samuraiがお届けするカレープラスα(アルファ)を徒然なるRockな日々の雑感とともに。
カレー侍 (Curry Samurai)



samuraiです。

今日は用賀にある 「RAD CURRY(ラッドカレー)」というお店にやってきました。



こちらは2017年にオープンしたばかりのお店。
用賀駅北口から首都高方面と反対側に5分ほど歩いていった
住宅街のバス通りの右手にあります。
というか、バス停の目の前ですねw。
(・ω・)

このあたりは、地味にカレー屋の激戦区ですが、
なかなか目を惹くオシャレな外観ですね~!
(・∀・)

それでは行ってみますか!!



店内はテーブル席のみで24席ほど。
カレー屋としては、なかなか広い造り。
というより、フレンチやイタリアンのような瀟洒な雰囲気ですね~。

それもそのはず、
お店は三宿の「BRASSERIE DUCOIN」という
有名フレンチを手掛けていたシェフ監修だそうです。
(´∀`)

ちなみにHPではこのように記載されています。

フランス料理で培った技術を使って、今までにないカレールーはソース、
具材はメインディッシュのようなイメージで作っています。
ブイヨンと食材は別々に火を入れ、そうすることで、
ルーにメイン食材の香り、風味をしっかりと残せるカレーになります。
カレーメニューをベースとしているため、フレンチの技法を使っても
リーズナブルに提供できることも魅力の一つです。
一皿にフレンチの技法をふんだんに盛り込んだカレーとなっています。


おぉ、フレンチはよく分かりませんが、
コレは楽しみですね!!
(*^-^)ノ

さて、メニューはこちら。



いや~、コレは迷いますね。
ちなみに、ランチセットは黒板のカレーから選ぶそうです。

って、この選択肢の多さがアツいww!!
(゚ロ゚;)



本日のカレーだけで8種類!!
その上、本日のタンドールやら、本日のグラタンやら、本日のお惣菜やら、
盛り沢山に攻めてきます。
うぉ~、コレは気になるメニューが多過ぎるw!!
(゚◇゚)

さらに、迷わせる材料が今月のオススメ



って、おいw!
まだカレーがあんのかよ!
しかも、両方とも気になるじゃねーかww!!
(゚◇゚;)

その数、カレーだけでも10種類
いや~、こりゃ悩みますね~!

ってことで、悩んだ結果、
ランチCセット(1,500円)」をチョイス。
カレーは「ズワイガニのアメリケーヌカレー」と
アンガス牛のハッシュドビーフカレー」を注文。

さて、待つこと5分。カレーがやってきました。



いや~、こりゃめちゃめちゃそそられる見た目ですね~!!
(*゚▽゚)ノ

ちなみにランチCセットの内容は、
カレー2種、本日のお惣菜、サラダ、マッシュポテト、ターメリックライス、
フランス風トリュフバターナン
という内容です。

まず、こちらがターメリックライス



ライスは日本米で適度に固めに炊かれています。
付け合せのビーツの酢漬けも色鮮やかでイイですね~。
(´ω`)

そして、こちらがサラダ。



ロメインレタスとコリンキーのサラダ
彩りに食用菊が散らされているのも、また見た目に麗しいですね~!
ドレッシングの爽やかな酸味に、コリンキーの食感が
箸休めに非常にイイですね!
(σ'∀')

こちらはトマトにサーモンのマリネ



このサーモンのマリネは塩気も控えめで口当たりも柔らかく
非常に美味ですね~!!
( ´∀`)ノ

こちらは古白鶏胸肉の鶏ハムとタラモサラダ



鶏ハム
はしっとりとして、ほのかな塩気が実にイイですね。
タラモサラダタラコの風味が強く、マッシュポテトの口当たりもよく、
両方共に美味ですね~!!
(=゚Д゚=)ノ

こちらはキッシュ




ヒヨコ豆のキッシュ
とは、さすがフレンチ、いやカレー屋w
珍しいですね~。
豆がほくほくとしていて、しっとりとした卵の食感と合いますね~!
(*^▽゚)

さて、ここまでが、いわゆる前菜。
カレーはこちらですよ。



まず左手が「ズワイガニのアメリケーヌカレー」。



そして、右手が「アンガス牛のハッシュドビーフカレー」です。



いや~、楽しみですね~!!
( ´∀`)ノ

それではいただきますか。

まずは、ズワイガニの方から。



口に含んだ瞬間に、ズワイガニの濃厚な風味
口中いっぱいに香ります。
おぉ、確かにこりゃアメリケーヌソースですね!

そして、カルダモンマスタードシードの風味が、
脳みそをカレー方向にぐっと切り替えてくれます。
フレンチの確かな技法を感じながら、味はきっちりとカレー!
エビカニ好きにはたまらないですね~!!
(*^¬^)ノ

では、アンガス牛いってみますか。



こちらは牛肉の柔らかい角切りがゴロゴロと入っています。
ビーフのグレービーな旨みが満載で、
これまたフレンチでいう所の、「牛ほほ肉の赤ワイン煮こみ」的なものでしょうか、
クローブの芳香が香り、上質なビーフシチューをいただいているようです。
いや~、グレードの高いカレーですねこりゃ!!
(*゚∀゚*)

そして、こちらがトリュフバターのナン



ナンというよりは、どことなくフランスパンを思わせる形状ですが、
もちっとした生地の具合が、カレーとベストマッチですね!!



トリュフ
はほのかに香り、あくまでカレーの邪魔をしないスタイル。
単体で食べてもしっかりおいしく、こちらのカレーと実に合ってますね!!
(*´ω`)

そして、ドリンクは北海道産マスカルポーネ入りのラッシーを。



べとつくような甘さは一切皆無で、爽やかな後味がこの季節にぴったり!
マスカルポーネの酸味のバランスも丁度よく、
このラッシーだけでも、かなりのレベルをうかがわせますね!!
(ノ・∀・)ノ

そして、デザートのティラミス



表面のエスプレッソの香りと、マスカルポーネのほのかな酸味が
後味のイイデザートですね。
全体的に非常に完成されたコース料理と言えるでしょう!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ RAD'n ROCK'n ROLL---!!

ということで、こちらはガチもガチですよ!!

カレーのレベルの高さにも驚きましたが、
この料理内容で、このお値段というのも非常に驚嘆しました!
正直、非の打ち所がないですね!!
(゚∀゚)ノ



ランチで1,500円はちょっと高いかな?と思う方も多々いらっしゃるかと思いますが、
内容を鑑みると、これで1,500円は正直安すぎるだろ!とすら思えてしまいます。
コース料理として、完璧なレベルにあると言っても
過言ではないでしょう!!
(*゚∀゚)

A,B,Cのコースはそれぞれ付け合せなども違うとのことなので、
何人かで行って、コースを頼みあうのもイイかもですね!
こちらのお店は、これからググっと人気が出そうなので
早めの訪問をオススメしますw。

夜のメニューも非常に魅力的なので、
次回は夜に訪問してみたいですね~!!

ということで、こちらはわざわざココまで来る価値のあるお店ですよ!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

RAD CURRY(ラッドカレー)

住所:東京都世田谷区用賀3-15-5

電話:050-5595-4864

営業時間:11:30~14:00/18:00~22:00

定休日:水曜


俺のカレー4種セット(PREMIUM・フレンチ・スパニッシュ・イタリアン)
クリエーター情報なし
オフィスシン



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は高円寺にある『アンドビール』というお店にやってきました。



こちらは高円寺と阿佐ヶ谷の丁度中間点ぐらいの
線路沿いにあります。
古い団地をリノベーションした、かなりオシャレな空間ですね~。
(・▽・)



エントランス前の広場も、子供連れや犬の散歩途中の人など
めいめいの人がくつろいでいて、なかんか居心地いいカンジですね!
(´▽`)

それでは行ってみますか!!



店内は4人掛けのテーブル席が2つに、カウンターが10席という造り。
決して広くはないですが、あまり狭さをカンジさせませんね。

そして、やはり圧巻はお店の奥に備わっているビールタンク!
(=゚Д゚=)ノ



コレはビール好きとしては、期待が高まりますね~!!
(σ'∀')

さて、メニューはこちら。



うーん、ビールもカレーも悩ませてくれるラインナップですね~。

ということで、「3種がけカレー定食(1,296円)」をチョイス。
ビールは「湘南エールのゆずエール(500円)」を選択。

さて、待つこと5分。まずはビールがやってきました。



色は茶褐色で、どちらかというと淡い見た目ですね。
味はゆずの香りをほのかに感じますが、
しっかりとしたエールの苦さが喉元を滑り降りてきます。
おぉ~、こりゃナイスなクラフトビールですね!!
( *´д)ノ

さて、待つこと20分。カレーがやってきました。



おぉ~、昨今の流行である、大阪カレーのエッセンスをカンジますね!
コレは期待出来る見た目ですね~!!

まず、こちらが「アゴ出汁を使ったチキンカレー」。



そして、こちらが「牛しまちょうと長ネギのマサラ」。



そして、付け合せの「大根のピクルス」に「キャベツのポリヤル」。



こちらは「砂肝65」に「玉ねぎのアチャール」。



そして、ライスの上には「エッグマサラ」と「八丁味噌キーマカレー」と。



いや~、こりゃオンパレードですね~!!
まさに皿の上での満漢全席状態ww!!
(゚◇゚;)

それではいただきますか。

まずはシマチョウと長ネギのマサラから。



脂のコーティングをまとったシマチョウは、ぷるんとした口当たり。
そして、長ネギと共に口の中で淡雪のように溶けていきます。
ホルモンの臭みなど一切なく、実に滑らかな余韻が楽しめます。
カルダモンの風味が効いていて、食後間も爽やかですね~!
(*゚▽゚)ノ

では、アゴダシのチキンカレーを。



ルーはさらさらとした口当たりで、分かりやすい南インドスタイルですね。
とはいえ、アゴ出汁を使うあたり、スリランカよりなのかもしれません。
チキンは柔らかく、うまみもバツグン!
アゴ出汁は、注意しなければ分かりませんでしたが、
丁寧に作られているのは如実に感じますね~!!
( ´∀`)ノ

それでは、八丁味噌のキーマカレーを。



こちらは見た目通りの濃厚な口当たり。
が、他のカレーがサラッとした口当たりなので、
バランスとしては非常にいい塩梅ではないでしょうか。
濃厚ですが、決してくどくないので、非常にバランスのイイカレーたちですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ カリー アンド ビールーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですよ!!

カレーのインスタ映えな見た目もさることながら、
何より、ここは”カレーの食べれるビールの醸造所”!!
コレだけで、ビール好きは迷わず来る価値があるでしょうww!!
(゚∀゚)ノ



そして、カレーもそうですが、副菜も含めて、
すべてのベクトルが「ビールを飲ませること」にあるのも
非常にポイントが高いですね!
(*゚▽゚)ノ



カレーをつまみにビール副菜をつまみにビールという
エンドレスビール体制が、ココではこの一皿で!!
クラフトビール好きにも、カレー好きにも、大満足のお店と言えるでしょう!
クラフトビールとカレーが好きな方なら、もうマストww!!

ということで、こちらはわざわざ行く価値のあるお店ですよ!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『アンド ビール(And Beer)』

住所:東京都杉並区高円寺北4-2-24 105

電話:080-5913-8241

営業時間:11:30~14:00/17:00~22:00(土日は通し営業)

定休日:月火


ブリュードッグ BREWDOG 飲み比べ6本 ギフトセット パンクIPA / デッドポニークラブ / ジャックハマー / ジェットブラックハート / エルビスジュース / 5AMセイント (ビール6本セット)
クリエーター情報なし
BREWDOG


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は高田馬場にある『カレー専門店 ブラザー』というお店にやってきました。



こちらは高田馬場駅の改札を出たら、横断歩道を渡ってすぐです。
駅からは徒歩10秒という、非常に好立地な場所ですね~!!
(・▽・)

それでは行ってみますか!!



店内は入口側のカウンターと壁際のカウンター併せて6席。
カレー屋の前は”立ち食いそば屋”だったことが
如実にうかがえる狭さっぷりですねw。
(;゚д゚)

さて、メニューはこちら。



基本のメニュー構成は神保町の『エチオピア』とほぼ同構成でしょうか。
そして、限定メニューの力の入り具合がスバラシイですねw!!
(σ'∀')

ということで、牡蠣カレーとかなり迷いましたが、
ここは「鯖キーマ(820円)」を「激辛」でチョイス。

カウンターの上にはある付け合せは、柴漬け玉ねぎのアチャールという
一風変わった組み合わせ。



さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



ほ~、これはかなり独創的な見た目ですね!



ライスの上にルーがどっかと乗っかり、
その上には水菜パクチーがさらにヤマモリ、いや山盛りw。

さらにライスの横にはキャベツのポリヤルポテトサラダ
へ~、コレは面白い組み合わせですね!!
(*^▽゚)



では、薬味をだっぷりと盛ってと。



それではいただきますか。



ルーは激辛ということもあり、
結構刺激的な辛さですが、非常に食べやすい口当たり。
サバはほろほろとほぐれていて、
サバの旨みをしっかり感じさせながら、生臭さなど皆無!
(*^¬^)ノ

マスタードシードの爽やかな酸味とトマトの酸味、
サバの旨さが渾然一体となって襲ってきます。
コレは魚好きには堪えられないですね~!!



いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ カモン ブラザーフッドーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですよ!!

基本をしっかりと守りながら、独創性溢れる季節カレーの数々。
エビカレー、牡蠣カレーなどもあり、
魚介好きにはたまらないラインナップ!
もちろん、チキンカレー国産にこだわるなど、
そのこだわりは随所に垣間見えますね!
(゚∀゚)ノ

お店は非常に狭いですが、この界隈に来たら、
まず立ち寄って損のないお店でしょう!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『カレーライス専門店 ブラザー』

住所:東京都新宿区高田馬場2-19-7

電話:?

営業時間:平日11:00~15:00/17:00~21:00(土曜は昼のみ)

定休日:日祝


Under Armour Curry 4 IV
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は下北沢にある『Mikazuki Curry SAMURAI(三日月カリィ 侍)』というお店にやってきました。



こちらは『路地裏スープカリーSAMURAI』の新たな新業種。
先日行った『点と線』はカレーラーメンスタイルでしたが、
こちらは、またコンセプトをガラリと変えた新業態の模様です。
いや~、攻めてきますね~ww!!
(゚◇゚)

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター・テーブル席併せて17,8席といったところでしょうか。
外観と同じく、白い壁とウッディな内装が、
カフェのようで非常にオシャレです。
この辺り、ターゲット層に照準を合わせて
しっかりと狙ってきている感じですねww。
(´ω`)

さて、メニューはこちら。



カレーの値段は1,100円からと、この辺りの相場を考えても
なかなか強気な値段設定ですね~。
まあ、本家のスープカレーのお値段を考えると
そこそこ良心的と言えるのかもしれませんけどww。
(゚ロ゚;)

ということで、「スパイシーチキンカレー(1,100円)」を
激辛」でライス少な目でチョイス。
トッピングは「ザンギ(+200円)」を追加。

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



おぉ~、コレはかなりフォトジェニックな見映えですね~!!

まず、こちらがカレーサイド。



フライドオニオンカシューナッツ
大量の玉ねぎが溶け込んだルーの顔がイイ感じですね~!
(*゚▽゚)ノ

そして、こちらが華のあるお惣菜類。



玉ねぎのアチャールはビーツで染めたカンジで
ピンクの色が冴え渡ります。
その横にはピーマンのマスタードシード和えと、にんじんのラペ
色合いのバランスがとても美しいですね~!
( *´д)ノ

そして、ザンギ



こちらは北海道名物の鶏の唐揚げ。
生姜醤油味がベースとのこと。
カラッと揚がってるのが如実に分かりますね。
(=゚Д゚=)ノ

それではいただきますか。



ルーの口当たりは非常に優しく、玉ねぎの溶け込んだ甘さを感じますね!
激辛でオーダーしたとはいえ、さほど尖がった辛さはなく、
スープカレーとは全く違ったベクトルではありますが、
万人に受け入れられる味と言えるでしょう!
(*^¬^)ノ



素揚げしたレンコン、ジャガイモ、ブロッコリー
どれもホクホクで、スープカレー侍の流れを受け継いでますね!
ゴボウがデフォルトであると、なおウレシイんですけどね~。

そして、ザンギ
(*^▽゚)



こちらも期待を裏切らない美味さ!
ジューシーな鶏モモ肉が、カレーにバッチリ!
唐揚げ好きなら、迷わず頼んだ方がイイですね!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ カレールーザムライーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

スープカレーからルーカレーという業態変換には驚きましたが、
しっかり昨今の流行を取り入れているのはさすがですね!
見た目も非常にオシャレで、いかにもな下北らしさがスバラシイですね~!
(゚∀゚)ノ



具材もスープカレーで培った素揚げ野菜が中心で
野菜もたっぷりいただけるので、野菜好きにはたまりませんね!
こちらもスープカレーと同じく、
下北のカレーを牽引する一店となることでしょう!

こちらはこの街に来たら立ち寄って損のないお店ですよ~!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『三日月カリィ 侍.(Mikazuki Curry SAMURAI.)』

住所:東京都世田谷区北沢3-34-2

電話:050-5595-0568

営業時間:11:30~15:30/17:30~22:30

定休日:不定休


GABAN 純カレーパウダー
クリエーター情報なし
ギャバン


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は高円寺にある『スパイスカレー 青藍(せいらん)』というお店にやってきました。



こちらは高円寺の『ニューバーグ』の支店として
25年の歴史を誇る『MASH』の跡地に入ったお店です。
うーん、色々な思いが胸をよぎりますが、
コレは期待出来そうですね!
(´▽`)ノ

それでは行ってみますか!!



店内は往時のMASHそのまんま。
まあ、居抜きというのが正しいでしょうか。
お店はカウンターのみ14席というのも変わってないですね。
この一種山小屋チックな内装が、
当時の高円寺住民にはすごくウケてましたね~。
(゚▽゚*)

さて、メニューはこちら。



メニューは基本「スパイシーチキンカレー」のイチオシ体制。
そこに、さまざまなトッピング、
そして、平日はポークジンジャーキーマがあるらしいですね。



まあ、ココは基本に忠実に「スパイシーチキンカレー定食(900円)」に
せっかくなので「季節のポテトサラダ(250円)」をチョイス。

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



おぉぉ、なんでしょう、このインスタ女子映え泣かせな見た目はw!!
いや~、実にスバラシイですね!!
(*^▽^*)

まず、こちらが「白菜の柚子漬け切り昆布和え」。



この時期特有の白菜の甘みと歯触りが最高な上に、
ゆずの香りがふんわりと。
コレは箸休めにもってこいですね~!!
(ノ*^▽)ノ

こちらは「キャロットくるみラペ」。



ラペというと、フレンチのアペタイザーが定番ですが、
こちらはクミンがしっかり効いていて、インドの顔を覗かせます。
くるみの食感も非常に好印象ですね!
(*^¬^)ノ

そして、「アンチョビキャベツ」。



アンチョビの塩気に、キャベツの甘さがグッときますね~。
これまた酒にベストマッチですね!
(ノ・∀・)ノ

そして、こちらが「季節のポテトサラダ」。



この日は春菊のポテトサラダ
春菊という苦味の強い食材とポテサラが合うのか半信半疑でしたが、
コレがまあ実に合うことw
ライスのお供から、ビールのアテまでピッタリですね!!
(*゚∀゚*)

さて、肝心のカレーがこちら。



固めに炊かれたターメリックライスの、黄色い山脈を向こうに眺めながら
目の前に広がる、香しき茶色の大河
上に散らしてある紫玉ねぎのあしらいが、また絵になりますね~!!
(・▽・)

それではいただきますか。



まず一口目から感じる、ガツンとしたスパイス感が非常に印象的!
よく見ると、ホールのクローブカルダモンブラックペッパーがゴロゴロと入っていて、
ジャリジャリとしたスパイスの歯触りを感じるコトが出来ますね!!
花椒の痺れ感もあり、麻・辣・辛が三位一体でバチコンときますね~!
(*^▽゚)



お店のキャッチフレーズは「香りを食べるカレーライス」。
その名の通り、目がバチンと覚めるようなスパイスの香りが
口中いっぱいに広がります。
スパイスがゴロゴロ入っていますが、辛さは非常に適度で、
辛いモノが苦手な方でもギリギリいけるレベルかと。
僕個人的には、かなりツボな感じです。
惣菜のレベルもどれも高く、非常にグレードの高いカレーですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ スパイス ビッシバシーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですよ!!

カレーおよび副菜のレベルの高さ
そして何より、スパイスをアタマから被るかのごとき
全力怒涛のスパイス感!!
ココ最近、大阪のスパイスカレーが人気を博していますが、
コレは東京からの強烈なカウンターパンチといえるでしょう!!
(゚∀゚)ノ



『MASH』がなくなるのは本当に寂しいですが、
この地で25年歴史を紡いできたお店の後を張って
是非ガンバっていただきたいですね!!

こちらは間違いなく電車を乗り継いででも行く価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『スパイスカレー青藍』

住所:東京都杉並区高円寺北2-41-15

電話:03-5327-8342

営業時間:11:30~14:00/18:00~21:00

定休日:水曜


GABAN 純カレーパウダー
クリエーター情報なし
ギャバン



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は下北沢にある『スパイスラーメン 点と線』というお店にやってきました。



こちらは2017年7月18日に出来たばかりのお店。
お店は下北沢南口から商店街を王将方面に下り、
5分ほど行った左手のビルの2階にあります。



こちらは、こちらのお店が手掛ける新たなお店の業態。
なるほど、スープカレーラーメンのスープは親和性がありそうですね。
コレは楽しみですね~!!
(・▽・)

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター・テーブル席併せて18席ほどでしょうか。
白と黒を基調とした店内は、新しいだけあって非常に清潔感溢れてますね。
ラーメン屋というよりは、オシャレなカフェのようですね~。
(*゚▽゚)ノ

さて、メニューはこちら。



基本はスパイスラーメン一択
そこに辛さを上げたり、トッピングを追加していくスタイルですね。

まあ、ここは基本に忠実に「スパイスラーメン(950円)」をチョイス。

さて、待つこと10分。カレーいやラーメンがやってきました。



ほ~、コレはまたビジュアル映えする見た目ですね~!!



ラーメンの上には砕いたナッツ、紫玉ねぎ、かいわれ、糸唐辛子、ニラ、キクラゲ、そして食用菊!!
正直、菊の花がのったラーメンは初めて見ましたw!
(◎□◎;)



具材は半熟卵が半分、そして、とろとろのチャーシューが一枚入ってます。
ドンブリサイドにはレモンが刺さってますね。

そして、手前の揚げゴボウの存在感!
(=゚Д゚=)ノ



こちらは『侍』でもメインを張る具材。
やはり、こちらでも外せない具材ですね~!
個人的には揚げブロッコリーも入れて欲しかったですが。
( *´д)ノ

それではいただきますか。



まずはスープを。



非常にすっきりとしたスープは、辛さはレギュラーでも
それなりにしっかりした辛さ
スパイスの萌芽もしっかりと香ってきますが、
あくまでもそこはラーメン
ギリギリのところでカレーに持っていかれず、
非常にイイバランスを保っていると思います!!
(*^¬^)ノ

では、麺を。



麺は中太の縮れ麺。スープとの絡みもよく、とても食べやすいですね!
具材が様々に入っているので、それぞれの食感も楽しめ
食べ心地がとても楽しいですね!!
(*^▽^*)



とろとろのチャーシューも美味ですが、
やはり、スープを存分に吸った揚げゴボウ最強ですね!
スープも麺も具材も、丁寧に作ってあることが如実に分かり
実にグレードの高いカレーいや、ラーメンだと思います!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ キクノゴモンーー!!

ということで、こちらはガチもガチですね!!

カレーラーメンというくくりでは、北海道では室蘭などでは一般的ですが、
なかなか東京周辺では認知度が低いです。
是非、風穴を開けるお店になってほしいですね!!
(゚∀゚)ノ



まず、見た目のキャッチーさ、そして、カレーとラーメンという人気の組み合わせ、
こちらはこれから確実に話題になるお店へと進化していくでしょう!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『スパイスラーメン 点と線. 』

住所:東京都世田谷区北沢2-14-5 2F

電話:非公開

営業時間:11:30~15:00/17:30~22:00

定休日:無休


元祖 味の大王 カレーラーメン2人前
クリエーター情報なし
㈱菊水



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は三軒茶屋にある『カフェ ゆうじ屋』というお店にやってきました。



こちらのお店は三軒茶屋の飲み屋街である
通称「三角地帯」の程近くにあります。
こちらのお店の近くというと分かりやすいでしょうか。
駅からも非常に近い好立地ですが、お店は奥まったところにあるため
見逃さないように注意が必要ですね。
(・▽・)

まずお店に入る路地がコレ。



なんでしょう、この人の敷地内に無断で進入するような感じはw。
うわぁ、入りづれぇww
(゚◇゚;)

が、このまま路地裏を進むと、左手に入り口があるので
勇気を持って入りましょうw。



それでは行ってみますか!!



店内は1階と2階があり、1階はカウンター席、2階がテーブル席になっています。
元は古民家だったところを改造してカフェにしているスタイルですね。

2階はこのようになっています。



椅子席とテーブル席があり、2階はなかなかに広めの空間。
どちらも雰囲気が非常にイイですね~。
ゆったり過ごすなら2階の方がオススメですね。
(・ω・)

さて、メニューはこちら。



以前は”くんせいカレー””チキンカレー”などもあったのですが、
お店の方針変更により、カレーは現在は”ビーフ””野菜”
ツートップ体制となったようです。
その他にジャークチキンサンドイッチ、キッシュなどもありますね。
(´・ω・)

デザート類もなかなか豊富です。



ということで、「ビーフ野菜ミックス(1,200円)」に
コーヒー(+100円)」をチョイス。

さて、待つこと15分。カレーがやってきました。



ほ~、なかなかに独創的な見た目ですね~!!
(=゚Д゚=)ノ

カレーにはサラダが付いてきます。



こちらはレタスメインのシーザーサラダ
ボリュームなかなかあって、箸休めにイイですね~。
(σ'∀')

さて、カレーはこちら。



平皿の上は、ライスと具材の万華鏡
具材の存在感も大きいですね~。
(o=ω=)o

まずこちらがライス。



結構こんもりと盛られていますね~。
上にはフライドオニオンパセリがかかっています。

さて、カレーはこちら。



具材は牛肉、ゆで卵、にんじん、ナス、ししとう
具材だけ見ると、スープカレーのようですねw。
(^▽^;)

ルーはこちら。



粘度はさらさらとドロっとの中間ぐらい。
ほ~、コレは楽しみですね。

それではいただきますか。



ルーは欧風系に分類してもいいかと思いますが、
カルダモンクミンが香る、すきっとした仕上がり具合。
野菜の溶けた甘さとざらつきを感じられて
非常に丁寧に作られているのがうかがえます。
辛さはブラックペッパー主体ですが、穏かな辛さですね。
(゚▽゚*)



卵は半熟状態でカレーの海で煮込まれていて
まるで煮卵のようで美味。
(´▽`)ノ

そして、何と言っても主役のビーフ!!



ゴロゴロと入った牛肉は、スプーンで簡単にほぐれるぐらい
しっかりと煮込まれていて、これまたかなり美味!!
食べ応えもバツグンですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ユージカムバックーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

カレーは非常に丁寧に作られていて、食べ応えも満足。
女性のお客さんが多いですが、男性も確実に満足出来るでしょう!!

またデザート類が豊富な上に、セットドリンクのお値段もお安いので
ゆったりと過ごすには、この辺りでは最高の選択肢かと思います!!
(゚∀゚)ノ

特にシフォンケーキがイチオシとのことです。
また、通し営業というのもウレシイポイントですね!
古民家系カフェが好きな方にはマストだと言えるでしょう!!

こちらはわざわざ来る価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『cafe ゆうじ屋』

住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-14-22-102

電話:03-3418-6671

営業時間:12:00~22:00

定休日:火


なとり THEおつまみBEEF厚切ビーフジャーキー 41g×5袋
クリエーター情報なし
なとり



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は銀座にある『はるかなるカレー』というお店にやってきました。



こちらは銀座西六丁目の交差点を入った雑居ビルの2Fにあります。
ええ、銀座『DELHI』のすぐ近くですね。

で、お店に行くには1F奥の階段を昇っていきます。



昼間でもこの薄暗さw
いや~、入りづらいww!!
(;゚д゚)

そして、入り口がこちら。



このポップな張り紙がなければ、
扉を開けるのも憚られる感じですねw。
では、勇気を持って行ってみますか!!



店内はカウンターのみで7席ほど。
スナックの居抜きというよりは、スナックそのものですねw。
(゚◇゚;)

さて、メニューはこちら。



メニューはカレー1種類のみと、非常に分かりやすい構成。
そこにトッピングがいくつか。

ということで、選択の余地はないので「はるかなるカレー(1,000円)」を注文。

カウンターの上にはその日のカレーの具材が並べられているのが
とても分かりやすくてよいですね。
こちらの野菜は全てオーナーのご実家で取れたという代物。



さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



おぉ~、これはなかなか豪快な盛り付けですね!!
(´ω`)

まず、こちらがライス。



ライスは固めに炊かれた玄米
こちらの玄米もオーナーのご実家から送られて来るそうです。
その横にオリーブ、パプリカ、手羽元がゴロゴロと入っています。



野菜はきゅうり、玉ねぎ、キャベツ、レタス、ジャガイモ、パプリカ、エリンギ等
カレーというよりは、農家のおうちの弁当といった見た目ですねw。
(´▽`)ノ

それではいただきますか。



ルーは非常にシャバシャバで、さらっとした口当たり。
辛さも控えめで、盛り付けの豪快さとは裏腹に
実にさらりとした食べやすさですね。
カレールーというよりも、野菜を食べるソース的な位置付けと考えると
分かりやすいかもしれません。
(σ'∀')

こちらは手羽元



豪快な太さの手羽元が二本、ごろりと入っています。
肉は骨からするりと剥がれるぐらい、しっかりと煮られていて
ルーとの親和性もバッチリですね~!!
(*^▽゚)



固めの玄米はシャバシャバのルーとの相性がよく、
お米の甘みを感じられますね!
盛り付けは豪快ですが、全体的に素材の味を大事にした
非常に優しいカレーだと思います!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ハルカ カナターーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

お米もお野菜も農家直送なので、非常に新鮮!
食べている時もそうなんですが、
食後も胃もたれなど一切になく、
実に身体にイイカレーと言えるでしょう!!
(゚∀゚)ノ



都会のど真ん中で、野菜たっぷりな
農家の味を味わえる、実に貴重なお店だと思います!!

このあたりに来たら立ち寄ってみて損のないお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

はるかなるカレー

住所:東京都中央区銀座6-2-6 ウエストビル 2F

電話:03-3572-4506

営業時間:12:00~18:30(目安です)

定休日:不定休


【わけあり】ボリューム満点!!高知の新鮮野菜詰め合わせセット【20品+】
クリエーター情報なし
旬果旬菜


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は三軒茶屋にある『kirin(キリン)』というお店にやってきました。



こちらは三軒茶屋の三角地帯を抜け、
ゆうらく通りに入って、左手の路地にあります。
先日行ったこちらのお店の2階にあります。
駅からも程近く、立地はなかなかですね~!
(・▽・)

で、2階に上がるとこんな感じ。



ええ、完全に人んちですw。
若干の入りづらさは否めませんが、勇気を持って扉を開けてみましょうw。
(´Д`)

それでは行ってみますか!!



狭い扉とは裏腹に、店内は意外にもかなり広々。
カウンター・テーブル併せて20席ほどでしょうか。
このごちゃごちゃとした飾り付けが
遊牧民チックなアレで、なかなかイイ感じですね。
(´▽`)

さて、メニューはこちら。



お店の感じからカフェっぽいメニューを想像してましたが、
お肉ものから魚介ものなど、
なかなか一癖あるメニュー構成ですねw。
”クセの強いチキンカレー”ってww。
(;゚д゚)

ということで、お店名物のチキン南蛮
クセの強いチキンカレーを一度に味わえるという
南蛮カリーランチ(1,100円)」をチョイス。

さて、待つこと5分。まずは前菜が出てきました。



この日の前菜は「柿の生ハムのせブラックペッパー風味」。
塩気の効いた生ハムに、柿の甘さ、ブラックペッパーの辛さが
絶妙に絡みますね~!!
( ・∀・)ノ

さて、さらに待つこと15分。カレーがやってきました。



ほ~、なかなかイイ彩りですね~!!

まず、こちらがライス。



ライスはオムライス型で、上に胡麻が振られています。

さて、チキン南蛮はこちら。



こちらのチキン南蛮は俵型。
タルタルソースなど付いていないところに
直球勝負の潔さを感じますね~!
(σ'∀')

さて、カレーはこちら。



カレーは玉ねぎ、トマト、鶏肉だけを使用した
無水調理パキスタンスタイルだそうです。
へ~、コレは楽しみですね~!!
(*゚▽゚)ノ

それではいただきますか。



ルーは無水調理ということもあり、非常に濃厚な口当たり。
表面の油膜に包まれた鶏肉は、とても柔らかく、
カルダモン系のスパイスがふわっと口の中に広がります。



で、ココで気付いたんですが、
コレ完璧に白楽の『サリサリ』のカレーじゃないですか!!
∑(゚Д゚)

サリサリほど鶏の繊維がパラパラではないですが、
味のベクトルは完全に一致!
コレはウレシイ誤算ですね~!!
(゚▽゚)ノ



もちろん、お店イチオシのチキン南蛮も非常に美味。
カリッとした衣の中から、じゅわっと肉汁が溢れてきます。
こちらも非常にライスとの相性がイイですね~!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ハテノハテマデーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

まさか三軒茶屋で、あの『サリサリ』スタイルのカレーを味わえるとは!!
こちらのカレーがサリサリに薫陶を受けたかは分かりませんが、
とりあえず同じベクトルの味がいただけるのは間違いないですね!!
(゚∀゚)ノ



ランチはチキン南蛮とカレーの他に、
魚介系のプレートもあり、ドリンクやデザートも豊富。
お店も隠れ家的で広さも十分にあり、
この辺りでゆっくりランチを楽しみたい方には
是非オススメしたいですね!
夜はバー営業になるので、そちらも要チェックですね。

こちらはわざわざ訪れて損のないお店ですよ~!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『kirin(キリン)』

住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-11-11 2F

電話:03-6385-1162

営業時間:12:00~15:00/18:00~23:00

定休日:土曜


【2017年リニューアル】 新・キリン 一番搾り 350ml×24本
クリエーター情報なし
キリンビール


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は銀座一丁目にある『ニューキャッスル』というお店にやってきました。



こちらは銀座一丁目駅から徒歩1分ほどにあるお店。
以前の立地から、ほんの少しだけ離れたとこの地下に
移転されました。



創業は1946年と、今年で71年目を迎える、
東京のカレー屋の中でもかなりの古株
現在は3代目がお店の味を守っています。

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター・テーブル席併せて10席ほどでしょうか。
非常にこじんまりとしていますね~。
カウンターの中にいるのが、現在の3代目のマスターですね。

さて、メニューはこちら。



品川から川崎に至るメニュー表記も、このお店独自のものですね。
ついでに言うと、カレーライスではなく、
カライライス」というのがこちらの正式名称です。

ということで、「つん蒲ダブ玉(900円)」に「サラダ(350円)」をチョイス。
ちなみに”つん蒲”は蒲田の先(つまり大盛り)、
ダブ玉玉子2個の目玉焼きのことです。

さて、待つこと3分。まずサラダがやってきました。



サラダはレタス・水菜・にんじんが主体ですね。
けっこうボリュームもありますね。



ドレッシングは酸味が効いていて、非常にさっぱり。
箸休めにはもってこいですね!!

さて、さらに待つこと5分。カレーがやってきました。



どうでしょう、このビジュアルにこれ以上説明が必要でしょうか?

カレーライスの上に目玉焼きをのせたのも
日本でこのお店が初とのこと。
いや~、70年の歴史をカンジさせますね!

それではいただきますか。



ルーは一口目は甘く、その後すぐに辛さがやってきます。
非常にイイバランスですね~!
とろみのあるルーは、一見重たそうにも見えますが、
以外や口当たりは軽くて滑らか。
まさにザ・洋食というカンジのカレーですね!!



玉子と混ぜていただくと、黄身の濃厚な風味が
カレーの濃厚さと混じり合い、
非常に旨み溢れる状態に。
安心していただける、進化した昭和のカレーですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!

ということで、こちらはガチですよ!!

先代が引退し、一時期お店の存続すら危ぶまれましたが、
心機一転ガンバっていただきたいですね!!

老若男女誰からにでも愛される、
非常に万人受けするカレーだと思います。
やはりこういう火は絶やしてはいけないですね~!
二号店が神田に出来たということで、是非応援したいですね!



ということで、こちらはわざわざ来る価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


※前回の記事はこちらです。


【お店情報】

『ニューキャッスル』

住所:京都中央区銀座2-11-1 B1

電話:03-6264-0885

営業時間:11:30〜16:00

定休日:月・祝


新宿中村屋 純欧風ビーフカリーあいがけ (90g×2)×2個
クリエーター情報なし
中村屋


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ