ウィルコックス・・・。

2015-09-20 | 日記

デイヴィット・ウィルコックスが亡くなったそうです。

高齢であっため、一度も演奏会では聴くことはなかったし、
近年活動も伝わってこなかったので気にはなっていた。
音楽を聴く切っ掛けとなったのはウィルコックスの録音だった。
ウィルコックスの演奏で聴いた曲を後年別の指揮者で聴くと、演奏技術の向上や、楽器の違いこあれ、
ウィルコックスの解釈の範囲を超えていないことも多かったように思う。
冥福をお祈りいたします。

コメント

カンブルラン:トリスタン

2015-09-06 | コンサート

待望のカンブルランによるオペラ。今季もっとも期待のプロ。
とは言え、ドイツものは今ひとつの印象だったが、その不安は全くの懸念に終わった。
前奏曲冒頭から、きっちり濃密に響かせた(そのせいかはわからないが3幕後半ややあっさり目だったような)。

タイトルロールはやや薄めか。特にトリスタンはもう少し軽めが、適役かもしれない。
ブランゲーネは出色。ペトレンコの指環でワルトラウテやリエンチ(レアル)を録音してあるのでじっくり聴き直す価値あり。
日本歌手も一歩も引けを取らなかった(アクションは要らないと思う)。

カンブルラン任期の延長で演奏会形式がまた聴けそうだ。
日テレ収録あり。

若干マナーに問題のある聴衆に閉口。

コメント (2)