CCUmeeting最新情報のお知らせです

※こちらの記事が1番上に来ます。最新記事は次の記事になります。

オフ会vol.27は2017年上半期に開催したいと思います。
詳しくは後日告知させてもらいます。


こんばんは。
今まで定期的に開催してきたmixiのカレーコミュニティ・CCUのカレーオフ会CCUmeetingですが、オフ会情報や募集はこのブログの右サイドバーと、この最新記事に載せたいと思います。
この記事は適時更新していきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

それでは、失礼します。

※過去記事リンク集を設けました。詳しくはコチラを。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

マレーシア食い倒れ旅行2017その1 新宿アカシアの極辛カレーライスをいただきました【羽田第2】


こんばんは。

マレーシア旅行で、羽田空港へと向かいました。
GW前で出国ピークではないためか、それほど道路も混んでいませんでした。
本来は国際線ターミナルに行きますが、今回は第2ターミナルで降りました。


ここの4階に新宿アカシアの支店が出ています。
座席はカウンター席がほとんどで21席です。
だいぶ昔に新宿のお店でカレーライスをいただきましたが、随分ご無沙汰です。
極辛カレーライスと看板メニューのロールキャベツシチューとのセット(1270円)があるので、注文しました。


すぐに運ばれてきたのはとても懐かしいビジュアルです。
煮込まれた鶏手羽元は、とても柔らかくなっています。


カレーは以前いただいたときは、ホールスパイスごった煮といった印象を持ったのですが、カレーっぽくなっていた気がします。
とはいえホールのクローブなどをガッツリ使ってあり、うっすら発汗しました。


看板メニューのロールキャベツはとても大ぶりでボリューム満点です。
昔懐かしいシチュー味は、老舗洋食店だなぁと改めて思いました。

国際線ターミナルには食べる気があまりしないお店ばかりなので、今後も第2ターミナルで降りることにしようと思いました。

それでは、失礼します。

【店鋪情報】

新宿アカシア 羽田空港第2ターミナル店

住  所:東京都大田区羽田空港3-4-2 羽田空港第2旅客ターミナル 4F

電話番号:03-6428-9511
営業時間:10:00~22:00(ラストオーダー21:40)
休  日:なし


【過去記事】

新宿アカシアの極辛カレーライス(2008.04.10)

新宿アカシアのカレーライス(2008.04.07)←新宿店の店舗情報載せてマス
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【祝開店!】サンラサーで極上スパイスプレートをいただきました【ゴールデン街】

こんばんは。

マレーシア旅行の初日になる4月28日(金)は午前中は出勤して、午後から休みをいただきました。
全然浸透してないプレミアムフライデーですね!( ゚∀゚)ノ ワーイ


会社を足早に出て、お昼を食べに出かけました。
せっかくなので、普段ではいただけない場所に向かいます。
場所は新宿ゴールデン街です。
劇場のすぐ近く、大通り沿いにお店はありました。


BAR miki/サンラサーというお店です。

ここは店主のマリコリーラーさんが今年2月に開いたお店です。
夜はバーのお店で、昼間に間借り営業をしています。
火曜日〜金曜日の昼間だけ営業なので、今回のように休みを取らないといただけませんでした。
他にもこのゴールデン街には間借り営業のカレー店が2店舗あります。
つい先日に発売されたばかりになるdancyu6月号のカレー特集にも掲載されています。


店内はカウンターのみで6席ほどになります。
この日はポークビンダルーのワンプレート(900円)でした。
予約しておいたからよかったものの、12時の時点で限定20食が売り切れてしまいました。
確実にいただきたい方は、事前にお店に連絡しておいた方がよいでしょう。
常連のお客さんたちにご挨拶しつつ、話の輪に入らせてもらっていると、プレートがやってきました。


ビンダルーは酸味が特徴で、さっぱりといただけます。
スパイスの辛さや刺激は控えめで、とても優しい味わいでした。
付け合わせのゴーヤのピクルスがサクサクの歯ごたえで苦味もなく、非常においしかったです。

店主が辛いものがあまり得意でないそうで、スパイス料理も辛さは控えめに作られるそうです。
確かに最近スパイスカレーのお店でビンダルーを何度かいただきましたが、こちらのお店はビシビシにスパイスの効いたビンダルーではありません。
といっても物足りなさはなく、とてもおいしくいただけました。

訪問のハードルは高いですが、料理のハードルはとても低く、インド料理原理主義者向けという訳ではありません。
店主は「街のごはんやさん」を目指しているそうで、生産者の顏が見える野菜やお米の食材に、スパイスを使った身体にやさしいごはん料理を提供していきたいそうです。
職場に近ければ足繁く通いたいですね。

マリコさんの軽快なトークと極上のひと皿、また機会があれば食べに伺いたいと思います。
それでは、失礼します。

【店鋪情報】

BAR miki/サンラサー

住  所:<新宿区歌舞伎町1-1-6 新宿ゴールデン街5番街


電話番号:サイトをご覧ください
営業時間:火曜〜金曜日11:00~14:00(臨時休業の場合あり)
休  日:月曜、土曜、日曜日
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )このエントリーを含むはてなブックマーク

マレーシア食い倒れ旅行2017 行ってきました


こんばんは。

今年のゴールデンウィークは5月1、2日と休みを取りますと、夢の
9連休ゥ!( ゚∀゚)ノ ワチョーイ
という訳で休みを突っ込んで、マレーシア食い倒れ旅行に行ってきました。

細かな内容はサイトの旅行記で更新するとして、カレー関連の食べたものは先にブログでアップしていきたいと思います。
昨年のゴールデンウィークもマレーシア旅行に行きましたが、昨年はカレー成分はほぼなくて、ブログ掲載は見送りました。
今年はかなりガッツリいただきましたので、順次アップしていきます!

まずは帰国のご挨拶とお知らせまで。
まぁ明日から社会復帰できるかどうかが心配なんですけど…(´・_・`)

それでは、失礼します。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【神宮丸太町】ビィヤントのカツカレー(ビーフ)をいただきました【京都は牛肉】


こんばんは。

京都旅行の最終日、帰り前にヨメさまと別行動でもう1軒行ってみたいカレー店へ行きました。
場所は京都市内の平安神宮や熊野神社が目印になります。
その辺りへ市バスに乗って行くと、すぐ近くにお店がありました。

 
ビィヤントです。
カウンターのみで10席ほどの小さなお店です。
お年を召した女性店主がカウンターにいて、娘さんかな?女性2人が厨房にいました。
店主が話好きなようで色々話しています。

こちらのカツカレー(950円)が有名ということで、オーダーしました。
カツカレーのカレーをビーフ、チキン、ベジタブル、シーフードから選びます。
ビーフカレーのみ甘口・中辛・辛口と選べて、それ以外は甘口のみとなっているようです。
ビーフカレー辛口にしてみました。

オーダーが入ってからカツを揚げています。
カラッと揚がったカツをサクサクとカットして、ご飯に乗せて、そこにカレーをかけていきます。
楽しみにしているとカレーが運ばれてきました。


これぞ日本のカツカレー!という期待通りのビジュアルにワクワクしながらいただきました。
まず、結構辛いです。
辛口でオーダーしてるから当然なんですけど、直球ストレートな辛さです。
カレーの中に輪切りのタカノツメが入っていたりで、唐辛子系の辛さが突出しています。
大阪のインデアンカレーから甘さをなくしたような感じの味でした。


カツがまた、薄切り豚肉でカラッと上がっているので、最後までサクサクした衣でおいしくいただけました。
美味しんぼの4巻に収録されている「食卓の広がり」で、偏食の男性に山岡さんがカツ丼を作ったときに
(「ちょっと、トンカツ屋さんの肉はもっとずっと厚いわよ」と言われて)
山岡「それは戦後、肉食を有難がっていた頃の話さ。トンカツの肉の厚さは5ミリが限度、それ以上厚いとバランスが崩れる」
と言っていたのを思い出しましたf(^^;)
このカツはカレーとベストマッチでした。


うっすら汗ばみながら、食後にホットチャイをいただきました。
饒舌な女性店主にお話を伺いましたが、こちらのお店は1975年オープンです。
私と同い年じゃないっすか!(;゚д゚)ポカーン
当時はこの辛口なカレーは、もっと辛かったらしいです。
カツは豚肉ですが、ビーフカレーにこだわりがあるそうで、数年前にBSEの問題で一時ポークカレーに変えたそうですが、お客からの反応は「豚肉なんだ…」とよくなくて、すぐにビーフに戻したそうです。
やはり関西圏でカレーといえば豚肉ではなく牛肉なんですね。

また、お店の向かいが京都大学医学部付属病院で、学生さんが卒業後何年かしてからまた食べに来たりするそうです。
このカレーは確かに見た目以上にインパクトがあるし、また食べに来たいです。
これからも末永く続いていただきたいと思いました。

それでは、失礼します。

【店鋪情報】

ビィヤント

住  所:京都府京都市 左京区東大路通丸太町上ル東側聖護院西町12


電話番号:075-751-7415
営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー21:45)
休  日:土曜日
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【四条河原町】イグレックの野菜カレーをいただきました


京都行ってきました!( ゚∀゚)ノ

こんばんは。

ヨメさまの希望で、3月に京都・祇園へ旅行してきました。
夕飯に出かけて、こちらのお店に行ってみました。

 
イグレックCurry Wine Bar Yoshikiというお店です。
カレーとYoshikiといったら…(;゚д゚)ポカーン
激辛でブチ切れて帰るのしか想像できませんが…。
こちらのお店は店主の名前がヨシキさんで、そこから名前を付けたそうで、ひと安心ですf(^^;)


小さいビルの2階に上がると、カウンター6席、テーブル4席ほどのお店です。
初老のご夫婦で切り盛りしていました。

カレーのメニューはビーフカレー(980円)、野菜カレー(900円)、小エビカレー(980円)です。
私は野菜カレー、ヨメさまは小エビカレーを注文しました。
オーダーを受けてから、1皿ずつフライパンでソテーしています。
メニューを見ると、他にもフレンチの小皿メニューがありました。

しばらくしてカレーが運ばれてきました。




野菜カレーの具材の種類の多さに、圧倒されました。
15種類以上あったと思います。
ヨメさまの小エビカレーもぷりぷりの海老がたっぷり入っています。

カレーは口当たり滑らかで、おいしいです。
辛さはあまりなく、コショウの辛さが少し立ってるくらいで、ヨメさまでも安心して食べられました。
付け合せのキャベツと山芋のピクルスが独創的で、カレーのいいアクセントになっていました。

食後に店主と少し話をさせてもらいました。
店主は京都出身の方で、フランス料理店に勤めていたそうです。
定年退職したのでカレー屋を開業されたとのことです。
オープンしてから7年ほどになり、当初からカレー屋をやりたかったそうです。
カレーソースにもフレンチの技法を用いているそうで、数年前に東京でも見かけたフレンチカレーのくくりに入りそうです。
メニューにフランス料理の小皿があるのも、納得です。

インデアンカレーなどの、大阪の甘辛カレーみたいなのを想像していたら、全く違うカレーが出てきて意外でした。
店主のお話から、大阪モンと一緒にはされたくないという意識が伺えました。
また、京都の昔の写真のアルバムを見せてくれて「昔の京都は何もなくて静かだったけど、祇園の辺りなんて今やアミューズメント施設みたいでしょ」という風にも仰ってました。
京都の人間は、観光地としての京都を半分複雑な想いでみているんだなぁと感じました。
思った以上に良いお店と巡り会えて、嬉しかったです。

それでは、失礼します。

【店鋪情報】

イグレックCurry Wine Bar Yoshiki

住  所:京都府京都市下京区西木屋町四条上ル真町455


電話番号:075-223-0525
営業時間:11:30~14:00、16:30~23:00
休  日:月曜日
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【3月31日15:30まで!】インド式チャオカリー新宿野村ビル店が閉店!・゚・(ノД`)ノ・゚・。

こんばんは。

本日は大変に残念なお知らせです。


西新宿の新宿野村ビル地下にあります、インド式チャオカリーが3月31日の15時30分をもって、閉店することになりました。
店頭の張り紙によると、平成14年(2002年)11月開店から14年以上この場所にお店を構えていたそうです。
私はまだ夢民のFC店だった頃の2006年6月に初訪問してから、何度も足を運びました。

平日の昼休みは行列ができて時間内にいただけないので、もっぱら休日出勤の空いてるランチによく利用していました。
ここ数年は夜の空いてる時間帯にゆっくりいただくことが多かったです。
新宿のカレー店ではムットに次いで多く訪問していました。


インド式カレー夢民のFC店から独立してチャオカリーになり、いろいろあったみたいですが、私はチャオカリーは好きでした。
本家の夢民が2012年に閉店して、2015年に東京テレポートで復活した一方で、チャオカリーは店舗数がだんだんと減っていき、ここ新宿店と汐留店だけになっていました。
今回の閉店で、残るのは汐留店だけになります。

炒め系のカレー専門店としては、後発のcampがチェーン展開を着実に進めて関西方面にも進出しているのを思うと、チャオカリーの現状は、何とも残念で歯がゆいものがあります。


おそらく最後のオーダーは、ポパイベーコントマトCurryの辛さ10番にしました。
ふわふわ卵のやさしい味と、トマトの旨味と酸味、ベーコンの旨味、ほうれん草のコクがとてもおいしいです。
辛さも卵が入ると、ややマイルドになりますね。
夢民時代から「自分の好みの組み合わせや辛さが決まると、何度も足を運びたくなるお店」とよく言われていますが、私は今回のオーダーがいちばん好みです。

今日もやっぱりおいしかったです。
新宿野村ビルにチャオカリーがなくなるのは大変に残念ですが、今後は汐留店にも行ってみようかと思います。

それでは、失礼します。

【関連記事】

2015年のクリスマスもカレー尽くしでした(2016.01.08)

【東京テレポート】インド式カレー夢民ダイバーシティ東京店【祝復活!】(2015.11.11)



【過去記事】

【西新宿】インド式炒カリーのグリーンエッグCurryをいただきました(2016.07.20)

【冬季限定】インド式チャオカリーの牡蠣カリーをいただきました(2015.02.17)

インド式炒カリーのきのこえびCurryをいただきました(2014.11.26)

インド式チャオカリーの新じゃがと春野菜のカリーをいただきました(2014.08.31)

【2月末まで!】インド式炒伽哩の牡蠣ベーコントマトcurryをいただきました(2012.02.19)

インド式炒伽哩のきのこエッグcurryをいただきました(2010.03.12)

春の嵐の土曜出勤で炒伽哩の春カレーm(_ _;)m(2009.04.26)

炒伽哩のドライカレー弁当をいただきました(2008.01.28)

夢民がインド式炒伽哩に新装開店(2007.10.27)

夢民のフィッシュトマトエッグcurry(2007.02.21)

夢民のグリーンエッグcurry(2007.01.12)

夢民のチキントマトcurry(2006.07.26)

夢民のサマーcurry(2006.06.18)←店舗情報載せてマス
※30min.のお店ページはコチラです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【高幡不動】アンジュナのディナーセットBをいただきました



こんばんは。
先日、多摩動物公園に行きました。


年に数回は行ってるのですが、京王線経由で帰ると高幡不動駅で乗り換えになります。
この日の夕飯は、以前から多摩動物公園帰りに訪問しようと思っていた、こちらのお店にしました。

 
インド食堂アンジュナです。
前回初訪問時は2009年のランチでした。
ずいぶんと時間が経ってしまいました。

こちらは九段下のアジャンタ出身のシェフ、藤井氏のインド料理店です。
2010年初頭に、インド料理店と多国籍料理店「となりのチャッポラ」を併設する形でリニューアルしています。
ディナー開始から間もない17時半頃に訪問しましたが、席はかなり埋まっていて、私の後にもお客さんが次々と入ってきて、ほぼ満席になりました。
さすがの人気です。

メニューを見て何にしようかと思ったところで、お得なディナーセットが目につきました。
カレーの選べる種類が値段によって違いますが、最大24種類から選ぶことができます!
これはかなり幅広く選べますね。
ディナーセットB(焼き物とカレー2種、ハーフナン、ハーフライスのセット:2000円)にしました。
選べるカレーは、今月のカレーで出ていた牡蠣のカレーと、ポークビンダルーにしてみました。
あと、単品メニューで目を引きました海老のラッサムをオーダーしました。


グリーンチリのピックル、マンゴーチャツネ、タマネギのアチャールが運ばれてきました。
ちゃんと薬味がお客さんごとに運ばれてくるというのは、何とも嬉しくなりますね。
まずは海老のラッサムが運ばれてきました。


楽しみにいただきました。
大きな海老がまるまる1尾、贅沢に使われています。
透明度はなくしっかりとした豆のコクのある、酸味と辛さのスープに海老のダシも加わっています。
前回もラッサムライスをいただきましたが、こちらのラッサムはおいしいですね。
外の寒さに冷えた身体には、とてもありがたいです。

ゆっくり待っていると、ディナーセットが運ばれてきました。


かなり豪華です!
こちらも楽しみにいただきました。


牡蠣のカレーの主役、牡蠣は広島県産のものを使用しているそうです。
プリップリの重さのある大ぶりの牡蠣は、臭みもなく存在感が抜群です。
カレーはカレーリーフの入ったあまり辛くないタイプで、牡蠣によく合います。

ポークビンダルーは豚肉が角切りでたっぷり入っています。
こちらは辛口で、コクもありおいしいです。


焼き物はシークカバブとタンドリーチキンですが、どちらもパサついてなく、上品に焼かれていました。
特にタンドリーチキンは、しっとりしていて脂っぽくなく、おいしかったです。
ナンにはマンゴーチャツネを塗って、カレーをつけておいしくいただきました。
この食べかた、新宿ボンベイで昔よくやっていたのですが、10年以上ぶりにしましたf(^^;)

大満足のお味でした!( ゚∀゚)ノ
次回の動物園帰りにも、絶対訪問したいと思います。
チョコチップナンやバターチキンカレーもあるので、次回はヨメさまと来られたらと思います。

それでは、失礼します。


【過去記事】

【高幡不動】アンジュナのランチをいただきました(2009.09.15)←店舗情報載せてマス
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【祝2周年!】ナマスカールのサウスインディアンミールスをいただきました【小田急相模原】

こんばんは。

小田急相模原駅そばの南インド料理店、ナマスカールが開店から2周年を迎えました。
おめでとうございます!( ゚∀゚)ノィィョ

日曜日のランチタイムに伺いました。
平日限定ランチセットの他に、土日限定のランチセットも北インドのターリーセットと南インドのミールスがあり、充実していました。
土日ランチ限定のサウンインディアンミールス(1600円)をオーダーしました。
100円追加でドリンクも付けられるので、ホットチャイを食後に注文しました。

しばらくしてミールスが運ばれてきました。


バナナリーフのプレートに、バスマティライス、パラタ、パパド、プレーンヨーグルト、サンバル、ラッサム、ポリヤルがコンパクトに盛り付けられています。
バスマティライスとラッサムがお替わりできます。
楽しみにいただきました。


まず、ラッサムが透明感のあるサラサラでホールスパイスとニンニク、タマリンドの酸味の強い、とても好みの味でした!
これだけで、とても嬉しくなってしまいました。

サンバルは野菜が大きくカットされていて、ポッテリした豆の煮崩れた感じとよく合います。
プレーンヨーグルトはかなり固くて、バスマティライスに混ぜて、好みのまとまり具合に調節できます。

ポリヤルとかかれていたカトリですが、この日はココナッツの効いた優しい味の野菜のカレーで、ベジタブルコルマでした。
あと、パラタがとてもおいしくて印象に残りました。
市販のものではなく、ちゃんと生地から作って焼いているお店のものだと、やっぱりおいしいですね。

これで1600円はかなりお値打ちですね。
初回訪問時にいただいた、フルセットのケララスペシャルミールスよりは気軽にオーダーできて、普段使いでいただけるのが嬉しいです。
欲を言えば、ピックルが付いていれば味のアクセントを変えられてなお良いかなと思いました。

オダサガでもこの2年でミールスをオーダーするお客さんが増えたとのことで、とても喜ばしいことです。
これこらも末永く続いていただきたく思います!


それでは、失礼します。

【過去記事】

【小田急相模原】ナマスカールのドーサセットをいただきました【祝一周年!】(2016.03.27)

【小田急相模原】ナマスカールでティファンの数々をいただきました(2015.08.02)

【小田急相模原】ナマスカールのランチセットをいただきました
(2015.06.09)

【祝開店!】ナマスカール(小田急相模原)でケララスペシャルミールス(2015.05.27)←店舗情報載せてマス
※30min.の店舗ページはコチラです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【南林間】シナモンガーデンのしあわせプレートをいただきました

こんばんは。


さる2月26日(日)のランチに、南林間のスリランカ料理店・シナモンガーデンに行ってきました。
数ヶ月ごとに一度、日曜日のランチに提供しているというしあわせプレート(2000円)が、この日提供されるそうです。


確かに店内にメニューが貼ってありました。
日本ではあまりお目にかかることがない、珍しいスリランカの食材を使ったおかずがたくさん並ぶようです。
店内では常連と思われるお客さんが手食していたりと、かなり盛況な様子でした。
早速しあわせプレートを注文したのですが、この日は予約分を含めて売り切れたそうです…(´・ω・`)ショボーン
13時頃に訪問したのですが、甘くみてました。
こんなことなら予約しておけばよかったです。

普通のチキンカレーのプレートを注文したのですが、ちょうど予約のキャンセルが1名出て、しあわせプレートをいただけることになりました!
という訳でオーダーしました。
私の後に来たお客さんも、しあわせプレートを食べに来たみたいでした。
オーナーシェフのアミラ・ペルラさんが「予約しているお客さんがいるけど、スリランカ人のお客だからちゃんと来るか電話してみます」と言ってました(;゚д゚)ポカーン
まぁあと1時間ほどでランチタイム終了ですし、このまま来なかったらせっかく仕入れた貴重な食材が無駄になってしまいますからね。
そんなことを思っていると、しあわせプレートが運ばれてきました。


すごくきれいな盛り付けです。
楽しみにいただきました。
おかずの紹介はテーブルに書かれてありました。
珍しいスリランカのおかずを、日本語できちんと丁寧に紹介しているのはとても分かりやすくていいですね。
スリランカのサトイモを使ったココナッツミルクのカレーや、若いジャックフルーツのココナッツミルクカレー、バナナの花のさっと炒め、カツオのアンプルティヤル(ゴラカという酸味のある実とスパイスで炒めたもの)、ビーツとトマトのサラダなど、確かになかなかお目にかかれないものばかりでした。
それぞれを崩しつつ、バスマティライスに混ぜながらいただきました。

様々な味の変化が楽しめるのはもちろんですが、南インドのミールスとは違う酸味(ヨーグルトやタマリンドなど)やスパイスの感じなどをじっくり味わうことができました。
これは確かにしあわせです〜!(*´ω`*)


食後にはミルクティーと、ジェリーケーキとアイスクリームが付いてきました。
ゼリーが層になっているデザートは、タイやマレーシア、インドネシア料理などで見かけましたが、スリランカにもあるんですね。
クッキーのようなザクザクした層とゼリーが合わせてあって、とてもおいしかったです。

大満足のしあわせプレートですが、いつ提供になるかは不定期なのでお店のTwitterやFacebookなどの情報をチェックしてみてください。
電話予約しておいた方がより確実だと思います。

これで3連続ランチ訪問になりますが、毎回非常に満足度は高くて良いお店ですね。
次回はディナー訪問もしてみたいと思います。
それでは、失礼します。

【過去記事】

【南林間】シナモンガーデンのスリランカプレートをいただきました(2017.02.12)

【南林間】シナモンガーデンのワンプレートランチをいただきました(2015.11.08)←店舗情報載せてマス
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク
« 前ページ