Blog About Nothing

小心者の旅行遍歴

八日目(3)【プラハ】(18禁ミュージアム)

2018-08-16 18:59:10 | '18 ポーランド・チェコ




さて、午後一番は手持ちのガイドブックには紹介されておらず、
googlemap先生が存在を教えてくれたミュージアム。旅行前から
ずっと楽しみにしていた。

SEX MACHINE MUSEUM!

旧市街広場から路地に入ってすぐ。前二回のプラハではこんなのが
あるとは知らなかった。

このタイミングで来たのは、もうR子さんはプラハを出ているから。
入るところや出るところ見られたり、ましてやこの中で顔合わせたり
したら・・・とおもって。。。

いやいや、仕事柄、いろんなメカニカルの知識はあったほうがいいからね。
勉強だ。さて、どんなMACHINEがあるんだろう?


入り口前にあった展示。これは売り物か?
人がいないように見えるけど、これ見るだけで中に入らない人がいっぱい。

部分的にはちょっと隠しといたほうがイイカナ・・・

チケット売り場の手前の人だかりを掻き分け入場。

最初の部屋へ。

いきなりこのお祭りの紹介がっ!ニュースで見たときは衝撃だった。
確かTOKYO MXだったと思うが。
実物(レプリカ?)もあって写真を撮ったが、ちょっと載せるのがはばかれる。


このくらいぼかせば載せてもいいかな?


何を撮ってるんだろう?


カレル橋は独り占めできなかったが、この「映画館」は独り占め。
コミカルな感じの白黒の映像だった。もちろんEROTIC方面も。写真掲載は自粛。


いろんなMACHINEが。。。


どんな顔して撮ってたんだろう?


どこかの王室の寝室の絵も(これもぼかさなきゃ)

この時代の王様や王妃は大変だなぁ。。。




おそらく日本人の20代の男性が中にいたが、お互い気づかないフリで・・・

このミュージアムで相当写真撮った。
これまでのミュージアムの写真指数(=撮影枚数/床面積)は軽く
更新したんじゃないか?でも、載せられないような写真ばかり。

興味ある方、プラハに行った際には是非!



コメント

八日目(2)【プラハ】(早くもお昼)

2018-08-14 18:53:00 | '18 ポーランド・チェコ

さて、今日はどこから行くか。今日も一日プラハ自由時間。
やっぱり日帰り旅行よりプラハにいたい感が勝っている。

自撮りは首から下、もしくは影のみ

服装を見ると気候もよかったんだろう(思い出せないけど)

このおっちゃんは欲が深かった。




イチゴはばら売りしてくれればすぐに買うんだがなぁ。。。


この日の最初の目的地は共産主義博物館。探して探して来てみたら・・・
移転してる。


この地図では行けないか、そうとう迷う自信がある。
ベルリンで同様の博物館は見たし、ここはいいか。。。

ムハ美術館へ。中はそれほど大きくないという噂と入場料と入口のところに
あった絵を見て満足したのとで入らず。お土産だけ買ってこう。

写真撮るのも忘れた。

早くも昼飯。ガイドブックに出ていた地元の大衆食堂みたいなところ行ってみた。
しかしどうやって頼むのか分からず、料理にもそれほど食指が伸びなかったので
他に行こう。


昨日目を付けた兵士シュヴェイクの店に入ろうかと思って行ってみたけど、
店員さんがちょっと冷たい・・・ほか行こう。

その近くにあったお店へ。まだ時間も早くてすいている。

奥の部屋だったのに適度に店員さんが様子を見に来てくれる。
シュヴェイクの店と違っていい感じだ。

スープと・・・


魚料理


高級ではないが(そもそも高級店には入らない)好みのお店。
また来よう。

コメント

八日目(1)【プラハ】(朝の散歩~朝食)

2018-08-13 18:57:49 | '18 ポーランド・チェコ

朝の散歩へ。このペンション、朝食はついているんだが8時からとちょいと遅い。
まだレセプションも所定の場所にいない。奥のほうで休んでるのかな。

朝食の準備はできている。前の晩にしておくのか?

迷いもなく俺だけのカレル橋を目指したが。。。6時過ぎではムリだった。
一番乗りは何時頃なんだろう?もしかしたら、24時間誰かしらいるのか?


俺だけの(に見える)カレル橋


右から


左から


20世紀当初は橋の上をトラムが走っていたらしい


旧市街に戻って


旧市庁舎前広場


この週末、マラソンの大会があるようで、朝から走っている人が目立った。
石畳は足への負担が大きいんじゃないか?

この人はコースの確認?


朝食が始まる8時ちょっと前になってホテル戻ったら、まだ開いていない。
ブザー鳴らして開けてもらうが、不機嫌そう。

だったらお客が自分で開けられるようにしようよ。

朝食


いつもの代わり映えしないメンバーだ。

ハムやチーズは列ごとに見た目が少しずつ違う。
そういうときは、それぞれ違う列のを取るタイプだ。


欧州旅行始めたときはホテルの朝食は下品にも食べまくったが、
最近はこのくらい。でもコーヒーやフルーツジュースは二杯

コメント

世界ナゼそこに?日本人

2018-08-11 17:48:18 | 旅行雑記

世界ナゼそこに?日本人

この番組あまり意識して見たことはないんだが、次回(8/13 Mon)は
予約してでも見よう。なぜなら会った人が出るから。
多分向こうはもう覚えていないだろうけど。

5年前の春、クロアチアのドブロヴニクで会って話してコーヒー飲んだ。
手品も見せてもらった。手に握った一つのピンポン球大のスポンジが、
彼の合図で開けたらたくさんになったのを覚えている。

まだウォーミングアップ中でギャラリーもいなかったので、日本語で
「なんで?なんで???」と言ったのを思い出す。

直接聞いた話もスゴかったが、帰国後、彼の名前をググったりブログを
見たりしたらもっとスゴかった。

あの後、旅行のたびに彼がどこにいるのかチェックしたが、残念ながら
自分の行き先と彼の居場所はかぶったことはない。テレビで一方的に再会だ。

彼に会ったときの記事はコレコレ

 



 

コメント

七日目(7)【プラハ】(続・夜風につられて)

2018-08-09 19:35:10 | '18 ポーランド・チェコ

夕飯のあとペンションに戻って一休みしてから国民劇場へ。


国民劇場 with トラム


国民劇場 with 馬車。ちょっと暗い。


国民劇場に来たのは・・・CKで会ったR子さんと待ち合わせなのだ。
ここでマダムバタフライを鑑賞中、22:00頃終わるということで
出口付近で待ち合わせてカレル橋のあたりぶらぶらしましょうかと
いうことになっていた。

22:00少し前に着いた。ライトアップされたプラハ城やカレル橋は
一緒に見ようと思って、ここまでは迷いながら川から離れたところを
歩いてきたのに上の写真を撮るために橋に近づいたら見えちゃった。

そうなれば、この景色見ながら待つの一択しかないね。

22:00過ぎて劇場から人が少しづつ出てきた。来るかな・・・?
出口でまで行って待っていると・・・R子さんの顔が見えた。

こんばんは~

この景色一緒に見るの、さえないおっさんでごめんなさいね。


撮影係がんばります


夜風が強めだけど気持ちいい。こんなときは
 夜風の中からお前の声が~

・・・いやいや、それじゃない
 夜風につられてセレナーデ~ 思わず知らずセレナーデ~

スメタナ博物館のところから

川の音が心地いい

「CKで『世界の風景でココが一番好きかもしれない』と言ったけど、
こっちが
一番かもしれない」
などと移り気な発言を飛ばして

カレル橋へ

幸せになれる可能性のある人は触っとこうよ。

許可もとってないので、ぼかしているとはいえ何枚も載せたらマズイな。
この辺にしとこう。

ドヴォルザーク像を見ていないとおっっしゃるので隣の橋にあるドヴォ像も
見てから旧市街広場へ。

こっちはあまりおいしくない夕飯食べたけど、彼女はまだですって。
プラハ着いたの夕方で食べる時間がなかったのかな?お腹すいたでしょう。

ヴァーツラフ広場を過ぎて突き当りを右折。
泊まっているホステルはメトロのIP Pavlovaの近く。


最悪、ホステル近くにマックがあるということで歩いていたが、
その最悪になってしまった。12時近くなって見つけたレストランも
閉めかけている。

件のマックは開いていたものの、2Fへの階段を閉める直前。
ギリギリセーフ。(1Fには席がない)

もう日が変わるかどうかという時刻にハンバーガー(僕はコーヒーだけ)

聞けば去年の九月の連休、ヴェネツィアに行ったというじゃない。
雨が降っていたというし一緒だ。。。と思ったが、確認したら
僕の翌週だったみたい。

食べ終わって、ホステルへ。

 歌えてしまうよセレナーデ 罪作りなセレナーデ~

楽しい二夜草でした。無事お送りしてさようなら

日も変わってしまって、昼間調べたところではこの時間は
トラムも30分おきとか。歩いて帰るほうが無難でしょうね。

川に向かっててダンシングビルに出るのが地図では近いようだが、
ヴァーツラフ広場から帰るほうが人もいるし安全と見た。

ティーン教会のライトアップが終わってる。これはこれで珍しい写真かな。




ペンションにまっすぐ戻らず、カレル橋まで。


プラハ城があるはずなんだが


ペンションは閉まっている。ここは自分で開けるのではなく、ブザーを押して
開けてもらうシステム。こんな時間でちょっと不機嫌そう。すみませんな。

コメント (4)