とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

オーラ

2007年09月26日 | Weblog
「オーラって何?」

毎日、沢山の患者さんとお会いしています(最近は裏方でもありますので”お見かけしています”が正しい表現でしょうか・・・)ので、その人が発するオーラというものを感じます。
そして、意志のあるところに結果あり~というものも感じます。

オーラというものは『生きる気力・生命力・自信・優しさ・素直な心』などからくるものだと思います。
そして、どんな小さな事にでも喜びを感じ、感謝の思いを持てる人にオーラが出ているように思います。

ちょっとした事に不平不満を感じたり文句や批判ばかり言っているような人には、負のパワーしか出てきません。

今の自分というものを冷静に見つめて、「幸福なら全てのものに感謝の気持ちを」「不幸であれば抜け出す対策を」という素直で前向きな気持ちを持たないといけないと思います。
正のパワーを出すのは、やはり「前向きで素直な気持ち」なのではないでしょうか。
正のパワーを放出して、良いオーラを出せる自分でありましょう。
正のパワー・良いオーラが、良い結果を出せるのだと思います。
ーby事務長ー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福田新内閣誕生

2007年09月25日 | Weblog
初の親子二代首相誕生=自民党・福田康夫総裁(71)の誕生です。

人事がいかに大切かという事は、安陪総理大臣で学ばれていらっしゃる事と思います。
人事・・・それが一番難しい事なのかもしれません。
日本の事を考えられる人であるのか、自分の事しか考えていない人なのか・・・
それは政治だけの世界にとどまりません。
自分がいる学校なり職場を考えられる人であるのか、自分の事しか考えていない人なのか・・・身近なところでも十分通用する話です。
出来る事ならば、前者に属する人を指名したいという思いはどこも同じ事でしょう。

代表者となる場合、どんな事を言われようが、強い理念を持ってやり抜かないといけないのだという事も感じます。
「背水の陣」という決意を持たないといけませんね。
福田新総裁に対する米主要紙の論評は“辛口”であり、ワシントン・ポストは「カリスマ性がない年長の政治家で、外交はハト派、派手でない政治術で知られる」などと形容し、ニューヨーク・タイムズは「小泉純一郎前首相のようなカリスマ性と人気に欠ける」と、今のこの段階で指摘しています。

父も首相であり、サラリーマン生活の長い福田首相ですから、きっと部下をうまく使っていかれる事でしょう。
福田流でいかれて欲しいと思います。

そして、安倍元総理には、一日も早くお元気になられて、365日前の溌剌とされて意欲満々であられた政治家・安部先生として、安陪先生ならではの力を発揮されていかれて欲しいと願います。
ーby事務長ー


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

君島十和子さん

2007年09月24日 | Weblog
皆様、御無沙汰しております。
バタバタとした毎日で、ブログ書きから遠ざかっておりました。
また少しづつ書き込みして参りたいと存じます。

何気にNHKをつけました。
時間は夜の10時・・・。
テレビ画面にアップで映し出されたのは君島十和子さんです。
アップになっても本当に奇麗でお美しく、御歳41歳とは思えない若さです。

実物の十和子さんを何度もお見かけしている私ですが、実物もテレビ同様、大変美しい方です。
芸能人だからという気どりもない方です。
妻としても、母としても、最前線で仕事をする女性としても、手抜きせずに取り組んでおられて、人間としても女性としても素敵な方だとお見受けしております。

何事も自由自在であって思い通りであって、気楽な状態で、素敵に美しく奇麗にいられるわけではないと思います。
持って生まれた美しさが第一の基礎ではありますが、何事にも真摯な姿勢でポジティブに取り組むその姿勢が何事をも思い通りに変えてしまえ、今現在につながる美しさや素敵さに繋がっているのでしょうね。

素敵な方を見習ってポジティブに明るく生きていきましょうね、皆様。
ーby事務長ー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍総理大臣の辞任表明

2007年09月12日 | Weblog
安倍総理大臣の突然の辞任表明・・・
衝撃でした。

人生は山あり谷ありです。
山よりも谷の方が多いのではないか?と思います。

安倍総理大臣が続投表明された時には「谷の時期を乗り越えて、氷河期を乗り越えて、ふんばりどころとして何とか頑張って欲しい、何とか乗り切って欲しい」と心から思っておりました。

とあるマスコミは「大学受験当日になって’やっぱり大学受験するのやめよう~っと’というくらいの無責任」と報道しておりました。

賛否両論でしょうが、私は、今後の安陪元総理を応援していきたい思いです。

叩く方は自由ですが、叩かれる方はたまったものではありませんね。
無責任に叩く人達に「だったら総理大臣をやってみてから言ってくれ!」と思ってしまいました。

叩かれ強くなる事と、叩かれてもきちんとした筋道をたてた人生を送っていく事が大切なのでしょう。

人生はいろいろです。
出来得る事に正直に取り組んで、坦々と真っ当出来るように生きていきたいものです。

早いもので、9月も中旬となりました。
涼しくなりましたね。
2007年の秋も「これこそ、私の2007年!!」と思えるようなものを残して下さいね、皆様。

日本の四季の移り変わりは素敵だなぁと思う今日この頃です。
ーby事務長ー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男性の服薬による妊娠への影響 -その2-

2007年09月07日 | Weblog
精液にはもともと20%ぐらい形態的に奇形のある精子が含まれています。
全く動いておらず死んでいるのも含まれています。
人工授精をする為に洗浄濃縮の作業をしていると、洗浄濃縮前のものと後のものとでは全く違います。
自然であれ人工授精であれ体外受精であれ・・・何億個かの精子のうちの1個が受精するので、たとえ薬剤において、奇形精子が50%や60%に増えたところで、男性の場合はあまり影響しないと考えられたりします。

そういう意味では、卵子の場合、首席卵胞として成長する1つにかけるしかないので、精子よりは責任分担・役割分担が大きいです。
ですので、女性の服薬による妊娠への影響はかなり大きいともいえますね。

さて、話を「男性の服薬における妊娠への影響」に戻しましょう。
角化症治療薬・抗ウィルス薬・抗真菌薬・眼瞼痙攣治療薬・免疫抑制薬・抗悪性腫瘍薬・痛風治療薬・・・などの薬剤において注意が呼び掛けられています。

本日、台風9号が、関東地方を通過しました。
風も強く雨も強く、交通機関にもかなりの影響を与えました。

暑さが戻ったり秋らしさを感じさせたりの9月上旬ですが、刻々と秋に近づいているのを感じます。

皆様は、2007年の秋は、どのような「○○の秋」にされますか?
私は「運動の秋」を目指して頑張ります。
まずは、エレベーター・エスカレーターよりも歩け!歩け!!で。
時間があったらジョギングをして。
「運動の秋」を目指した理由もあったりするわけです。
それはまた、機会をつくって書かせて頂きます。
ーby事務長ー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男性の服薬による妊娠への影響 ーその1-

2007年09月04日 | Weblog
当院は不妊治療をメインに行っておりますので、
本日は「男性の服薬による妊娠への影響」について書かせて頂きます。

不妊治療というと、主に女性側に原因が?となりがちで、女性側が深刻になりがちです。
そんな事はないのです。
女性のみに約3割・男性のみに約3割・双方に約3割・原因不明が1~2割(ですから”約”がついています)となっています。
そして、「不妊」というものと「不妊症」というものは違います。
前者にはしっかりした明確な原因がないままのものです。

不妊治療に取り組んでいらっしゃるご夫婦の皆様、ここはひとつ、妻任せにばかりしないで、是非共ご夫婦一緒に取り組んで下さい。
それでなくとも、女性側は痛みのある検査や注射を乗り越えての治療となるのですから・・・。

Q:男性の服用している薬剤が妊娠に影響を与える事はありますか?

A:一般的には殆どないといわれていますが、一部の薬剤では、精子形成に影響を与えるといわれています(理論上)。
薬剤の影響を受けた精子は、受精能力を失うか、受精してもその受精卵は着床しなかったり、染色体異常で流産になりやすかったりします(理論上)。

妊娠を希望している女性は勿論ですが、不妊治療に取り組んでいる御夫婦揃って、薬剤のみならず食生活やストレスにも気をつけられて、御夫婦揃って前向きに取り組んでいかれて下さい。
応援しております。

2007年も9月になりました。
皆様、2007年の夏は、思いきりEnjoyされましたでしょうか?
いよいよ秋です。
食欲の秋・運動の秋・スポーツの秋・・・秋は楽しみもいっぱいです
2007年の秋もたっぷりと楽しんでお過ごしになられて下さい
悔いのない毎日・・・それしかありませんものね
ーby事務長ー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加