テミルカーノフ/読響

2010-05-11 | コンサート

「レニングラード」をこの前聴いたときはダイアナの追悼でフリーメーソンのための葬送音楽が演奏されたんだっけか。。。

きょうは当然のように1曲のみ。天候もあまりよくないし、ショスタコーヴィチだし、テミルカーノフだし…入りが心配したんだけど、カンブルランより入ってる。

会員の継続サービスのCDは去年演奏されたカンブルランとの「運命」。ドイツ系はちょいと懐疑的になってきたところなのでじっくり聴きましょ。

終演後はブラボーが飛び交っていましたが、ショスタコーヴィチはどこが面白いのか依然としてわからんです。

紙のプログラムは4月から執筆陣が一新して、読み応えが増すが、ふつうの音楽ファンにはちょっとマニアックかぁ、と思っていると、3月定期への出演が予定されていた、エヴァ・メイが降りた。なんでも、メストの「ジョヴァンニ」出演とのこと、残念。

っで、「ジュピター」に変更。これ、この間聴いたゾ。

コメント

カンブルラン就任披露演奏会

2010-05-01 | コンサート

当初、どちらかというと縁のない曲だったためどうするか悩んだのだったが。。。

こういう「ジュピター」も「春祭」も少なくとも演奏会では聴いたことがない(と思う)。

カンブルランついてしまったドイツ系への疑問符はここでも取れなかったが(でも、ベートーヴェンは聴いているんだよなあ…)、ピットに入ってもらって、フィガロを是非。

ここのところ息苦しく、ちょっと気になっていたが、サントリーホールは空調にアロマを加えたか?

コメント