Blog About Nothing

小心者の旅行遍歴

三日目(8)【ストラスブール】(日曜の夜は早い)

2012-10-31 20:09:41 | '12 欧州旅行(独仏)
トラムの24時間券を買って一度ホテルに戻った。24時間券なので
明日も使える。都市によっては一日券で買ったその日にしか使えない
場合もあるが、旅行者にとっては24時間券は大いにありがたい

トラムは中央駅近くでは地下を走るようだ。


ホテルに入る前に夕食。駅前通りのカジュアルな店の中から店を選んだ。
スパゲティを頼んだが大量すぎる・・・
元大食いだが、さすがにこれは残した・・・
あまりおいしくなかったし・・・


ホテルで休憩後、再びトラムで大聖堂へ。夜の大聖堂。8時過ぎなのに
レストランも徐々に店じまいの様子。平日のほうがにぎやかなのかな。









コメント

三日目(7)【ストラスブール】(プチット・フランス)

2012-10-29 20:00:30 | '12 欧州旅行(独仏)
橋に花を飾っているのはコルマールと同じ。これがアルザス風ってヤツなのかな。


橋をわたってアルザス博物館に入った。アルザスの歴史が紹介されている。
写真は博物館の中から見たノートルダム大聖堂。


博物館の中はこんな感じ。日本語の解説があればもっと楽しめたんだが








川沿いを歩いてプチット・フランスへ。ここはフランスなのに何で「フランス」
と入っているのだろう。ドイツ領だったときに名づけられたとか?

いわゆる木組みの家というのと赤い花が目立つところ。いい雰囲気だった。


人だかりがしている。何か面白いものでもあるのかな・・・と覗いてみると
みんな同じものを見ているわけではなさそうだ。


橋を元に戻すのを待っていたようだ。遊覧船が通るので邪魔にならない
ように回転させていたのかな。


この橋を渡ったところでなんとなく見覚えのある若い女の子がこっちを見ている
あ、ミュンヘンからの列車で隣に座って、駅のコインロッカーにもいた子だ
もう一人女の子がいる。こちらの友達を訪ねて来て翌日にはまたミュンヘンに帰るらしい

ジャクリーン・ケネディに似た感じの女の子だった。

コメント

三日目(6)【ストラスブール】(ノートルダム大聖堂)

2012-10-28 17:52:40 | '12 欧州旅行(独仏)
大聖堂の中。笑点ではないがタダだと人が多い。ありがたみを分かっていない
人が自分も含めてかなり多いとみた。




 

ここも塔に登ることができる(€5)。例によって細い階段だ。ここの階段は
一方通行のようで、降りる人はいない。


だんだん怖くなってくる


汗をかきながら展望台へ。






イル川が見えないのが残念



ライン川が見えないが、その向こうがドイツだ。


塔といえば去年のフィレンツェやバチカンで味わったような行列や頂上での
人ごみが印象強いが、ここは列もなければ頂上もそれほどの人はいない。
確かに景色は前者に比べると華やかではない。

降りる方が怖い。螺旋状なので勢いあまって飛び出してしまいそうだ
足がすくんできた。

何とか地を踏むことができた。
コメント

三日目(5)【ストラスブール】

2012-10-26 19:03:19 | '12 欧州旅行(独仏)
コルマールを発車した電車はトウモロコシ畑の中を走って
30分ほどでストラスブールに到着。

ロッカーから荷物を取り出し、


駅の外へ。地図を見るまでもくホテル(写真中央)発見。
こんなに近いんなら荷物預けてもよかった
 駅を出たところで撮影

チェックインして市の中心街、まずはノートルダム大聖堂を目指した。
駅前通りはカジュアルなレストランが並んでいる。


イル川を渡った。このイル川の中州にあたる部分が
グラン・ディルといい、世界遺産に登録されている。

日曜日ということもあって、コルマール同様に
ほとんどのお店がお休み。歩いているのは観光客95%とみた。

日本人と思われる人も見られた。若い人が多い感じがする。何回も海外は
行ってはいないだろうに、ストラスブールを選ぶとは何かここに強い関心が
あるのか。

コルマール同様、ここでも迷った。ノートルダム大聖堂が見えたので
歩く方向は分るのだが、他の建物で見えなくなると、いつのまにか遠ざかっていたり・・・



なんとか到着。

コメント

三日目(4)【コルマール】(プティット・ヴェニス)

2012-10-24 20:24:04 | '12 欧州旅行(独仏)
プチット・ヴェニスと呼ばれているところ。去年ヴェネチアに行った者と
しては、プティットとはいえ、ずいぶん大きく出たもんだと思った
もちろん雰囲気は悪くないのだが。




これは土産物屋。


土産物屋とレストラン以外では唯一といっていいほど空いていた
スーパー。


あとはふらふらして駅に戻ろうとしたが、駅はこっちだろうという方向に
ウンターデンリンデンの方向の案内が。迷路になっているという点では
プチット・ヴェニスでもよいか。

アイスクリームで落ち着きを取り戻す。


街中を走るプチ列車。


看板の地図を頼りにようやく方向を把握して駅へ向かった。
到着。やれやれ。


着いたはいいけど次の電車まで30分あるよ




ここでお昼を。またしても冴えんお昼。


電車来た。
コメント

三日目(3)【コルマール】

2012-10-22 20:13:55 | '12 欧州旅行(独仏)
コルマールの見所は固まっているので観光はしやすい。

途中の公園を通ると、




あとは特徴のある家がいっぱい。アルザス風というヤツか。




この日は日曜日。土産物屋とレストランしかやっていないという感じだった。
それでも観光客が多いので、観光地という雰囲気は十分ある。

ウンターデンリンデン美術館。名前が完全にドイツ風。


「NAGOYA」という日本食屋があった。しかし日曜日で休み。観光客の入りは
見込めないと読んでいるのか?


ドミニカ大聖堂。ここは写真禁止。


カテドラル。ここは写真OK。






これでガイドブックに出ていた場所は見終わって
しまった。
コメント

三日目(2)【ストラスブール→コルマール】

2012-10-21 16:11:12 | '12 欧州旅行(独仏)
いろいろ考えた結果、ここから直にコルマールに行くことにしていた。ホテルは
駅から近いはずなので荷物を預けてもよかったが、駅にもコインロッカーがあるのでそちらに。
あちこち探しながらようやく見つけると先客が。ミュンヘンから
隣に座っていた子だ。そういえばさっきもすれ違ったとき、何か
探していたようだった。「同じところを探していたようだね」などと話をして
彼女が先に準備完了で外へ出て行った。

こっちもなんとか案内にしたがってロッカーにキーをかけた。次にまた問題。
コルマール行きのチケットが買えない。どうもボタンの接触が悪いようで、
カードのピン番号をうまく押せない。informationに行くと、外に機械がある
からといわれて行ってみるとが射していて画面がよく見えない
反対側に向けるべきだろう。

何とかチケットを買って列車に乗り込む。

乗ってから打刻するのを忘れたのに気づいた。列車の指定もあるし、大丈夫かな
と思いながら30分足らず、予定時刻より少し早く着いた。
コメント

三日目(1)【ミュンヘン】(ストラスブールへ)

2012-10-19 19:37:30 | '12 欧州旅行(独仏)

6:26発の電車に乗るためにウェイクアップコールをお願いしていたが
それより早く目が覚めた。ホテルの部屋はこんな感じ。


朝早いので、残念ながらホテルの朝食はなし。駅でパンとコーヒーのみ。


列車はTGV。パリ東駅行きだ。


発車10分前に列車に乗り込んだ。座席は一番前の車両なので遠い。
席は窓側でその通路側に若い女の子が座っている。
向かいの2席は空いているのでそちらに座ることにした。

出発後30分くらいでアウグスブルクというところに止まった。
ここで自分が座っていた席の人が来たので本来の席に戻った。

途中、山の中腹を走る。さすがのTGVもこのあたりでは速度を落とした。

さらに1時間くらいたってシュツットガルト。ここは世界陸上やったこともある都市。
ここでスイッチバック。このあたりになると車両は満員に近くなった。
昨日、よくチケットが取れたものだ


カールスルーエを通過。


そろそろストラスブールというところで降りる準備をと思い、
通路側の席の女の子に声をかけようとすると彼女も降りる準備。
他にも降りる人が多いようで、ここがひとつの大きな客の入れ替えポイントのようだった。

ミュンヘンからは4時間近くかかってストラスブール到着。

コメント

二日目(9)【ミュンヘン】(夜編)

2012-10-17 20:46:22 | '12 欧州旅行(独仏)
#17のトラムで中央駅に戻った。駅付近で見かけた一人旅(?)の
女性。後姿と歩き方がカッコよかったので失礼して一枚


ミュンヘンは今日まで。あとは人ごみの中で雰囲気を味わうくらいだ。
人ごみならニューハウザー通り。昨日のほうが人多かったかな。


南ドイツらしい衣装


ホフブロイハウスへ。有楽町にここと関係のあるお店があって、一時期よく
行っていた。そこも店員さんがドイツ風が衣装だったが、やはりここは本場。
ビールは飲まなかったが、外の席に来る店員さんを見て雰囲気を味わえた。




これくらいにして帰ろう。途中コンサートを鑑賞。このグループに
ミュンヘンの最優秀演奏賞をあげたい。右から二人目のおばさん、家事の
途中に借り出されたような格好だが、男性たちに混じってがんばっていた。


おなかがすいていたのにずっと食べそびれていた。中央駅に行けばなにか
あるだろうと行って、入ったのがアジア風食堂。春の旅行でよく入った
店の系列かな。この焼きそばが安くておいしいんだな





コメント

二日目(8)【ミュンヘン】(ニンフェンベルク城)

2012-10-15 20:34:17 | '12 欧州旅行(独仏)
さて、次はニンフェンベルク城。ここは中を見るのが6時までのはず。
中央駅止まらない電車に乗ってしまったせいで、ゆっくり見ていられなさそうだ。
外観だけでもと思い、トラムに乗った。

しかしこのトラム、次で降りるというところで降ろされてしまった
この日は電車運がなかった。運転手にお城の方向を聞いて行ってみた。

かなり広いので一番奥までは行かず。










行っただけになってしまったな。
コメント