生きる力になれば

70代のブログです。言葉で生きる力になればと綴って10年が過ぎました。

秋麗(あきうらら)

2017-08-31 03:19:10 | 日々の暮らし

9月のカレンダーを

めくりて思う。


かっと照りつく

夏の陽射しも


日が落ちるのが


早くなった。








吹く風も





涼やかに




秋の虫が




朝を告げる




虫の音に




夏の痛みを乗せ




飛んでけ





秋麗(あきうらら)





私にも





あなたにも









希望の風を









届けておくれ。




疲れ傷ついた





心を





癒す





風を…。






合掌





コメント

待つわ

2017-08-31 03:19:10 | 日々の暮らし
今日は感じた事を

伝えたいと思います。


あなたは


悩み事がありますね。


一人で悩んでいますね。



親、兄弟、友達にも


相談できない小さな事、

大きな事。



がまんできる事、





がまんできない事。




体の具合の事




仕事の事




子供の事





人間関係の事




お金の事




運が悪い事


事故ばかりしている事。



失敗ばかりしている事。


やりたい仕事が




見つからない事。






生きる望みを



見失っている事。




恋人がいない事。




本当に


悩み事は尽きませんね。




その時




心の迷いを



救ってくれるのが





色々あります。





それを救う使命を




持った人達もいます。





生きる力



生きる自信を




与えてくれるもの。


一人悩まず




導きを得てください。




私は「言葉」で



救われました。




これも一つの手段だと

思いますが。



悩み事は一度に


何度も何度も



うねりの波のように



やって来ました。




心も体もボロボロの



ようになっていました。




ある占い師が




このままでは



あなたは死にます。





と何人にも言われました。




そして、倒れたのでした。



そんな時、生きる


勇気をくれたのが



言葉の数々でした。





皆悩み苦しみから




出た言葉ばかりだから




共鳴したのです。




人は一つ自信を持てば




生きて行けるものです。



その中の一つに


「待つ」


があります。


「待つことを


知る者には


万事が適当な


時にくる。」


(フランスの諺)


じっとがまんして、


待っていれば、やがては


幸運が巡ってくる。


「待てば海路の日和あり。」


「嵐の後には凪ぎがくる。」


(日本の諺)

すべての事柄には


意味があるのです。



また時期があるのです。


待つ忍耐も意味があるのです。



幸運は苦しんだ分だけ


やって来ました。



仕事にも恵まれました。


人間関係にもです。




そして、導く力を




頂きました。



剣よりも強い




言葉に出会えたのです。




あなたの心に





響く言葉が





くる日まで






待っててください。





合掌
コメント

天使が舞う人

2017-08-30 03:50:30 | 日々の暮らし
久しぶりに天使の夢を見た。

少年の頃、

「世界の人形展」

で見た一人の美しい

天使に見とれてしまった。

アメリカの作品だった。

天使は子供のイメージがあったが、


その天使は魅惑的で

セクシーで美しい

大人の天使だった。

木の枝に座って、

ギターを弾いていた。


透けたドレスに

素足を組んでいた。


大きな瞳に、真っ赤な



時々ウィンクする。



マリリン・モンローを


可愛くした天使。



写真禁止のため、

何回か見に行って


しまった。


夢にその天使が


現れた。



そして、こう言った。



お久しぶり


覚えてる?


天使はね


「天使の梯子(はしご)」

(雲の切れ間から、

太陽の光が射し込み、

天と地の間にかけた


梯子のようなことから


名づけられた。)


から降りてくる


わけではないのよ。


生まれた時から、


そばにいるの。


みんなが、神の約束を

守っているか、

見るために。


「やれやれ!」


大抵の人はね、

自分の生活のために

忘れているし、

その手助けに

忙しいのよ。


そうすると、天使も


イヤになってね



枝に座ってギター


弾いてるわけ。



誰ものそばにいる


役目なのにね。



だから、皆に教えて





天使は

好みの

素敵な若い男の天使



可愛い女の子の天使



が皆のそばにいると。


いつもは、

後ろではないよ。


前でもないよ。


頭の上に飛んでいると。



本当の約束に


気づいたら


仲間も来る!


それまで、木の枝に



いるからね。





そんな夢でした。


あなたの



天使は



いるかな?




木の枝かな?





合掌



コメント

謎の言葉

2017-08-28 02:22:47 | 日々の暮らし
昨日は導かれるままに

瞑想していました。

神秘の世界に。

はい、これからは

私の勝手な想像ですから、

面白半分で聞いて下さい。

亡くなって逝く人の

中に、ある声が

気になっていたので、


考えていたのです。

「あ!」



「そうだったんだ!」


という謎の


声が。


気になっていたんです。


霊感の強い人には


その意味に

気づいているみたい


ですね。


私も薄々気づいて


いたんですよ。



人はこの世に生まれて



来る時に、ある同意書

にサインして生まれた。


と以前話しましたね。



それを、覚えている人

がいました。


私もサインした


覚えがある気がするのです。


人生くじを引かされるのです。

そこには、秘密の言葉

が秘められているよう

でした。

そして、その約束に

サインして、そうです


その時すでに名前は

決まっていたのです。


その約束の使命を


忘れないように握って


生まれて来たのです。




死ぬ時に、


想い出すのです。


サインした事を。



「あ!」




「そうだったんだ!」


と。

短命も、長生きも



知っていたのです。




その同意書の内容が



気になりませんか?




それを、知ってるのが





あなたの魂なんです。





肉体ではないのです。





魂が安らぐことが





魂が喜ぶことが




同意書の中身だと





私は思えてならない。




私は地球の回りにある



トラックを走って



いま外側のトラックに




さしかかって


いるので、観客の声が



聴こえているのかも



知れない。



いずれは、観客席に



行く身だから。





合掌











コメント

時は金なり

2017-08-28 02:22:47 | 日々の暮らし
皆さん漠然と

時は大切なもの

という意味でしか

理解していませんか?


古代ギリシャでは、

月の始めに借りた

利息を払う日のことを

「カレンダー」


と呼んでいました。

1日遅れると、利息が

高くなることから

「時は金なり」



と言うようになったと

いいます。


ローマに入り、

カレンダーは

時の尺度を表す


暦の言葉になったと


いいます。



西欧の話に

ある町の商店でのこと。

一人の客が店に来て、

1ドルの商品を手にして、

80セントに負けてくれ

といいました。

しかし、店主は


それは負けられません。

とずっと断っていました。


とうとう客はあきらめて、

1ドルで買いますといった。


すると、店主は

「あなたは私の貴重な

時間を浪費したから

1ドルで売ったら


損します。

1ドル20セントなら

売りましょう!」

といった。


西欧の文化には


このような考えが

根づいているのです。



今日は休みです。




魂を癒す為に



神秘な体験を




しに行きます。





合掌
コメント