるのも見逃せませんね!!

こちらはわざわざ来る価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『赤坂 金舌(きんたん)』

住所:東京都港区赤坂3-11-7

電話:03-3568-2129

営業時間:11:30~15:00/17:30~23:30(ランチは平日のみ)

定休日:日曜

世界トップクラス カナディアンビーフ 牛たん ブロック 約1kg
クリエーター情報なし
ジャムザキッチン





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は赤坂見附にある『POCOLOCO(ポコロコ)』というお店にやってきました。



こちらは赤坂見附駅から徒歩1分ほどの2階にあるお店。
立地は非常にイイですね~!
(・▽・)

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター・テーブル併せて約30席ほどでしょうか。
まあ、この界隈ではそこそこの広さといったところでしょうか。
場所柄サラリーマンとOLさんがほとんどですね~。
(o=ω=)o

さて、メニューはこちら。



こちらのお店は中南米料理がメインとのことですが、
ランチはグッとアジア料理にシフトしています。
ほ~、これは興味深いですね。
(・ω・)ノ

ということで、「グリーンカレー(800円)」を注文。

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



へ~、これまた面白い見た目ですね!!

まずこちらがサラダとスープ



胡麻ドレッシングのサラダに、スープはコンソメタイプ
まぁ、よくある組み合わせですね。
(。・ω・。)

そして、ライス。



編み込みの皿の上に、さらに紙皿が敷いてあります。
洗い物を増やさない工夫でしょうか。
見た目はナシゴレンっぽいカンジですねw。
ライスは日本米で、たくあん、えびせんべい
なぜか、かぼちゃの天ぷらものってます。
(´・ω・)

さて、カレーはこちら。



グリーンカレーというより、
見た目はまさにクリームシチュー
珍しい見た目ですね~。
( ・ω・)



具材は鶏肉・タケノコ・ナス・大根
しかも大根の存在感がかなりありますねw。

それではいただきますか。



ルーはさらっとした薄味で、
辛さもまぁまぁといったカンジ。
鶏肉大根もほどよく煮込まれていて、
結構食べやすいですね~!
(゜▽゜*)



まあ全体的に「雰囲気タイ料理」ってカンジで
僕としては、中米のどこかの街で入ったそこの人向けタイ料理という
そんな匂いがしましたが、
コレはコレで入門編としてはアリなのではないでしょうかw。
(´▽`)

そして、デザートはウメゼリー



こちらはさっぱりとした酸味で
食後にはピッタリですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ Comida tailandesa---!!

ということで、こちらはオススメですよ!
駅からも至近で、なかなか静かに過ごせるので
ゆっくりとしたランチにはイイですね!

中南米料理のお店ながら、アジア料理を出すという
そのチャレンジャースピリットがステキですね。
次回は石焼グリーンカレーを頼んでみたいと思います。

この辺りでお昼に迷ったら、行ってみてもイイお店ですよ~。
皆さんも是非!!


【お店情報】

『ポコロコ(POCOLOCO)』

住所:東京都港区赤坂3-20-9 2F

電話:03-5562-5444

営業時間:11:00~14:00/18:00~24:00

定休日:日祝

各国大使館発 世界の食卓―アジア・アフリカ・中南米編
クリエーター情報なし
家の光協会


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は青山一丁目にある『スパイシービストロ タップロボーン(Taprobane)』というお店にやってきました。



こちらは青山一丁目から徒歩3分ほどの路地裏のビル内に
お店を構えています。
外にはためくスリランカ国旗がまぶしいですね~。
(・▽・)

それでは行ってみますか!!



店内は7割ぐらいの客の入り様。
と思ったら、お昼時なのであっという間に満席に。
ほ~、人気ありますね~!!
(´▽`)

さて、メニューはこちら。



本日は土曜日だったので、
メニューは週替りの「スリランカ式ワンプレート(1200円)」のみ。
なので、注文しなくても
席に座ったら自動的にこちらが運ばれてくるシステムですね!

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



おぉぉっ、コレは期待出来そうな見た目ですね!!
(*^▽゜)

まずこちらがライスのお皿。



ライスはカレーリーフと共に炊かれたイエローライス
ほのかな塩気とパラパラさ加減で、
これだけでもおいしくいただけますね!!
( *´д)ノ

こちらはパパダムと丁寧に折り畳まれたロティがのってます。



こちらは青菜のコラマルーンと、ポルサンボル
ココナッツファインの甘さと、モルジブフィッシュの味が
実にライスに合いますね~。
( ´∀`)ノ



こちらはいんげんのコラサンボル



こちらもカツオの風味がぐっと引き立ちます。
これまたライスにはぴったりの味ですね~!!
(*^¬^)ノ

さて、カレーはこちら。



いや~、楽しみですね~!

まずこちらが冬瓜のカレー



具材は冬瓜オンリーと実にシンプルなカレー。

そして、こちらがチキンカレー



こちらは打って変わってダークブラウンな色合い。
ごろごろのチキンの存在感がイイですね~!!

それではいただきますか。

ではまずは冬瓜のカレーを。



ココナッツミルクベースのカレーは非常に優しく
冬瓜の素朴な甘さと絶妙にマッチしますね!
マイルドではありますが、
マスタードシードのピリっとした辛さが
穏やかながら後を引きますね~!
(*゜▽゜)ノ

ではチキンカレーを。



こちらはスリランカカレーらしい
ブラックペッパーの効いた、キリっとした辛さ!!
鶏肉は非常に柔らかくジューシーで
コレはグレードの高いカレーですね~!!
(=゜Д゜=)ノ

では、全てをライスの上にのせて混ぜ合わせてと。



それではいただきますか。



一口ごとに味と食感が異なるその様は、
まさにスプーンの上の小さな小宇宙
それぞれ単体でいただいてもおいしいですが、
混ぜることにより、その相乗効果は
まさに乗数のウマミの変化をもたらします!
コレは贅沢なランチですね~!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ tap row bone---!!

ということで、こちらはガチもガチですね!!

味ももちろんながら、量もしっかりとあるので
男性でも女性でも満足すること請け合い!!
それぞれにメリハリの利いたお味なので、
単品で少量ずついただいた後、
混ぜていただくとまた絶品ですね!!
(゜∀゜)ノ

一皿で色んなお料理をいただけるので、
スリランカ入門編としてでも、
スリランカに旅慣れた人でも
きっと満足出来ますよ!!

こちらはわざわざ来る価値のあるお店ですよ~!!
皆さんも是非!!


【お店情報】

『スパイシービストロ タップロボーン(Taprobane)』

住所:東京都港区南青山2丁目2-15 ウィン青山 1F

電話:03-3405-1448

営業時間:10:30~15:30/17:00~23:00(L.O.22:30)

定休日:日祝

家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理
クリエーター情報なし
河出書房新社


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は六本木にある『ニューカマヤン(NEW KAMAYAN)』というお店にやってきました。



こちらは六本木駅から徒歩3分程度と非常に便利な立地ですね。
お店は雑居ビルの2Fにあります。
が、入口がこちら。



うわ~、何これ入りづれぇww!!
(◎□◎;)

まあ、勇気を出してドアを開けてみましょう。

それでは行ってみますか!!



店内は意外に広く、30席ほどはあるでしょうか。
もっとフィリピンパブ的な猥雑さを想像していましたが、
意外に落ち着いたレストランって風情ですね~!



こちらにはDJブースなどもあり、
ちょっとしたパーティにも使えそうですね!
(*^▽゜)

さて、メニューはこちら。



フィリピンに行ったことのない方にとっては
あまり聞き慣れないメニューが並びますが、
親切な店長さんが、料理を優しく教えてくれるので
遠慮なく聞きましょう。
(σ'∀')

さて、まずはフィリピンビールといえばコレという
サンミゲール(530円)」から。



ライトな口当たりが、暑い季節にはぴったりですね!
僕もフィリピン滞在中は毎日10本は飲んでましたw。
あぁああぁあ、んめぇえええぇ!!
(≧∇≦)

さて、まずは定番の「アドボミックス(M500円)」から。



こちらはフィリピンの代表的なソウルフード
豚肉や鶏肉を酢と醤油で煮込んだものです。
柔らかく煮られたお肉は、
酢の酸味と醤油のウマミがあいまって、
いくらでもイケそうです。
コレはスターターにはもってこいですね!!
(*゜▽゜)ノ

お次は「ロンガニッサ(M500円)」。



こちらはフィリピン風ソーセージ
ニンニクが効いたソーセージからは
噛めば肉汁がビュっとあふれ出してきます。
コレまたビールにベストマッチですね~!!
( ´∀`)ノ

そして、「バンガス(1000円)」。



こちらはフィリピンでは非常にポピュラーな養殖魚。
たいがい煮物や揚げ物で食べられています。



手前の唐辛子入りのお酢と共にいただきます。
魚自体は白身でクセがなく、
とてもあっさりしたお味。
フィリピンではライスと共によく食べますが、
醤油をかければピッタリですね!!
(=゜Д゜=)ノ

お次は「チャプスイ(M500円)」。



こちらは八宝菜風の炒め物
味付けもオイスターソースがベースで、
コレはご飯が欲しくなりますね~!
フィリピン人はご飯をホントによく食べるので、
こういった味付けは日本人にもツボですね!!
( *´д)ノ

さらに「リッチョン・カワリ(M800円)」。



こちらは皮付き豚の角切り唐揚げ
外はカリっとした歯応えながらも、
中は驚くほどにジューシー!!
さすが豚消費大国、豚の扱いには慣れてますね~!
コレはお肉好きなら是非試してみていただきたいですね!!
(*^¬^)ノ

そして〆は「シニガン ナ ヒポン(M800円)」。



こちらは海老と野菜のタマリンドスープ
具材はエビ・白菜・オクラ・インゲン・ナスなど。
タマリンドの酸味の効いたスープは、
夏バテの身体にすーっと染み込んでいくようですね!
コレは〆にはもってこいですね~!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゜∀゜)ノ カマカマカマヤーンーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

六本木駅から至近で、立地もとても便利。
非常に入りづらい扉を開けると、
そこはもうめくるめくフィリピンパラダイス!!
おねえちゃんはいませんけどねw
(^▽^;)

フィリピン料理に馴染みのない方も大勢いらっしゃると思いますが、
フィリピンは基本的に米食文化です。
そして豚肉が多く食べられています。
無論、野菜や魚料理も色々と豊富です。

味付けは酸味の強いものや、ピーナッツソースの強いものなど
なかなか馴染みづらいかもしれませんが、
一度ハマるとヤミツキですよ!
(゜∀゜)ノ

こちらのお店はMサイズがあり、色々な料理が
少量ずつ楽しめるのがスバラシイですね!!
ここらでディナーに迷ったら、是非訪れて欲しいですね!
皆さんも是非!!


【お店情報】

『ニューカマヤン(NEW KAMAYAN)』

住所:東京都港区六本木5-9-22 第2千洋ビル 2F

電話:03-5410-1620

営業時間:18:00~翌6:00

定休日:第1・第3日曜

マニラの美味い店: DINE OUT MANILA
クリエーター情報なし
Primer Media,Inc.



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ