とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

1月のラボ便り

2018年01月11日 | ラボ便り


1月のラボ便り


皆様、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

お通い頂いている患者様皆様が、
1日も早くご妊娠されるよう、本年もより一層精進して参ります。


今回のラボ便りは、
「精液所見に影響を与える因子」についてご説明致します。

【年齢】
男性も女性と同様年齢が上がることが、不妊の原因となります。
精液の液量や運動率が低下し、精子の奇形率が上昇します。

【喫煙】
精子の質を低下させる(染色体異常をもつ精子が増えるということ)可能性があると言われています。
可能性がある以上は、妊娠を考えられ始めた時から禁煙が好ましいです。
また、ヘビースモーカーは非喫煙者に比べ、
精子濃度が19%低下するとの報告もあります。

【糖尿病】
液量の減少が起こると共に、精子のDNA損傷率が高くなることが報告されています。
また、精液所見とは別に糖尿病が神経障害を引き起こし、
ED(勃起不全)のリスクが上がることがわかっています。

【アルコールの過剰摂取】
アルコールを長期的に慢性飲用することで、
精巣の萎縮を引き起こしEDなどの性機能障害の原因となります。

【サウナなどの高温環境】
週に数回のサウナを慢性的に続けることで、
精液所見が悪化するとのデータがあります。

以上のような原因が精液所見に影響を与えている可能性があります。

精液の検査は、一度だけの検査では結果を断定することは出来ません。
今回ご紹介させて頂いたことのように、
日々の生活習慣が精液所見に影響を与えてしまうことがあります。

このため、精液検査は定期的に受けて頂くことをお勧めしております。

そして、精液所見をより改善し、1日も早く妊娠して頂けるよう、
サプリメントや漢方、ホルモン剤を処方しております。
是非、ご利用になられてより良く改善して参りましょう。


とくおかLCラボスタッフより


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月のラボ便り

2017年12月25日 | ラボ便り


12月のラボ便り


皆様、こんにちは。

今回のラボ便りでは、「受精卵の成長について」お話致します。


受精卵は、最初は一つの細胞です。
一つが二つに、二つが四つに、、、というように、
段々と細胞が分割して成長を進めていきます。
(必ず偶数で分割していくというわけではありません。
一つの細胞が先に分割し、その少し後にもう一つの細胞が分割する、ということもあります。)
最初の分割は、卵子側の力で分割すると言われています。
分割が進んでいくにつれ、卵子と精子が合わさった、受精卵自身の力で分割をしていきます。

この分割した細胞の事を、割球と呼んでいます。
8個の割球がある時期(8細胞期)までは、
この割球一つ一つの遺伝子は全て同じと言われています。
「この割球は将来心臓になる」「この割球は将来骨になる」というような未来が決まっておらず、
何にでもなれる可能性がある細胞なのです。

8細胞期以上に分割が進んでくると、
今度は一つ一つの割球が強く接着するようになります。
この現象を、コンパクションと呼んでいます。
コンパクションが進むと、割球同士の境目が判別しにくくなります。
この状態の受精卵は、植物のクワの実のように見えるので、桑実期胚と呼びます。

この時期になると、割球一つ一つが全て同じというわけではなく、
胚の外側に位置した割球が将来胎盤になる細胞(栄養外胚葉)になり、
内側に位置した割球が将来胎児になる細胞(内細胞塊)になります。

受精卵の中には、分割は進んでもコンパクションを起こさないものもあります。
そのような受精卵は、やがて分割が停止してしまい、妊娠には至りません。
コンパクションは、受精卵の成長の中でとても大切な現象なのです。


順調に成長した桑実期胚は、栄養外胚葉から内側に向けて液が分泌され、
受精卵の中に水溜りの様なものが出来ていきます(胞胚腔)。
この時期の胚を、胚盤胞と呼びます。
この胞胚腔が段々と広がっていき、受精卵は拡張と収縮を繰り返しながら、
受精卵の殻である透明帯を破り、やがて透明帯から脱出します。
脱出した状態で、子宮の内膜に着床するのです。


とくおかLCラボstaffより



「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月のラボ便り

2017年11月15日 | ラボ便り



11月のラボ便り


皆様、こんにちは。

寒くなり、空気も乾燥して参りました。
風邪などを引かないよう体調管理をしっかりとして、
治療に取り組んで参りましょう!

今回のラボ便りは、
「採卵された卵子はどのように過ごしているか」について、お話ししたいと思います。

採卵では、
大きく育った卵胞から、針を使い卵胞液ごと吸引し、卵子は体の外に取り出されます。
この卵子が入った卵胞液が培養室に届けられ、培養士が卵胞液の中から卵子を探し始めます。

体外に取り出された瞬間から、時間との勝負が始まります。
大気中に出ている時間を短くするために、
1分、1秒でも早く培養液に卵子を移し、インキュベーター(培養庫)へしまわなければなりません。

卵子がこの後を過ごすインキュベーター内は、
酸素・二酸化炭素・窒素・温度が母胎内と同等の環境に保たれています。

大気中の環境は、
母胎内に比べ、酸素濃度が高すぎるため、卵子にとっては居心地が悪いのです。

培養士が卵子を扱う時には、卵子は大気中に取り出されているため、
卵子に余計なストレスを与えぬよう常に心掛けています。

採卵後に、培養液に入れられた卵子は、
精子と出会うまでの数時間をインキュベーターの中で過ごします。
この培養時間に、卵子の成熟が進み、受精に適した状態になります。

そして、体外受精・顕微授精により受精します。

この後、受精卵は、
翌日の受精確認、受精後3日目(または2日目)の観察、5日目の観察の時以外は、
常にインキュベーターの中で過ごします。

凍結保存する時まで、極力、インキュベーターから出さず、
受精卵に余計なストレスを掛けないようにしています。

受精卵が持つ生命力を最大限に引き出すことを一番に考え、
患者様からお預かりした卵子・精子を取り扱っています。
そして、皆様の子宮に届けられる日まで、大切に保管させて頂きます。


とくおかLCラボスタッフより



「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月のラボ便り

2017年09月19日 | ラボ便り


9月のラボ便り


皆様、こんにちは。

徐々にに過ごしやすい気温になって参りましたね。

今回のラボ便りは
「胚の凍結保存とその保管方法」についてご説明したいと思います。

育てた胚を一度凍結保存し、
子宮内膜を移植に適した状態に整えてから、
凍結していた胚を融解し移植することを、
凍結融解胚移植といいます。

胚の凍結保存は、3つの工程で行います。

まず1つ目が、凍結保護剤を胚に浸透させます。
この凍結保護剤によって、胚は凍結に耐え、
融解後も生存することが出来ます。

2つ目が、胚の細胞内にある水分の脱水です。
凍結時に胚の水分がそのまま凍ってしまうと、
氷晶という氷の粒が形成されてしまい、
胚にとって大きなダメージとなってしまいます。

そして3つ目が、液体窒素による凍結です。
マイナス196℃の液体窒素に、上記2つの処理をした胚を浸し、
瞬時に凍結することで、胚にダメージを与えず凍結することができます。

以前、患者様からどのように凍結した胚を保管しているのか?
いくつかの胚が凍結できた場合、移植する胚だけをどのように取り出すのか?
というご質問を頂きました。

胚を凍結する時には、
育てた胚を1つ(もしくは2つ)ずつ凍結しています。

この時に、
どのグレードの胚がどの容器に入って凍結されたかを記録しながら行うため、
移植の時には、移植予定の胚だけを取り出し融解することが出来ます。

容器には患者様のお名前などが記入されておりますので、
他の患者様のものとは混ざること無く、
液体窒素の入った大きな凍結タンクの中で保管されています。

また、融解の際には、
他の胚が入った容器は液体窒素に入ったままであるため、
融解するごとに凍結されている他の胚がダメージを受けるということはございません。

培養室では、
患者様からお預かりした受精卵を責任を持ち大切に保管させて頂いております。


とくおかLCラボスタッフより



「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月のラボ便り

2017年05月27日 | ラボ便り


5月のラボ便り


皆様、こんにちは。


今回のラボ便りは、精液中の白血球についてお話します。

そもそも、白血球とは何でしょうか。

白血球は通常血液中にある細胞で、
体外から細菌やウイルスが入ってきた際に戦ってくれます。

免疫に関わる大切な細胞です。

この白血球が精液中に多くみられるということは、
精液が作られる場所や通る場所(前立腺や精嚢腺、尿道、精路など)で、
何らかの細菌やウイルスの感染が起こり、
それらと戦う為に白血球が増えている=炎症反応が起こっていると考えられます。

白血球が精液中に多く含まれる状態は、不妊の原因になります。

精子の運動率を下げたり、
精子のDNAにダメージを与えてしまう可能性があるのです。

精子のDNAにダメージがあると、
せっかく受精したとしても受精卵の成長が途中で止まってしまったり、
着床しても途中で流産してしまう恐れがあります。

また、精液中に白血球が多く含まれる状態で、
治療をせずに放置してしまうと、
精子の運動率がさらに低下し、
「精子無力症」へと発展してしまう場合もあります。

精液中に白血球が増えている場合の自覚症状は、
ほとんどありません。

精液の色が通常時よりも黄色くなる事がありますが、
個人差があります。

原因によっては、
排尿痛や違和感、残尿感などの症状がある場合があります。

自己判断では難しい為、精液検査で調べる事が大切です。


とくおかLCラボスタッフより



スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月のラボ便り

2017年04月09日 | ラボ便り


4月のラボ便り


皆様、こんにちは。


今回のラボ便りは「精子の凍結保存」についてお話しします。


精子の凍結保存は、主に以下の3つの目的で行われます。

①人工授精や体外受精の当日にご主人様の都合が悪く、精液を採取できない場合。

②元々、精子の数が少ない・運動性が低いため、
精子が必要な日の当日に採取した精子が全く動いていないなどの、
最悪な事態を避ける目的。

③精巣腫瘍、悪性リンパ腫、白血病などで、
抗がん化学療法を受ける前に治療前に精子を保存しておく目的。


精子が凍結・融解後に生存するためには、
精子を凍結保護剤の入った凍結液に入れ、液体窒素で凍結します。

この凍結保護剤が、
精子の細胞質・細胞膜を凍結による様々な障害から守ってくれます。

それでも、融解後には精子の運動性は凍結前に比べ落ちてしまいます。

人工授精に凍結精子を用いる際には、
融解後の運動率が30%以上あることが必要であると、一般的には言われています。

融解後の運動性が30%以下になる場合には、
体外受精に用いた方が良いと言うことになります。

また、
凍結した精子を用いて授かったお子さんに、
何らかの障害が出てしまうという事はありません。

治療の上で、精子の凍結保存が必要な方には、
こちらからお話しさせて頂きます。

何かご不明な点がございましたら、ご質問ください。



とくおかLCラボスタッフより




スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月のラボ便り

2017年03月29日 | ラボ便り


3月のラボ便り


皆様、こんにちは。

今回のラボ便りは、
「インキュベーター」についてお話し致します。

「インキュベーター」とは、
卵子や精子、受精卵をしまっておく培養器の事です。
様々な種類や大きさのものがあります。

当院で使用しております一部をご紹介致します。
その一部を掲載致しますね。

右側の冷蔵庫の様な形のものは、
前面の扉を開けて中の大きいお部屋に卵をしまいます。

左側の方は、小さなお部屋がたくさん横に並んであります。
そのお部屋ひとつひとつに卵をしまっています。

本来、卵子・精子・受精卵は、体の中にあり、
光が当たらず、また、酸素が少ない環境におかれています。

卵子・精子・受精卵はそのような環境においてあげないと、
ストレスを受けてしまいます。

そこで、インキュベーター内は、
酸素5.0%、二酸化炭素6.0%、窒素89.0%、温度37.0℃という、
母体に近い環境に保たれています。

(私達が過ごしている大気中の環境は、
酸素21.0%、二酸化炭素0.05%、窒素78.0%、
プラスその他の気体です。
ずいぶんと違いますよね)

どのインキュベーターも精密な機械で、
常に正常な環境に保たれるよう制御されております。

当院では、
必ず毎日インキュベーターの表示モニターの確認を行い、
また、定期的にインキュベーター内の温度やガスの量を、
専用の測定機器で測定・調整するように徹底しております。

この度、当院では新しいインキュベーターを追加致しました。
これからも受精卵にとってより良い環境で培養出来る様に、
勤めて参ります。

何かご不明な点がありましたら、スタッフまでお声がけ下さい。


とくおかLCラボスタッフより



スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月のラボ便り

2017年02月22日 | ラボ便り


2月のラボ便り


皆様、こんにちは。

徐々に春が近づいて来たような日差しの日も増えて来て、
春が待ち遠しいですね。

今回のラボ便りは、「受精障害」についてお話します。

受精障害とは、
体外受精を行い、十分な数の精子があるにも関わらず受精卵が得られなかったり、
もしくは受精率が低い場合をいいます。

このように、体外受精を行ってみて、初めて受精障害と診断されます。

受精障害の定義は、
受精率25%以下の場合とされています。

さらに、体外受精を3~6周期繰り返しても妊娠に至らない場合を、
受精障害と判断することもあります。

では、受精障害になる原因とはいったい何なのでしょうか?

原因は卵子・精子それぞれに問題が考えられます。

卵子に問題がある場合の原因は、

1.採取された卵子が未熟で受精する能力を持たない。
2.卵子の殻(透明帯)が固かった、厚かったなどにより精子が入って行けていない。
3.受精に必要な卵子の活性化が起こらない。

続いて、精子に問題がある場合の原因は、

4.精子の機能的な問題(運動性が低いなど)により、卵子の透明帯を通過できない。
5.卵子を活性化させる因子をうまく放出できない、または因子を持っていない。

2と4は顕微授精により解消されます。

3と5は卵子を活性化させる処理を実施すれば、解消させる場合もあります。

1は卵胞の誘発方法を変えることなどにより、
成熟卵を得られるようになる事があります。

また、一度の体外受精での結果が悪かった=受精障害とは断定できません。

何かご不明な点等ございましたら、お気軽にスタッフにご質問ください。


とくおかLCラボスタッフより



スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月のラボ便り

2017年01月18日 | ラボ便り


1月のラボ便り


皆様、こんにちは。

大寒波の到来でとても寒い日が続いていますが、
皆様どのようにお過ごしでしょうか?

今回のラボ便りは、「精子の良し悪し」についてお話します。

受精の為には、“良い卵子”はもちろんですが、“良い精子”が必要です。

では、“良い精子”は一体どのようなものなのでしょうか?

“良い精子”の特徴として、以下の様なものがあります。
・しっかりと運動している
・頭部の形が整っている
・頭部に空胞(穴の様なもの)や凹みがない
・頭部が大きすぎない

頭部には精子にとって一番大切なDNAが入っています。
頭部の形がおかしい精子や、大き過ぎる精子、空胞がある精子は、
DNAが壊れていたり、異常を持っている可能性があります。

そのような精子が卵子に入ると、
受精しなかったり、受精しても卵の成長が途中で止まってしまったり、
妊娠されたとしても、途中で流産となってしまいます。

また、頭部だけでなく、尾部(しっぽ)の部分も大切です。

尾部が途中で折れていたりする様な、
尾部異常がある精子は妊娠率が低いと言われています。

尾部には、精子の運動に大切な役割を持つミトコンドリアが存在します。

卵子まで泳ぎ、受精をする為には、
卵子の殻(透明帯)を通り抜け、卵子の中に入らなければいけません。
尾部に異常がある精子は、その為の力が足りない事があるのです。

ご不明な点等ございましたら、スタッフまでお声掛け下さい。


とくおかLCラボスタッフより



スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月のラボ便り その2

2016年12月09日 | ラボ便り


12月のラボ便り その2


「12月のラボ便り その1」の続きを書かせて頂きますね。


以前の培養液は、
受精して三日目までの分割胚の培養と、
それ以降の胚盤胞の培養では、
培養液を変えていました。

分割胚の培養は、卵管液に近い組成で、
胚盤胞の培養は、子宮液に近い組成で、
と、培養液を使い分けているということです。

しかし、
現在の培養液では、
一種類の培養液で受精してから胚盤胞まで育てています。

これは、
受精卵自身が必要な成分を選択して利用するため、
培養液の組成を変化させる必要がないという事が分かってきた為です。

また、分割胚と胚盤胞で培養液を変える必要がないため、
胚をインキュベーターの外に出す回数が減り、
胚のストレスを軽減するというメリットもあります。

培養室では、
患者さん皆様の大切な受精卵をお預かりしております。

何か、ご質問等ございましたら、お気軽に仰ってください。


とくおかLCラボスタッフより



スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加