西条新居浜神戸稲美 徳永勝二







写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

旭日大綬章に自見元郵政相=北島三郎、富司純子さんに小綬章―春の叙勲

2016-04-29 11:44:27 | 叙勲
4月29日(金)5時7分配信

 政府は29日付で、春の叙勲受章者4024人を発表した。

 今回最高位の旭日大綬章は、自民、民主両政権で閣僚を務めた自見庄三郎元郵政相(70)ら7人が受章。旭日小綬章には演歌歌手の北島三郎(本名大野穰)さん(79)らが選ばれた。

 旭日大綬章にはこのほか、上杉光弘元自治相(74)、小島順彦元三菱商事社長(74)、斉藤惇元東京証券取引所社長(76)らが選ばれた。瑞宝大綬章は、川島裕元外務事務次官(73)、西村正紀元総務事務次官(70)、先崎一元統合幕僚長(71)に贈られた。

 芸術・文化分野では、「与作」や「まつり」などのヒット曲で知られる北島さんのほか、芥川賞受賞作家の村田喜代子さん(71)、宝塚歌劇団出身のミュージカル女優鳳蘭(本名荘田蘭)さん(70)、女優の富司純子(本名寺嶋純子)さん(70)らが旭日小綬章を受章した。

 受章者の内訳は、大綬章10人、重光章34人、中綬章301人、小綬章929人、双光章1547人、単光章1203人。民間の受章者は1798人で全体の44.7%に上り、2003年の制度改正以降、最多となった。女性の受章者は381人で全体の9.5%だった。

 外国人叙勲は44カ国から90人が受章。旭日大綬章はノーベル物理学賞受賞者のジェローム・フリードマン氏(86)ら7人に決まった。 
コメント

「ムスダン」発射、また失敗か=数秒で墜落のもよう―北朝鮮

2016-04-29 11:35:51 | 対北朝鮮

4月28日(木)16時18分配信

 【ソウル時事】韓国軍関係者は28日、北朝鮮軍が同日午前6時40分ごろ、日本海側の江原道・元山一帯で中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられる飛翔(ひしょう)体1発を発射したが、失敗したと推定されると明らかにした。

 発射後数秒で海岸に墜落したもようで、数百メートルも上昇しないうちにレーダーから消えたという。

 北朝鮮は故金日成主席の誕生日である15日に初めてムスダン1発を発射したが、直後に空中で爆発。エンジンに問題があったとみられている。今回も、5月6日に第7回労働党大会を控え、士気を高める意図があったようだが、2回連続でムスダンの発射に失敗したとすれば、欠陥を修正し実戦配備するまでには時間がかかりそうだ。 
コメント

核実験強行なら金正恩政権に「未来はない」=朴大統領

2016-04-29 11:31:25 | 対北朝鮮

4月28日(木)17時12分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は28日に開いた国家安全保障会議(NSC)で、金正恩(キム・ジョンウン)政権が国際社会の警告にもかかわらず新たな核実験に踏み切れば「未来はない」と述べ、北朝鮮を強くけん制した。
 北朝鮮は36年ぶりの朝鮮労働党大会を来月6日に控え、5回目の核実験を行う兆候を見せている。
 朴大統領は、北朝鮮は核実験により国際社会から核保有国と認めてもらい、体制を固めることを狙っているようだが、国際社会は絶対に核保有国とは認めないと述べた。その上で、核実験は北朝鮮をさらに強力な制裁に直面させ、外交的孤立を深める結果を招くだろうと強調した。
 また、来月1~3日にイランを国賓訪問することを踏まえ、この期間に北朝鮮が核実験を強行し、安全保障が極度に不安定になる場合に備え、NSCを常時開いて国の安保と国民の安全を守ってほしいと求めた。
コメント

補正、3000億円規模=安倍首相「早期成立期す」―熊本地震

2016-04-25 11:34:21 | 地震

4月25日(月)7時35分配信

 政府は24日、熊本地震対策として編成する2016年度補正予算案として、復旧・復興に使途を限定した3000億円規模の「熊本地震復旧等予備費」を計上する方向で調整に入った。

 安倍晋三首相は同日、麻生太郎副総理兼財務相らを呼び、補正編成を指示、今国会で速やかに成立させる考えを強調した。

 財源には、日銀のマイナス金利政策などによる市場金利の低下で見込まれる、国債の利払い費の減少分を充てる見通しだ。

 首相は24日の非常災害対策本部で、補正予算案について「今国会での成立を期すべく、速やかに提出できるよう、調整を開始してもらいたい。政府の総力を結集し、復旧・復興に取り組みたい」と力説。この後、首相は公明党の山口那津男代表にも電話し、早期成立を図る方針で一致した。

 政府は大型連休明けの5月上旬にも補正予算案を閣議決定し、国会に提出。同26日から始まる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)前の成立を目指す。今回の補正は復旧・復興に向けた本格的な財政支出の第1弾と位置付けており、中期的に必要な予算は、景気対策などと合わせて秋の臨時国会に改めて提出するとみられる。

 熊本地震に関しては、16年度一般会計予算で確保している3500億円の予備費から、既に食料品支給などの経費を支出済み。補正で新たに設ける予備費では、企業の事業再建や道路などのインフラ復旧、がれき処理などを迅速に進める。住宅の確保、生活再建支援金の支給などにも活用する。

 補正予算案をめぐっては、7月の参院選などを踏まえ、与党内から早期編成を求める声が出ていた。政府・与党は、熊本地震への対応に限定したものであれば、野党の協力も得やすいと判断した。 
コメント

新名神工事現場で橋桁落下 2人死亡8人重軽傷 神戸

2016-04-22 21:13:54 | 事故

4月22日(金)16時57分配信

新名神工事現場で橋桁落下 2人死亡8人重軽傷 神戸

救急隊員らが行き交い騒然とする橋桁落下事故現場=22日午後5時34分、神戸市北区道場町平田

 22日午後4時半ごろ、神戸市北区道場町平田の新名神高速道路工事現場で、橋桁が約120メートルにわたって落ち、現場の作業員が巻き込まれた。神戸市消防局によると、2人が死亡、8人が重軽傷を負った。

 兵庫県警が、事故の経緯について捜査を開始。橋桁は、南北に流れる有馬川と国道176号をまたぐ形で2本かかっていた。このうち、片側の橋桁が約20メートル落下して国道をふさぎ、通行止めが続いている。

 同消防局によると、死亡した1人は川の西側の現場にいたという。東側では4人が負傷した。県警によると、国道を通行していて事故に巻き込まれた車両は確認されていないという。

 大きな音を聞いて現場近くに来たという会社員の男性は「雷が落ちるような音が10秒ほど続いた。血だらけの作業員が運び出されていた」と話した。

 現場は、神戸電鉄二郎駅から東約500メートルの民家や田畑が点在する地域。
コメント