ennui   by imu

フランス語ではぼんやりとかトロンとしたとか、気怠いとか。
そんな力の抜けたブログとしてリニューアル。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

次はジェラートを。

2014年09月29日 17時29分05秒 | 切り絵






リスが美味しそうな木の実に囲まれているデザイン。
秋本番、ワタシの好きな栗やフルーツが美味しい季節。



昨日、息子が『こっちへ来る?』と呼んでくれた。



彼が車のハンドルを握り、慣れた様子で街をドライブ。
以前から聞かされていたインド料理屋へ。

特別な店ではないけれど、案内してくれた事がウレシかった。
もちろん料理も、大きなナンがビックリで美味しいお店。



息子はこの地方に馴れ親しみ
親を案内したいと思えるようになったのね。



彼をアパートに送り届け、じゃあね・・って握手した。
気をつけて帰ってねと息子に言われ見送られるのはやっぱり淋しいけれど
もう涙は出ない。


しっかりやってるのを見届けたから。
次はウナギとジェラート食べに行こう、って誘ってくれたから。



小さい秋。

2014年09月19日 12時04分59秒 | 絵日記
   



いつもなら買わない様な高価なマスカット。
産直市場では少しだけ身近な値段になっていた。

歯をあてると『ぷちっ』という音がしていい香りと
秋の甘い味が広がった。シャインマスカット。


フルーツとお花は買った時幸せな気持ちになる。

お肉や野菜お米等、無くてはならないけれど
フルーツやお花は無くても生きて行ける。

それを買う事が出来るシアワセ。
といっても大した金額ではないのだけれどね。


秋。


指輪が緩んで回る様になると本当の秋。

小さい秋、ワタシの指に来た。


ワタシなら。

2014年09月16日 17時11分36秒 | 絵日記





これは食べられる本物のナス。
アレキサンドラ って言うんだよ。キラキラネームっぽい。

輪切りにしてオイルでじっくり焼いたら美味。
けど、ご自慢のドレス(皮)はカタかった。
でも、むいちゃったらつまんないもんね。



秋なすは嫁に食わすな。

解釈は二通り。
美味しいから嫁に食べさせるな(もったいない)って話と
体を冷やすから食べさせるなって話。


ワタシなら『美味しいから食べてごらん。』って言うかな。


そんなコト思うのは、今のうちかな・・・。

初秋の朝に。

2014年09月10日 09時51分48秒 | 切り絵





早朝6:00のジョグ。やっと明るくなった。
稲の波が秋の風にさやさやとなびき、風の足跡みたいに波紋を広げて行く。
なんて気持ちのいい朝。


あ、カワセミだ。
翡翠色の鳥がすいーっすいーっと稲の海を渡って行く。


犬の散歩をさせている女性の前をすいーっと飛び抜ける。

残念ながら彼女は犬に気を取られて下を向いていた。
見えなかったよね。



青い鳥。
ラッキーな事や小さな幸せはきっと、あちらこちらにあるんだろう。
それを見つけられるかどうか。気づくかどうか。
虹を見つけたときもそう思った。



青い鳥を見たからって、実際いい事があるわけじゃないけど
気持ちだけでもハッピーで満たされていいんじゃないのかな。

月日は水のごとく。

2014年09月04日 09時50分22秒 | 絵日記





本日の写真はアブチロン。
葉っぱの下に花をつけ、うつむき加減な花は
控えめな女性を思わせます。

そのくせ真っ赤なドレス。

心の中に何か秘めている様な気がします。




本日はワタシの父の5回目の命日。
父の死。思い出そうとすればそれはそれは鮮明に思い出せる出来事。
だけど、毎日の生活、父の事はあまり思い出さなくなりました。


ちょっと上等なお香があるのを思い出しました。
『みず』

水になんて香りがあるわけないけれど
そんなイメージのすぅっとした香り。


月日は水のごとく。
さらさらと流れて行くのだな、いい事も悪い事も
笹舟をさらって行く様に。