ennui   by imu

フランス語ではぼんやりとかトロンとしたとか、気怠いとか。
そんな力の抜けたブログとしてリニューアル。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

DNAっちゅうもの。

2009年09月29日 17時51分06秒 | 絵日記



先日、集まった親戚をぐるり見回して。

父の姉たち3人は髪がフサフサでホッとした(^^;)

なんせ私の父は若ハゲだったし(><)春に亡くなったすぐ上の姉(父の)だけは髪が薄かった。
だからちょっと心配していたのだ~(笑

しかしなんだね~・・・・

親戚ぐるりと見回してみると
ホントDNAっちゅうのはすごいな~と思っちゃった。
父の生き写しみたいな甥っ子が二人いた(爆

寂しくなったら会いにいこうかな~(笑
コメント (4)

びつくりしますた~。

2009年09月25日 20時39分34秒 | 絵日記



静かな部屋で母と書類を書いていた

いきなり背後から

『あと30秒後に電源をOFFにします!充電して下さい!』
ってデッカい声で携帯に怒られた(@@;)

びびった~(爆

携帯を見ると電池マークが真っ白(^^;)
そりゃ腹ぺこで怒るわけだ~(笑

そのうち
『いつまでしゃべってる』とか『こいつの所にはかけたくない』
とか言い出すんじゃないだろうか(T T)

ちと恐い・・かも。
コメント (10)

おくりびとで思い出したこと。

2009年09月23日 14時55分38秒 | 絵日記



映画『おくりびと』をTVでちらっと観た。

本当はじっくり観たかったような気がするけど
私にとって、ちょっと記憶に新しい出来ごとで(^^;)
まじっと観られなかった(笑

父の葬儀で嬉しくて泣いたことが一つ。

父が亡くなる前に意を決して葬儀会館に行き、希望を伝えて相談してみました。
でも理想とする葬儀はとても高額なセットで無理(><)あきらめました。
キャンドルいっぱいの祭壇・・・温かな雰囲気で送りたい。

それを館長さんは覚えていてくれて
サプライズで叶えてくれました。ジャズの生演奏まで付けてくれて。

葬儀でうれし泣きなんて変だけど
葬儀屋さんに感謝したことを映画で思い出しました。


コメント (8)

ボウリングに思う。

2009年09月18日 17時15分51秒 | 絵日記



本当に久しぶりにボウリングに行ったよ。
やっとボウリングがしたいな、そう思えるようになって。

ボールが重いったらありゃしない・・・(><;)
体重が3Kg減ったので親指のサイズがブカブカ。

だけどダメ元で行ったのが良かったのか
思いのほかいいスコアでちょっと嬉しかった(^^)

父が入院していた頃、ベッド脇の私にこう言った
『悪いな・・・(父が)入院しちゃったせいで
ボウリングに行けなくなっちゃったな・・。』

オヤジ殿、ボウリングまた始めました。
本当は一緒にやりたかったです。
コメント (7)

夕陽を浴びて。

2009年09月16日 21時06分03秒 | 絵日記


ショッピングモールに出かけて雑貨屋さん巡り。

探し物は相変わらずお弔い関係グッズ(^^;)
お香とロケットペンダントのトップ。(あ、しょうゆ差しも買った。)

息子とフードコートでお昼ご飯を食べて。
久しぶりのショッピング、楽しかったです。

夕方。いつもより早い婿殿のカエルメール。
外はまだ明るい。駅まで歩いて行ってみよっかな。

夕陽を浴びて駅から並んで歩いたら、新婚の時を思い出した。
空にはキレイな秋の雲。

少し色付き始めた稲穂の波が風に揺れて。

日常が戻ってきました。

コメント (4)

宇宙遊泳中・・かな。

2009年09月15日 10時56分21秒 | 絵日記



父の危篤のベッドで手を握る私の後ろ
母は小3の孫たちにすこし明るく話しかけ始めた。

『地球は小さくて丸いでしょ。いっぱい人が生まれると
地球が満員になって落っこちちゃうんだよ。
だからお年寄りから死んで行くんだよ・・。』

え?(^^;)なにそれ?(笑

素に戻って少し笑いそうになったけど、孫である甥っ子たちは
真面目に聞いていた。

きっと孫に言い聞かせる振りして
自分に言い聞かせてるんだろうな、そう思って背中で聞いた。

地球から落っこちちゃったオヤジ、今頃宇宙遊泳中かな(^^)
コメント (10)

手元供養。

2009年09月12日 17時40分28秒 | 絵日記


やっと数ヶ月ぶりに普通の週末を過ごしています。

今日の写真のアイテム
私なりに作った『手元供養』のカロートストラップ(シルバー製)です。
中に父の遺骨をひとかけら頂き納め封印しました。

父の形見はありません。
ということで、現物支給です(爆

これが身近に有ることで父を思い出すことができます。

仏壇に手を合わせなくても・・・
これが一番の供養、そんな気がしています。
コメント (6)

少しずつ、すこしずつ。

2009年09月10日 21時14分09秒 | 絵日記



病院のデイルームから夕焼けを見るのが
父のお世話をしながらの日課だった。

美しい夕焼けをなんとかベッドの父に見せたいと
携帯で写真にしては父に届けた。
でも、やっぱりキレイに撮れなくて。


今日は夕食を作りながら西の空を見た。忘れていた日常が帰って来た。
なんて美しい夕焼け。

夕焼けは悲しみの象徴だったけど
今日は心穏やかに見上げている。

こうやって、父が空けて行った胸の穴は
すこしずつすこしずつ小さくなって行くんだな。

少しずつ、すこしずつ。
コメント (3)

深く感謝いたします。

2009年09月09日 11時25分05秒 | 絵日記


2009.9.4 AM8:39
すい臓がんのため 父が71年の生涯を閉じました。


家族葬という温かな雰囲気の中、花祭壇に父の遺影。
キャンドルの揺らめきと優しげなサックスの演奏で
父を送り出すことが出来ました。


たくさんのみなさんから
励ましのコメント等いただいておりました。
深く感謝いたします。

imuimu

雑記です。よろしければこちらもご覧下さい。
コメント (3)