Blog About Nothing

小心者の旅行遍歴

冬季五輪

2018-02-25 15:53:10 | 日記

冬季五輪ももうすぐ終わり。昨年は春にインスブルック、夏にサラエヴォと冬季五輪の地に行った。

カーリングを何試合か見たら、マドリードのゴシゴシおじさんを思い出した。

この銅像(と人)、何をモチーフにしたのかはまだ分かっていない。

冬季五輪では必ず注目されて盛り上がるカーリング。一試合2~3時間で予選だけでも9試合。映される時間が長い上、選手も少ないので見るほうも集中できて顔も名前もすぐに覚えて応援してしまうんだろうな。五輪以外の年も楽しみたいものだが、国内での試合とかはあまり取り上げられない。ダイジェストとか勝利を決めた一投だけ見ても多分面白くないだろう。

カーリングは試合数を掛けると30時間くらい戦えるが、髙梨さんを始めとする女子のスキージャンプなんか2回飛ぶだけ。1回20秒としても1分にも満たない競技時間。4年間の練習時間は同じようなものだろうに、これしか技術を披露する場がないとは。もし自分がジャンプの世界的選手だったとしても、この精神力だったら緊張してとてもムリ。

カーリングのように競技時間が長い種目だったら・・・と思ったけど、昨日の試合なんか見たら最後の一投なんての、とても思い通りには投げられる自信がありませんわ。

コメント

我が後輩

2017-04-08 18:10:53 | 日記
昨秋のドラフトで一位指名でロッテに入団した我が後輩の
佐々木くん。初登板の相手はハンカチ王子。会社では10分おき
くらいに速報をネットで見て、四球が多く安心はできなかったが
勝ち投手の権利を持って5回で降板。無事勝ち投手


ハンカチくんの母校の早実とは、佐々木くんが3年生の夏の都予選で
対戦して勝っている。日曜日で放送があったので、一喜一憂しながら
見ていたのを思い出すな~。このときも10個くらい四球だした記憶が
ある。

アンジャッシュの渡部は午前中八王子で母校の春季大会を見て
から、幕張に向かったんだとか。土曜日に母校や佐々木くんの
大事な試合があったらブランチは休むのか?
コメント

ドラフト

2016-10-27 20:29:14 | 日記
もう一つ旅行と関係ない最近の出来事。

先週、プロ野球のドラフト会議が行われて、ロッテに一位指名されたのは
佐々木千隼投手。なんと我が高の後輩(もちろん面識などないが)。




会社でネット中継をこそこそ見ていて、一回目で指名されなかった
のでやきもきした。

彼が3年生のとき、地区の準々決勝は地元のテレビ中継があった。
惜しくも負けてしまったが。3点を追う最終回の攻撃のときに
ベンチが映り、彼が涙を流しているのをみてこっちもうるうる
しそうになったのを思い出す。

我が高出身有名人ランキング、三浦友和・忌野清志郎両先輩に
次ぐ第三位目指して頑張ってほしい。今はまだアンジャッシュの方が
ランクは上位だろうな~。
コメント

ゆき

2014-02-14 19:23:41 | 日記


また雪。電車が止まる前に帰ってきた。ニュースを見ると、どうやら
それで正解だったようだ。

近くのなじみのお店でいつもの天重を食べて帰ろうと思ったが
おやすみ。他にもおやすみの店がいくつかあった。こんな日は
お客がこないのかな。

旅行では一日中雨だったってことはないな。一時的に雨というのは
あるが、ヨーロッパで傘さしたことはないかも。雨降ってても
傘もってなかった
ってことはあったが。一応晴れ男の範疇に入るか。



コメント

日通航空

2013-12-27 20:42:41 | 日記
日通航空が会社に荷物を取りに来た。
態度わりぃ。

個人的にはここにはもう頼まない。
コメント

号外:都立決勝へ(母校応援)

2013-07-28 20:07:13 | 日記
いよいよ決勝戦。新聞にもそう書いてあるし間違いない。


1時試合開始なので12時頃着いたのだが甘かった。入場券売り場はかなりの列。準決勝と全然違う。




しかし、列はスムーズに進み入場券購入。ここにも決勝戦と書いてある。


スタンドに入ってみると席が埋まってる。何せ初めてだからな。1時間前に行けば十分だろうと
思ったが、ダメダメ。途方にくれながらとぼとぼと歩いていたら、同級生に声を掛けられた。
団体で応援しようと席を確保してくれていたようだ。お言葉に甘えて着席。準決勝とは
違ってベンチ上。


試合前に応援団に挨拶する選手たち。全力を出しきってよ!


いよいよ試合開始


試合は・・・初回の守りではこすったような当たりがヒットになって点を取られたりと
ついていない。攻撃では・・・相手ピッチャーがよくてほとんどヒット打てない。

中盤で追加点も取られて差がついてきた。

トイレに立ったときに応援団席へ。

決勝戦ともなると制服で応援のよう。


チアリーダーも必死の応援。打ちまくれ~


9回の守りはセンター工藤くんのファインプレー二連発!最後の攻撃の前


残念ながら試合終了・・・


泣いてる選手・マネージャーもいたけどみんなここまでよく頑張ったよ!


表彰式へ


キャプテンの工藤くんに準優勝杯が


さらに賞状


選手全員にメダルが掛けられた。立派だよ。




応援のみんなも頑張ったね。



四年前だったか、ベスト4まで進んだとき、これが甲子園に一番近いところだと思い、もう
ここまで来ることはないと思った。その後もコンスタントに勝ち昨年もベスト8。今年は
もうないと思ったベスト4を突破し決勝へ。

三高の壁は厚い。それでも昨秋は都立に2~30年負けていない帝京に勝っている我が高。
何か間違えれば勝てるんじゃないかと思ったが、今日の試合を見るとそうとう間違わない
限り勝てなさそうな差があるように思った。

それでも・・・ここ数年こんなに卒業生をわくわくさせてくれる後輩の野球部、立派だった。
応援の在校生も暑い中よく頑張ってた。

ナマ校歌も聞けて歌えてとてもうれしかった。

ありがとう!

コメント

号外:高校野球観戦(母校応援)

2013-07-26 21:55:17 | 日記
クロアチア旅行記の途中ですが、号外

日常生活のことはここには書かないのだが今日は特別。

わが母校が高校野球地区予選の準決勝に進出。
準決勝は4年ぶり。このときは強豪高を相手に7回くらいまでリードしていたが、残念ながら
逆転負け。

母校は公立高校としては地区でも有数だが、私立の壁を破らなければ甲子園には
行けない。準決勝の相手は甲子園出場経験のある強豪高。会社から球場までは
30分もかからないので、仕事は午前までで昼過ぎにオフィスを飛び出した。


球場についたときは1回表裏を終わったところだった。

わが高の先発はエース池田くん。


3回にその池田くんのホームラン、先制点だ


点を取ると校歌だ
緑さわかかに 空ひろやかに


追加点をあげて4回で5-0!相手も投手交代だ。

校歌が止まらない
窓には清き武蔵野の丘


よく打つチームだ。

うちの打線は日本一! とか言ってた


ピンクのTシャツにピンクのリボンがいいね!


勝てそうだと思ったが、相手も強豪
8回に上位打線に三連続長打を浴びて投手交代。捕手だった豊澤くんが二番手投手。

1点差で九回。この回を守りきれば・・・だったが、守備の乱れもあり同点に追いつかれた。
しかも走者二塁。次の打者はセンターへいい当り、ダメか・・・と思ったが、センターの
キャプテン工藤くん好捕。同点で延長戦に
突入だ。

ピンチのあとにチャンスありの格言どおり、
延長十回、満塁のチャンスを作り、投手交代のときに捕手に入った鈴木くんが
2点タイムリー。

何回目か分からないけど校歌


さらに犠牲フライで3点リード。裏の攻撃を抑えれば決勝進出・・・
ランナーは出したものの、0に抑えた!!!






最後は相手チームも悔しいだろうに応援団がエールの交換。


卒業してン十年、初めて応援に来てみたがこんなにいいものだとは。




コメント

クロアチア料理

2013-04-10 21:17:01 | 日記
海外旅行の前に旅行先の料理屋に行くのが最近の恒例と
なっている。今年はクロアチア・スロベニアなので、クロアチア料理屋へ。

場所は京橋のドブロというお店。そのうち知人と夜に
行くつもりだったが、お昼に客先から会社に戻るとき有楽町で乗り換えなので
ランチに行ってきた。

クロアチア料理、日本に一軒しかないという情報もあったが、関西にも
もう一軒あるらしい。

外はこんな感じ。あまり目立たなかった。


このお店、1Fは割りとカジュアル、2Fは高級な感じ。迷わず1Fへ
13時も過ぎて先客は1組のみ。案内された席がその先客のすぐそば。
この先客(おばさん2人)よくしゃべる。一人が7割しゃべって結構
耳障り

席変えてもらおうかと思ったところでスープが来てしまった。


頼んだのがこれ。それほどクロアチア感のないものを頼んでしまった
¥1000
コメント

Hall of Fame in 東京ドーム

2011-05-05 22:03:58 | 日記
1999年の旅行の前に、先日東京ドームの野球体育博物館
に行ってきたので、その様子を。某新聞の販売店でやっている
抽選であたったのだ。

ここに行くのは多分三度目。最初は小学生低学年の頃、次に大学生の頃、
そして今回だ。大学生の頃でも20年以上前で、記憶はあまりない。

社会人になってから、本場クーパーズタウンには三度行っている。写真も
かなり撮ってきたし(2003年の殿堂入りはここ)、周辺も含めてかなり
記憶は鮮明だ。

午前11時過ぎ、地下鉄の後楽園駅で降りてドームを半周し、入口へ。
入口には小さい机一つとお姉さん一人。階段を降りてまずWBCの
トロフィーがあった。

しかし・・・人が少ない。平日ということもあったが、中にいた人は
5人いたかどうか。展示しているものも「これで終わりですか」と
いうほどしかない。クーパーズタウンを知っている人が見たら
ここは分館ではないかと思うほどだ。これでは人も集まらないのは
無理もない。リピーターも数えるほどしかいないのではないか。

図書館に入っていろいろ読んでいると12時からはお昼休みで閉める
ということなので、そこで退散した。図書館は面白かったので
もう一枚タダ券があるので、また行ってみたいと思う。

それにしても展示がさびしい。クーパーズタウンは一日いても
飽きず、周辺の土産物屋周りも楽しかった。それに比べると・・・

野球人気と殿堂の規模は比例するのかな。




コメント

徒歩で帰宅

2011-03-11 22:49:45 | 日記
地震怖かった

ちょうど立ってプリンタ出力したものを取りにいくところ。立っていたことも
あり、すぐには気付かず、「地震だ」と言われても「このくらいたまにはあるさ」
と思っていた。すると揺れは強まるばかり。机につかまらなければ立っていられない
ほど。液晶ディスプレイの上の置物は落下し、引き出しが開いたところもあった。

あとはあまり仕事にならず、5:50頃徒歩の帰宅を決意。パソコンを横にして
会社(山手線内ほぼ中央)を出た。4時ころから帰ろうかなと思っていたが、
らしくもなく躊躇してしまった。それでも会社では一番早かったと思う。

さて、家は武蔵野地区。20kmくらいあるはず。不動産屋の住宅情報の徒歩何分
というのは1分80mというのを聞いたことがある。速足なので100m、という
ことは1時間6km。途中疲れることも考慮すると、3~4時間と見積もった。
かばんは会社において、雨が降るとの情報もあったので折りたたみの傘だけもった。

■18:00 退社
まずは靖国通り。思った以上に人が多い。ヘルメットかぶってる人
もいる。
■18:29 コートのボタン外す
体があったまってきた。しかし手は冷たい。コンビニで手袋を買おうとするが
ない。おにぎりやサンドウィッチなどはほぼない。あまりお腹はへっていなかった
のが幸いだ。
■18:31 明治通り
人が多くなった。何しろ新宿が近い。角の靴屋が繁盛していた。
■18:37 甲州街道
新宿駅を越える橋は歩道が狭い。地上の道を駅に向かうべきだった。
■18:43 新宿駅南口
坂を登りきって南口へ。テレビカメラ数台が来ていた。電車待ってる人がいるが
多分徒労に終わるだろう。
■19:03 初台
歩き始めて一時間たって初台。予定通りなのかどうかわからない。
■19:14 幡ヶ谷
■19:21 笹塚
■19:32 環七
ずっと実家に電話をかけていたがつながらず、この辺でようやく母の携帯に
つながった。実は実家に帰る予定だったのだが、当然帰れるわけもない。
家は無事なようだった。
■19:41 井の頭通り
井の頭通りの看板を看板を見て、「井の頭通りか」と独り言。この辺から
独り言を言うようになった。結構これで自分を鼓舞したような気がする。
ここで甲州街道に別れを告げて井の頭通りへ。少し人が減って歩きやすくなった。
■19:45 コンビニ
ミニストップでトイレを借りた。ありがとうございました。助かりました。
■19:57 永福町
この辺のコンビニであったかいコーヒーを買った。これが帰宅途中唯一の飲み物。
■20:27 環八
駅でいえば荻窪。このあと、また歩道が詰まっていたので追い越そうとして
車道に出て少し走った。すると歩くより走る方が足の負担が軽いのに気付いた。
疲れるまで走ることにした。
■20:46 武蔵野市
「武蔵野市」の看板を通り過ぎた。これで安心。このあたりで走るのやめた。
■20:55 吉祥寺
駅前はバス待ちの列で歩きにくい。
■21:20 最寄駅
通っているスポーツクラブの前を通るとビルの点検のために休館。いきつけの
うなぎ屋に行ってみたがもう閉まってた。駅前のとんかつやはこの時間にしては
すいていた。夕食。
駅前はタクシーやバスを待つ人も列を作っていた。電車は当然止まっていた。
「終日禁煙となっております」の駅のアナウンスはなんのため?止められないのか。
■21:40 帰宅
やれやれ。エレベータは止まっていて階段で。オートロックのマンションで
階段からでは通常ドアに鍵がかかっているのだが、大家さんが開けてくれて
いたようだ。両隣の部屋の方も在宅のよう。
液晶テレビと本棚が倒れていた。冷蔵庫の位置もずれていた。ガスが止まって
いるようで風呂入れず。コーヒーも飲めず。テレビの津波の画像を見ると、
このくらいは我慢しようという気になる。
コメント