ennui   by imu

フランス語ではぼんやりとかトロンとしたとか、気怠いとか。
そんな力の抜けたブログとしてリニューアル。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ふりむかず、まっすぐに。

2013年03月31日 14時38分23秒 | 絵日記
3月30日。

いい天気でした。
街は花盛り。柔らかな風が吹いていました。


息子が巣立ちました。


荷物を載せた台車をゴロゴロ押しながら、背筋を伸ばし
独身寮の奥へ消えて行きました。

振り向かず、まっすぐに。


別れ際、握手しました。お互い指先だけの握手でした。


大きな柔らかな手。
私は何を伝えたか思い出せません。

ただ、泣くまいと我慢する事で精一杯。



助手席に乗り込み
溢れ出す涙を流れるままに・・・・・





それから、遠州灘。ぼんやりと春の風に吹かれて来ました。

改編期。

2013年03月28日 16時36分27秒 | 絵日記
今朝はしとしと雨でした。
この時期に降る雨は『花起こしの雨』と言うそうです。
眠っているつぼみに『起きなさいよ。』といったところでしょうか。


桃の花が咲き始めました。
つぼみはふっくら、まるで幼い子供の頬の様。
今朝の雨に目覚めたたくさんのつぼみ達。


FMラジオ。
何気なくつけて、部屋の片付け。


かかる曲は さよならの曲が多くて。
沈む気持ちを紛らせたくてラジオつけたのにな。


そっか、FMも改編期。
変わらなくっちゃの季節だね。



直接言われるより。

2013年03月26日 12時06分32秒 | 絵日記
私が息子の生活用品を買っているうちに、母が珈琲カップを購入していました。
だれの?と尋ねると、私の分だそうです。

今までも実家には顔を出していたけれど
こうして待っていてくれる人が居る。そう思うだけで少し、心がほどけます。



昨夜、熊本に住む母の姉から電話がありました。

息子の荷物を運び出したと私の母から聞いた。今頃一人で泣いてやしないか?と気になって・・・・って。


私の事を思い出してくれる人がいて。うれしいです。
今の所、日常の雑事に追われ気がまぎれているせいか、それほど感傷的ではありません。

最後におばが言いました。お母さんが心配しているよ、と。

直接『あなたの事が心配です。』と言われるより、応えます。






ふわふわのタオル。

2013年03月22日 16時56分45秒 | 絵日記
庭にバイモユリが咲き始めました。貝母百合と書きます。
どうして母と言う字が付くのかは知りません。細いつるがあって繊細なイメージです。


息子の生活用品を荷造りをしています。
そんなもの良い大人なんだから自分でやれ、と思います。
当の本人はほとんど何もしていません。

巣立ちの準備。

もしかすると怒りながらもやっているのは、息子のためではなく自分のためだからでしょう。
そんなことにさっき気づきました。
こつこつと準備をして行く事で、自分の心に分からせるため。


そして本人がまだ何もしないのは。
もともとのんびり屋だけれど、さびしいのも手伝っているかもしれません。



息子の好きな柔軟剤の香りでふわふわのタオル。
持たせてやるつもりです。



タンポポの笑顔で。

2013年03月20日 21時26分19秒 | 絵日記
昨日の謝恩会と二次会でお疲れの息子は大いびきで爆睡。ま、寝かせときますか(^^;)
と一人出かけ戻る。


ドアを開け一声。ただいま・・・・、そこにはパジャマ姿の息子が立っていた。
『今までありがとう・・・・。』


そう言って、製本された修士論文と終了証書を差し出した。




不意打ちを食らわされた私は
『どういたしまして。』と下を向いてしまった。顔を上げられない。



泣くもんか。・・・・・でもほんとはちょっと泣いた。まいった。

もっと気の利いた言葉をかけられればよかったのに。




手のひらに舞い降りた淡雪が、すーっと融けて行く。

そんな風に、今までのいろんな出来事が融けて透明な水になったような気がした。




あと数日。タンポポの笑顔で息子を送り出したい。


卒業式。

2013年03月19日 17時15分12秒 | 絵日記
慌ただしく家を出て。息子と二人駅まで歩く。
タイトなスカートとハイヒールではなかなか並んで歩けない。

道中も電車の中もほぼ他人の振り。
それでも近くに居れば同じオーラが出てるから親子ってわかるけど。


今日、息子が大学院を卒業しました。
そして、私も保護者卒業式でした。


健康に恵まれた息子は小学2年生のとき2日間休んだきり。
大学院卒業の今日まで一日も病気で休みませんでした。
我が子ながら頑張ったと思います。



卒業式。笑顔の写真を撮りたかったけど、恥ずかしがって苦虫つぶしたような顔しかしてくれませんでした。
それでも、遠くから一度だけ手を振ってくれました。


今日、私は珍しくメガネを家に忘れました。


それで良かったのかもしれません。

謎のネーミング。

2013年03月18日 17時23分53秒 | 絵日記
今日は春一番が吹いたとか。
この南風で桜の開花も早まるのでしょう。





週末ヒロインという少女たち。

週末だけヒロイン、と聞きました。


じゃ、私。

週末人妻。





・・・・なんで人妻という言葉はあるのに
人夫(ひとおっと)という言葉はないわけ?



本日の写真 クリスマスローズ。
この時期に咲くのに、なんでこの名前?謎は尽きません。

らぶれたー ふろむ ばちかん。

2013年03月13日 16時26分37秒 | 絵日記
卒業旅行より息子が昨日帰国。


コンクラーベで注目されているバチカンにも立ち寄ったそうです。
いいタイミングでしたが、煙突から煙の出る頃まで居られなかったのが残念そうでした。


今日の昼。遠くから一人旅して来た絵はがきが一枚。
From バチカン。


相変わらずの雑な文字。
中学の卒業式にもらった手紙から進歩無し。


それでも


「お土産は買えるかわかりませんが、土産話は準備しておきます。」って・・・。

ハハハ、内容は大人になったもんだ。




絵はがきは何枚送ったの?と尋ねると『2枚』

ちゃんと大事な人にも送ったのね♪ 合格です。





3.11そして椿。

2013年03月11日 15時21分59秒 | 絵日記
私には、花と共に思い出す場面があります。

シバザクラ。

両親と三人でシバザクラを観るために渋滞5時間。
やっと観られる頃には夕日の時刻、それでも楽しかったあの日。


れんげ。

幼い頃、大好きだった祖父がレンゲ畑で寝そべって空を観ていた。
もうじき自分の命が消えてしまうと知っていた祖父。傍らで何も知らず花を摘む私。


蓮。

シバザクラからたった2ヶ月。蓮の花の頃。死の病を患った父を見舞う。
たくさんたくさん蓮の花咲く道を通り。






そして
風もないのに大きく揺れていた街路樹と椿。・・・3.11。

カラフルチョコとウィメンズマラソン。

2013年03月10日 18時16分47秒 | 絵日記
カラフルなチョコレートを小皿にジャラジャラと出した。

あ、なんかキレイ。


昼間観た 名古屋ウィメンズマラソン を思い出した。
み~んなウィメンなのね。あの空間の女性比率は高い。あたりまえか・・・。


女性ばかりのせいか、ウエアが明るくてカラフル。
きれい、キレイ♪

前向きな女性がたくさんいるんだな。



私のジョギングは大会に出るためではないんだけど
楽しそうにしてるのをみると、いいな~とは思う。




私も春色のジョギングウエア着てみようかな。
新しい気持ちになれるかな。