とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

9月の診療部便り

2017年09月21日 | 看護部・検査部便り


9月の診療部便り


皆様こんにちは!

暑さも落ち着き、秋らしい気候になってきましたね。
季節の変わり目は体調を崩しやいですので、お気をつけくださいね。


『子宮活』という言葉をご存知ですか?
健康的で妊娠しやすいしやすい子宮にするための活動、
ということだそうですね。

皆様の子宮は健康ですか?

簡単なセルフチェックをしてみましょう。

まず、リラックスして仰向けになって下さい。
そして、
恥骨の少し上(指3本分くらい)にそっと手を当ててみましょう。

健康的な子宮は柔らかくて、
温かいお腹のどこにあるのかよくわからないかもしれません。

しかし、お腹がヒンヤリと冷たい場合には、
硬いかたまりのようなものを感じるかもしれません。

子宮は平滑筋という筋肉でできているので、
冷えると硬く凝り固まって縮こまってしまいます。

お腹が冷たいというのは、血流が悪いサインです。

血液は酸素や栄養素、ホルモン、免疫物質などを各臓器に運び込み、
二酸化炭素や老廃物などの不要な物質を運び出す働きをしています。

卵巣や子宮は各臓器の末端に位置しているので、
血流が悪くなるとその影響を最も受けやすいと言われています。

血流の悪い子宮では、
子宮内膜が厚くなりにくくなるなど機能が低下し、
妊娠しにくくなってしまいます。

子宮を温めて、
ふわふわで柔らかい健康的な子宮にするための『子宮活』・『子宮温活』

最近では雑誌などでも特集が組まれたりと、様々な方法が紹介されていますね。

運動や食事、睡眠など…
無理のない範囲で生活の中に取り入れて頂くと良いかと思います。

女性のカラダと心は強く影響しあっており、
なかでも、子宮や卵巣などの生殖器は特にその影響が強いのです。
子宮が元気だと、気持ちも元気になっていきます。

私たちのクリニックでは子宮活に、
当院監修の鍼灸・リフレクソロジー・サプリメントをお勧めしています。
より効果的に血流を改善し、子宮に必要な栄養素を摂取することができます。

ぜひ、みなさまの子宮活にも取り入れられてみて下さいね。


とくおかLC診療部スタッフより




「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月の診療部便り その3

2017年08月10日 | 看護部・検査部便り


8月の診療部便り その3


皆様、こんにちは。

厳しい暑さの夏を乗り切る栄養素についての続きです。
本日は、パート3となります。

栄養素の代謝に欠かせないのが、ビタミンやミネラルです。

ビタミンやミネラルが不足すると、
糖質・脂質・たんぱく質などの代謝が悪くなります。

ビタミンは、生命維持に必要なだけではなく、
活性酸素に強い体を作ってくれます。
旬の野菜にはビタミンやミネラルがしっかり含まれています。
旬であるため栄養価が高く、効率よくビタミンやミネラルを摂取できます。

毎日バランスのよい食事を摂ることで、
より質の良い卵子も育ちやすくなります。

しかし、日々の忙しい中で献立を考えたりするのも大変かと思います。
日々の食事に加え、
サプリメントで効率良く必要な栄養素を摂取することもおすすめです。

当院のサプリにも、葉酸に加え、
カルシウムや必須アミノ酸のリジン、ビタミン、ミネラルなど豊富に含まれています。

より妊娠しやすい体作りのサポートをしていきましょう。


とくおかLC診療部スタッフより



 - 追伸 -  
 とくおかレディースクリニックでは、看護部・検査部合わせて「診療部」となりました。



「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月の診療部便り その2

2017年08月09日 | 看護部・検査部便り



8月の診療部便り その2


皆様、こんにちは。

暑さ厳しい夏を乗り越える為の栄養素についてお話し致します。
昨日の続きとなります。

タンパク質は、魚、肉、卵、乳製品、豆類に豊富に含まれ、
いくつものアミノ酸が合成されてできています。

アミノ酸は、タンパク質を構成している物質の最小単位です。
アミノ酸の中には、体内で作れるものと作れないものがあります。

体内で作れないアミノ酸は必須アミノ酸といい、
食事から摂取して補う必要があります。
アミノ酸は、筋肉をはじめ、内臓、髪、爪などの成分で、
ホルモンや酵素、免疫細胞も作ってくれる優れものです。

さまざまな種類のアミノ酸を含むたんぱく質をしっかり摂らないと、
免疫機能が低下して病気にかかりやすくなったり、
生理不順やホルモンのバランスが乱れたり、
筋肉が衰え、髪や爪に潤いがなくなったり、
いろいろな不調を引き起こします。
そのためにも、肉や魚、卵などに含まれる動物性タンパク質と、
大豆などに含まれる植物性タンパク質をバランスよく摂ることも重要です。


とくおかLC診療部スタッフより


 - 追伸 -  
 とくおかレディースクリニックでは、看護部・検査部合わせて「診療部」となりました。



「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月の診療部便り その1

2017年08月08日 | 看護部・検査部便り



8月の診療部便り


皆さん、こんにちは。

8月になりました。
今年の8の始まりはすっきりしない日が続いていますね。
これから暑さも厳しくなってくると思います。

暑さに負けない、強い体作りには、食事が欠かせません。

栄養を過不足なく摂り、代謝することができれば、体の機能は正常に保たれます。
細胞も元気な状態となり、活性酸素に対しても強くなります。
バランスのとれた食事を心がけることは、疲れにくい体の基礎作りとなり、
生活習慣病の予防やアンチエイジングにもなります。

バランスのとれた食事には、一汁三菜です。
主食で炭水化物、汁もので水分、主菜でタンパク質、
副菜でビタミンやミネラルを取ることができます。

炭水化物は、からだに吸収され血中で糖となります。
この糖は、すぐにエネルギーになりやすく、
からだや脳を動かす即効性の高いエネルギー源として使われます。


とくおかLC診療部スタッフより

  - 追伸 -  
 とくおかレディースクリニックでは、看護部・検査部合わせて「診療部」となりました。



「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月の看護部・検査部便り

2017年07月14日 | 看護部・検査部便り


7月の看護部検査部便り


皆様、こんにちは。

蒸し暑い季節となってきましたね!

今回は、ご質問の多い、
「精子の検査は必ず行わなければいけないの?」
についてお話致します。

ご主人様から、
「精液検査は恥ずかしい。
自分は問題ないはず!
だから、しない!!」

奥様からは、
「本当は受けて欲しいけど、言い出しにくい。
私に問題があるから、主人の精液検査はまだ行わない。」

などなど。

結論を申し上げますと、
「精液検査は必ず受けるべき」
です。

また、
「早めに受ける」
ことを強くおすすめ致します。

WHO(世界保健機関)の調査によると、
不妊の原因は、
41%が「女性のみ」
24%が「男性のみ」
24%が「男女とも」
という結果が出ております。

不妊の原因の半分は男性側にあると言うことです。


精液検査をせずに妊活を行い、
しばらく経ってから精液検査を行った時に、
実は精子に問題があった…
そこで初めて、
「早く行っておけば良かった!」
と後悔するご夫婦もいらっしゃいます。

後悔しないためにも、早めに受けることをおすすめ致します。

そして、当院では、
ご主人様にお受け頂きたい検査としまして、
精液検査以外にもホルモン検査や睾丸の検査を行い、
その方に必要なお薬の処方も行うことができます。

ご夫婦で一緒に不妊治療することで、
不妊治療の精度や方針、そして結果も違ってきます。

精液検査はご自宅で採取し、
奥様にお持ち頂き検査を行うことも出来ますので、
お忙しい方でも検査をしやすいようにしております。

検査をされていない方は、まず一度行ってみてください。

また、何か気になることがございましたら、
いつでもスタッフまでお声かけくださいね。


とくおかLC看護部・検査部スタッフより



「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月の看護部・検査部便り

2017年04月06日 | 看護部・検査部便り


4月の看護部・検査部便り



皆様、こんにちは。

四月となり、ずいぶん暖かくなってきましたね!

今回は、
「AMH(アンチミュラー管ホルモン)」
について、お話したいと思います。

妊娠するためには、「質の良い卵子」が必要です。

卵子は年を重ねる毎に老化します。

そして、卵子の数も妊娠にはとても重要となります。

AMHの検査では、
『卵巣に残された卵子の数の目安』=『卵巣予備能』
を推測することが出来ます。

AMHの検査は月経周期の中で、いつでも実施することが出来ます。

女性ホルモンは月経周期により変化し、大きく変動もします。

AMHの良いところは、
月経周期の影響は受けません。

そして治療中でも大きく変化することはありません。
そのため、「いつでも」調べることが出来ます。

また、検査方法も1回、採血をすることで調べることが出来ます。


AMHを調べることで、
いつから、妊娠を考えるか?
治療中の方はどのような方針で治療を受けるか?
を知ることが出来ます。

※AMH=妊娠率ではありません。

卵子は気づかない間に無くなってきていても、自覚症状はありません。

正しく体の状態を把握することによって、
一人一人にあったライフプランをたてることが出来ます。

4月から、「AMH外来」がスタートしました!

これから、妊娠を考えるか悩んでいる方、
不妊治療までは考えていなくても少し体のことを知っておきたい方、
不妊治療をスタートしたい方、
まずは、
AMHを調べてみてはいかがでしょうか?

また、何か気になることがございましたら、
いつでもスタッフまでお声かけください。

今回の写真は「桜」です。
もう春ですね。


とくおかLC看護部・検査部スタッフより


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月の看護部・検査部便り

2017年02月15日 | 看護部・検査部便り


2月の看護部・検査部便り


皆さん、こんにちは。


寒い日が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。

インフルエンザも流行っておりますので、
しっかりと予防なさってください。


今回は、胚移植後に皆さんから頂くご質問についてお答え致します。


Q1.移植後にすぐトイレに行っても大丈夫ですか?

A1.大丈夫です。
移植後に胚が移動してしまう、ということはありませんので、すぐにお手洗いに行かれても問題ありません。



Q2.移植後は安静にした方がいいでしょうか。

A2.移植後、すぐに動いても着床率は変わらない、というデータが出ています。

普段通り過ごして大丈夫です。


Q3.運動はしない方がいいですか、

A3.普段されている運動であれば問題ありません。
激しい運動(キックボクシングなど)を新しく始めるのは控えましょう。



Q4.移植後に少し出血があったのですが大丈夫ですか。

A4.移植の際のカテーテルで擦れて少し出血することがありますが問題ありません。
出血している間は湯船には浸からずシャワーのみにされてください。
出血がなければ、移植当日より湯船に浸かっても大丈夫です。


Q5.移植当日や移植後に鍼やリフレクソロジーを受けてもいいですか?

A5.受けられて大丈夫です。
血流を良くすることでより着床しやすい環境を整えることができます。
当院の紙岡先生は、
その方の周期や体調に合わせた施術を行ってくださいますので、
是非ともお勧めです!
鍼やリフレクソロジー、整体、お灸などを行う際は、
妊娠の可能性があることをお伝えくださいね。


Q6.ホッカイロを貼っているのですが問題ないですか?

A6.問題ないです。
低温やけどをしないように張る位置にはお気をつけください。


Q7.よもぎ蒸しや岩盤浴は行っても大丈夫ですか?

A7.大丈夫です。
体が冷えると血流も悪くなってしまうので、冷やさないようにしましょう。


胚移植は、色々と気になることがあると思いますが、
できるだけストレスをためずに、自然体で過ごすようにしましょう。

何か気になることがございましたら
いつでもスタッフにお声かけくださいね。

写真は家の近くの公園で咲いていた梅の花です。
春の訪れを感じました。



ーby事務長ー


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月の看護部・検査部便り

2017年01月10日 | 看護部・検査部便り



1月の看護部・検査部便り



皆様、こんにちは!

年末年始、皆様はいかがお過ごしでいらっしゃいましたか?
日々の疲れは少しでも癒されましたでしょうか?
早いもので関東地方のお正月幕の内は過ぎました。

2017年も、
スタッフ一同、皆様のお力になれるよう全力を尽くして参ります。

今日は、
患者さんからの質問にお答えしたいと思います。


Q:「排卵検査薬を使っています。線が出ることもあれば、出ないこともあります。
出ない時は、排卵していない。。。ということでしょうか?」


答えは「いいえ」です。

しっかり排卵している方でも、排卵検査薬に反応がでないこともあります。

LHサージの開始から約36~40時間後、
ピークを迎えてから約10~12時間後に排卵が起きるとされています。
排卵検査薬を使用するベストなタイミングを、逃してしまうと反応は得られません。
ゆえに、
排卵検査薬で反応がでないから、排卵していないと悲観することはありません。

しかし、排卵検査薬で反応が出ていない方の中には、
本当に排卵していない方もいらっしゃいます。
また、排卵検査薬で反応が出ても、
そのあと排卵が起こらないケースも稀にあります。

本当に排卵出来ているかを調べるには、
一度、専門家にて診察をされることをおすすめします。

当院では、血液検査や超音波検査で排卵の有無を調べております。
もし、「排卵しているのか?」ご心配な方は、
是非一度いらしてくださいね。


何か気になることがございましたら、いつでもスタッフまでお声かけください。


とくおかLC看護部・検査部staffより


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月の看護部・検査部便り その4

2016年11月13日 | 看護部・検査部便り


今年のインフルエンザの流行は、11月中旬から始まる見込みとの事です。

予防接種を受けておられない皆様、
早めに対策をとられるようにして下さいね。

薬局サーベイランスによると、
2016年44週(10月31日〜11月6日)のインフルエンザ推定患者数は21,437人となり、
第33週(8月15日〜21日)以降12週連続で増加が続いているとの事です。

第45週の月曜日(11月7日)の推定患者数は5,313人と、
今シーズン最多を更新しているそうです。

推定患者数の年齢群割合を見ると、
40〜49歳(14.1%)、
30〜39歳(12.1%)、
10〜14歳(11.9%)、
20〜29歳(11.6%)、
5〜9歳(10.4)%の順となっており、
成人層の割合が高くなっているとの事。

皆様、どうぞお気を付け下さいね。


とくおかLC看護部・検査部スタッフより



スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月の看護部・検査部便り その3

2016年11月11日 | 看護部・検査部便り


11月の看護部・検査部便り


皆さん、こんにちは!

本日は、11月11日、
事務長も話しておりましたが、ゾロ目です。
ですので、
私達は、本日11月11時1時11分11秒を目指して投稿致しますね。

今回は、インフルエンザの流行についてのお話です。

10月24日~30日のインフルエンザ患者報告数は159人で、
定点当たり 0.39人 でした。

定点あたり1を越えると流行となるので、まだ流行はしていませんが、
インフルエンザの1週間当たりの患者報告数は、
昨年の同じ時期の約4.7倍となっているそうです!

4.7倍になっているというのは、すごいですね。
注意が必要です。

寒暖の差が激しくなり、体調を崩す方が多くなってきたことから、
流行が早まっていると考えられます。

予防接種がまだの方は、早めの接種を!!
予防接種をされた方も、しっかりと予防していきましょう。



とくおかLC看護部・検査部スタッフより


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加