ennui   by imu

フランス語ではぼんやりとかトロンとしたとか、気怠いとか。
そんな力の抜けたブログとしてリニューアル。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

れんこんの磯辺あげ

2005年09月30日 14時52分58秒 | 絵日記

今日は珍しくクッキングのお話です。

本日のメニューはレンコンの磯辺揚げ。

絵では文字が小さくて見づらいかもしれないです。
でも何でも分量はアバウト。
いい加減なレシピですので、あまり難しく考えないで下さい。

ポイントは
1、練ったとき固いと食感も固め。ポッタリだとフックラあがります。
下味を濃いめにつけるとソースがなくても美味しいです。
2、油に入れる時、くねくねなので気をつけて。へらに乗せると扱いやすいです。
こんがり揚がったら出来上がり。

巷では磯辺揚げをうなぎのタレに絡ませて
精進料理の蒲焼きとして出されるようです。

ちなみに息子はこの食材が何であるか判りませんでした。(^^)

話変わって。

今日、両親が母の故郷に帰郷します。

15歳のとき、母は村のみんなに送られて
バック1つで汽車に乗ったそうです。

勉強したい、働きたい。
希望を胸に、遠い街へ出たのだそうです。

あれから50年以上たちますが
村のみんなは温かく母を迎えてくれる。

故郷、阿蘇ではお神楽が舞い、ススキが揺れ
冷たい秋の風が吹き始めている事でしょう。

父と二人、ゆっくり楽しんで来られると良いと思っています。



いろいろな秋

2005年09月29日 15時28分49秒 | 絵日記

おいしい物がいっぱい

やっと秋本番になった感じです。

栗でしょ、サツマイモでしょ、リンゴでしょ、なしでしょ。
もう、書ききれない(^^;)

そろそろ栗きんとんも出始めました。
夫メカのり君の職場のあたりは栗きんとん屋さんがいっぱい。

私がお願いしなくても買って来てくれるでしょう。
自分が食べたいからね。

夫メカのり君の職場のあたりはリンゴがおいしい。

私がお願いしなくても買って来てくれるでしょう
自分が食べたいからね。

朝晩寒くなり、パジャマも長袖に。
お布団も厚めの物に替えました。

肌がカサつくようになり、秋はここにも来ています。

ヤク☆トのお姉さんが化粧品のパンフレットを持って来た。
そこには1本1万2千円の化粧水。

これまで私は手作り化粧水で1本あたり50円くらいかな?
世の中の女性が奇麗なのはああいう物を使っていたのだね。(^^;)

そんな高いのは恐ろしくて買えないけれど
(買っても使えなかったりして)

お試しセット3種類入りで1300円なり。
これなら価格ニッコリ(^^)私もニッコリ。

この秋は1300円分、美人になっていると思います。

アナタの周りに秋はやってきましたか?
コメント (10)

ワイワイがやがや(^^;)

2005年09月28日 16時46分33秒 | 絵日記

元女子高生が4人。☆☆年前には高校生だった私たち。(^^;)?

久しぶりに高校時代の友達4人で集まった。
こうやって顔を揃えるのは記憶の遥か彼方の事。

それぞれ家庭を持ち、子供もいて
大なり小なり問題は抱えているけれど
みんなしっかり良いお母さんをやっている。

しかし、ひとたび口を開くと・・・・
あの頃と変わらず、ボケ役、突っ込み役、まとめ役、とどめを刺す役など
ちゃんと決まっている。(^^;)

先生の名前等、正しい名前は出て来ない。

『ほれ・・・ピチピチの海パンをはいとった体育の先生!?
あ~!!名前が分からん!!』とか言っている
(妙な事を覚えているね・・・彼女は)

『マンモスみたいな感じの先生』それでも誰だか分かる(身振り手振り付き)

気持ちはあの頃のままでも
記憶の方は風化しつつあるみたい。

今週末、母が田舎に帰る。
半世紀前の友達に会うために。

『もう今度、会えるかどうかも分からない歳だから・・・。』
そう言って出かけて行く。

女房と畳の例えとは反対に
友達は古いほど良いと思った、今日の私である。

アナタは旧友とたまには会いますか?
コメント (4)

SWEETな香り

2005年09月27日 16時58分47秒 | 絵日記

う~、辛い。

悪魔の香りが私を誘う。(^^;)

香ばしく焼けた『卵せんべい』の香り。
風に乗って私の所までやってくる。

近所の人にもあまり知られていないが
我が家の裏には小さなお菓子の工場がある。

そこではご進物用の『野菜せんべい』を焼いているのだ。
薄くスライスしたカボチャ等の野菜を
甘く香ばしい卵せんべいに焼き付けてある物。

良い香りだが、お腹がすいている時には罪作りな香りである。

土曜・日曜は工場もオヤスミ。

うちの食いしん坊の誰かさんが家にいるときは
良い香りは漂って来ない。

ウシシシシ
これは私だけが知る幸せの香りでもある。

さて、アナタの好きな香りはナンですか?
コメント (6)

あの頃は少女だった(^^;)

2005年09月26日 17時43分49秒 | 絵日記

あの頃は少女だったのに・・・

息子が転入した保育園に
何処かで見た女の人がいる。

しばらくじ~っと観察。
間違いない(^^;)

あの可愛いダンゴっ鼻

彼女は私の中学時代のクラスメイト。
Aさんだ!!

もちろん彼女もびっくりした。
二人とも地元を離れ、他県での再会だから。

それに、どちらもオバさんで子持ち
卒業してから15年目の再開だった。

彼女をつつけば
私の忌まわしい思い出話が吹き出しそうで恐ろしい(^^;)

月日は流れ、彼女は我慢強くて打たれ強い大人になっていった。

都合が付けば庭で髪を切ってくれたりもした。
時々、お茶を飲んだり楽しかったのに。

彼女がまた引っ越して、私は寂しくなった。
それは強い彼女が選んだ道。
仕方ないね。

最近、彼女はしつこい風邪で10日以上休んでいる。
見た目より体はヤワなのね

「ちょっと!!大事にしてよね!!」
「これって更年期の前触れかしら!?」

15歳だった元少女達は今、暗い顔でこんな話をしている。
(上の絵は向かって左がAさん/右がimuimu)
コメント (9)

さようなら EXPO2005

2005年09月25日 20時52分15秒 | 絵日記

とうとう終わってしまうんだね万博。

愛・地球博
奇跡的に?私は行く事が出来ました。

お向かいの奥さんが誘ってくれたからです。

私は人ごみが苦手です。
息苦しくなってきます。
よく満員電車で通勤していたな~と、今更感心しています。

ディズニーランドにも行った事がありません。

万博は本当に始めの頃に行きました。
入場者数4万3千人台。
それでも混雑しているな~と思ってしまいました。

万博は幼い頃に大阪に行きました。
それ以来のことです。

今回万博のお土産は
カヌレを外国のお姉さんが焼いていたので
それをゲット。
香ばしいカラメルのようなコーティングしてありました。

それからトルコ館で目玉の形のおまもり2つ。

自分にはイエメン館で買った、真っ赤なお花の首飾り。
赤いオニキスで作られています。一目惚れでした。

今度日本で万博があるのはいつでしょう。

アナタは万博へ行きましたか?

ちなみに『モリゾ~とキッコロ』を
我が家では『もっこり』と呼んでいました。

おめでとう20万キロ

2005年09月24日 18時53分17秒 | 絵日記

おめでとう20万キロ

夫メカのり君の溺愛する愛車
レガシィ ランカスターの『ラン太郎』

それが今日、購入から5年目で20万キロを走った。
感激である。

ある日、レガシィが欲しくてディーラーを訪ねた。
欲しい車はあったが、思い切りが付かず
話が出来なかった。

少し間をおいたある日
またその車を見に行った。
しかし既に売約済みだった。

雨が降る午後、肩を落としているメカのり君を見て
とても可愛そうに思った。

よし、ネットで探してみよう・・

それが始まり。
そして出会い。

たった10キロしか乗っていなかったが中古車だった君。
それがたった5年で20万キロ。

今では嫁の私より大切にされているのではないかと
思うほど大事にしている。

ま、いいか(^^;)
君に夢中の間は奇麗なおね~ちゃんに
横見もしないでしょうから。
コメント (6)

ここはどこ?

2005年09月23日 15時43分35秒 | 絵日記

ここはどこ?

ハッとそう思う。
どこでも寝られる私。

今日は河川敷の公園。
金色の木漏れ日も目に優しい。

キラキラキラキラ降り注いで私を包み込む。

風が気持ちいい。
サヤサヤ・・・サヤサヤ・・頬をなでる。

遠くの堤防に車の走る音。
それがだんだん遠のいて、私はいつしか気絶状態。

子供の頃、母がよく話していた。
『この子ったら、眠いと立ってても寝るのよ。(^^;)』

そう、私は眠いと立ってても寝られる人だった。
かくれんぼの最中、寝た記憶がある。(T0T)

でも上には上がいる

我が家の男達は二人とも『オヤスミ3秒君』だ。
今話していても3秒後には寝ている・・・
ふざけた野郎どもだ

ここは金色の木漏れ日の中。
家事、煩わしい事から全部逃れて
ほんの一時、現実逃避。

全ての皆さんへ。
本日は心休まる処方箋をプレゼント。
コメント (2)

運動会の思いで

2005年09月22日 17時22分49秒 | 絵日記

短距離走の女王とは私の事。
ウソです。

でもちょっとだけ短距離走は得意でした。

あのスタートに立った時の気持ちは忘れられません。
大嫌いだったのです。あの瞬間だけが。

幼稚園の頃から高校時代までずっとリレーの選手でした。
でも本当は気が小さいので毎年イヤでイヤでたまりません。

ある年の町内別リレーの時
どうしても嫌だったので、とうとう
トイレの中に隠れてしまった私。

みんなが探す声がします。
ごめんなさい、と出て行きたい気持ちを抑え
ずっと臭いトイレの中で我慢していました。(^^;)

懺悔です。あの時探してた方々ごめんなさい

時は流れて数十年。(お~歳くったな~)

仕方なく市民運動会の年代別リレーに出ました。
走れば上半身だけが先に行きたがり
足がついてきません。あせりました・・(^^;)

次の日から1週間、ロボット歩きだった事は忘れられません。

先日、息子の体育祭
なんとクラス対抗リレーに出たと言うではありませんか?!

余程人材不足だったか?と心配してしまいました。(爆)

『5位だったけど僕が3人抜いて2位になったんだ。』
す・すごいじゃないか!!と思ったら
3人抜きは全部女の子だとさ。

ハハハ!!それでもいいさ(^^)
ちょっと見たかったな~、と思ったかーちゃんでした。




コメント (4)

年上のともだち

2005年09月21日 20時08分08秒 | 絵日記

私には親より年上の友達がいる。

正確に年齢は知らないが、明らかに自分の親よりは
年上である。

彼女は友人(年上)のお母さんだ。
昔、醤油を作っていたという
大きくて古いお宅に住んでいる。

ふと気づくと
傘じぞうの物語のように、家で作った野菜を届けてくれてある。

本当に有り難い。
虫もいれば、相当ブサイクな野菜達が可愛かったりする

いつだったかお宅に伺ったとき
縁側に座布団を敷いて、大きな豆大福を頂いた。

『お友達と一緒にこうやって食べると美味しいのよ~(^^)』と言われ、
そうか・・・私は友達になっていたのか~
と初めて知った。

ちょっと驚いたが、これも嬉しい事である。

彼女の趣味は、楽しそうに語る「姑の悪口」。
彼女の敵、姑は95歳。(^^;)

毎日戦っているようだ。

コメント (4)