samuraiがお届けするカレープラスα(アルファ)を徒然なるRockな日々の雑感とともに。
カレー侍 (Curry Samurai)



samuraiです。

今日は木場にある『やおらぁ~な』というお店にやってきました。



こちらは木場から永代通りを東陽町方面に歩き、
沢海橋を渡ってすぐ左に曲がった右手にあります。
駅からは徒歩5分ほどでしょうか。
この辺りはおいしいお店の多い、地味な激戦区ですね。

見た目はただの沖縄風(それすらどうかすら分かりませんがw)の
居酒屋に見えますが、僕の心をつかんだのがこちら。



海上自衛隊は金曜がカレーですが、
こちらは火曜、木曜がカレー専門!
(※現在は水~金になっているみたいですね)
コレは行くしかないですね!!

それでは行ってみますか!!



店内は近隣のサラリーマン諸兄できっちりと満席。
席数は25席ほどでしょうか。
カウンター席もあるので、お一人さまにはイイですね。

さて、メニューはこちら。



どうやらカレーは週替りの模様。
今日は二週目だったので、自動的に「ポークカレー(680円)」に。
まあ、これだけだとアレなので、「唐揚げ(+100円)」も追加で注文。
周りを見渡すと、ご飯の量が多そうだったので、少なめで。

さて、待つこと5分。カレーがやってきました。



んどどどすん。

おわっ、マジかコレ!!
ご飯少な目なのに、迫力がパねぇw!

付け合せはこちら。



らっきょうに福神漬けは分かるとして、
チーズがサービスの付け合せで付くって、相当珍しいですね。
へ~、さすが居酒屋、かゆいところに手が届くw

そして、サラダも付いてます。



こちらはレタスと青じそドレッシングのシンプルなサラダ。
箸休めにイイですね~。

さて、カレーはこちら。



ほ~、なかなかの見た目ですね~!



ルーの中には皮付きのジャガイモ、にんじん、
そして角切りの豚肉がゴロゴロと。
おぉ~、コレは楽しみですね!!

それではいただきますか。



見た目は一瞬おうちカレーのように見えますが、
ルーを一口含むと、その間違いに気付きます。
濃厚に見えるルーは、最初は甘く、後からほんのり辛さが襲ってきます。
小麦粉ではなく、溶け出た野菜と果物の産物ですね!



じゃがいもやにんじんは存在感を放ちつつ、
豚肉はほぐれるように柔らかく、
非常に丁寧に作られているカンジが、実にイイですね!
さすが、カレーの日を全面に押し出しているだけありますね~!!

おっと、忘れていました。
追加で頼んだ唐揚げがやってきました。



んどどどどすん。

え?トッピングの量じゃないでしょコレww!!



小学校3年生ぐらいのコブシぐらいある唐揚げが二個!!
おいっww!!

で、コレがしっとりした衣に、にんにくと生姜のパンチのある味。
肉汁がしたたるぐらいジューシーに揚がっていて、
これだけで、楽にご飯が一杯食べれそうですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ヤオヤオラーナーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

味、量、値段の安さ、どれをとっても
非の打ち所がまったくないですね!!

カレーのうまさもさることながら、
唐揚げもまた絶品!!
カレー曜日以外の定食メニューもおいしそうだったので、
次回はそちらも試してみたいですね。
とりあえず、この味でこの値段。
この近隣のサラリーマンがうらやましい限りですw

ということで、こちらはわざわざ行く価値のあるお店ですよ~!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『やおらぁ~な』

住所:東京都江東区東陽3-9-2

電話:03-5606-6116

営業時間:11:30~13:30/17:30~22:30

定休日:土・日・祝






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は渋谷にある『串カツあらた』というお店にやってきました。



こちらは2019年11月23日にリニューアルオープンした、
渋谷PARCOの地下1Fにオープンしたお店。
名古屋に本店を置く、串カツ専門店のようですね。

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター・テーブル席含めて30席ほどでしょうか。
立地の良さも多分にあるとは思いますが、
早い時間の割には、かなり混んでますね~。

さて、メニューはこちら。



串カツ屋なので、当然昼から串カツで飲めるわけですが、
ランチタイム限定のカレーを出しているとのことです。
それがこちら。



ほ~、コレは頼まなければなりませんね!
ということで、「大阪スパイスカレー(1,150円)」を注文。

カウンターの上には、何故か太陽の塔がいたりw



串カツ屋といいながら、お手拭きはスパイスカレー全面押しだったりw



まあ、力を入れていることは如実に伝わってきますねww。

さて、待つこと5分。カレーがやってきました。



おぉ~、コレはフォトジェニックな見た目ですね~!!

中央部にはライスとその上にこんもりと盛られたキーマカレー。
その下にはれんこんの素揚げ。
さらにゴボウの素揚げが鬼の角のようにそびえ立ってます。



その下にはきゅうりと玉ねぎのみじん切りにミニトマト。



さらにパクチーにヤングコーン、パプリカにレモン、紫キャベツの千切りに
オクラ、サバの燻製まで。



いや~、この支離滅裂感が大阪っぽくてステキですね(←褒めてますw)

それではいただきますか。



さらさらとした口当たりのルーの中には、
クミン、マスタードシード、コリアンダーシードなどの
ホールスパイスがゴロゴロと入っています。
辛さは中辛といったところですが、
ガシガシと入っているスパイスのおかげで、
じんわりと汗をかかせてくれますね。
おぉ、コレはバランスイイですね!!

では、キーマを。



キーマは打って変わって優しいお味。
どことなく味噌っぽい味が、串カツ屋であることを
再認識させてくれますw。



具材はそれぞれ食感を変化させることが出来、
飽きずに最後までおいしくいただけます。
特に、サバの燻製はそれだけで酒がガンガン飲めるほど美味。
見た目以上に丁寧に作っているところが、好感が持てますね~!!

いや~、こりゃおいしいですね!!

( ゚∀゚)ノ アラタナルパルコーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

そもそも名古屋発祥なのに、大阪スパイスカレーってのがツッコミどころ満載でw
一つ間違えばイロモノ的に取られがちなスタイルとも言えますが
スパイスカレーとしてキッチリ成り立っているところがスバラシイですね!
ホールスパイスのゴロゴロ感が本気度をカンジさせてくれますね。



大阪スパイスカレーを打ち出したお店は、渋谷ではおそらく初でしょう!
昼からガンガン飲めるのもとてもイイですねw!
PARCOの地下なのでアクセスもよく、非常に行きやすいのも魅力ですね~。

ということで、こちらはわざわざ来る価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『串カツあらた 渋谷PARCO店』

住所:東京都渋谷区宇田川町15-1 B1

電話:050-5456-2080

営業時間:11:00~15:00/16:00~23:00

定休日:不定休(PARCOの定休日に準ずる)




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samruaiです。

今日は小川町にある『三燈舎(さんとうしゃ)』というカレー屋にやってきました。



こちらは2019年5月に出来たばかりのお店。
神保町駅と小川町駅のちょうど中間地点の靖国通り沿いにあるお店。
どちらの駅からでも徒歩5、6分で行けるのでアクセスはかなり便利ですね。



”ミールスレディ”の看板が、お店の心構えをうかがえさせますね~!!

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター6席にテーブル席が12席ほどのこじんまりとしたお店。
カウンターからはキッチンの様子が見えるのもイイですね。
窓際のテーブル席は靖国通り沿いで、見晴らしもよいカンジですね~。



シャンデリアのようにディスプレイされている、
インドの定番のお弁当箱も、とてもいいインテリアですね!

さて、メニューはこちら。



ミールスとドーサを筆頭にティファン、イドゥリ、アッパムなどの
軽食系のメニューが並びます。
カレーのメニューの品揃えもなかなかですね~。
それもそのはず、こちらのお店は「南インドの軽食と定食」がテーマのお店。
しかもビリヤニまで2種類あるとは!
おぉ~、コレは楽しみですね!!

ということで、迷いましたがココはやはり「SANTOSHAM MEALS(1,850円)」をチョイス。
ドリンクはラッシー、チャイ、コーヒーが選べるので「ラッシー」を。

さて、待つこと2分。まずはラッシーがやってきました。



見た目は普通のラッシーっぽく見えますが、
味わいは微発砲の甘酒のようなカンジ。
大概のインド料理屋にありがちな飲むヨーグルト的なものかと思ったら
結構な衝撃を味わうことになりますw。

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



おぉ、コレはなかなかのツラ構えですね~!!

まず、手前のこちらがワダ。



こちらは豆のつみれ、とでも表現したらよいでしょうか。
カリッとした歯触りと、ほくほくとした食感がイイですね。

こちらはプーリー。



薄い揚げパンのようなものといえばイイでしょうか。
食べ応えはしっかりありますね~。

こちらはライス。



しっかりバスマティを使っているあたりが
南インドテイストを感じさせますね。

こちらはトーレン。



紫キャベツのトーレンですね。
優しい味付けで、箸休めにピッタリですね!

それではいただきますか。



まずはチキンカレーから。



しっかりとした酸味と辛さ、鶏肉はしっとりしていて
食べ応えもありますね~。
針生姜がいいアクセントになってますね!

こちらは魚カレー。



本日はサバのカレーとのことでした。
こちらはマスタードシードが効いたシャープなお味。
サバの旨みもよく出てますね!

こちらはサンバル。



優しい味付けで、とろとろになった玉ねぎが美味ですね~。

こちらはラッサム。



打って変わって、こちらは酸味と胡椒感を前面に押し出した
刺激的なお味。
かなり上手にメリハリを付けてますね~!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ サンサンナナビョウシーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

この辺りは言わずと知れたカレー激戦区の最たるところですが、
またも楽しみなお店が出てきましたね~!!

お店の方は『ダバインディア』、『カイバル』で修行を積み、
シェフも南インドのケララ州出身の方と、
かなりガチ勢な南インド料理を楽しめますよ!!



カレー激戦区といえども、南インド主体のお店は
まだこのあたりにはほとんどないため、
早くも名店の仲間入りをする予感がしますね~!!

ということで、まだ混んでないうちに
早めの訪問をオススメします。
みなさんも是非!!


【お店情報】

『三燈舎(さんとうしゃ)(SANTOSHAM)』

住所:東京都千代田区神田小川町3-2 古室ビル 2F

電話:050-3697-2547

営業時間:11:00~15:00/17:30~22:00(L.O.21:00)

定休日:月曜














コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は銀座にある『Mrs.Dada(ミセス・ダダ)』というお店にやってきました。



こちらはプレオープン期間を経て、2019年11月11日にオープンしたばかりのお店。
住所は銀座一丁目なので、銀座一丁目駅か宝町駅から行く方が便利ですね。
昭和通り近くの地下1Fのお店です。



扉の重厚な佇まいがイイですね~!

それでは行ってみますか!!



店内は壁際のカウンターが5席、お店中央のカウンターが6席、
そして、二人掛けのテーブルが4席の併せて19席。
コンクリート打ちっぱなしの壁と、鉄製のコート掛け、木製の内装が
非常にスタイリッシュです。
店内はさながらオシャレなバーといったカンジですね~。

さて、メニューはこちら。



プレオープン期間中は、様々な種類のカレーを提供されていたようですが、
どうやらこの3つが定番のカレーとして昇格した模様ですね。
ちなみに週替りカレーは「ワタリガニのカレー」とのことでした。

というわけで、「チキンカレー(1,000円)」に「ワタリガニのカレー(+300円)」をチョイス。
ドリンクは「本日のラッシー(+200円)」を。

テーブルの上には二種類の唐辛子オイルが。



青唐辛子の方は魚介系、赤唐辛子の方は肉系のカレーに合うらしいです。

さて、待つこと3分。まずはラッシーがやってきました。



へ~、かわいい見た目ですね。
ミントがささってるのも面白い。
まあ、量は二口で飲めてしまうぐらいですがw。

さて、さらに待つこと5分。カレーがやってきました。



おぉ~、これはまたそそられる見た目ですね!!

ライスの上に置かれたパパドの中には、野菜のアチャール。
その横の紫キャベツの上にはマッシュポテトがのっています。
見た目はイタリアンのワンプレートのようですね~!



まずカレーはこちら。



ルーは非常にさらさらとしていて、鶏肉はゴロゴロと入ってますね。

こちらがライス。



日本米のターメリックライスの上に、フライドオニオンがトッピングされています。

いや~、楽しみですね!!

それではいただきますか。



カレーはさらっとしていて、チリの直球の辛さがストレートに入っています。
見た目に反して、かなりシャープな辛口ですね。
僕的にはかなりツボです。

で、チキンはと。



チキンは非常によく煮込まれていて、スプーンでもほぐれるぐらいほろっほろ。
ルーとの相性もよく、ライスにもベストマッチですね!!

では付け合せを。

まず、パパドからいきますか。



にんじん、玉ねぎ、きゅうり、ビーツの酢漬けが
カレーのいいアクセントになっています。
箸休めにピッタリですね~!

そして、マッシュポテトを。



こちらはバターの風味香る、濃厚なマッシュポテト。
舌触りもとても滑らかでクリーミー。
この辺り、店主の出身であるイタリアンの技術を感じますね~!!

そして、もう一つ追加したワタリガニのカレーを。



それではいただきますか。



こちらはカニの風味がぶわっと鼻腔に抜けていきます。
ルーもチキンカレーとは対照的に、コルマ的な濃厚なスタイル。
ほ~、こりゃ面白い!
ライスとの相性も、もちろんバツグン!!
チキンカレーともども、非常にグレードの高いカレーだと思います!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ミセスロビンソンーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですね!!

シェフは南インド出身とのことで、カレーの実力もさることながら、
もともとはイタリアンで修行されていたとのこと。
そのイタリアンの下地と、南インドのカレーが
見事なぐらい融合してますね!!



どこ風とも呼べないこのスタイルは、まさにダダ風としか表せない、
オリジナリティの高いカレースタイルだと思います!!

夜のアートオブカレーなどのメニューも非常に気になるので
次回は是非夜に訪れたいですね!!



こちらは間違いなくクるカレーだと思います。
わざわざ電車に乗っていく価値がありますよ!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『Mrs.Dada(ミセス・ダダ)』

住所:東京都中央区銀座1-14-10 松楠ビル B1

電話:03-6875-2753

営業時間:11:00~20:00

定休日:日祝








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は高津にある『おばちゃん八百屋』というお店にやってきました。



こちらは高津駅から府中街道を登戸方面に向かって
10分ほど歩いた右手にあります。

いや~、この堂々とした身も蓋もない外観が実にイイですねw!
(・▽・)

ちなみに、お店の右手が八百屋。
こちらはガチの八百屋ですね。
お店の感じはモロにこちらに近いですねw
(´ω`)



で、左手が店舗になってます。



営業してんのかしてないのか、まったくわかりませんw
とはいえ、今は営業時間内。
堂々と入ってみましょう。

それでは行ってみますか!!



店内は6人掛けのテーブル席オンリー。
地元のおっさんやらおばさんやらと、完全に相席になるスタイルですね。
お店は店主のおばちゃん一人で切り盛りしています。

何でしょう、田舎の公民館というのが失礼なら、
農家の閑散期の集会場というのは、もっと失礼でしょうかww
(^▽^;)

さて、メニューはこちら。



なかなか達筆なメニューが並んでますが、
壁一面にダンボールとガムテープで張り出されたメニューが
ところかしこと並んでいるので、かなり迷うこと請け合いです。

まあ、ちゃんとしたメニューもありますよ。






メニュー麺類、定食、丼モノ、さらにまであるという力強さ。
さらに、カレーコーナーだけでこの物量。
そして、民生食堂か学食かと思うぐらいの、圧倒的な安さ!!
うおっ、マジですかコレ!?
(゚◇゚;)

ということで、悩みに悩みましたが、
オムカレー(400円)」に「メンチ(+100円)」をチョイス。
ライスは少なめでお願いしました。

さて、待つこと10分、カレーがやってきました。



んどどどすん。


うおっ、マジかコレ!!
(;゚д゚)



ライスの上には半熟のオムライス状の卵焼き
その下には揚げ立てのメンチカツ
付け合せはブロッコリーりんご

おぉ、なかなか独創的な組み合わせですね~!!
(。・ω・。)

それではいただきますか。



カレーのベースは中辛といったところ。
具材はじゃがいもにんじんが、とにかくごろごろと入ってます。
郷愁を誘う味というか、懐かしくも温かい、
おばちゃんの人柄が表れたようなカレーです。
(*゚▽゚)ノ

とはいえ、おうちカレーとは違う凄みがここから現れてきます。

まず、オムレツの下に大量のレタス
え、なんでw?
(゚ロ゚;)



さらにオムレツをめくると。



さやいんげん

(゚◇゚;)

ほう、なかなかやるじゃないか。
じゃあ君の恥ずかしいところをもっとめくってみようかww
(ノ∀`)



さらにその下には揚げナストマトが!
さすが八百屋w!
素晴らしい野菜尽くしのオンパレードですね!
多分、一日分以上の野菜がコレで採れると思いますw!
( ・∀・)ノ

ではメンチを。



この肉厚の存在感がステキですね。



で、コレが揚げ立てでサックサク!
とてもジューシーで食べ応えありますね~!
カレーとの相性もバツグンです!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ オバチャン マイラブーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

お値段、ボリューム、味といい、
非の打ち所が全くないですね!!
学生の時に近所にあれば、
間違いなく週7日通っていたと思いますww!!
(゚∀゚)ノ



お店のオープンは2011年3月11日。
東日本大震災の日です。
お店のおばちゃん曰く、
安くておいしい料理をお腹いっぱい食べて欲しいと思って、お店を作ったの。
とのこと。
ちなみに、横の八百屋さんは旦那さんがやってらっしゃるそうです。

おばちゃんは非常に気さくで、サービス精神の塊のような方。
一見さんにも、まるで常連のような感じで接してくれます。
サービスというか、本当にお店を好きでやっているんだなぁというカンジで
非常に好感が持てますね!!
コレだけでポイントアゲアゲですよ!
(゚▽゚)ノ

そして、お店には看板猫の「ハッチャン」がいるので、
猫好きな方にもオススメですw

ということで、こちらはわざわざ来る価値のあるお店ですよ~!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『おばちゃん八百屋』

住所:神奈川県川崎市高津区久地1丁目9−21

電話:044-822-2823

営業時間:12:00~18:30(八百屋は朝7:00~)

定休日:日曜、第一、第三木曜




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は阿佐ヶ谷でやっている『阿佐ヶ谷スターロードフェスティバル』にやってきました。



こちらは阿佐ヶ谷で11回目を迎えるフェスティバル。
阿佐ヶ谷駅北口には100軒を越える飲み屋がひしめく飲み屋街があり、
ココが通称「スターロード」と呼ばれています。

そして、この飲み屋街で年に一度、5月の最終日曜日に行われるイベントが、
この『スターロードフェスティバル』です。
今回の参加店舗は69店と、年々拡大の一途をたどってますね~。
(・▽・)

で、このフェスの最大のウリが、
各店カレー100円、ビール300円ということです。

え?
( ゚ロ゚)
聞こえなかった?
何かの間違いじゃないかって?

大事なことだから、もう一度言いますよ。
カレーが100円、ビールが300円ですよ、奥さん!!
(;゚д゚)

コレはカレー好き、酒好きとして行かない理由がないですね!!
それでは行ってみますか!!



ということで、まず一軒目は『神鶏』というお店に。



こちらでは「鶏パイタンカレー」と「生ビール」を購入。



コレが400円で買える幸せよw
(´Д`)



鶏パイタンカレーは優しい味わいながら、
しっかりと鶏パイタンの濃厚さを感じます。
ほ~、ラーメンスープのような感じで、面白い組み合わせですね!
(っ・ω・)っ

お次は、鰻やの『阿づ満や』へ。



こちらは「うなぎやの和風カレー」がウリとのこと。
うなきも」も売ってたので一緒に注文。



さて、こちらが和風カレーです。



カレーに鰻は入ってませんがw、
上品な和出汁のカレーで、蕎麦と合わせてもよさそうな感じ。
日本酒と合わせたら、かなりツボw!
うなきももおいしく、こりゃ酒がすすみますね!!
( *´д)ノ

お次は『鮮魚バル なごみや』というお店に。



こちらでは「エビカレー」を注文。



こちらはバゲット付きです。
で、このエビカレーがエビ風味が濃厚!!
さすが、鮮魚バルというか、コレは100円で食えるレベルじゃないですよ!!
(゚◇゚;)

さて、ペース上げていきますか。

と、自動販売機に張ってあるポップを発見。



ほ~、南インド風カレーとな。
こりゃ行かねば!

こちらは『シェアカフェ イネル』というお店のカレー。



青バナナのカレー」とのことですが、なかなか面白い着地点ですね~。
トマトの酸味に、青バナナのほくほくした甘さがイイですね!
( ・∀・)ノ

ついでに、その近くの『かきっこ商店』で「カキフライカレー」を。



こちらはハヤシライスのようなルーにカキフライがインサート。
いや~、100円でカキフライ入りのカレーが食べれる、この素晴らしさ!
(*゚▽゚)ノ

で、ここらで小休止。

まず、『山猫軒』で「ピンチョス」とか食べて。



冷やし豆乳そうめん」とかで身体をクールダウン。



さて、お次は『風流』というお店。



ここでは「伊吹島ジャコ出汁のビーフカレー」を。



出汁の香りがしっかりしながら、ビーフのうまみもたっぷり。
おぉ、飲み屋の〆で出されたら、うれしいタイプですね!
(*゚▽゚)ノ

最後は『STONE』というクラフトビールのお店のカレー。



こちらは「くんせい豆カレー」。
スモーキーな薫香が香る、ビターな豆カレー。
コレは、ビールにピッタリですね~!!

いや~、どいつもこいつもおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ シュク11ネンメーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですよ!!

参加店舗数の多さ、利益度外視な値段設定、繰り出される酒の多さ、
カレー以外のメニューの豊富さなど、
どれをとっても非の打ち所が全くないですね!!
(゚∀゚)ノ

そして、大事なのが、参加するフェスの方々。
商店街の方々の繋がりを含め、大半が
この近隣にお住まいの老若男女に家族連れといった、
地元のコミュニティの方々。
いわば、地域密着型のフェスと言えますね!

日頃なかなか行かない飲み屋の味を楽しむもよし、
昼酒でぐでんぐでんになるのもよし、
色んなカレーをたらふく食べるのもよし、と
コンパクトながら、非常に完成されたフェスと言えますね!!

ということで、こちらはガチでオススメですよ!
カレー好きと酒好きは迷わず走れ!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『阿佐ヶ谷スターロードフェスティバル』

住所:阿佐ヶ谷駅北口スターロード

電話:-

営業時間:12:00~17:00

開催日:毎年5月末の日曜日


パプリカ パウダー 粉末 100g スパイス ハーブ 業務用 Paprika bell pepper 甘唐辛子 ぱぷりか パプリカパウダー 赤

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は下北沢にある『うぶたこ(UBUTAKO)』というお店にやってきました。



こちらは交番側から一番街商店街を入って
50mほど行った左手の角にあります。
下北でたこ焼きと言えば、今はなき『大阪屋』ですが、
こちらもけっこう繁盛しているようですね~。
(・▽・)

それでは行ってみますか!!



店内はカウンターとテーブル席併せて8席ほどでしょうか。
ウッディな内装といい、たこ焼き屋というよりは
オシャレなバーのような佇まいですね~。
(σ'∀')

さて、メニューはこちら。



たこ焼きはオーソドックスなソース味から、
塩味、醤油味、ポン酢、キムチ
さらに明石焼スタイルまでかなり幅広なラインナップ。
その上、スープたこ焼きという攻めのメニューまで!
いや~、コレは面白いですね~!!
( ・∀・)ノ

ま、まずは「生ビール(500円)」で喉を潤してからと。



んっぷは~、んめえぇえぇえ!!
(*^¬^)ノ

さて、まずは基本の味を確かめるため
だしたこ」からいきますか。



それではいただきますか。



ダシを吸った生地はふわとろで、
上品なお吸い物のようですね。
まあ、明石焼の派生版といった感じでしょうか。
スターターにはもってこいですね!
( ´∀`)ノ

では、「グリーンカレースープたこやき」を。



こちらはたこやきと一緒に揚げナス
そしてパクチーがのってますね。



味はココナッツミルク強めですが、
辛さもしっかりとあり、ちゃんとグリーンカレーですよコレ!
(;゚д゚)

で、たこやきと合うのかというと、
意外に合うんですねコレがww
ライスをぶち込んで食べてもよさそうですね~!
(゚▽゚)ノ

では「トムヤムクンたこやき」を。



こちらはたこやきと共に、揚げナストマトが入っています。



トムヤムクンといえば、酸味と辛さですが、
こちらもきっちりと成り立っていますね!
そして、意外や意外、こちらもきっちりたこやきと合うんですね~!
ほ~、この組み合わせは悪くないですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ I'm so naive---!!

ということで、こちらはガチですよ!!

基本のたこやきも、もちろんおいしいですし、
スープたこやきは一食の価値ありですよ!!
ちょっと軽く飲みたい時や、小腹がすいた時など
使い勝手もイイですね!!
(゚∀゚)ノ

このあたりを散策する際に
行ってみても損のないお店ですよ~!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『ウブタコ shimokitazawa (UBUTAKO)』

住所:東京都世田谷区北沢2-33-8

電話:03-5454-5919

営業時間:10:00~21:00

定休日:無休



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuramenです。

今日は元町にある『下前商店』というお店にやってきました。



こちらは中華街の駅から元町商店街方面に進み、
ウチキパンの先の路地の左手にあります。
白壁に茶色の扉が、小洒落た雑貨屋のようですね~。

ちょっと分かりづらいですが、ラーメンののぼりが立っているので
まあ、迷わず行けるかと。
(・▽・)

それでは行ってみますか!!



店内はL字型のカウンターのみの9席。
その他に店内に待ち席が5席あります。
圧倒的に広い厨房は、客席からどこからでも見れる状態で
まさにライブキッチンを楽しめる感じですね。
(*^▽゚)

さて、メニューはこちら。



ほう、ラーメンの他にカレーまであるんですね。
のり玉ラーメンが気になったので、マスターに聞いてみたところ、
"海苔と生卵が入ったラーメン"とのこと。
なるほどw。
(´ω`)

ということで、「ラーメン(760円)」に「スモールカレーライス(400円)」をプラス。

さて、待つこと15分。ラーメンとカレーがやってきました。



おぉ、どちらもしっかりした見た目ですね~。

まず、こちらがラーメン。



そして、こちらがカレー。



いや~、楽しみですね!!
(´▽`)

それでは、いただきますか。

まずはラーメンから。



具材はネギ、ほうれん草、海苔、なると、メンマ、チャーシュー
チャーシューも煮豚ではなく、中華街形式の焼かれてるタイプ。
肩ロースとバラ肉の違う部位が入ってますね。



ラーメンは醤油味の非常にオーソドックスなスタイルで
非常にあっさりしてますが、コクもありますね。
細打ちの麺もつるつるで、とても食べやすいです。
まあ、僕はラーメンブロガーじゃないのでよく分かりませんがw、
優しい味のラーメンだと思います。
(*^¬^)ノ



では、カレーいってみますか。



そば屋やラーメン屋のカレーとは打って変わって
全くとろみのないシャバシャバなスタイル。
ほ~、コレは珍しいですね。
(っ・ω・)っ

それではいただきますか。



まず、一口目にやってくる唐辛子とブラックペッパー!
先ほどまでのラーメンの優しさを一瞬で吹き飛ばすほどの、
ド直球の辛さ!
うぉっ、マジですかコレ!?
(;゚д゚)



ルーは具材が溶け出ているようで、
具の存在感を感じませんが、
十二分に放つ辛さの存在感が有り余ってますね!
誤解を恐れずにいえば、こちらのお店のカレーにとても近いと思います。
おぉ~、こりゃ新鮮な驚きですね!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ロックンロール スウィンドルーー-!!

ということで、ここはガチですよ!!

ラーメンはさすが行列店という美味しさですし、
僕が喧伝する必要はないかと思いますが、
カレーはホントにスゴイ衝撃でした!
(゚◇゚;)



まさか、この優しい味の顔をしたラーメンから、
こんな凶暴なカレーが出てくるとは思いませんでしたw
ラーメンですっかり油断した出鼻に
いきなりカウンターパンチを喰らった気分ですねww

こちらはラーメン好きのみならず、
カレー好きも一度試してみる価値のあるカレーですよ!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『下前商店』

住所:神奈川県横浜市中区元町1-54-1

電話:045-662-6588

営業時間:12時からスープなくなるまで

定休日:月


江崎グリコ LEE辛さ×10倍お試しセット 1個

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は新宿にある『カフェ アンタサリ』というお店にやってきました。



こちらは新宿ゴールデン街のハズレ側、ファミリーマートのすぐ近くですね。
お店は『クリシュナ』というバーの、お昼の時間帯の間借り営業です。
では、2Fに上ってみましょう。
(・▽・)



階段を上がって来た人間を拒むかのような
真っ赤な外観が特徴的ですね。
芥川の羅生門か、はたまたケルベロスを待ち受ける地獄の門か。
うわ~、入りづれぇww!!
(;゚д゚)

とはいえ、勇気を持って行ってみますかw!!



店内は入って右手がバーカウンター、
左手がテーブル席と小上がり席という変わった造り。
おぉ、意外に広々として気持ちイイ空間ですね~。
(´ω`)

さて、メニューはこちら。



メニューはチキンカレーエビカレー合いがけスタイルのケララカリー
それにグアムの郷土料理をモチーフにしたチャモロカリーの二種類。
まあ、ココは「ケララカリー(1,000円)」をチョイス。
ちなみに、真ん中の顔がマスターですw。
(^▽^;)

さて、待つこと5分。カレーがやってきました。



おぉ~、コレはなかなかイイルックスですね~!!
(゚▽゚)ノ



中央部はバスマティライスの山、
その上にはどっさりのパクチー
右手側がチキンカレー、左手がエビカレーという構図ですね。

こちらがチキンカレー。



こちらがエビカレーですね。



それではいただきますか。

まずはチキンカレーから。



ルーはさらっさらで、マスタードシードが香り、多層なスパイス感。
辛さもなかなかシャープで、うっすらと額に汗がにじみますね。
チキンは手羽元がごろっと入っていて、食べ応えも充分。
シンプルながら、実にシャープな口当たりのカレーですね!!
(=゚Д゚=)ノ

では、エビカレーを。



こちらはココナッツベースのシーフードスタイル。
シナモン、カルダモン、クローブなどのスパイスが原型のまま、ごろごろと入っています。
具材はトマト、パプリカ、玉ねぎ
そして、何と言ってもエビ!!
(・∀・)



こちらは有頭海老が殻付きのままごろんと。
エビの頭を引き抜き、中の味噌を混ぜると、
より一層エビ風味が濃厚に。
スパイス感たっぷりですが、優しい口当たりですね~!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ プリンス アンタサリーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですよ!!

お店はバーの間借り営業のため、平日昼のみの営業
ハードルはかなり高めですが、
来る価値は間違いなくあるでしょう!!

この辺りはいつの間にか間借りカレー屋の激戦区となりましたが、
こちらもその一角に加わる、十分なポテンシャルを秘めてますね!!
(゚∀゚)ノ


マスターに話をうかがったところ、
どこかのお店で修行をされていたワケではなく、
30数年前にインド帰りの友人が作ってくれたケララカレーが忘れられず、
試行錯誤の末、ついにインドに飛び、
ケララ州コーチンのカレー屋でカレーを学んだそうです。
つまり、30ウン年のカレーへの執念が詰まっているということですね!!
( ・∀・)ノ

ちなみに5回来店すると、DJアンタサリセレクトのCDがもらえるらしいですw。

こちらはわざわざ来る価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『カフェ アンタサリ(クリシュナ)』

住所:東京都東京都新宿区歌舞伎町1-1-5 パレスビル 2F

電話:03-5287-2561

営業時間:12:00~15:00

定休日:土・日・祝


中村食肉 魔法のスパイス マキシマム 140g
クリエーター情報なし
中村食肉



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は新代田にある『キッチン アンド カリー(kitchen and CURRY)』というお店にやってきました。



こちらは新代田の駅から環七を渡って五分ほど行ったところにある、
住宅街の中にあります。
京都の長家を思わせる、木造りの佇まいがステキですね~!!

こちらは流しのカレー屋として活動する阿部由希奈さんの
店舗兼実験的キッチン。
いや~、コレは楽しみですね~!
(・▽・)

それでは行ってみますか!!



お店はカウンター4席にテーブル席併せて10席という
こじんまりとした店内ですが、
白壁に女性的なモダンインテリアが
狭さを感じさせない造りになっています。
(っ・ω・)っ



さて、メニューはこちら。



まあ、ココは当然あいがけしかないでしょう!
ということで、「味噌キーマと七味チキンカレーのあいがけ(1,300円)」に
たまごのアチャール(+100円)」を追加で。
( ´∀`)ノ

さて、待つこと15分。カレーがやってきました。



おぉ~、コレは楽しげな見た目ですね~!
(=゚Д゚=)ノ

まず、こちらがお惣菜部分。



ライタ豆のココナッツファイン和え、カチュンバルがのっています。
いい彩りですね~。

こちらは、たまごのアチャール
表面のクミンがつややかですね~。



そして、こちらが七味チキンカレー



こちらが味噌キーマですね。



それではいただきますか。

まずは、七味チキンカレーから。



ルーは七味というより、山椒の香りがふわっと立って、
どことなくエキゾチックな匂いを放っています。
和とも中華とも違うスパイス使いが、非常に面白いですね!
鶏肉もとても柔らかく、カレーとの親和性もバッチリですね~!!
( *´д)ノ

では、味噌キーマを。



こちらは味噌のコクにニラ八角の風味が
より一層中華色を強めています。
が、味はしっかりとカレー。
素材と組み合わせの妙を如実に感じますね~!!
(*^¬^)ノ



たまごのアチャールは見事な半熟具合
酸味の効いた白身に、黄身のまろやかさの対比がたまりませんね!
お惣菜もおいしく、実にグレードの高いカレーですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ヘブンズ キッチンーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですよ!!

お店は実験的キッチンプラス店舗という立ち位置のため、
営業日は木曜と日曜のみ
また、記帳制のため、カレーを食べる一時間ほど前に
お店に行って記帳する必要があるなど、なかなかハードル高めですが、
それを押してでも食べる価値があるカレーといえるでしょう!!
(゚∀゚)ノ



毎回提供するカレーは違うそうなので、
いつ行っても一期一会の味に出会えるのは
とてもウレシイですね!!

ということで、こちらはわざわざ来る価値のあるお店ですよ~!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『キッチン アンド カリー (kitchen and CURRY)』

住所:東京都世田谷区羽根木1-21-24 亀甲新い52

電話:不明

営業時間:11:30~15:00/18:00~21:00(日曜は通し営業)

定休日:月~水、金、土


神戸アールティー ガーリックピクルス 283g ×15本(1箱) アチャール 漬け物
クリエーター情報なし
神戸アールティー



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ