海鳴りの島から

沖縄・ヤンバルより…目取真俊

ガット船やランプウェイ台船が台風避難

2022-10-26 22:46:00 | 米軍・自衛隊・基地問題

 26日(水)は早朝から塩川沖のガット船が移動を始めた。

 フィリピンの東に発生した熱帯低気圧が27日には台風22号になり、沖縄に接近するとの予報が出ている。

 もともと今週は沖縄島周辺の波が高く、ガット船が大浦湾に入れないでいた。台風発生を受けて、早めに避難したようだ。

 午後5時過ぎの段階で、羽地内海にはガット船6隻(第十八藤進、寿鷲丸、第百三十六伊勢丸、第八太海丸、第八そうほう丸、marumasa6号)が避難していた。

 ほかのガット船は大島海峡に避難し、第三十八ひなた丸1隻が塩川沖に残っている。

 羽地内海には大浦湾や本部港塩川地区で土砂の陸揚げ、積み込みに使用されているランプウェイ台船も避難していた。

 


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2022年10月25日の辺... | トップ | 10月27日の辺野古ゲート... »
最新の画像もっと見る

米軍・自衛隊・基地問題」カテゴリの最新記事