とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

子宝ヨガエクササイズをうけてのご感想

2019年10月16日 | Weblog


初めての子宝ヨガ参加でしたが、ゆっくり深呼吸をしながら身体を伸ばして、
気持ち良かったです。
先生の御指導がわかりやすくて、雑談も楽しかったです。
心も身体もリラックスできて、帰る時に身体が軽く感じました。
先生に教えて頂いたヨガを自宅でもやってみようと思います。


(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました

コメント

映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」スタッフの感想 その2

2019年10月15日 | Weblog

こんにちは!

診療部のHN:ラベンダーです。

先日、映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」をクリニックの皆(都合の合う方々)で鑑賞して参りました!!

49歳の作家ヒキタクニオ(松重豊さん)は、一回り近く年下の妻サチ(北川景子さん)と充実した結婚生活を送っていました。
二人の間では子供を作らないとしていましたが、
サチの「ヒキタさんの子どもの顔が見てみたい」という一言で二人は妊活に励んでいきます。

なかなか結果が出ない時、
他の誰でもなく、ヒキタさんだから、ヒキタさんとの子どもが欲しい。
好きな気持ちがあるからこそ乗り越えられる、夫婦の愛というものを感じ、とても感動しました。

そして、「やれることは全部やる!」と意気込み、自分で出来ることは全て取り入れる姿、
結果が出なかった時でも、ご夫婦二人で支え合って乗り越えていく。
お二人の前向きな姿を拝見して不妊治療においてだけでなく、私自身も頑張ろうと思えました。

そして、生まれてくる命は、本当に奇跡的で素敵なことなのだと改めて感じました。

不妊治療の中でも男性不妊がメインの映画ですが、
重たくなく、笑える場面もあり、心が温まる素敵な作品です。

ぜひ、年齢問わず、多くの方に見て頂きたいと思います。

前向きなご夫婦の姿には、こちらも元気づけられますし、
命を大切にしようと思える作品だと思います。

病院の場面は、当院がロケ地となりました!
当院にお通いの皆様は、ぜひ、ご覧下さいね!
当院にお通いでない皆様も、ぜひ、ご覧になられて下さい!

映画の後には、皆でお食事をしました。
素敵な景色を見ながら、美味しいお料理を頂き、
そして、皆で映画の感想を共有することができ、
とても楽しい時間を過ごすことができました!!

当院にお通いの皆様に一日も早くご妊娠して頂けるように、
より一層頑張って参りたいと思います!














お食事もデザートもなぜか3択(笑)
皆の意見が合ってしまいましたね。
その他に取り放題、食べ放題のサラダバーもあって美味しかったです。


コメント

子宝メッセージ タイミング療法編

2019年10月15日 | 不妊


徳岡先生もスタッフさんも皆さん、とても親切で、
安心して通う事が出来ました。
本当にありがとうございます。
通院を続けるのは大変でしたが、
主人と息抜きしながら、あまり深く考えず、
ストレスをためないよう気を付けていました。
クリニックの方々を信頼して通院していれば、
きっと成果が出ると思います!


(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました

コメント

10月のラボ便り

2019年10月14日 | ラボ便り

10月のラボ便り

皆様、こんにちは。
大分涼しくなってきて、過ごしやすい気候になりましたね。
外を歩いているとキンモクセイの匂いがふわりとする事があり、秋を感じます。

今回のラボ便りでは、卵子の透明帯についてお話します。

透明帯は、糖タンパク質で出来た透明なゼリー状の、卵子の周りを覆う殻のようなものです。
透明帯の役割は、以下のことが挙げられます。

*卵巣内での卵子の発育促進
→卵子を包んでいる顆粒膜細胞(卵子に栄養を与える細胞)と卵子の結合を保持し、卵子に栄養が供給されるようにしています。

*受精時に多精子受精(精子が2個以上卵子の中に入ってしまう異常受精)が起こらないようにする
→卵子の中に1つの精子が入ると透明帯は変化し、他の精子が入るのを防ぎます。

*受精後の胚の保護
→受精後、卵細胞は分割を繰り返しながら成長を進めます。

分割途中の初期胚の細胞は結合が弱い為、一つ一つの細胞がバラバラにならぬように透明帯が包んでいます。

胚は初期胚から胚盤胞まで成長すると、拡張と収縮を繰り返して透明帯を破り、脱出します。
透明帯から完全に脱出出来なかった場合、胚は着床に至りません。
女性の年齢が上がると、透明帯は硬化したり、厚みが増すことがあり、これが着床の妨げになる可能性があります。

そこで、体外受精では、
胚移植を行う胚に補助孵化法(アシステッドハッチング)を行い、胚が透明帯から脱出しやすくする事があります。

お写真の、赤い線で囲っている部分が透明帯です。

何かご不明な点がございましたら、スタッフまでお声がけ下さい。



コメント

子宝メッセージ 令和元年10月12日

2019年10月13日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。

今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?
 
   妊娠出来るかどうか保証がない中で、時間とお金を費やすことが辛かったです。
   でも、今回は、凍結保存した受精卵が既にあった状態からのスタートだったので、
   かなり気持ちは楽でした。

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   1人目の子供も体外受精で授かったので、その子を一生懸命に可愛がって、
   2人目もきっと大丈夫と思いながら、あまり考えすぎないようにしました。  

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?
   
   あまり思いつめすぎないようにしました。
   やはり1人目の時よりは、かなり落ち着いて取り組めたので、ストレスも少なかったです。
   1人目の時の事を思い出して、手順などを振り返ったりしていました。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   美味しい物を食べに行きました。
   1人目の子と遊んだりして、もしもダメでも、この子がいるから大丈夫と
   思うようにしました。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   徳岡先生をはじめ、看護師さん達が的確なアドバイスをしてくれて、
   不安を取り除いてくれることです。
   1人目、2人目共に1回目の胚移植で成功しました。
   本当に感謝です!

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   自分は子供が出来ないのではないかと見えないゴールに不安を感じたり、
   周りの友人達のおめでた報告に卑屈になってしまい、
   つい自己嫌悪になってしまったりする事があると思います。
   私もそうでした。
   でも、所詮、人は人!自分は自分!です。
   どんな結果であっても、必ず幸せな道はあると思いますので、
   今を一生懸命楽しんだ人が勝ちです!!


Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。
   
   1人目の長男は8月で2歳になりました!
   2人目は1人目のお世話に忙しかったせいか、切迫流産になり、
   絶対安静となってしまい大変でしたが、無事6月14日に産まれてくれました。
   今は3ヵ月を迎えようとしています。
   毎日バタバタですが、2人の寝顔を見ると、とても幸せです。
   私達を父・母にして下さり、本当にありがとうございました!
  
                    
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました


コメント