生きる力になれば

70代のブログです。言葉で生きる力になればと綴って10年が過ぎました。

未来からの贈り物

2018-07-02 23:54:01 | 日々の暮らし
私は生まれた所が海のそばなので、朝起きたら海に飛び込んでいました。

インドやタイの人が
ガンジス川やメコン川に入って顔や体を洗っていたように…。

一人沖まで泳いで朝陽の上がるのを眺めていました。

夜空の星を眺めながら
泳いだこともありました。

いまそんな事していたら注意されるでしょうね。

さて、心にとまった

今日の言葉は

『未来は贈り物』です。

「未来がどうなるか、

あれこれと詮索する

のをやめよ。

そして、

時がもたらすものが、

何であれ、

贈り物として受けよ」

(ホラティウス・紀元前65年ローマの詩人)


あらゆるものを贈り物として、受け取れ。

とは奥が深い言葉ですね。

『波に砕ける岩のごとくあれ』

(モンテーニュー・フランスの哲学者)

「なんて私は運がいいのだろう。

こんなことに出合っても、悲しみにくじけもせず、

現在に押し潰されもせず、

未来を恐れてもいない」


日本でも荒海のうねりにもまれながら、

白波が立っている岩場の光景をよく目にします。


モンテーニューは

人間を海に立つ岩の

ように見ているのです。

悲しみにも、苦しみにも押し潰されず、

将来を考えて悲観的に

なることもなく立っている。


なんと崇高な姿であることか。


「なんて運のいいことだ」

と述べています。

人生の荒波も

贈り物なのですね。

分かりました。

勇気を持って


受け取りましょう。



僕は沢山受け取って

しまったなあ。

まだまだ未熟者だからでしょう。



合掌
コメント

医者殺しと呼ばれる果物

2018-07-02 01:26:13 | 日々の暮らし
7月です本当に月日のたつのは早いですね。
ワールドサッカーの
ベスト16位には
賞金15億円以上が貰えるようですね。
ベスト8になればさらに10億円の上乗せがある。

グループ敗退でも9億円以上貰えるとか。
ベルギーに勝てば優勝も夢ではない。
頑張って応援しよう。

さて、医者殺しと呼ばれる果物があります。


「寝る前のリンゴで

医者がやせ細り」

(イギリスの諺)

就寝前にリンゴを1個

食べるのは、イギリス

人の健康法です。


寝る前にリンゴを1個


食べると、身体が

丈夫になり、医者は

患者不足で収入が

無くなってしまうと

いう意味です。


リンゴはイギリスの

特産物。


ほぼ近い緯度の青森も

リンゴ産地ですね。


日本でも「医者殺し」


といわれています。


夏ばて防ぐには


リンゴジュース


飲みましょう!

心も体もリフレッシュして元気に暑さに負けずに過ごしましょう!

リンゴで乾杯!

古巣の職場は楽しい所です。
安心しました。
ありがとう!

合掌




コメント (2)